真実は正義じゃない。

ただいま絶賛連載中の「新・人間革命」はいよいよ創価の破門劇が書かれている。
言いたい放題・書きたい放題である。
オツムの弱々しい創価活動家・幹部達は、この大作センセのお話をもって
創価は正しい。宗門は悪。なんて決めつけたがるが
一応、世間一般的な常識を教えてあげると
「真実」とは「事実」ではない。ましてや「正義」でない。
「事実」とは客観的に実際に起こった事項だ。
故に「事実」には善も悪もなくただの事象以下でも以上でもない。
この事実をもとに導き出されたのがいわゆる「真実」というものである。
平たく言うと「真実」というのは、主観的なものだということだ。
つまり、人間革命で書かれていることは「真実」であることは間違いないのだが
それはあくまでも大作センセから見た「真実」であって客観的真実と呼ぶには程遠い「真実」なのである。

例えば今回の章の中に、いわゆる11・16スピーチに対して次のような記述がある。

※伸一のスピーチは、世界宗教へと飛躍するための布教の在り方、宗教運動の進め方に論及したものであった。

実際のその時の大作センセの問題の発言はこうだ。

※猊下というものは信徒の幸福を考えなきゃあいけない。権力じゃありません。

さらにこの11・16スピーチの前に平成2年6月には、
※坊さんだから権威があるのか。坊さんだからといって威張っているが、とんでもないことだ、坊さんが権力で私達を押さえようとした時は、力を合わせて戦おう。坊さんは皆にどれだけ献身したか、していない(同六月十二日・婦人部総会)
※金ばかり取って、少欲知足どころか、大欲傲慢じゃないか。在家を励ますどころか責める、いじめる、嫌な思いをさせるような人に、我々はなめられてはならない。秋谷はびくびくして、顔色ばかりうかがって、だから宗門からなめられるのだ。お寺のことで何かあったら、私といっしょに立ち上がりましょうよ(同六月二十日・六月度幹部会)

というスピーチもしている。これが「事実」である。
これは俺の中の真実では、「宗門を批判している」と思うが
大作センセの真実は「世界宗教へと飛躍するための布教の在り方、宗教運動の進め方に論及したもの」らしい。
俺が大作センセの真実をそのまま受け取り事実と照合すると
世界宗教に飛躍するためには宗門は不要。大作センセにやることに文句を言うな。という真実に行きつく。

これだけではない。
宗門は檀徒作りを画策した。なんていってるが元々学会員って言うのは正宗の檀徒だろう。
また供養をむしり取った。なんていっているけどその供養は端から学会のモノではないはずだ。

何よりも酷い下りは

※これでは、もはや、日蓮大聖人の仏法ではない。日興上人の御精神は途絶え、富士の清流は、悲しいかな濁流と化してしまった。

である。
これは、もはや大作センセ自身の真実(妄想)をあたかも「事実」のようにねつ造してるに過ぎない。
富士の清流が濁流と化した客観的事実などどこにも存在しないのにそれを事実であるかのごとくでっち上げているのだ。


創価の諸君が大作センセの妄想を真実として受け止めそれを主張するのは構わないが
事実でないものを事実であるかの如く発言し
また、大作センセの真実(妄想)が大聖人仏法の正義であるかの如く主張するのは許されない。
今の創価に大作センセの正義はあったとしても、大聖人仏法の正義はない。
もしそれを主張したいのであれば大作センセの真実(妄想)ではなく
大聖人の文証と理証をもって主張すべきである。
真実とは学会員が100人いれば100個。法華講員が100人いればやっぱり100個の真実がある。
それらは、個々においては正義かもしれんが全てが大聖人仏法の正義ではないのである。
究極的には大聖人仏法の正義は「ひとつ」しかない。
それは。弘安二年の戒壇大御本尊だ。
日興門流であればそれを否定できないだろう。

創価はその「大御本尊」を捨てたのである。これは事実である。
この事実からどんな真実を導き出すか?
それこそ、大聖人から一人一人が試されているのである。
大作センセの真実を信じるのでなく
自分自身の真実を導き出すことが大切なんだよ。


