FC2ブログ

選挙は信心。その結果。

今日は、まず下の画像を見てみてください。
斉藤鉄夫
少し古めだけどこれは過日の広島参院選挙で公明党の必死の応援も虚しく落選した西田英範氏の必勝祈願の画像です。そして下の画像で西田氏の隣にいるオッサン、誰かと思ったら公明党の副代表の斉藤鉄夫さんではありませんか!SNSでこの画像をみて西田さんと一緒に神棚に向かって柏手を打ち必勝を神様に祈願しているとは大笑いしました。えっと、確か創価学会員は「選挙は信心」って言ってますよね?いや斉藤さんが神社で柏手打ってますけど、いつから創価学会は神道に鞍替えしたのでしょう?
◆檀那の社参物詣を禁ず可し、何に況や其の器にして一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けんや、返す返すも口惜しき次第なり、是れ全く己義に非ず経文御抄等に任す(日興遺誡置文)
◆他宗の神社に参詣し一礼もなし散供をも参らする時は、謗法の人の勧請に同ずるが故に謗法の人なり(日有上人『化儀抄』)

大聖人の仏法では神社参拝は謗法ですよね?創価だって今もそうなんでしょ?靖国神社の献灯騒ぎの時そう聖教新聞に書いてありました。で?改めて聞きますが斉藤鉄夫公明党副代表が神様に祈願しているコレも「選挙は信心」の範疇なんですか?実はこういう行為をしてるのは副代表だけじゃないんですよ。私の地元の神社の夏祭りには毎年公明党の県会議員がきて「パンパン」と柏手うってるし創価時代の友人の公明党市議も神社の祭りに顔を出しては毎回お神酒を一杯引っかけて上機嫌になっています。学会員がお題目あげても当の議員が謗法してたらそりゃ効き目ないですよね(笑)こういう記事を書くと創価民は「大石寺の法華講総代だって神社の行事に参加しているじゃないかと」以前の創価新報の記事を持ってきて「オマエ等だってやっているだろ」論法をしてくるだろうけど、そもそも「オマエ等だってやっているだろう論法」自体が「正宗がやっているなら俺達もやっていい」というようなオカシイ論法に加えて、確かに新報の報道のような事実はあったけどアレは一個人の信心の心得違いであって指導教師住職から厳重注意を受け本人も反省しています。
◆大逆なれども懺悔すれば罪きへぬ(光日房御書)
との御妙判にあるように戒壇大御本尊に対し懺悔申しあげれば一時の謗法の罪は消えます。もちろん一度懺悔しながら同じことを繰り返すのは不可ですが、それはもう個人の信心の問題であって周囲には無関係なわけです。対して斉藤氏や件の県議・市議には誰も注意もせず野放しして本人も謗法であることすら自覚せず且つ反省・懺悔もない。しかもこういう連中を応援しているのが創価学会員なのだから与同罪はま逃れませんね。自民党を応援するっていうことは謗法与同だってことを創価民さんは分かっているんですかね?神社に必勝祈願をし、当選の暁にはダルマに目を入れる人たちを応援するのが創価の信心なんですか?それは信心とは関係ないというならば「選挙は信心」「選挙は功徳がある」なんて言わない事です。謗法に与同しておいて功徳なんかあるわけないでしょ(笑)「選挙が信心」ならばこのような謗法の候補者を支援するのが筋が通らないと思いませんか?だからいつも書くように「選挙と信心は無関係」と正直に言えばいいんですよ。それならば実際に柏手打っている人はともかく応援している人は与同罪にはなりませんからね。もっとも創価民の場合は神社参拝の与同罪よりも戒壇大御本尊を捨てるという一番の大謗法を犯しているから、今更神社に参拝しようと謗法を容認しようとどうってことないから何とも思わないのでしょうね。懺悔したくても戒壇大御本尊を捨てちゃったから大罪は消えるどころかますます大きくなっちゃうし大変ですよね(笑)はやく戒壇大御本尊様にお目通りして懺悔した方がいいと思いますよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

女子部が絶滅し「颯爽」と女性部誕生(笑)

女子部が婦人部と統合して「女性部」になるという聖教発表から4日ほど経ちました。女子部といえば昔から何をやっているのかその生態があまり知られていませんでしたね。私は少年部の本責をしていたので女子部の子と結構からんでいました。みんな「法華美人」の普通の女子でしたが会合で夜遅くなったりするとお局女子部幹部からすぐにクレームがきて大変でしたね。そんな女子部は壮年夫人男子部の3者とほとんど関わらず独自の生態系維持してきました。私が男子部時代から創価の中の絶滅危惧種とされていましたがその後はツチノコ・ネッシーのような幻の生物になり今回とうとう「女子部」という種は絶滅したようです(笑)池田先生の「婦人部と女子部が昇華して颯爽と女性部が誕生した」というようななんとも痛々しいメッセージが聖教新聞に掲載されていました。しかも(大拍手)らしいです。ネクストバッターサークルには男子部も控えていますね。8月の壮年部の日には「男性部」の誕生が有るかもしれません。しかしネーミングがダサいですよね。それに「●性部」って。池田センセ考案の【キ●マ●コ】を連想させます(笑)あと「無冠の友」も近い将来無くなりそうな予感です。しかしここ数年の創価の凋落ぶりは目を見張る?目を覆う?ばかりですね。組織縮小に加え国政では公明党比例票の減少。地方議員数も減りかつ得票数も減っています。きっと聖教新聞の発行部数もかなり減っている事でしょうね。原田執行部が悪いという創価内部アンチの意見も散見しますが、やはり戒壇大御本尊様を捨てたのが一番の原因でしょう。破門当時は「学会が戒壇大御本尊様を捨てるはずがない」「戒壇大御本尊様を学会に取り戻す」なんて言っていたのですから私を含め多くの学会員には戒壇大御本尊様への信仰は残っていました。それが今や戒壇大御本尊様を捨てるばかりか戒壇大御本尊様を誹謗するような会員ばかりになってしまいました。その結果が今の創価の凋落の現証であると言っていいでしょう。それ以外にこの凋落ぶりは説明できません。戒壇大御本尊様を捨てて僅か7年足らずでこの結果です。にも拘わらず相変わらず「日顕宗は衰退している」などと正宗・法華講の悪宣伝をしている創価民がいますが他宗の悪宣伝している場合ではありませんよ。世間でも「一事が万事」といいますが、大聖人は「報恩抄」の中で、
◆一をもつて万を察せよ庭戸を出でずして天下をしるとはこれなり、癡人が疑つて云く我等は南天を見て東西北の三空を見ず彼の三方の空に此の日輪より別の日やましますらん、山を隔て煙の立つを見て火を見ざれば煙は一定なれども火にてやなかるらんかくのごとくいはん者は一闡提の人としるべし生盲にことならず
とご指南されています。南の空の太陽を見て、東西北の空にも太陽があると思ったり山の向こうの煙を見ても火が見えないから火はないと思ったりするのは「癡人」であり「一闡提」「生盲」であるということです。いまこの創価の凋落ぶりを見て「正宗はもっと衰退しているだろう」「創価は発展している」などと考えるのはまさに「癡人」でしょう。創価は世界に広がっているというけど日本の創価の現状を見ればSGIの末路も想像がつくはずです。そして何よりも創価学会員の末路も容易に想像がつきませんか?大組織の創価学会ですら凋落し破滅に向かっているのですから、一個人の学会員の凋落・破滅は疑いのないことでそのスピードは創価の凋落・破滅の何十倍・何百倍も早いでしょう。
◆されば釈迦仏は賞罰ただしき仏なり(四条金吾殿御返事)
との御妙判の通り、ご本仏大聖人=戒壇大御本尊のジャッジからは逃れることができないのです。このまま大謗法の創価学会に所属し続ければ悲惨な結果が待っているのは女子部絶滅や公明票・議員の減少、さらに貴方の地区や支部の状況をみれば分かるはずです。山の向こうに煙があればそこに火があるのです。南の空に太陽があったら東西北の空には太陽はありません。創価の凋落はそのまま学会員一人一人の凋落・破滅になるのです。まずはこれを機会に女子部の皆さんから創価から離れてください。婦人部と一緒なんてヤバいですよ。女子部の皆さんが在来種だとしたら婦人部は、ブラックバス・ブルーギルなどの外来種ですからね~。女子部の皆さんなんてあっという間に捕獲されちゃいますよ(笑)婦人部さんと比べれば女子部のお局幹部なんて可愛いものですよ。逃げるならいまのうちです。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

根拠なき創価信仰の功徳。

ブログやSNSで「功徳」という話をしている創価民を見かけますよね。まぁ「功徳」とか「罰」とかは主観的な要素なので別にそれはそれで何とも思わないのですが、「功徳」の話から創価をやめた人たちは不幸にな人生だ。とか正宗・法華講員に向かって「お前たちには功徳がない」と変な上から目線で言ってくる創価民がいます。そうなると「ちょっと待てよ」って話になります。この手の創価民のロジックは「創価の信仰で自分は功徳がでて幸せになった。だから法華講員や創価をやめた人間は不幸である」というものですね。こんな短絡的な妄想を真顔で言っているのがいい年齢したオッサンとかでそういう発言を聞いていると不幸な人だなと思うのは私だけではないと思います。創価系ブログの「創価の森」の管理人氏が「退会して幸せになった体験書いてみろよ」と息巻いているようですが普通の人間は自身の人生の幸不幸なんて自慢気に語ったりしません。ましてやネット上なら尚更です。私も多少自身の体験談を過去に書いたことはありますが全てを書いたわけではありません。むしろ書いていない内容の方が濃いのですがそこには触れていません。何故なら「功徳」という主観的な事象で仏法の正邪を判断してはいけないからです。
◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず(唱法華題目抄)
◆先ず通力ある者を信ぜば外道天魔を信ずべきか(題目弥陀名号勝劣事)

との大聖人の御妙判に則せば、仏法の正邪を決めるのはあくまでも「文証」「理証」であって「功徳」や「想像」といった無根拠の事柄は「利根と通力」の話であり天魔外道の主張になるからです。では創価民のいう「創価信仰の功徳」に根拠は有るのかといえば「根拠はない」のです。そもそも、仏法の法門法義の話をせずに「功徳」「現証」の話しかしない時点で、それは仏法的根拠のある話ではなく天魔外道の与太話なのです。「創価信仰の功徳」の話をする創価民は押しなべて「何故創価の信仰に功徳が出るのか?」について明確に回答できる人はいません。それもそのはずで今の創価の教義は矛盾と自語相違に満ちていて理論的に最初から破綻しているからです。多少、教学がある振りをしている創価民は一応屁理屈を言ってきますが少し突っ込めばすぐにそのインチキ教義は馬脚を現します。大石寺や大御本尊を否定しながら、大石寺の大御本尊を大石寺の歴代法主を書写した本尊に向かって拝んでいるのに何で「功徳」が出るのか?その一点だけでも既にとんでもない自己矛盾なんですね。それでいて「創価信仰に功徳がある」なんて誰が信じると言うのか?さらに大聖人の御書に「創価信仰に功徳がある」なんてどこにも書いていないわけです。では「文証」も「理証」もないのに何故創価信仰でも「功徳」のような事が起こるのかというと、
◆現在に一分のしるしある様なりとも天地の知る程の祈とは成る可からず魔王魔民等守護を加えて法に験の有様なりとも終には其の身も檀那も安穏なる可からず(諌暁八幡抄)
と御書で説明されているように、魔王や魔民が仏に敵対する勢力を維持するために「功徳」と勘違いするようなことを起こすわけです。これを「魔の通力」といいます。つまり創価民がいう「功徳」なんてインチキだということです。その証拠に池田大作の指導に次のようなものがあります。池田氏は祈りが叶わない理由について
▼インチキな祈りをしているか、インチキな決意をしているか、インチキな行動をしているか、そのどれかだよ
▼ご本尊様というのは、何だかんだと自分からは遠い存在なんだよ。だからご本尊様と自分の間に師弟を入れるんだよ

などという「インチキ指導」をしてるそうです(創価森管理人がこの指導を引用しています)祈りが叶わないのは池田のいうような理由でなく、「インチキな本尊」に「インチキな修行」をしているから祈りが叶わないのです。いつも書きますが「祈りを叶える力」は「御本尊」に備わるのであって「唱題(祈り)」に備わるのではありません。そもそも0分勤行のインチキ祈祷師・池田大作がどの面下げてこんな指導をしているのか見てみたいものです。さらにふざけて居るのが2番目の指導ですね。【ご本尊様というのは、何だかんだと自分からは遠い存在なんだよ】ってバカなの?感じです。御本尊が衆生から遠い存在である。なんて一体大聖人がいつそんなことを言いましたか?全く真逆でしょう。御本尊が自分とは遠いといいながら自分の中に本尊があるっていうのは明らかに矛盾してます。また「御本尊と自分の間に師弟つまり池田を入れろ」なんて狂っているとしか思えない。これも大聖人仏法を否定するインチキ指導です。確かに正宗においては法主上人猊下やご住職は「師匠方」です。でもそれは自分と御本尊の間にご僧侶を入れるのとは違います。師弟子がともに御本尊に祈っていくということなのです。師であるご僧侶は「仏界」であり弟子である信徒は「九界」で師弟がともに祈る姿に事の一念三千、つまり大聖人仏法の功徳があるのです。こんなインチキ創価指導を真に受けていたら祈りは叶わずやがて無間地獄なのです。仏法は因果を説きます。根拠なき功徳は「因なき果」です。「因なき果」とは外道の教えなのです。外道の教えで幸福になることはないのです。せいぜいその時だけの「喜び」があるだけで永遠性も普遍性もありません。学会員さんの中で今本当に悩んでいて真剣に唱題し活動しているのに祈りが叶わないと言う人がいると思います。ハッキリ言います。創価信仰では祈りは【絶対に叶いません】。早く信仰の寸心を改めて実情の一善である戒壇大御本尊様の許に戻ってください。魔民・創価活動家の「インチキ功徳与太話」に騙されてはいけませんよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

謗法容認の創価と活動家を嗤う。

法門法義で戦えない創価活動家は相変わらず根も葉もないでっち上げで正宗は謗法だぁ~なんて狂言を吐いていますが、謗法容認しているは創価の方なんですけどね~。創価の謗法と言えば皆さんもう忘れている頃だとおもうけど、靖国神社の
IMG_3987.jpg
コレどうなりました?(笑)創価学会の靖国神社献灯疑惑ですよ。警察に告訴したいう記事が聖教に1度掲載されてから足掛け3年。続報が全くありませんね~。犯人が見つかっていないなら「何をしているんだよ」って話ですね。真剣に犯人捜ししていないなら「謗法容認」ですな。このまま頬かむりするなら、やっぱり創価が献灯したということになりますけど。そういえば創価の鯛焼き支部長が日精上人は生涯造仏を容認していたなどというデタラメを言っていますがそれについても・・まずはこの動画みてください。



以前もご紹介した、「創価学会インターナショナル(SGI)」会員の有名人・ティナタナーさんの勤行の動画です。「クセが強い!」勤行が凄いですね・・あれれ?ティナタナーさんの後ろに鎮座している金色に輝く物体はなんでしょう?・・・これって仏像ですよね。え~創価学会員のティナタナーさんが造仏しているじゃありませんか~!これは大事件ですよ。創価学会はこれを容認しているんですか?創価活動家さんはティナタナーさんの造仏OKなんですか?何の証拠もなく日精上人の事を「造仏家」なんて誹謗している場合とちゃいますがな。まさか自分達はこの造仏を容認しておいて自分達と無関係な日蓮正宗の法主上人を批判するなんて「おかしい」でしょ。鯛焼き支部長さんも自分のブログでティナタナーさんの造仏とそれを容認している創価学会を「謗法だぁ」って責めないと「やっぱり創価の支部長は自語相違のインチキ野郎」って言われちゃいますよ(笑)
もっとも、創価の「謗法容認」は20年も前からですけどね。平成9年に秋谷会長(当時)が聖教新聞で、
▼「謗法払い」については、あくまで原則どおり、本人処分であることには変わりはありませんが、御本尊を安置するための絶対的前提条件ではありません。謗法払いしてからでないと御本尊を安置してはいけないという考え方を変え、もっと幅広く、まず御本尊を安置し、拝み始める。そのうえで信心が深まって、古い対象物は置きたくなくなる。そうなってから、自発的に本人がそれを取り除くようにしてもかまいません。(中略)したがって、神棚や仏具等を取り除く必要はありません。
って「謗法容認」しちゃってますからね~。日有上人は化義抄で、
◇法華宗は能所共に一文不通の愚人の上に建立有るが故に、地蔵、観音、弥陀、薬師等の諸仏菩薩を各拝する時は信があまたになりて法華経の信が取られざる故に諸仏菩薩を信ずる事を堅く誡めて、妙法蓮華経の一法を即身成仏の法ぞと信を一定に取らせらるるなり(73条)
と書き留めれていますね。この条項の意味は、我々のような末法の愚痴の衆生はご本尊以外のものを置いておく信が二筋になってしまうのでご本尊以外のモノは置かないようにする(処分)ということです。つまり秋谷氏のいうように信仰が深まってから謗法払いするなんてどんでもないことだというこです。秋谷会長(当時)の発言は完全に日有上人のご指南に違背してる大聖人仏法の法門に無知丸出しというこですな。こんな創価と創価活動家が日精上人などのご歴代や正宗の僧俗を「謗法」呼ばわりするとは笑止千万ですな。せめてティナタナーさんが作った仏像を焼き捨てる動画をUPしてからにして欲しいものです。そんなわけで、「日精上人が造仏容認したぁ~」などと発狂してくる創価活動家には、このティナタナーさんの動画を見せて嗤ってあげてください。どうせ法門法義の話ができない連中ですからそれで十分です(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

鯛焼き支部長とのインチキ「対論」?の感想。

創価の鯛焼き支部長との対論は序盤で終わってしまい拍子抜け。もっとも「対論」でもないんでもなかったけどね。鯛焼き支部長はお仲間よりもう少し「対論」を知ってるのかと思いきや単なるインチキおじさんだったのには少しガッカリした。お互いの主張を言い合うのは「議論」であって「対論」ではない。「対論(法論)」とは仏法上の正邪を決することで折伏と同じなんですよ。では大聖人仏法においてはどうやって正邪を決するのかというと、
◆但し法門をもて邪正をただすべし(唱法華題目抄)
と「法門」をもって正邪を決するべきであると大聖人は言われている。そして「法門」の根拠・証拠として、「文証」をもって正邪を正すというのが大聖人の弟子の正しい姿勢でなんですね。そして「文証」によって論証できない主張を、
◆玄の三に云く「文証無き者は悉く是れ邪偽彼の外道に同じ」(真言見聞)
◆文証の所出を知らず我意の浮言ならば之を用ゆ可からず(法華真言勝劣事)
◆文証無からんをば捨てよとなり(聖愚問答抄上)
「文証が無ければ邪義でありそれを主張するのは外道である」「文証が無ければ我見の浮言だから用いるな」「文証のない主張は捨てなさい」と大聖人は言われている。大聖人自身もまた他宗の僧俗を折伏するのに「文証」を用いて決して自分勝手なことなど主張していないのです。さて、今回鯛焼き支部長との争点となった日精上人の「年譜」に書かれている文章に対して、私は「年譜に書かれている事と全く同じ文章」が書かれている日辰の2冊の書からその文証を引用し、更には傍証として日寛上人の御文も引用した。「年譜」と「日辰の書」に同じ文章があるのだから、「年譜に書かれている文章」=「日辰の主張」であるというのは自明の理であってこれ以上具体的に私から論証する必要はない。そもそも「文証」=「具体的な証明」なわけだから。そこでその反証として鯛焼き支部長に「年譜」の文章と同じことが書いてある日精上人の「文証」の提示を要求したが支部長は散々ゴチャゴチャ言った挙句に出してきたのは日精上人の「随宣論」からの全く関係ない文章でした(笑)しかも「年譜に書かれている文章についての文証」を求めているのに「造仏の文証」だと言って出してきたわけで、これは論点のスリカエでしかない。鯛焼き支部長も大口叩いて割には質問スルーに論点スリカエ。最初に決めたルールも守れず謝罪もできないような「創価インチキおじさん」だったのは残念でならない。その後自分で引用した「随宣論」の御文を勝手に自分で解釈して無理やり「年譜」の論点にこじつけようとしたが、そもそも「文証」というのは「証拠」なのだから、それをまた勝手に解釈したら今度は「そのように解釈できる文証を出せ」という話になる。つまり、「自分で解釈を付けなければ通じないような御文は対論では証拠(文証)」とは言わないのである。こんなことは通常の人間であれば当然理解できる話だろう。鯛焼き支部長がやったことは
◆実経の義を用いず或は少し白義に違う文有れば理を曲げて会通を構え以て自身の義に叶わしむ(守護国家論)
と大聖人が指摘している用に「自分の主張(義)と違う文を自分勝手に解釈(会通)して自分の主張(自身の義)に合わせていく」という大聖人仏法の信仰者を自称する人間にとって実に恥かしいことだ。でも実はこれが今の創価活動家のレベルなんです。「文証」の意味も理解できずに「切文」を使い「文証を自義」に合わせていく。この手口がいまの創価の手口なんですね。だからこのような「インチキ創価民」の「イカサマ話法」に惑わされないように気を付けてください。創価民の主張はしっかり問い詰めていくとことごとく文証のない邪義です。つまりヤツラは「文証によらない己義を構える外道なんです」そんな禅宗の者を大聖人は、
◆非学匠は理につまらずと云つて他人の道理をも自身の道理をも聞き知らざる間暗証の者とは云うなり(諸宗問答抄)
と破折してます。「仏法の法門も知らない(非学匠)者は自分勝手な事しか言わないから理論に詰まることはない」そりゃそうですよね。屁理屈だけならいくらでも言えますから(笑)でも最初に書いたように「対論(法論)」とは屁理屈を言い合うことではなく「法門によって正邪を決めること」ですからね。支部長たろう人がこんなことも知らないで「対論」なんて口にしていたとは創価活動家のレベルも知れるというものです。どうりで「本尊義」の「対論」からみんな逃げると思ったら、なるほどこういう事ね。と今回の鯛焼き支部長との「対論モドキ」で納得しました。しかし、まともに法門の話が出来る学会員はいなくなりましたね~。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>