FC2ブログ

六巻抄拝読の為の基礎知識②(三重秘伝抄①)

今回からは三重秘伝抄の基礎知識です。今後は太字部分は本文ですのでよろしくお願いします。
■正徳第三癸巳、予四十九歳の秋、時々御堂に於て開目抄を講じ、而て文底秘沈の句に至るに其の義甚深にして其の意難解なり。所以に文に三段を分ち義に十門を開く。草案已に畢りて清書未だ成らず、虚しく笈の中に蔵めて之を披くに遑いとまあらず。 而る後、享保第十乙巳、予六十一歳の春、逅邂之を閲するに疎略稍多し、故に粗添削を加う、敢えて未治の本を留むることなかれ。 然るに此の抄の中には多くの大事を示す、此れは是れ偏に令法久住の為なり、末弟等深く吾が意を察せよ云云。
まず序文ですがここでは日寛上人が49歳の時に開目抄講義の際に「文底秘沈」が書かれている御文についての解説の草案(清書前の原稿)を作り、その草案を笈(おい)の中に保管していていて61歳の時に添削を加えて清書したことが書かれています。笈というのは今でいうリックみたいなもので昔は笈の中に修学に必要なモノを入れてそれを背負って修学に出かけたわけです。一応「笈のの中に草案が保管されていた」と三重秘伝抄の序文に書かれていますが、六巻抄全6巻は約3カ月の余りの間で書き終えていますので笈の中に保存されていた草案は三重秘伝抄だけではなく六巻抄全ての草案が保存されていたと思われます。この六巻抄は日寛上人のご遷化の約1年前に書かれているのでまさしく日寛上人の遺言のようなものでもあり出世の本懐ともいえるでしょう。【敢えて未治の本を留むることなかれ】と未完成の草案を残すことを禁止されたのは【此れは是れ偏に令法久住の為なり】とのお言葉の如く令法久住を思う気持ちで言われたのでしょう。未完成の本を残すことは却って末弟を困惑させ邪教の徒に利用される可能性があります。令法久住・広宣流布の為に未完成な本を残さないようにと言われたのだと思います。我等末弟はこの日寛上人のお心を深く拝することが肝要です。それでは本文に入ります。
■ 開目抄上に曰く、一念三千の法門は但法華経の本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり、竜樹・天親は知って而も未だ弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり等云云
開目抄の一節のこの御文が「文底秘沈の句」に当ります。三重に秘沈さてた法体が大聖人仏法の文底秘沈の法体であり富士門流の秘伝の法体ということです。「三重」とは「権実相対」「本迹相対」「種脱相対」の3つことです。この中の「種脱相対」つまり下種の法体こそが日興門流にのみ血脈相承されているので【秘伝】という事です。三重秘伝抄はこの冒頭の開目抄の御文の義をご指南され日興門流の秘伝の法体(事の一念三千)を示されてる書です。
■問うて云く、方便品の十如實相・寿量品の三妙合論、豈一念三千経文の面に顕然なるに非ずや、宗祖何ぞ文底秘沈と言うや
一念三千は法華経の文上で説かれているのになぜ文底秘沈というのか?という質問です。
■此れ則ち当流深秘の大事なり、故に文少なしと雖も義意豊富なり。若し此の文を暁むる則は一代の聖教鏡に懸けて陰り無く、三時の弘経掌に在りて覩るべし。故に先哲尚分明に之れを判ぜず、況んや予が如き頑愚いずくんぞ之れを解るべけんや。然りと雖も今講次に因みて文に三段を分かち、義に十門を開き略して文旨を示さん。
【当流深秘の大事】=【秘伝】即ち富士門流の唯受一人血脈の法体です。それを説明するために冒頭の開目抄の御文を三段に分けて更に御文の義を10個に開いてこの御文の説明をするということです。
■文に三段を分かつとは即ち標・釈・結なり
この御文は「標」と「釈」と「結」の三つに分けられるということで、「標」とは主題・テーマの意で【一念三千の法門は】の部分。「釈」とは解釈・展開の意で【本門寿量品の文の底に秘し沈めたまえり】の部分。「結」とは結論で【竜樹・天親は知って而も未だ弘めたまわず、但我が天台智者のみ此れを懐けり】の部分です。
■義に十門を開くとは、第一に一念三千の法門は聞き難きを示し、第二に文相の大旨を示し、第三に一念三千の数量を示し、第四に一念に三千を具する相貎を示し、第五に権ごん実じつ相対して一念三千を明かすことを示し、第六に本迹ほんじゃく相対して一念三千を明かすことを示し、第七に種しゅ脱だつ相対して一念三千を明かすことを示し、第八に事理の一念三千を示し、第九に正像に未だ弘めざるの所以を示し、第十に末法流布の大白法なることを示すなり。
これはこの御文全体の「義」を10個示したた部分です。この後「義の十門」についてひとつずつご指南されているのが「三重秘伝抄」の内容になります。ここまでは「三重秘伝抄」の序文・目次にような部分です。というわけで今日はここまです。続きはまた次回(多分来月)です。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

六巻抄拝読の為の基礎知識①(六巻抄の構成)

本ブログのコメント返しで何度か書きましたが、大聖人仏法を学ぶ上で御書以外の書物を教えて欲しいと言われれば迷うことなく「六巻抄」の名を挙げます。私自身が「六巻抄」と出会ってそれまで漠然としていた御書が理解できるようになったし「六巻抄」を学んだからこそ創価の謗法教義に騙されることなく大聖人仏法を信仰することができました。日寛上人自ら【此の書六巻の師子王あるときは国中の諸宗諸門の狐兎(こと)一党して当山に襲来すといえども敢(あえ)て驚怖するに足らず尤(もっと)も秘蔵すべし】と言われているように「六巻抄」は破邪顕正の大聖人仏法の基本を書きつくした書です。本文も語句など調べないと分からない部分もあるけど読みやすく分かりやすい内容です。そこで「六巻抄」オシをしている私としては「六巻抄」拝読の為の基礎知識を簡単に説明してみたいと思います。何度かに分けますが初回の今日は「六巻抄」の構成です。「六巻抄」とは、「三重秘伝抄第1」「文底秘沈抄第2」「依義判文抄第3」「末法相応抄第4」「当流行事抄第5」「当家三衣抄第6」の全部で6個の「抄」で構成されているので「六巻抄」と言います。そして各抄に書かれている内容としては、まず最初に「三重秘伝抄第1」で一念三千は法華経の文底に沈められるていることを明かします。「三重」とは権実・本迹・種脱相対でありこの一念三千の法体は富士門流にのみ伝わることから「秘伝」といいます。次に「文底秘沈抄第2」で、この三重秘伝された文底秘沈の法体が「三大秘法」であることを明かし「本門の本尊」「本門の戒壇」「本門の題目」を示します。「依義判文抄第3」では更にこの三大秘法の開合の相を示し、「一大秘法」及び「六大秘法」を明かした上でその義により法華経の文を解釈し釈迦仏法がすべからく三大秘法を説いていることを証し三秘の広宣流布を述べられいます。「末法相応抄第4」は上下から成り邪宗の疑難の根本となっている、観心(修行)と本尊に対する邪義を破折します。そして「当流行事抄第5」では大聖人仏法の正しい観心(修行)を明かしその功徳を述べられ最後の「当家三衣抄第6」では大聖人門下の僧俗(主に僧)の正しい行体を示しています。以上が「六巻抄」の構成です。気づいたと思いますが「三重秘伝抄第1」から「当家三衣抄第6」まできちんと順を追ってご指南されているのです。これは個人の信心の過程にも似ています。最初は仏法は皆同じと思っていたけど種脱の仏法を違いを知り、次に「下種」の「種」とは三大秘法であることを知りさらに三大秘法といっても究極は一大秘法の戒壇大御本尊が根本であることを知って本尊を知る。そしてやがて邪教・己義を破折し、正しい本尊に対する正しい修行を知り最後に行体・行儀にとして顕れる。つまり「六巻抄」を学ぶことは自身が大聖人仏法の信仰者として自立することにつながるわけです。「六巻抄」とは単なる理論ではなく自立した信仰者を育てる実践の書でもあるわけです。そんなわけで次回(来月かな)は「三重秘伝抄第1」の基礎知識を書く予定です。

六巻抄



にほんブログ村


創価学会ランキング

日興遺誡置文絡みでもうひとつ

先日、「日興遺誡置文」の話をしたので
同じ、「日興遺誡置文」絡みでもうひとつ書いてみようと思う。
先日の置文とならんで、創価教学でよく使うのが

■先師の如く予が化儀も聖僧爲る可し。但し時の貫主或は習學の仁に於ては、設ひ一旦のよう犯有りと雖も、衆徒に差置くべき事。

この一文だ。
そうか活動会曰く
法主だって女犯を犯すことがあるんだ。
だから絶対じゃないんだ。
そして日顕は女犯を犯したから法主の資格はないんだ。
って感じなんだけど、
そもそも、例の改竄写真に捏造記事を元に言ってるから
「遊蕩坊主」なんていう批判は全く根拠無い中傷に過ぎない。
それに、創価はいつも「僧俗平等」と言ってうるわけだから
仮に、法主が芸者遊びしたところで
とやかく言う事もないだろう。
創価の幹部だって、キャバクラや風俗言ってる奴はたくさんいる。
それどころか組織内での不倫だって珍しくない。
このブログを読んでいる活動家さんだって
ひょっとしたら「ギクッ」とした人もいるんじゃないの?
普段は僧侶も在家も同じだ。と言ってるくせに
そんな時だけ、「僧侶は聖僧であるべし」って言うのはおかしくね?
在家がキャバや風俗行っても仏法に相違しないなら
在家と平等の僧侶だって芸者遊びしたっていいじゃん。
僧侶と在家と同じなのか?
それとも違うのか?
いったいどっちだよ?(笑)

それはさて置き、ちゃんと教学の話しよう。
上記の御文の
「貫主或は習學の仁に於ては、設ひ一旦のよう犯有りと雖も」
この部分を、創価教学では
「貫主【または】貫主以外の僧侶は、一時的に女犯を犯しても云々」と読む。
でも、この読み方は実は間違っている、
この部分は、
「貫首は、もしも修学中の僧侶が一時的に女犯を犯したときは・・・」と読むべきである。
つまり、ここで使っている【或いは】という言葉は
「または」という意味でなく「もしかしたら」という意味だ。
だから、「貫首はもしかしたら修学中の僧侶が女犯をおかしたら・・・」と読むのが正解である。

その論拠は同じ、日興遺誡置文の中に

■謗法を呵責せずして遊戯雜談の化儀竝びに外道歌道を好むべからざる事

戯雜談の化儀【竝びに】外道歌道云々とあるように
「または」という意味には【並びに】という言葉を使っている。
なので、貫首【または】修学の僧侶という意味での遺誡ならば当然

○「貫主【並びに】習學の仁」と書いたはず
が、実際には「貫主【或は】習學の仁」である。
なので、創価が言う「法主だって女犯を犯す可能性があると日興上人も言っている」
なんて説は全く当てはまらいわけだ。

先日も書いたが、
活動家さんの皆さん!
御書は切り文でなく、ちゃんと読みなさいよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


日興遺誡置文、ちゃんと読んでるか?

昨日のコメントで、「日興遺誡置文」を挙げてコメントしてくれた方がいた。
実は、近いうちに学会の日興遺誡置文の悪用の件を書こうと思っていた矢先で
そのコメントを「うん。うん。」と頷きながら読んだ。
そのコメントより一部抜粋させてもらいますと

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
学会員は「日顕宗」の悪口を言う際、すぐ「時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事」(日興遺誡置文・御書1618 ㌻)を持ち出してくる。でも仮に「法主本仏論」のような己義があったとしても、それを理由に法主を否定し、大御本尊を受持しなくていいことにはならない。
そこでは「時の貫首為りと雖も…」について、「『時の貫首』、それぞれの時代の教団の中心者という立場にある者であっても、仏法と異なる自分勝手な義(己義)を立てた場合は、教団としてその己義を用いてはならない、という戒めである」(P306)と講義している。「己義を用いてはならない」のであって、法主をエセよばわりしたり、大御本尊から離れていいという戒めではないわけだ。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

と言う事で、全くこの通りなのだ。
学会が用いる上記の遺誡置文の一文は、その次の一文とセットだ。

◆一、時の貫首爲りと雖も佛法に相違して己義を構へば之を用ふべからざる事。①
◆一、衆議爲りと雖も、佛法に相違有らば貫首之を摧くべき事②

このように、この二つの文はセットになっており
全く真逆の事が書かれている。
学会教学は上記の①だけ引用し、
セットである②については全く引用もせず教えもしない。

さて、上記の二つの文には決定的な違いがある。
それは、「法主」が仏法に相違しても「用いて」はならない。のに対し
「法主以外」が仏法に相違したら法主はそれらに人間を「摧かなければならない」という事だ。
この事は、コメントでもいただいたように
「法主」が仏法に相違したとしても、信徒は「用いない」ようにするだけあり
「法主」を「摧く」つまりは「批判」して良いとは言われていない。
逆に、信徒が仏法に相違したならば、
「法主」は「摧く」つまり指導・破折を【しなければならない】のである。
つまり、池田センセや創価患部が法主を批判するのは遺誡置文に反した行為であり
日顕前法主が、池田センセや創価患部を批判するのは遺誡置文にのっとた行為なのである。
「用いない」事と「摧く」事は全く違う。
これを、もしも創価が「僧俗差別」と呼んで非とするなら
創価は日興上人を否定することになる。
これは「僧俗差別」ではなく「僧俗の区別」なのだ。
僧俗の別は大聖人の御書のそこかしこに
「弟子・旦那」との記述があり
大聖人自身が「弟子」(僧)と旦那(在家)に区別している。
どのように区別されているかというと

◆涅槃経に云く「内には智慧の弟子有つて甚深の義を解り外には清浄の檀越有つて仏法久住せん」(曾谷入道殿許御書)

と言う区別である。
そうした区別、いわゆる「総・別」「能・所」の立て分けを無視して
「僧俗差別だ」「謗法だ」「己義だ」といって正宗教義を攻撃しているのが今の創価だ。

また、上記の遺誡置文を遵守するならば
正宗が池田センセを除名して学会を破門するのは当然だろう。
法主は謗法者を摧かなければならないのだから。
破門に至るまでもどれだけセンセをはじめとする学会員が
信徒の分際を超えて「法主」を摧いてきたか?
それこそ、日興上人の遺誡に反した己義だろう。
日興上人は信徒が法主を摧いてもヨロシイなどと一言も言ってない。
また、大聖人仏法において初代法主は誰か?
大聖人が初代法主である。
だったら大聖人が仏法に相違したいたら摧くのか?
ああ、そうだった。
学会は大御本尊を捨てたんだったな。
大聖人が仏法に相違したから
大御本尊を捨てたってことか?
それと、日寛上人の一大秘法の本尊義も用いないのも
日寛上人が仏法に相違して己義を言ったからってワケか?
全く、笑っちゃうよ。

話はそれたが、「日興遺誡置文」に違背しているのは
どうみても創価の方だろう。
上記の文以外にも

◆一、義道の落居無くして天臺の學文すべからざる事
◆一、當門流に於ては御鈔を心肝に染め極理を師傳して若し間有らば臺家を聞くべき事

御書も読まず、大聖人仏法の法義も理解していないのに
人間革命だのセンセのスピーチだの学んでする姿は上記の遺誡に違背する。

◆一、論議講説等を好み自餘を交ゆべからざる事
◆一、謗法を呵責せずして遊戯雜談の化儀竝びに外道歌道を好むべからざる事

文証も理証も無く、反創価の人間を貶めることしか言えないバリ活さん
(このブログにもそうしたバリ活さんがきますが)
その姿はまさに上記の遺誡に違背する。

◆一、謗法と同座すべからず、與同罪を恐るべき事。

これは大御本尊を捨てた全学会員に当てはまる。

◆一、御鈔何れも僞書に擬し當門流を毀謗せん者之有るべし。若し加様の悪侶出來せば親近すべからざる事。

最近では、創価教学に合わない御書を偽書という学会員が増えている。
そういう会員は上記の遺誡に違背する

◆一、學問未練にして名聞名利の大衆は予が末流に叶ふべからざる事。

はい、これは創価教学を植え付けて自分達の財力・権力を拡大しようとたくらむ
創価の上級幹部達の事だ。

どうですか?
ことごとく日興上人の遺誡置文に見事に違背してるでしょう?
それとも違う言うのでしょうか?
さて、その遺誡置文の最後には

◆右の條目大略此くの如し、萬年救護の爲に二十六箇條を置く。後代の學侶、敢へて疑惑を生ずる事勿れ。此の内一箇條に於ても犯す者は日興が末流に有るべからず、仍つて定むる所の條條件の如し。

とあります。
つまり、創価は日興上人の末流じゃないのです。
それは、大聖人の末流でも無い。と言う事を意味します。
日興門流じゃない外道が
日興門流である正宗を「日顕宗」と呼んでいる。
憐れと言うか無慚とうかみっともないと言うかそんな気分です。
まぁ、だからこそ、大御本尊を信受しない。
などという大謗法を平気でやれるわけです。
日興門流ではない五老僧の末裔(身延など)にとって
一番目ざわりのが大御本尊だから、それを否定する。
これこそ大聖人の時代からの
謗法・邪宗の人々が言ったりやったりした事です。
学会も情けない邪教団に成り下がったモンです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>