極悪と戦っているつもりのオメデタイ方々

アンチブログの大半が「創価ブログ村」から強制退去されて
最近の「創価ブログ村」の創価脳ブログは活発ですね。
ここ最近は日蓮正宗関連の記事が目に付きますね。
一通り読んでみたけど、どいつもこいつも相変わらずで
破折にも批判にもなっていない
単なる誹謗中傷の繰り返しで
しかも同一人物が書いているんじゃないか?
と思っちゃうほど皆書いている内容は同じ。
揃いも揃って教学力なし。信心なし。です。
そんな中、「極悪と戦えばなんちゃら」という
新しい創価系ブログを見つけた。
「極悪と戦う」という
いかにも創価大作狂さんのつけそうなブログタイトル。
でも「極悪と戦う」っていうくらいだから
多少は大聖人仏法の法門・法義のことを書いてあるかも?
と思って読んでみたら
見事にその期待は裏切られました(笑)

書いてある内容といえば
聖教や新報などの創価大本営発表を
「まんま」真実だと思って正宗を誹謗しているだけ。
で、日顕上人のことを芸者遊びにうつつを抜かし売春婦とトラブルを起こした
などと、またぞろこうしたデマをたれながしている。
この大作狂さんは、「シアトル」や「芸者写真」などといった
創価の捏造した事件をあたかも真実のように書いているわけで
例の「なんちゃらの森」ブログの大作狂さんとお仲間だ。
(そうそう最近では統合失調症のおじさんも調子こいて正宗誹謗記事を書いてましたね)
「シアトル」「芸者写真」については以前記事に書いたが
これらの「事件」なるものが
創価のでっち上げなのは裁判で判決が出ている。
「シアトルなる事件があった」と創価は言っていけない。
「芸者写真は創価の偽造写真」である。
そのように司法で判断されたにもかかわらず
次から次へ、自分達ででっち上げたデマで
正宗を誹謗するのである。
このデマを流したのは創価自身なのは知ってって書いてるのか?
知ってて書いているならば厚顔無恥。
知らないで書いているなら盲信無知。である
どちらにせよこんな
「人として」卑劣・愚劣極まりない発言を書いておいて
「極悪と戦う云々」とは片腹痛い。
まづは、デマ記事を訂正し謝罪するのが
人間ととして正しい振る舞いではないのか?
極悪と戦う前に自分自身の言動を自省するのが先だろう。
まぁ、それができないのが師匠譲りの大作狂のみなさんだろう。
弟子の姿をみると師匠も知れるというものだ。

さて、そうしたウソつきブログの管理人の記事は
見事なまでに大聖人の法門・法義が書いていない(笑)
引用しているのは大作センセや牧口・戸田両氏の言葉であったり
それこそ宗門側から言わせれば退転僧侶の言葉だったり。
自分達の正義を証明するのに
自分達の会長の指導を引用する。というお粗末さ。
「我田引水」もいいところで
そんなロジックが通用すると思っているところが痛々しい。
一応、悪を攻める系の大聖人の御文を引用して
体裁を整えているつもりなのだろうが
これまた最初から「正宗」や「顕師」を
「極悪」と決め付けてたうえで、破邪の御文を引用しているに過ぎない。
つまり、このブログの管理人は
「正宗・顕師」を極悪という文証は大作センセとかの指導で
「極悪と決めつけた」あとに大聖人の御書をちらっと引用する。
という子供騙しのロジックを使っているわけだ。
「正宗」や「顕師」が大聖人に敵対する極悪である。
という主張には大聖人の文証も理証もない。
逆に創価が正しい。という大聖人の文証も理証もない。
つまり、大聖人仏法を全く基準にしていないわけだ。
あくまでも、基準は大作センセと創価の大本営発表。
こんな与太話をわざわざブログに書いて
それで、極悪と戦っているつもりになっているとは本当にオメデタイ方である。
こんなもん「戦い」なんていわない。
単なる愚痴。単なる誹謗中傷。である。

仮初めにも、自分と創価が大聖人仏法を正しく信仰していると思っているならば
また「日蓮正宗」や「顕師」を極悪と思うならば
でっち上げやデマやウソなど書かずに
正々堂々と、大聖人仏法の法門・法義で勝負しなさいよ。

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)

との御聖訓をなんと心得ているのか?
それができないのなら、「極悪と戦う」なんていう
大口たたくんじゃない。っての。
まぁブログを読む限りでは
法論などできる教学力は持ち合わせていないようだし
ベテランのバリ活でもなさそうである。
ちょっと創価にかぶれちゃって
創価教学が法論で通用すると勘違いしているタイプだな。
「井の中のかわず大海を知らづ」系だろう(笑)
悪いことは言わないから、あまりはしゃがない方がいいよ。
創価教学・創価大作教の教義では
日興門流にカスリ傷の一つも与えられない。
それが大御本尊を捨てた邪教・邪宗の運命だよ。

まぁこの「極悪なんちゃら」ブログの大作狂さんに限らず
創価大作狂さん達はみんなおなじなんだけどね。
「破邪」も「顕正」もできない。
できるのは「ウソ」をくり返し書くだけ。
要は単なる印象操作。
これが「極悪と戦う」ってヤツなのか?(笑)
こんな事で功徳が出るんだ?(笑)
本当に創価村の方たちは
オメデタイ方々である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

創価大作狂の詩(姑息な印象操作と自語相違編)

以前、「なんとかの森」というバリバリ印象操作の
創価大作狂の方のブログのはなしを書いたが
相変わらず善人面しては
「ウソも百回言えば本当になる」という、
大作センセの弟子らしく
姑息に読者の印象操作をして騙そうとする記事を
ちょいちょいと書いている。

「日蓮正宗総本山・大石寺(日顕宗) 」という
タイトルの記事を最近読んでみたが
この管理人は本文の中で

『日蓮正宗関係者は、創価学会に未練があるようで学会のことを批判けど
学会員は、もう批判しようとも思わない。どうでもいい。と思っている』
なんて趣旨の書いているが、
ブログのタイトルに日蓮正宗総本山・大石寺と書いたあと
わざわざ(日顕宗)と入れている。
ブログの「タイトル」をこのように書くのは
明らかに「検索」を意識しての事なのがバレバレだ。
そして本文には「日顕」などというキーワードは書いていないのに
最後にいきなり「日顕宗に関する云々」という過去記事のリンク
リンク先には例の名誉毀損となるような悪徳記事も
こんなことをする意図は一つで
「日蓮正宗」や「大石寺」で検索した人たちに
この記事を読ませよう。としているからだろう。
こんな姑息な記事づくりをしておいて
学会員は正宗を批判しませんよ。
なんて言っているとは笑わせる。
ネットでこういうことを書くのは「批判」じゃないのか?
よしんば、これが批判じゃないのなら
誹謗中傷、悪口、デマということになる。
「批判」なんかよりずっと「あくどい」行為であり
およそ仏法者を名乗る人間がやる行為ではない。
しかも、この管理人は以前同じブログで、
日顕上人のことを

『瞬間湯沸かし器とも言われる魔僧』
『猫にも嫌われる毒ネズミ』
『フグのように毒を持ち、食べると全身が麻痺するので要注意』

などと創価新報の読みすぎとも思える、
批判とも誹謗ともとれる発言をしている。
以前取り上げた記事も同様である。
こんな発言をするやつが
「私たちは批判はしませ~ン」とは
どれだけ偽善者なんだって~の。
創価は正宗関係者と違って「批判」はしないが
「誹謗中傷」の限りは尽くす。
とそう言っているようなものだ。

そもそもさ、日蓮正宗や大石寺のことを
「なんとも思わない」「何の感情もわかない」と
いっておきながら「日蓮正宗・大石寺」の記事なんて何故書くの?
自分で「すでに赤の他人の寺」と言っているのだから
わざわざブログに取り上げる必要ないし
「赤の他人」と思っているのなら
日蓮正宗を揶揄するような発言をするのは
人としてかなりイカレている。
普通の人間が赤の他人に向かって「毒ネズミ」と「魔僧」とかいう?
それってかなりアブナイ人でしょう。

要するにさ、未練があるのはソッチでしょ(笑)
さも自分には未練がありません。
というフリしてさ未練タラタラなんでしょ。
本当に未練もなくなんとも思っていないなら
自分のブログに書かないでしょ?
いや「悪を責める」という趣旨なら分かるよ。
でもさ、書いている内容は
文証ひとつない悪口じゃない。
批判はしません。
じゃなくて正当な批判ができないだけじゃん。
だから、大聖人の仏法の話など微塵もせずに
日蓮正宗、なかんずく日顕上人や宗門僧侶への
誹謗中傷・悪口罵詈を書いているだけ。
そういう風説の流布を創価大作狂さん達は
広宣流布って呼んでるんですかぁ?
それとも単なる内部対策ですかね。
創価大作狂のみんさんに言われるまでもなく
創価大作教は日蓮大聖人とは「赤の他人」なんだよ。
いつまで「ちょっかい」出すんですか?(笑)

今は少ないが、きちんと対論できる活動家は
「日顕宗」なんていいませんよ。
そんなただの悪口を言っても意味がない事を知ってますよ。
そういう人には俺も「創価大作教」なんていいません。
このなんとかの森の管理人みたいな人を
「創価池田教」の信者といいます。
創価池田教信者。略して「創価池田狂」です。
リアル世界にもネット世界にも
大勢いる「創価池田狂」
騙されないでくださいね。
この方たちの詭弁に。
私も微力ながら「創価池田狂」さんたちを
「批判」しようと思ってます。
創価池田教に未練があるからではなく
大聖人仏法の破壊者だからです。
大聖人の弟子としてこうした仏敵を責めるだけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



なんでも日顕宗

相変わらず、創価の活動家は
正宗を「日顕宗」と呼び
あ~だこ~だと言っているが
最近の創価活動家はなんでも「日顕宗」
と言えばいいと思ってるフシがある。
というか「それしか言えない」というのが実情なんだろうな。
そもそも、創価が正宗を日顕宗名と呼ぶ理由としては
毎年、任用試験にバカみたいに出題しているが
法主信仰とか僧俗差別とか神秘的な血脈間とか
御書に書いていないことを勝手に言っているから。なんだそうだが
御書に書いていない事を勝手に言ってるのは創価の方で
選挙や新聞啓蒙や財務に功徳がある。
なんて御書には書いていないけど?って突っ込みたくなるが
そこは今日は置いておくが
ともかく最初の内は、
法主に唯受一人血脈がある。とか
僧と俗では役割の違いがある。なんて言っていると
「そんなことを言うのは日顕宗と同じだ」
なんて幹部や他の活動家に言われたりした。
俺は、創価活動家時代から
「唯受一人血脈」を肯定していから
組織の中で「日顕宗教学」とか陰口叩かれ
俺の御書講義を聞いた幹部から注意されたりした。
血脈を認めると法主も認めることになるので
幹部としては看過できなかったのだろう。
ともあれ始めは「法主」肯定=日顕宗
というような定義だったのだが・・・

やがて、五座三座の勤行を推奨すると「日顕宗」
塔婆のことを言えば「日顕宗」
僧侶の役割のことを話せば「日顕宗」
友人葬ってなんかピンとこないんだよねと言えば「日顕宗」
なんでもかんでも「日顕宗」というようになり
そして、ついには創価活動家は
「戒壇大御本尊を唯一無二のご本仏として信じる」と主張すると
「日顕宗」というようになるまでになった。
リアルでもそうだし、創価活動家たちのブログやSNSを見ればよく分かる。

でも、ちょっと待ちなさいよ。
「大御本尊を絶対無二」というのは日寛上人も言っている。
唯受一人血脈もそう。
創価が破門される以前までは
日蓮正宗の僧俗は皆言っているのである。
今の創価のいい草通りならば
日興上人も日寛上人も「日顕宗」
創価本部の本尊を書写した日昇上人も
創価の御書を選定した日亨上人も
そして、牧口・戸田も全員「日顕宗」ということになる。
いやいや、いくらなんでもそりゃ言い過ぎだろう。
日顕上人と同世代の人間ならばまだしも
鎌倉時代や江戸時代の僧俗が「日顕宗」になれるわけがない。

そもそも、大御本尊を一大秘法と決めたのは日顕上人ではないし
唯受一人血脈を言い出したのも日顕上人ではない。
しかも大御本尊の事を言い出したら「日顕宗」になるのはごく最近。
創価が大御本尊を受持の対象にしなくなったからでしょ?
自分たちの方が、クルクルと教義を代えておいて
変わっていない日蓮正宗の事を「日顕宗」などと呼ぶのは
単なる印象操作のネガティブキャンペーンでしかない。
むしろ日蓮正宗。つまり日興門流でなくなったのは創価の方
であるならば、正宗を「日顕宗」なんて呼ばないで
自分たちを「創価大作教」を呼べよ。って話だよ。
なんでもかんでも「日顕宗」なんて呼んで
くだらないネガティブキャンペーンをやっている暇があるなら
もう少し教学をお勉強してキチンと正宗を破折すればいいじゃん。
それが出来ないは「創価大作教」の教義は
大聖人仏法ではないことを証明しているのと同じだ。
なんでも「日顕宗」と言えば
くだらない創価教学を誤魔化せるとでも?
純粋な会員さんを騙せるとでも?
そういう姑息なことはやめて
「創価大作教」の教えを流布すればいいんじゃないの。
え?「創価大作教」じゃ広まらないって?
分かってるならカツドウなんてやめようよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



【告知】 当ブログへのコメントについて

ご存じの方もいると思うが
当ブログのコメント欄は誰でも自由に書けるように開放している。
それは、創価活動家諸氏を筆頭に
読者の方の反対意見や批判を排除しない。との考えのもとからだ。
もちろん、特定の読者に対し投稿禁止の機能も設定していない。
基本、誰でもいつでも好きなことをコメントしていい。というスタンスだ。
ところがここ1ヶ月ほど、HNを変えたり
他人のHNを使ってコメントしてくる人間が現れた。
やんわりと投稿しないようにリコメをしたが
それも聞き入れない様子なので、
ここでその人物を公開しておく。

まず、ディスミナシオンと留学生のHNは同一人物だ。IPが完全一致している。
ディスミナシオンの自己紹介は
「出版社勤務、主に学術書の編集を行ってきました」
留学生の自己紹介は
「現在、パリの大学院に留学しながら、精神分析の研究をしながら、現に臨床も行なっているものです」
この二人は同一人物だ。
いやいや自分の精神分析をしてもらったほうがいい(笑)

そして
批評再生塾野村・ナノルホドノモノデハナイ・ドゥルーズ的生成変化・大学職員・のんかつ(ナリスマシ)
この5個のHNもIPが完全一致ので同一人物。
このうちの、ナノルホドノモノデハナイと大学職員のHNは
批評再生塾野村に対してそれぞれ
「野村さんには不愉快ですが、管理人様の古典文法には疑問を持っていたので、そこだけ賛同。あとは、ムカつくクソガキ。」
「野村くん君は何もわかっていない。」
などと、自分のコメントに自分でリコメしている(笑)

さらに上記のディスミナシオングループと批評再生塾野村グループは
IPの完全一致はないが種々の理由により
ほぼ同一であることを確認した。
また、それ以外のHNの中にも
同一人物と思われるIPでのコメントも存在する。

読者の皆様のご想像通り
ある時は出版社勤務、またある時はネットコサル会社勤務
そしてある時は大学職員、はたまたある時はパリの留学生・・・
しかしてその実態は・・・
単なる脳内妄想の孤独なサイコパスというわけだ(笑)

今時ダブハン使ってナリスマスなんて
ネットの黎明期の生き残りか!と思うくらいの
絶滅危惧種である。
自分のコメに自分でリコメしているその姿とか
HNごとにキャラ設定している姿を想像すると
かなり笑えるのだが
この手のアラシがいると面倒で迷惑なので
今後は不本意であるが、このようなコメントに対しては
「投稿禁止」「コメント削除」の
処置を講じることにしたのでお知らせしますね。
このような「妄想族」以外に対しては
反論だろうと批判だろうと今まで通り受け入れるの
で好きに書いてくれてて結構です。

そんなわけなので今後もよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

創価ハラスメント

ハラスメントの一種で「レリジャスハラスメント」というがあることを知った。
宗教的ハラスメントで、「宗教的いやがらせ」のことをレリハラというらしい。
日本ではまだあまり聞きなれない言葉だが
アメリカなどでは一般的に認識されているらしい。
いろいろとパターンがあるらしいが
まぁ、創価組織の内外でバリカツ・幹部のやっていることは
ほぼすべてレリハラ行為と言えよう。
「信心が足らない」などの指導も
「功徳が出る」などと言って財務や新聞購読・選挙運動をさせるのも
幹部の批判はさせないが幹部は会員に「指導」のいう名の個人批判をすのも
退会者を「退転者」「日顕宗」などと呼ぶのも
当然のことながらレリハラである。
つまり創価の幹部・活動家は日常的に
他人にハラスメントを行っているのである。
とはいえそれならば創価に限らず多少はどの宗教団体にもあると思うが
創価ハラスメントは他の宗教団体と比べ物にならないくらいタチが悪い。
創価ハラスメントは、レリハラにとどまらず
複数のハラスメントを有している
まさにハラスメントの総合商社である。

例えば、取引先や自分の会社の社員
または何かを購入したときにその営業マンや会社に
投票依頼したり聖教新聞を購読させたりする。
自分より立場の弱い相手に対するパワハラである。

それと結婚。
結婚を機にあるいは結婚の条件として入会を強制する。
入会だけならまだしもその後は創価の活動や財務などを強要し
それに難色を示すとクズクズと文句をいい
挙句に「だったら離婚する」などという輩もいる
これは配偶者に対する立派なモラハラである。

奥様が妊娠をしても
創価の活動ばかりで少しも協力しないばかりか
妊娠中に会合に出ろだの活動しろだの
マタハラもいいところである。

出産後は生まれた我が子をいきなり入会させる。
奥様の反対意見など聞きやしない。
未入会の奥様の実家のことも関係ない。
さらに、バリ活幹部の舅と姑が輪をかけて
「ウチに嫁にきたんだから従ってもらう」と
昔の農村かよ。と言いたくなるような横暴。
当然、お宮参りも、七五三も
子供の行事は全部創価の会館。
奥様の実家が神社にお宮参りをしたい。といおうものならば
「じゃぁオマエ一人で行ってくれば」と突き放した挙句
相手の実家の悪口三昧。
そのくせ、選挙や新聞はちゃっかり頼んでくる。
奥様の実家は娘と孫を慮って
しぶしぶ従う。
いたなぁ~こういう男子部の幹部。
で、そいつの子供は立派な創価3世になったか言えば
残念ながら、立派なアンチ創価に成長した。
そこで奥様はようやく溜飲を下げるわけだ。

創価カツドウカは、そうした行為・言動は
全て相手の事を思って。やっていると。
俺は(私は)大作センセの弟子として間違っていない。と
つまり「ハラスメント」なんてしていない。
いいことをしているという認識で
罪悪感は微塵もないのだろうが
ハラスメントというのは、相手が不快に感じているかどうか。なんだ。
役職が低い部員さん。部下や従業員や取引先。妻や子供。
自分より立場の弱い人には上から物申すくせに
自分が負けちゃう相手から逃げて回る。
典型的なハラスメント人間である自覚ゼロ%である。
創価活動家のやっている
新聞啓蒙や公明への投票依頼を
世間のみんなは「不快だとおもっていない」と思ってるのか?
アンケート調査をすれば
絶対に「不快である」は「不快でない」を大きく上回っているはすだ。
賭けてもいい。絶対「不快」と感じている人が大多数だろう。
そんな相手の気持ちを察することできないような人間が
創価のバリカツという人種なのだろう。

確かに大聖人は「強いて聞かせよ」とご教示されているが
「強いて聞かせなさい(言いなさい)」と言っているのは
大聖人仏法の話のことである。
創価や大作センセのはなし
聖教新聞や公明党のはなしを
「強いて」話しなさい。などと一言も言っていない。
それに、これは俺の経験だが
大聖人の仏法の話をして不快になる人はそんなにいない。
もちろん興味のない人もいるし
話す側の技量・器量にもよるが
「創価大嫌い。池田大作大嫌い」という人はいても
「日蓮大嫌い」という人には俺は会ったことがない
せいぜい「日蓮?よく知らない」程度である。
なので、大聖人の仏法を語っても相手は
よほど言い方が悪くなければ
ハラスメントとは思わないだろう。
そして何よりも大聖人の仏法を語るのは
相手に何かをお願いするわけでもなんでもない。
「新聞とってよ」「選挙行ってよ」「会合来てよ」
そんな話にはならない。
つまり、創価の活動こそが、活動家をハラスメントモンスターにしているのだ。
これこそが「創価ハラスメント」の恐ろしいところである。
こんなハラスメント野郎と、誰がまともに付き合うのか?
普通の人間は、自分を不快にさせる人間とは付き合わない。
自分を利用するだけの人間とは付き合いたくない。
相手が自分の事を「友人」と呼び
「友人台帳」なるものに記名して創価の幹部に提出していても
そんなヤツは友人ではないのだ。

ともあれ、この「創価ハラスメント」の被害にあわないためには
日頃から創価活動家となるべく接触しない事だ。
そして「創価ハラスメント」の加害者となりたくないならば
なるべく創価の活動には参加しない事である。
学会員さんが、創価の会合や活動に参加すると
被害者にも加害者にもなる恐れがある。
気軽な気持ちで座談会くらいは・・・
なんて思っていると取り返しがつかないことになっちゃうかもよ。
大丈夫、創価の活動に参加しなくても
信心はできるから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR