ディスミナシオンさんのご質問への回答

ディスミオンさんお待たせしました。
この記事で貴方への回答をさせていだきます。
本論に入る前に予め申しあげておきますが
これから日蓮仏法の本尊の根本義を書きます。
この「本尊義」とは「信じるか」「信じないか」の話です。
ですからディスミオンさんがこれから書く「本尊義」について
「納得しても」「納得しなくても」
「理解できても」「理解できなくても」
「学術的と思っても」「学術的ではないと思っても」
「肯定的であっても」「否定的であっても」
それは貴方の自由であり私が関知するべき領域ではありません。
貴方の頭に入れておいて欲しいのは
これから書く「本尊義」を信じる人が日蓮仏法の信仰者であり
信じない人は日蓮仏法の信仰者ではない。ということだけです。

では本題にうつります。
大聖人仏法の本尊義の根本中の根本は
「大御本尊」とはご本仏(大聖人)の色心二法である。
言い換えれば「大御本尊」とはご本仏そのものである。ということです。
ここが1丁目1番地です。
理由は多々ありますがそれを書けば長くなるし
書いたところでご理解をいただけるとも思いませんので割愛させていただきます。
この根本の本尊義を元にご質問にお答えします。
尚、貴方と私の間において、いわゆる御書は
コンセンサスを得るテキストにはなりえないので
今回の記事についての御書の引用は一切いたしませんで悪しからず。

①ネットでよく、御本尊のカラーコピーに祈っても功徳がないと仰る方がいます。管理人さまは確か以前の記事でそうしたお考えを退けておられましたが、その理由はなんでしょうか。

大前提としては創価本尊(コピー本尊)は、
本尊としてのテイをなしていません。
なぜならば色法はコピーできても心法はコピーできないからです。
そう言う意味では創価本尊には心法がありませんので
正確には「大聖人の本尊」ではありません。
しかし、どうしてもやむを得ず或いは
無知または騙されて創価の本尊を受けてしまい
だけど「大御本尊」信じている。信じたい。という人。
つまり「大御本尊」に、身口意で信をとる学会員さんならば
例え創価本尊でも功徳はあると考えます。
その理由は、そうしたやむを得ない理由により
謗法団体に所属している信徒などを
大聖人は切り捨てておらず
むしろその信心を褒めたたえています。
もちろん、本来は正しい御本尊を自宅にご安置するのが一番ですが
どうしてもそれをできない人を一律に切り捨てるとなると
大聖人の実際のお振舞との間に齟齬が生じてしまいます。
「理証」をもってするならば、上記のような理由で創価本尊を安置してる方は
大御本尊に対する「信」があれば仮ではありますが
創価本尊にもご本仏も心法が写り、御本仏に通じると考えます。
ただしもう一度言いますが、
本来は正しい本尊をご安置するのが最善です。

②スマホやタブレットに大御本尊を映して唱題するのは、功徳がありますか

ありません。
まず現実的に大御本尊をスマホ等に撮影するのは不可能ですが
仮に可能であっても功徳はでません。
なぜならば、「大御本尊」(ご本仏)を撮影するなどという発想自体が
すでに大御本尊をご本仏の当体であると思っていない行為です。
つまり「大御本尊」に対し「信無き姿」です。
故に罰が出ることはあっても功徳はありません。

③大御本尊は日蓮直筆ではなく、それを木に彫ったものだと認識していますが、それを3Dプリンタで再現したら、同等の力を持ち得ますか。

持ちません。
先にも書いたように「大御本尊」はご本仏の「色心二法」です。
見た目が全く同じだから同等の力があるわけではありません。
むしろより重要なのは「心法」なのです。
大聖人の書かれた御本尊もすべて同じでありません。
同じなのは「御本仏の心法」を映されているという部分です。
仏力・法力といっても御本仏の心法に存在するのです。

④大御本尊焼失、というと穏やかではないですが、あり得ないことではないと思います。その場合は、日蓮はこの世界から全く失われてしまうことを意味するのでしょうか。

意味しません。
ご本仏は無始無終の存在ですので失われることはありません。
大御本尊は無くなったら?という命題を持ち出す人は多いですが
そのような時が来たらどうするのか?など凡智では測れません。
唯受一人血脈相承を受けた時の法主が再建するのか
それとも再び大聖人がこの世に姿を見せるのか
それは私には分かりかねます。

以上がご質問への私の回答です。

さて、今回のディスミオンさんのご質問は
どれも過去に複数の創価カツドウカが疑難を吹っかけてきた設問です。
ディスミオンさんのような日蓮仏法の信者ない方ならまだしも
大聖人をご本仏といい、日蓮仏法を行じ信仰している
と言ったはばからない創価カツドウカがこのような質問や疑問を抱くのは
「本尊義」の根本を分かっていなし信じていないからです。
ですから、彼らは「日蓮仏法を信仰している」など言ってはならないのです。
それを言ったら「ウソ」になりますから。

ディスミオンさんにとって今回の回答は
納得できない事だらけでしょうが
冒頭に書いたように、これを信じて納得できるのが
日蓮仏法の信者なのです。
なぜか?という野暮な質問はやめてくださね(笑)
このことを「信じられない」方には永遠に理解できませんし
それは理解できなくて当然のことです。
私はそのような方に、説得をし納得してもらおうとは思っていませんし
ディスミオンさんのような考えを否定する気もなしし
「可哀そうな人」などと憐れむような失礼なことも言いません。
ディスミオンさんにしても同じだと思います。
私に信仰をやめさせよう。なんて思ってないでしょう。
ですから、納得いかなくても理解できなくても仕方ないのです。
私も同じような事柄について同じような質問をいただいても
答えは変わりません。
今回のご質問は、創価学会さんに対しても
いいメッセージになりそうでしたので
記事に書かせていただきました。
よいご質問ありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

3K

都議選の告示ですね。
明日、明後日そして来週末には
地方から東京都とはなんの関係もない
創価カツドウカが東京に集まってきそうですな。
とくに信濃町界隈は大賑わいとなることでしょう。
そっち方面にお出かけの際にはお気を付けください。
駅でいきなり「公明党に投票を」なんていわれるかもしれません(笑)

そんな中、公明党が公式アカウントで
共産党をディスたのが話題になってますな。

「3つのKでわかる 共産党 ってどんな党?」と題して
汚い!📢実績横取りのハイエナ政党
危険!📢オウムと同じ公安の調査対象
北朝鮮!📢「危険ない」と的外れな発言

と共産党を攻撃しています。
まぁ、公明党と共産党は不倶戴天の敵同士。
選挙‥特に都議選では互いに
相手をディスる怪文書のビラをまき散らかします。
1回の都議選で何度ビラをポスティングすることか
大抵は広宣部を中心に男子部のある程度の幹部以上がやります。
東京は男子部の活動家が少ないので
ポスティングをするのはほとんど東京に関係ない組織の男子部ですが。
公明党がいうように「ずっと昔から言っている」ことです。
共産党も赤旗で同じようなことをしてるしね。

今回はネットを使って配信したので物議をかもしているわけだが
これっていったい何の効果があるのだろうか?
聖教で正宗バッシングしていた時同様に
批判的な声の方が大きいと思うが?
公明党=創価学会なのは周知の事実なのに
まぁ、よくこんなことを公式アカウントで発言したものだ。
「裏付けがある」と公明党は言っているけどそういうことじゃなくて
世間一般が抱いている「宗教」のイメージと
宗教政党・公明党の発言が一致しない。
「口ではきれいごと言って他党の誹謗かよ」って思うんじゃないかね。世間様は。
事実かどうかは関係ない。イメージだよ。イメージ。
まったく、最近の公明党は何を考えているのやら。

にしても、この3Kって、創価をディスっているのかと思ったよ
汚い! 正宗の本尊を盗むハイエナ教団
危険! オウムと同じ世界ではカルト指定
北朝鮮! 北朝鮮と同じ組織構造と組織運営

で公明党の3Kは
金! 利権と
権力! 与党の座にしがみつく
コウモリ政党!

それを応援しているのは
教学も
功徳もない
活動家

そしてそんな創価・公明党の師匠は
キモくて
コワイ独裁者の
クソじじい

いずれにしても俺から見れば今の創価は
○ズの集まり
○スの集まり
○ソの集まり
の3Kだ。
あくまでも俺のイメージね(笑)

それにしても与党で
しかも今回は小池さんと選挙協力しているのに
絶対与党になれない共産党相手に
何を躍起になってるんだか。
かなり焦っているんですね~。
焦れば焦るほど攻撃的になって
非常識な事を口に出す。
「党は支持者に似る」?
結構面白い。
面白ついでに公明とが
ひとつ、ふたつ落選したらさらに笑えるんですけど。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




のんかつさんとの法論用コメントはこちらに。

のんかつさんとの「法論」に関するコメントは
こちらの記事のコメント欄に投稿してください。
別記事のコメント欄だと読みづらいと思うので。
まぁ「法論」が始まらなければ無駄な記事になっちゃいますけど(笑)
そうならように、のんかつさんへの応援コメントも
ご自由にどうぞ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

のんかつさん。始めましょうか。(本尊義について)

では改めてのんかつさん「法論」を始めましょう。
最初に創価活動家は「法論」と「雑談」の違いを
弁えていない方が多いので言っておきますが、
「法論」とはあくまでも「法門・法義」について対論することです
よってその正邪の判定は「文証」によって決定されます。
主観的な「現証論」は正邪の判定材料にはなりません。

文証の定義とは、
◆唯人師の釈計りを憑みて仏説によらずば何ぞ仏法と云う名を付くべきや言語道断の次第なり(持妙法華問答抄)
との大聖人のご金言にあるとおりです。
従って貴方と私との間で「文証」として使用するのは
創価学会版の御書全集の中の御文でいいですね?
池田や戸田の言説は文証としては使いません。
傍証として引用しても結構ですが
その場合はそれを裏付ける「文証」を必ず提示してください。
日寛上人等のご歴代のご指南も然りです
(まぁあなたが日寛上人を学んでいればの話ですが)

文証がない場合は「ない」
知らない場合は「知らない」と言いましょう。
「文証」ない場合はその主張は「日蓮仏法に非ず」という判定です。
「知らない場合」も同様です。単なる「我見」という判定です。
nanaさんって方にも言いましたが、
論点の拡散やすり替えはお互い止めましょう。
テーマに無関係なことはお互いに書かない。
ひとつのテーマが終わらないうちに違う話はしない。
また、回答不能の場合は「回答することはできません」と書いてください。
「終了したい場合」場合は、「もうやめたいです」と書いてくれればいいです。
なんなら「参りました」とか「ごめんなさい」でもいいですよ。
その時点でお互い終了としましょう。
それと、いままでのほとんどの学会員がやってきた
「書き逃げ」はやめてくださいね。
あなたも「創価」をなのり
「大作センセ」の弟子を自負しているのでしょうから
「創価」や「大作センセ」に恥をかかすようなことは
よもやしないと思いますが、
そう言う人が多いので一応ここに記しておきます。

さて、貴方は「魔」が起こっているから創価が正しい。
と主張されていますが
このロジックはいわゆる「三段論法」の詭弁です。
私が創価を批判しているのは「間違った信心をしているから」です。
わかっていると思いますが
間違った信心に起きるのは「魔」ではなく「罰」と言います。
で、創価の信心のどこが具体的に間違っているかと言うと
「創価の本尊義」が「間違っている」と主張しています。
ですから貴方は「創価の本尊義は正しい」ということを論証してください。
貴方が「創価の本尊義」が正しいと論証出来た時に
「創価の信心は正しい」ということになり
創価に現れているのは「魔」である。と証明されます。
またそうであるならば創価は世界に広宣流布している。ということになりますし
私も貴方の主張を認めます。
幼稚な三段論法で私やこのブログの読者の皆さんを欺くことはできません。
どうぞ「創価の信心が正しい」ことを論証してくださいね。

では、ここから「創価の本尊義」に関する質問です。
あなたは下記の質問に回答してください。
質問返しはしないでくださいよ。
私の質問に貴方がキチンと答えた後に
今度は貴方が私に質問してください。
私はそれに回答します。
質問には番号を振りますので、回答部分の頭にその番号を記してください。
また回答のコメントはこの記事のコメント欄に投稿してください。

では、現在の創価教義の本尊義とは
▼「日寛上人書写の御本尊」も「弘安2年の御本尊」も等しく「本門の本尊」である。(会則の教義条項改正に関する解説)
という事を共通認識という前提で質問します。

①-①「本門本尊」の定義(体)を示した上で
①-②「弘安二年の大御本尊」つまり「本門本尊」を受持しなくても良い。
という文証を提示し、「本門本尊」不受持の正当性を論証してください。

②大御本尊も書写の本尊もすべて等しいのであれば、
②-①顕正会や身延の本尊でも流布したり信仰の対象としてもいいのか?
②-②顕正会や身延の本尊を書写した本尊も「正しい本門本尊」なのか?
②-③顕正会や身延の本尊が正しいのならば「創価」も「顕正会」「身延」もみな同じなのか?

あまり多くの質問しても話が乱雑になりますし
お互いの負担になると思われるので
まずは上記の①と②について回答してください。
この①と②の話が終わった時点で
今度は貴方が質問してくださっていいですよ。
ただし創価の与太話ではなく日蓮仏法の法門法義ですよ。
そしてもう一度念をおしますが
「文証」を引用しそれに即した回答をしてください。

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)

文証のない現証(創価が世界に広まっているとかいう類)は書かないでください。
それと御書の通解は必要ないのでできれば御書の題号を明示してください。

最後に、私の方からも「魔」に関する御文を引用します。

◆涅槃経に云く「若し仏の所説に順わざる者有らば当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり(蓮盛抄)
◆我が経の外に正法有りといわば天魔の説なり云云(行敏訴状御会通)

文証のないことを言うのは「天魔」ですから。
お互いに気を付けたいものです。

では、回答お待ちしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



ラキーチンさんと東大君のやり取りの感想

ここ数日ラキーチンさんが友人の東大生とのやりとりをコメントしてくれた。
今日は、そのやりとりを読んだ感想を書いてみる。
といっても、ラキーチンさんのコメントを読んだ
オトナの読者の皆さんは多分同じような感想を抱いたと思う。
とくに、子を持つ親の年代の読者の皆さんは
そう多分「自分の子供をこんな風に育てなくないなぁ」って思っただろう
そして「折角東大に入ったのにこりゃ成功しないな」って感じたと思う。
まぁ、分からなくもない。
若い頃ってのはこんな感じ。
学力に限らず何か他人より自分が多少秀でているものがあると
それだけで、自分を過大評価して他人を蔑みたくなるもの。
「俺はお前たちとは違う」といいたいんだろう。
良くわかるなぁ。俺もかなり生意気な若造だったから。
そのうち自分で気づくのだが、今の東大君は「何者でもない」
他人を蔑みバカにして「何者」かになりたいのだろうけど
残念ながら「何者」でもない。
敢えて言うならパラサイト。
東大君がバカにしている人たちの税金で
彼は道路を歩き、水道から水を飲み、病気になったら保険証を使い・・
今は単なる世間のお荷物でしかない。
そこを自覚できるのならさすがは東大生ってなるのだが
東大生もピンキリだからなぁ。
「東大生なんだ。すごいね~」って大人は言うだろうけど
別に本気でそんな風には思っていない。
東大生なんて掃いて捨てるほどいるし
東大生だからって「何かができる」わけじゃない。
何もできない東大生より、
同じ年齢の水漏れを治せる水道屋さんの方が世間ではありがたられる。
しかも水道屋さんは納税もして世間に貢献している。
それが東大君のいうファクトというものであり人生である。

世間の人間を見下すのは構わないが
人生の成功は世間から支持されなければなし得ない。
人生は「何(誰)と出会い何(誰)を選ぶか」だ。
そして出会いとは「運」であることもまだ東大君には分からない。
なので宗教を必要ない。と突っ張る気持ちはよくわかる。
理解していて必要ないと言っているのではなく
理解できていないから突っ張ってるんだなぁって少し可愛らしい。
まぁ東大君は今は何者でもないので
「東大生」という事以外にアイデンティティをたもてないのだろう。
東大君に限らずこのようなタイプは多い。
まだ「何者」でもない人間の方が自己主張が大きい。
「何か」になった人間は自分で自分が何者なのかいう必要はない。
そして「何者」かになった時におそらく信仰の力を認めるだろう。

それはさて置き、ラキーチンさんと東大君の対話は
最初は「創価」VS「正宗」の「法論」かと思ったが
どうやらそういう訳でもなかった。
ラキーチンさんは大聖人仏法の正義を語っているが
肝心の東大君は、創価の主張をするわけでなく
むしろ創価や大作センセをディスっているわけだから
「法論」だとしたらラキーチンさんの完勝である。
(大作センセは思想家としてBクラスという東大君には大いに賛同するが)
これが「法論」であれば、俺ならば東大君に
「だったら何で創価に居るの?君が創価にいることは君自身が言っていることと整合性がとれないじゃいないか」
といってひとしきり攻めたのちに
「ね?人生ってのは理論通りに行かないんだよ。君の現状をみてるとやはり信仰が必要だと感じるよ」
或いは
「哲学をよく知ってる割には言動不一致だね~。口だけ番長か君は」
と言って大笑いするか。
まぁそんな感じかな(笑)
だたそれをやると相手はムキになるよ。
で、最初から破折でなく弘教しようと思っていたのなら
初っ端から「日蓮正宗は正しい」というアプローチは失敗かな。
流石に東大生を折伏したことはないが
この手のタイプはさっきも書いたが多い。
でも実はこの手のタイプが一番折伏しやすい。
なぜなら「理解力」があるから。
なのでいきなり「~が正しい」とやると反発する。
ゆっくり時間をかけてきちんと道理を説けば納得するのでラキーチンさんには頑張って欲しい。

さて、今回ラキーチンさんは東大君相手に随分と悔しい思いをしたようだが
それは、ひとえにラキーチンさんの「法論」への経験不足であって
何も悲観的になることはないと思う。
まぁ「法論」なんて滅多にやらないからなかなか経験はつめない。
なので今回の事はラキーチンさんにとっていい経験になったと思う。
「法論」と「折伏」は似て非なるものなんだけど心構えは同じだと思う。
それを少し書くと
まずは「相手を畏れない」こと。
今回も相手が東大生あることで
そこに多少の畏怖の心があったのではないか?
相手の方が知識があるとか頭がいいとか。
で、東大君の方はそこを巧みに利用している
いわゆる「権威的詭弁」というものである。
よく聞けば東大君の主張は何も目新しい事を言ってるわけでも
高尚な事を言っているわけでもない。
身延信者なら高卒の信者でも言うようなことであわてる必要などない。
しかも、彼自身のオリジナリティもどこにもない。
どこかで何度も聞いたことがあるようなことを繰り返しているだけ。
彼は彼の論評する大作センセとまったく同じで
思想家としては大作センセより経験値が少ない分「C」クラスか(笑)
仏法の話なのに「仏法」らしい事は何も言っていない。
カントやウィトゲンシュタインなんて
仏法には何も関係ない話を持ち出すところが
「D」クラスの創価活動家に近い。
要は彼は自分の土俵の上で戦いたいだけ。
逆を言うと相手の土俵で戦うだけの
能力を持ち合わせていない。と言う事である。
そしてまんまと東大君の土俵に乗せられてしまうのは
相手(東大君)に対し心理的な畏怖を抱いてしまうからではないか?
学力や地位の高い人間ほど「権威的詭弁」を弄する。
それを見抜けば本当に言っている内容は大したことがない

相手が誰であろうと大聖人仏法を語るときは恐れてはいけない。
これこそが「法論」に絶対的に必要な心構えである。
そしてその根本・源泉となるのは、
大聖人仏法への大御本尊への「確信」だ。

◆信心の血脈無くんば法華経を持つとも無益なり(生死一大事血脈抄)

大御本尊への信がなければ、いくら教学を学んでも無益だ。
単なる知識や学力だけでは「法論」には勝てない。
今の創価活動家がまさにその状態。
大聖人仏法が凡夫の論説に破られることなど間違ってもあり得ない。
だから相手が誰であっても何も恐れることはない。
その上で御書を学び日寛上人をはじめとする御歴代のご指南を学び
とことん突き詰めて理論武装をするとともに
「法論」(ディペート)にはそれなりのテクがあるので学んでいけば
この東大君程度であれば何もビビる必要もないだろう。
ラキーチンさんには、大聖人仏法の正義を
大いに語る論客になっていただきたいと切に願う。

最後になるがラキーチンさんの
東大君への下種は成功しているので
もう折伏は完了している。しかも大成功だ。
東大君から悪口罵詈されているのがその証拠だ。
創価の活動家みたいに選挙活動で悪口を言われているのではなく
大聖人仏法を語って悪口罵詈されたのだから胸を張っていい。
二人の勝負は始まったばかり。
勝負はまだ先だ。
東大君のいい友人として
彼と長いお付き合いをしてほしい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR