FC2ブログ

公明党に破壊される創価学会。

沖縄の県知事選。
三色旗を掲げてデニー候補を応援する学会員も登場したね。
まぁ予想通りというか当然こうなるわな。
どう考えても、大作センセの過去の発言をきけば
公明党が佐喜真氏を支援することは考えられんもんな。
もちろん、佐喜真氏を支持する学会員もいて当然だが
組織から強制されてまで佐喜真氏を支持する理由はひとつもない。
前回の記事でも書いたし、いつも書いているが
もう創価による半強制的な公明党支援なんて時代遅れも甚だしい。
これは沖縄県だけに限らないし、市議選も国政選挙も同じ。
そもそも創価学会という宗教団体に所属しているだけで
特定政党を支持しなければならないなんていうのは、
それこそ非人権的な行為だよ。
学会員には色々な人がいるわけで、
一人ひとりの状況によって必要な政策は違うし
各個人によって右とか左とか様々な考え方もある。
創価が言うところの桜梅桃李で誰ひとり同じではない。
なのに選挙は「公明党だけ」支援するなんておかしいわけだ。
大作センセだって「選挙は自由」といってるわけだし、
政教分離というならば会員は自由に投票できるはず。
それをね、宗教団体が半強制的に投票する候補や政党を指定するのは
会員の権利を侵害する憲法違反も甚だしい。

おそらく、デニー氏を支持している人は
組織から白い目で見られ異分子扱いされるわけでしょ。
危険事物扱いする幹部も中にはいるだろう。
この三色旗掲げた人は間違いなく除名でしょ。
埼玉で除名された篠澤さんだってその原因は
安保法案に賛成した公明党への抗議でしょ?
例の3人組も公明党批判とそれを支持する執行部批判がメインだし
3人組に関われば査問を受け処分を受ける。
もうね、創価学会を壊しているのは公明党なんですよ。
公明党なんてなかったら、沖縄県の学会員さんが
組織から村八分にされることもなかった。
篠澤さんやそのほかの学会員さんが処分されることもなかった。
もともとは信仰をする為に集まった人達が、
信仰が原因ではなく政治的なことが原因で処分される。
これはさ、どう考えてもおかしいわけ。
創価風にいえば、いまの麗しい学会の組織を壊しているのは公明党と
それを支持しろと強制する上層部なわけ。
破和合僧・獅子身中の虫は、公明党と執行部以外にいまや存在しないでしょ。
公明党の存在のせいで、創価の組織はガタガタになり
信心の団結にヒビが入っているんだよ。

◆日蓮が弟子の中に異体異心の者之有れば例せば城者として城を破るが如し(生死一大事血脈抄)

異体異心の者とは創価本部に反抗して公明党を批判する会員ではなく
公明党支持を強制する執行部と幹部の方でしょうよ。
信心と無関係な選挙を強制することが「異心」なわけ。
このまま今まで通り公明党を支援したら創価は本当に崩壊するよ。
まぁそれはそれでいいことなんだけど。
創価を崩壊させたくなければ公明党の支援をやめることだね。
創価本部は権力の魔性に完全に支配されているからやめないだろうけど
現場レベルではやめるべき。
公明党に反旗を翻せば処分や村八分という事実があるにも関わらず
いまだに「選挙は強制していない」なんて
ほざいている活動家がいるが本当に大嘘つきだな。
強制はしていないけど処分はする。
そんな理屈が通用するとでも思っているのかね。

まぁどっちにしても今の創価の実態は信心の団体ではなく公明党の下部組織なんだな。
「選挙は信心の戦い」なんていう言葉に騙され騙し、
権力との闘争だったはずがいつの間にか権力の下僕になっているのが今の創価。
公明党の存在がいかに創価の組織を破壊してるか分からないのかね。
どちらにしてもこのままでは公明党に創価は破壊されるだろう。
それを阻止するには会員一人ひとりが公明党を破門することだ。
まぁ一番いいのはこんな創価からとっとと出ていくことだけどね。


にほんブログ村

沖縄県知事選告示。これでいいのかね?学会員は。

昨日、沖縄県知事選挙の告示がありましたね。
立候補者は4名ですが、自民・公明が推薦する佐喜真淳氏と無所属の玉城デニー氏の事実上の一騎打ちでしょう。
前回は確か公明党は自主投票だったとおもうが、今回は自民と組んで佐喜真氏の支援に回ったね。
公明党としては辺野古移転反対の立場じゃないかと思ったら移転推進派の佐喜真氏支援とはね。
佐喜真氏は辺野古の「へ」の字も出さない選挙展開をしているようだが
沖縄の選挙と言えば基地問題を抜きには語れないでしょう。
また自民党が支援してるのだから佐喜真氏が勝てば自動的に辺野古移転が進められます。
移転というと聞こえがいいけど、事実上は沖縄米軍基地の拡大ですから沖縄県民にとっては重大事項です。

そんななか、対立候補の玉城氏を誹謗中傷する自民シンパ側の動画を
公明党の遠山議員がSNSで拡散して問題になっています。

玉城デニー氏のデマ動画拡散 公明衆院議員の呆れた言い訳

怒った玉城氏がデマ拡散に対する刑事告訴の手続きに入った瞬間の
公明党議員の遠山氏は「私は動画を見つけてそれを投稿しただけで、内容の真偽については確認していません。(略)責任は動画を作った人に問い合わせていただきたい」などという言い訳。
相手を誹謗するような内容の動画を「真偽の確認もせず」に自分のSNSで拡散する。
そんな男が公明党の国会議員なんだよね。
もっとも、支援をしている創価や創価活動家も同類の人間だからわかる気がすけど。
いまだに、「シアトル」「芸者写真」「コーヒーカップ」なんて持ち出して
自分のブログやSNSで宗門を批判している活動家が大勢いるもんなぁ。遠山と一緒(笑)
まぁ~師匠が「嘘も100回言えば本当になる」を地で行ってる人だからね。

また、この連休は創価活動家が大挙して沖縄入りするらしい。
選挙のために自腹で沖縄って.....せっかく沖縄に行くのになにやってんだか。
こんなこと自主的にするわけないから当然「上から」の指示なんだろけど
だったら交通費くらい経費で出してあげればいいのに。
それがダメなら沖縄の創価の施設に無料で宿泊させてあげるとか。
多分、そんな配慮とかないんだろうなぁ。気の毒なことです。

さて、沖縄の基地問題は県民を二分する大きな問題ですね。
基地があるから生活が成り立っている人もいるでしょうし、
基地があることによって国から交付金が入るという事情もあるでしょう。
でも、もし基地がなくてもいまの生活が維持できるとしたらきっとみんな基地がない方がいいに決まっている。
そのようにすることが知事の仕事だと個人的には思う。
国もね、他国には戦後賠償するのになんで国内の沖縄県には無条件で予算をつけないのか?
金で脅して沖縄県に大きな負担を強いるのは国による恫喝に見える。
いっそ、中国みたいに海上に人工島作ってそこに米軍を移転させたらいいんじゃないか。
候補地は尖閣諸島がいい。中国も米軍は尖閣にいたらそうそうちょっかいかけてこないだろう。
まぁいづれにしても基地問題については沖縄県に負担が偏りすぎとは思う。

それはともかく、沖縄県に限らずその場所の長を決める選挙は
その場所に住んでいる人達が決めるべきことだと思う。
とくに沖縄県は米軍基地問題という
ほとんどの他の都道府県では想像もつかない独自の問題を抱えている。
それをね知りもしない人間が外部から入って干渉すべきではないでしょう。
政治家や政治的な心情をもつ一個人ならともかく
宗教団体が組織をあげて干渉するのはなにか間違っているのではないか。
普段はせいぜい遊びにいくくらいで沖縄のことなんかに興味がない連中が
「法戦」だかなんだか知らないが沖縄県のことに首を突っ込むのはおかしい。
そんなに沖縄県のことを考えているなら、その旅費を沖縄県の自治体にふるさと納税しなさい。
日本の選挙に外国人が大挙してやってきて選挙活動してたらどう思う?
オマエの住んでいる場所の選挙に市民税も払っていない人間がくち出してきたらどう思う?
俺ならばそんな関係ない連中を見て苦々しく思うけどな。
創価活動家が沖縄に行ってやろうとしていることはそういう行為なんだよ。
もうね、こんな公明支援はやめようよ。自分の住んでいる場所の選挙ならまだしも
他人の住んでいるところの選挙に干渉しちゃだめだよ。
というか、公明党の支援なんて本当にやめたほうがいい。
沖縄県の学会員はどう思うのかな?
関係ない連中がやってきて自分達の住んでいる場所の選挙に口出して。
俺なら頭にくるけどな。
そいえば大作センセは言ってたな
「核も基地もない沖縄」って。
公明党が自民と組み与党の座にしがみついていては大作センセの思う通りにならないね。
大作センセが作った公明党。いつまでそんな妄言に騙され続けるのかね。学会員さんは。


にほんブログ村

新人間革命完結だってよ。

先日、小説「新人間革命」が完結したね。
最後の方は、連載打ち切りになったマンガのような展開で、
色々と端折ってムリクリ終わりにした感じだった。
センセイの連載は打ち切りになんてならないんだからもっと書けばよかったのにね。
なんで、山本伸一は突如として会員の前から姿をけしたのか?
姿を消したのちに伸一は何をやっていたのか?
伸一は恩師・戸田城聖が命を懸けて守ってきた戒壇大御本尊を何故捨てたのか?
とっても気になるんですけどそのあたりの事は一切触れられていないところが秀逸ですな。
聖教新聞では「新人間革命」完結を迎え連日関連記事が掲載されていますなぁ。

なになに.....トルストイの「戦争と平和」に匹敵するほどの作品とな(笑)
いや、ただ長く書いてきただけでしょが。トルストイと一緒にするとは言いすぎ。
「こち亀」や「ドカベン」の方が長いし内容も面白いでしょ。
池田センセより水島先生の方が凄い気がするなぁ。

え~っと....「『新・人間革命』の行間に 千数百万の庶民の人生が」とな。
確かに大作創価学会に騙された多くの民衆の怨嗟の声が行間に滲み出てますな。
とくに戸田先生とともに戦い創価の基盤をつくった草創期の方々は
大作センセのせいで、大御本尊から引き離され無間地獄で苦しんでいるのだから
そりゃ恨みつらみも言いたくなるでしょう。

そんな中、ダーハラ会長は
「『人間革命』『新・人間革命』は、広宣流布の歴史を通して「学会精神」を刻み残した「信心の教科書」です」
なんて言っちゃいってます。
今後もこの三文小説を会員に売りつけたい気持ちもわかるけど
いくらなんでも「信心の教科書」は言いすぎでしょ。
せめて「参考書」くらい言っておけば可愛げもあるのだが「教科書」って,,,,
じゃぁ「御書」は?「御書根本」だっていってるけど御書は、信心のなんなのさ?
「人革」が教科書ならば御書は何になるの?
これだから創価の患部・活動家はいつまでたっても基礎教学も身に付かないんだよ。
こんな三文小説を信心の教科書にしちゃうんだから。
こんなものエロカンターレの言霊集と同じでしょ(笑)
まぁね。これを「教科書」にすれば、喜んで学会活動に励むようなオカシナ人間に革命できるけどね。
「教科書」というより「狂化書」ですよ。こんなもんは。
しかし、これからの学会員さんはコレを買わされるんだろうね。
そのうち御書は扱わなくなるだろうからコレが御書代わりになるんでしょう。
毎月の座談会でこの三文小説を学習するのだろうね~。
30巻かぁ、1冊1500円としても45,000円。わぁ~大変だな。
まぁ少し待てばメルカリで全冊揃えで3000円くらいになると思うから慌てて買わない方がいいよ。
多分、新品同様品で売りに出させるから大丈夫(笑)

とはいえ、ゴーストライターの皆さんはお疲れさまでした。
ゴーストが書いているのバレバレのなか書き続けるストレスは相当なものがあったでしょう。
元気な池田先生が書いていると思っている会員さんを欺きつづけ罪の意識にさいなまれ眠れない夜もあったのでは?
え?それなりの高給もらっているし別に罪の意識なんてない?
さすがです。そのメンタルがなければ創価の職員なんて務まらないよね。
なにはともあれ「代作」ご苦労様でした。

さて、「新人間革命」が完結したということは、ついに大作センセの存在意義もなくなったというわけで
今後大作センセが「やる」としたら「大作本尊」くらいですかね。
どちらにしてもお払い箱になる日も近づいてきたように思います。
大聖人と同じ10月13日。創価の記念日の11月18日。戸田会長の誕生日の2月11日など
Xデー候補はいくつかありますね。
来年は参院選もあるので、早めにするかもう1年延命治療するか
人口呼吸器を外すだけであればXデーはいつでも自由に決められますからね。
選挙日程とにらめっこして、創価本部と公明党幹部で「いつにする?」なんて話し合っていそうです。
まぁ、ヤルなら参院選前の早い時期がいいでしょう。戸田センセと同じ4月2日はどうでしょう。
「センセの弔い合戦」ということで参院選大勝利間違いなしです(笑)

