FC2ブログ

御講拝読御書研鑽(2021年1月・ 十字御書)

十字一百まいかしひとこ給い了んぬ、正月の一日は日のはじめ月の始めとしのはじめ春の始め此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく日の東より西へわたりてあきらかなるがごとくとくもまさり人にもあいせられ候なり。

今月の御講御書は正月には定番の「十字御書」の冒頭の一節です。「十字」というのは蒸し餅を食べやすいように「十字」に切れ目をいれることから「蒸し餅」をこのように(十字)と呼びます。非常に短くかつ簡素な言葉で書かれている御書ですが重要な法義が多く書かれている御書ですからぜひ通して読んでみたください。今回のこの冒頭の一節も特に説明せる必要もないのですが、この御文も何度も読んでいると色々なことが頭に浮かびます。日淳上人はこの御文を引用さて「正月という行事も法華経から出たものと思う」と談話を残していますが確かにそう感じます。正月とは「元初」に通じます。また「始まり(初め)」とは「本因」でもあります。法華経(妙法)は因果俱時の法ですから1年の始まりの正月に法華経(妙法)をご供養する因はそのまま1年の果をも決するといっていいでしょう。私も今年は元旦に初めて新年勤行会に参詣させていただきご供養させていただきました。法華講員さんの中にも正月は飲みすぎて勤行できなかった方もいるでしょう(笑)が大丈夫です。「始まり」は何も正月だけではありません。毎月一日も「元初」です。わたしも昨年の後半から「一日参り」を心がけています。一日に参詣し心新たに1か月をスタートするようにしています。もっといえば、毎日が新しい日の「始まり」ですから「元初」です。毎日が「正月」なんですね。法華講員はオメデタイですね~。毎朝しっかり勤行・唱題することは、毎日正月をもてなす人なんです。毎日徳を積み毎日人に愛されるどころか諸天にも愛されるのです。創価の「おざなりインチキ勤行」では「もてなし」にはなりませんね。ともあれ朝の勤行は「是日々正月」の元初の儀式ですから、寒くても頑張りましょう(笑)10時ごろ起きて0分勤行なんて真似はダメですよ。朝風呂入って按摩受けてる時間があれば勤行できるんだから(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

月一回

創価時代、そのくらいの頻度で行ったかもしれないです。
お寺の元旦0時の勤行会は欠かさずいきました。
職場の近くの法道院や常在寺など、昼休みに行ってましたけどね。
もう何十年も前の思い出になってしまった。
あの頃は学会員個人個人に信仰があったと思いますよ。
創価には既に無かったんだなと、今にして思えば数々の事例が思い浮かびます。

小野塚さん

こんにちは。

> 創価時代、そのくらいの頻度で行ったかもしれないです。
> お寺の元旦0時の勤行会は欠かさずいきました。
> 職場の近くの法道院や常在寺など、昼休みに行ってましたけどね。
> もう何十年も前の思い出になってしまった。

私は創価入会後すぐに例の「池田スピーチ」問題があり1年後創価が破門になったので創価時代にお寺に行ったのは最初の御受戒のときだけでしたのでそういう想い出がないんですよね。

> あの頃は学会員個人個人に信仰があったと思いますよ。
> 創価には既に無かったんだなと、今にして思えば数々の事例が思い浮かびます。

破門される前までは、多くの学会員は大御本尊に対する信心はあった思いますが、
池田創価は実は52年路線頃には信心なんてなかったのでしょうね。
にもかかわらず多くの会員を欺き金を集め会員を隷属化し虎視眈々と独立のチャンスを待っていた。
そんな風に思います。

小野塚さんも早く

小野塚さんこんばんは。

小野塚さんも早く勧誡を受けて、大石寺にお登山に行ってください。

今日菩提寺で、一人の元学会員さんが昨日お寺で10時間唱題をした後の今日勧誡を受けられ、いきなり日曜日にお登山に行かれます。

本当に大石寺のお登山は素晴らしいですよ。

色々あるかもしれませんが、法華講は信仰だけ集中出来るし、組織では無く、個人対御本尊様ですからね。

密を避けるため1/2に参詣させていただきました。

親戚のお年玉を含め年末に新札を準備出来たので家族連名で御供養させていただきました。有り難いです。

徳を積む大切さ…西から渡って来た仏教が…必ず西へ広まって行くように…必ず徳が積めて幸せになっていける…

温かく有り難い御書です。未入信の方も是非是非…お近くの末寺でもお問合せの上…拝聴され功徳を積んでいただきたいと願いたくなったりします。

幸いは心よりいでて我が身を飾る…

聖寿60歳…ご金言は末法万年の衆生の闇を照らしてくださってます。

ひごちゃんさん

全くその通りですね。
信心は組織活動じゃない。個人の内面の問題ですね。それが幸不幸に直結している。
色々問題は無くなったので今年は正宗に戻ろうかなと思ってます。
母は創価の呪縛から解放されてだいぶ正気に戻ったし、まだ元気ですから、一緒に行くことになると思います。
99%。あと1%はスケジュール通りに行けば、2月中旬には完了なんです。

未熟さん

こんにちは。

> 密を避けるため1/2に参詣させていただきました。
> 親戚のお年玉を含め年末に新札を準備出来たので家族連名で御供養させていただきました。有り難いです。

私もずっと2日に行ってました。しかも時間ずらして一人で参詣しご供養をしていたましたが。今年は元旦の勤行会に参詣しました。やはりご住職と新年の勤行をした方が気持ちがいいですね。

> 徳を積む大切さ…西から渡って来た仏教が…必ず西へ広まって行くように…必ず徳が積めて幸せになっていける…
> 温かく有り難い御書です。未入信の方も是非是非…お近くの末寺でもお問合せの上…拝聴され功徳を積んでいただきたいと願いたくなったりします。
> 幸いは心よりいでて我が身を飾る…

◆法華経を信ずる人はさいわいを万里の外よりあつむべし

ですね。

ひごちゃんさん

こんにちは。

> 今日菩提寺で、一人の元学会員さんが昨日お寺で10時間唱題をした後の今日勧誡を受けられ、いきなり日曜日にお登山に行かれます。

それはすごいですね。百日唱題行の結果かもしれませんが、その元学会員さんもすごい因縁を持っていたのでしょうね。大御本尊様を求めていたのでしょう。すごくその気持ちが分かります。

幸福感

幸福感ってやはり他者のために働くことですよね。
それが法華経を愛でる信仰という形で昇華したのかなと。
だから、会員を利用して利益する団体にははっきりNOを言わなければいけない。
純朴なほど不幸になってしまいますからね。
不思議なほど悪辣な団体と同居する時代だからこそ、明らかになる原理原則は確かにあるのかなと。最近。

小野塚さん

こんにちは。

> 幸福感ってやはり他者のために働くことですよね。
> それが法華経を愛でる信仰という形で昇華したのかなと。
> だから、会員を利用して利益する団体にははっきりNOを言わなければいけない。
> 純朴なほど不幸になってしまいますからね。

本当にそう思いますね。
創価活動民は「他人のため」に動いていると自己満足していますが、
実際は誰のためにもなっていないんですよね。
「励まし」なんて言って悦に入っているのは当人たちだけで
相手は「励まされている」どころかいい迷惑。
しかもその「励まし」も結局、選挙目当てですからね。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>