新・四箇の格言

◆大難の来れるは真言は国をほろぼす念仏は無間地獄禅は天魔の所為律僧は国賊との給うゆへなり(諌暁八幡抄)

「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」
四箇の格言だ。
いうまでもなく大聖人はこの四箇の格言をもって
身命に及ぶ大難を偲ばれ法体の折伏をされた。
その四箇の格言を大作センセが否定して久しい。
いわく
※ 四箇の格言を、大聖人が唱えられたものだからと言って、
人々の心を無視し、時代の変化を無視して、ただ繰り返し唱えても、
かえって大聖人の御心に背くことになりかねない。
それではドグマ(教条)になってしまう。宗教の魔性は、
そういうところに現れてくるからです。


だと。お得意の「時代の変化」と「人々の心」で仏法は変化する。という大作教学だ。
鎌倉時代と現代と時代が違うよ。なんて利口ぶっていっているが
仏法上では鎌倉時代も現代も「同じ末法」である。
同じ末法なのであるから「人々の心」すなわち「機根」も同じ本未有善。
時代も機根も同じであるのだから、当然法体も同じ。
流布の方法も同じ折伏。なのである。
四箇の格言を「ドグマ」と捉えること自体がすでに大聖人を愚弄する発言であり
大作センセが大聖人仏法を理解していないかあるいは信じていないかの
はたまたその両方(この可能性が大)なのである。
そんな、無智で無信心の大作センセが「使えない」といった四箇の格言だが、
現代でもしっかりと生きた格言である。

創価無間。
創価が戒壇御本尊を謗法の地にあるなどと偽り
捨てよ・閉じよ・擲てと騒ぎ立てる様は念仏と同じ。

創価天魔。
創価の御書の文証によらない大聖人直結などという仏法の附属を無視した主張。
そして自分が本尊などという妄想はまさに禅宗と同じ。

創価亡国。
創価はご本仏たる大聖人(大御本尊)を捨て創価仏などという架空仏を立てる。
本来の主たるご本仏を捨て架空仏をたてるのは真言と同じ。

創価国賊
本来の大聖人仏法とは無関係な、選挙や新聞啓蒙などを修行と称する戒律(ルール)をやらせようとする。
また世界平和などという名目で権力者と癒着するすのは律宗と同じ。

どうよ。十分使えるだろ。
時代が変わろうが人々の生活が変わろうが科学が進歩しようが
謗法邪教の人間・組織がやることはかわらないのである。
大御本尊を捨て誹謗し、一人血脈を否定する。
創価が生まれる遥か昔から大聖人の御在世よりずっと繰り返されきたことであり
その都度、大聖人と真実の日興門下の僧俗に破折され続けた来たのである。
そして現代。創価学会という鎌倉時代の4邪教が全て合体した謗法団体が誕生した。
まさに創価とは「邪宗界の王者」なのである。
そんな創価が「四箇の格言」を使えないのは
自分達が「いわれる立場」「破折される立場」だからだ。


日寛上人は
◇常に心に折伏を忘れて四箇の名言を思わずんば、心が謗法になるなり

とご指導されている。
故に日興門流は心に常に止めておこう。
創価無間・創価天魔・創価亡国・創価国賊・・・・とね。



にほんブログ村







創価教学じゃない御書講義(30年6月座談会御書・単衣抄)

日蓮日本国に出現せずば如来の金言も虚くなり多宝の証明もなにか せん
十方の諸仏の御語も妄語となりなん、仏滅後二千二百二十余年月氏漢土日本に
一切世間多怨難信の人なし、 日蓮なくば仏語既に絶えなん
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「単衣抄」
その昔、大作センセが「永遠の経典御書に学ぶ」
とかなんとかいって講義した御書だったと思う。
男子部時代に何度か講義したから覚えている。

さて、創価座談会風講義をしてみると、大難を受けながら仏法を広めた大聖人と
大作センセや創価をダブらせて、
池田先生がいなければ、創価学会がなければ大聖人仏法の正義を証明できなかった。
大聖人仏法の正義を証明した大作センセ、創価学会こそ仏意仏勅の団体である。
みたいな論調を基本線にして、釈尊の仏法を証明した大聖人は末法のご本仏であるから
大聖人の仏法を証明した創価もまた仏である。それが創価学会仏である。と締めるか、
池田先生が、大聖人の正義・戸田先生の正義を証明したように
今度は我々が池田先生の正義・創価学会の正義を証明していくのだ。
それが創価の師弟である。と締めるか。
壮年部なら前者。男子部なら後者で締めるといい感じじゃね。
まぁ~どっちにしても、御書講義としては間違っているかけどね。

そもそも、大作センセが「大聖人仏法」故に難にあったことなんて一度もないじゃん。
まぁ、確かに世間にバッシングされているのは事実だけど
それは「大聖人仏法」が原因なんかじゃないでしょ。
金絡み、政治がらみ、女絡み、犯罪絡み・・・
全部世法の話であり、自業自得でバッシングされているんでしょ。
いわゆる大阪事件だって、ただの選挙違反の容疑であって大聖人とは無関係。
大作センセが何か起こすたびに迷惑を被ったのは大聖人の方ですよ。
そんな人が大聖人と同じなわけないでしょ。
どこまでご本仏をバカにする気なんだろうね。創価ってヤツは。
もし、創価で難を受けて大聖人仏法を証明した人がいるとしたなら
それは、戒壇大御本尊を信じ悪口罵詈されながら折伏してきた草創の会員さん達だけですね。
大作センセの受けた悪口罵詈なんか足元に及ばないほどの難を受けてきた会員さん達ですよ。
そうした草創の会員さんが守ってきた大御本尊を捨てたのが、大作センセと創価学会なのです。
そしてそれを「当然」としている幹部・活動家。

ご本尊は全て同じ?どこまで馬鹿なんだろうね。
今月の拝読箇所をよく読みなさい。
大聖人様はご本仏です。故に永遠の存在なのです。
鎌倉時代に涅槃された日蓮大聖人は不滅の滅を現されたであり、
滅の不滅を顕さされたのがご本尊なんだよ。
では、数多ある大聖人ご真筆のご本尊の中で、
生身の大聖人と呼べる御本尊はどれか?
それは今回拝読の御文に明確に示されいるだろう。
大聖人滅後に、「一切世間怨多くして信じ難し」の経文に符合するのは
弘安二年の本門戒壇の大御本尊以外にはないのだよ。

この大御本尊は昔から常に、多くの人々から誹謗中傷をされてきた。
いまもなお身延の連中や学者や研究者や
それらを信じる無信心の人々から「後世のニセモノ」と言われ
創価を辞めた人々からは「タダの板曼荼羅」と蔑まされ
現役の創価活動家のなかにも大御本尊を否定する連中もいる。
そして、創価自体も「受持の対象としない」と大御本尊を裏切った。
大作センセみずから「タダの物体」と呼び捨てている。
これだけ、長い期間に多くの人から「悪口罵詈」され続けている大聖人のご本尊は他にあるか?
身延にある真筆本尊が、こんなふうに「悪口罵詈」されいるか?
いや身延の真筆本尊も、他宗の本尊も誰からも何もいわていない。
大御本尊だけが、いつの時代にも人々から「悪口罵詈」されているのである。

その事実をもって知るべきである。
弘安二年の戒壇大御本尊こそが、日蓮大聖人の色心二法の法体であることを。
ご本仏大聖人(大御本尊)は、今もなお「一切世間多怨難信の人」として存在しているということを。
もしも、戒壇大御本尊がなければ、「一切世間多怨難信」のご本尊はひとつもなく
そうなれば仏法はついぞ途絶えてしまうのである。
大御本尊が厳然と存在しているからこそ仏法の正義が証明されるである。
しかるに創価は、この大御本尊を見捨て
大御本尊への供養を止めて
大御本尊への信を会員から奪っているのである。
そして何よりも大御本尊を捨て去りながら、
大御本尊とそっくりなコピー掛け軸を「本尊」などと言ってる。
このことがどれだけ謗法であるか、
心ある学会員の皆さんはよく思索するべきだ。
いま貴方たちがやっている学会活動なるものは
大聖人仏法を亡きものにしようとする天魔の所為なのである。
全ての学会員が一刻も早く大御本尊への信を取り戻し
正しい信仰に戻ることを祈ってやまない。


にほんブログ村



やはり創価は御本尊をわかっていないらしい。

ひごちゃんさんからのコメントで過日の創価新報に書かれていた創価が大御本尊受持しない理由。
毎度毎度低レベルな話を繰り返していてもう何度も破折済ではあるけど
おバカな学会員がネットで拡散して、なおかつあたかも創価の主張が大聖人の真意であるかのようにウソを書くので
一応、また破折しておこうと思う。
創価新報に書かれている内容は、

C作戦で学会の破壊を企て、御本尊を信徒支配の道具にしたのが日顕である。
そもそも、宗門が宗旨の根幹とする弘安二年の御本尊を、自ら「偽物」と軽んじた日顕である。
つまり、日顕宗は御本尊云々する資格はない。会則変更で学会は弘安二年の御本尊を受持の対象としないとした。
これに対し日顕宗は「学会は弘安二年の御本尊を否定した」などと騒いでいるが難癖に過ぎない。
謗法にまみれた邪宗の寺にあるから「受持の対象にしない」だけである。
学会が、日顕宗以外の寺にある御本尊を受理しないのと同じである。
御書には「弘安二年の本尊だけを根本とせよ」とは一切記されていない。
むしろ、大聖人は阿仏房に与えた御本尊を「出世の本懐とはこれなり」(1304)
と記され、弘安二年の御本尊が唯一絶対のものでないことは
御書に照らして明白である。宗門の主張は文証なき妄説にすぎない。


簡単に言うと大石寺は謗法の地だからそこの本尊は受持の対象としない。
ということで、もうすっかり顕正会と同じようなことを言い出しているわけだ。
これはね。人法一箇ってことが全く分かっていないわけ。
創価はね、大御本尊も本門本尊である。言っている。
本門本尊と言うのは人法一箇であることも認めている。
人法一箇というのは、「ご本仏」そのものという意味だろう。
その「ご本仏」が謗法の地にあるから受持しない。と言っているのは
鎌倉時代の日蓮大聖人を信じないといっている僧俗と一緒なわけ。
大聖人ご在世当時の日本はね、上一人から下万人まで謗法であり、当然日本全体が謗法だったわけだろ?
だったら、その謗法の地である日本にいらっしゃる大聖人を捨てるのか?って話。これ道理ね。
この道理以前に、「ご本仏」がいる場所を謗法と思うこと自体間違っていて
「ご本仏」がまします場所こそ寂光土なわけ。

◆教主釈尊の一大事の秘法を霊鷲山にして相伝し、日蓮が肉団の胸中に秘して隠し持てり、されば日蓮が胸の間は諸仏入定の処なり、舌の上は転法輪の所喉は誕生の処口中は正覚の砌なるべし、かかる不思議なる法華経の行者の住処なればいかでか霊山浄土に劣るべき、法妙なるが故に人貴し人貴きが故に所尊しと申すは是なり(南条殿御返事)

◆設い殿の罪ふかくして地獄に入り給はば日蓮をいかに仏になれと釈迦仏こしらへさせ給うとも用ひまいらせ候べからず同じく地獄なるべし、日蓮と殿と共に地獄に入るならば釈迦仏法華経も地獄にこそをはしまさずらめ(崇峻天皇御書)

と文証に明確だろ。
人法一箇の本門本尊がある場所が謗法の地になることはないのだよ。

で、この阿呆どもは、

むしろ、大聖人は阿仏房に与えた御本尊を「出世の本懐とはこれなり」(1304)と記され、弘安二年の御本尊が唯一絶対のものでないことは御書に照らして明白である。宗門の主張は文証なき妄説にすぎない。

などど言っているが、これは大聖人の一期の化導の次第ということを
全く理解できていない痴れ者の言うことで
それについては長くなるのでその話はそのうち書くが結論だけ言うとね
大聖人の顕される御本尊というのはね、「弘安」期になって究竟するのだよ。
阿仏房に与えたのは弘安以前の未究竟の本尊。
もちろん未究竟であってもご本仏のご境涯で
一機一縁の御本尊を阿仏房に与えているから「ニセモノ」でない。
しかし、一閻浮提総与即ち総体の本尊たる一大秘法とはなりえない。
しかもお前ら創価のコピー掛け軸だって弘安期の本尊の相貌じゃね~か。
で、この弘安期の本尊の中で「一閻浮提総与」に耐えられる本尊と言ったら
弘安二年の大御本尊以外にはないのだよ。
それ以外の弘安期の本尊で一大秘法の名に耐えられる本尊があるのであれば
その本尊を具体的に言ってみなさいよ。
そもそも「御書に書いてない」とかいってけど、お前ら身延か?(哀)
身延の連中も「御書に日蓮が本仏である」と書いてないから本仏じゃないっていうんだよ。
で?創価にとって大聖人はご本仏なのか?
だったら「日蓮は本仏である」という御書はあるのか?
ね~よ。そんな御書は。
でも依義判文すれば大聖人がご本仏であるという御文は数多ある。そうだろ?
それと同じで弘安二年の大御本尊が一大秘法である御文だって数多ある。
お前らが「身延読み」しかできね~からって
「文証なき妄説」とか五老僧みたいなこと言ってんじゃね~か。
じゃぁ何か、「大聖人が末法のご本仏」っていうのも
「文証なき妄説」なのか?え?どうなんだ?
お前らさ、歴代法主書写の本尊と大御本尊とまったく同じ。
と言っているが御書のどこにそんなこと書いてある?
在家が勝手に化義を変えていいとどこに書いてある?
創価学会仏なんて言葉はどこに書いてある?
在家が在家に供養すると功徳がでっるってどこに書いたあるんだよ。
お前ら創価のいっていること、やっていることこそ文証なき妄説っていうんだよ。
いや信徒をだまくらかしているんだから、妄説じゃなくて詐欺っていうもんだ。

それとな、「謗法の寺」っていうのは身延のごとき寺をいうんだよ。
なぜか?それは身延が大御本尊(ご本仏)に背いているからだよ。
戸田先生も
◇「富士大石寺に背くやからがもつご真筆の御本尊には、大聖人の御魂は住まわれるわけがない」
と指導しているが、永遠の指導者も否定るのかえ(嗤)
それに、なんで創価を破門することが「謗法」なんだね?
結果、お前らは大御本尊を捨てたんだろ?
破門は正しかったということだろ。謗法どころか正法を守ったという方が正解じゃね~か。

その脳みそ足りないオツムで考えてみろよ。
「大御本尊を捨てる」のが正しくて。
「大御本尊を守る」のが謗法ならば
この世のにはすでに日蓮正宗しか謗法は存在しない。
ということは「舎衛の三億 」の原理から言えば広宣流布は完了しているという理屈になる。
だとしたら、もう創価は弘教する必要ないのだから、選挙も新聞もやらなくていい、
いや創価学会そのものが必要ないだろう。
だって広宣流布が終わってるんだから。
違うか?お前らの理屈だと違わないだろ?
もう広宣流布は終わってるんだから「ガッカイカツドウ」なんて必要ないのに
なんで会員にそんなことやらせるんだよ。

全く文証も理証もないこんな幼稚でインチキな創価の主張を
真に受けて納得してる会員ってどんなんだよ。
さっきも書いたがオツムが弱いか信心が弱いか
あとは邪師にだまされ邪教に洗脳されているのか
またはその全てが見事に揃ってしまってフイーバーしたか(笑)