最後になりますが、「新人間革命」が完結したので
「先生からのお手紙」を運ぶ聖教新聞の使命も終わりですよ。
「人間革命が終わったので聖教新聞をやめます」といって購読を止められますよ。ラッキ♪


にほんブログ村

創価教学じゃない御書講義(30年度9月座談会御書・四条金吾殿御返事)

苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて
南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ、こ
れあに自受法楽にあらずや、いよいよ強盛の信力をいたし給へ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談御書は「四条金吾殿御返事」。別名「衆生所遊楽御書」です。
非常に短い御書ですが、今回の御文は有名な一節ですね。
この御書の一番最後の結論の部分です。
この御書の冒頭は

◆一切衆生南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり経に云く「衆生所遊楽」云云、此の文あに自受法楽にあらずや

と書かれています。「衆生所遊楽」と「自受法楽」は同じというか
南無妙法蓮華経の題目を唱えることによって「自受法楽」することができる故に、
衆生つまりこの信心をする我らのいる場所は「遊楽」する場所となるということです。
同じく今回の御書に

◆現世安穏後生善処とは是なり

と書かれているように常に我らのいる場所は「遊楽」の場所となるということです。
「遊楽」=「自受法楽」ということになります。
この「自受法楽」とは「自分自身の力で法楽を受ける」という意味です。
教学的に言うと、「自受」とは「信力」「行力」であり「法楽」とは「仏力」「法力」です。
つまり「自受法楽」とは「四力」ということですね。
一般的に宗教は「他力本願的」にイメージされますし実際そのような宗教も多くあります。
逆に無宗教の人々は「自力本願的」な生き方を潔しとしてるようにも見受けられますが
実際の人生においては、自分自身の力だけで幸福になる事も運だけで幸福になる事もないでしょう。
自分の努力の上で運を味方につける人が成功したり幸福になっていると思います。
「絶対自力」でも「絶対他力」でもダメだと感じます。
そこでこの日蓮仏法の登場なわけです。
「信力・行力」という「自力」と「仏力・法力」という「他力」を冥合させた姿が「自受法楽」です。
この姿を戸田会長は「絶対的幸福境涯」と呼んだのでしょう。
「自力本願」でも「他力本願」でもなく、「四力本願」が日蓮仏法なわけです。

そしてこの「四力本願」が成立するのは
正しい「仏力・法力」=正しい本尊と
正しい「信力・行力」=正しい本尊を信じての題目が必要となるわけです。
この御文に書かれている【南無妙法蓮華経とうちとなへ】というのは言うまでもなく【本門の題目】です。
ただ「南無妙法蓮華経」と唱えていればいいということではありません。
【本門の題目】とはこれまた言うまでもないけど、一大秘法の大御本尊に備わっている題目です。
言いかえるといつも言っている「大御本尊を信受して唱える題目」です。
そしてこれもまたまた言うまでもなく「大御本尊を捨てた学会員の唱える題目」
は「本門の題目」ではありません。
つまりいくら「信力」と「行力」が強くても、「仏力」と「法力」が備わっていないので、
「自受法楽」=戸田会長のいうところの絶対的幸福境涯になることはありません。
この御書には次のようにも書いてあります。

◆遊楽とは我等が色心依正ともに一念三千自受用身の仏にあらずや

これはですね。創価のいうよな「自分が仏だ」っていうような意味ではありません。
日寛上人が観心本尊抄文段のなかで

◇我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち一念三千の本尊、蓮祖聖人なり。

と言われているように、大御本尊を信受して本門の題目を唱え奉れば
わが身にご本仏の「仏力」「法力」が湧現する。わけです。
この日寛上人のご指南がまさしく「自受法楽」という事です。

