FC2ブログ

題号だけの御書講義⑦(如説修行抄)

今月の題号だけの御書講義は「如説修行抄」です。この題号には通別二義があります。「教」の訳せば内外・大小・権実全てに通じ「時」に約せば在世・滅後に通じます。「教」に約すとは、外道や小乗教・各爾前・権経に全てにおいてそれぞれに教主が存在し教主の「教え」が存在します。その教主の教え「如説」の通りに修行をすることを「如説修行」といいます。「時」に約すとは、1・人法相対、2・師弟相対、3・自行化他の三義があります。1人法相対とは「如説」は法・「修行」は人。2師弟相対とは「如説」は師説・「修行」が弟子。3自行化他とは「如説」は人に向かって説くので化他・「修行」は自行。という事です。この三義は在世・滅後のどちらにも通じる解釈であるということです。このように一応「如説修行」とは全ての教えと三時をまたいで存在しますが、別して言えば、「如説修行」とは、「教」に約せば文底勧心の如説修行であり「時」に約せば末法今時の「如説修行」の人法・師弟です。即ち大聖人仏法における「如説修行」が書かれているのが本抄です。この題号を細かくみていくと、「如」とは如来のことであり「人」=「仏」で人本尊の日蓮大聖人のことです、「説」とは如来の説法であり「法」=法本尊の南無妙法蓮華経です。従って「如説」とは人法一箇の法体である本門の本尊=戒壇御本尊です。また「修」とは「修める」ということなので自行。「行」は実際の行動ですから化他です。従って「修行」とは自行化他に亘る本門の題目です。そして本門の本尊である大御本尊を信じ本門の題目である信行の題目を唱えるその姿・場所が本門の戒壇ですから、この「如説修行抄」の題号にはこのように三大秘法が含まれているわけです。さてこれを師弟相対義に当てはめれば「如説」=戒壇大御本尊を「師」として自行化他の題目を唱えるのが大聖人仏法の正しいそして根本の師弟相対です。とはいえ御本尊そのものは言葉を発しませんから、大御本尊より法水写瓶を受けられた御当代猊下及び歴代上人のご指南に従い修行することが、正しい「如説修行」になるわけです。例えば今の創価は池田大作氏の小説を学びその小説のごとき修行することを師弟不二と呼び「是」としていますが、その修行は通じて創価の「如説修行」であり、別して大聖人の「如説修行」ではありません。即ち本門文底の勧心の修行ではなく、末法今時の修行ではありません。学会活動とは学会の修行であり外道の修行なのです。このような外道の修行は謗法になっても功徳にはなりません。まさに創価は本抄本文にかかれている「物怪」なのです。前述しましたが「戒壇大御本尊(如説)を受持(修行)する」ことが大聖人の門下の「如説修行」です。本抄の本文には如説修行の具体的な修行のひとつとして
◆一乗流布の時は権教有つて敵と成りてまぎらはしくば実教より之を責む可し
とのご指南があります。まさしく戒壇大御本尊を捨てたにも関わらず「日蓮仏法」などと吹聴している創価のごとき謗法を責めることが大切な如説修行です。その為には日々の勤行・唱題です。この唱題(受持)の一行に全ての修行が含まれるのです。100日唱題行の最中です。一日2時間はできなくても各人の生活のなかで出来る限りの「如説修行」をしてきましょう。私もいまのところ毎日2時間唱題続いています。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

創価組織防衛隊。

梵我一如さんのブログを読んだ。
梵我一如さんの記事はコチラから▶ 創価の慈悲や同苦は限定商品です。
わかるわ~。創価をやめると「仏敵認定」。これ創価組織の全国共通ルールだよね~。梵我一如さんとかは創価を辞めて仏敵認定されたのだけど、オレとその周辺メンバーは折伏して新聞啓蒙して選挙やって広宣で他宗と戦っているバリバリの活動家時代にいきなり「仏敵」扱いでした。当時オレは男子部副本だったけど、オレ以外に2支部にまたがって、部長1人・副部長3人・地区リーダー2人とその他数名が「いきなり仏敵」扱いされ首謀者はオレということになっていました。その時は前線で必死で戦っている最中に味方に後ろから銃撃されたような気分でしたが今となっては創価時代最後のいい「おもひで」です(笑)さて組織内に仏敵が出現するとどこからともなく「創価防衛隊」が現れてオレや梵我一如さんのような「仏敵」から組織を守るわけです。その方法は、組織内の会員さんに仏敵と「会わない」仏敵と「口をきかない」仏敵の「話を聞かない」という、「見ざる聞かざる言わざる」の「三サル運動」がメインになります。その「三サル運動」と「仏敵」についてあることないこと(ほぼない事のデマ)の誹謗中傷を組織内に流布しプロバガンダ作戦を同時進行で行います。するとあら不思議、昨日までダメ出し副本に指導やら御書やら折伏応援やらをダメ出し副本の都合も考えずに依頼してきた連中が蜘蛛の子を散らすようにいなくなり、さらには「あの人の信心は最初からおかしいと思っていた」とクル~っと手のひら返しをして悪評は会ったことも話したこともない会員にまで流布するわけです。(最初からオカシイと思っていたのになんで指導をしてくださいって言ってきたんだろ?)もうね、小中学生のイジメと全く同じ手法(笑)もっとも「仏敵」にされた方は別に創価の連中と絡まなくても何も困らないから「別に」って感じで何とも思わないんですよ。ただ生暖かい目で猿山のサルたちが大騒ぎをしているのを遠くから眺めているだけです。なので折角の「創価組織防衛隊」の「三サル・いじめ攻撃」もあまり効果がないわけです。だからもっと他に方法がないのかなぁって思います。オレらが仏敵扱いされた時は部員さん達の前で対論してシロクロつけようじゃないかと「公場対決」を提案したのだが、相手がビビッて県幹部に相談し県幹部から学会幹部同士が争う姿を部員さん達に見せるのは宜しくないということで「公場対決」は実現しなかったんです。ただ、仏敵のオレが創価を退会して剰え「日顕宗」となり学会員を退会させている今でも対論から逃げまくっているのは「創価防衛隊」としては些か情けないですよね。やはりここは「仏敵」のダメ出しや梵一、ブルーノートなどを徹敵的にやつけなければ大切な創価の組織は守れないよ。実際にこの3年でキミ達の組織内からダメ出しのせいで創価を退会して日顕宗になってしまった会員は10人を超え今もなおダメ出しにロックオンされている創価メンバーがいるんだぞ。「三サル運動」では組織を守れないぞ(笑)と言っても創価本部からして宗門対策は、宗門の誹謗中傷を組織に流してあとは「三サル運動」だから仕方ないかな。教宣部なんて名ばかりのサルしかいないし支部長あたりが宗門の悪口とインチキ創価仏法を会員さんに流布する事くらいしかできないのだろうなぁ。おかげで現役学会員さんの折伏が進むわ。あの時オレ達を仏敵にして組織から追放してくれた、現分県長・圏長さんを初めとする「元非戦闘男子部」だった現役壮年部の地元の幹部さん、ありがとね。そのうちあの時実現しなかった「公場対決」しようね(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

「創価学会仏」に騙されるなんて。

先日の聖教新聞の原田談話。(以下太字は聖教新聞より転載)【仏意仏勅の「創価学会仏」に脈打つ、師弟不二の信力・行力こそ、偉大なる仏力・法力の源泉です。新たな広布躍進の原動力です】いやね、「創価学会仏」と意言葉聞いていつも思うんだけど、「方便自我偈1座のインチキ勤行します」まぁインチキでも勤行の原型はとどめている。「戒壇大御本尊を受持しません」ニセモノカラコピ掛け軸でも一応は大御本尊を書写した本尊をコピーしている。だからイカサマ創価教学に毒されている創価民が騙されるのはある意味致し方ない部分があるんだど、流石に「創価学会仏」はないわ~。宗教の事を全く分からない人でも「創価学会仏」などという仏様を信じる人なんていないでしょう。小学生だって信じないよこんな「仏様」は。池田大作の己心から生まれて、選挙・新聞啓蒙の修行をして仏になったのが創価学会仏でしょ?この創価学会仏にどんな「仏力」と「法力」があるのか全く説明がつかない。創価学会仏は池田大作が戸田会長から聞いたという「大聖人に直結した広宣流布遂行の和合僧団である創価学会は、それ自体、仏そのものであり、未来の経典には『創価学会仏』の名が記されるであろう。」という与太話から生まれたアイテム。未来の経典に記さるっていうけど未来の経典てのは一体誰が書くんだよ。大聖人?釈迦?もうこの時点で与太話だよね。
こんな得体のしれない「インチキ仏」に財務(供養)をすると幸福になるというロジックってどう聞いたって「この壺を買うと病気が治る」とかと同類の霊感商法か、架空請求でしょう。こんな明らかにインチキでイカサマな話に大の大人が堂々と騙されるなんてちょっと信じられない。これじゃシニフェイさん達アンチ創価に「創価は詐欺」「学会員は自分の頭で考えない」といわれても仕方ないよね。実際に現役会長が「創価学会仏」なんていう言葉を新聞に書いちゃってんだから(笑)そもそも「創価学会仏」ってのは創価組織の事で創価組織とは所属する会員のわけだから創価民全員が創価学会仏だよね。ならば創価本部に財務する必要はないわけじゃん。同じ創価学会仏なのに、供養を受ける仏と供養を出す仏となんで2種類の創価仏がいるなんておかしいよね。自分が創価仏なんだから財務なんてしないで自分で好きに使っても、善根をつめて功徳が出るはずじゃん。なんで自分も創価仏なのに他の創価仏に財務するんですか?おかしいですよ。ここまであからさまなインチキ・イカサマを言われても、財務して選挙して新聞啓蒙して創価学会仏に尽くしていく感性の持ち主が創価民だから、そりゃ世間一般からスポイルされるのも当然だよな。まぁ原田会長曰く「創価学会仏」が「新たな広布躍進の原動力」らしいから、今後は徐々に大聖人仏法から遠ざかっていく作戦なんだろうね。いやいや本当にオモロイわ~。「創価学会仏」の正当性を説明できる学会員はいつんだろうか?いたら是非聞いてみたいわ~。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

六巻抄拝読の為の基礎知識④(三重秘伝抄③)

今日は、【一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり、竜樹・天親は知って而も弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり等云云。】の文の10の義の前回の続きです。

第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示すとは
前回第5段では「但法華経」の部分の権実相対の義のご指南でしたが、第6段は「(但)本門寿量品」の文の本迹相対の義を明かされています。冒頭に【諸抄の中に二文あり。一には迹本倶に一念三千と名づけ、二には迹は百界千如と名づけ、本を一念三千と名づく】と書かれています。これは御書(諸抄)には本迹共に一念三千としている御書もあるし、本門だけを一念三千としている御書もあるとということです。何故迹門にも一念三千が説かれているとするのかというと法華経迹門は理の一念三千が説かれますので権経に対すれば法華経の本迹全てに一念三千が説かれているという意味でこれは「与えて」いう立場です。しかし法華経だけを見ると本当の一念三千は迹門にはなく本門のみにある(本迹相対)これは「奪って」言う立場です。このように「与奪の二釈」があるということです。御書には「与奪」以外にも「能所」「総別」「理事」などの立て分けがあり創価切文教学ではそれを無視し創価民はそれを理解できないのでいつまでたっても低レベルのままなのですね。さてでは何故迹門に真実の一念三千が無いかというと、【然りと雖も未だ発迹顕本せざれば真の一念三千も顕われず、二乗作仏も定まらず】
と言われているように仏の本地=久遠実成が説かれていなので迹門は迹仏の教えだということです。「水中の月」とは真の一念三千が説かれていない事を、「根無し草」とは二乗作仏が定まっていない事をそれぞれ譬えています。発迹顕本されていない迹門は本無今有(大元がなくて今がある)であり有名無実であるということを説明されてます。大御本尊への信は無く自宅のカラコピ本尊風に掛け軸を信じている創価民なんかは「本無今有」ですよね。そしてその説明の後に日講の啓蒙に書かれている邪義の破折があります。「啓蒙」とは「録内啓蒙」という日講の書で「録内」ないとは御書目録といって大聖人滅後に六老僧が目録に残した御書ですが実際に六老僧が集まって目録を作ったという史実は今のところ確認されていません。(もちろん録外御書もあります)何はともあれ「啓蒙」とは日講の御書解釈の書です。そこで日講は本迹一致の邪義を書いているのですが、ここでは日講の邪義として1つ目は【未発迹の未の字本迹一致の証拠なり、已に発迹顕本し畢れば迹は即ち本なるが故なり】と「未発迹」の「未」の字が本迹一致の証拠だというものです。発迹顕本すれば迹も本になるということなのですが。日寛上人は「だったら法華経が説かれたら未顕真実の権経も実経になって権が実になるのかよ」といいます。そこで日講は「本迹の話しているのに権実の話するのはおかしいだろう。それなら大聖人はなんで予が読むところの迹と言って方便品を読むのに、予が読むところの権といって弥陀経を読まないんだ」と反論しますが、そこで日寛上人は「オマエの言ってるのは修行のはなしだろう。今は法体の話をしているのに修行の話をしんじゃね~よ(笑)」と言って破折するわけです。まさにこれ、日講と創価民は同じですね。創価のインチキ勤行の破折をすると彼らは「法体」の説明をしている御書の切文を持ち出すんですよね。修行と法体の区別がつかない創価民はまさに啓蒙日講そのものです。で、2つ目の日講の邪義は【既に二乗作仏の下に於いて多宝・分身を引いて真実の旨を定むる故に未発迹顕本の時も真の一念三千にして二乗作仏も定まれり】つまり「迹門の二乗作仏は迹門宝塔品で釈迦・多宝が真実と証明したのだから迹門で二乗作仏を定まっている」ということなんですが、日寛上人は「日講は幼稚過ぎ。宝塔品での二仏の証明は爾前・権経に対して法華経は真実であると証明したんだろうが。開目抄にそう書いてあるだろうが」と破折したわけです。所体が何なのか知らずに切文攻撃をしてくる創価民はやっぱり日講と同じです。まぁそんな感じのことがこの段の後半には書いてあります。因みに日講は日寛上人とほぼ同時期の人ですが直接日寛上人と日講の問答はありません。また上記の日寛上人の部分の記述はあくまでも私の個人的な通解です(笑)

第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは
第7段は「(但)文の底に秘し沈めたまえり」の分の種脱相対の義の説明です。最初に【今「文底秘沈」と言うは上に論ずる所の三千は猶是れ脱益にして未だ是れ下種ならず、若し其れ下種の三千は但文底に在るが故なり】と本迹相対の話はしたけどこれらは脱益の一念三千であって下種の一念三千は寿量品の文底にあるとご指南されています。下種には聞法下種と発心下種とありますが、発心下種は本迹に亘っていますが聞法下種は本門寿量文底の妙法五字に限られるということです。つまり発心するのは様々な理由があって当然ですが信じる法体は妙法五字=戒壇大御本尊に限られるということです。どんな理由で信心しようとも戒壇大御本尊を信じることが大切です。何故なら【下種の三千は但文底に在るが故なり】だからです。次の寿量品のどの文底に一念三千が在るのかの解釈を日講の啓蒙の説を中心に列挙した後にそれらは全て文上であり文底ではないとと退け【本因初住の文底に久遠名字の妙法事の一念三千を秘沈し給えり云云。応に知るべし、後々の位に登ることは前々の行に由ることを云云。】とご指南され「本因初住」の文である「我本行菩薩道」の文底に久遠の妙法である事の一念三千が秘沈されているとご指南されます。「我本行菩薩道」とは釈迦久遠実成の因ですが「菩薩道」を行じているので天台の52位の位では凡夫ではなく「初住」の位です。しかし「初住の位」になるまでの修行や因が法華経では説かれていません。釈迦が「初住の位」の昇った本源の力・本当に因が久遠名字の妙法であるのです。そしてこの久遠名字の妙法から見れば、法華経の迹門も本門もどちらも迹門になるというわけです。この段の最後に「それでは久遠名字の妙法の体とは何か?」と問いがありますがこの三重秘伝抄では明かさず、ただ「当体義抄」と「総勘文抄」を読みなさいといって終わります。つまり妙法体を知るには「当体義抄」と「総勘文抄」の両方を相互投影して読まないと理解できないということです。創価民は切文教学だから「宇宙の法則」とかバカな事をいいだすわけです。
というわけで今回はここまでです。長くなってしまったので続きは次回にします。次回で三重秘伝抄は終了するつもりです。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

「新・人間革命」世代プロジェクトww

先日の聖教新聞に創価青年部の取り組みとして「新・人間革命世代プロジェクト」となるものが発表されていた。なんでも新たな青年学会建設の10年の第一歩らしく2023年までのプロジェクトらしい。目的は【常日頃から、小説『新・人間革命』を読み師匠と“心の対話”を重ねそして小説に刻まれた師弟の精神を日々の生活や学会活動の中で実践、自らの言葉で縁する友に語り広げること】らしい(笑)あの52年路線の時に「人間革命は現代の御書」「池田先生は主師親三徳の大導師」などとほざいて時の日達上人に謝罪してからついに52年路線に回帰しましたか。あの時の池田会長の謝罪がまさに嘘八百であったことを自らが証明した感じですね。こうなると今の創価は単なる怪しい新興宗教団体ですね。「新人間革命」に沿って今の創価の信仰をまとめると戸田会長の「獄中の悟り」=「生命」だそうだが具体的には何だかわからない「悟り」を池田三代会長が「師弟不二」というこれまたなんだか分からない方法で受け継いで、そのなんだか分からない「獄中の悟り」はゴーストライターが書いたと言われる「新人間革命」を読むと得ることができるから「新人間革命」を読めば幸福になり、「新人間革命」を語るのを広宣流布という話ですね。もう日蓮大聖人なんて何の関係もない。なにせいまの青年部は「新人間革命世代」らしいですから大聖人とか無関係なわけです。なのにまだ自分達を「大聖人直結」だとか「仏意仏勅の団体」とかいって日蓮大聖人と関係のあると世間を欺いているわけです。「新・人間革命世代プロジェクト」の目的・内容をみればどう考えたって創価は「池田教」以外に何者でもないことが分かりますよね。自分達が「池田教」なのに富士門流の日蓮正宗をいまだに「日顕宗」とか呼んでいるその神経がオレには全く理解できませんね。もちろん創価民の中には自身を「池田教」と名乗っている人もいますが、だったら「日顕宗」とかいうなよ莫~迦といいたくなる(言ってるけど)「池田教」であることを覆い隠すために日蓮大聖人を利用するなんてもっての他だよね。それとも「池田教」ってのはそれほど恥ずかしいのか?(まぁ恥かしいけど)もうね事実上大聖人の仏法の信仰を放棄しているのは明らかなんだからとっとと「創価池田教」を堂々と名乗るべきだと思うぞ。大聖人の御本尊を本尊にしている必要はない。山本伸一人形でも作って本尊にすればいいし。題目も「南無大作先生」にでも代えなさいよ。真面目に熱心に大聖人の仏法を信仰している人々にとってインチキ創価は迷惑なんだよ。どんなプロジェクトやっても結構だがご本仏を隠れ蓑にし広告塔にするのはやめなさい。やめないと「新人間革命世代破折プロジェクト」しちゃうよ(笑)しかしまぁ教祖の本を読めば幸福になれるという、創価のライバル「なんちゃらの科学」をパクった商売と何の根拠もない創価の教えで本当に納得するのかね。まぁ折角「新人間革命」で師弟を学ぶならばこれを機に池田センセの師匠の戸田会長の指導もちゃんと読んでみることを創価青年部の皆さんにはオススメするよ。池田センセを知るならその師匠である戸田会長の指導くらい読まないとダメだよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
6位
アクセスランキングを見る>>