顕正新聞

先日会社のポストに「顕正新聞」が入っていた。
しかもご丁寧に投函した人の名前と携帯番号まで書いてあった。
その人物の名前に全く見覚えはないが
これは各戸配布しているのか?
それとも狙って入れたのか?
狙って入れたとしたらなぜ俺の会社に?
しかも携帯番号まで書いて・・
イジメられたいのだろうか?(笑)
それはさておき「顕正新聞」なんて久々に目にしたので
せっかくなのでちらっと流し読み。
最初に、例によって浅井センセの与太話。
成長しないなぁ
であとは安倍政権批判。
見出しだけ見ると、神道を重んじる安倍政権は日本を破滅させる
みたいなことが書いてあったが
内容までは面倒なので読まなかった。
こんなどうでもいいことを一生懸命読んでるんだろうなぁ
顕正会の会員さんは。

で、後ろの方に興味のわく記事が。
なんでも、顕正会の会合にウソをついて紛れ込んだ
学会男子部が盗聴をして警察に引っ張られた。らしい。
ああ、広宣部だね。
しかし、相変わらずバカなことしてんなぁ広宣部は。
顕正会の会合を盗聴して
一体何に利用するんだろう?
顕正会の方も顕正会で
盗聴されて困ることでもあるのかね。
まぁ、例の法案が成立すれば
顕正会はテロ組織ってことになりかねないけど
いまはまだセーフでしょ?
ああ!「顕正新聞」で安倍内閣批判をしていたのは
「共謀罪」成立阻止ってことなのか。
逆に学会は公明党使って「共謀罪」を成立させ
顕正会を潰そうってことかな。
その日のための盗聴ってことなのか。

まぁ、どっちも大御本尊から離れた組織。
池田も浅井も大御本尊を棄てたくせに
いつまでも大御本尊を利用している組織なんだから
ある意味「共謀」だよね。
邪教同士が揉めてもしかたないんだから仲良くしなさいよ。
でも、現在地で見れは
創価よりも顕正会のほうがまだマシかな。
なんでも大石寺周辺では大御本尊に遥拝している顕正会員はいるみたいだし
魔の山とか、富士の濁流とかいいながら
大御本尊に遥拝しに大石寺の近くまで来ちゃうなんて
まだ可愛気があるよね。
そんなに大御本尊にお目通りしたいなら
とっとと顕正会なんて退会すればいいのに(笑)

さて、会社に顕正新聞投函したN氏
本当に電話しちゃっていいですかぁ(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

郵便的な、あまりに郵便的な

早速私のコメントに返信をいただき、
ありがとうございます。
まだまだ苦悩は晴れませんが、
管理人さまには心より感謝しております。

本記事も、
大変興味深く読みました。

私も以前顕正会の人間とよく話をしましたが、
やはり議論になるのは、
国立戒壇をめぐる問題でした。

日蓮正宗や創価学会が、
1960年後半まで保持していたこのビジョンをどう評価するか。
また、三大秘法抄をどう読むべきか。

これについて、
明確な答えが出せずにいます。

管理人さまは、三大秘法抄の以下の記述を、
どのように解釈しておられますか。

三大秘法稟承事(三大秘法抄)
「戒壇ト者王法仏法ニ冥シ仏法王法ニ合メ、王臣一同に本門ノ三大秘密の法を持チテ、有徳王覚徳比丘の其乃往を末法濁悪の未来ニ移サン時、勅宣並ビニ御教書を申シ下シて霊山浄土ニ似タラン最勝ノ地ヲ尋テ戒壇ヲ建立ス可キ者か、時ヲ待つ可キ耳。事の戒法と申スは是也。三国並に一閻浮提の人懺悔滅罪の戒法のみならず、大梵天王帝釈等も来下して踏給フベき戒壇也」

率直な感想をお聞きしたいです、

パルマケイアー

重ねて失礼します。

管理人さまの記述の中で分からなかった点が、

浅井が大御本尊を捨てた

という記述です。

創価学会はともかく、
浅井=顕正会が大御本尊を捨てたとは
どの事実を指すのでしょうか?

恐れ入りますがお聞かせ頂けますと幸甚です。

スメルジャコフさんへ

  横から口をはさんですみません。

 何度も読みました。御祖父さまのご臨終は 私も心が痛みました。
割り切れないということも ある程度ですが、お察しします。
 私の産みの母も38歳で死にました。 もともと病弱で 秋口になると入院して、普段は貧血で、風が強い日などは外出もできませんでした。  そんな中、十二指腸虫退治の薬を開業医に処方され、やはり元から悪かった肝臓を更に傷め、それが直接の死因となりました。

 真っ正直で素直で優しい母でした。 勿論 ソウカとは無縁の時代のことです。

 それ以来 私の心のある場所は 時間が止まったままです。 おかあちゃんに会いたい、と今でも思います。  なんであんな優しい母があんなに苦しみ、死なないといけなかったのか。  近所にいる図々しくずるがしこいおばちゃんは平気で生きているのに、 と恨みました。  それから以後、実は私は「この世の中に期待もしなくなったし、神様もどこにもいない。 家は貧乏だし、オヤジは絶望と哀しさで、「後追い自殺」を図るし、自分自身も弱い子でしたから、いろいろありました。  大家さんからも「キツネがついてるんじゃないか。。」とも言われたり、
  それほど我が家はひどい状態でした。

 継母が二年後にやってきて、ソウカだったことで、父親が入信、 1年後に私も入信しました、  ここでも以前に書いたかと思いますが、細かい入信動機はあるにはありましたが、要は「辛いことから救われたい」というものだったです。

 所詮、そいういうもんです。  世界平和だの、すごい境涯になれるだのの理屈はあとからついてきたものです。  でも有頂天になるほどの楽観主義にはなれませんでした。  日々を生きる なんとか学校へ行く。 いじめにも遭いながら、それでも生きていればいつか、という希望?のようなものも なかったわけではありません。  しかし私にはまるっきり将来なんか見えていませんでした。

 日蓮正宗創価学会だった時分は、それでも信仰の確信のようなものを感じて、功徳としかいえない体験や希望や意欲も生まれてきておりました。

 しかし、また「それにも」裏切られたような次第です。  でも、それでも 「昔」とは違う私がおります。  まだまだまだまだ、足らないのも分かっています。  それは例えば、成仏の成否?や、生活不安。 健康不安そして本格的な老後への想像がつきまといます。  でも、昔とは違うのです。

 どう生きてきたか  いま、何を思うか。 つまり絶えず「今」しか存在しません。
生きていろんな経験をしてきた上での「今」です。

  所詮それだけです。  生き方として何をどう重ねてきたか・   それは思索や想像では絶対に得られない。  人生にシミュレーションはありません。  後悔も意味がありません。  おじいさまのご臨終の様と その意味を お考えになるのは 勿論当然の事です。  でもそこから、何を見出すか。
次にどういう「次の一歩」を選び 踏み出すか、ではないでしょうか。

 願わくばそれが、明るい光さす方向であらんことを、切に祈ります。 想像の一歩と、実際の一歩。  その違いは「足あと」が残るということです。 

 「自分の人生の足あとがきれいであるかどうか」  まだ生きねばならない者としてのテーマと責務と やがて積めるであろう、こころの財が まだまだこれからの課題としてあるんですよね。   生者の列を離れた人は、おそらく貴方のことを見守っておられるはずです。    私はやっとオヤジの享年を数年、過ぎたところです。
でもそれでも、満足です。  

 偉そうに書きました。  すみません。

 「一切衆生の異の苦は これ日蓮一人の苦」 「日蓮は泣かねど 涙ひまなし」

 好きな御文です。  

 では失礼します。

 

名古屋でもカルトは頑張ってます!

●働いていないと不評な3人組さん(働くと支援者が強引に連れ戻しにきますから働くのが不可能)
地道に支援の輪を広げるために、今回は名古屋で座談会を開催したところ某宗教団体の創価班の方が盗撮して警察沙汰になってしまいました。

●実行犯はかたくなに本人が自らの意思で盗撮したと述べてます。
顕○会や立正○成会なんかは盗撮なんかしてるんですかね?
顕○会や立正○成会の方が某カルト団体より1000倍まともに思えるのは、ボクの境涯が低いからなのかもしれません(笑)

●某カルト団体では末端は常に捨石で、上層部は常に安全地帯で見物してるだけということはないですよね(-_-メ)

●3人組さんの名古屋座談会の様子→http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

名古屋でもカルトは頑張ってます!

●働いていないと不評な3人組さん(働くと支援者が強引に連れ戻しにきますから働くのが不可能)
地道に支援の輪を広げるために、今回は名古屋で座談会を開催したところ某宗教団体の創価班の方が盗○して警察沙汰になってしまいました。

●実行犯はかたくなに本人が自らの意思で盗○したと述べてます。
顕○会や立正○成会なんかは盗○してるんですかね?
顕○会や立正○成会の方が某カルト団体より1000倍まともに思えるのは、ボクの境涯が低いからなのかもしれません(笑)

●某カルト団体では末端は常に捨石で、上層部は常に安全地帯で見物してるだけということはないですよね(-_-メ)

●3人組さんの名古屋座談会の様子→http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

こんにちは
なるほど、この三人組が管理人さんの言うところの池田教2世3世ということですな♪たしかに純粋だわ。ややこしいの~(((^^;)本尊が池田になったり宇宙になったり自分の心だったり…ほんとまぁご苦労さん♪
他宗は本尊に迷えり…ほんとにそうだな♪

創価学会員のみなさん
いろんな意味で創価学会はおかしくなりました。残念ながら僕たちの愛した創価学会はもう何処にもありません!
これが大御本尊、日蓮大聖人を捨てた創価学会の姿なのです。
信心を続けたいなら日蓮正宗へ帰りましょう。
それが無理ならせめて退会して普通の人になりましょう。

創価学会やめますか?それとも人間やめますか?
めちゃ古いな(笑)






No title

私も本部の人間に頼まれて、反学会系の会合に潜り込んで隠し録音したことがあります。偽名で参加し、終了後すぐに誰がどんな話をしていたか要旨を本部に報告。その後、尾行を警戒しながら安全な場所まで行き、音声データを本部に納品しました。本部内にはそういう音声の文字起こしをする部隊なんかもいるそうです。

会合の数日前、学会が目を付けている反学会分子(妙観とかネトウヨとか)の顔写真を渡されて、会合に参加していないかチェックするように言われました。「SCIA」とはよく言ったものだと怖くなりました。

今の青年部長は本部の広宣局出身ですし、ますます謀略体質になっているのでしょうか。前途ある若者たちに、変なことさせないでほしいですね。学会活動だけでも致命的なのに。

賢勝新聞

 管理人さん

 私の住むところは まあいわば都会県じゃないので、多分 顕正会はいません。

 会員はいるかもしれませんが、組織として立ち上げてはいない感じがします。

 あのオウムでも当市に「一人いた」ということが判明して、「いやー ここも一人いてぅれたから、全国区になれるかなー」と喜び合った市民がおられました(笑)

 昔、いくら威風堂々の歌を歌っても、邪宗の都でないとダメなんだよね。。と高等部時代にみんなで思ってました。   うちにも「顕正新聞」来ないかなあ。

 また、続編を期待してます。  

 おっと、そういえば先日、我が家の前で「ものみの塔」の二人が 話しかけてきたんだっけ。   腹が減って機嫌が悪かったので瞬殺しました。 「そうか 神の名は「ナムミョウホウレンゲキョウというんだよ、 言ってみな!?」とかなんとか言ったような・・ (^◇^)

 

贈呈新聞

お世話になります。

ソウカもケンショウさんも
こそコソと新聞を
投函されるの好きみたいですねぇ?

名前と連絡先まで
教えてるケンショウさんの方が
ソウカの方より勇気があるかな?

邪教秘密結社は反逆者に冷たいけれど、
へたれ戦闘員しか居ないから
キック一発!で蹴散らせます。
一蹴りです。

スルメジャコフさん

こんにちは。


> また、三大秘法抄をどう読むべきか。
> これについて、
> 明確な答えが出せずにいます。
> 管理人さまは、三大秘法抄の以下の記述を、
> どのように解釈しておられますか。
> 三大秘法稟承事(三大秘法抄)
> 「戒壇ト者王法仏法ニ冥シ仏法王法ニ合メ、王臣一同に本門ノ三大秘密の法を持チテ、有徳王覚徳比丘の其乃往を末法濁悪の未来ニ移サン時、勅宣並ビニ御教書を申シ下シて霊山浄土ニ似タラン最勝ノ地ヲ尋テ戒壇ヲ建立ス可キ者か、時ヲ待つ可キ耳。事の戒法と申スは是也。三国並に一閻浮提の人懺悔滅罪の戒法のみならず、大梵天王帝釈等も来下して踏給フベき戒壇也」
> 率直な感想をお聞きしたいです、

この部分は「戒壇」の部分ですね。
戒壇の部分だけ取り上げて三大秘法を語るのは難しいですし
教学的な話になってしまいます。
「三大秘法」と言いますが、
実際には「一大秘法」だけなのです。
それが大御本尊をです。
一大秘法の義が理解できないと、三大秘法も理解できません。
ただ何度もここで述べてきましたが
一大秘法の義というは「信」が根本です。
三大秘法抄も「信」がないと誤読します。

スルメジャコフさん

> 管理人さまの記述の中で分からなかった点が、
> 浅井が大御本尊を捨てた
> という記述です。
> 創価学会はともかく、
> 浅井=顕正会が大御本尊を捨てたとは
> どの事実を指すのでしょうか?


浅井氏は以前から「学会(大作)の正本堂がなくなれば顕正会は大御本尊の元へ帰る」と発言していました。
しかし、正本堂がなくなった今でも大御本尊に戻る気配は全くありません。
戻る気がないという事でしょう。
それは大御本尊を捨てた。という事です

古本屋店主さん

こんにちは。

> ●働いていないと不評な3人組さん(働くと支援者が強引に連れ戻しにきますから働くのが不可能)
> 地道に支援の輪を広げるために、今回は名古屋で座談会を開催したところ某宗教団体の創価班の方が盗○して警察沙汰になってしまいました。
> ●実行犯はかたくなに本人が自らの意思で盗○したと述べてます。
> 顕○会や立正○成会なんかは盗○してるんですかね?
> 顕○会や立正○成会の方が某カルト団体より1000倍まともに思えるのは、ボクの境涯が低いからなのかもしれません(笑)

宗教界の王者ですからなんでもアリです。
また、以前にも書きましたが、広宣部は創価とは関係ない組織ですから
何をしても本人が勝手にしたことです。

元創価班さん

こんにちは。


> 創価学会員のみなさん
> いろんな意味で創価学会はおかしくなりました。残念ながら僕たちの愛した創価学会はもう何処にもありません!
> これが大御本尊、日蓮大聖人を捨てた創価学会の姿なのです。
> 信心を続けたいなら日蓮正宗へ帰りましょう。
> それが無理ならせめて退会して普通の人になりましょう。

確かに、もう戸田先生や草創の学会員が築いた創価はありません。
「創価学会」というのは、有名無実の団体ですね。

元学会員さん

こんにちは。

> 私も本部の人間に頼まれて、反学会系の会合に潜り込んで隠し録音したことがあります。偽名で参加し、終了後すぐに誰がどんな話をしていたか要旨を本部に報告。その後、尾行を警戒しながら安全な場所まで行き、音声データを本部に納品しました。本部内にはそういう音声の文字起こしをする部隊なんかもいるそうです。

私も広宣部出身なのでよくわかります。

> 会合の数日前、学会が目を付けている反学会分子(妙観とかネトウヨとか)の顔写真を渡されて、会合に参加していないかチェックするように言われました。「SCIA」とはよく言ったものだと怖くなりました。

確かに怖いですよね。
それ以上に気持ち悪いです。

> 今の青年部長は本部の広宣局出身ですし、ますます謀略体質になっているのでしょうか。前途ある若者たちに、変なことさせないでほしいですね。学会活動だけでも致命的なのに。

全く同感です。

蘭房(RAMBO)  さん

こんにちは。

>  私の住むところは まあいわば都会県じゃないので、多分 顕正会はいません。
>  会員はいるかもしれませんが、組織として立ち上げてはいない感じがします。
>  あのオウムでも当市に「一人いた」ということが判明して、「いやー ここも一人いてぅれたから、全国区になれるかなー」と喜び合った市民がおられました(笑)

なるほど。顕正会もまだまだですね(笑)

>  昔、いくら威風堂々の歌を歌っても、邪宗の都でないとダメなんだよね。。と高等部時代にみんなで思ってました。うちにも「顕正新聞」来ないかなあ。

ははは(笑)
それだけいい地という事ですよ。

>  おっと、そういえば先日、我が家の前で「ものみの塔」の二人が 話しかけてきたんだっけ。腹が減って機嫌が悪かったので瞬殺しました。 「そうか 神の名は「ナムミョウホウレンゲキョウというんだよ、 言ってみな!?」とかなんとか言ったような・・ (^◇^)

エホバですか。ある意味偉いですが個別訪問するならまず知り合いからやれよ。と思います。
あと子供を連れまわすなって・・・
あれ?創価とかわらないか。

退転壮年部おじさん さん

こんにちは。

> ソウカもケンショウさんも
> こそコソと新聞を
> 投函されるの好きみたいですねぇ?
> 名前と連絡先まで
> 教えてるケンショウさんの方が
> ソウカの方より勇気があるかな?

確かに。
聖教新聞には連絡先ありませんでした(笑)

> 邪教秘密結社は反逆者に冷たいけれど、
> へたれ戦闘員しか居ないから
> キック一発!で蹴散らせます。
> 一蹴りです。

ですね~。

Re: スメルジャコフさん

すみません。HNを間違いました。
お詫びして訂正いたします。
申し訳ございません
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる