なんでも日顕宗

相変わらず、創価の活動家は
正宗を「日顕宗」と呼び
あ~だこ~だと言っているが
最近の創価活動家はなんでも「日顕宗」
と言えばいいと思ってるフシがある。
というか「それしか言えない」というのが実情なんだろうな。
そもそも、創価が正宗を日顕宗名と呼ぶ理由としては
毎年、任用試験にバカみたいに出題しているが
法主信仰とか僧俗差別とか神秘的な血脈間とか
御書に書いていないことを勝手に言っているから。なんだそうだが
御書に書いていない事を勝手に言ってるのは創価の方で
選挙や新聞啓蒙や財務に功徳がある。
なんて御書には書いていないけど?って突っ込みたくなるが
そこは今日は置いておくが
ともかく最初の内は、
法主に唯受一人血脈がある。とか
僧と俗では役割の違いがある。なんて言っていると
「そんなことを言うのは日顕宗と同じだ」
なんて幹部や他の活動家に言われたりした。
俺は、創価活動家時代から
「唯受一人血脈」を肯定していから
組織の中で「日顕宗教学」とか陰口叩かれ
俺の御書講義を聞いた幹部から注意されたりした。
血脈を認めると法主も認めることになるので
幹部としては看過できなかったのだろう。
ともあれ始めは「法主」肯定=日顕宗
というような定義だったのだが・・・

やがて、五座三座の勤行を推奨すると「日顕宗」
塔婆のことを言えば「日顕宗」
僧侶の役割のことを話せば「日顕宗」
友人葬ってなんかピンとこないんだよねと言えば「日顕宗」
なんでもかんでも「日顕宗」というようになり
そして、ついには創価活動家は
「戒壇大御本尊を唯一無二のご本仏として信じる」と主張すると
「日顕宗」というようになるまでになった。
リアルでもそうだし、創価活動家たちのブログやSNSを見ればよく分かる。

でも、ちょっと待ちなさいよ。
「大御本尊を絶対無二」というのは日寛上人も言っている。
唯受一人血脈もそう。
創価が破門される以前までは
日蓮正宗の僧俗は皆言っているのである。
今の創価のいい草通りならば
日興上人も日寛上人も「日顕宗」
創価本部の本尊を書写した日昇上人も
創価の御書を選定した日亨上人も
そして、牧口・戸田も全員「日顕宗」ということになる。
いやいや、いくらなんでもそりゃ言い過ぎだろう。
日顕上人と同世代の人間ならばまだしも
鎌倉時代や江戸時代の僧俗が「日顕宗」になれるわけがない。

そもそも、大御本尊を一大秘法と決めたのは日顕上人ではないし
唯受一人血脈を言い出したのも日顕上人ではない。
しかも大御本尊の事を言い出したら「日顕宗」になるのはごく最近。
創価が大御本尊を受持の対象にしなくなったからでしょ?
自分たちの方が、クルクルと教義を代えておいて
変わっていない日蓮正宗の事を「日顕宗」などと呼ぶのは
単なる印象操作のネガティブキャンペーンでしかない。
むしろ日蓮正宗。つまり日興門流でなくなったのは創価の方
であるならば、正宗を「日顕宗」なんて呼ばないで
自分たちを「創価大作教」を呼べよ。って話だよ。
なんでもかんでも「日顕宗」なんて呼んで
くだらないネガティブキャンペーンをやっている暇があるなら
もう少し教学をお勉強してキチンと正宗を破折すればいいじゃん。
それが出来ないは「創価大作教」の教義は
大聖人仏法ではないことを証明しているのと同じだ。
なんでも「日顕宗」と言えば
くだらない創価教学を誤魔化せるとでも?
純粋な会員さんを騙せるとでも?
そういう姑息なことはやめて
「創価大作教」の教えを流布すればいいんじゃないの。
え?「創価大作教」じゃ広まらないって?
分かってるならカツドウなんてやめようよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

創価ハラスメント

ハラスメントの一種で「レリジャスハラスメント」というがあることを知った。
宗教的ハラスメントで、「宗教的いやがらせ」のことをレリハラというらしい。
日本ではまだあまり聞きなれない言葉だが
アメリカなどでは一般的に認識されているらしい。
いろいろとパターンがあるらしいが
まぁ、創価組織の内外でバリカツ・幹部のやっていることは
ほぼすべてレリハラ行為と言えよう。
「信心が足らない」などの指導も
「功徳が出る」などと言って財務や新聞購読・選挙運動をさせるのも
幹部の批判はさせないが幹部は会員に「指導」のいう名の個人批判をすのも
退会者を「退転者」「日顕宗」などと呼ぶのも
当然のことながらレリハラである。
つまり創価の幹部・活動家は日常的に
他人にハラスメントを行っているのである。
とはいえそれならば創価に限らず多少はどの宗教団体にもあると思うが
創価ハラスメントは他の宗教団体と比べ物にならないくらいタチが悪い。
創価ハラスメントは、レリハラにとどまらず
複数のハラスメントを有している
まさにハラスメントの総合商社である。

例えば、取引先や自分の会社の社員
または何かを購入したときにその営業マンや会社に
投票依頼したり聖教新聞を購読させたりする。
自分より立場の弱い相手に対するパワハラである。

それと結婚。
結婚を機にあるいは結婚の条件として入会を強制する。
入会だけならまだしもその後は創価の活動や財務などを強要し
それに難色を示すとクズクズと文句をいい
挙句に「だったら離婚する」などという輩もいる
これは配偶者に対する立派なモラハラである。

奥様が妊娠をしても
創価の活動ばかりで少しも協力しないばかりか
妊娠中に会合に出ろだの活動しろだの
マタハラもいいところである。

出産後は生まれた我が子をいきなり入会させる。
奥様の反対意見など聞きやしない。
未入会の奥様の実家のことも関係ない。
さらに、バリ活幹部の舅と姑が輪をかけて
「ウチに嫁にきたんだから従ってもらう」と
昔の農村かよ。と言いたくなるような横暴。
当然、お宮参りも、七五三も
子供の行事は全部創価の会館。
奥様の実家が神社にお宮参りをしたい。といおうものならば
「じゃぁオマエ一人で行ってくれば」と突き放した挙句
相手の実家の悪口三昧。
そのくせ、選挙や新聞はちゃっかり頼んでくる。
奥様の実家は娘と孫を慮って
しぶしぶ従う。
いたなぁ~こういう男子部の幹部。
で、そいつの子供は立派な創価3世になったか言えば
残念ながら、立派なアンチ創価に成長した。
そこで奥様はようやく溜飲を下げるわけだ。

創価カツドウカは、そうした行為・言動は
全て相手の事を思って。やっていると。
俺は(私は)大作センセの弟子として間違っていない。と
つまり「ハラスメント」なんてしていない。
いいことをしているという認識で
罪悪感は微塵もないのだろうが
ハラスメントというのは、相手が不快に感じているかどうか。なんだ。
役職が低い部員さん。部下や従業員や取引先。妻や子供。
自分より立場の弱い人には上から物申すくせに
自分が負けちゃう相手から逃げて回る。
典型的なハラスメント人間である自覚ゼロ%である。
創価活動家のやっている
新聞啓蒙や公明への投票依頼を
世間のみんなは「不快だとおもっていない」と思ってるのか?
アンケート調査をすれば
絶対に「不快である」は「不快でない」を大きく上回っているはすだ。
賭けてもいい。絶対「不快」と感じている人が大多数だろう。
そんな相手の気持ちを察することできないような人間が
創価のバリカツという人種なのだろう。

確かに大聖人は「強いて聞かせよ」とご教示されているが
「強いて聞かせなさい(言いなさい)」と言っているのは
大聖人仏法の話のことである。
創価や大作センセのはなし
聖教新聞や公明党のはなしを
「強いて」話しなさい。などと一言も言っていない。
それに、これは俺の経験だが
大聖人の仏法の話をして不快になる人はそんなにいない。
もちろん興味のない人もいるし
話す側の技量・器量にもよるが
「創価大嫌い。池田大作大嫌い」という人はいても
「日蓮大嫌い」という人には俺は会ったことがない
せいぜい「日蓮?よく知らない」程度である。
なので、大聖人の仏法を語っても相手は
よほど言い方が悪くなければ
ハラスメントとは思わないだろう。
そして何よりも大聖人の仏法を語るのは
相手に何かをお願いするわけでもなんでもない。
「新聞とってよ」「選挙行ってよ」「会合来てよ」
そんな話にはならない。
つまり、創価の活動こそが、活動家をハラスメントモンスターにしているのだ。
これこそが「創価ハラスメント」の恐ろしいところである。
こんなハラスメント野郎と、誰がまともに付き合うのか?
普通の人間は、自分を不快にさせる人間とは付き合わない。
自分を利用するだけの人間とは付き合いたくない。
相手が自分の事を「友人」と呼び
「友人台帳」なるものに記名して創価の幹部に提出していても
そんなヤツは友人ではないのだ。

