FC2ブログ

いつも何かと戦っている人達。

世界青年部総会が昨日あったんだぁ。時節柄オンラインでの開催だったそうで。ちらっと「特設サイト」を見てみましたが広告代理店に金を払って作ってもらったかのような当たり障りのないキレイなサイトでした。オレのイメージだと青年部総会ってもっとこう「手作り感」があって稚拙だけどどこか微笑ましいと言ったイメージなんだけど、「手作り感」も「草の根感」も全く感じないサイトだね。動画も少し見たが信濃企画あたりのプロがキッチリ仕上げた感がありサイト全体は良くできているけど「ありがち」なサイトっていう感想だね。で、オレが見た動画の中でこの青年部総会を「未曽有の戦い!」って言っている場面があって思わず笑った。いや確かに「オンライン総会」は前例がないから未曽有っていえばそうなんだけど、「未曽有の戦い」って大袈裟な話じゃないだろうに(笑)しかし青年部に限らず創価民っていっつも何かと戦っているよね。オレも創価活動家時代はそうだったなぁ。「選挙の戦い」「新聞啓蒙の戦い」から始まって挙句の果てには「題目の戦い」活動家時代に女子部の部長が「朝勝ちの戦い」をしてる言うんだよ。それって何?って聞いたら朝30分早く起きて唱題を30分増やす「戦い」だって言うんだけど、早起きするにも戦わないといけないなんて大変だよね。「休むもの戦い」なんて言ってた男子部幹部もいたなぁ。こっちが夜中まで学会活動しているのにそいつは「休む戦い」してたっけなぁ。とにかく四六時中、何かと戦っているのが創価民だよな。「広宣流布」ならぬ「交戦流布」だよ。まぁオレもそうだけど結局「何」と戦っているのか「どうして」戦っているのかイマイチ分からないのが「好戦流布」の学会活動だよな。法華講になって思うのは法華講には「なんちゃらの戦い」ってないんだよ。「戦う」とか言わない。「折伏行」「唱題行」という感じで、あくまでも「行」つまり「修行」なんだよね。オレは戦うより修行の方がいいな。折伏も唱題も「戦い」ではなく「修行」だからね。「唱題の戦い」って御本尊と戦うのか?って思っちゃう(笑)参詣も登山も戦いじゃないし。こうかくと創価民は全部自分との戦いなんだっていうだろうけど、自分との戦いに勝たないと勤行・唱題すらできないなんて信仰者として情けないと思うんだけどね。こんな風に戦いばかりしてたら、そりゃ疲れるし精神的に病んでしまう会員さんがいても全然おかしくないよね。オレが男子部時代は常に「睡魔との戦い」だったなぁ。なにせ学会活動で毎晩寝るのは2時3時だったから。辛うじて睡魔との戦いに勝利しても翌朝の「朝の勤行との戦い」には負けたりしてたなぁ(笑)懐かしい思い出だけどね。まぁ現役の学会員さんもそんなに何かと戦っていなくてもいんじゃないですか?学会活動なんて別にやらなきゃいけない事じゃないんだし。いやむしろ謗法活動なので「やらない方がいい」活動だからね。どうせ戦うなら「学会活動をしない戦い」「創価を退会する戦い」を開始した方がいいですよ。やめた後は信仰から離れるのも良し。唱題行や折伏行を続けるのも良し。とにかく無駄な戦に身を置いておくのは疲れるし無意味だし後悔しますよ。後悔してから「創価に騙された~。詐欺だ~」って騒ぐのも大人げなくてみっともないでしょ?「いい思い出」かせめて「黒歴史」と笑って言えるうちに「創価退会の戦い」を始めてくださいね。信心は何かと戦わなくてもできますよ。もちろん自分自身と戦う必要もありません。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

過去の栄光でマウント。

「俺は昔こんなに凄かった」って過去の栄光の自慢話でマウント取ってる人いますよね~。先日も飲み屋ので「俺は昔、こんなに売上をあげた。俺の力で会社を大きくした」と部下らしき子に自慢している中小企業のサラリーマン風のオジサンに遭遇しました。こういう人は嫌われるんだろうなぁって内心思いつつ過去の栄光でマウントを取ろうとしているその姿に憐みすら感じましたね。創価民もこのオジサンと同じですね。「創価学会が日蓮正宗を大きくしてやった」という連中が本当に多い。でも現状をみると創価学会のお陰で日蓮正宗は大きくなんかなってませんよ。確かに一時はそういう時期もありましたが破門された時にほとんどの学会員は日蓮正宗から離れたのです。だから実際には創価のお陰で増えた正宗信徒なんて微々たるもので創価は言うほど正宗に貢献なんてしていません。その後私のように創価から正宗に移籍する人も増え正宗信徒は増加してるけどそれは創価が増やしたわけではなく正宗の僧俗が折伏してるのであって創価は無関係なわけです。そもそも今の段階で「創価学会のお陰で正宗は~」なんて言っている創価民の連中はマウント取るほど日蓮正宗創価学会時代に正宗に貢献なんてしてないでしょう。一時期正宗に貢献した学会員は全員「日蓮正宗信徒の創価学会員」なのだから「日蓮正宗の信徒として当たり前」のことをしているだけでそんなことでマウントをとろうとする今の創価民の恥かしさは先日飲み屋で遭遇したオジサンに相通じるものがあります。いや、先日のオジサンは「自分か売上を上げた」という過去の実績がある分まだマシですね。いまの創価民は「他人(日蓮正宗の創価学会員)の過去の実績」で頼りに自分では何の実績もないのにマウントを取りに来るのだからもう人格障害とか思えないレベルです。またこのような創価民は創価が正宗に一番供養をしたといってマウントを取りにきますが、創価が正宗に供養していたのはせいぜい50年間だけの話です。対する法華講はどうでしょう。法華講は大聖人ご在世の頃から800年近くにわたり大聖人と富士門流にご供養し続けているのです。南条時光も四条金吾も富木常忍も阿仏房も全員法華講員です。それからずっと今日に至るまでの全ての法華講員とたったの50年間しか正宗に供養してこなかった創価学会と現在の貨幣価値に換算して「どちらが多く」供養したかは明らかで創価が正宗にしてきた供養など金額も期間も法華講の供養に遠く及ばない。それだけでなく創価民は供養を「してやった」法華講は供養を「させてもらった」。そのご供養の精神は金銭的・期間的なこと以上に創価は法華講に及ばないわけです。それが真実です。そんな状況に置かれながら「創価のお陰で云々」と法華講に対しマウントを取ろうとする創価民は本当に恥ずかしい。破門されて30年近く経過しているに過去の栄光にしがみついてみっともないですよね。それを言うなら、山崎正友や原島崇・福島源次郎などの各氏も創価や池田大作を守ってきたという輝かしい過去の実績があるわけです。それを仏敵呼ばわりしているのは当の創価民でしょ(笑)「してやったこと」はいつまでもネチネチいって「してもらったこと」はすぐに忘れるのが創価民なんですね~。だから嫌わるしバカにされるんですよ。過去に創価が日蓮正宗信徒でその時は一生懸命弘教し宗門を外護してきた事実は知ってますしその時の創価や池田大作は称えられべき功績を残したとは思いますが、今は正宗の信徒でもないし現在の法華講を増やしたわけでもない。今の創価は大聖人仏法を人々に捨閉閣抛をさせる謗法の邪教に過ぎない。結果を見れば創価・池田は謗法者を増やしただけで大聖人仏法に何一つ貢献などしていないわけです。そんな創価民が正宗の僧俗からマウントとろうなんて片腹痛いですなぁ。いつまで「一時だけ」頑張って大聖人仏法を信仰して頃を自慢しているんですかぁ?仏道修行を自慢するなんて仏教徒として恥かしくないんですか?


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

信仰は好き嫌いじゃない。

過日、創価時代からの付き合いのある後輩と話した。現在は消極的活動家(財務・新聞・選挙要員)という状態らしい。創価が大御本尊を捨てたことも良く分かっていなかったので(創価本部は大御本尊を捨てたことを会員に徹底していないよな)説明して創価を辞めるように勧めたが返ってきた返事が「自分は池田先生が大好きで大聖人より池田先生が好き」という言葉だった。ぶっちゃけ二の句が告げない位唖然とした。彼には男子部時代に教学の話をたくさんしてきたので彼なら分かっていると思っていたのだが「池田先生が大好きだから創価を辞めない」なんて言うとは想定外すぎた。でも冷静に考えてみれば彼のような2世・3世の創価民となると幼少期から親からそういう教育を受けてきたのだろう。幼少のころから池田センセと触れ合って可愛がられていたならいざ知らず、ほぼ会ったことのない人間を大好きになる感覚は俺のような創価と関係のない家庭で育った人間には理解できない。多分池田センセが好きっていうのはリアルじゃないんだろうな。彼の中の池田センセはアイドルと同じで「池田センセはうんこはしない」レベルの大好きなんだろうな。まぁ誰かを大好きになる気持ちは分かるし悪い事ではない。多分俺も例え自分の大好きな人が「犯罪者」になっても「好き」という気持ちは変わらないだろう。それが「好き」ということだからね。でも「好き」ということと「犯罪」とは別物なんだよな。いくら好きでもその人が犯した犯罪は正しいということにはならない。いやむしろ相手の事が本当に好きならば犯した罪を反省させ更生させるのが本当に愛情だと思うけどな。とはいえ池田センセを直接更生させることなどできないのだから彼に限らず池田センセの事が大好きなら尚更大御本尊の元に戻り自分自身が成仏し池田センセの事を祈って更生させるのが本物の弟子だと思うのだがどうだろうか?
◆自身仏にならずしては父母をだにもすくいがたしいわうや他人をや(盂蘭盆御書)
◆よき弟子をもつときんば師弟仏果にいたりあしき弟子をたくはひぬれば師弟地獄にをつといへり(華果成就御書)

そもそも、仏法というのは「好き嫌い」で選ぶものではない。あくまでも「正邪・高低・浅深」で選ぶものだろう。また「人」ではなく「法」なんだよ。彼には昔何度もそう言って聞かせたのだが「池田先生が大聖人より好き」だったらしい。全く残念な話だ。もっとも今の創価活動民はほとんどがこのタイプなんだろうと思う。創価が謗法だろうと正宗が正しかろうとそんなことは関係ない。だからいくら文理を尽くして創価の謗法を説明しても聞く耳をもたない。また理論的に正宗を批判しているような創価民もその根本は「好き嫌い」の域を出ないのだろう。池田センセと創価が大好きだからそれをイジメる日顕宗は許さない。っていうのレベルの話なんだろうと思う。こうなると最早、仏法でも何でもない「好き嫌い」の自分の感情論でしかない。そうなると文証も理証も通用しない。多くの創価民が文理を無視した功徳等の現証論に逃げ込むのはそういうことなんだろう。折角日蓮大聖人の仏法の存在を知ったのに自分の感情を優先させて謗法を重ねるとはつくづく不幸だ。創価や池田センセを嫌いになれというこではない。好き嫌いの感情を抜きにして仏法の正邪で判断し大御本尊を捨てることが「正か邪か」よくよく考えてみたらどうだろうか。それにしても「池田センセ大好き」後輩もなんとかしないといけないなぁ。次に会った時はガツンと折伏しようっと。「信心は好き嫌いじゃね~よ」ってね。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

「進む会」ってどこに?

公明党が全国後援会組織の「進む会」というものを先月立ち上げたらしい。取り敢えず次期衆議院の候補者9名の「進む会」が発足している。地元の市議が初当選したときに「2期までは応援するけどそれまでに学会と関係ない個人の後援会を作れるようじゃなければ政治家としての資質はないよ」と言ったことがあるが、彼も5期目に入ったが個人後援会はもちろん一つもない。20年も市会議員をやっていて後援会のひとつも作れないわけだからオレ的には政治家としての資質ゼロのまるで特保飲料のような男だ。もっともずっと創価の支援に胡座をかいてきたのは彼のみならず全ての公明党議員に当てはまる話で、本当に公明党議員なんて不要だと思う。今回の「進む会」だって先ずは学会員が会員になって学会員が講演会の会員を増やしてって話しで「自分たちの力」で後援会の会員を増やそうという発想は公明党にはないだろう。ようは「選挙の戦い方」を投票依頼から後援会勧誘に変えただけで結局投票依頼もするようなのだから学会員にとっては2度手間になって忙しくなるだけの話だ。その公明党のサイトに(以下太字は引用)
【7月中旬には、支持母体・創価学会の会員に対して、全国後援会への入会を要請。入会申込書には自身の名前などに加え、友人・知人の名前や住所を書き込める欄を設けた】と書いてあってこれはヤバイんじゃない?って思った。だってコレ絶対に本人の承諾を取らずに勝手に友人・知人・親戚とかの名前や住所を書いて出す創価民いるよ。個人情報の取り扱いに関するコンプライアンス五月蝿くなっている時代だけど創価民はコンプライスを遵守するという一般常識が欠如している人間か多いからね~。裁判で和解になった所謂「シアトル事件」についてだって言及しないという和解条項を無視していまだにネットに投稿している莫迦も後を絶たないし、相変わらず「励まし」で知り得た会員さんのプライベートを組織内でベラベラ喋っちゃうヤツ等だよ。個人情報なんていう概念がないんだよ。そういえば以前お寺に法華講が名簿を持って学会員の自宅を訪問するのは個人情報保護法違反だと言ってきた学会員の自宅に話に行った時にその学会員がオレの車のナンバーを勝手に控えていたから「お前それこそ犯罪だろ」って言ってやったけど、そんな連中だから後援会の申込書に知り合いの名前を勝手に書いて提出するなんてお茶の子さいさいってもんだろ。見に覚えのない公明党議員から訳のわからないLINEとか来たら速攻ブロックしてくださいね。犯人は貴方の周りにいる学会員ですよ(笑)しかし「進む会」って本当にセンスがないよなぁ。大作センセが会員の子供につける名前くらいセンスない。そもそも公明党ってどこに進むのよ?アンチとか関係なく公明党がどこに進もうとしているのかオレにはまったく分からない。平和の党とも福祉の党とも言えないだろ?かと言って自民みたいに自主憲法設立という党としての具体的な目的もない。「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のために戦い、大衆の中に入りきって、大衆の中に死んでいく」との大衆直結の精神といけど、別にそれなら議員なんてやらなくていいじゃん。大衆直結って・・・で結局それって何?って思わないか?まぁ結局、公明党が権力と権益を手放したくないなら解党からの自民合流へと進むしかないけどね。まぁとにかく非常識学会員さんに言っておきたいのは、勝手に後援会の申し込書に他人の名前を書かないように。なにせオレの退会届を勝手に書いて出しちゃう人達だから信用できないからな(笑)


にほんブログ村

公明党・山口代表「選挙は信心」全否定。

公明党・山口代表に疑問をぶつけてみた

公明党の山口代表のインタビューの記事を読んだ。政治と信仰の関係について山口代表は(太字は引用)
「信仰の世界、宗教の世界と政治の世界は違う。政治の世界は議会制民主主義で多様な価値を認め、平等、自由が保障されているわけで、公明党もそこを前提にできている。もちろん信仰や宗教、哲学というものは人間を深く洞察するものなので、そうした価値観が政策に反映されるのも望ましいことだとは思うが、宗教世界の価値体系をそのまま政治の世界に持ち込むべきではないと思っている」と話した。(記事より引用)
との見解を示した。全くの正論だよね。正論なんだけどこれは創価民が公明党を支援している大きな理由を全否定してしまったね。創価幹部達は会員に選挙の度に、「選挙は信心」「王仏冥合・立正安国の戦い」なんて言って【だから】「選挙の戦いには功徳がある」と説明しているが、いくら支援する側が選挙と信仰を結び付けようと支援される側がキッパリと「信仰と政治の世界は違う」と創価幹部の会員に対する選挙に対する指導を全否定しちゃいました(笑)これでは現場の幹部や活動家は立つ瀬ないですなぁ。山口なっちゃんもこんなこと言っちゃって大丈夫なんだろうか?と心配(してないけど)です。もっとも山口なっちゃんが公のインタビューでこのように発言しているのだから当然これは創価執行部も了承している認識なんだろうね。つまり創価執行部は別に「選挙は信心」なんて思っていないということだね。なのに「法戦」だとかいって会員を煽るのはどう考えても「詐欺」でしょ。日蓮正宗の事を「日顕宗」と呼んで根拠もないことで誹謗中傷するヘイトな創価民。そしてネット等で執行部批判をする会員を査問し除名し更にはスラップ訴訟までする非民主的な創価本部だよ。こんな連中・こんな組織が支援する政党が与党にいるのは恐怖ですよ。「平等」も「自由」もあったもんじゃない。そもそも多くの一般有権者にとって公明党なんて最も不要な政党でしょ。共産党のように野党ならともかく与党なら要らないでしょ。与党を支持するなら自民党で十分なんだから。公明党が与党になって何か変わりました?貧富の差は広がり、防衛費も増え続け、政治と金問題も年金問題も国会議員の定数削減も何も変わっていない。いやむしろ庶民への負担は増える一方でしょ。公明党の存在ないんて無いに等しいと俺は思うけどね。それでも会員が一律で公明党を支援していたのは「選挙は信心」「選挙は広宣流布」というお題目があったからでしょ。多種多様な人間が揃って同じ政党に投票するのは【政治的】にはありえない。組織票はその組織に所属している人間に共通の価値がなければ成り立たない。つまり創価民が公明党を支援するのは【宗教的価値】によるもの以外にない。それが今回山口代表の一言で否定されたわけだ。そんなわけで公明党代表も「政治は信心じゃない」と明言しているのだから創価民もいつまでも選挙の度に「法戦」だとか「功徳」だとか言って騙したり騙されたりするはもう辞めよう。創価学会が公明党を支援しているのは【宗教的】な心情・思想に基づいているのではなく世法的な損得勘定でいいんだよ。そもそも政治というのはそういうモノなんだから。個々の損得を多数決で決めるのが政治だよ。だから創価民が創価本部や執行部が「得をするため」「政治権力を保持するため」に公明党を支援してるというならそれはそれでいいんだよ。創価民として創価が権力を持つことは自分にとっても「得になる」と思って投票するのは立派な政治的判断だと思う。だた非会員の一般人にはちゃんとその旨を伝えなさいよ。「創価学会を強く大きくして守るために貴方の1票を公明党に投票してください」と正直にいいなさい。ウソはいかんよ。ウソは。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>