また、創価は「誓願の題目」といいますが、やりたいひとは「誓願の題目」もいいですけど
本当に「苦しい」「辛い」「悲しい」時に、無理に「誓願」は必要ありません。
また、無理に「誓願の題目」をあげされるような指導もいただけませんね。
この御文に書かれている通り「苦しいから助けてください」でいいのです。
「広宣流布に○○しますから××してください」なんて祈るのはナンセンスです。
そもそも、こんな祈りはご本仏と取引しているみたいじゃないですか。
「苦しい時は苦しい」「悲しい時は悲しい」
助けて欲しい。守って欲しい。それでいいんです。
「仏力」とは何ぞや?と聞かれれば、それは「主師親」の三徳です。
子供が病気の時に「いうこと聞くから病院に連れて行って」といわれる親がいたとしたら
苦しんでいる子供になんてこと言わせてるんだよ。一体どんな親だよ。と思いませんか?
苦しい時には余計なことを言わずに苦しいといえば、ご本仏は救ってくれ守ってくれ
悩んで迷っているときには「迷ってます」「悩んでます」といえば導いてくれます。
それがご本仏のもつ「仏力」であり「法力」です。
「広宣流布頑張ります」というのは、「楽を楽と開いたとき」に感謝の気持ちで祈ればいいのです。

こんな素晴らしいご本仏を捨てた学会員さんは可哀想ですね。
しかもある日突然、自分の意思と関係なく捨ててしまったのだから哀れとしかいいようがありません。
どんなに泣こうと喚こうと祈ろうと、創価のコピー掛け軸相手ではどうにもなりせん。
ましてや、選挙のことだとか新聞啓蒙のことだかご本仏と関係ない誓願したり
仏敵の大謗法者・大作センセにお応えするなんて祈ったりした日には衆生所遊楽どころじゃありません。
てか、創価の組織で活動している時点で「衆生所遊楽」じゃないでしょ(笑)
あんな訳のわからない連中と日々顔を突き合わせているだけで疲労困憊です。
それが楽しくて仕方ない患部・罵詈活さんは

◆「常に地獄に処すること園観に遊ぶが如く余の悪道に在ること己が舎宅の如し」(兄弟抄)

という人達でしょう(笑)

大聖人は、【いよいよ強盛の信力をいたし給へ】と言われています。また

◆汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ(立正安国論)

とも。

いま創価で間違った信心をしてしまっている皆さん。
大切なのは「いよいよ」つまり今からです。
創価信仰をスッパリやめてご本仏の元にお戻りください。
それが「自受法楽」の
「絶対的幸福境涯」への
絶対的な条件です。


にほんブログ村

鯛焼き支部長、すっかり創価流詭弁術に味をしめたらしい。

いまや創価系ブログではもっとも嗤える鯛焼き支部長の
「日蓮正宗信徒さんの対話」?(タイトル違ってたらゴメンネ)ってのを読んだ。
鯛焼き支部長さんもうすっかり創価流詭弁術に味をしめてご満悦の様子(笑)
なにせ「対話をしたいと思います」といったその口で初手から

もし、何らかの理由で身延一派に「大御本尊」を強奪され、身延山に「大御本尊」が安置されたならば、貴殿はどうされますか?大聖人を本仏と認めてない身延へ参拝されますか?

などというコテコテの詭弁をご披露しているのだから色々な部分でオカシイ。
これね「現実的にはありえない例え話」をして論点をそらすという典型的な詭弁ですな。
こう書くと、「100%ありえない話ではないだろう」というだろうけど
これまた「自分の有利な未来を想定する」という詭弁なんですね。
この質問ってのは、大作センセを師匠にしない人が師匠にしている人に
【もしも大作センセが無差別テロを実行して多くの人を殺してもあなたは大作センセを師匠としますか?それとも批判しますか?】
と質問するのと同じ事なんですね。
もちろん、「師匠とする」「師匠としない」のどちらを答えても「返し」用意してあるけど
通常の常識ある学会員さんならばこの手の質問には答えませんよね。
このような話は酔っ払いオヤジでもしませんね。したとしも無視されて当然なレベルの話です。

どうやら鯛焼き支部長はこの例えをもって創価が大御本尊を捨てたことを正当化しようと思っているでしょうけど
「創価が大御本尊を捨て大石寺に参詣しない理由」と「大御本尊が身延に強奪された場合」は
全くなんの関係もないのです。鯛焼き支部長は詭弁を弄して論点をすり替えるという
創価の典型的なパターンを使ってわけですね(笑)
しかも、大聖人を本仏と認めてない身延へ参拝されますか? なんて訊いているが
正宗は大聖人をご本仏としてるので創価が大石寺に参詣しないのと身延に参詣するのでは前提条件が違います。
このへんも創価流詭弁術の真骨頂です。(まぁ読者の皆さんにはバレてるみたいだけど)
ですから、日蓮正宗信徒さんが「こんな質問に答えられない」というは当然の回答ですね。
まぁ、私だったらどうしても答えろというならば、「強奪は犯罪なので参詣するしないとかではなく警察に刑事告訴します」
と答えますかね(笑)日本は法治国家ですから強奪は犯罪ですからね。

さて、鯛焼き支部長ですが初手からこのような詭弁を使い論点をすり替えた上で回答しない日蓮正宗信徒さんに

「仮定の質問だから答えられない」としか返せない。日蓮正宗のレベルってこんなものなんですかね?

などといって煽ります。シニフェイさんに使った手口ですね。二番煎じか柳の下のどじょうか(笑)
「ありえない仮定の質問には答えられない」これは当たり前の話ですね。
そもそも「ありえない仮定の質問」なんてまともな大人ならしませんよね。
ビジネスシーンで「ありえない仮定の質問」なんてしたら、だれも答えてくれませんから(笑)
鯛焼き支部長は指導や折伏するのに「ありえない仮定の話」してるんですかね。
支部の会員さん達も酔っ払いオヤジのありえへん話を年中聞かされると思うと同情するなぁ。
「ありえない仮定の話」を予言とか言っちゃっている浅いセンセみたいだね。
鯛焼き支部長って創価よりも顕正会向きな気がします(笑)
創価の支部長のレベルってこんなもんですかね?(大笑)
因みに日興門下のレベルを知りたければいつでもお相手しますよ。(笑)
まぁ鯛焼き支部長のレベルでは暇つぶし程度にしかなりませんけど。

そして、鯛焼き支部長はこう続けます。

人生の先輩云々の話で、誤魔化すのは辞めて欲しいですね。
私の質問<1>にお答えできないようでしたら、もう無理なさらなくて結構です。


初手から自分で「論点すり替え」の誤魔化しをしておいて、相手が誤魔化したと騒ぐ。これも創価の典型的な詐欺話法。
揃いも揃って同じような手口の詐欺話法します。シニフェイさん達に「創価脳」と言われるわけだ。
自分で「ありえない仮定の質問」=「答えようがない質問」をしておいて「答えないならもう結構」って。
「対話」が目的ではなかったんかい!対話が目的であるならば「答えられる質問」をし直したらすむだろうに
「もう話しません!」だって。
確かシニフィエさんが鯛焼き支部長と対話拒否したことを批判していたはずだったよなぁ。
いやいや「鯛焼きブーメラン」恐るべし!

まぁ、おそらく鯛焼き支部長は最初から対話する気なんてなかったのでしょう。
それはとりも直さず大聖人仏法の「法門・法義」を彼は全く理解してない。
いや勉強すらしてないんでしょうね。だから本当は自信がないんですよ。
かといって「論破」されるのは支部長としてのプライドが許さない。
だから詭弁を弄して「自分が勝ったかのようにカモフラージュ」しているわけです。
かつて当ブログにやってきた多くの創価活動家と同じです。
大聖人仏法の法門法義から逃げ回って、詭弁を弄し論点をすり替え印象操作するだけ。
卑怯で卑屈で哀れで惨めで本当に可哀想な方々です。
それが創価幹部・活動家と呼ばれてる人達の真実の姿なのでしょう。

日蓮大聖人の仏法を求め信仰したい学会員さんはこんな幹部に騙されはいけませんよ。
彼等は、大聖人仏法のことなど「これっぽっち」も知らないし
大聖人のことなど爪の先ほども信仰していません。
ただ虚勢を張って、知ったかぶりをして、詭弁を使い誤魔化しているだけの人間に過ぎません。
そのような幹部に騙されないためには自分が学ぶことです。
そして、一日も早く創価の組織や創価の幹部・活動家から離れることです。

それにしても、鯛焼き支部長はなかなか御本尊についての記事書かないなぁ。
時間がないと言っている割には「対話」してるし
自分が信じている本尊について書くのにそんなに時間がかかるの?
昨日今日入信した初心の会員でもあるまいし
支部長さんでしょ?ちゃっちゃと書いて笑わせてくださいな(笑)


にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
1位
アクセスランキングを見る>>