ついに創価カテから強制送還(笑)

昨晩?かな
ブログ村の「創価学会」カテから
ここ「創価学会批判・告発」カテに
強制送還されました(笑)
いままで「創価カテ」にエントリーしていたブログが
次々と強制送還されていたから
そろそろかなぁ~なんて思っていたのですが
ついに、その日がやってまいりました。
別に「サブカテ」なんてどこでもいいし
特になんとも思わないけど
ブログ村のようなランキングサイトにおいて
ブログの管理人が自由なカテゴリーにエントリーできない。
というのはちょっとどうかとは思うよね。
個人のブログで成り立っているサイトなのに
サイト運営者がカテゴリーのエントリーに干渉するのは
ブログ村の運営姿勢には疑問を感じるよね。
とはいえ、ブログ村のカテゴリーの変更で
何か影響されるわけでもないし
実際、このブログは「創価批判」だし、
かえってこちらのカテの方が思い切りかけるかも?

というわけで、「創価批判」カテの
ブログの管理人の皆様
そして読者の皆様
今後もよろしくお願いします。


にほんブログ村




スポンサーサイト

【告知】他ブログへのコメントはいたしません。

最近、私の名(HN)を騙り
創価系ブログにコメントを書きこんでいる人間がいるようです。
このブログで何回か書きましたが、
いままでも、そしてこれからも

私は他人のブログへのコメントは一切いたしません

私のHN等で書き込まれているコメントは
私とは一切関係ない方が書き込んでいるものです。
私からのコメントだと思って真に受けないようにご注意ください。
特に創価活動家系ブログへのコメントが多いようですので
創価活動家系ブログの管理人の方はご注意ください。
創価活動家系ブログにダメ出しするときは
本ブログで「ダメ出し」します。
わざわざ、他所のブログのコメント欄に
書き込む必要もなければ
書き込む暇もありませんので。

再度、申しあげておきます。
いままでも、これからも

私は他人のブログへのコメントは一切いたしません


【告知】 当ブログへのコメントについて

ご存じの方もいると思うが
当ブログのコメント欄は誰でも自由に書けるように開放している。
それは、創価活動家諸氏を筆頭に
読者の方の反対意見や批判を排除しない。との考えのもとからだ。
もちろん、特定の読者に対し投稿禁止の機能も設定していない。
基本、誰でもいつでも好きなことをコメントしていい。というスタンスだ。
ところがここ1ヶ月ほど、HNを変えたり
他人のHNを使ってコメントしてくる人間が現れた。
やんわりと投稿しないようにリコメをしたが
それも聞き入れない様子なので、
ここでその人物を公開しておく。

まず、ディスミナシオンと留学生のHNは同一人物だ。IPが完全一致している。
ディスミナシオンの自己紹介は
「出版社勤務、主に学術書の編集を行ってきました」
留学生の自己紹介は
「現在、パリの大学院に留学しながら、精神分析の研究をしながら、現に臨床も行なっているものです」
この二人は同一人物だ。
いやいや自分の精神分析をしてもらったほうがいい(笑)

そして
批評再生塾野村・ナノルホドノモノデハナイ・ドゥルーズ的生成変化・大学職員・のんかつ(ナリスマシ)
この5個のHNもIPが完全一致ので同一人物。
このうちの、ナノルホドノモノデハナイと大学職員のHNは
批評再生塾野村に対してそれぞれ
「野村さんには不愉快ですが、管理人様の古典文法には疑問を持っていたので、そこだけ賛同。あとは、ムカつくクソガキ。」
「野村くん君は何もわかっていない。」
などと、自分のコメントに自分でリコメしている(笑)

さらに上記のディスミナシオングループと批評再生塾野村グループは
IPの完全一致はないが種々の理由により
ほぼ同一であることを確認した。
また、それ以外のHNの中にも
同一人物と思われるIPでのコメントも存在する。

読者の皆様のご想像通り
ある時は出版社勤務、またある時はネットコサル会社勤務
そしてある時は大学職員、はたまたある時はパリの留学生・・・
しかしてその実態は・・・
単なる脳内妄想の孤独なサイコパスというわけだ(笑)

今時ダブハン使ってナリスマスなんて
ネットの黎明期の生き残りか!と思うくらいの
絶滅危惧種である。
自分のコメに自分でリコメしているその姿とか
HNごとにキャラ設定している姿を想像すると
かなり笑えるのだが
この手のアラシがいると面倒で迷惑なので
今後は不本意であるが、このようなコメントに対しては
「投稿禁止」「コメント削除」の
処置を講じることにしたのでお知らせしますね。
このような「妄想族」以外に対しては
反論だろうと批判だろうと今まで通り受け入れるの
で好きに書いてくれてて結構です。

そんなわけなので今後もよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

ブログ村に圧力か?

ここ数日間でブログ村から
アンチ創価系のブログが消えているので不思議に思っていたら
なんと新たに「創価学会・批判・告発」という
サブジャンルが出来ていて
(新設かどうか知らないが俺には新たにと見えた)
いままで「創価学会」カテにあったアンチ系ブログが
そちらのカテに移動している。
覗いてみると「一面だけは読んでやる」など
7ブログが「創価批判」カテに移っていた。
「なんでそっちに移っちゃたんだろう」と思っていると
そちらの某ブログに驚愕の事実が。
なんと、ブログ主さんも知らない間に
ブログ村の村長さんが「勝手に」カテゴリーを変更したらしい。
しかも元の「創価」カテに戻れないようだ。
確かに幸福の科学にも批判カテあるけど
それって運営側が勝手に振り分けていいもんだろうか。
明らかにカテゴリー違いのブログならともかく
そうじゃないんだから本人がどこのカテにエントリーしても自由だし
そもそも「ブログ村」というのは
そういう趣旨のサイトなんじゃないの?
それを強制的に本人の望まないカテゴリーにうつし変えるのは
いくらサイト運営者とはいえ暴挙だと思う。
なんでこんなことするのかぁ?
創価から圧力でもかかったのか?
なんでも創価本部にはネットの監視などをする部門があるとかないとか。
未活さんやゆる活さんがうっかり創価カテに入って
アンチブログに触発されるのを防ごうってことか?
はたまた、創価活動家がアンチにやられっぱなしなのを見てられないのか?
どっちにしても解せないな。
そいえば俺もツッターでこのブログを同期させたアカウントを持っていたが
いつのまにやら理由もわからず「凍結」された。
学会員の数名が「違反通報」したくらいで
アカウントが凍結されることは考えづらいので
組織的なものが蠢いているような気にもなる。
そういえばどこかのブログで「ブログ村」に
アンチのサイトが増えたと文句を書いている人がいたが
いよいよ組織を上げて「言論妨害」に出てきたのか?
なにせ創価には「言論妨害」の過去もあるし
そういう圧力をブログ村の村長さんに仕掛けてきても不思議ではない。
また、何らかの圧力が有ったと思わないと
今回の「ブログ村」の処置は不条理だし不自然な気がする。
ってことはこのブログもいづれ「創価」カテから
「創価批判」カテに勝手に変更されちゃうのかなぁ
まぁ別にアフリエイトでこのブログ書いているわけでもないので
ランキング自体にはそれほど興味はないが
不本意で不条理なことをされるのはイヤだな。
てなわけで「ブログ村」を見ている読者の皆様
このブログが「創価」カテからいなくなったときは
村長さんの一存で「創価批判」カテに移動させられた。と思ってくださいね。
それにしても、こんなやり方してたら
サイトとして衰亡しちゃうんじゃない?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

のんかつさんとの法論用コメントはこちらに。

のんかつさんとの「法論」に関するコメントは
こちらの記事のコメント欄に投稿してください。
別記事のコメント欄だと読みづらいと思うので。
まぁ「法論」が始まらなければ無駄な記事になっちゃいますけど(笑)
そうならように、のんかつさんへの応援コメントも
ご自由にどうぞ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR