FC2ブログ

やはり創価は御本尊をわかっていないらしい。

ひごちゃんさんからのコメントで過日の創価新報に書かれていた創価が大御本尊受持しない理由。
毎度毎度低レベルな話を繰り返していてもう何度も破折済ではあるけど
おバカな学会員がネットで拡散して、なおかつあたかも創価の主張が大聖人の真意であるかのようにウソを書くので
一応、また破折しておこうと思う。
創価新報に書かれている内容は、

C作戦で学会の破壊を企て、御本尊を信徒支配の道具にしたのが日顕である。
そもそも、宗門が宗旨の根幹とする弘安二年の御本尊を、自ら「偽物」と軽んじた日顕である。
つまり、日顕宗は御本尊云々する資格はない。会則変更で学会は弘安二年の御本尊を受持の対象としないとした。
これに対し日顕宗は「学会は弘安二年の御本尊を否定した」などと騒いでいるが難癖に過ぎない。
謗法にまみれた邪宗の寺にあるから「受持の対象にしない」だけである。
学会が、日顕宗以外の寺にある御本尊を受理しないのと同じである。
御書には「弘安二年の本尊だけを根本とせよ」とは一切記されていない。
むしろ、大聖人は阿仏房に与えた御本尊を「出世の本懐とはこれなり」(1304)
と記され、弘安二年の御本尊が唯一絶対のものでないことは
御書に照らして明白である。宗門の主張は文証なき妄説にすぎない。


簡単に言うと大石寺は謗法の地だからそこの本尊は受持の対象としない。
ということで、もうすっかり顕正会と同じようなことを言い出しているわけだ。
これはね。人法一箇ってことが全く分かっていないわけ。
創価はね、大御本尊も本門本尊である。言っている。
本門本尊と言うのは人法一箇であることも認めている。
人法一箇というのは、「ご本仏」そのものという意味だろう。
その「ご本仏」が謗法の地にあるから受持しない。と言っているのは
鎌倉時代の日蓮大聖人を信じないといっている僧俗と一緒なわけ。
大聖人ご在世当時の日本はね、上一人から下万人まで謗法であり、当然日本全体が謗法だったわけだろ?
だったら、その謗法の地である日本にいらっしゃる大聖人を捨てるのか?って話。これ道理ね。
この道理以前に、「ご本仏」がいる場所を謗法と思うこと自体間違っていて
「ご本仏」がまします場所こそ寂光土なわけ。

◆教主釈尊の一大事の秘法を霊鷲山にして相伝し、日蓮が肉団の胸中に秘して隠し持てり、されば日蓮が胸の間は諸仏入定の処なり、舌の上は転法輪の所喉は誕生の処口中は正覚の砌なるべし、かかる不思議なる法華経の行者の住処なればいかでか霊山浄土に劣るべき、法妙なるが故に人貴し人貴きが故に所尊しと申すは是なり(南条殿御返事)

◆設い殿の罪ふかくして地獄に入り給はば日蓮をいかに仏になれと釈迦仏こしらへさせ給うとも用ひまいらせ候べからず同じく地獄なるべし、日蓮と殿と共に地獄に入るならば釈迦仏法華経も地獄にこそをはしまさずらめ(崇峻天皇御書)

と文証に明確だろ。
人法一箇の本門本尊がある場所が謗法の地になることはないのだよ。

で、この阿呆どもは、

むしろ、大聖人は阿仏房に与えた御本尊を「出世の本懐とはこれなり」(1304)と記され、弘安二年の御本尊が唯一絶対のものでないことは御書に照らして明白である。宗門の主張は文証なき妄説にすぎない。

などど言っているが、これは大聖人の一期の化導の次第ということを
全く理解できていない痴れ者の言うことで
それについては長くなるのでその話はそのうち書くが結論だけ言うとね
大聖人の顕される御本尊というのはね、「弘安」期になって究竟するのだよ。
阿仏房に与えたのは弘安以前の未究竟の本尊。
もちろん未究竟であってもご本仏のご境涯で
一機一縁の御本尊を阿仏房に与えているから「ニセモノ」でない。
しかし、一閻浮提総与即ち総体の本尊たる一大秘法とはなりえない。
しかもお前ら創価のコピー掛け軸だって弘安期の本尊の相貌じゃね~か。
で、この弘安期の本尊の中で「一閻浮提総与」に耐えられる本尊と言ったら
弘安二年の大御本尊以外にはないのだよ。
それ以外の弘安期の本尊で一大秘法の名に耐えられる本尊があるのであれば
その本尊を具体的に言ってみなさいよ。
そもそも「御書に書いてない」とかいってけど、お前ら身延か?(哀)
身延の連中も「御書に日蓮が本仏である」と書いてないから本仏じゃないっていうんだよ。
で?創価にとって大聖人はご本仏なのか?
だったら「日蓮は本仏である」という御書はあるのか?
ね~よ。そんな御書は。
でも依義判文すれば大聖人がご本仏であるという御文は数多ある。そうだろ?
それと同じで弘安二年の大御本尊が一大秘法である御文だって数多ある。
お前らが「身延読み」しかできね~からって
「文証なき妄説」とか五老僧みたいなこと言ってんじゃね~か。
じゃぁ何か、「大聖人が末法のご本仏」っていうのも
「文証なき妄説」なのか?え?どうなんだ?
お前らさ、歴代法主書写の本尊と大御本尊とまったく同じ。
と言っているが御書のどこにそんなこと書いてある?
在家が勝手に化義を変えていいとどこに書いてある?
創価学会仏なんて言葉はどこに書いてある?
在家が在家に供養すると功徳がでっるってどこに書いたあるんだよ。
お前ら創価のいっていること、やっていることこそ文証なき妄説っていうんだよ。
いや信徒をだまくらかしているんだから、妄説じゃなくて詐欺っていうもんだ。

それとな、「謗法の寺」っていうのは身延のごとき寺をいうんだよ。
なぜか?それは身延が大御本尊(ご本仏)に背いているからだよ。
戸田先生も
◇「富士大石寺に背くやからがもつご真筆の御本尊には、大聖人の御魂は住まわれるわけがない」
と指導しているが、永遠の指導者も否定るのかえ(嗤)
それに、なんで創価を破門することが「謗法」なんだね?
結果、お前らは大御本尊を捨てたんだろ?
破門は正しかったということだろ。謗法どころか正法を守ったという方が正解じゃね~か。

その脳みそ足りないオツムで考えてみろよ。
「大御本尊を捨てる」のが正しくて。
「大御本尊を守る」のが謗法ならば
この世のにはすでに日蓮正宗しか謗法は存在しない。
ということは「舎衛の三億 」の原理から言えば広宣流布は完了しているという理屈になる。
だとしたら、もう創価は弘教する必要ないのだから、選挙も新聞もやらなくていい、
いや創価学会そのものが必要ないだろう。
だって広宣流布が終わってるんだから。
違うか?お前らの理屈だと違わないだろ?
もう広宣流布は終わってるんだから「ガッカイカツドウ」なんて必要ないのに
なんで会員にそんなことやらせるんだよ。

全く文証も理証もないこんな幼稚でインチキな創価の主張を
真に受けて納得してる会員ってどんなんだよ。
さっきも書いたがオツムが弱いか信心が弱いか
あとは邪師にだまされ邪教に洗脳されているのか
またはその全てが見事に揃ってしまってフイーバーしたか(笑)

まぁ、別に創価学会がどんな見解を持っていても構わないよ。
ただ、この創価の主張は大聖人の弟子旦那の主張ではないということだし
大聖人仏法でもなく、ただの創価の見解であるってこと。
つまり創価は大聖人仏法とは無関係な新興宗教団体にすぎないし
大聖人仏法を誹謗している邪教団のひとつであるという認識をもってくれよ。
そして、このような創価のような団体と創価を信じる人々を
大聖人仏法では「謗法」と呼ぶことは覚えておきなさいな。

そうそう、最後に書くけどお前たちは自分達の本尊の元になった
日寛上人のご本尊になんで「お目通り」しないんだ?
なんで「ご供養」しないんだ?おかしいだろ?
さっさと、浄円寺に参拝しろよ。浄円寺にご供養しろよ。
それが「信心」ってもんだろ(爆笑)



にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

管理人さん、お見事☺

創価はよく経本変わるのですねと私の知人の学会員が言ったら、経本がしょっちゅう変わったら悪いのですかと物凄い大声で怒られたとらしい。

創価は色んな会話に対応できないですね

宗教というより政治団体ですね。

日蓮正宗にある本尊だから受持の対象にしない。
というとこは、受持の対象の本尊は創価学会が決めると宣言してることですね。
大御本尊の否定と実質的に同じですね。

そもそも正宗の教義を使うこと自体にもう無理があるのでしょう。
いつまでも自立ができない。
会員の影響を考えて段階を踏んで、正宗から完全分離したい。
その方が得からでしょう。

乳離れできない創価ベイビー👶

本記事を拝見して、
ほんと、思いますょ。

学会は、早く、
可及的速やかに
自前の仏(本尊)を確立した方が良い。

功徳(お乳)は何時迄もでませんょ!

早く日蓮仏法から独立したら?

そう。思います、、。

No title

>>大聖人は阿仏房に与えた御本尊を「出世の本懐とはこれなり」(1304)と記され
>>弘安二年の御本尊が唯一絶対のものでないことは御書に照らして明白である。
>>宗門の主張は文証なき妄説にすぎない。



「それなら今ある浄円寺の御本尊を返却して 今度からは
阿仏房授与の御本尊を師匠(基礎)にしたら 如何ですか?
多分、その曼荼羅も、今や“謗 法 の 地”にあるんだろうけれど・・・」

・・・と、こっちから突っ込む事すら かったるくなるような 『使い古しのネタ』
こりない‥と言うか おそらく その創価新報の記事を書いている記者だか 幹部は
師弟の意義も基礎の意味も絶対わかっていないだろうし
しかも そんな感覚だと、多分、その記事を書いたライターや 
それを載せた編者や幹部も、何年か後にH氏と同じような運命を辿るような・・・
そんな恐ろしい予測まで出せてしまうほど 本当におバカな記事で
あまりのひどさに 本当、潰れてくれよ
・・と思わず呪いのお題目を唱えたくなりますね

ちなみに H氏も 過去、創価新報で活躍していたころは
上記、下線を引いたようなアジを飛ばして
破折した気になっていたんじゃないでしょうか?

従ってその記事を書いた方も将来が決まったようなもので 
もっとも それはクビになってから実感する事なんでしょうけれど
今は気づかないほど オツムがパーン!


創価の森の方のコメント欄

管理人様おはようございます。

全くその通り、三大秘宝の大御本尊様を
護る事が宗門の歴史です。

学会が日蓮正宗の教義と三宝を護らず
猊下や宗門攻撃を一度だけではなく、
二度も破ったから、破門したのであって、至極当たり前の処置です。

創価の森の方のコメント欄に

破門になってから、全世界192ヵ国地域に
弘まったのが実証だとまた破折され尽くした話を書いている人が居ましたが、

まずそれは創価学会の発表だけであり、何の公平な根拠がない。正しくイメージだけで書いている。

実は、ただの特派員が、入国しただけで、
カウントしていたり、
わざわざ地域の言葉を入れたり、
やることが姑息です。

なら、キリスト教やイスラム教の方が全世界に弘まっていますが、正しいって事になる。

日顕上人猊下が血脈相承を受けていないの話も血脈相承を受けていない猊下の書写した御本尊様に功徳があり、当時の聖教新聞に体験談が沢山出ていた事はどう説明されるやろね。

本当に道理がわからん人達です。

192ヶ国地域に広まっている、

私はどうしても気になったので、新聞社で働いてる人に聞いてみました。

私の予想通り、国に信者はいるのだけど、1つの地域のみにしか信者はいないと言う意味です。

全世界に広まっているのですけど、内容が

miuさん

こんにちは。

> 創価は色んな会話に対応できないですね

そういう人たち以外に「学会活動」なんてしないのでしょうね。
じゃなければ「学会活動」をすると病むのか?
まぁどちらにしても世間様から信頼を得るのは難しい方々が多い気がします。

小野塚さん

こんにちは。

> 日蓮正宗にある本尊だから受持の対象にしない。
> というとこは、受持の対象の本尊は創価学会が決めると宣言してることですね。

今の会則では御本尊に対する決定権は会長にあるらしいですよ。
いやいや、ここまで大聖人仏法を冒涜できることに驚きます。
そしてそれを何とも思わないどころか当然という学会員。
私には、キ○ガイにしか見えません。

> そもそも正宗の教義を使うこと自体にもう無理があるのでしょう。
> いつまでも自立ができない。
> 会員の影響を考えて段階を踏んで、正宗から完全分離したい。
> その方が得からでしょう。

そうですよ。とっとと「日蓮」をいう名を騙るのをやめればいいのです。
いつまで大聖人を利用して金儲けするつもりなんでしょう。

天パさん

こんにちは。

> 学会は、早く、
> 可及的速やかに
> 自前の仏(本尊)を確立した方が良い。
> 早く日蓮仏法から独立したら?
> そう。思います、、。

同感です。
世間だって創価が仏教だなんて思っちゃいませんよ。
「日蓮仏法」を騙らなくても、騙される人は騙されるし
騙されない人は騙されませんから。

eco◆Smw69 さん

こんにちは。

> 「それなら今ある浄円寺の御本尊を返却して 今度からは
> 阿仏房授与の御本尊を師匠(基礎)にしたら 如何ですか?
> 多分、その曼荼羅も、今や“謗 法 の 地”にあるんだろうけれど・・・」

> ・・・と、こっちから突っ込む事すら かったるくなるような 『使い古しのネタ』
> こりない‥と言うか 

嘘を何度も繰り返して「洗脳」するのが、カルトの手口ですから。

> ちなみに H氏も 過去、創価新報で活躍していたころは
> 上記、下線を引いたようなアジを飛ばして
> 破折した気になっていたんじゃないでしょうか?
> 従ってその記事を書いた方も将来が決まったようなもので 
> もっとも それはクビになってから実感する事なんでしょうけれど
> 今は気づかないほど オツムがパーン!

ははは(笑)
なにせ今の創価は粛清の嵐が吹き荒れていますからね~。
末端の会員さんにも査問、活動停止、会館への立ち入り禁止、などの処分が科せられています。
自分の番が回ってこないとみんな分からないのでしょうね。

ひごちゃんさん。

こんにちは。

> 全くその通り、三大秘宝の大御本尊様を
> 護る事が宗門の歴史です。

そうですね。御歴代以下正宗の僧俗がいなければ創価もなかったわけです。
不知恩というのは創価の事です。

> 創価の森の方のコメント欄に
> 破門になってから、全世界192ヵ国地域に
> 弘まったのが実証だとまた破折され尽くした話を書いている人が居ましたが、
> まずそれは創価学会の発表だけであり、何の公平な根拠がない。正しくイメージだけで書いている。

この192か国論。色々とバカです(笑)

> 日顕上人猊下が血脈相承を受けていないの話も血脈相承を受けていない猊下の書写した御本尊様に功徳があり、当時の聖教新聞に体験談が沢山出ていた事はどう説明されるやろね。

いやいや。まづもって「相承を受けていない」という話自体が、創価発表の作り話ですから。

> 本当に道理がわからん人達です。

だから世間からスポイルされるのです。

ガセネタを自慢してどうする

こんにちは。

何かというとふんぞり返って『192カ国地域に流布』と未だに。

では何処と何処の国と地域に何人なんでしょう。
…まあ!それは知らない?そんなの関係ない?(古い)
随分いいかげんなお話ですね。
説得力ゼロなんですけどそう思いません?

そこが詳らかになれば、もっともっと鼻息荒く世間に吹聴できますのに。創価の正しさ(笑)の証明にもなるってなものですよ。違います?
どうして誰も聞かないんですか?

創価の皆様の錦の御旗ともいうべき、池田大作の各国・団体からの『名誉ナントカ』なんかはデデーンと一覧表で発表なさるじゃありませんか誇らしげに。
まあね。『名誉ナントカ』はイタコ芸人の大川エル・カンターレも相当貰ってるみたいですからね。モンドセレクションみたいに意味は無いにしろ。
あの事細かな『名誉ナントカ』一覧表を作成する熱意があるんですもの。
あの熱意を『192カ国地域』の発表にも是非とも発揮していただきたいもです。

・192とは何処の国地域か。
・それぞれの四者の統監数。
・それぞれの組織体制、誰が長なのか。
数字大好きなんでしょう?
報告・連絡・集計が大事なんでしょう?

その創価がどうして発表しないんでしょうね。

それは「192カ国どうたら」なんて
う・そ・だ・か・ら ‼︎


そうそう。
ナントカの森の方ですが。
頭にお花が咲いて咲いて鼻の穴からも花が咲いていそうなコメンテーターの質問に答えて、「どうやって自分が未活から会場提供するまでの境涯になれたのか」というお話を始めたようです。
斜め読みどころか対角線読みしかしておりませんけれど、そもそもがダメな男だわ彼は。
ここまで書いてなんですが、本当にキモいので皆さまお読みになる必要はございません。

牡丹さん

こんにちは。

> ナントカの森の方ですが。
> 頭にお花が咲いて咲いて鼻の穴からも花が咲いていそうなコメンテーターの質問に答えて、「どうやって自分が未活から会場提供するまでの境涯になれたのか」というお話を始めたようです。
> 斜め読みどころか対角線読みしかしておりませんけれど、そもそもがダメな男だわ彼は。
> ここまで書いてなんですが、本当にキモいので皆さまお読みになる必要はございません。

ははは(笑)
私はタイトルだけでお腹がいっぱいで胸焼けしたので読んでいません。
そのコメンテーターやらも自作自演かもしれませんね(笑)
だって、普通そんなことに興味にでしょうよ。
キモイおっさんの半生は「人間革命」だけで十分です(笑)
それともセンセの真似をしているんですかね~。
まぁ日記だから書くのは自由ですけど
なんで創価の連中は自分のこと書きたがるのか不思議です。
全然ドラマチックな話じゃないのに・・(笑)

No title

こんばんは~

 まああれですね

 A
僧俗和合の時に お山の大御本尊様にお目通りして、信じて頑張ってきた当時の会員さん

 B
そして今。大御本尊様を「信受しない」と、浄圓寺のコピーを拝んで創価に盲従してる会員さん

 実際、このどちらが成仏できるの?

 創価の誰が証明できて、誰が担保して、誰が判別するのかね。。

 あ、、「ハラダかいちょう「」かい?   ならハラダさんって聖人なのかい?

 カレが末法の御本仏だったらいいのにね。(^^)  

  ところで、今更ですが件の宮田氏の論と、それからそれを破折している「須田氏」のテープを聴きました。   無論、宮田論説はほぼ完ぺきに破折されていました。  いかにも「無理スジ」な創価のあがきなんだから当たり前だけど、須田氏も「池田先生信じてます」、の立場だから、違和感はあったし、ところどころ牽強付会なところも見受けられました。  

 でも、開会して読めば、弘安二年の「本門戒壇の大御本尊」の正統を御書や他の文献を網羅して証明しておられましたので、大変に参考になります。

 おかげで眠い土曜日です..。 

菊川さんにメールしました。

昨日創価の森の菊川さんにメールをしました。
多分見てはくれないかもしれないけど、
破折をしました。


菊川さん、はじめまして
急にメールをお出しして申し訳けありません。

投稿にコメントが出来なかったので、

メールをさせて頂きました。


私は2年前に、創価学会が大御本尊様を受持の対象にしないと会則を変えたのを知って、子供の頃から、大御本尊様は日蓮大聖人様と教わってきて、御本尊様の功徳を沢山頂いた私としては、納得出来ず、
大御本尊様にお逢いしたい気持ちが一杯になり、正宗に戻りました。

2年で8回、大石寺に参詣させて頂き、間近に大御本尊様に拝させて頂きました。

大石寺は、野犬も居らず、ぺんぺん草も生えてなく、桜は満開で綺麗でした。

貴方は創価学会員ですから、聖教新聞や創価新報の記事を信じるのは仕方ないですが、検証もせずに記事を書かないで貰えますか?

創価学会が日蓮正宗を外護する団体でした。
昭和27年に宗教法人を取得するに当たり、宗門と約束しました。

1、日蓮正宗の教義を護る事。
1、日蓮正宗の三宝を護る事。
1、学会員は末寺の信徒に所属
させる事。

戸田先生は、これを護り通した。

でも、池田先生は宗門を学会の支配下に置こうと画策して

昭和49年から学会は宗門の教義ない事を
平然にしてきました。

であろうごとか、在家の分際で、板本尊を8体も勝手に作らせ、池田先生自身が
導師で、学会本部の御本尊に入仏式を行った。(当時の聖教新聞に記載あり。)

その事を聞いた、当時の日達上人猊下は
破門をすると宣言され、実行寸前でした。(日達上人猊下の音声あり)

それを察した、池田先生を初め幹部が
日達上人猊下に平謝りして、二度と教義を破らないと誓い、会長の辞任と総講頭辞任をして許して貰いました。
(その後で日顕上人猊下から、総講頭は再任命されましたが)

でも、平成元年から当時はまだ日蓮正宗の総講頭の立場で、猊下の批判と宗門批判をし出しました。
だから、平成2年の年末近くに、池田先生のスピーチの内容に対してのお伺い文書を送りました。

それに対し、学会はそのお伺いには答えず、お尋ねの文書を送りました。

これは、宗門側では、宗門側の非も
含め、資料は残っていていつでも
閲覧出来ます。

何度も誠実な答えにならないので、
宗門は、総講頭や講頭の任命基準を
変更し、池田先生や他の講頭を資格停止にしました。(解任ではありません。)
その翌年に学会は聖教新聞と創価新報に
猊下や宗門攻撃を毎日報じた、
だから、一度目は宗門はお許しになったけど、二度目は許しては貰えず、組織を破門にしました。

これのどこが謗法ですか?

創価学会が最初から独自の教義や本尊が
あるなら、別に構いませんが、違いますよね。

社会でも、約束は守る物。

破れば、信頼を無くして、取引停止に、社員なら最悪首になる。

当たり前の事。

それと

日顕御隠尊猊下様が大御本尊様をニセ物と断言したとか

ありもしないC作戦を実行したとか

御書に大御本尊様の記述がないとか

破折され尽くしくされる項目を
堂々と新報に書く学会はおかしいです。

まず河辺メモは当時正信会僧侶がインネンを言ってきた事を、走り書きをしただけ、

もし、後世の物だったら、毎日御開扉、丑寅勤行を出来る訳ありません。

C作戦など存在していません。
(これは裁判で確定しています。)

因みに、シアトル裁判も論議はしない、また宗門側は単純に否定することはそのかぎりではない。と学会と宗門とで和解しており、勝手その事を記載したら、宗門側から、名誉毀損で訴えられますよ。


大御本尊様の記載が御書にはない。

あの当時の時代背景を考えれは
、当たり前ですよね。
あの時代大聖人様は幕府からは、罪人扱いだったのですから、

現に大聖人様は
法門は秘すべしとの御書があります。
本当の法門は、日興上人にしか口伝相伝されませんでした。


これについては、私よりダメだし元学会員の管理人様が記事にされています。

日顕上人猊下が血脈相承を受けて
いないって言うのなら、

なぜ血脈相承を受けていない猊下の御本尊様に功徳があり、当時の毎日聖教新聞に体験談が載っていたのです?

最後に日蓮大聖人様の御書より

僧侶不要論は大謗法

創価学会では、
「本来直結であるはずの『御本尊』と『信徒』との中間に『僧侶』が介在し、信徒の祈りを僧侶が取り次ぐという、ゆがんだ信仰観になっている」(「教宣ハンドブック2008」創価学会教
宣部編43㌻)
などと僧侶不要論を主張しています。

これについて、二祖日興上人は『佐渡国法華講衆御返事』に、
「案のごとく聖人の御のちも、末の弟子どもが、これは聖人の直の御弟子と申す輩多く候。これが大謗法にて候なり」(歴全1-183~184㌻)
と仰せられ、大聖人直結を主張する輩は大謗法であると断じられています。

また仏法僧の三宝のうち、仏法・法宝に直結するから僧宝は不要であるとする考えは
大聖人様は、『真言見聞』に、
「凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。三宝一体なる故なり。」(御書608㌻)
と、三宝は一体であり、僧宝を謗ることは謗法であると御教示です。

創価学会は三宝のない団体です。

それをよく考えてください。

長文申し訳けありませんでした。

蘭房さん

こんにちは。

>  A
> 僧俗和合の時に お山の大御本尊様にお目通りして、信じて頑張ってきた当時の会員さん
>  B
> そして今。大御本尊様を「信受しない」と、浄圓寺のコピーを拝んで創価に盲従してる会員さん
>  実際、このどちらが成仏できるの?
>  創価の誰が証明できて、誰が担保して、誰が判別するのかね。。


昔から創価の幹部はなんの責任は持ちませんよ。
金だけとってあとは自己責任(笑)


>   ところで、今更ですが件の宮田氏の論と、それからそれを破折している「須田氏」のテープを聴きました。   無論、宮田論説はほぼ完ぺきに破折されていました。  いかにも「無理スジ」な創価のあがきなんだから当たり前だけど、須田氏も「池田先生信じてます」、の立場だから、違和感はあったし、ところどころ牽強付会なところも見受けられました。  

須田論文。私も読みました。
そもそも宮田氏の主張は稚拙なものですから。
創価大教授の肩書が無けりゃあんなモン誰も見向きもしませんね。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> 昨日創価の森の菊川さんにメールをしました。
> 多分見てはくれないかもしれないけど、
> 破折をしました。

あの人はただ単に正宗の悪口を書いて印象操作を企てているだけの人間です。
対話は勿論、正宗に対して正面切って破折するような
勇気もなければ知識もない。
典型的な創価人間ですよ。
何を言っても無駄かと思います。

池◯せんセは現代の大聖人!

管理人さまのブログは
面白いし、為になります。

コメンテーターの方々の
コメントも秀逸なので(^o^)

どこかの森(創価の樹海?)を
拝見しましたが、
創価の御本尊は結局のところ解りません。
私の読解力が無い故に、、、。

現代のカリスマ!
宗教界の王者であるセンセを
御本尊にしたらスッキリしますね。
創価の樹海から生還できるかも?

マイど連文駄文失礼しました。

https://youtu.be/Jq5UTZ4cuNw

天パさん

こんにちは。

> どこかの森(創価の樹海?)を
> 拝見しましたが、
> 創価の御本尊は結局のところ解りません。
> 私の読解力が無い故に、、、。

あそこは「迷いの森」ですから。
モンスターもウロウロしてますがレベル的はスライムラスなので無装備でも大丈夫です(笑)

ecoさんの本尊論

ecoさんは、人の御本尊の発言よりも、御自分の大御本尊に関する発言を訂正されたら如何ですか?
http://6027.teacup.com/situation/bbs/80396
http://6027.teacup.com/situation/bbs/80394

▼それまで昭和47年まで述べられていた日達上人猊下の発言、および歴代法主が述べられていた
弘安2年10月12日に顕された大御本尊の寸法、および相貌と
昭和52年の発言に対し「なぜ相貌も含めて食い違った説明をしたのか?」
この点を説明した上で
(例えば 正本堂建立後 改めて寸法を計り直したら 新たな発見が出て来た・・と言う記録や証拠を含め)
妙真寺の山口法興氏の発言がデマ?だった証明をしていただけませんか?

それどころか、山口法興氏自体が、「そんな事は言っていない」と発言自体を否定していますが?何か?


▼また、過去に、法華講も創価もその引き金を引いた山口法興氏と法論して
山口氏が行き詰った記録があるのか この点も含めて 資料として提出していただけませんか?


当事者が言ってもいない発言で、法論?記録?資料?


▼ 私でしたら この方を参考人として招致しますが おそらく この件に関して
当時の法華講も創価も当の山口氏や美濃部氏に問い詰めていないでしょ
しかも デマなら敏感になる話なのに
今の処、聖教も 新人間革命も、この件に関して、山口氏がデマを流したとか
そういった類の形跡が見当たらないのは 何故なのか?
この辺も所見として伺いたい処です。

当人が発言自体を否定してるのに、参考人? 参考人招致して何を聞くのですか?
「私はそんな発言はしていません」で終了、閉会です(笑)
山口氏がデマを流した? 発言否定されてるのに? 一体、何を問い詰めるのですか?


▼従って 今のままでしたら 状況を鑑みて(あくまでも状況を鑑みて・・ですからね)
弘安2年10月12日に顕された大御本尊が
実は創価学会本部にある その疑いをかけられてもおかしくない状況で
大月天さんあたりが なにかしらのコメントが来るかもしれませんが
それが事実ならば 思う事は一つで 双方とも破和合層にも匹敵する大謗法を犯した形にもなりますよ

逆に大御本尊が、何で?創価の本部に存在すると疑うのですか?とecoさんにお伺いしたいですね。
では、奉安堂に御安置されてる大御本尊は一体何ですか? ecoさん曰くのレプリカだというのですか?
大月天さんも、ecoさんの妄想を相手にするわけないですよ。


▼それが事実ならば~双方とも破和合層にも匹敵する大謗法を犯した形にもなります


そんな「妄想の事実」など存在しませんので、御心配なく。


▼それで宜しいのでしょうか?

もしecoさん曰くのレプリカ云々(そんな妄想は有り得ませんが)が、もし事実だとしたら
創価に「レプリカだから受持の対象にしない」と理由付けの一つになり、敵に塩を贈る
結果になりますね?

ecoさんは、当人否定の山口法興氏発言の引用や、
ネットのデマなど引用で、日達上人と赤沢さんをレプリカ制作?結託と疑い、侮辱したり、
日恭上人御遷化された火災の建物に、大御本尊が御安置されていたと勘違いを言ったり
事実確認すらしていませんね。

No title

創価真筆の御本尊でなければ問題有りません、

坂田悟史さん

こんにちは。

コメント数が多いのでコメントの御礼だけ申し上げます。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>