ある男子部のお話

創価が宗門から破門される前の事。
とある20代の男子部が壮年部の幹部に
「折伏とはどうすればできるか?」と質問した。
その質問を受けた壮年部の幹部は
「自分自身を南無妙法蓮華経である。と決めきることだ」と答えた。
それが折伏であり、それ以上でもそれ以下でもない。と。
するとその男子部は
「それなら簡単です」と即座に答えた。
この会話を聞いてみなさんはどう思います?
俺は、この男子部は
よほどの無知(無恥)か
かなり傲慢なヤツかと思った。
いや、無知ゆえの傲慢。傲慢ゆえの無恥。とでもいうべきか。
そもそもこの男子部の信心歴は10年もなく
信心も人生もその体験は極めて少ない。
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」
壮年部幹部のこの言葉の重みが本当に分かっていたのだろうか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」事。
これは折伏のみならず信心そのものの極意であり目的と言ってもいい。
生涯この信心を貫いたとしても果たしてその境涯になれるかわからない。
おれも未だに「自分自身を南無妙法蓮華経である」と
心の底から思えて言えるかと聞かれれば全く自信がない。
もしそう言えるとしたら
自分自身が生涯、大御本尊を信じぬき祈り抜いた時だろう。
生きているうちは無理だと思う。
それを、ハタチそこそこの
信心も人生も未熟な男子部員が
「簡単です」というのだから恐れ入る。
こんなことを平気で言えるのは
よほどのバカか傲慢チキかゴマすりか
いづれにしても、ロクな人間ではないな。と感じた。
もし俺が幹部でこんな男子部員がいたら
その傲慢さを注意するとともに
コイツには信心を続けていいくの無理かも?って思う。
まぁ、その時の壮年部の幹部は
その男子部の答えは聞かなかったことにしたのか
話を続けていたが・・・

果たしてこの時の男子部員のその後はどうなったか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決め切った」ようで
いつのまには「自分自身がご本仏」と思い込んでしまった。
結果、大御本尊を捨てた。
それだけでなく、多くの会員にも大御本尊を捨てさせて
自分を広宣流布の指導者と言わせ
「先生」などと会員に呼ばれ我が世の春を謳歌していたが
どうやら、いまではボケ老人と化してというもっぱらの噂である。
そう、あの無知で傲慢な若者こそ
若き日の大作センセであり
その大作センセの質問に答えていた壮年部の幹部は
在りし日の戸田先生である。
戸田先生は自分の信心の究極である
「自身を南無妙法蓮華経であるときめきる」という指導に
「それなら簡単です」と答えた大作センセをどう思っていたのだろうか?
自分の究竟の悟りとも言える指導を
聞いただけ簡単に分かった。という若者を
「なんと頼もしい男だろう」と思ったのか
「なにもわかってないクソガキが簡単に分かったと言ってんじゃね~よ」と思ったのか
それは戸田先生のみぞ知るところだが
どちらにしても大作センセには戸
田先生の指導が理解できていなかった。
それだけは事実だと思う。

この話を聞いて
「さすがは池田センセは俺たちとは境涯が違う」
と思ったそこの創価カツドウカさん
ご愁傷様です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

miuさんのコメントへ(池田名誉会長の事)

少し前にmiuさんから

>どうしても管理人様にお尋ねしたい事が有ります。
>創価学会の池田先生の事をどう思っておられるのですか?

とのコメントをいただきました。
池田名誉会長についていまさらだが思っているところを書きます。

池田名誉会長。通称池田センセ。
「人生の師匠」と思っている学会員さんもいるだろけど
俺は実は一度も「人生の師匠」いや「師匠」と心の底から思ったことはない。
創価に入会したのも創価の活動はしたのも
別に池田センセの考えに共感した訳でもないし、
当然池田センセと会ったことも話したこともハガキの1枚もらったこともない。
ある意味で言えば俺の人生には特にいてもいなくても存在。
創価学会の中で一番偉い人。それくらいの認識かな。
もちろん初心の頃は池田センセのスピーチや御書講義を読んで学んだが
その講義やスピーチがとてつもなく凄い内容でないことは
行学が進んでくるとわかるようなる。
そうなるとまぁ創価活動家の象徴という地位というくらいだろう。
実際「池田先生は我が人生の師匠」と心の底から思っている活動家は
今現在はそれほど多くないと思う。
なんとなく「師匠」と言わないといけない雰囲気が組織にあるから
一応「師匠」と言っておかないと組織に居づらくなるから言っておこう。みたいな。

miuさんは、家族も顧みず創価のために尽くしてきたセンセの人生が尊い。
と思っているかもしれないが
俺はその意見には全く頷けない。
何故なら創価の組織のことをするのは池田センセの仕事だから。
しかもセンセはその仕事が好きで好きで仕方なかったフシがある。
会社(創価)の経費で日本中。いや海外にまで行けて
行った先々では「先生。先生」と歓迎され
あとは小説や詩を書いたり写真撮ったり
ある意味、何等生産性を伴わないことが仕事になり
経済的に恵まれる。
また一般の仕事よりもはるかにストレスも少ない。
そんな仕事なら楽しくて家で嫁や子供の面倒見ているより
毎日仕事していたい。と俺なら思う。
それに子供だって作っているのだから全く家庭を顧みなかったことでもないし。

また
>これだけの組織の仕組、学会員の人望を集めた事は、素晴らしいと思います。
>もし、学会員は洗脳されてると思ってらっしゃるなら、それも実力だと思います。

とのご意見だが、俺は「人望を集めること」は必ずしも素晴らしいとは思わない。
ヒトラーだって、提婆達多だって、極楽寺良観だって
「人望」を集めた。
それが素晴らしいならば、大聖人より極楽寺良観の方が素晴らしい。
ということになる。
もちろんそのカリスマ性は大いに認めるところでもあるし
人心操縦や人心掌握に長けているのだと思う
それは「人としての魅力」を持ち合わせているからだとも思う。
なので、人間としては「魅力的」な人物なのは間違いない。
何らかの魅力がなければ人は洗脳されない。
それを「実力」と表現するならば
間違いなく「実力」だろう。

ただし、それは世法の範疇の話。
大聖人仏法の眼で池田センセを見れば、
その「実力」は大聖人仏法を大いに破壊し
「天魔」「外道」等といくら言ってもいい足りないくらいくらいだ。
その悪業は極楽寺良観すら凌ぐ。
なぜなら池田センセは「大聖人の弟子」と名乗りながら
大聖人仏法を破壊しているからだ。
まさに五老僧全員が
池田センセ一人となって生まれ変わり
大聖人(大御本尊)を否定し
多くの弟子旦那の成仏を阻み無間地獄へと誘っている。
池田センセが民間会社の社長だったら
「癖はあるが魅力のある社長」でよかったのだと思う。
民間企業の社長であれな人身操縦を含め商才があればそれでいい。
だが「宗教家」「宗教団体の指導者」としては失格だろう。
なぜなら池田センセには肝心な「信心」がない。
「信心」がないから大御本尊を捨てることができる。
その本性は御書に照らせば
臆病者で求道心がなく欲深い人間。
それが池田センセの本性だと俺は思っている。
そのような人間を「人生の師匠」だの
「広宣流布の指導者」だの思える会員さんが不思議でたまらない。
そしてそんなことを言っている会員さんは本当の弟子ではないと思う。

俺はこうして池田センセのことを悪し様に書くが
俺はそれが池田センセや創価に対する恩返しだと思っている。
創価があったからこそ俺は大聖人仏法に縁することができた。
これは事実である。
創価以外。例えば正宗のご僧侶や法華講員に折伏されたことは一度もない。
創価がなければ大聖人仏法を知らないまま今でも過ごしているかもしれない。
それに対しての恩義は忘れていない。
だからこそ、謗法と化した創価と池田センセを責めるのである。
かつて池田センセは言った。
「悪を責め抜くことで相手を成仏させる。それが慈悲なのだ」と。
このままでは池田センセは間違いなく無間地獄行きだ。
本当の弟子ならば師匠の間違いを正さないといけない。
本当の弟子ならば師匠の悪を責めなければいけない。
それが唯一「天魔」と化した師匠・池田センセを救う道であり
創価への報恩じゃないのか?
俺はそう思う。
質問内容から逸れてしまったが
今の池田センセは「仏敵」
俺はそう思っている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



「僧侶は死ね」とでも?

今日はお彼岸の中日。
関東地方は暖かく絶好のお墓参り日和だった。
わが母は今年は塔婆供養ができるようになり
菩提寺で喜んで塔婆供養をしてもらったと言っていた。
創価では塔婆は不要って言われておしまいだから
母も塔婆供養がすることができて良かったと思う。
創価の「塔婆不要論」ついてはさておき
創価では「塔婆供養」をはじめ
葬儀も戒名も法事も、
なんでもかんでも「坊主の金儲けの手段」といって糾弾する。
なんですかね?この糾弾の仕方は?
僧侶がお金をもらってはいけないのか?
僧侶はボランティアなのか?
いくら徳を積んだ僧侶でも生身の人間である以上
カスミを食って生きていけない。
その僧侶が対価をもらえる行為はかなり限定的でそんなに選択肢はない。
前述した、「塔婆」「葬儀」「法事」
それに墓苑でも自前で持っていればその管理費。
それらは創価活動家からすれば
全部「金儲け」だから「全部悪」という事になる。
もちろん、神社や神主だって同じで
地鎮祭だのおみくじや破魔矢・お守りに絵馬などなど
全部「金儲けの手段」で「悪」である。
(創価バリ活は神社なんて端から行かないだろうが)
僧侶や神主がもらっていいのはどんな名目の金銭なんだろ。
多分もらっていいお金なんてないんじゃないか?
だとしたら創価は「僧侶は死ね」と言ってるのと同じである。
俺の知り合いのある寺の二代目は
自分の寺に檀徒がほとんどいなくなり
いまでは同列の他の寺院にアルバイトに行っているが
なんともやりきれない気分とともに
これが「末法」ってやつなのかなとも思う。

そういう反面で、そうかの連中は
自分たちは「金儲け」をしてるわけだ。
しかも、塔婆や葬儀・法事という仏事よりも
さらに仏教の本義に関係ない事で「金儲け」をしてるのだ。
聖教新聞だの大作センセの書籍だの民音だの
そして財務というの名の、
寄付とも会費ともわからない名目不明の集金をする。
僧侶は「塔婆」もダメだけど
在家なら「なんでもOK」って
一体どういう理屈でそうなるんですかね。
創価が税金でも払っているってんだったまだしも
正宗も創価も同じ「宗教団体」じゃない。
「金儲けの手段」って・・・お前らの方がもっとヒデェじゃん。
「在家」の教団が肥えて在家の職業宗教家が贅沢して
僧侶には「質素」とか「清貧」を要求する。
僧も俗も同じ。って言っているくせに
創価って奴らってのはとんでもないね。

今回、母が塔婆供養して思ったんだけど
正宗の塔婆供養って本当に安いよ。
母の今回の塔婆供養は2000円だったそうだ。
因みに嫁の実家の菩提寺の曹洞宗の寺は
塔婆1本8000円らしい。
また友人の実家は天台宗の寺らしいがこちらは
塔婆1本6000円だそうだ。
俺もいままで「塔婆供養」の値段は知らなかったが
他宗と比べると正宗の塔婆供養の金額は破格だと思う。
2000円っていう金額を他のモノに換算すると・・・
そう。あれだ。
聖教新聞1カ月の購読料とほぼ同じ金額だ。
春秋のお彼岸にお盆、そして両親の祥月命日に塔婆をたてても
年間5回で1万円。
聖教新聞は1年購読すると約24000円。
これで「坊主丸儲け」などと創価にいわれちゃうんだから
正宗のご僧侶もご苦労な事である。
むしろ「創価丸儲け」と言いたくなると思う。
まぁ、お金の価値観はひとそれぞれだが
個人的には、ゴミにしかならい創価の社内報を1年購読するなら
お彼岸やお盆に塔婆を立て方が気持ちがいいと思う。
母のスッキリ感も理解できる。
創価としたら「坊主はカスミでもくらってやがれ。ダメだなら死しまえ」
って事なんだろうけどね。
だって「僧侶」は創価の商売敵だから。
とくに日蓮正宗は。
正宗から僧侶がいなくなれば
自分たちがますます儲かるからな。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

公明党議員の政治家としての資質

先日、地元の公明党の市会議員と少しはなした。
現在4期目のこの議員は、男子部あがりの議員で
新人の時と、2期目の時には
俺も男子部としてこの議員の応援をした。
2度とも遊説カーの運転手として
初日・中日・最終日と週3回も遊説カーを運転した。
なので、俺が男子部の組織を追われたあとも比較的仲がいい。
で、この議員に俺がいつの間にか退会させられたことなど話したが
反応は薄い薄い(笑)
「いまはそういうことってありますよね~」だって。
おいおいお前の嫁は圏婦人部長だろ?
問題じゃね~のか?これって。って思ったけどそこはさておき
俺の母が正宗に入信したことを伝えると
さっきの薄い反応から一転
「日顕宗なんて行ったらダメでしょう」と激アツで語りだす。
一通り聞いた後に俺は、
「日顕宗なんて呼んだらダメだよ。そんな宗派はないのだから日蓮正宗っていわないと」と彼を諫めると
さらにヒートアップし「日顕宗は日顕宗でしょう!」と言ってくる。
まぁ、彼は議員になる前の男子部時代に
地元の正宗寺院の前で「くそ坊主!出ていけ!」などと叫んでたクチなので
バリバリの創価脳の持ち主だから「日顕宗」と口走るんだろうけど
なんだかコイツはダメだなって思った。

「信教の自由」や「表現の自由」「言論の自由」は憲法で認められているけどさ、
それは個人であり私人である場合じゃないかい?
少なくても市会議員という立場であるのなら今は公人だ。
ましてや議員という立場は権力の一端を握っているのである。
芸能人や有名人とは違う。
そうした立場であるにも関わらず
いくら自分たちに敵対している団体とはいえ
犯罪も犯していない一宗教団体を
正式名称で呼ばず「日顕宗」などと揶揄するのは
誹謗中傷の何物でもない。
これが「公人」と呼ばれる人間の言動でいいのか?
もう少し自分が議員という立場であることを自覚してもらいたいものだ。
「日顕宗」の信徒皆さんだって市民税を払っていて
その税金から給料をもらって、それで家族を養っているってことを忘れないで欲しいね。

まぁ、こうしたことをいうのは今回のこの議員だけじゃない。
およそ公明党に議員はこの議員と何ら変わらない。
創価の会合や活動家に対しては
日蓮正宗の事を「日顕宗」と言う。
これって本当は恐ろしい事なんだよ。
権力を持っている政治家が特定の団体を
当たり前のように平気で誹謗中傷してるってことは
いつかは「圧力」をかけることもできるってことだ。
それによって自分達、つまり創価に歯向かうモノを潰すことも可能なわけだ。
「創価をバカにしたら許さない」
「師匠の仇討ちをする」
こんな人たちが「公明党議員」なのである。
こんな人間を議員にしていいわけがない。
そもそも、特定の団体や個人を目の敵にし
何十年も間誹謗中傷を続けてるような人間に
果たして政治家としての資質があるのか?
自分が公人だと理解できずに「日顕宗」なんて言葉を使う人間に
政治家としての資質はあるのか?
俺にはとてもじゃないがこの手の人間に政治家としての資質はあるとは思えない。
いや、政治家になるべきではない。
そんな政治家としての資質を持ち合わせていない人間を応援するのは
政治を監視できるようなオツムも心も持ち合わせてないヤツくらいだ。
(かつての俺もそうだったが)
政教一致かどうか。そういう事でなく
政治家としての重要な資質に欠けている公明党候補を応援するのが危険という事である。
これから、今年は東京都民の皆さんは
学会員から公明党候補への投票依頼をたくさん受けると思うが
公明党の候補者は
一団体や一個人を誹謗中傷する人達であると思ってほしい。
そのような人間を支持するのであれば仕方ないが
そうでないのなら「頼まれたから」といって
安易に公明党候補に投票するのはやめた方がいいと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

選挙協力だってさ。

公明党が都議選で小池知事率いる
「都民ファーストの会」との選挙協力を決めたね。
昨年の都知事選では、小池氏の対立候補の増田氏を
自民とともに推薦しておきながら
それから1年もたたにうちに、その相手に鞍替えするとは
しかも、国政で連立する自民党を裏切って
その自民党の最大の敵である小池陣営と手を組むとは
さすが「コウモリ党」
大作センセが作りあげた
大作センセを師匠と仰ぐ議員たちの政党だ。
ただ選挙に勝ちたい。
とにかく勝てばいい。
という大作センセの指導のまま
信念も信義も節操もなく
変節と裏切りをくり返す様は
気持ち悪さを通り越して
一種の清々しさえ感じる。
最近、一部の学会員さんたちが
いまの公明党はセンセイの精神から乖離している。
と批判・非難しているが
なんのなんの
この「コウモリ党」の姿こそ
大作センセそのものでじゃないか。
しっかり「大作センセ」の精神が息づいている政党だと思うよ。

とはいえ今回の選挙協力は公明党にはあまり旨みはない。
「都民ファースト」は組織票を持っていないので
公明党の得票が大幅に増えることはないだろう。
対して小池陣営にとっては「オイシイ」取引だ。
公明の現有議席だけ残してやれば
ほかの選挙区で公明の票を獲得できるのだからね。
まぁ、公明都議団が小池氏を恐れて軍門に下ったという絵面だな。
こうしたヘタレ具合もまた、大作センセのご精神があればこそだ。

にしても現場はまた大変だな。
いままで自民候補を応援していたのに
今度はその対抗候補を応援しなければいけないんだから。
外部の人たちにどうやって説明するのかね?
まぁ、カツドウカの方々だから適当なこと言ってF取りするのだろうけど
いくら無党派といわてもそんな馬鹿じゃない。
「都民ファースト」の投票するだろうが
学会や公明党の節操のなさに呆れる人も多いと思う。
自民党だって内心では面白くないはず。
結果次第では自民党の公明党に対する信頼は大きく揺らぐだろう。
長期的に見れば、この選挙協力はマイナスだと思う。
学会活動家は騙せても世間は騙せないからな。

まぁでも、これが今の日本の政治であることは事実だ。
まずは当選しなければ話にならない
そのためには犯罪以外はなんでもアリってのは
政党としての方法論としては不可ということではない。
しかしこれでもまだ幹部はカツドウカに
「選挙は広宣流布」というのか?
「選挙は功徳がある」というのか?
公明党議員が増えることが広宣流布であるというのならば
何故、全選挙区に公明党候補を擁立しない?
全選挙区に公明党候補を立てて
全学会員が公明党候補だけ支援するのであれば
まだ「広宣流布」という言葉も少しは説得力があるが
それをやらずに他党の候補を応援するのことを
「広宣流布」と言うには無理がありすぎる。
結局、全選挙区に候補を立てても勝てないから
勝てる所だけに候補を立ててるわけだろ?
どのみち「負ける」選挙区に候補を立てて
「死に票」を作るくらいならば
その「票」を他党との取引材料にする方法を選択してるだけ。
まだ、落選しようとなんだろうと、
共産党や幸福実現党の方が
党員や信者のことを考えてるよ。
公明候補以外の候補を支援する意味も義理も
創価学会員にはね~だろ。
やりたきゃ、公明党の党員だけでやれって~の。
バッカみたい。
こんなバカみたいなことの為に
手弁当で東京まで出て行った挙句
自分の知り合いに嫌われていく創価カツドウカ。
しかも大半のカツドウカは都民じゃない。
なんなの?一体何がしたいの?
大作センセに恩返し?
わかんね~なぁ。
今回がいいきっかけだと思うよ。
この都議選から選挙活動やめようよ。
まずは、普通の信仰をしようよ。
ね?学会員さん。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR