一凶・・・それは創価大作教

牡丹さんから「一凶」についての話をしてもらったので
今日は「一凶」について書いてみる。
「一凶」と言えば立証安国論に書かれている

◆如かず彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには

の「一凶」というわけだが
まぁ、創価のオフィシャルサイトや創価系ブログでは
日蓮正宗を揶揄した日顕宗という宗派が
この「一凶」であると、散々と書きなぐっている。
その理由として、正宗は「法主信仰」「相続差別」をしたり
創価を破門したりしたから「一凶」であるというわけだが
全くもって、御書を利用した「いいががり」で
少し基礎教学があれば
またはきちんと立正安国論を読めば
「一凶とは日顕宗だ」なんていう
創価や創価活動家の主張がいかにデタラメであるかすぐわかるはずだ。

立正安国論を通しで読めば分かるように
ここでの「一凶」とは具体的には念仏とそれを広めた法然を指している。
その理由は法然の説いた念仏は
「背正帰邪」の教えであるからだ。
冒頭の神天上法門のキモはこの「背正帰邪」にある。

◇一、世皆みな正しょうに背そむき人悉ことごとく邪悪に帰す文。
 今この八字肝要なり。別しては「背正帰邪」の四字肝心なり。邪正の相対は題号の下の如し。正とは三箇の秘法の事なり。これ元意なり。(立正安国論愚記)

法然は選択集で捨閉閣抛の四字をもって阿弥陀仏を除く
全ての仏と法を衆生に捨てさせた。
なかでも仏の出世の本懐である法華経を捨てさせたのは
一切衆生を不幸にする根源であることから
法然と念仏を「一凶」と断じたわけだ。
「一凶」とは「仏の出世の本懐」を
人々に捨てさせる人と法の事を指す。
仏の出世の本懐とは三大秘法をいい。
大聖人の出世の本懐とは戒壇大御本尊に
究竟されるのは言うまでもない。
つまり、大聖人の言われる「一凶」とは
大御本尊への信を捨てさせる人間やその思想を言う。

さて、ここで翻って見てみると
日蓮正宗においては、いわゆる「日顕」もだれも大御本尊を捨てていない。
捨てないどころが今でも僧俗一致して守っている。
方や創価は大御本尊を受持の対象から外したにもかかわらず
自分たちは間違っていないと多くの詭弁を弄している。
大御本尊への信仰を守っている教団と
大御本尊を受持しないと明言している団体
どちらが「法然」なのか?
どちらが「謗法」なのか?
どちらが「一凶」なのか?
普通に道理を理解できる人なら言わなくても分かるはずだ。
そう、「一凶」とは、大作センセと創価学会の事以外にはないのだ。
そんな、大作センセや創価を破門した宗門になんの咎があるだろうか?
そもそも信徒を破門することは「謗法」でもなんでもない。
また「法主信仰」や「僧俗差別」が仮に存在していたしても
これまた「謗法」ではない。
逆に、「麗しい人間同士」の集まりだとしても
大御本尊を自ら捨て、また他人にも捨てせること。
それこそが「謗法」であり「一凶」である。

立正安国論に曰く、

◆悲しいかな数十年の間百千万の人魔縁に蕩かされて多く仏教に迷えり

本尊義を始め教義・化義を毎年の変える創価こそ多くの会員を迷わせる魔縁だろう。

最後に法然が何故このような邪義を唱えるに至ったのか?
それも立正安国論に書いてある。

◆是れ偏に私曲の詞を展べて全く仏経の説を見ず

まさに今の大作センセの邪義は大聖人の仏法によらない
無信心に起因している。

◆人皆其の妄語を信じ悉く彼の選択を貴ぶ

これは、そんな大作センセの「妄語」を信じて
人間革命だの大作スピーチばかり尊ぶ創価カツドウカそのもの。

大作センセこそ「今法然」であり
創価こそ「今念仏」の団体だ。
そして、もう一度書くが
現代の「一凶」とは
大作センセと創価学会に他ならないのである。
大聖人の弟子としてありたいのであれば
まずは、創価の活動を止めることです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

創価教学じゃない御書講義(29年度6月座談会御書弥三郎殿御返事)

但偏に思い切るべし、今年の世間を鏡とせよ
若干の人の死ぬるに今まで生きて有りつるは此の事にあはん為なりけり、
此れこそ宇治川を渡せし所よ是こそ勢多を渡せし所よ名を揚るか名をくだすかなり
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の御書は「弥三郎殿御返事」
選挙になると度々引用される箇所ですな。
都議選真っ盛りの6月には持って来いの御書です。
本部も幹部が選挙の事を指導しやすいように考えているんだね~。
この前文に
◆所領を惜み妻子を顧りみ又人を憑みてあやぶむ事無かれ
とあるがここまで入れるとちょっとあざといと思ったのかね?
でも、ここまで入れてくれた方がやりやすいんだけどね。
「さぁいよいよ首都決戦の時。今こそ何も顧みず思い切り闘いきって
この法戦に勝利し我らが創価の名を満天下に轟かせようではないか!」
ってこんな感じですか?(笑)
よく聞くとバカみたいなんだけど
好きだからなぁこういう感じが。
体育会系の脳みそ筋肉君の男子部は大喜びですね。
また普段世間では名を上げるどころか
うだつも上がらない壮年部もちょっとやる気が出るかも?

この御書は「法論」に望む信徒へのご指導です。
「法論」とは「法の正邪」を決するまさに「法戦」
まぁ今どきの学会員は「法論」のルールすら守れないので「戦い」にならないが
大聖人の弟子として「法論」こそが「法戦」です。
創価は勝手に拡大解釈して
選挙を法戦なんて勝手にぶっこいているが
公明党支援活動に法の正邪なんて関係ないでしょ(笑)
そもそも公明党が勝ったからと言って名があがるわけでもなく
公明党が負けたらといって汚名を着るわけでもない。
なのに、大袈裟にこの御文を選挙の度に引用するのは滑稽過ぎる。

さて、「名を上げる」とはどういうことなのだろうか?

◆法華宗の四条金吾四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ、あしき名さへ流す況やよき名をや何に況や法華経ゆへの名をや(四条金吾殿御返事)

とあるように法華経故の名を上げるということだろう。
言い換えれば大聖人の弟子としての名である。
大作センセの弟子とて・・・というのでは
少なくても法華経故の名を上げたことにならない。
もちろん、大作センセがしてきた戸田先生の弟子として・・というのも違う。
そもそも今世娑婆世界での名声のことなど大聖人はなんとも思っていなだろう。

◆名聞名利は今生のかざり我慢偏執は後生のほだしなり(持妙法華問答抄)

もちろん、今世で勝利の現証を示すことも大切である。
それは、そのことによって大聖人の仏法の正義を証明できるからだ。
それもまた「大聖人の弟子」とて名を上げることに通じる。
そして、我らが「大聖人の弟子」として名を上げたことが活かされるのは
今世ではなく死後・来世のときだ

◆中有の道にいかなる事もいできたり候はば日蓮がでしなりとなのらせ給へ、わずかの日本国なれどもさがみ殿のうちのものと申すをばさうなくおそるる事候、日蓮は日本第一のふたうの法師ただし法華経を信じ候事は一閻浮提第一の聖人なり、其の名は十方の浄土にきこえぬ、定めて天地もしりぬらん日蓮が弟子となのらせ給はばいかなる悪鬼なりともよもしらぬよしは申さじとおぼすべし(妙心尼御前御返事)

との御文の通り、大聖人の名前は十法界にとどろいている。
その弟子である。と言えば、悪鬼は恐れ諸仏は讃嘆する。
知らない土地でヤンキーに絡まれた時に
その地元で名の通った先輩の名前を出して
「〇〇さんの後輩です」というと
急にヤンキーがやさしくしてくれる
といった具合だ。
ただし、肝心の〇〇先輩に
「オマエなんて知らないよ」と言われてしまうと
もう、ボコられてオシマイある。
大聖人仏法も同じで、「いくら弟子だ」と名乗っても
それが「ウソ」ならば通用しない。

◆日蓮が弟子となのるとも日蓮が判を持ざらん者をば御用いあるべからず(一谷入道御書)
◆二心ましまし人の聞にはばかりなんどだにも候はばよも日蓮が弟子と申すとも御用ゐ候はじ後にうらみさせ給うな(南条兵衛七郎殿御書)

日蓮が判を持っていない。というのは大御本尊を捨ててしまう事である。
二心というのは、大御本尊も他の御本尊も全く同じと思う事である。
つまり創価の信心を続けることは
「大聖人の弟子」と名乗っても通用しない。というだ。
地獄の悪鬼に見破れボコボコにされるのは必定である。

「大聖人の弟子」として名を上げるには
今世で正しく大御本尊を信じ
大聖人の弟子として生ききる以外にない。
謗法と化した創価の片棒を担いでいる活動家諸氏にとって
まさに今が、宇治川の戦いの最中である。
いまここで創価の謗法に反旗を翻し大聖人の弟子としての名を上げるか?
創価の謗法に味方し、仏敵として名を下すか?
ここで魔に誑かされ敗北し死後に後悔しても遅い。
「後にうらみさせ給うな」と大聖人も言われている。
大聖人の弟子であろうとするならば
今日から、創価の邪義を捨て大御本尊の元に戻る以外に道はない。
よくよく思案すべきだと思う。
また、大御本尊を信じる我々は
今世のうちに大いに名を上げ
悪鬼も恐れて近寄らないような境涯にしていきたいものだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


創価教学じゃない御書講義(29年度5月座談会御書・四条金吾殿御返事)

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし、
「諸余怨敵皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず、
兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、
ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「四条金吾殿御返事」中の
「法華経兵法事」or「剣形書」
これもまたメジャーな御文ですね。
ここで仰せの「兵法剣形」とは
現在で言うと、能力とか才能とかスキルとか
そういった幸福になるための手段・方法。そんな所です。
で、そうしたものよりも、法華経の兵法を用いなさいということ。
もちろんそうした「兵法剣形」が無駄である。といっているのでありません。
この御書の冒頭に

◆夫れ運きはま りぬれば兵法もいらず果報つきぬれば所従もしたがはず、所詮運ものこり果報もひかゆる故なり

とあるように、才能・能力・努力を活かすのも
「法華経の兵法」である。ということです。
世間でも才能があっても運がなければ成功することはまずありません。

さて法華経の兵法とは、この前文に

◆ただ心こそ大切なれ

とあります。ここでいう「心」とは「信心」ということです。
信心とは具体的にいうと「本門の題目」事。
「本門の題目」とはいつもいうように、大御本尊を信じてあげる題目です。
ここがポイントですね。
大御本尊を受持の対象としない人の題目は
「本門題目」ではない。だから祈りはかなわない。

◆いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたるほくちに火をうちかくるがごとくなるべし

とあるように、我々が祈る祈りは同時にご本仏大聖人の祈りでもある
その大聖人(大御本尊)を信受しなければ
いくら祈ったところで無駄なわけです。
「兵法剣形」即ち才能や能力を活かすのは
この法華経の兵法です。
そこが狂ってしまっては、いくら「兵法剣形」の才を持っていても
それを活かしきることができないわけですね。

ではなぜ「深く信心」を取れないか?
大御本尊に信をとれないか?
それは「臆病」だからです。
特に創価の会員さんはここをよく拝してください。
「大御本尊を受持の対象にない」ということは正しい信心ですか?
おそらく多くの学会員さんは「正しくない」と思っているでしょう。
それを「正しい」と思っているなら
もはやその人は謗法に染まっているので手遅れですね。
そうじゃない会員さんはどうでしょう?
「正しくない」と感じているけど、
創価に言われた通りにするのはなぜでしょう?
創価の組織から離れたくない。
大作センセが好きだから。
おそらくそうした人情論とか世法のつながりがあるから
創価がいうことに従っているだけではないですか?

あえて厳しく言いますよ。
それを「臆病」というのです。
しかもあえて臆病なのです。
「あえて」とは、自ら進んで臆病になっている。ということです。
病気であることを知っていながら治そうとしていない。
ですから貴方たちの祈りは叶わないのです。
「いや私は祈りが叶った」という人もいるでしょうが
そう言う人は要注意です。
それは「魔の通力」であって「功徳」ではありません。
「私は大御本尊を捨てていない」
そう反論する方もいると思います。
では、あなたがいまでも「大御本尊を捨てていない」証拠はなんですか?
五座三座の勤行をしてますか?
大御本尊へのご観念をしていますか?
あなたが創価の化義を実戦しているのならば
「大御本尊を捨てていない」なんてウソを言ってはいけません。
それも「臆病者」のすることです。

◆浅は易く深は難しとは釈迦の所判なり浅を去て深に就くは丈夫の心なり(撰時抄)

創価の組織から離れること
創価の活動をやめること
創価への供養をしないこと
「そんなこと今更できない」
その「臆病な心」を捨て「丈夫の心」になりましょう。
「心こそ大切なれ」
ですよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

聖僧について

日興遺誡置文の

◆先師の如く予が化儀も聖僧為る可し、但し時の貫首或は習学の仁に於ては設い一旦の妖犯有りと雖も衆徒に 差置く可き事

この御文に聖僧について書いてみる。
以前この御文については【或いは】という読み方は
貫首または習学の仁と読むのではなく
貫首は「もしも習学の仁が」と読むのだという内容の記事を書いたが
今回は「聖僧」の定義とは何か?について書いてみる。
この「聖僧」を「妻帯をしない」という定義にして
法主を始めとする僧侶は聖僧ではない。とか
妻帯・肉食を許されてから僧侶が堕落した。
などと創価のカツドウカは正宗僧侶を批判するが
俺はその批判は全く的を射ていないと思っている。
その理由はいたってシンプルで
大聖人が「妻帯・肉食しない僧侶」を「聖僧」であると
言われている文証がひとつもないからだ。
また大聖人が「妻帯・肉食」を禁じた文証もない。
また「妻帯・肉食」を禁じること自体が大聖人仏法の教えから外れている。
そもそも、いわゆるこのような戒律は末法には全く意味をなさない。
末法の今は、だた大御本尊を信受することのみが唯一無二の戒律であり
「妻帯・肉食をしない」ことが聖僧の定義であるわけがない。
大聖人ご自身や日興上人は「妻帯」されてはいないが
それが「聖僧」の証ではない。
そもそもご謙遜ではあるが大聖人がご自身を
「私は妻帯も肉食もしない持戒の聖僧である」などと御書のどこにも書いてない。
四恩抄で大聖人は

◆世末になりて候へば妻子を帯して候比丘も人の帰依をうけ魚鳥を服する僧もさてこそ候か、日蓮はさせる妻子をも帯せず魚鳥をも服せず

と言われているがそれをもって聖僧であるとは言われていない。
むしろ同じ四恩抄でご自身を

◆日蓮は身に戒行なく心に三毒を離れざれども

と謙遜されてはいるがこういっている。
つまりは「妻帯・肉食しない」とことが「聖僧」という意味ではないということだ。
それを僧侶の「妻帯」=「堕落」
「妻帯」=「邪淫」のように捉えるのは大聖人仏法の本義ではない。
再び四恩抄を引けば

◆故に大集経に云く五箇の五百歳の後に無智無戒なる沙門を失ありと云つて是を悩すは此の人仏法の大燈明を滅せんと思えと説かれたり

と大聖人は言われている。
よくよくこの御文を咀嚼してほしい。

そもそもこの遺誡置文の御文の「聖僧」の部分を「妻帯」などと解釈するのは
日亨上人の「富士日興上人詳伝」の中の記述

◇「この条の見とおしは、凡僧の自分にはつきかぬる。なるべくは、一時的の現今の僧分の弊風とみて、その内自然に振粛して、宗祖開山時代の常態に帰るべきを祈るものである(中略)それを無作と名づけてみても、けっして放縦不羈なものでない」

に基づいている。(広宣部時代に学んだから間違いない)
この日亨上人の記述から、現在の宗門の妻帯は異常自体であり
大聖人・日興上人の時代のように「非妻帯」が正常であるのだから
「妻帯」は「聖僧」ではない。という半ば強引に持っていくのが創価カツドウカのロジックだ。
そして「僧侶」=「出家」=「非妻帯」という
釈迦仏法の一般的な戒律が正しいと思っている人をだまくらかすのである。
日亨上人のご指南を「是」とするならば
日亨上人の書いた「魚鳥食開訓」には次のとおり書いてある

◇宗祖の化儀は聖僧であって、御開山の化儀も、また御門下の化儀も聖僧であった事は、史実として見るべきであるが、もちろん小乗戒でも大乗戒でもない。有作数目にして係(かか)はる戒ではない。本門無作の大戒であるから、戒目を挙げて、或は此れを遮し、此れを開する底の窮屈な事例はあるべきではない。然れども鎌倉時代に横溢する破壊無慙の妖僧等に簡異する為に、仮に断肉禁淫の聖僧を標せられたものであろう。(中略)また妻孥に慰められねば夜の明けぬと云ふ人も仕方があるまい。夫唱婦随、同心戮力して、一家平和の好模範を壇信徒に示し、宗門のためにも、住寺のためにも、国家のためにも、郷里のためにも、努力の効が顕著であったなら、帯妻の譏嫌は償はるるであろう。(中略)菜肉妻に著せずして信仰に生くべきである。弘法のためには死しても悔いなく、憾なきを所期とするのが宗徒の信念の第一義であらねばならぬ。(中略)もっとも、禁欲斎戒を標榜にする宗門の坊さんなら、何と言われても、身から出た錆で、致し方もあるまいが、六百有余年の昔に末法無戒を喝破した日蓮大聖の門下には、迷惑千万の至りじゃ。

これが日亨上人のご指南である。
宗内の「妻帯」を「聖僧の化義ではない」などと一言も言われてないのだ。
大聖人仏法における「聖僧」とは、そうした戒律を守ることでなく
法体を守ることであり、法門を守る事であり
「信仰に生き抜く」ことに他ならない。
そのような僧侶を日興上人は「聖僧」と呼んだのである。

そもそもカツドウカはいつも自分達の都合のいい日興上人の遺誡だけ取り上げる。
僧侶の妻帯が日興上人の遺誡に背く。というならば

◆檀那の社参物詣を禁ず可し、何に況や其の器にして一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けん や、返す返すも口惜しき次第なり、是れ全く己義に非ず経文御抄等に任す云云。

この御文はどうなんだ?
檀那。つまり在家の信者の社参物詣を禁じているが?
一見もダメなんだからどんな理由でもダメってことだぞ?
え?自分たちは在家だからOKだって?
ははは(笑)
だったら僧俗に「差別」はあるじゃん。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

三沢抄(蘭房さんのコメントへの感想)

蘭房さんから三沢抄を引用したコメントをいただきましたので
2記事連続で御書ってのもちょっと堅苦しくなっちゃいますが
その三沢抄について少し書きます。
蘭房さんが引用してくれたのは

◆仏法をばがくすれども或は我が心のをろかなるにより或はたとひ智慧はか しこきやうなれども師によりて我が心のまがるをしらず、仏教をなをしくならひうる事かたし、たとひ明師並に 実経に値い奉りて正法をへたる人なれども生死をいで仏にならむとする時にはかならず影の身にそうがごとく雨 に雲のあるがごとく三障四魔と申して七の大事出現す

この部分です。ここを引用し
大作センセは結局「正信の師」でなかった。
と蘭房さんは言われています。
まったくその通りです。
そもそも在家同士の間に「師弟」なんて持ち込む時点でオカシイのです。
在家同士は善知識の集まりであり
善知識とは、一向に師匠でもなければ一向に弟子でもない。
と以前このブログに書いた通りです。
なのに、師匠と弟子という関係を在家同士に持ち込んで利用した
大作センセは最初から大聖人の弟子という自覚がなかったわけです。
大聖人よりも戸田先生。
一見美しく聞こえますが、
これは単に戸田先生を利用しただけであり、
そのような大作センセを戸田先生が喜ぶ道理もないでしょう。
大作センセやバリカツさんは「師匠・大作センセと異体同心の戦いを」なんていいますが
在家信者同志の異体同心とはそういことではありません。
日因上人が金沢法難の時に信者に書かれた手紙の中に

◇一結講中異体同心に未来までも相離れ申すまじく候、中に於て一人地獄に落入り候はば講中寄合いて救取るべし、一人成仏せば講中を手引きして霊山へ引導すべし

という一文があります。(法華講員さんには有名だと思いますが)
このご指南が、大聖人門下の在家の信徒の規範になるご指南です。
在家同士の師弟義など邪道もいいところです。

では、そこで上記の三沢抄の御文を拝すると

◆明師並に 実経に値い奉りて

この「明師」とは大作センセではなく、人本尊である日連大聖人です。
「実経」とは、法本尊である南無妙法蓮華経です。
ですから「明師並に 実経」といいうのは
人法一箇の「戒壇大御本尊」ということです。
そこを踏まえて解説すると、
「たとえ大聖人の色心二法の当体である大御本尊にめぐりあえて
正しい信心に巡り合えてもいよいよ成仏するころになると
三障四魔が必ず現れて成仏を妨げる」といことになります。

◆たとひ智慧はか しこきやうなれども師によりて我が心のまがるをしらず

まさに、旧日蓮正宗創価学会系の幹部・バリカツさんがこの状態です。
そう、大作センセという邪智謗法のモノを「師」にしてしまったばかりに
「信心」が曲がってしまった。
そしてそれを気づくこともできない。
在家同士の師弟義なんて御書のどこにもないのに
大聖人と日興上人の師弟義と創価のそれは全く異次元の話なのに
早く「明師並に 実経」に再び値い奉って欲しいものです。

てなわけで、今日はこの辺で。
次回は、もう少しライトな記事書きますね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR