FC2ブログ

太閤園を創価が買収。

大阪・太閤園の買い手は創価学会 藤田観光から3月に

大阪市の老舗宴会場「太閤園」を創価学会が買収したという報道がされましたね。関西方面の方はここで挙式した人も多いのではないでしょうか。一部情報によると、相場60億円のところ5倍以上の300億円以上で創価が買い取ったらしいです。仲介者もいたみたいで、通常の不動産取引の仲介手数料は売買価格の3%ですから正規の手数料だけで約10億円も支払っているんですね。私は現在は創価にビタ一文も金銭を供給していませんから創価が何に金を使おうと文句も何もありません。たとえ不動産物件を相場の5倍の金額で購入しても「バカだなぁ」と思うだけです。ただこんなお金の使い方をされて財務をしている現役会員さんは頭に来ないのかなぁとは思います。もし宗門がこんなお金の使い方したら私だったらイヤだなぁって思います。創価の財務は一応は「ご供養」扱いで「広宣流布の為に使う」というのが建前で、私も活動家時代は「広宣流布のため」という気持ちで財務していました。今回の「太閤園」の買収は広宣流布の為になっていないと思いますよ。「太閤園」といえば関西のみならず全国的にも有名な老舗の宴会場ですからヤフコメにも3000を超えるコメントが寄せられていますが、好意的な意見は5%くらいで残りは批判的な記事ばかりです。つまり創価学会本部は【300億円で世間の反感を買った】ということです。コロナで厳しい生活を強いられている中、昨年末に財務をした会員さんや欲しいモノややりたいことを我慢して財務をした会員さんも多数いるでしょう。そうして集めたお金をポンと300億円以上使っちゃうんですよ。「創価学会は旧太閤園を持っているんだよ」って自慢する学会員がいたら結構イタいし、それを聞いて「凄いなぁ創価学会!」って感動する人はいないと思うんですけどね。いくらお金があるからって何も無駄使いする必要はないと思うんですよ。大石寺の上古のご歴代上人は未来の為にお金を後世に残して伽藍などを整備してきた歴史がありますがそれが信徒からの供養の金銭の本来の使い方だと思うんですよね。確かに不動産も資産といえば資産ですが現金より流動性に乏しいし宗教団体が必要以上に不動産を所有するのは世間的にも当然反発を食らいますよね。ただでさえ創価の場合は全国に一般人どころか会員すらも自由に出入りできない会館を所有をして良く思われていないのにね。昔、バブルの頃、日本が世界中で不動産や老舗の企業を買収して「エコノミックアニマル」なんて呼ばれた時代や(実際は高度成長時代にそう呼ばれていあたのです)今は中国がそんな感じですが金にモノをいわすような行動は世界の人々から顰蹙を買うのでしょうね。ましてや宗教団体が「金にモノをいわす」ように見える行動をとれば、ただでさえ税制優遇を受けているので世間から反発は一般企業より強くなりますよね。さて買収した「太閤園」の使い道は今後発表するらしいですが、多分「発表」なんてしないと思っています。「発表」する必要もありませんからね。多分、池田大作氏の葬儀や法要に使うんだと思いますよ。あとは公明党の議員が誰かを接待するときとか。自所有の場所での接待ならば文春砲も躱せるだろうし(笑)でも、会員のお金で買ったんだからせめて学会員に無料で結婚式や法事で使わせてあげて欲しいですよね。まぁ通常の会館も自由に使わせてくれない創価が会員に対する福利厚生など考えるはずもないとは思いますが。まぁ私のお金じゃないからどうでもいいですが、大聖人の名前を騙って集金した金をビタ一文、大聖人の為に使わない創価。やっぱり詐欺団体としか思えませんね。「大聖人の名前で金儲けするなよ」とこれだけは言わせてもらいます。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

そんなヒロシも外され~。

菅首相にまた大打撃!盟友創価学会の大物副会長が退職
おーっと。佐藤ヒロシ副会長が定年退職ですかぁ。「ゲンダイ」記事なのでにわかには信じられない。あの佐藤ヒロシが出世街道から外されるなんて。佐藤ヒロシ副会長と言えばオレが男児部時代の全国男子部長。谷川氏が青年部長だった。個人的にはそのころから傲慢ちきでいけ好かね~男だったな。何度も会合で会ったなぁ。総県の広宣部の会合(表向きは創価班の会合)でみんなスーツ・ネクタイで参加しているのにオレ一人だけジャージで参加して帰り際にサトヒロから直接激励を受けたことが今となっては創価時代のいい「おもひで」ですな。そんなヒロシも壮年部になり副会長になり政治部門を担当することになって政界の大物とも交流ができてスッカリ創価の実力者に上りつめました。公明党議員も「そんなヒロシの脅され~」た議員も多いでしょうな。私の知人の元公明党の国会議員も「そんなヒロシに騙された」と言っていました。わが世の春を満喫していたヒロシ副会長だったけど、今回の遠山キャバ彦事件の責任を取らされる形で要職から外されちゃっうんだね~。もしかしたらキャバ彦と一緒に高級クラブにいたのかなぁなんて思ったりしました(同席していたという噂はある)ついこの間「辞職した遠山は立派だった」なんてわけの分からないコメントしていたのにね。(辞職は当然で全く立派とは思えないけどね)まぁヒロシも色々と調子に乗り過ぎてたし失策を狙っていた連中が創価中枢に大勢いたのだろうね。ここぞとばかりに追い落とされてちゃったね。これで次期会長レースからヒロシは脱落ということですね。いままで思うがままに他人を粛清して蹴落としてきたヒロシでしたがまさか「自分の番」が来るなんて思っていなかっただろうね。それを言ったら散々戸田会長を利用した池田もいまでは逆に原田会長達に利用される立場になってるからこれが創価という組織に脈づく伝統なのかもしれない。中央だけじゃなくて末端でも似たようなことが行われているしね。これが在家だけの組織のモロいところだよ。在家が在家に指導するとなるとどうしても役職は権力になっちゃう。いくら創価の役職は権力でないといってもそうなってしまうんだよな。で、そうなると権力争いが起こるりドロドロになっちゃうよね。そうやって会員同士を競わせ、内部の組織同士を争わせて組織の活性化・拡大をしてきたのが創価だからな。ただもうそのやり方も時代にマッチしていなし、そもそも信仰って他人と争うものではないからな。ともあれ、オレの創価男子部時代の象徴であった佐藤ヒロシ副会長が創価の中心から外されるという話を耳にすると「ああ一時代が終わったなぁ」って感慨深いね。ヒロシは今後どうすんのかね?キャバ彦と一緒に反創価に身を転じれば面白いけどそんな度胸もないだろうし。定年退職だから今後は嘱託として創価に残っても閑職しか与えられないだろうし。まぁヒマになるだろうから「ソロキャンプ・ユーチューバー」でもやるか。ってもうそんなヒロシはいるから二番煎じではダメか(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

謹賀新年。

宗祖日蓮大聖人生誕800年の2021年明けましておめでとうございます!読者の皆様方におかれましては穏やかで清々しい新年をお過ごしのこととお慶びお申し上げます。私が今年は例年以上にだらだらとのんびりとした正月を過ごしています。実家に行ったり友人宅へいったりと近場をウロウロとする合間に唱題しています。また昨日はお寺での新年勤行会に参詣させていただきました。毎年正月には参詣してご供養させていただいていたのですが新年勤行会の時間に参加したのは初めてです。創価時代にも新年勤行会に参加していましたが、寺院でご僧侶の導師による勤行・唱題は創価時代の会館で在家同士の勤行会よりもいいなぁって思いました。やはり仏事にはご僧侶は必要だと思いますね。創価は仏法の本義だのヘッタクレだのと言って僧侶不要を言っていますが、そういう訳のわからないことではなく、純粋にご僧侶とともにご本尊様に新年のご挨拶を申し上げるのが気持ちがいいわけです。今年の新年の御書は、私が正月に唱題をあげていた時に思い浮かんだ御書の一節を拝読させていただきます。

◆予一たびは歎いて云く仏滅後既に二千二百二十余年を隔つ何なる罪業に依つて仏の在世に生れず正法の四依像法の中の天台伝教等にも値わざるやと、亦一たびは喜んで云く何なる幸あつて後五百歳に生れて此の真文を拝見することぞや(顕仏未来記)

昨年から続くコロナの影響で今年もまだまだ先行きは不透明で不安も勿論あります。コロナだけではなく「なんでこんな時代に生まれてきたのか?」と嘆きたくなることが人生の中で多々あります。ただこんな末法の時代に生まれてきたからこそ、「此の真文」即ち戒壇大御本尊様を拝見できるのです。正法・像法の時代に生まれていたら、御本仏と会うこともなくその名前すら聞かないまま迹化の菩薩・他方の仏として「仮の成仏」しかできなかったのです。しかし悪世・濁世の末法に生まれたお陰で我々は本化地涌の菩薩として成仏できるわけです。こんな時代にと一旦は嘆くこともありますが、こんな時代に生まれてきたことを「幸福なこと」嬉しく思います。ましてや今年は宗祖生誕800年の佳節の年です。この意義ある時に大聖人様の弟子として大御本尊様にお会いできる法華講員でいられた事に感謝です。というわけで今年も1年間、行学に励み自行化他の信心を心がけていく所存ですので、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村

今年もありがとうございました。

早いもので今年も最後の一日となりました。昨日のうちに仏壇をきれいにし御宝前に正月のお供物もお供えし例によって大晦日は妻の邪魔をしないというのが私の最大のミッションです(笑)今年はコロナ・コロナの一年でしたね。幸い私の周囲では罹患した人はいませんでしたが、仕事も日々生活も経済的・精神的に苦しい一年でした。そんな中でも当ブログの長年の読者の天覇さんや実の妹が勧戒・御受戒を受けられたことは大きな喜びです。また100日唱題行という初めての体験をさせていただき今年は信仰を始めて以来一番多くの唱題をあげさせていただいた一年です。毎月の御講にも欠席することなく参詣でき、登山も三回でしたが行くことができました。(あやめさんにも会いました)そして日々の教学の研鑽で新しい発見もあり教学力も少しは向上したと思っています。いずれにしても行学ともに大聖人仏法の信仰者として成長させていただいた気がします。本ブログの読者の皆様の存在も自身の信心を進め、深めていくのにはなくてはならない存在です。1年間当ブログをお読みいただき本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。皆様、よいお年をお迎えください。


にほんブログ村

燃やすモノを間違えたのね。

団体職員が放火容疑で逮捕され昨日あたりからネット界隈がザワついてますね。犯人の団体職員とは正確には創価学会職員で、かつ全国少年部書記長だったそうです。それではアンチ創価がざわつくのも無理もないですね。創価民は正宗僧侶が何か事件を起こすとブログやSNSで大騒ぎするのですが自分達の事になるとダンマリなのが「いとおかし」です。数年前に問題化した靖国献灯問題も警察に届を出した。という報道を聖教新聞に1度だけ掲載しましたがその後はダンマリ。結局は創価が組織として靖国に献灯したんでしょと誰もが思うわけです。さて私のポリシーとしては別に創価幹部が犯罪を犯そうともそれを理由に創価は間違っているなんていう野暮な事はいいません。正宗僧侶の事件を口にして正宗全体を貶めるような創価民と遭遇したならそのカウンターとして創価学会員関与の事件を述べるだけです。正宗僧侶の関与した事件と比べ物にならない位、創価民の起こした事件の方が件数も多く、その内容もヒドイということを知らずに、やれ「正宗僧侶が酒気帯び運転で捕まった」とか「正宗僧侶が下着泥棒をした」とかいちいち言ってくるアフォ創価民には今回の事件は機会があれば使います。なにせ「放火」ですからね。そういえば以前も正宗寺院に放火して捕まった学会員もいたみたいですね。そもそも、創価民や正宗僧侶・法華講が事件を起こすことと法門法義の正邪は全く別物ですからね。オウムじゃあるまいし日蓮正宗の教義に則て正宗の僧俗が犯罪を自主的にしたわけではないし、それは創価民も同じで「池田先生の指導の元」で放火したわけじゃないですからね。池田先生や創価本部の指導の元で法令違反しているのは選挙活動だけでそれ以外は法令違反や犯罪を犯したのはその人個人の問題であり宗旨の問題はないですからね。今回の放火学会員も「仏法の本義に則って放火しました」というわけでなく「職場でのストレス」が原因だったようです。「さもありなん」と思いましたね。そもそも現在の創価本部は執行部や公明党に異議を唱えると査問し除名しスラップ訴訟を起こすということを現実的に実行しているわけです。財務を含め学会活動をしている一般会員に対してですらこのようなハラスメント行為をしているのですから、本部職員という職場ならそれ以上のパワハラ・セクハラがあって当然だと思うのが普通ですよね。放火するほどのストレスが創価学会という職場には存在するのでしょうね。そう思うとこの放火学会員が哀れに思えてきます。27歳で全国少年部書記長なんて創価エリートじゃないですか。創価エリート故の悲劇でしょうね。普通の企業に勤めていればパワハラなどを受けたら訴える場所があるのに創価職員ではしかるべきところに訴えるどころか迂闊に愚痴もいえません。そんな愚痴が漏れたらそれこそ更なる粛清という名のパワハラが待っていますからね。また普通の企業なら病んで犯罪を犯す前に退職することも可能ですが創価エリートとなるとやめるという事も諸事情でいえなかったんでしょうね。そう考えると彼は創価エリート故に犯罪を犯してしまったということになります。彼の犯した犯罪は「池田先生の指導」や「創価学会の指導」とは全く無関係ですが、創価学会という職場・組織は大きく関係しているとは思うというか、本人が「仕事上のストレスで放火した」と証言しているだから「創価の仕事」が原因です。創価民が言うには創価職員は広宣流布の為に働いているらしいですから、創価のやっている広宣流布というのは職員が放火をしてしまうほどのストレスがたまる仕事なんですね。いや広宣流布を仕事=金銭を得る手段にするからストレスがたまるのかもしれませんね。信心の炎をもやすのでなくゴミ袋をもやしちゃった放火学会員さん、実にお気の毒な事です。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>