地位は人を作る

今村議員。復興大臣を速攻辞任でしたね。
辞任というより正しくは更迭なんでしょうが
そりゃそうです。
復興大臣とあろうものが
震災は東北でよかった。なんて言っちゃうんだから
辞任どころか議員辞職でも足りないくらい
失言というよりも暴言です。
私等夫婦も被災地に親類縁者が多くいて
そりゃ腹が立ってなりません。
しかしアレですね。
復興大臣のポストに就くのは
揃いも揃って無能ばかりで
政府は真剣に復興を考えてるんですね?
このポストこそ「人権」「平和」を標榜する
大衆の中に死んで行く蝙蝠等・・
もとい公明党の議員さんが適任なのでは?(笑)
とはいえ蝙蝠党は自民党よりも更に
無能しかいないイメージしかありません。
というのも、支持母体の創価の組織がそんな感じなので
当然蝙蝠党も似たようなものかと。

なにせ創価の組織の幹部と呼ばれている方々は
私の知る限りでは、ほぼ無能のポンコツです。
失言・暴言は日常茶飯事。
教学力もなければ実行力にも乏しい。
口だけ番長で結果を出すことができない。
そんな幹部様の多いこと多いこと。
信行学が揃っている会員さんからしてみれば
なんでコイツが幹部なの?って話です。
世間一般の会社ならばまづ責任ある部署には置けない。
というか早々と出世コースからはずれ
会社での発言力もなく当然部下などいない。
そんなタイプの方々が多いね。
てか、ぶっちゃけ言っちゃうと
壮年・男子部の幹部で口だけ番長タイプは
正直、世間で何もなし得ていない
会社でもお荷物的なタイプがほとんどと言っていい。
世間で認められていて何かをなし得ているタイプの幹部は
結果も出すし、有言実行するし、会員さんにも好かれる。
それに嫉妬し煙たがる無能幹部が実に多いのが現状だ。
「創価の役職」なんていう無価値なものに執着し
それを手に入れた時は有頂天になる。
「○○長」なんて呼ばれてご満悦になり
まるで自分が生まれ変わったかの如く錯覚するわけだね。
だから、会員さんよりも自分の方が信心がある。
自分の方が池田先生に近い。
この組織は自分が仕切っている。
なんて傲慢になって会員さんに失言・暴言を吐くわけだ。
件の今村氏も同じだろう。
やっと大臣になれて何か勘違いしちゃったんだね。
それでも大臣なら更迭されるが
創価の幹部は犯罪を犯さなければ更迭されない。
副会長クラスや本部職員なら更迭もあるが
現場の無能な幹部は更迭されない。
じっと次の人事でこのバ○がいなくなるのを待つしかない。
本当に創価の組織というのは面倒くさいところなのである。

ともあれ「地位は人を作る」というが
それはその人次第。
人によっては「地位は人を壊す」場合もある。
地位は与えられるものでなく
自然と備わるものだと思う。
とはいえ、その組織に無能しかいないとなると
与えなくては仕方ないのだろうが。
創価も慢性的な人材不足だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

広告塔

少し前の話だけど、桜田淳子が芸能界復帰とかで少し騒がれたね。
騒がれた原因は、桜田淳子が統一教会の信者で
いまでも広告塔として存在しているという事。
統一教会の被害者の会の弁護団は
桜田淳子が広告塔として活動しなければ
かなりの被害を減らすことができた。とか。
そして芸能界復帰となれば更なる被害が発生する可能性がるとか。
いまさら桜田淳子で騙される人はいないとは思うが
やはり有名人はそれなりに教団の広告塔として価値があるのかなぁ。
広告塔言えば昔、小川知子と影山民夫だっけか?
幸福の科学の広告塔として活動してましたね。
最近では清水富美加でしたっけ?出家したのは。
そして創価の一番の広告塔は長らく久本雅美がその座に君臨しているね。
久本以外にも、山本リンダだの岸本加世子だの
田中美奈子・高橋ジョージ・・氷川きよしとかも創価だっけ?
久本・田中美奈子・高橋ジョージは創価の会館で会ったよ。
それと久本の妹とか彦摩呂とかも。
青年部のなんちゃらセミナーの時に来た。
外部の人間を集めるのには芸能人を使うのが一番だからね。
しかも会館もそんなに広くないので早めに行くと結構間近で見れるんだよね。
握手とかも普通にできるし。
だからと言って「ボク入会します」っていう人は見たことないけど
一応芸能人が来るって言うと来てくれる外部の人は多かったなぁ。

でも実は、久本雅美よりも古くから創価の広告塔として使われるいる人がいるんだよ。
それも久本雅美とかの芸術部のように自分意志で広告塔やっているならばまだしも
創価が勝手に広告塔にしてしまっている人がいる。
さて誰でしょう?
そうです。日蓮大聖人様その人です。
よく創価のカツドウカが「学会は新興宗教じゃなく鎌倉時代からの正当な仏教を信仰している」
っていうでしょ?
その理由は、日蓮大聖人の教えを信仰しているから。ってわけだけど
ぶっちゃけそれは全部創価が勝手に
大聖人を広告塔として利用しているだけ。
確かに昔々は大聖人の仏法を信仰してた頃もあるけど。
正宗から破門後は大聖人の仏法を信仰していない。
さらに言えば大御本尊を受持の対象にしないという教義変更した時点で
大聖人の仏法を信仰しないどころが
大聖人を捨てた謗法団体となった。
なのに、今でも「創価学会は日蓮大聖人の仏法を信仰している」といい
剰え「日蓮大聖人に直結している」なんてウソをついている。
大聖人がいつ創価のことを自分と直結なんて言った?
予言すらしていない。
全部創価が勝手に大聖人の名前を使って宣伝しているだけ。

たまに、怪しげな健康食品や投資話のパンフとかに
勝手に芸能人を乗せて宣伝しちゃう詐欺軍団がいるでしょ?
創価のやっていることはアレと一緒。
もしも大聖人が今もご存命であれば、訴訟沙汰ですよ。
勝手に大聖人の名前を騙って、集金だけで飽き足らず
集票までするんだから。
モロ詐欺の手口ですよ。
安倍総理の奥さんを名誉校長としてサイトに掲載した
森友の籠池理事長よりも悪質ですね。
だいたいご本仏を広告塔として利用するなんて
それだけで信心の欠片もない事は明らかですな。
早く「日蓮仏法」というニセ看板をおろして
「大作哲学」という看板を掲げてくださいな。
もっともそんなチケンな看板を掲げたところで
世界はもとより日本でもそんなに広まらないだろうし
長い間継承されるとも思わないけど
大○隆○の兄貴分位には君臨できるかと思うので
浅○センセイよりはイケるんじゃないだろうか。

それはさておき心ある創価の会員さん
そして創価から勧誘されている皆さん
「創価学会は日蓮大聖人の仏法を信仰する団体ではありません」
これだけは、ハッキリさせておきますので
そのうえで「大作教」を続けるのか?
「大作教」に入会するのか?
をお決めくださいね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

そろそろ3ヶ月

1月の中旬に創価の御本尊を返却してから
早いものでそろそろ3ヶ月が経とうとしている。
この間、いわゆる内得信仰を続けてきた来たが
これが意外とちゃんとできる。
御本尊をご安置していた時と変わらずに
朝晩の勤行を1日にも欠かさず
カラのお仏壇に向かって題目もあげられる。
御本尊がないのにお線香もちゃんと焚いて。
お樒はさすがにあげてないし、お水などのお給仕はしていないが
普通にちゃんとできるもんなんだね。
我ながら感心している。
もちろん、創価の御本尊を返却しても
なんの「罰」もでない。
まぁ、そんなことは初めから分かっていたことなので
今更、書く事もないのだけど
学会の本尊を怖くて返却できないでいる会員さんの為に
あえて書いておく。
創価の本尊はこのように「何の力」もない。
「罰」も出ない代わりに「功徳」も出ない。
あくまでも大御本尊に信を置かなければ
創価の本尊は本尊としての価値はないということである。
自分が創価本尊を返却して3ヶ月試してみて
実証することができた。
まぁ、そうなんだけど
さすがに3ヶ月もご本尊がご安置されていないと
淋しい気分になるのも正直なトコロ。
この3ヶ月間の間に何度か地元の正宗寺院へ行き
お寺の御本尊の前で唱題したが
やはり御本尊の前とカラの仏壇の前では
気分は全然違うとうのも実感した。
そろそろかな?
折角、大聖人様が俺を創価から切り離してくれたのだから
今度は大御本尊(大聖人)にお目通りしないと
大聖人の御心にお応えできない。
最近ではそう思うようになった。
とかいいつつなかなか決断できないのは
俺の命がそういう命なんだろうね。
まぁ組織とかそういうものに属するのがイヤというか
懲り懲りというか。
それでもそれは大御本尊には関係ない瑣末なことなんだけどね。
なんだか徒然な感じの記事になったので
今日はこの辺でやめておきますね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

他人のことは祈らないでください。

学会活動家さんは何かというと「題目」
唱題会だのリーレー唱題だの
「題目」あげてりゃ功徳があるとか祈りが叶うとか思っているフシがある。
以前もブログで書いたが
「題目」あげればいいってもんじゃないんだなぁ。
ただ「南無妙法蓮華」と言ってれば願いか叶う。
そんなことあるわけない。
池田教学・創価教学に毒されたカツドウカは
「題目」に力があると大きな勘違いをしている。
「題目」自体に力があるのなら
日蓮宗だって顕正会だって立正佼成会だって天理教だって
「南無妙法蓮華経」の題目を唱える。
ていうか、特定の教団に属する必要はない。
「南無妙法蓮華経」の題目を個人的に唱えれば事足りるわけだ。
何度も書くが「題目」自体には、仏力も法力の備わっていない。
仏力・法力が備わっているのは
「題目」ではなく「本尊」である。
大聖人が御書で唱題の大事を言ってるのは
あくまでも三大秘法のひとつである「本門題目」のことを言われているのである。
「本門題目」とはあくまでも一大秘法の大御本尊を信じて唱えるところの題目のことである。
「本門本尊」がATMだとすれば「本門題目」はキャッシュカードである。
ATMじゃない機械にキャッシュカードをいくら入れてもお金は出てこない。
ましてや自作のカードを使うのは犯罪である。
創価カツドウカの題目とはそういうようなモノだ。

それでもまだ自分のことや創価の事、大作センセの事を祈るは自由である。
ところが、カツドウカって連中は何を勘違いしてるのか知らないが
「世界平和」とか
「一切衆生の幸福」とか
頼んでもいないことを祈ったりするわけだ。
何様のつもりか知らないが
頼むから他人のことは祈らないで欲しい。
自分達の仲間内のことだけチマチマと祈っててくれ。

◆かかる日蓮を用いぬるともあしくうやまはば国亡ぶべし(種種御振舞御書)

とあるように、大御本尊を、「捨閉閣抛」しながら
自分たちを大聖人の信仰をしているだの
創価は仏意仏勅だのいっている
創価のカツドウカさんは
「日蓮を悪しく敬っている」方々なのですよ。
そんな方々に「世界平和」だ
「一切衆生の幸福」だ
なんて祈られた日にゃアンタ
「破滅」ですがな。
蘭房さんのコメントにもありましたが
今世界は「平和」「幸福」とは逆の道を進んでいるような情勢です。
いろいろとその原因はあるが
法義に照らせば、創価のカツドウカさん(もちろん顕正会やら何やらも同じだが)が
大聖人を悪しく敬っている。というのも一つの要因だよ。
まさに極楽寺良観の祈祷と同じ。
滅びるのは創価と大作センセとその不二の弟子である
あなたたちだけで十分でしょ?
罪もない人々をこれ以上巻き込まないように。
誰も、あなたたちに「平和」とか「幸福」とか
祈ってください。なんて頼んでね~から。
唱題会・リレー唱題・10時間唱題・丑寅勤行
好きにやってもらってかまわないが
他人のことや創価と関係ない世間のことは
どうぞ「祈らない」でくださいね。
そろそろ自分たちが謗法だってことを自覚してくださいな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

ある男子部のお話

創価が宗門から破門される前の事。
とある20代の男子部が壮年部の幹部に
「折伏とはどうすればできるか?」と質問した。
その質問を受けた壮年部の幹部は
「自分自身を南無妙法蓮華経である。と決めきることだ」と答えた。
それが折伏であり、それ以上でもそれ以下でもない。と。
するとその男子部は
「それなら簡単です」と即座に答えた。
この会話を聞いてみなさんはどう思います?
俺は、この男子部は
よほどの無知(無恥)か
かなり傲慢なヤツかと思った。
いや、無知ゆえの傲慢。傲慢ゆえの無恥。とでもいうべきか。
そもそもこの男子部の信心歴は10年もなく
信心も人生もその体験は極めて少ない。
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」
壮年部幹部のこの言葉の重みが本当に分かっていたのだろうか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」事。
これは折伏のみならず信心そのものの極意であり目的と言ってもいい。
生涯この信心を貫いたとしても果たしてその境涯になれるかわからない。
おれも未だに「自分自身を南無妙法蓮華経である」と
心の底から思えて言えるかと聞かれれば全く自信がない。
もしそう言えるとしたら
自分自身が生涯、大御本尊を信じぬき祈り抜いた時だろう。
生きているうちは無理だと思う。
それを、ハタチそこそこの
信心も人生も未熟な男子部員が
「簡単です」というのだから恐れ入る。
こんなことを平気で言えるのは
よほどのバカか傲慢チキかゴマすりか
いづれにしても、ロクな人間ではないな。と感じた。
もし俺が幹部でこんな男子部員がいたら
その傲慢さを注意するとともに
コイツには信心を続けていいくの無理かも?って思う。
まぁ、その時の壮年部の幹部は
その男子部の答えは聞かなかったことにしたのか
話を続けていたが・・・

果たしてこの時の男子部員のその後はどうなったか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決め切った」ようで
いつのまには「自分自身がご本仏」と思い込んでしまった。
結果、大御本尊を捨てた。
それだけでなく、多くの会員にも大御本尊を捨てさせて
自分を広宣流布の指導者と言わせ
「先生」などと会員に呼ばれ我が世の春を謳歌していたが
どうやら、いまではボケ老人と化してというもっぱらの噂である。
そう、あの無知で傲慢な若者こそ
若き日の大作センセであり
その大作センセの質問に答えていた壮年部の幹部は
在りし日の戸田先生である。
戸田先生は自分の信心の究極である
「自身を南無妙法蓮華経であるときめきる」という指導に
「それなら簡単です」と答えた大作センセをどう思っていたのだろうか?
自分の究竟の悟りとも言える指導を
聞いただけ簡単に分かった。という若者を
「なんと頼もしい男だろう」と思ったのか
「なにもわかってないクソガキが簡単に分かったと言ってんじゃね~よ」と思ったのか
それは戸田先生のみぞ知るところだが
どちらにしても大作センセには戸
田先生の指導が理解できていなかった。
それだけは事実だと思う。

この話を聞いて
「さすがは池田センセは俺たちとは境涯が違う」
と思ったそこの創価カツドウカさん
ご愁傷様です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR