FC2ブログ

創価教学じゃない御書講義(2020年8月座談会御書・転重軽受法門)

涅槃経に転重軽受と申す法門あり、先業の重き今生につきずして未来に地獄の苦を受くべきが今生にかかる重苦に値い候へば地獄の苦みぱつときへて死に候へば人天三乗一乗の益をうる事の候

今月の座談会御書は「転重軽受法門」です。創価幹部が大好きなのが「転重軽受法門」とか「変毒為薬」です。悩みがある会員を創価の活動家にするためにの指導に利用されます。「転重軽受法門」とは「重きを転じて軽く受く」と読み下します。例えば指を一本切断してしまい悲しんでいる人の所にやってきて「本当なら腕が1本なくなっていたのに指1本で済んだのは功徳だよ」とか言って利用します。私はこの言葉聞いた時から創価を嫌いになりましたが創価の幹部はこのように「転重軽受法門」を使います。さて本文で「地獄の苦みぱつときへて」とありますがこれは現在の悩みがパッと消え去るわけではありません。パッと消えるのは未来に受けなければならない多くの苦しみが消えるという事です。なぜなら今世での苦悩の原因は過去の謗法にあるので逆に今世で正法を持てば未来永劫に受ける予定だった苦しみは全てなくなるということです。
◆我等過去に正法を行じける者にあだをなしてありけるが今かへりて信受すれば過去に人を障る罪にて未来に大地獄に堕つべきが、今生に正法を行ずる功徳強盛なれば未来の大苦をまねぎこして少苦に値うなり(兄弟抄)
本当は今ある悩みを「パッと解決」して欲しいと切実に思うのですが、こればかりは過去世の謗法が顕れた状態なのでそうはいきません。過去世の謗法という借金を返済している状態ですから個々の借金の多寡と現在の信行の状況によって返済期間はマチマチです。しかし最長でも今世一杯で、しかもそこまで長期間返済する人は少ないので安心してください。正法を受持している人は謗法という名の借金は過去の分しかないので減る一方で増えることはありません。逆に創価民は日々謗法という名の借金が増え続け自己破産する時が来るわけです。
◆善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし(開目抄下)
とのご聖訓にあるように「いかなる理由があろうとうも」大御本尊をすてるのは地獄の業を積む行為なのです。さてこのように未来の苦しみを一気に今世のうちに消すことができるのは、
◆種種の人間の苦報あらん現世に軽く受るは斯れ護法の功徳力に由るが故なり(開目抄下)
とあるように「護法の功徳力」によるものです。つまりは戒壇大御本尊(仏法)を護る功徳によるものです。護法には内護と外護があります。この護法を個人の信心に約すと、内護とは日々の勤行・唱題であり外護とは登山や参詣、ご供養ということになります。これらの信行の実践が護法でありその功徳によって「転重軽受」の功徳を受けるわけです。創価民はよく「題目は貯金」なんていいますがアレはウソです。創価の題目は護るべき法である戒壇大御本尊を捨てた題目ですから貯金どころが謗法の借金を増やしているだけです。創価で功徳らしきものが出るというのは、あたかも闇金で金を借りて贅沢しているようなものです。功徳でもなんでもありません。創価民さん達は早くこのことに気づいて謗法の借金をするのを止めて一日も早く返済に回るべきだと思います。この「転重軽受」は『涅槃経』に■「有智の人は智慧の力を以て能く地獄極重の業をして現世に軽く受けしめ、愚癡の人は現世に軽業を地獄に重く受く」と書かれています。有智とは大御本尊への信心です。愚痴の人とは色々な理由をつけては大御本尊から離れる創価民です。創価の信心では「転重軽受」どころか更に長く重い苦しみが未来に待っています。ですからいま苦しい状況で創価の信心をしている人はこの先更なる苦しみが待っているのですよ。一日も早く創価の謗法信心を止めて大御本尊様の元に戻るのが肝心です。他にも色々と書きたいこともあるのですが長くなったので今月の「創価教学じゃない御書講義」はこれで終了です。ホントに創価の信心はやめた方がいいですよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

過去の苦難をどう捉えるか

ストレスに強い人と弱い人の違いは事実の認識の違いだそうです。
同じ事実なのですが、それをどう捉えるかは人それぞれ。しかし捉え方で幸不幸が決まるというの心理学の研究です。

避けられない事故や不幸があるのが人生ですが、その事実に意味があり今後の将来を豊かにしていける材料だとして、前向きに考える思考が人を幸福にしていくそうです。
また過去に起こった苦難は記憶に蓄積され消えることはないですね。トラウマとはそういう事でしょう。しかし捉え方は変えられるのが人の特性ですね。

創価と関わり人生に多大な損失を被ったのですが、自らの未熟さを反省したおかげで得たものもある。だから今後の将来はもっと利口に様々な物事に対処可能だと、私は考えています。
恐らく、脱会者の多くはそういう考えではないでしょうか。
あれほど悪質に会員を利用する団体はない。だからこそスキルを得て人の詐術に騙され難くなった。
そして本来の仏道に入ることができたと思うのが法華講の人達でしょう。

「地獄の苦みぱつときへて」。過去を反省し、捉え方が変わることで、未来がガラリと変わる。私もそう思っています。

地獄の苦しみ継続中?

生命は三世(過去世、現世、未来世)を
通して永遠ですから、

現状のまま
(大御本尊を捨てたソッカー民)では
地獄の苦しみ確変継続中ですね?

昔のパチンコで当たりを引くと
『無制限』って、札を店員さんが
持って来てました。

ソッカー民は、
空だいもく10時間?を唱えて
『創価アドレナリン』全開で御座います。

駄文まいど失礼致しました(`_´)ゞ

小野塚さん

こんにちは。

> ストレスに強い人と弱い人の違いは事実の認識の違いだそうです。
> 同じ事実なのですが、それをどう捉えるかは人それぞれ。しかし捉え方で幸不幸が決まるというの心理学の研究です。

それも多分にありますね。不幸とは不自由であることだと思っています。病気なら肉体的に不自由であり貧乏なら経済的に不自由。多忙なら時間的な不自由。その根本は精神的不自由ではないでしょうか。その不自由な心を開放するところが信仰の目的のひとつだと考えます。

> 創価と関わり人生に多大な損失を被ったのですが、自らの未熟さを反省したおかげで得たものもある。だから今後の将来はもっと利口に様々な物事に対処可能だと、私は考えています。
> 恐らく、脱会者の多くはそういう考えではないでしょうか。

学会活動をしていると余計な不自由が増えますから不幸が増えるわけです。創価の信仰における不自由は「転重軽受」ではな単純な不幸でありしかも謗法を重ねることにより未来に更に大きな不幸の原因を作っているわけです。これは法門・法義に照らして間違いない。記事にも書きましが創価が「善」か「悪」かなど関係なく「大御本尊」を捨てるのは地獄の業なのです。


天覇さん

こんにちは。

> 生命は三世(過去世、現世、未来世)を
> 通して永遠ですから、
> 現状のまま
> (大御本尊を捨てたソッカー民)では
> 地獄の苦しみ確変継続中ですね?

後に行けば行くほど謗法の借金は多くなるのでどんどん苦しくなりますね。
そして自己破産して無間地獄に長期間落ちてからようやく借金を返さなきゃと思うのが逆縁の衆生です。

> 昔のパチンコで当たりを引くと
> 『無制限』って、札を店員さんが
> 持って来てました。

「アタリ」なら嬉しいけど、創価の場合は「ハズレ」無制限ですから(笑)

> ソッカー民は、
> 空だいもく10時間?を唱えて
> 『創価アドレナリン』全開で御座います。

創価の空題目は時間の無駄ですね。

折伏によって叶う法門ですね…

水かけられたり、塩まかれたり、イロイロ飛んでくるそうです…

そうして折伏しているうちに小児麻痺の子が歩けるようになった体験を聞いたことがあります。

塩まいた方も逆縁を結べるから有難いです

No title

こんばんは

 人生で目下のところ最も元気です。 仕事も二つやってます。 このサイト・管理人さんのおかげ。 感謝ですよ。

 久しぶりに過去分含め、通読・拝読しました。  角度さまざま。 言えるのは創価は稀に見る謗法のメッカになったということ。  本来、善良なる会員さんが創価に違和感疑義もなく居られるのは魔の通力だと思いますよ。  従って信濃町(本部)は欲界・最上階かな。  で、魔王はさすがにその御威光も減退なされて代行乗っ取り幹部が頑張ってますね、 痛いハナシです。 魔の弟子はやはり魔ですか。

 さて話は変わりますが、私は国防費増額支持派です。  人件費分も含めて。

 私自らが軍人にはもはやなれないから、代りに国の守りを果たしてくれる彼ら自衛隊員さんには、もっと給料を上げてあげたい。  国としての条件は国土・税・そして軍(警察も)でありましょう。  唯一の同盟国・アメリカの保護下?にあって、戦後は軍備に注力することも少なく、経済最優先でここまでこれた。

 二次大戦あと、世界全ての国は不戦の誓いをたてました。  第九条もその意思に沿って存立しています。  何も自国日本だけではなく、世界市民をそういう意味で信頼して初めて成り立つ文言です。  しかし、誰の目から見ても日本周辺の「かの国」は拡張主義、膨張を旗幟鮮明にしております。  

 戦争とはいわばブラックホールのようなモノだなといつも思います。 そこへ行きたくないのに、その強烈な重力であらゆるものを引きこむ。  だからそれに倍加する力を持たないといけない。  それが抑止力であり自衛の力ですが、何があっても軍備は相ならん!という戦後教育・左巻きの方々がたくさんいらっしゃる。 だから「斥力」を持たないといけない、と思うわけです。 昔は私もいち学生として左翼の洗礼をうけました。 信心をしながら民青、革マル・中核、そしてノンポリ相手に複雑な折伏カツドウも。
 反戦フォークも声高に歌いながら、おまけに学会歌も歌いながら、我こそは第三文明の先駆なり!と、よく判らんままがんばってきました。  そんな過去を思い出しながら、いつもいつも「オレは今はどうすればいいんかなあ、、」と考えながら生きてこの歳になります。 会合でも偉そうに指導などというより、「私はこう考えます」を基調に話をしてきたです。  


 で、平和平和!というお題目を唱えてれば安全で守られると妄信なさっている方々ですね。  いわゆる「デュープス」とでもいうのか、無自覚にコミンフォルムの味方になってしまっていて、現実を見ないし、いずれ中国ブラックホールに引き込まれようとなさっているように見えて仕方がない。 というよりチャイナマネー。チャイナ学位(名誉〇〇(笑))、チャイナ利権、チャイナのハニトラなど、によって、あの「2Fさん」筆頭に与野党の少なくない連中は「魂」を抜かれてしまっている。 無論、経済人もそうでしょう。  こいつらが反日を叫び、日本悪者論を唱え、日本世論を席巻してしまって、一方で世界に恥を晒しているわけです。  要するにどっぷりですね。

 勿論、「ハム党」もチャイナ利権でしょうか?  ODAのキックバック、貰ってないと言い切れるかな?  金マルさんとどこが違いますか?^^;

 私は公明が政権暴走、悪政の抑止力だ!との金看板に恥じない政治活動をなさっているのなら、なにも否定するものでもないけど、どうにもそう思えませんね。   だから貴党に投票なぞいたしません。  どうか聡明なSOKAの皆さんもハムの「生活保護トラップ」やら「口利きトラップ」に目を奪われないようにと願うものです。  これも「魔」のひとつではないでしょうかね。、  国賊の誹りを恐れるものです。 センキョも信心の発露と仮定すれば(10万歩譲って、{であるとしたら})尚更です。  日本は扶桑国。  日出る国。

 あの大聖人様の御気概を忘れたくないので、こうして夜中に吠えております。

 ここの本筋に沿わないことを書きましたのでくれぐれもお詫びします。

 CORONAに負けないように、お気をつけくださいませ。(管理人さん、大御本尊様に打倒コロナ!をご祈念なさってきてください!)

  蘭房・拝

 

自立の宗教

日蓮大聖人は生き様を通して本仏の振る舞いを示された。
だからその一身の当体として人法一箇の御本尊が説得力を持つわけですね。
一人立つ究極の自立した大人の人生だと言えないでしょうか。

高校生の時、下駄箱の上の壁に「I LOVE 日共」と書かれた文字が白く上塗りされてました。
この高校の諸先輩方はそういう自己主張を持っていた。しかし私には無い。自分の幼さに劣等感を持った瞬間でした。
自立した人生とは、自分で情報を取得して、自分の頭で考え、自己責任で判断したこと実行していく。
御書を読む限り、日蓮仏法はプロテスタントより究極の不惜身命の自立を求められる宗教だと思っています

しかしながら、信念がなく権力を恐れ、いつも与党に寄り添い、中国にまで特別の計らいをして利益を得ようとする。
より大きな魚に追従して泳ぎ、口からこぼれ出たおこぼれを貰って生きていくコバンザメは、自らの意思で行く先を決められない。そんな事をすれば露頭に迷い自分でエサを獲れないので死んでしまう。
ちょうど学会員に対する私の違和感もそれで、自らの判断で人生を決められず他者の無責任な指導に従い服従していく人しか見当たらない。
創価はそれを知っていて、生活保護や就職斡旋など、更に自立不能な状態に誘導して、組織から離れられない不幸な人材を作為的に作っていますね。
つまり創価のビジネスモデルは、会員から自己責任の意識を消し、自信を喪失させ幹部に依存させる幼児化が完成すれば、創価から逃れられず奉仕していく一生を作れ、組織を継続的に利益することが可能であるというもの。
同時に会員は未来を失う。多数の会員の不幸で成り立つ。

なぜこれほど日蓮仏法と真逆の生き方が可能になったのか。非常に不思議な現象ですけど、光があれば影があり、明と暗、魔と仏は常に一体のものなのかなかと。

創価公明は消極的平和主義と断罪。

USAのジョカー君は、
あっ、失礼、、。
USAのトランプ君は、

創価公明を
消極的平和主義者と言っている様です。

確かに、
独善的な池P様は、事あるたびに、

対話が大事です!!
胸襟を開いて、
お互いにケンカしましょ!と、
ソ連の首相に言ったとか
言わなかったとか。

創価池P教の大悪を切る!
駄文まいど失礼致しましたm(_ _)m。

未熟さん

こんにちは。

> 折伏によって叶う法門ですね…
> 水かけられたり、塩まかれたり、イロイロ飛んでくるそうです…

昔はそうだったみたですね。いまならすぐに警察呼ばそうです。
学会員宅に法華講が折伏に行くと「警察呼びます」と言われるそうです。

蘭房さん

こんにちは。

>  人生で目下のところ最も元気です。 仕事も二つやってます。 このサイト・管理人さんのおかげ。 感謝ですよ。

いいですね~。元気で仕事ができる。一番の幸福ですね。

>  久しぶりに過去分含め、通読・拝読しました。  角度さまざま。 言えるのは創価は稀に見る謗法のメッカになったということ。  本来、善良なる会員さんが創価に違和感疑義もなく居られるのは魔の通力だと思いますよ。  従って信濃町(本部)は欲界・最上階かな。  で、魔王はさすがにその御威光も減退なされて代行乗っ取り幹部が頑張ってますね、 痛いハナシです。 魔の弟子はやはり魔ですか。

魔王は因果報応ですね。自分が戸田会長利用してきた報いで今は自分が利用されているのですが本人はもうボケて何も分からないのでしょうね。無間地獄にいくまでの僅かな今世を穏やかに過ごしていますね。

>  さて話は変わりますが、私は国防費増額支持派です。  人件費分も含めて。
>  私自らが軍人にはもはやなれないから、代りに国の守りを果たしてくれる彼ら自衛隊員さんには、もっと給料を上げてあげたい。  国としての条件は国土・税・そして軍(警察も)でありましょう。  唯一の同盟国・アメリカの保護下?にあって、戦後は軍備に注力することも少なく、経済最優先でここまでこれた。

理想としては全ての国に紛争がなくなり全ての国の軍事費がなくなれば世界はいまよりずっと豊かになっていくのでしょうが、人間は愚かな生き物ですからそうはなりません。そうならない以上私も国防は重要だと思います。中国の脅威は紛れもない事実ですから。尖閣ははやく実効支配すべきだと思うし米軍との演習も尖閣周辺でやるべきだと思います。また韓国とは必要以上に親密になる必要はない。むしろ台湾そして東南アジアと緊密な関係を構築すべきだと思っています。

小野塚さん

こんにちは。

> 御書を読む限り、日蓮仏法はプロテスタントより究極の不惜身命の自立を求められる宗教だと思っています

そこが大聖人の仏法の素晴らしいところのひとつだと思っています。宗教というと「依存」とイメージか先行しますが、大聖人の仏法は「依存からの脱却」なんですよね。

> つまり創価のビジネスモデルは、会員から自己責任の意識を消し、自信を喪失させ幹部に依存させる幼児化が完成すれば、創価から逃れられず奉仕していく一生を作れ、組織を継続的に利益することが可能であるというもの。
> 同時に会員は未来を失う。多数の会員の不幸で成り立つ。

以前記事に書きましたが創価は「貧困ビジネス」なんですよ。経済的面を含めて創価にハマるのは「貧困」の人たちだと思います。

> なぜこれほど日蓮仏法と真逆の生き方が可能になったのか。非常に不思議な現象ですけど、光があれば影があり、明と暗、魔と仏は常に一体のものなのかなかと。

全ては池田大作の無信心と人格が今の創価を作り上げたのだと思いますよ。池田に対抗できる人材が組織内にいなかったのも不幸なんですけど池田大作という人物は私は「サイコパス」だと思っていますからなかなか普通の人はサイコパスに対抗できないのも仕方ないと思います。

天覇さん

こんにちは。

> USAのジョカー君は、
> あっ、失礼、、。
> USAのトランプ君は、
> 創価公明を
> 消極的平和主義者と言っている様です。

ようするに口先だけの平和主義ってことですかね。
口先だけの広宣流布。
口先だけの日顕宗を破す。
などなど。支持団体のみなさんと似るんですかね~。

死に候へば人天三乗一乗の益をうる

次は人界以上の境涯に生まれる。つまり今生は四悪趣の世界に生きている。
先業は自覚できない。また未来を予知できる機能も人間にはない。

苦難の多い人生をどう生きるか、根本的な問い対する答えが、それでも努力し続ける人生を選べ、となりますね。私の立場では。
信仰とはなんなのかと考えると、人間が希望を持ち努力を継続していくためにあるとなります。

信じるという行為は人類が持つ可能性を引き出していったのですが、創価教は他者から与えられると教えて、会員を支配していった。
創価から与えられるものはマガイモノばかりなのですが、気付いても手遅れでもう辞められない。
使った時間と労力は甚大だから、学会員は絶対そういう解釈はしないでしょうけど。

消極的平和主義とか学会員を党員にしようとされる令和新○組、

謗法の害毒を知らないがゆえに…正しい教えを立てて国を安穏に出来るという確信が無い…

破門されて30年…気がつけた方々は大石寺に参詣されています。

口先三寸?

もうねぇ〜♪
クリントンの様に口を巧くね!♪
あっ、ココは訳さなくて良いからね!
えへ、え、へ、へぇ、、。
by池田マンP将軍様。

日蓮大聖人様の一人立つ!精神は
ソッカーでは皆無で御座います。

自分の人生じゃないですか?
創価家族は暖かいとか、
池田マンP様に師弟不二ぃん!
創価学会ぃ億マンセー!とか、、

まぁ、信教の自由は日本国では
保障されてますからご自由にどうぞデス。

折角、、超激アツな確率で、
日蓮大聖人様に今世!でも
巡り逢えたのに、、。

創価お万セイ教の皆さんは
ザンネンです。

池田尊師マンセ教に
毒されるも毒苦の縁に成るのでしょうか?

日蓮大聖人様には
近くて遠い創価国? 億マンセー。

駄文まいど失礼致しました( ´Д`)y━・~~。




小野塚さん

こんにちは。

> 信仰とはなんなのかと考えると、人間が希望を持ち努力を継続していくためにあるとなります。

同感です。生きていくために一番大切なものは希望だと思います。

> 信じるという行為は人類が持つ可能性を引き出していったのですが、創価教は他者から与えられると教えて、会員を支配していった。
> 創価から与えられるものはマガイモノばかりなのですが、気付いても手遅れでもう辞められない。
> 使った時間と労力は甚大だから、学会員は絶対そういう解釈はしないでしょうけど。

どう解釈しても構いません。創価で希望が持てるならそれでもいいでしょう。
ただし、創価はウソを教えている。ウソに希望を抱いていても幸福になれる道理はない。
広宣流布?創価にいては絶対にできない。日蓮仏法?創価の信仰は大聖人の仏法ではない。
早くそこに気付いて欲しいのです。
創価のまま今世を終えれば想像もつかないくらい長い期間人界に生まれることはない。それが大聖人の教えです。

未熟さん

こんにちは。

> 破門されて30年…気がつけた方々は大石寺に参詣されています。

幸せな事です。有難いですよね。

天覇さん

こんにちは。

> 自分の人生じゃないですか?
> 創価家族は暖かいとか、
> 池田マンP様に師弟不二ぃん!
> 創価学会ぃ億マンセー!とか、、

「仏法」などといいながら結局は「創価宗」
「大聖人直結」などいいながら「池田教」
頭がワイているとしか思えません(笑)

> 折角、、超激アツな確率で、
> 日蓮大聖人様に今世!でも
> 巡り逢えたのに、、。
> 創価お万セイ教の皆さんは
> ザンネンです。

そうですね。当分の間は人界に生まれることはないので
創価民の人達は今世をもっと楽しんで欲しいですね。
学会活動で明け暮れた挙句に無間地獄。創価活動家って悲惨です。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>