FC2ブログ

創価教学じゃない御書講義(30年度308月座談会御書・松野殿後家尼御前御返事)

未だ見参にも入らず候人のかやうに度度御をとづれのはんべるは
いかなる事にやあやしくこそ候へ、
法華経の第四の巻には釈迦仏凡夫の身にいりかはらせ給いて
法華経の行者をば供養すべきよしを説かれて候、
釈迦仏の御身に入らせ給い候か又過去の善根のもよをしか
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「松野殿後家尼御前御返事」です。
これまた随分とマイナーなところをもってきましたなぁ。
この御書は別名「盲亀浮木抄」といって、有名な一眼の亀さんのお話が書いてありますが
そこではなく最後の方の一文を座談会御書として採用です。
まぁ何かしらの意図があるからこの一文を選んだのでしょう。
さしずめ「池田先生にお会いしたことがなくともまたお会いできなくても弟子として師匠に尽くしていく」
ってな感じな講義をすれば、患部や罵詈活に受けること間違いなしです。
今となっては、大作センセを知らない世代も増えたでしょう。
そして大作センセも姿を現さない。
まさにそうした状況に置かれている学会員さん達を働かせるのに持って来いの一文です。
そして、これはひょっとしたら、いよいよ大作センセの涅槃も近づいたという
メッセージではないかと秘かに勘ぐっています。
創価の事だから大聖人の御入滅に合わせて大作センセの生命維持装置を外す。
なんていうストーリーを練っていつかもしれませんね。
オウムの麻原彰晃のように「死」を伝説にすり替えるのもまたよくある手口ですからね。
しかしまぁ創価ってやつはなんとしても大聖人と大作センセを同等にしたくて必死ですな。

さて、「松野殿女房御返事」には

◆されば女人の御身としてかかる濁世末代に法華経を供養しましませば、
梵王も天眼を以て御覧じ帝釈は掌を合わせてをがませ給ひ地神は御足をいただきて喜び
釈迦仏は霊山より御手をのべて御頂をなでさせ給うらん

と、ご供養に対して述べられています。
「松野殿後家尼御前御返事」では、【法華経の行者を】供養すべきよし。と言われ
「松野殿女房御返事」では、【法華経を】供養しましませば。と言われています。
前者は「人」の約して「法華経の行者」。後者は「法」に約して「法華経」。
これは何を意味しているかというと「人法一体」ということです。
ご供養の相手は当然日蓮大聖人ですから、大聖人が「人法一体」の体。と言うことです。
そして、この大聖人の人法一体の体とは大御本尊なのです。

◆戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、
日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり、
本尊とは法華経の行者の一身の当体なり(御義口伝巻下)

◇就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。
既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり。(観心本尊抄文段)

つまり、大作センセや創価に尽くす(供養)しても、諸仏・諸天は何一つ喜ぶことはありません。
いやむしろ、大聖人の色心二法の大御本尊を捨てた捨てた創価は謗法なのです。

◆有る人此れを分つて云く「先きに悪因を列ね次ぎに悪果を列ぬ悪の因に十四あり一に・慢二に懈怠三に計我四に浅識五に著欲六に不解七に不信八に顰蹙九に疑惑十に誹謗十一に軽善十二に憎善十三に嫉善十四に恨善なり」此の十四誹謗は在家出家に亘るべし恐る可し恐る可し(松野殿御返事)

大御本尊を捨てた大作・創価はこの十四誹謗の全てが見事に当てハマってるでしょう。
創価の患部・罵詈活の身に入り込んでいるのは釈迦仏じゃぁありません。悪鬼ですよ。
悪鬼入其身の凡夫を諸天・諸仏が守護する道理はありません。
故に創価の祈りなど叶う道理もありませんね。
魔の通力を「功徳」と勘違いしてる姿が悲しいほど滑稽です。
(しかも功徳の現証とかいってブログに書いちゃうイタい子もいます)

まだ見ぬ戒壇大御本尊に恋慕の思いを抱き
一心に大御本尊への信を貫くその心こそが釈迦仏が我が身に入った心と言うのです。
もちろん、法華講員になれば大御本尊に会えますけど
大御本尊への信がなければ見参しても全くではないが意味がないし
各自の事情でその立場に無い人でも
大御本尊への信をもって唱題することはそのまま法施・理供養になるでしょう。
さぁさぁ、大聖人への思いがまだ貴方に少しでも残っているならば
大聖人を捨てた、創価・大作への供養はすぐに止め
その身から「悪鬼」を追い出してください。
そして大聖人(大御本尊)への信を取り戻してください。
法華講になろうとなるまいとどっちでも構いません。
貴方が大御本尊への信を取り戻すことが大切です。
毎月、御書を学ぶのは「創価教」を学ぶためではないでしょう?
違いますか?


にほんブログ村


創価に御書は必要ないから。

通りすがりの学会員と思われる方から「創価は御書根本」などというコメントかあった。
聖教新聞にも9月に青年教学試験があるみたいで「御書根本」という文字が躍っているようだ。
「御書根本」という意味を知らないで使っているのか
それとも相変わらづ大聖人を利用しているのかは分からんけど
一応教えておくと、「御書根本」というのは「学」に即せば。ということだ。
以前も書いたが、「学」に約せば「御書根本」であり
「行」に約せば「題目根本」ということだ。
この行学の二道とは、

◆行学は信心よりをこるべく候(諸法実相抄)

と御書にあるように「信」から起こるものであり、行学の根本はあくまでも「信」である。
その「信」に即して言えば「大御本尊根本」なのである。
つまり、「御書」といい「題目」といっても、大聖人の色心二法である
戒壇大御本尊を離れては無意味なのである。
その証拠に、身延学者や無信心の僧俗の姿を見てみろ。
「御書」を「日蓮の遺文」と呼び、偽書などと勝手に決めつけ、薄っぺらな解釈しかできないだろう。
彼らのやっていることは「御書」を利用し大御本尊を否定するという作業である。
こんな人々にとっては「御書」は不要なのである。
そもそも、御書には何が書いてあるのかといえば「大御本尊について書いてあるのだ。
「御書」とは、いうなれば「大御本尊」の説明である。
不相伝の輩、無信心の輩には、単なる「遺文」「手紙」にしか思えないわけだ。
かの五老僧とまったく同じ思考なのである。
だから、「御書に書いてない」といって日興門流を否定したかと思えば
こんどは「御書に書いてない」ことを堂々と主張したりする。
なぜそうなるかと言えば、根本は「本尊」に迷っているからである。
こんなに「遺文」の研究をしているのに、
身延や無信心の僧俗は本尊を確定できないでいるわけだから
何のために「研究」をしているのか?時間の無駄としか思えない。
今の創価も「然り」だ。
戒壇大御本尊を捨てた創価が「御書を根本」としたら身延同様の結果となる。
まぁ、本尊に迷いまくった挙句に創価学会仏なんて言いだしている時点で
身延と何ら変わらない。。いや身延以下になったということだ。
つまり、今の創価に「御書」は不要なのである。
いや、大御本尊を捨てた創価と「御書」は無関係なのである。
自分達で「宗門とは関係ない」と言ってるのであるから
「宗門」の聖典である「御書」を根本とするのはおかしな話だろう。
そもそも「御書」と呼ぶのは日興門流だけであり、
創価ごときが気軽に「御書」などと呼ばないで欲しいもんだ。
チミ達の「御書」は大作センセの「人間革命」で十分だろう。
「御書」と呼ばれると紛らわしいので「大作遺文」とでも呼んでくれ。

独立した世界宗教団体なのだから、いつまでも正宗の真似をしてないで独自路線を行きなさい。
チミ達に関係のない大聖人の「御書」を学ぶ必要はサラサラない。
「大作遺文」を一生懸命学び、教学試験も「大作遺文」から出題し給え。
「日顕宗を破す」なんて一体御書のどこにあるのかね?
日顕宗という言葉すら「御書にはない」
その言葉があるのは「大作遺文」のなかだろう(笑)
「御書にない」ことを学んでおいて「御書根本」とは聞いてあきれるではないか。
そもそも、創価活動家連中で御書を使って「日顕宗」を破してる奴なんていね~だろ。
むしろ、破されているのは「創価臭」「大作狂」の方じゃね~か(大笑)

ともかく、「御書」は今の創価には全くの無関係な読み物であり
創価には全く必要のない「書」である。
座談会にすら持って行かないのだから必要ないだろ。
とっととメルカリにでも出品したらよろし。
「大作遺文」よりは相当高く売れると思うぞ(笑)
しかし、アレだな。
「御書根本」の活動家は絶滅したよな。


にほんブログ村




創価教学じゃない御書講義(30年度7月座談会御書・種種御振舞御書)

わたうども二陣三陣つづきて迦葉阿難にも勝ぐれ天台伝教にもこへよかし、
わづかの小島のぬしらがをどさんををぢては閻魔王のせめをばいかんがすべき、
仏の御使となのりながらをくせんは無下の人人なりと申しふくめぬ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


今月は「種種御振舞御書」の最初の方の御文ですね。
大作センセが昔、「日本なんて言う島国からどう評価されようが眼中にない」
みたいなことをこの御文を引いてスピーチしていたのをふと思い出しました。
その割には、韓国に評価されている自慢をしていますがまぁそれはそれとして
創価の座談会なら、大作センセに続くんだぁ~それが仏法の師弟の道だぁ~とか
言い出しそうな御文ですな。
なんでそうなっちゃうかというと、変なところで区切るからでしょ。
この前文には、

◆仏滅後二千二百二十余年が間迦葉阿難等馬鳴竜樹等南岳天台寺妙楽伝教等だにもいまだひろめ給わぬ法華経の
肝心諸仏の眼目たる妙法蓮華経の五字末法の始に一閻浮提にひろまらせ給うべき瑞相に日蓮さきがけしたり

と書かれています。
ここをやらないと、一体誰に「続く」の分からないじゃないですかぁ。
どこにも「大作」なんて書いてませんね。
日蓮大聖人に続きなさい。と明確に書いてあります。
え?大作センセが日蓮大聖人に続いてるから、大作センセに続くのは間違っていない?
はぁ~(溜息)ちゃんと「種種御振舞御書」を全文読んでますか?
この御書は、大聖人様の発迹顕本とご本仏としてのお振舞が書かれているのですよ。
大難を一身に受け法体の折伏をされた大聖人様の生涯。
そのお姿は涙失くしては読めませんよ。
そのご本仏と大作センセが同じ?
頭逝かれてませんか?

大作センセが妙法弘通で大難を受けたことなんてただの一度もないでしょう?
高給メロンを食し、ベンツでお出かけ、海外旅行して、勲章もらって悦に入る。
唯一の自慢は投獄されたことだけどそれだって選挙絡み。
せめて弘教絡みならまだしも、選挙違反容疑ですよ。
しかも本人は「無罪」だけど、実行した学会員は有罪。
そんな大作センセと大聖人様が同じだと思っているなら相当のイカレポンチと言うしかありません。
そして何よりも大聖人が大難にあわれながら、一切衆生の為に残された
戒壇大御本尊を捨てたのが今の創価です。

◆法華経の肝心諸仏の眼目たる妙法蓮華経の五字末法の始に一閻浮提にひろまらせ給うべき瑞相に日蓮さきがけしたり

とは、他でもない一大秘法の戒壇大御本尊なのです。わかりますか?
自分達を地涌の菩薩といいながら、
僅か小島の末法の荒凡夫の大作ごとぎに騙されて
大御本尊を捨てるような人間を「無下」の人々というのです。
大聖人の色心二法の当体である大御本尊を捨てるのは

◆日蓮を用いぬるともあしくうやまはば国亡ぶべし

大聖人を悪しく敬ってることに他ならないんだよ。
いまの創価は亡国の団体であることに早く気づくべきでしょう。
いまの創価幹部・活動家は

◆近くは依経に背き遠くは仏意に違う者なり(当世念仏者無間地獄事)

なのです。
御書に背き、仏意に違える。
まさしく念仏者同様、いやそれ以上の謗法者であり無間地獄へ直行です。
そんな人たちに惑わされてはいけませんよ。

もう一度書きますよ。
この「種種御振舞御書」に書かれている大聖人のお振舞と
大作センセやダーハラ会長以下の創価首脳と比べて
どこに共通点がありますか?
本抄には四条金吾が竜の口へ大聖人のお供をする下りがありますが、
大聖人と共に死を覚悟した四条金吾と
謗法の地にあるから大御本尊は受持しません。という創価
どっちが真実の弟子の姿だと思いますか?
よくこの御書を読んでみてくださいね。
それが「御書の研鑽」というものです。
創価の切文教学に騙されてはいけません。自分が不幸になりますよ。


にほんブログ村

新・四箇の格言

◆大難の来れるは真言は国をほろぼす念仏は無間地獄禅は天魔の所為律僧は国賊との給うゆへなり(諌暁八幡抄)

「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」
四箇の格言だ。
いうまでもなく大聖人はこの四箇の格言をもって
身命に及ぶ大難を偲ばれ法体の折伏をされた。
その四箇の格言を大作センセが否定して久しい。
いわく
※ 四箇の格言を、大聖人が唱えられたものだからと言って、
人々の心を無視し、時代の変化を無視して、ただ繰り返し唱えても、
かえって大聖人の御心に背くことになりかねない。
それではドグマ(教条)になってしまう。宗教の魔性は、
そういうところに現れてくるからです。


だと。お得意の「時代の変化」と「人々の心」で仏法は変化する。という大作教学だ。
鎌倉時代と現代と時代が違うよ。なんて利口ぶっていっているが
仏法上では鎌倉時代も現代も「同じ末法」である。
同じ末法なのであるから「人々の心」すなわち「機根」も同じ本未有善。
時代も機根も同じであるのだから、当然法体も同じ。
流布の方法も同じ折伏。なのである。
四箇の格言を「ドグマ」と捉えること自体がすでに大聖人を愚弄する発言であり
大作センセが大聖人仏法を理解していないかあるいは信じていないかの
はたまたその両方(この可能性が大)なのである。
そんな、無智で無信心の大作センセが「使えない」といった四箇の格言だが、
現代でもしっかりと生きた格言である。

創価無間。
創価が戒壇御本尊を謗法の地にあるなどと偽り
捨てよ・閉じよ・擲てと騒ぎ立てる様は念仏と同じ。

創価天魔。
創価の御書の文証によらない大聖人直結などという仏法の附属を無視した主張。
そして自分が本尊などという妄想はまさに禅宗と同じ。

創価亡国。
創価はご本仏たる大聖人(大御本尊)を捨て創価仏などという架空仏を立てる。
本来の主たるご本仏を捨て架空仏をたてるのは真言と同じ。

創価国賊
本来の大聖人仏法とは無関係な、選挙や新聞啓蒙などを修行と称する戒律(ルール)をやらせようとする。
また世界平和などという名目で権力者と癒着するすのは律宗と同じ。

どうよ。十分使えるだろ。
時代が変わろうが人々の生活が変わろうが科学が進歩しようが
謗法邪教の人間・組織がやることはかわらないのである。
大御本尊を捨て誹謗し、一人血脈を否定する。
創価が生まれる遥か昔から大聖人の御在世よりずっと繰り返されきたことであり
その都度、大聖人と真実の日興門下の僧俗に破折され続けた来たのである。
そして現代。創価学会という鎌倉時代の4邪教が全て合体した謗法団体が誕生した。
まさに創価とは「邪宗界の王者」なのである。
そんな創価が「四箇の格言」を使えないのは
自分達が「いわれる立場」「破折される立場」だからだ。


日寛上人は
◇常に心に折伏を忘れて四箇の名言を思わずんば、心が謗法になるなり

とご指導されている。
故に日興門流は心に常に止めておこう。
創価無間・創価天魔・創価亡国・創価国賊・・・・とね。



にほんブログ村







創価教学じゃない御書講義(30年6月座談会御書・単衣抄)

日蓮日本国に出現せずば如来の金言も虚くなり多宝の証明もなにか せん
十方の諸仏の御語も妄語となりなん、仏滅後二千二百二十余年月氏漢土日本に
一切世間多怨難信の人なし、 日蓮なくば仏語既に絶えなん
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今月の座談会御書は「単衣抄」
その昔、大作センセが「永遠の経典御書に学ぶ」
とかなんとかいって講義した御書だったと思う。
男子部時代に何度か講義したから覚えている。

さて、創価座談会風講義をしてみると、大難を受けながら仏法を広めた大聖人と
大作センセや創価をダブらせて、
池田先生がいなければ、創価学会がなければ大聖人仏法の正義を証明できなかった。
大聖人仏法の正義を証明した大作センセ、創価学会こそ仏意仏勅の団体である。
みたいな論調を基本線にして、釈尊の仏法を証明した大聖人は末法のご本仏であるから
大聖人の仏法を証明した創価もまた仏である。それが創価学会仏である。と締めるか、
池田先生が、大聖人の正義・戸田先生の正義を証明したように
今度は我々が池田先生の正義・創価学会の正義を証明していくのだ。
それが創価の師弟である。と締めるか。
壮年部なら前者。男子部なら後者で締めるといい感じじゃね。
まぁ~どっちにしても、御書講義としては間違っているかけどね。

そもそも、大作センセが「大聖人仏法」故に難にあったことなんて一度もないじゃん。
まぁ、確かに世間にバッシングされているのは事実だけど
それは「大聖人仏法」が原因なんかじゃないでしょ。
金絡み、政治がらみ、女絡み、犯罪絡み・・・
全部世法の話であり、自業自得でバッシングされているんでしょ。
いわゆる大阪事件だって、ただの選挙違反の容疑であって大聖人とは無関係。
大作センセが何か起こすたびに迷惑を被ったのは大聖人の方ですよ。
そんな人が大聖人と同じなわけないでしょ。
どこまでご本仏をバカにする気なんだろうね。創価ってヤツは。
もし、創価で難を受けて大聖人仏法を証明した人がいるとしたなら
それは、戒壇大御本尊を信じ悪口罵詈されながら折伏してきた草創の会員さん達だけですね。
大作センセの受けた悪口罵詈なんか足元に及ばないほどの難を受けてきた会員さん達ですよ。
そうした草創の会員さんが守ってきた大御本尊を捨てたのが、大作センセと創価学会なのです。
そしてそれを「当然」としている幹部・活動家。

ご本尊は全て同じ?どこまで馬鹿なんだろうね。
今月の拝読箇所をよく読みなさい。
大聖人様はご本仏です。故に永遠の存在なのです。
鎌倉時代に涅槃された日蓮大聖人は不滅の滅を現されたであり、
滅の不滅を顕さされたのがご本尊なんだよ。
では、数多ある大聖人ご真筆のご本尊の中で、
生身の大聖人と呼べる御本尊はどれか?
それは今回拝読の御文に明確に示されいるだろう。
大聖人滅後に、「一切世間怨多くして信じ難し」の経文に符合するのは
弘安二年の本門戒壇の大御本尊以外にはないのだよ。

この大御本尊は昔から常に、多くの人々から誹謗中傷をされてきた。
いまもなお身延の連中や学者や研究者や
それらを信じる無信心の人々から「後世のニセモノ」と言われ
創価を辞めた人々からは「タダの板曼荼羅」と蔑まされ
現役の創価活動家のなかにも大御本尊を否定する連中もいる。
そして、創価自体も「受持の対象としない」と大御本尊を裏切った。
大作センセみずから「タダの物体」と呼び捨てている。
これだけ、長い期間に多くの人から「悪口罵詈」され続けている大聖人のご本尊は他にあるか?
身延にある真筆本尊が、こんなふうに「悪口罵詈」されいるか?
いや身延の真筆本尊も、他宗の本尊も誰からも何もいわていない。
大御本尊だけが、いつの時代にも人々から「悪口罵詈」されているのである。

その事実をもって知るべきである。
弘安二年の戒壇大御本尊こそが、日蓮大聖人の色心二法の法体であることを。
ご本仏大聖人(大御本尊)は、今もなお「一切世間多怨難信の人」として存在しているということを。
もしも、戒壇大御本尊がなければ、「一切世間多怨難信」のご本尊はひとつもなく
そうなれば仏法はついぞ途絶えてしまうのである。
大御本尊が厳然と存在しているからこそ仏法の正義が証明されるである。
しかるに創価は、この大御本尊を見捨て
大御本尊への供養を止めて
大御本尊への信を会員から奪っているのである。
そして何よりも大御本尊を捨て去りながら、
大御本尊とそっくりなコピー掛け軸を「本尊」などと言ってる。
このことがどれだけ謗法であるか、
心ある学会員の皆さんはよく思索するべきだ。
いま貴方たちがやっている学会活動なるものは
大聖人仏法を亡きものにしようとする天魔の所為なのである。
全ての学会員が一刻も早く大御本尊への信を取り戻し
正しい信仰に戻ることを祈ってやまない。


にほんブログ村



プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>