FC2ブログ

御講拝読御書研鑽(2021年5月・妙心尼御前御返事)

浄名経涅槃経には病ある人仏になるべきよしとかれて候、病によりて道心はをこり候なり、又一切の病の中には五逆罪と一闡提と謗法をこそおもき病とは仏はいたませ給へ今の日本国の人は一人もなく極大重病あり所謂大謗法の重病なり

今月の御講拝読御書は「妙心尼御前御返事」でした。本抄は短い御書ですが自身の信心の糧となるお言葉がちりばめられている御書ですので是非、通読してみてください。さて最初に【病によりて道心はをこり候なり】という有名な御文があります。文に則せば一応は「身体的病=病気」のことですが、「病」というのはいわゆる病気だけはなく、経済苦など生活上の全ての苦悩が「病」に当たります。我々凡夫は苦しみや悩みがないとなかなか信仰心がおきません。「悩みがないから題目があがらない」と公言する人も多くいます。苦悩に直面してやっと本気で道心(信仰心)が生まれるわけです。さて、題目をあげながら身の上に起きている苦悩の原因を突き詰めていくと結局最終的には「過去世の謗法」に行きつきます。身に覚えがある事もあるでしょう。例えばギャンブルで借金苦になってしまっていたら原因はギャンブルなんですけどではなんで借金するほどギャンブルにのめり込んでしまったのか?と突き詰めれば結局は自分では「分からない」わけです。しかし三世を知るご本仏はその根本原因を「五逆罪・一闡提・謗法」であると教えてくれているわけです。そして「五逆罪・一闡提・謗法」の中でも更に「大謗法」が極大重病であるというのです。つまり身の上に起こる様々な苦悩という病を引き起こしてる根本原因は「大謗法」にあるということです。よく謗法と五逆罪を混同する人がいますが(創価民が正宗のことを破和合僧の謗法といいますが破和合僧は謗法ではなく五逆罪です)「大謗法」は「五逆罪・一闡提」よりも重病(重罪)なのです。
◆五逆と謗法とを病に対すれば五逆は霍乱の如くして急に事を切る、謗法は白癩病の如し始は緩に後漸漸に大事なり(呵責謗法滅罪抄)
しかもこの「謗法」という根本の重病は今回の拝読部分の次下に、
◆あまりに病おもきゆへに我が身にもおぼへず人もしらぬ病なり
と書かれているように自覚症状もなければ他人も分からないステルス癌のようなものなのですね。これを治癒するためには本抄に
◆謗法の大悪は又法華経に帰しぬるゆへにきへさせ給うべし
と書かれています。ここでいう所の「法華経」とは
◆此の曼荼羅能く能く信ぜさせ給うべし、南無妙法蓮華経は師子吼の如しいかなる病さはりをなすべきや(経王殿御返事)
とのご指南の通り、曼荼羅本尊のことであり一大秘法に戒壇大御本尊のことです。ここ大事ですよ。上記御文の「師子吼」というのは「本尊」のことであり「唱題」ではありません。病を治癒する力があるのは本尊なのです。根本の大御本尊を離れた題目に大謗法を消す力はありません。それどころか大謗法に大謗法を重ねることになり更に病は悪化するのです。話を戻しますが全ての苦悩の根本である大謗法は我々凡夫は知ることができません。だから仏は私達が分かるように病気や貧乏などという苦悩を与えて気づかせて道心を起こさせて根本の大病を治療させようとしてくださるわけです。今回の拝読箇所の直前に【このやまひは仏の御はからひか】と言われているのはそのような理由からです。つまり現在どんなに苦しくて辛くてもそれはご本仏が計らった仮の病です。ですから【道心】を起こせば必ず乗り切る事ができるばかりがそれ以上に幸福になれるということです。ご本仏が作り残された【色香美味】の良薬である戒壇大御本尊を手にし飲むことができるのは法華講だけですから、楽しく喜んで自行化他の題目を唱えていきましょう。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


創価教学じゃない御書講義(2021年5月座談会御書・立正安国論)

帝王は国家を基として天下を治め人臣は田園を領して世上を保つ、而るに他方の賊来つて其の国を侵逼し自界叛逆して其の地を掠領せば豈驚かざらんや豈騒がざらんや、国を失い家を滅せば何れの所にか世を遁れん汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か

はい。今月の座談会御書はこの立正安国論の御文ですね。いやいや実に分かりやすい。要は「選挙の戦いしろよ」って話ですね。なにせ当該御文は創価が選挙をする意義を無理やりこじつける唯一のテッパンの御文であり、創価切文教学の象徴ともいえる御文です。創価が言うには信仰者として自分の幸福だけ祈るではなく社会や世界の安寧・平和を祈ることが大切でその一環として政治に関わるらしいです。だから選挙=立正安国=信心なんだそうです。こんな切文のコジツケを真剣に言う莫迦杉君達が政治になんて関わって欲しくないと思うのは私だけでしょうか?そもそも、立正安国論に大聖人が政治について言及している所なんてありません。ちゃんと立正安国論を学んでいるんですか?大聖人は世が乱れ人民が苦しむ原因は、
◆世皆正に背き人悉く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還りたまわず、是れを以て魔来り鬼来り災起り難起る
と神天上の法門を示されています。そして人々が正法に背くのは邪法を弘めるヤツがいるからで、そういう邪法を弘める人間こそが世を乱し人々を苦しめている「一凶」である。と言われてます。故に
◆如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには。
と言われているわけです。そうした全体の中で【汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か】と言われているわけですよ。四表の静謐を祈るのは万祈を修めることであり。それよりも「一凶」を禁しなければ社会や世界の安寧・平和はない。というのが大聖人のご指南です。だから選挙=立正安国=信心などという方程式は創価が会員に選挙運動をやらせるための詭弁でしかないのです。では、【四表の静謐を祈る】とはどういうことなのか?確かにコロナ収束や世界平和を祈ることも一理はありますが、その根本は【一天四海本因妙広宣流布】の祈りなのです。そして【一天四海本因妙広宣流布の祈りは】必ず折伏・弘教になって顕れるわけです。大聖人は「如説修行抄」で、
◆法華折伏破権門理の金言なれば終に権教権門の輩を一人もなくせめをとして法王の家人となし天下万民諸乗一仏乗と成つて妙法独り繁昌せん時、万民一同に南無妙法蓮華経と唱え奉らば吹く風枝をならさず雨壤を砕かず、代は羲農の世となりて今生には不祥の災難を払ひ長生の術を得、人法共に不老不死の理顕れん時を各各御覧ぜよ現世安穏の証文疑い有る可からざる者なり
と言われており広宣流布以外に平和世界の実現はありません。だからこの立正安国論の最後に、
◆唯我が信ずるのみに非ず又他の誤りをも誡めんのみ。
と折伏勧奨をされているわけです。選挙を立正安国論に結び付けるのは大聖人の仏法を矮小化する冒涜です。それにそもそもが創価こそが一凶でありその創価が支援する公明党もまた一凶です。立正安国論では法然(選択集)を一凶に指定しますが何故選択集が一凶であるかといえば、
◆捨閉閣抛の字を置いて一切衆生の心を薄んず
とあるように、法然は正法である法華経を「捨てよ、閉じよ、閣[さしお]け、抛[なげう]て」と言って多くの人々に捨てさせたからです。そして現在では末法のご本仏・日蓮大聖人の色心二法であり末法衆生成仏の本因である戒壇大御本尊を多くの人々に捨てさせている創価こそ一凶であることは御聖訓に照らして明らかなのです。「一身の安堵を思わば」まず創価とは関わらない。創価の依頼は聞かない従わないことです。「金」(聖教新聞の購読など)も「時間」(創価の会合にいくなど)も「票」も何一つたりとも創価に施してはいけません。創価会員の皆さんもですよ。貴方が創価をやめればその分世界平和に近づくのですよ。
◆所詮国土泰平天下安穏は一人より万民に至るまで好む所なり楽う所なり、早く一闡提の施を止め永く衆僧尼の供を致し仏海の白浪を収め法山の緑林を截らば世は羲農の世と成り国は唐虞の国と為らん、然して後法水の浅深を斟酌し仏家の棟梁を崇重せん。(立正安国論)
最後に、以前書いた立正安国論の題号だけ講義をリンクしておきます。

題号だけの御書講義②(立正安国論)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

御講拝読御書研鑽(2021年4月・開目抄)

大願を立てん日本国の位をゆづらむ、法華経をすてて観経等について後生をごせよ、父母の頚を刎ん念仏申さずば、なんどの種種の大難出来すとも智者に我義やぶられずば用いじとなり、其の外の大難風の前の塵なるべし、我日本の柱とならむ我日本の眼目とならむ我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず。
今月の御講拝読御書は「開目抄(下)」でした。開目抄については以前「題号だけの御書講義」という記事を書きました。

題号だけの御書講義①(開目抄)

では、今回の拝読範囲の研鑽をしていきたいと思います。まず【大願を立てん】とありますが、大聖人の立てた大願の内容とは◆御義口伝に云く大願とは法華弘通なり(御義口伝巻上)と言われているように顕正会のいうような「国立戒壇の建立」などはなく「法華弘通」です。これが大聖人の大願ですから当然大聖人の御遺命も「国立戒壇」ではなく「法華弘通」です。何故かと言えば「法華弘通」こそが一切衆生成仏の方法だからです。そして具合的に何を弘通するかといえば「本尊」です。本文で【我日本の柱とならむ我日本の眼目とならむ我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず】とありますが、この部分は「柱=主徳」「眼目=師徳」「大船=親徳」と大聖人が主師親三徳具備のご本仏であられることを明かしていて、この「主師親三徳」とは、◇三徳有縁を本尊と為すべし(末法相応抄下)と日寛上人のご指南にあるように、大聖人の色心二法であり「本尊」なのです。ここでいう「有縁」とは末法の衆生に「縁がある」という意味です。この辺については「六巻抄」の学習の時にまた詳しく書きますが、大聖人の色心二法の本尊とは戒壇大御本尊ですから、この戒壇大御本尊に備わる仏力・法力即三徳の功徳を弘通することが大聖人の大願であり御遺命であり我等門下の使命であり誓願です。そして「法華弘通(折伏)」の上で大切な心構えを【智者に我義やぶられずば用いじとなり】と言われています。もとより大聖人の法門法義が他者に破られることはありません。それは700年来の宗門の歴史を見ても明らかです。それを確信することが破邪顕正の折伏を行う上でのキモです。折伏・対論で反論できないことも有るかもしれませんが、それは自身の勉強不足だけの話であり決して大聖人仏法の法門法義が不完全なわけではないのです。その時に自分が反論できなくても学べば必ず邪義を破折することができますから自信をもって破邪顕正の折伏を実践していくことが大切です。さて今回は、【法華経をすてて観経等について後生をごせよ、父母の頚を刎ん念仏申さずば、なんどの種種の大難出来すとも】の部分を深堀りしたいと思います。今回拝読部分の直前に◆善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべしと書かれていますが、当該部分を日寛上人は文段の中で◇「『日本国の位を譲らむ』とたばかるは善につけてなり。『父母の頸をはねん』とおどすは悪につけてなり。是れ世間の極善・極悪を挙ぐるなり」と解説されています。「謀り」と「脅し」とはまさに創価や顕正などが会員に対して行う常套手段ですね。「この信心(創価の信心)をすれば必ず幸福になる」とたばかり、「創価を辞めたら地獄に落ちる」と脅すわけです。それはさて置き私が今まで見て来たり自分を振り返る時に思うのは信心が停滞してしまう原因は「善悪」二つのパターンがあって二つのタイプの人がいます。自分の願いが叶ったり悩みが解決したり又仕事や遊びが充実して楽しくなると信心が疎かになってしまう「善につけて信心が停滞するタイプ」と悩みがたくさんあって毎日が苦しくなったり精神的に弱ってしまうと「信心なんてしている場合じゃない」といって信心が疎かになる「悪につけて信心が停滞するタイプ」です。私はどちらかというと「善につけて停滞するタイプ」かもしれません。だから日々の苦悩がなくならないのかな?なんて思います(涙目)どんな時でも信心を根本にすることが大切ですよね。苦悩の最中でも大聖人を信じ歯噛みしながら題目を唱え、功徳に溢れていたら報恩感謝の心で題目を唱える。◆苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へこれあに自受法楽にあらずや(四条金吾殿御返事)これが信心というものなんだと今更ながらに思います。またいかなる理由があろうとも末法の主師親三徳の当体である戒壇大御本尊を捨てれば地獄の業を積みます。仮に創価本尊でも功徳が出たとしても戒壇大御本尊を捨てれば地獄行きの業を積むわけです。創価本尊で功徳が出るから大御本尊は必要ないなどいうロジックは間違っているし通用しない。それが大聖人の御妙判なのです。ともあれ我等大聖人門下は楽しくても苦しくても自行化他の唱題を重ね大聖人の大願を受け継いでいくのが大切で、そこに即身成仏・一生成仏があるのです。私もそのことにようやく気が付きつつあるところまではきました。なので最近では「飲む前に夕勤行」ができるようになりました(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

創価教学じゃない御書講義(2021年4月座談会御書・諌暁八幡抄)

今日蓮は去ぬる建長五年[癸丑]四月二十八日より今年弘安三年[太歳庚辰]十二月にいたるまで二十八年が間又他事なし、只妙法蓮華経の七字五字を日本国の一切衆生の口に入れんとはげむ計りなり、此れ即母の赤子の口に乳を入れんとはげむ慈悲なり。

今月、4月28日は宗旨建立の日です。今回は大聖人が建長五年四月二十八日に宗旨を建立した理由が述べられています。立宗宣言は大聖人が妙法蓮華経の七字五字により末法の一切衆生を即身成仏せしめんがための宣言です。それは、
◆御義口伝に云く大悲とは母の子を思う慈悲の如し今日蓮等の慈悲なり(御義口伝巻上)

とのお言葉通り、大聖人のご本仏の大慈悲心です。「慈悲」といっても「大・中・小」の慈悲があります。そのうちの「大慈悲」とは「無縁の慈悲心」といって仏の「慈悲」のことを言います。正宗の勤行の三座のご観念文に「大慈大悲」と書いてありますが(創価の勤行にはありません)「大慈大悲」とはご本仏日蓮大聖人に備わる徳のひとつです。とここまで書くと「今日は慈悲の話でも書くのかな?」と思われる読者の方もいると思いますが、なにせ創価の座談会御書です。創価民に「大慈悲」の話なんてしても無駄なので今日は本文後半の、【母の赤子の口に乳を入れんとはげむ】という部分の話です。この部分は、前半の【只妙法蓮華経の七字五字を日本国の一切衆生の口に入れんとはげむ計りなり】のたとえ話ですよね。【口に入れる】とは「唱題」の事なのも分かりますよね。じゃぁ【乳】とはなぁ~んだ?って話です。【乳】とは次上の【妙法蓮華経の七字五字】の事です。この【妙法蓮華経の七字五字】とは、いわゆる「題目」のことではなく、「仏力・法力」のことです。そしてその【乳】を作っているのが【母】である日蓮大聖人なわけです。つまり大聖人はご自身の中にある「仏力・法力」を我等凡夫に与えるために「唱題」という方法を教えてくれたわけです。大聖人のご在世の時は生身の大聖人が母(法体)として仏力・法力の乳を与えてくれましたが、応身(鎌倉時代に誕生した)の大聖人が涅槃後は本門戒壇大御本尊に色心二法を移されました。ですから現在は【法体である母】とは戒壇大御本尊なのです。この母たる戒壇大御本尊を捨てた人の唱題は何の意味もありません。私がいつも「唱題そのものに功徳はない」と言っているのはこういう理由なわけです。日寛上人は唱題の祈りが成就するのは御本尊の「仏力」「法力」の故であるとご指南されています。
◆問う、但信心口唱に即ち観行成就するや。答う、但本尊を信じて妙法を唱うる則は、所信所唱の本尊の仏力・法力に由り、速かに観行成就するなり(中略)故に知んぬ、信力・行力を励む則は仏力・法力に由り、即ち観行成就することを(観心本尊抄文段)
例えば哺乳瓶の吸い口を何時間も吸っていても、その哺乳瓶の中身が空っぽであれば何も口に入ってきませんよね。大御本尊を信じない唱題は空の哺乳瓶を吸っているようなものです。いや何も入っていないならまだマシです。創価という哺乳瓶に入っている中身はインチキカラコピ掛け軸即創価本尊で製造された「毒水」です。創価民さんは毎日インチキ創価本尊に「唱題」をして「毒水」を飲んでいるわけです。飲めば飲むだけ有害です。いますぐインチキ創価本尊に題目をあげるのを中止した方がいいです。戒壇大御本尊を捨てるという事は乳児が自分から母親を捨てるということす。つまり自分自身の生命を捨てるということなのです。そこに人生の幸福など絶対にありません。創価民のみなさんには、ご本仏日蓮大聖人が大慈大悲をもって末法万年の衆生の為に残された戒壇大御本尊につながり、「仏力」「法力」を思う存分に味わい幸福な人生そして来世への扉を開いて欲しいと願っています。題目に功徳があるのではないんですよ。正しい御本尊に功徳が備わっているのです。創価のインチキ教学に騙されないくださいね。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



御講拝読御書研鑽(2021年3月・乙御前御消息)

されば妙楽大師のたまはく「必ず心の固きに仮りて神の守り則ち強し」等云云、人の心かたければ神のまほり必ずつよしとこそ候へ、是は御ために申すぞ古への御心ざし申す計りなし其よりも今一重強盛に御志あるべし、其の時は弥弥十羅刹女の御まほりもつよかるべしとおぼすべし、例には他を引くべからず

今月の御講の拝読御書は奇しくも創価の座談御書と同じ「乙御前御消息」でした。この御書は短いお手紙なのですが信心に資する大切な事がたくさん書いてあるのでぜひ全文拝読してみてください。

創価教学じゃない御書講義(2021年3月座談会御書・乙御前御消息)

さて今回はこの御文のなかのうっかり読み流してしまう部分をフォーカスしたいと思います。まず最初に【是は御ために申すぞ】というところです。大聖人の御書の中には、唱題・ご供養・参詣・折伏など信心に対するご指南がたくさん書いてありますよね。それらのご指南は大聖人がご自身の為に言っているわけでわけではないのです。すべて【是は御ために申すぞ】と言われているように我々信徒のためを思って言ってくださっているのです。大聖人は我々信徒に対して「信心をしろ」と命令ているわけでなくましてや「信心をしてください」などと懇願もしていません。あくまでも私たちの為に教えて下っているわけです。これは現在の日如猊下をはじめ歴代の法主上人や所属寺院のご住職も同じです。日蓮正宗の勢力を大きくしたりお金を儲けようなど私利私欲での気持ちで、「折伏しなさい。ご供養しなさい。登山しなさい。参詣しなさい」と言っているのではありません。あくまでも【是は御ために申すぞ】つまり私達が護られ幸福になり成仏できるように教えてくださっているのです。「折伏」や「ご供養」・「登山」といった事を言われると「強制された」と思う人もいるでしょうがそうではないのです。大聖人はあくまでも私達の為に言ってくださっているのです。これを「強制された」と受け止めるとどうなるかと言えば、池田創価の連中のように「創価学会のお陰で日蓮正宗は大きくなった」「池田先生は日蓮正宗にあんなに尽くしてやった」などという傲慢な態度をとるようになるのです。大聖人が池田や創価にいつ「日蓮正宗を大きくしろ」と命令したのか?いつ「日蓮正宗に尽くしてください」と懇願したのか?してませんよ。もちろんご歴代上人だって誰も命令や懇願を信徒に対してしていない。ただ信徒一人一人が幸福になる方法を教えてくれただけ。だから池田創価の連中はご歴代上人や宗門に対して、「お陰様で創価学会はこんなに発展しました」と感謝すべき立場なのです。それが【今一重強盛に御志あるべし】ということなのです。そしてそのような信心を持てば更に諸天善神の守護の力は強くなると大聖人は教えてくださっているのです。
次に【例には他を引くべからず】というのは、諸天善神が信心強き人を必ず守る。という現証は、他の誰でもない。命にも及ぶほどの数々の大難を乗り越えてきた大聖人の現証を見て信じなさい。ということです。信心の正しさを証明する手段のひとつとして「現証」=「体験談」があります。私も様々な信心の功徳の体験がありますが、大聖人仏法の正義を証明する一番の体験談の持ち主は他でもない大聖人ご自身なのです。「私は信心の体験がないから語れない」という話を創価時代によく聞きました。とくに学会2世・3世のメンバーが口にしていました。自分に体験がなければ大聖人の体験を語ればいいのです。例に他の人のことなど話さなくても、大聖人の御生涯を語ればいいわけです。大聖人以上の体験を持っている人なんて多分いないと思います。「ご本仏の大聖人と凡夫の自分とは全然違うよ」と思う人もいるかもしれませんが、それはその通りです。しかし大聖人はご自身と同じ守護・功徳をうける方法を教えてくています。そのご指南の通りに信心をすれば大聖人と同じ守護・功徳を受けることができるのです。「妙心尼御前御返事」に、
◆日蓮は日本第一のふたうの法師ただし法華経を信じ候事は一閻浮提第一の聖人なり、其の名は十方の浄土にきこえぬ、定めて天地もしりぬらん日蓮が弟子となのらせ給はばいかなる悪鬼なりともよもしらぬよしは申さじとおぼすべし
と書かれているように、大聖人の弟子となればいかなる諸天も悪鬼も「オマエなんて知らないよ」とはいえなのです。つまり我々は諸天善神どころかご本仏に守護されるわけですね。話は少しそれましたが大聖人やご歴代上人・御当代の猊下のご指南は全て自分の為に言ってくださっているということを忘れずに素直な信心を心がけたいと思います。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>