ともあれ、この「創価ハラスメント」の被害にあわないためには
日頃から創価活動家となるべく接触しない事だ。
そして「創価ハラスメント」の加害者となりたくないならば
なるべく創価の活動には参加しない事である。
学会員さんが、創価の会合や活動に参加すると
被害者にも加害者にもなる恐れがある。
気軽な気持ちで座談会くらいは・・・
なんて思っていると取り返しがつかないことになっちゃうかもよ。
大丈夫、創価の活動に参加しなくても
信心はできるから。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


事後報告

今日は個人的な話。
実は、前月6月19日に
母の菩提寺であるK寺で、
こっそりと勧誡を受けた。
もう少し早めにブログに書こうと思っていたのだが
先月はコメントをくれた方々への回答記事など書いてて
書きそびれた。
なのでかなりの事後報告になっちゃった。
このK寺は、俺が日蓮正宗に入信・入会したときに
ご受戒を受けた寺院だ。
しぶしぶ入信だったから当時の事はあまり覚えてない。
寺院に行く前に創価の壮年部が
なんだか偉そうに面接したのがちょっと記憶にある。
そっちが頼んだら来てやってんのに態度でけ~なぁ。
そんな風に思っていた。
また、ここの講頭さんも、父親同士が知り合いで
おなじエリアでおなじ業界で商売してるので
30年ほど前からの顔見知りで
まぁ、縁があるといえば縁がある。
今回は、この講頭さんの紹介で、勧誡を受けた。

思えば昨年秋に創価を「いつの間にか退会」
させられていたことを知った時から
これは大聖人のお計らいであるから、
いつかは勧誡を受け、
大御本尊にお目通りしなければ
と思ってはいたが
グズグズとしていて気が付けば
内得信仰もそろそろ半年になろうとしている。
創価で懲りたんだろうね
なんか組織に属するのが、
イヤというか面倒というか
もちろん創価活動家時代ような
法華講のバリ活になる気も毛頭ないし
こんな気持ちでは法華講さんにも悪いし
そう思うと勧誡を受けるのも・・・って気になるんだよね。
でも、かといって勧誡を受けなければ
大御本尊にお目通りすることはできない。
折角、大聖人が俺を創価から離れさせてくれたのは
「創価を離れてお山に会いに来なさい」といことだろうから
いつまでもグズグズとしてるのも
大聖人のお心を踏みにじることになる。
何よりも大御本尊にお目通りしなければ
創価を離れた意味がない。
そこで先月ついに決心して勧誡を受けたというわけだ。
まぁ、バリカツ講員にはなれないが
たまにはお寺に参詣したり
お盆やお彼岸には塔婆をお願いしたり
目立たないように地味~な信徒さんでいようと思っている。
そんなわけで、正式に日蓮正宗信徒として復活。
まぁ、それでも今までとそんなに変わらないと思う。
ここで書くことも多分変わらない。
今まで違うとしたら周囲の反応くらいかなと思っている。
創価活動家からは「日顕宗」と呼ばれ
法華講員さんからは「法華講として恥ずかしくないようにお願いします」と言われるかも?
だから言われる前にこれだけは言っておくよ。
このブログに今後書くことは
「日蓮正宗・法華講員の公式見解ではありません」
あくまでも俺の私的な話なのでご了承くださいな。

というわけで事後報告でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



のんかつさんというお笑い創価活動家

わざわざ、コメント用の記事まで用意したのにもかかわらず
俺との法論から遁走したのんかつ氏
まぁ、いままでここに来た創価活動家と変わらなのだが
その、のんかつ氏が先日ひっそりとコメントを入れてきた。
詳しくは「のんかつさん法論を始めましょうか」
のコメント欄を読んでもらいたいが

最初のコメントは

「先ず、管理人さんにお礼とお詫びのコメントを書きます。下に書くことは決して冗談で記したことではありませんので、真面目に読んで頂きたいと思います。」
「管理人さんに色々罵声を挙げた話を書き綴りましたけど、申し訳ありませんでした」
「申し訳ありませんでした。ここで正式に謝ります。」