にほんブログ村

20年ぶりの信濃町

先日、神宮球場に野球を見に行った。
久しぶりに電車に乗ったんだけど、
満員電車で毎日通勤している人って凄いなぁってしみじみ思った。
俺には絶対無理だな。人が多くて酔っちゃうよ。
それはさて置き、神宮球場に行くのに信濃町の駅を乗り降りした。
いやぁ~信濃町なんて駅に来るのはそれこそ20年ぶりくらいかなぁ。
学会本部に来てた頃もほぼ車で来てたし、
電車で信濃町駅に来るなんてホント久々。
新宮球場と逆方向に向かって行く人たちはいかにも学会員ポイ人ばかり。
何だろうね。老若男女問わずあの「創価臭」はすぐに分かるよね(笑)
で、帰りに駅のホームで電車を待っていると、ホームの広告看板が
全て・・100%創価の広告で埋まっている。
創価関連以外の一般の企業や店舗の広告看板は一切なし。
JRはこのご時世に駅の看板広告が売れて嬉しいだろうけど
あれじゃ、創価以外の企業は絶対に看板出さないよな~。
あんなところに看板出したら「創価関連企業」って絶対に思われるよ。
まぁ、一般の野球帰りの人たちは、そんな看板に見向きもしてないけど
俺はそれをみていて正直気持ち悪くなった。
あれだけの看板数だと、ざっと見積もっても信濃町の駅のホームだけで
年間数千万円の広告費を払っているんだろうな。
もっとも、駅の看板なんて可愛いもんで創価はラジオ・TVなど
様々なメディアでCMしているから、そうした年間の広告宣伝費は数十億円単位なんだろうね。
でもさ、そんなお金を使って一体どんな効果があるんだろう。
ひとつは、金を使うことによる経済効果?
それとスポンサーとしてメディアをコントロールできるといったような効果か?
なんにしても、創価の言うところの「広宣流布」の効果はないのは明らかだ。
創価のCMを見て創価に入会する奴なんていないだろうし
創価のイメージアップなんてまったくしていない。
その証拠に日本創価学会の会員数は全く増えていないし
公明の比例票も選挙の度に減っている。
つまり創価の実施している広告活動は、
本来の広告としての効果はほとんどない。ってことだね。

普通の会社だったら、効果のない広告活動に大金をつぎ込むことはしない。
ところが創価は平気で意味のない広告に大金をつぎ込んでいる。
その原資はすべて会員さんの浄財である。
こんな意味のない広告宣伝に毎年数十億円も使うわけだ。
これって誰も「おかしい」って思わないのかね。
こんな事に大金使うぐらいならば、以前も記事にしたが
広布部員さんには聖教新聞を無償にしたり
聖教の配達を外部発注したり
もっといえば、財務は3年に1度にしたり
他に会員さんのために金を使ったらどうかと思う。
毎年毎年、会員さんからあらゆる手段で金を巻き上げて
湯水のように使いまくる。
詐欺師と同じで「自分の金じゃない」から何も考えずに使えるんだろうね。
そもそも、広宣流布に「CM」や「広告」は必要なのか?って話なんだけどね。
そのことについて大作センセの改定前の人間革命には、

【或る人は利口気にいう。布教に、ラジオを使うべきだ、テレビを使用すべきだーと。何と浅はかな言であろうか。
俗にいう、PRなど学会には絶対に必要ないのだ。これこそ、多くの新興宗教の取るべき、悪質な企業宗教の手段にほかならない。 正法は、断じて法を下げるような方法は取らない。取る必要がないのである】

と書いてある。

昔、これを読んだときは正しくその通りだと思った。
大聖人仏法を広めるのは、小賢しい策ではないと。
創価がもっとも大きくなった時代には創価はメディアなんて使わずに
会員ひとりひとりの「信心」で大聖人仏法を広めたんだ。
それに、現代では「メディアは第4の権力」と言われいる。
それを利用することは、「権力」を使って法を広めることと同じだ。
それは大作センセが人間革命で書いたように、大聖人仏法を下す行為なのである。
そしてこれまた大作センセがいうように、多くの新興宗教や悪質な企業宗教の手段だ。
信濃町駅のホームにずら~っと並んだ創価の広告看板は
自ら、「私達は悪質な企業宗教です」と広告しているようなものである。
もっとも、世間の多くの人たちは創価を「悪質な企業宗教」と認識しているし
事実、大聖人と無関係な団体のくせに大聖人を騙っているのだから
悪質な企業宗教なのは間違っていまい。
「悪質な企業宗教・創価学会」をアピールする。
という目的でCM・広告をしているのならば
十分、広告費以上の効果は上げていると言えなくはないが
それでも、会員さん達の浄財をこんなくだらない事に使うなんて
会員のことなんて「これっぽっち」も考えていない人達が
創価という悪質な企業宗教を運営しているんだなぁって思った。

まぁ、20年ぶりの信濃町駅は想像以上に気味が悪かったので
次に神宮に行く時は、地下鉄で外苑前から行こっと。


にほんブログ村

どこかで見たような構図だな。

日大アメフト部の問題で昨日当該日大選手の謝罪会見があった。
二十歳そこそこの若者が精いっぱい謝罪している姿は痛々しい。
監督・コーチの指示があったとはいえ実行しなければ良かったのだ。という意見もあるだろうが
果たしてそんなことは可能だったのか?
もしも自分が彼の立場だったら監督の意向を無視することができるのか?
多分、彼の立場だった誰もが彼と同じような行動をしていたと思う。
精一杯の謝罪をし、青春を賭けていたアメフトも辞めるという彼を誰がここまで追い込んだのか?
いうまでもなく、監督・コーチである。
そしてこの期に及んでもなお、「齟齬である」という言い逃れをしている大学。
日大側の言い分では、当該選手に責任を押し付けているようにしか聞こえない。
「全て私の責任です」という内田元監督のセリフも白々しく聞こえる。

ああ、そういえば似たような事が何度もあったなぁ~ってふと思う。
この構図。そう創価の活動にソックリだ。
広宣流布だとか師匠に応えるだとか言われて
半強制的に学会活動を「させられて」いた学会さんが大勢いた。
幹部の側(やらせる側)の理論から言えば、「強制」なんてしていない。ということなんだろう。
でもさ、相手が「強制」だと感じたら「強制」なんだよなぁ。
もちろん、創価幹部にいわれても「やらない」選択肢もあるし
「やってしまった」のは自己責任なんだろうけど
創価という閉鎖的な世界で生きていくためには
「イヤイヤ」でも幹部に言われたことを実行しなければいけないわけで
件のアメフト部の当該選手と同じ構図なんだな。

また督は彼にそのようなことをさせたのは成長させるため。
といった趣旨の事を言っようだがこれまた創価幹部と同じ。
「君の成長ために。君の事を思って。」
何も広宣流布にならない学会活動をやらせるようとする。
学会活動で嫌な思いして友人に嫌な思いさせて一体何が成長するのだろう?
俺にはサッパリ分からないな。
「嫌な思いをしたりさせたり」することで人が成長するとは思えない。
「苦手なことに挑戦」するということは大切だとおもうけど
学会活動に無理に挑戦して一体何になるのか?
聖教新聞の拡販や公明党への投票依頼を「イヤイヤ」やって
自分の人生が豊かになるのだろうか?
「苦労は勝ってでもしろ」というが、買わなくていい苦労は買う必要はない。
ましてや、今の学会活動なんていうのは「大聖人仏法」とは何の関係もない。
こんなことをしてもチリほども福運などつめないし、露ほども功徳なんて出ないのは
文理に照らして明白だ。

しかも、会員さんに指導をしている幹部は
誰一人会員さんの責任なんて持たないし持てない。
だって、会員さんを救う力は一凡夫の創価幹部にはないんだから。
それは、会長だろうとセンセだろうと同じ。
そのくせ全部自分が責任を持てるような口っぷりで指導するわけだ。
これまた件の監督よろしく白々しいたらありゃしない。
所詮、創価幹部・活動家が守ろうとしているのは
創価や大聖人仏法や会員さんではなく
せっまい創価という世界の中の、自分自身の立場とか見栄なんだよね。

日蓮大聖人曰く

◆わづかの小島のぬしらがをどさんををぢては閻魔王のせめをばいかんがすべき、仏の御使となのりながらをくせんは無下の人人なりと(種種御振舞御書)

創価幹部が何をどいってみても大御本尊を捨てた今の創価は謗法である。
そんな創価幹部のいう事に何もおじることなどない。
学会活動なんてしなくても何の罪にもならない。
謗法団体の創価をやめたって何のことはない。
大御本尊を信じる心があれば信心なんて一人でもできる。
ましてや大御本尊を受持すれば

◆只南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば滅せぬ罪やあるべき来らぬ福や有るべき、真実なり甚深なり是を信受すべし(聖愚問答抄)

とあるように、創価の謗法は全て滅するわけです。
心ある学会員の皆さんは一日も早く創価をやめて正法・正義に戻るべきでしょう。
いつまでも、創価幹部に騙されて「仏法の反則行為」(謗法)を続けていれば後悔をするのは貴方だけです。
もう気づいてるでしょ?そんなことには。学生ならともかく立派な大人なら。


にほんブログ村




さぁみなさん!聖教新聞不買運動しましょ。

牡丹さんが創価の聖教新聞にまつわる話を書いてくれので今日は聖教トラブルについて書く。
聖教新聞についてには当ブログでも何度か書いたが
もう一度確認の意味で書くが、聖教新聞社というのは一般法人ではありません。
あくまでも創価学会の会報です。
世間の人や、内部の会員さんすらそのことを知らない人が意外と多くて
聖教新聞を一般の新聞社と同じだと勘違いしていますね。
そんな創価の会報なのに、「聖教新聞社」と名乗っている時点で
もう最初から世間を欺く気満々です。
さらに、三面記事や番組欄をつけて「新聞」のテイを装っています。
本来は会報なのだから、三面記事や番組欄など不要なのですが
これまた世間の目を欺く手段であります。
さらに、大作センセの「人間革命」を始めとする記事は全てゴーストが書いていることも明らかになり
掲載されている大作センセの写真もかなり古いものを流用してます。
このように、聖教新聞というのは何もかも人を騙そうという魂胆がミエミエです。
そして、この新聞を拡販(内部では啓蒙という)のやり方も詐欺師バリ。
以前書いたけど、後輩のU君は事実上「活動停止」にされているにもかかわらず
10年以上にわたって単身者にもかかわらず5部も購買させられいました。
もちろん「自動更新」などといって、申し込み用紙1枚たりとも持ってこないし
「新聞どうしますか?」と聞きにも来ない。
自分たちで組織を追放しながら、新聞だけ5部も入れるなんて
「人間の心」を持ち合わせていれば到底できることじゃない。
そして牡丹さんのご指摘のように、立場を利用して取引先や社員に押し付けたり
年配の人を狙って押し付けたり
そうそう、一般紙の勧誘員とバーターもしてますよね。
俺の知り合いに新聞の販売所を経営している人かいるが
その事務所には何十部も聖教新聞が山積みになってる。
(誰も読んでいないらしいが)
もう、やり方が893か詐欺師そのもだ。
どうしても読んで欲しいなら、みんなで無料で配れっての。
もうさ、活動家だけ購買しなさいよ。
新聞代なんて、ほとんど創価の資金源なんだからさ
一般の人を騙して金を巻き上げるんじゃないよ。
活動家が10でも50でも100でも取ればいいじゃん。
そうすりゃ、配達員さんだって楽じゃん。
創価としては部数(売上)が減らなきゃ誰の金でもいいんだから。
活動停止にしたやつだっていいんだろ?
だったらお前らだけで550万部買えよ。な?
もうさ、他人を騙したり仕事を絡めて相手を精神的に脅したりして啓蒙とかするなよ。
別に、聖教新聞の功徳なんていらないからさ(笑)

まぁそうは言っても、893や詐欺師相手だとやはり自分の身は自分で守らないといけません。
いま、イヤイヤ聖教新聞を「とらされている」人はあすきっぱりとお断りしてくださし。
紹介者や配達さんに言うのが気まずいならば
いつも新聞か入っているポストに養生テープを貼ってを
「もう聖教新聞は入れないでください」と張り紙をしましょう。
そして「聖教新聞を読んで」と頼まれても
「イヤダ」ときっぱり断ってください。
「家族が学会嫌いだから。ゴメンネ」って感じで家族の誰かのせいにするのがいいですね。
とにかく、甘い顔をみせてはいけません。
お店のお客や取引先が「聖教新聞とって」といってきてら
「この人は反社会的勢力団体の人なのだ。」と気を強く持ってください。
いつも優しくしてくれる人が「聖教新聞とって」といったきたら
「この人は新聞トレトレ詐欺の人なんだ」と冷静に対応してください。
さぁ、みなさん。
身近な「ウザイ」創価活動家さんに気づかれないように
秘かに「聖教新聞不買運動」を、明日から早速はじめましょう!

追伸:聖教新聞絡みでトラぶっている方は、全員で「消費者センター」に訴えてください。


にほんブログ村

暴走する創価の恐怖統治

元創価職員三人組さんに共鳴し支持・支援している会員さんへの処分が始まったようだ。
以前、このブログでも「自分達のせいで処分される会員さんが現れた時に彼等はどう責任を取るのか?」
と書いたが、どうやらそれが現実のことになっているようだ。
サイレントアピールに参加したり
三人組さんの会合に参加したりすると
活動停止や除名の対象になっているようだ。
三人組さんとかかわらなければ、是非はともかく創価の中で過ごせていたはずの一会員さんが
創価の組織から何らかの処分を受ける。
このような行動の何処に「正義」があるのか俺にはサッパリわからない。
なんで自分達が処分されたいう「個人的」なことに関係ない人を巻き込むのか?
なんで他人をアテにして他人を頼って戦いを挑むのか?
彼らに対して最初からシンパシーを感じられないのはそう言う部分だ。
とはいえ、彼らを支持し行動を共にした会員さんたちは
自分達の意思でそのような行動を起こしたのだろうから
除名されようと何されようと、彼らのせいにはしないだろうから
それはそれで自己責任だから周りがどうこういうことではない。
なので、俺は彼ら三人組さんいは全くシンパシーは感じないが
かといって糾弾するするつもりもない。
何より彼らのやっていることは仏法とは一切関係のない世法的な反創価運動であるから
破折するところは全くない。
世法的な反創価運動であれば応援はしないが歓迎はする。

むしろ、糾弾すべきは創価の方だ。
ここのところ、ネットに創価から査問を受けた。
活動停止処分を受けた。除名された。という話が結構話題になっている。
三人組さんと関係ないところでも、査問・除名がかなりの件数行われいる。
根本的な除名理由は「原田会長や創価執行部に対する批判」だ。
俺も25年以上前に組織を追放(事実上の活動停止)され
退会届も書いていないのにいつの間にか退会扱いされた身なので
創価組織の薄汚さは身を持って経験しているが、
それでも当時は、査問だの除名だのはそんなに身近にはなかった。
犯罪等、よほどのことをしでかさない限り除名なんて処分はなかったきがする。
(いや経度の犯罪ならば内部で揉み消して不起訴処分だww)
それが、今は創価執行部批判をしただけで査問され除名。
大御本尊の件について納得いかないと本部に問い合せただけで
「退会してもらって結構です」と言われる。
今の創価は、粛清をちらつかした恐怖統治が始まっている。
「桜梅桃李」どころか、自由な発言もできない人権もへったくれもない組織と化している。
その昔、大作センセイは何度も繰り返して
「人間のための宗教であり、宗教のための人間ではない」と能書きを垂れていたが
その大作センセイの創価学会は見事に「宗教のための人間」育成の組織となった。
いや、いまでは「宗教」であることすら疑わしい。
金儲けの為の宗教であり、権力の為の宗教。
つまり、今の創価は「金儲けの為の人間」であり「権力維持の為の人間」を作るための組織ということだ。
財務・新聞啓蒙・選挙支援。そのための会員であり
会員の為の創価学会ではないのだ。
会員の為の創価学会であるならば、こうもたやすく会員を除名したり退会させたりしないはずだ。
「創価から離れたら不幸になる」と言っていて、会員を除名・退会させるということは
会員に不幸になれ。と言っているようなものだ。
また、大作センセイの言葉を借りれば会員は仏子なんじゃないのか?
その仏子を自分達の組織に逆らったから除名する。というのは正しいのか?
口では「池田センセから預かった大切な会員さん」といいながら
平気で組織から追放するのは大作センセにも反逆するのではないのか?
もっとも、こんな創価にしてしまったのは大作センセ本人だから仕方ないが。
所詮、凡夫が凡夫の心と頭で作り運営する組織などこの程度である。
大御本尊(ご本仏)を捨てた時点でこうなる運命だったのだろうが
あまりにも御書通りの展開で、改めてご本仏の仏力・法力を感じる。
いづれにしても、「仏法」を信仰したいのであれば一日も早く創価から離れることだ。
難しいことは言わない。
いま、眼前に現証があるのだから。
内部から変えていく?
それは無理。
変える前に処分されるからね。


にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>