まぁ、別に創価学会がどんな見解を持っていても構わないよ。
ただ、この創価の主張は大聖人の弟子旦那の主張ではないということだし
大聖人仏法でもなく、ただの創価の見解であるってこと。
つまり創価は大聖人仏法とは無関係な新興宗教団体にすぎないし
大聖人仏法を誹謗している邪教団のひとつであるという認識をもってくれよ。
そして、このような創価のような団体と創価を信じる人々を
大聖人仏法では「謗法」と呼ぶことは覚えておきなさいな。

そうそう、最後に書くけどお前たちは自分達の本尊の元になった
日寛上人のご本尊になんで「お目通り」しないんだ?
なんで「ご供養」しないんだ?おかしいだろ?
さっさと、浄円寺に参拝しろよ。浄円寺にご供養しろよ。
それが「信心」ってもんだろ(爆笑)



にほんブログ村




創価教学じゃない御書講義(30年5月座談会御書・椎地四郎殿御書)

末法には法華経の行者必ず出来すべし、
但し大難来りなば強盛の信心弥弥悦びをなすべし、
火に薪をくわへんにさかんなる事なかるべしや、
大海へ衆流入るされども大海は河の水を返す事ありや
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「椎地四郎殿御書」です。
学会版の御書では大聖人40歳の時の御書になっていますが
現在の大石寺版では60歳のときの御書に改正されています。
御書の研究が進み色々と改正されいることが
大石寺版の御書と創価版を比べるとわかります。
まぁ残念ながら創価御書はずっと変更することもないでしょう。
その一点だけとってみても創価が大聖人仏法と遠い存在になったことがわかります。
もっとも、今の学会員さんは御書は必要ないから修正しなくても問題ないでしょうね。
今月の座談会にもどうせ大白だけ持って御書は持っていかないんでしょ(笑)

さて今回の拝読範囲ですが
但し大難来りなば強盛の信心弥弥悦びをなすべし、
の部分は、

◆凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退くこれなり(兵衛志殿御返事)

と同じ意味です。
信心をしていて様々の苦難を受けるのは自身の信心が正しい証明なのです。
それは何を意味するかいえば成仏できることを意味します。
しかもそれらの苦難とは護法の功徳力で転重軽受しているわけです。
本来ならばもっと苦しまなければならい所を軽くすんでいるわけですから
賢者は喜び、逆に愚者は疑い起こし退転するという過去世と同じ過ちを犯すわけです。
といっても、苦しい辛いっていうのは嫌です。
「過去世の謗法なんて知らね~よ」って思う事も度々あるし
「信心しているのに、なんでこ~なるの」って思うってしまうのが凡夫というモノです。
私など苦難があると年中そんなことをふと思ってしまいます。
そんな時にいつも思い出すのが

◆此八種は尽未来際が間一づつこそ現ずべかりしを日蓮つよく法華経の敵を責るによて一時に聚り起せるなり
譬ば民の郷郡なんどにあるにはいかなる利銭を地頭等におほせたれどもいたくせめず
年年にのべゆく其所を出る時に競起が如し斯れ護法の功徳力に由る故なり等は是なり、(佐渡御書)

この御文です。
病気・経済苦など様々な苦難は、本来は尽きることのない未来までひとつづつ続くわけです。
今世は病気、来世は貧乏、その次は・・・といった具合に未来にわたって続いていくわけです。
これらは過去世の謗法が原因なのですが、正しい信心に出会い信仰してくならば
未来における苦難を軽く今受けているんだと。
いまの目の前の苦難を乗り越えれば明るい未来が待っている。
そんな想いで私は題目を上げています。

賢者はよろこび愚者は退くこれなり
強盛の信心弥弥悦びをなすべし


と大聖人が言われるのはこのような意味があるからです。

さてここで問題になるのは自身が「法華経の行者」たる信心をしているかどうか?です。
苦難があるから「信心が正しい」のではありません。
「正しく信心している」から苦難が起こるのです。
ここを勘違いするのが創価活動家達です。
今回拝読箇所の冒頭ぼ

末法には法華経の行者必ず出来すべし

の一文をよくよく心に留めてください。
末法に出来した法華経の行者って誰ですか?
そうですよね。末法のご本仏である日蓮大聖人です。

◆日蓮は閻浮第一の法華経の行者なり(別当御房御返事)
◆日蓮は日本第一の法華経の行者なり(南条兵衛七郎殿御書)

まさか、大作センセとか自分たち学会員だ。なんて驕慢を起こしてないですよね?
我等のごとき末法の荒凡夫が法華経の行者となるは
日蓮大聖人の弟子旦那となることが条件なのです。
つまり法華経の行者を信じることが法華経の行者の一分なのです。
そして法華経の行者の当体とは

◆本尊とは法華経の行者の一身の当体なり(御義口伝巻下)

とあるように御本尊であり、その御本尊の究極とは日寛上人が

◇就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり。

とご指南されている本門の戒壇大御本尊です。
戒壇大御本尊こそが無二の法体であり、法華経の行者大聖人の色心二法なのです。
それが日興門流であり、日興門流こそ日蓮大聖人の弟子旦那なのです。
それ以外に日蓮大聖人の弟子旦那は存在しません。
戒壇大御本尊を信受しない学会員は、大聖人の弟子旦那ではなく法華経の行者ではありません。
要するに「邪教」を信じている者にほかならない。
ゆえに今の「カッカカツドウ」をしていて起こる苦難は「三障四魔」ではありませんし
「護法の功徳力」による転重軽受もありません。
仏法的解釈をすれば、過去世どころか今世の謗法による現象です。
むしろこれから「尽未来際が間」苦しみ続けるということでしょう。
法華経の行者の当体たる大御本尊を捨て悪用する罪は重いのです。
創価の信心をして大難がきたなら「強盛の信心」をしなければいけません。
「強盛の信心」とはどこまでも大御本尊に信を取ることです。
それは、創価を離れ創価を破折するということを意味をします。
「創価学会は正しかったんだ」なんて悦んでいるのは「愚者」なのです。

今月の御書を何度も読み考えてくださいね。
大御本尊を捨てるのが「法華経の行者」なのか?
大御本尊を信じ抜くのが「法華経の行者」なのか?
一体、どっちですか?
そして、あなたはどっちなんですか?


にほんブログ村

創価教学じゃない御書講義(30年4月座談会御書・如説修行抄)

天台云く「法華折伏破権門理」とまことに故あるかな、
然るに摂受たる四安楽の修行を今の時行ずるならば
冬種子を下して春菓を求る者にあらずや、
鷄の暁に鳴くは用なり宵に鳴くは物怪なり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「如説修行抄」だね。
毎回「自虐ネタ」のように座談会で御書講義なんてしなくていいのにって思うけど
一応、「御書根本」と謳っている手前やらなきゃいけないのかな?
さて、今回の「如説修行抄」も創価時代に何十回も講義した御書で
題号の「如説修行」を理解すればOK。
「如説修行」とは何か?それを念頭に本文を読んでいくべき御書です。
題号の講義だけでほぼ完了してしまう御書という事です。
「如説修行」については色々と講義はできるけど、
まずは基本として、「如説修行」には以下の三義があります。
1、人法相対 2.師弟相対 3.自行化他  です。
「如説」は「法」で、「修行」は「人」・・・人法相対
「如説」は「師」で、「修行」は「弟子」・・・師弟相対
「如説」は「化他」で、「修行」は「自行」・・・自行化他
そしてまた、この題号には三大秘法があります。
「如説」は本門本尊で、修行は本門題目。如説修行の所は本門戒壇。という感じです。
ここからまた話は膨らむのですが今回の御文に必要なところを説明すると
人法相対の義でいうと如説は「法」だけど、これを開くと「如説」にまた人法があります。
「如」は如来で仏故に「人」であり「色法」。「説」は言葉ですから「法」であり「心法」
更には「説」の一字にも、「能説の法」と「所説の人」の人法があります。
これを「本門本尊」というわけです。
つまり、「如説」とは人法一箇。ご本仏の色心二法の大御本尊の事で、
その大御本尊を信じて題目を唱える所を「修行」とするわけです。
それが大聖人仏法の如説修行の根本です。
次に「修行」とは自行化他を指します。
「修」は修める故に「自行」であり、「行」は行動故に「化他行」とこうなるわけです。
如説(化他)に対すれば、修行は自行なんだけどその修行の中にまた自行化他を含むわけで
そのココロは、「如説のごとぐ修行する」ということですね。自行即化他という事です。
「如説のごとく修行する」というのも色々な解釈ができるんだけど
今回の御書に即して言えば

◆所詮仏法を修行せんには人の言を用う可らず只仰いで仏の金言をまほるべきなり

といことです。
「仏の金言を守る」とは一つに「御書」に説かれる法門法義を守るということなんだけど
もう一つ「仏の金言」=「如説」=一大秘法の大御本尊であるから
「大御本尊」を仰いで守る。という意味もあるわけです。(ハイ、ここテストに出すよ)
以上のことから結論すると、
大作センセの指導を守っても、創価のカラーコピー掛け軸に祈っても
「大作センセ」も「カラーコピー掛け軸」も、「如説」(仏の金言)ではないから如説修行にならない。ということ。
もちろん「如説修行」といのは総じては内外にも通じるから「外道の如説修行」にはなるけど
その「外道」「権門」を破折しているのが、今回拝読の「法華折伏破権門理」と言葉だね。

今回の拝読箇所は、摂受・折伏の摂折二門の内、折伏がメインであることを言われているところだね。

◆仏法は摂受折伏時によるべし(佐渡御書)

とあるように「時」に適った修行は折伏であるということ。

◆無智悪人の国土に充満の時は摂受を前とす安楽行品のごとし、邪智謗法の者の多き時は折伏を前とす常不軽品のごとし(開目抄下)
◆然るに今世は摂受の時か折伏の時か先づ是を知るべし摂受の行は此の国に法華一純に弘まりて邪法邪師一人もなしといはん、此の時は山林に交つて観法を修し五種六種乃至十種等を行ずべきなり、折伏の時はかくの如くならず経教のおきて蘭菊に諸宗のおぎろ誉れを擅にし邪正肩を並べ大小先を争はん時は万事を閣いて謗法を責むべし是れ折伏の修行なり、此の旨を知らずして摂折途に違はば得道は思もよらず悪道に堕つべしと云う(聖愚問答抄)

とあるように「末法」のこの時は法華一純に広まっておらず邪智謗法の者が多いので折伏でなんだね。
またそもそも大聖人仏法は下種仏法であるから「折伏」が本になるんだよ。

◆下種摂折二門の本迹 日蓮は折伏を本とし摂受を迹と定む法華折伏破権門理とは是なり。(百六箇抄)

もちろん、

◆何ぞ必ずしも折伏の時摂受の行を修すべけんや、但し四悉の廃立二門の取捨宜く時機を守るべし敢て偏執すること勿れ云云。(五人所破抄)

とあるように、四悉を心がけることも大切だけど、基本は折伏だよ。
学会員さんでも、無智の人と邪智の人がいる。
無智のひとには為人悉檀。邪智には対治悉檀。といった感じ大切かな。
もちろん変えていけないのは第一義悉檀。大御本尊はご本仏である。ということだよ。

さて、今回の御文を創価活動家が学んでどうすんでしょう?
この御書には

◆権門をかつぱと破りかしこへおしかけここへおしよせ

と書いてあるけど、
街角で会えば逃げ隠れしてしまい
このブログに来ては罵詈雑言の書き逃げしかできない
物怪学会活動家に「折伏」なんてできないでしょ?
え?三類の強敵?
出るわけないでしょ。外道の如説修行にそんなもん(笑)
だからとっとと「日顕宗」とやらを破折してみなさいな。
「カラーコピー掛け軸」や「創価学会仏」の正義を語ってみなさい。
それも、できないで陰でコソコソとくっだらないブログ書いたり
「あいつから連絡が来ても無視しろ」といったり
物怪創価の会員さんはお気の毒ですね。


にほんブログ村





プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>