と謝罪をした後に

「改めて、若し管理人さんが宜しければ、もう一度お話しのテーブルに乗って頂けますでしょうか。」

との要望。
それに対し俺は普通に返信したが、
そしたらそれに対するコメントが

「大聖人の心を頑無視した、そして大聖人の仏法を真剣に行じている真面目な信者にとって、あなたたちの行動は見ていて本当に反吐が出る思いでした。」
「でも、よく考えてみると、ここはある意味とても大事な場所なのかもしれません。ゴミの一時受け入れ場所としてね…。」
「これだけの「糞尿連」が集まり続けていることに、とても納得出来ます。」

こうです。
謝罪から僅か3日も経たないうちに
この罵詈雑言。
「正式な謝罪」をした人間がコレですよ。
ぶっちゃけ「この人は精神分裂症のサイコパス」かな?という感想。
仏法用語で言うと「頭破作七分」
いや「心破作七分」か。
こういうお笑い学会員に出会うたびに
今の創価はつくづく「謗法」であり
不幸な人を作っているなぁって「現実」として思い知らされるよ。

自分から謝り、対話を要請しながら
その3日後にはやっぱり「対話」(法論)はしないと
罵詈雑言を交えて話しているわけです。
「法論」に自信がないなら
正直にそういえば言いのに
やはり「負けたくない」んでしょうね~
なんとかして「本尊義」を含む
大聖人仏法の法門法義の
話にならないようにしてる様子がありありだ。

別に俺は彼のような無教学な方と話することなんてないし
そもそも、法門法義にあれだけ疎いと
大聖人仏法の話なんて無理だと最初から思っているが
なんだかグズグズと言い訳がましいことを書いてるんだよね。
それがまた本人は「仏法とは」とか「信心とは」とか
虚勢張って偉ぶってるんだけど
その内容は、全く仏法といえる代物じゃない噴飯モノの話ばかり。
まぁまぁ、全く反論ができないから
悔しい気持ちはわかるし、
なんとか反論のテイを装っていたい気持ちもわかるけどさ
なんでも書けばいいってもんじゃないんだよね。
こんな嘲笑モノのコメント入れても醜態を晒すだけだろうに。

中でも正宗をやめた元僧侶の本を引き合いに出し
正宗僧侶を誹謗するような内容をあげて
それが「事実」であると主張しているのには笑えた。
なぜ事実かというと元僧侶が書いているから。だそうだ。
相変わらずの彼のお得意の三段論法。
このロジックならば、元創価の人の書いている本
例えば、福島氏・原島氏・山崎氏・乙骨氏らの本も
「事実」である。ということになる。
それが「事実」であれば、創価と池田大作が
信心の欠片もなく会員を騙して金と権力を手に入れている
ということは「全て事実」ということなる。
こういえば、どうせそれらのことは「退転者」のいうことなので
「事実じゃない」「ねつ造だ」なんてこと言うんでしょ?
だったら退転坊主の書いた本も「事実」ではないということだよね。

彼のプロフを読むと、奥様とお子さんがいるいい歳したオトナのようだが
その論旨はとても女房子供がいるとは思えない程
いや、これでよく社会生活が営めるなぁと思うほど
幼稚で身勝手で理論破綻しまくっている。
まぁ、それが創価活動家の生態だよ。
って言ってしまえば身も蓋もないが。

そいいえば、昔地元の本部長と対論した時に
「聖教新聞」とか「創価新報」の記事を提示して
「創価は正しい」と力説してたが、
「聖教や新報は自分たちが作っている新聞だろうが
それが正しいのなら赤旗に書いてあることも正しいのかよ?」
と聞いたら、口ごもっていたっけな。
まぁ、創価系のブログ書いてる連中も同じ。
自分達の作った資料を提示して
「創価は正しい」などとトボけたことを書いているのが多い。
いやいや、そこは御書を引きなさいよ。
なんで聖教新聞が世間様とコンセンサスを得るためのツールだと?
ましてやアンチを破折するのに聖教新聞とか退転僧侶の本が有効とでも?
それが通用するのは創価村だけなんだって。
創価の教義や理論は世間では一切通用しないって
こんなに教えた上げてるのに
まぁ~だ、のんかつ氏のような活動家が存在するとは驚きだ。
まぁ、それにしてものんかつ氏は
いままでこのブログに書き逃げしていった創価の中でも
最強の部類に入る、狂いっぷりなので
世間様に見てもらうにはいいサンプルにはなったかな。
「のんかつさんの主張や言動は正しい。こういう人になりたい」という人は
どうぞ創価に入会して活動家になって頑張ってください。
「こんなのは嫌だ」と思う方は
創価に入会しないことをおすすめします。
また既に創価会員になっちゃった方は
創価を早くやめるか、創価の活動には一切参加しないことをおすすめします。
のんかつ氏のコメントをじっくり読んでお決めください。

最後に創価活動家さんは批判のコメントを入れてくれるのはいいですが
もう少しお勉強をして多少の理論武装してからしてくださいね。
全く「お話にならない」んじゃ
洒落になりませんから。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




宗教という名の元のテロ行為

またも、ISによる痛ましいテロが起こった。
毎回毎回テロのニューズが流れると
本当に心が痛い。
宗教の名のもとになんでこんな惨い事が
繰り返されるのだろう。
本来のイスラム教の教えに反する行為が
こうして繰り返されるのは
本来のアラーの神の教えに
人間の我がままを交えて
勝手に教えを捻じ曲げる
指導者気取りの人間が現れ存在するからなんだろうな。

イスラム教の限らずキリスト教やユダヤ教
そして仏教においても
いかなる理由であれ他者の生命を奪う教義などないはずだ。
ところがどこかの時点で邪な人間が出現して
自分の都合のいいように根本教義を捻じ曲げ
その邪義・己義をあたかも神仏の教えかのように騙り
人々を誑かし自分の都合のいいように操るようになる。
もうそれは、アラーの神の教えでも
キリストの教えでも
釈迦の教えでもなく
ただの一人の野心をいだいたた人間の教えなのに
人々は「その教えこそ真実」と思ってしまう。
そこに、宗教の名のもとのテロが生まれる。

そうした意味において創価も全くISと変わらない。
大聖人仏法を捻じ曲げ
自身の己義・邪義を多くの会員に
信じ込ませ利用した張本人
それが大作センセと呼ばれている爺さんだ。
いまの創価の教義を見てみろ。
もう大聖人の仏法と呼べる部分は何一つない。
池田教そのもだ。
大聖人仏法における根本教義を言えば
「教条主義」
「原理主義」
などといって、あたかもそれが
時代遅れの頭でっかちの教えであるかのごとく反論するカツドウカは
「イスラム国」の人間と変わらない
「創価国」の戦闘員そのもである。
仏法とは仏の法でり仏の体である。
そのご本仏の色心二法を
大作センセごときの盆暗・・もとい凡夫に
なんの意義を挟む資格があるだろうか。
人間のための仏法。それはその通りだが
ご本仏を超越しようと企てることが人間仏法ではない。
まさに屈伏虫が非想天である。

誤解のないように書くか
俺は創価が世間でいうような
テロ組織などと思っていない。
創価がオウムよろしく無差別テロなど
することは断じてないと思ってる。
なので、この記事はISと創価を同等に扱っているわけじゃない。
少なくても世法でみればISと創価では全く正反対である。
しかし、仏法の目で見れば
IS以上の非道の行為を繰り広げてるのが創価である。

何故ならば

◆涅槃経に云く「悪象の為に殺されては三悪に至らず悪友の為に殺されては必ず三悪に至る」(富木殿御書)

と御書にあるように
創価の邪義・大作センセの己義に誑かされて
ご本仏への信心を殺され
大御本尊を捨ててしまえば
その人は必ず無間地獄へと落とされてしまうからだ。
これはご本仏の言葉だ。
ご本仏の言葉とは、普遍の教条であり普遍の原理だ。
時代も国も無関係な不変で永遠の原理っだよ。

そうやって人々を無間地獄へと誘う
創価活動家軍団は、
仏法の次元においては
非道なテロを繰り返しているテロ組織と変わりない。
しかも世法ではソレと分からないところが
より恐ろしくタチが悪いからIS以上だろう。
こうした仏法テロを防止するためには
少しずつでも創価カツドウカをに騙されている人々を
一人また一人と減らしていかなければいけない。
それが大聖人の言う破邪の精神だ。
もちろん創価以外にも
顕正会なんていうのも存在するが
まず大悪党が先である。
顕正会程度のチンピラは後回しだ。

最後に、今回のテロで尊い命を奪われてしまった皆様の
ご冥福を心からお祈り申し上げます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR