FC2ブログ

「たたき上げ」=庶民派という妄想。

菅総理が予定通りに発足し新内閣も発表されましたね。まぁコレといって目新しいわけでもなく各大臣の陣容をみているとこの国はいつまで老人が中心になって動かしているのだろうと思います。確かに年配者にはそれなりの経験があるのは認めますがプロ野球もそうですがベテランだらけのチームは魅力もないし未来もありません。チームが強ければまだいいですが弱いチームにベテランだらけとなると夢も希望もないですね。さしずめ「介護内閣」というイメージです。それはさておき菅総理の事を「たたき上げの苦労人」といってメディアが持ち上げていることに違和感を覚えます。確かに世襲議員と比べれべ苦労して選挙に勝って総理総裁まで昇りつめたのは立派だとは思いますが、「たたき上げ」=庶民を大切にする。という図式には疑問があります。私はむしろ逆パターンの方が多いと思ってます。私の周囲にも「たたき上げ」で一代で財を残した社長連中がいますが、そうした社長連中をみると会社を大きくして財を残した社長が社員や周囲を大切にしたかといえばむしろ逆な人の方が多いですね。社員は使い捨て・周囲の人は利用する時は利用しておいて平気で裏切る。別に私はそれが悪いことだとは思いません。なぜなら誰かを利用したり裏切ったりしなければ「たたき上げ」で成功することができないからです。そもそも「苦労」や「努力」というのは誰かの為にするのではなく自分の為にするわけです。上昇志向が強ければ強いだけ「努力」し「苦労」するわけでそれらは全て自分だけの為です。こういう人はトップになろうと何になろうと今まで通り誰かを利用したり裏切ったりすることを続けるわけです。何故ならそれが自分自身の成功体験ですから。たたき上げの苦労人は庶民の気持ちは分かるかも知れませんがだからといって庶民の側に立つことはありません。創価の池田大作もある意味「たたき上げ」でしょう。今の執行部の原田なんかよりずっと創価の組織の中ので苦労をしてきたとは思いますが、それは別に会員の為でもなんでもなく「自分の為」なんです。池田大作の才能は「自分の為のの苦労」を「会員の為に苦労した」と思わせるところです。普通、会社の社長が社員に向かって「俺はお前たちの為に仕事を頑張っているんだ」といったら反発されますよね?ところが池田は平気な顔をして会員にそう言える。そこが素晴らしいと思います。菅総理同様、池田も創価のトップに昇り詰めるまでは師匠の戸田会長ですら利用し裏切ったりして昇り詰めたわけです。戸田会長だけではなく宗門もそして戒壇大御本尊すらも利用して要らなくなったら捨ててきた。それが池田大作だと思ってます。これは原田ではできない。何故なら原田は庶民(会員)の気持ちが全くわからないから。池田は「たたき上げ」で「会員の気持ちが」がわかるからこそ逆に会員を利用する方法を考案するのに長けているわけです。「池田先生は私たちの事を分かってくれる」それは間違っていないかもしれない。だけど「池田先生が私達(学会員)を救ってくれる」というのは妄想です。誰か直接的に池田に助けてもらった人がいますか?池田の言葉を勝手に自分が解釈して「励ませれた」と妄想しているだけでしょう。少なくても私の周囲の池田信者は全員そんな感じです。それにしても「たたき上げの苦労人」が権力を持つほど危険なことはない。苦労して得た権力や地位だからこそ執着する。執着するが故に保身に走る。菅総理も池田大作も同じでしょう。そもそも、自分のことを「庶民の王者」なんて言う「庶民」はいませんよ(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

学会活動のない生活を楽しんで。

ついにと言うかやっと言うべきか安倍総理から7道府県に緊急事態宣言が発令された。こんな時に正宗が寺院行事を行っているようなデマをネットに流している創価民が見受けられるが、日蓮正宗では本山行事は全て中止になっていてオレの所属寺院も先月から御講など全ての寺行事は中止になっている。オレは週に1~2度お寺の駐車場に車がない時を見計らって唱題しに行っているが人がいなくてむしろ唱題がやりやすい。そんな中、創価も現在ガッカイカツドウを自粛中だそうだが、オレの県下には市議会選挙期間中の自治体があってこんな緊急事態時にも選挙活動をしている創価活動民もいて「自粛ってなんじゃろね」と思ったりしている。それでも選挙に関係のない大半の創価活動民は活動を自粛していてヒマな毎日を過ごしているらしい。こういうときこそ暇を持て余していないで学会活動の代わりに題目でも上げればいいのにと思うがどうやら唱題などという地味な修行はしたくないらしく「活動がないからないヒマだぁ」とオレの知人の創価民達はこぼしている。そこでそんな時間を持て余している創価民に色々と提案している。例えば.五座三座の勤行をするとか。創価の通達としては五座三座の勤行を禁止してないのだからひさしぶりにちゃんとした勤行をしたらどうか?と知人の創価民に言ってみたが、もう方便自我偈の勤行に慣れているのと、そもそも長行が書いてある経本が手元にないので無理らしい。また.戸田2代会長の墓参にいってみるなんてのはどうだろ。先日は戸田会長の祥月命日だったが戸田会長の墓所は大石寺の五重塔のところにある。その場所は誰でも墓参できる場所なんだからお墓参りはいつでもできるぞ。永遠の指導者であり大作の師匠でもある戸田会長の墓参もしないのは弟子としてというか人としてダメだろう。さっきも書いたが本山には今は人もいないし車で行けば安全だしヒマしているなら一度戸田家の墓を訪れてみたらどうか?ついでの境内を散策して「野犬の群れ」や「ぺんぺん草」をさがすのも一興ではないか。桜はもう遅いが気分転換に出かけてみたらどうだろうか。それが嫌ならネットサーフィンでもして創価や学会員がどう思われているのかリサーチしたらどうだろう。普段は活動で忙しくネットなんて見る暇がないだろうから、こういう時にネットに書かれているアンチ創価の声を聞いてみることをオススメする。別にアンチ創価サイトを見たところでバリ活諸氏においてはそれによって紛動されることもないだろうからしっかりとアンチ創価の意見をリサーチし今後に活かして欲しいと思う。相手がどう思っているのか知ることは大切なことだぞ。創価活動民は反対意見から目をそらしているからKYな言動して益々嫌われるのだからここは勇気をもってアンチ創価のサイトを覗いてみてはどうか?本ブログなら法論だって可能だぞ(笑)いままで学んだ創価教学がいかにポンコツか本ブログで法論のひとつもすれば分かるぞ。法論が嫌なら自分で「ポンコツ創価教学」のブログでも立ち上げてみたらどうだろう。前にタイ焼きとかいう支部長が創価ポンコツブログを開設してそこそこ人気もあったみたいだからいいヒマつぶしになるんじゃないか?しかしアレだよ。学会活動がなくてヒマって感覚はおかしい。本来の大聖人仏法に「ガッカイカツドウ」なんていう項目はないんだよ。信心は朝晩の勤行と教学の研鑽そして折伏・弘教以外に何もない。選挙や新聞啓蒙は折伏・弘教のための手段であってそれが目的ではないだろう。もっといえば創価民達は「幸福になるための信心」といつも言ってるだろ。それがいつの間にかガッカイカツドウをやるのが目的の人生になちゃってるじゃないか。本末転倒の人生を送っていると思わないか?ここはいい機会だからじっくり自分の人生や家族の事を見つめ直してみたらどうか。まぁずっとガッカイカツドウ漬けの心身になちゃっているから「活動ロス」状態になる気持ちも分かるがそれは一時のことで学会活動を辞めればもっといろんなことを、家族や友人たちまた一人でできるんだ。学会活動中心の毎日がどれほどつまらないものかもわかると思う。そもそも信心とは自分の家族や趣味や仕事、友人との付き合いといった生活を犠牲にすることではなく自分の生活を豊かにするためのものだよ。しかもガッカイカツドウなんて創価学会のために奉仕する活動で仏法とは全く無関係で周囲の人間にとっては邪魔なだけで何の役にも立たないし当然感謝どころから嫌われる活動だからね。自治会や消防やPTA活動のような奉仕活動の方がよほど役立つだよなぁ。まぁとにかくここ1ヶ月はガッカイカツドウは自粛なんだからちょっとガッカイカツドウから離れて色々と生活のリズムとか見直した方がいいよ。ガッカイカツドウのない生活に慣れてガッカイカツドウのない生活を楽しむように工夫しましょうね。それでこそ価値創造でしょ。またすでにガッカイカツドウにうんざりしている会員さんはここがチャンスだからこのままファードアウトしちゃいましょ。オレは友人・知人の現役の創価活動家をこの機に破折・折伏の「創価活動民狩り」でもしようと思ってまぁ~す!



にほんブログ村

新年のご挨拶。

2020年の新年を皆様方におかれましては健やかにそして穏やかに迎えられたこととをお喜び申し上げます。私も例年通り遠出することもなくまったりと過ごしています。

◆先ず五節供の次第を案ずるに妙法蓮華経の五字の次第の祭なり、正月は妙の一字のまつり天照太神を歳の神とす、三月三日は法の一字のまつりなり辰を以て神とす、五月五日は蓮の一字のまつりなり午を以て神とす、七月七日は華の一字の祭なり申を以て神とす、九月九日は経の一字のまつり戌を以て神とす、此くの如く心得て南無妙法蓮華経と唱へさせ給へ現世安穏後生善処疑なかるべし、法華経の行者をば一切の諸天不退に守護すべき経文分明なり(秋元殿御返事)

日本における節句とはすべからく南無妙法蓮華経の祭りであると大聖人様は仰せです。すなわち大御本尊様の祭りでありご本仏大聖人の祭りです。なかでも正月は「妙」の祭りです。ご存知のとおり妙の一文字には3つの義があります。曰く、「蘇生の義」「開の義」「円満の義」です。まさに正月とは昨年までの様々な苦悩を蘇生させ、この一年の未来を大きく開き、円満な一年を過ごすための祭りです。この妙なる祭りを事としてこの一身の上に正月を迎えることができるのが我等日興門下の富士門門流の弟子檀那です。その感謝を胸に「妙なる祭り」の正月を過ごし今年1年の「現世安穏・後生善処」をご祈念しています。

皆様方にとっても、円満で幸福な一年でありますようご祈念申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。


にほんブログ村

令和元年も終わりですね。1年ありがとうございました。

新元号となった令和元年も大晦日になりました。お仏壇と周辺をきれいに掃除しお寺で新しい樒をかって御宝前に鏡餅などお供えをしあとは嫁の料理の邪魔をしなようにひっそりとゆっくり年が明けるのをまつだけです(笑)昨日は思いがけなく本ブログの読者の方が勧戒を受けたとの嬉しいご報告もいただきました。今年も1年色々とありましたがなんとかこうして無事に大晦日を迎えることができるのも御本尊様のおかげだと感謝しています。また今年も本ブログの読者のかたや地元の知人が数名創価をやめ大御本尊のもとに戻り正法を受持することになったのは大きな喜びです。そして本ブログにも多数の叱咤激励のコメントをいただき感謝しています。引き続き来年もチクチクと創価にダメだししていく所存です(笑)ともあれ一年間ありがとうございます。皆様におかれましては良い新年を迎えれらますようご祈念申し上げます。


にほんブログ村

なんだか似ているんだよね。

韓国への「ホワイト国」除外に対しかの国の反日反応が日増しに強まっている。
「ボイコット日本」は不買運動にとどまらず、GSOMIA破棄、竹島での軍事練習などの安保や
東京オリンピックのボイコットなどをチラつかせ恫喝まがいの発言が相次ぐ。

また、カーリングの親善試合への日本チーム招待の取り消し、日本で行われる「ミスインターナショナル」への「ミスコリア」の不参加を始め各種交流の中止などのスポーツ・文化の面にも及んでいる。

俺は別に韓国を好きでもなければ嫌いでもない。あえて言うなら韓国は俺にとっては無関係・無関心の部類の国である。がここまで執拗に反日をされると「嫌韓」にならざる得ないというのが正直なところだ。韓国なんて興味の対象にならない国ではあるが、俺は日本人として日本が好きだし日本人として日本に関連することについて無関心ではいられないからだ。

しかし韓国もほとんどすべての面で日本をボイコットするならばいっそ国交断絶でいいじゃんかと思う。どっちみち南北統一をすれば日本としても正常な国交をすることは不可能なのだからいっそのこと韓国は思い切って日本と断交するべきだろう。日本との断交は南北統一への大きな一歩となること間違いなしと思うから文大統領には是非日本との断交の英断を下してもらいたい。

そもそもいくら隣同士でも韓国・・いや朝鮮人と日本人は悲しいかな絶対的にソリが合わない。
「友好国」とかいいながら半世紀も反日教育を続けているお国である。

そんな国と真の友好は結べないと思うのだがいかがだろうか?
今すぐに韓国が反日教育をやめたとしても最低でも約100年は反日国家であろう。
なのでここはせめて今後100年間くらいは断交してもいいかと思うのだある。
正式に「断交」といわなくても、事実上の断交でもいい。

お互いに何の協力もしない。干渉しない。在日の方には申し訳ないが日本国籍になるのがイヤならば故郷にお帰り願いたいものである。


さて、そんな韓国と韓国民をみると「創価と創価民に似てるよなぁ」ってつくづく思う。
これは別にこじつけで言っているわけじゃなくて、本当によく似てるって思う。
徴用工やレーザー照射に対して説明を求めてもシカトなのにこっちが二国間協議に応じないと
「日本は対話に応じない」と声を荒げてアピール。
平成の創宗問題も最初は例の池田スピーチに対する宗門からの文書での回答を拒否したのがいけなかったのに、いつの間にか「宗門が対話を拒んだって」って話になり、
それでもまだ僧俗和合の道はあったのに、破門されてもいないうちから「宗門攻撃」
で破門されれば今度は全ての責任は宗門にあると言わんばかりの論調だ。
例のローソク集会と日顕宗撲滅唱題会もなんかやってることが稚拙さ加減も含めて似ている。

また「ウソも100回言えば本当になる」論法は正に創価お得意の論法である。

他にも謝罪しない。詭弁を使う。論点をすり替える。など巷やネットでの創価活動民と反日韓国民の共通点は本当に多い。要は「まともな対話」を出来る種類の人ではない。

大作センセのありがたい指導でも

▼「一」言われたら「三」言い返す。「三」言われたら「十」言い返す
 ――この不屈の反撃精神こそ 言論戦の方程式である。

反逆者には「この野郎、馬鹿野郎」でいいんだ!

とあるように創価が韓国で流行るのもなんとなく頷ける。

池田大作朝鮮人説は昔から言われていることで個人的には大作センセが朝鮮人だろうと日本人だろうと全くそこには興味がないが、ここまでいまの韓国がやっている事が創価と似ているとなると一体なぜなのかと興味がわく。創価民の多くは日本人なのにやってることはいまの反日韓国人と同じ。となるとこれは人種の問題ではなく「教育」の問題なのだろうね。いまの韓国の若い世代で実際に日本によって何がしかの被害を受けた人はいないだろうが「反日教育」を受けて育つと日本が憎くてしかたないという風になるの。いまの若い世代の学会員も同じ。日顕上人や宗門によって何か被害を受けたことなどないのに創価の「反宗門教育」によって宗門憎しの塊と化している。韓国の反日教育と同じで創価でもいまでも教学試験の名を借りて「日顕宗を破す」などという「反宗門教育」を会員に対して行っている。

断交ならぬ破門をされて当然だろう。道理や理論が全く通じず自分達の主張と要求ばかりを感情的になって話してくる学会員の姿と反日に血眼になっている韓国政府と韓国国民の姿は本当にダブって見える。それにしても韓国は大作センセや創価学会と固い友情で結ばれているはずなのにこの状況を打破できないのかね?まぁ所詮相手に対しておべんちゃら使って小遣いをあげるだけの創価・池田民間外交ではいざという時には何の役にもたたない友情しか結べないけどさ。この際「韓国公明党」を作って反日を緩和させたらどうだろうか?いや「韓国公明党」が先頭に立って反日やりそうだからダメか。





にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>