FC2ブログ

勧誡二門(寝言丸さんの質問への回答)

寝言丸さんより「勧誡の二門」についての質問コメントをいただきましたので今日は「勧誡二門」について少し書きます。「勧誡二門」とは、【勧門】と【誡門】の二つの門(法門)のことをいいます。仏教にける化導の方法はこの「勧誡二門」の外にはありません。【勧門】とは「善を勧めて仏道に導く門」で釈迦仏法においては「経蔵」がこれに当たります。【誡門】とは「悪を誡めて仏道に導く門」で釈迦仏法における「律蔵」のことです。大聖人仏法に照らして分かりやすく表現すれば、「勧誡二門」とは「破邪顕正」のことであり折伏弘教は全てこの「勧誡二門」によりなされるわけです。『法華文句』にはこの勧誡二門を、
□「勧は即ち為人悉壇、誡は即ち対治悉壇なり、此二悉壇は第一義悉壇の為め」
と釈しています。「勧門」とは相手の機根に合わせた説法になりますから為人悉壇になり「誡門」は相手の機根に関らずその悪を誡める説法ですから対治悉壇ということになります。ただし、大切なのは【此二悉壇は第一義悉壇の為め】ということで、どちらもその根本は「第一義悉壇」であるということです。大聖人仏法における「第一義」とは具体的に何かといえば、大聖人仏法の色心二法であり出世の本懐であり末法衆生成仏の法体である、一大秘法の戒壇大御本尊のことです。つまり「勧門」で化導しようと「誡門」で化導しようと、根本は戒壇大御本尊であり化導する行先は戒壇大御本尊であるということです。つまり「勧誡二門」といってもその二門は最後は「一門を通る」いう事です。私達は折伏の時には必ずこの「勧誡二門」を使って折伏をしています。よく言われる「功徳がでる」というのは「勧門」であり、「罰が出る」というのは「誡門」を使っていることになります。しかし功徳も罰もどちらも戒壇大御本尊の力用を説明しているわけです。ですから、「勧門」を表にして「戒壇大御本尊への信心をすれば幸福になれる」と折伏する裏には「戒壇大御本尊への信心をしなければ幸せになれない」とい「誡門」があります。当然、その逆も然りです。「勧誡二門」とは「唯一門」なのです。「勧門即誡門・誡門即誡門」ということです。その上で相手によってどちらの門を表に化導していくかという違いにすぎません。私の場合は、創価や顕正会など戒壇大御本尊に敵対する逆縁の衆生には「誡門」=破邪を表に折伏し、無信仰の人など戒壇大御本尊に対し無知の衆生には「勧門」=顕正を表に折伏をすることを心がけています。以上が化他行の勧誡二門ですが、自行における勧誡二門は日々の勤行・唱題のことです。勤行・唱題には「勧誡二門」の両門が備わっています。私達は日々の勤行唱題によって戒壇大御本尊様への門をくぐっているわけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

出世の本懐の件(アメリさんの質問への回答)

アメリさんが以下のような質問が来ましたので今日はそれにお答えしたと思います。(太字はアメリさんのコメントです)
●創価男子部から以下の阿仏房御書に『出世の本懐』とあるので、日蓮正宗がいうところの出世の本懐=弘安二年の御本尊とは言えないのでは、と質問されました。(あまりにありがたく候へば宝塔をかきあらはしまいらせ候ぞ。子にあらずんばゆづる事なかれ。信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ。出世の本懐とはこれなり。)
まず創価男子部君、ダボハゼみたいに御書の切文に飛びつくのはダメですよ。まずは「出世の本懐」の意味とは【仏がこの世に生まれてくる理由】です。それは
◆諸仏は唯一大事の因縁を以ての故に世に出現し一切衆生悉有仏性と説き聞法観行皆当に作仏すべし(爾前二乗菩薩不作仏事)
ということで全ての仏は「一大事因縁」の出世の本懐を持ってこの世に生まれてきます。この「一大事」の「一」とは「唯一」という意味です。つまり「たった一つしか存在しない」という事です。そこで大聖人の「出世の本懐」とは、
◆但だ唯一大事の南無妙法蓮華経を弘通するを本とせり(御講聞書)
◆蓮祖出世の本懐は但三箇の秘法に在り。(日寛上人開目抄文段)

その上で阿仏房御書に御文を読むとこの御文の意は、大聖人の「出世の本懐」とは「御本尊に尽きる」という意味です。一部創価がいうような「口唱題目」の流布が本懐ではなくあくまでも「御本尊」が本懐です。さて、その上で阿仏房に与えられた御本尊も総じていえば大聖人の出世の本懐で間違いありません。しかし別して言えば日寛上人が観心本尊抄文段で
◆就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり。
と仰せの如く弘安二年の戒壇大御本尊なのです。文証としては
◆仏は四十余年天台大師は三十余年伝教大師は二十余年に出世の本懐を遂げ給う、其中の大難申す計りなし先先に申すがごとし、余は二十七年なり其の間の大難は各各かつしろしめせり(聖人御難事)
と明確ですが最近の創価民はこの「27年」とは難を受けた年数だと屁理屈を言ってきます。それなら御文中の「出世の本懐」の言葉は不要なんですけどね。普通の人間ならこの御文を読めば「27年」とは「出世の本懐」を遂げた時と読みますが創価民は普通でありません。そこで現証としては言えるのは御本尊の相貌です。阿仏房が御本尊を下付されたのは「文永」時代。実は「文永期」の御本尊と戒壇の大御本尊の相貌は全く違うのです。果たしてアメリさんと話した創価男子部君はそれを知っているのでしょうか?まづはソコが問題です。さて、日寛上人は観心本尊抄文段の中でこのことについて
◆「問う、文永・健治の御本尊を究尽するや。答う、文永・健治の御本尊、多く分身及び善徳仏を挙ぐ。此れに相伝有り。或は仍文上を帯するか云云」
とご指南されています。つまり阿仏房へ与えられた文永期の御本尊はいまだ完全なる出世の本懐の御本尊ではありません。しかしこの御本尊はアメリさんのいうように阿仏房の篤信に対する大聖人から褒章ですから一機一縁の御本尊で正しい御本尊です。ただ仏の出世の本懐とは先に書いたように一切衆生に授与されるべきご本尊であり特定の信者専用の一機一縁の御本尊ではありません。一機一縁の御本尊は数多ありますが、一大事因縁の出世の本懐の御本尊とは「唯一ひとつだけ」であり、その一切衆生に与えれた御本尊は弘安二年ご建立の「本門戒壇の大御本尊」以外ありません。「出世の本懐」とは御本尊のことですが、この御本尊にも総別があるのです。不相伝の創価にはそれが分からないのです。阿仏房への御本尊は別体の御本尊なのです。
◆本門戒壇の本尊は応にこれ総体の本尊なるべし。これ則ち一閻浮提の一切衆生の本尊なるが故なり。自余の本尊は応にこれ別体の本尊なるべし。これ則ち面々各々の本尊なるが故なり(日寛上人・観心本尊抄文段)
さて、創価男子部君が「阿仏房御書」を切文してきて「出世の本懐」=「弘安二年の大御本尊」とは言えないというなら、
①阿仏房御書では出世の本懐=御本尊としているが、大御本尊が出世の本懐でないならどの御本尊が出世の本懐なのか?
②全部の御本尊が出世の本懐ならば、なぜ御本尊の相貌が違うのか?
③一機一縁の御本尊も出世の本懐ならば自宅も「本門の事の戒壇」になるのか?
④子供でなければ譲ってはいけないはずの大切な御本尊。創価は日顕上人の御本尊を一体も正宗に返納していないがそれはどうなったのか?
等々、いいたいことは山ほどありますね。そしてアメリさんが創価男子部に言った、
●これは阿仏房の信心を褒められて、御本尊を下附された御書であり、御本尊が何より大切であることを表現されるうえで、出世の本懐、というお言葉を使われたのであり、いくら阿仏房が強信とはいえ、大聖人の出世の本懐が一信徒に授けられた御本尊でないことは明らかでしょ?聖人御難事の御金言と血脈を受けられた日興上人に授けられたという事実が弘安二年の御本尊が出世の本懐であることを示してるでしょ。
この言葉は非常に的を射たいい回答だと思います。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

法体の戒壇と事相の戒壇。

先月古刹信徒さんに聞かれていてそのままになっていた「戒壇」について少し書きます。「戒壇」についても書くと色々と長くなってしまうので今日は「事の戒壇」について書きます。戒壇については創価よりも顕正会が邪義を撒き散らかしていますが、顕正会は「事の戒壇」は広宣流布に暁に建てられる戒壇。顕正会風にいうと「国立戒壇」のみだと主張していますがこれは「法体の戒壇」と「事相の戒壇」が理解できていない浅~い教学です。法体とは言うまでもなく三大秘法で「本門の」本尊・題目・戒壇です。この「本門」のいうのは仏の本地の門のことで大聖人仏法では「本門」とは法華文上の本門ではなく「文底独一本門」のことです。「文底独一本門」とは日寛上人は、
◇但文底独一の本門を以って事の一念三千と名づくるなり(三重秘伝鈔)
とご指南されています。つまり「本門の戒壇」とは「事の一念三千(即自受用身)の戒壇」ということでこれをもって法体の三秘となるわけですから法体に約せば「事(の一念三千)の戒壇」なのです。ですから顕正会の言うように国立戒壇以外に事の戒壇はないというのは大きな間違いです。まず最初に法体の「事の戒壇」があって後に「事相の戒壇」を建立するわけです。さて顕正会がよく引用する「三大秘法抄」を読むと
◆戒壇とは王法仏法に冥じ仏法王法に合して王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて有徳王覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時勅宣並に御教書を申し下して霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か時を待つ可きのみ事の戒法と申すは是なり
と書いてあり、顕正会の言う国立戒壇建立の条件として、【王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて】とあります。顕正会が言うように「法体の事の戒壇」がないならこの三秘蜜とは「本門の本尊と題目」と「迹門の戒壇」ということなります。迹門の戒壇を持って本門の戒壇を建立するとかどう考えてもあり得ません。(笑)ですから法体である三秘(事の一念三千の本尊及び題目・戒壇)を王臣一同が持った時に「事相(実際に形としての)の戒壇を建立しなさい」というのが大聖人の御遺命なのです。つまり顕正会の言う国立戒壇というのは広宣流布が完了したときの実際の姿を大聖人が示されているのです。顕正会は国立戒壇が建立をしないと真実の平和・幸福はないようなことをいいますがそれは全く逆で真実の平和と幸福が確立しなければ顕正会の言う国立戒壇が建立されることはないのです。そしてこの「事相の戒壇建立の御遺命」は「化義の広宣流布」の方途としてのご指南で且つ化義の広宣流布の完成形なのです。化義は即化法で化法は即法体です。その法体を大聖人から唯授一人で相承したのが日興上人です。
◆日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す、本門弘通の大導師たるべきなり、国主此の法を立てらるれば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ、事の戒法と云うは是なり、就中我が門弟等此の状を守るべきなり。
この身延相承書にも明らかなように法体・化法・化義の全ては日興上人から御歴代上人に「唯授一人血脈相承」されているわけです。つまり「事相の戒壇の建立」という化義も御歴代上人に対する御遺命です。顕正会は正宗は「国立戒壇を捨てた」などといいますが、「国立戒壇」という名称を使うか使わないかは全て「化義」に関する事項ですからそれを判断するのは時の猊下なのです。創価や顕正会ごときの在家が自分達で化義を自由に変えていいなどという御書も歴代上人の指南もありません。そもそも前述通り「事相の戒壇」とは「王臣一同が三大秘法を持った時」に完成する姿です。よって王臣一同に三秘蜜の法を持たせることが条件でありそれなくしては「事相の戒壇建立」など絵に描いた餅に過ぎません。従って大聖人の化義の広宣流布の御遺命の主眼は【王臣一同に本門の三秘密の法】を持たせること。即ち折伏・弘教にこそ大聖人の本意があるのです。
◆御義口伝に云く大願とは法華弘通なり
と明確に折伏・弘教を日興上人に御遺命されています。そしてその御遺命は、再度書きますが、浅井や池田に対して遺言されたのではなく別しては日興上人に、総じていえば御歴代上人を初めてとする正宗の僧俗に対して遺言されたのです。その御遺命を受けた正統たる御歴代上人と日興門下の僧俗を誹謗しておいて何が「大聖人の御遺命」ですか?顕正も創価同様「日蓮直結」ですか?池田創価にすら及ばない浅井顕正が思い上がりも言いところです(笑)そもそも顕正や創価には「本門の三秘蜜の法」がありませんから何をどうしようとも浅井顕正のいう「国立戒壇の建立」などできない事は、それこそ「事実上明らか」なのです。創価の池田もインチキ教学ですが、顕正の浅井も相当の詐欺師です。絶対できない事を会員に「できる」と言ってるわけですから。顕正会員の皆さんも創価民を嗤っている場合ではないですよ。一日も早く「大聖人詐欺」グループから脱会して大御本尊の元に戻り「本門寺の戒壇」を目指してください。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

現代科学と内外相対(ポリ銀さんの質問から)

先日、SNSの方にポリ銀さんから内外相対についての質問がありました。ポリ銀さんが内外相対を理解してないということはないでしょうから質問の核心は【現代科学も内道から見れば外道の一種ってことなんでしょうか?】という話だと思うので(違っていたらゴメンナサイ)今日はそのことについて回答します。まず「内外相対」のおさらいですが、「内外相対」とは大聖人の立てた教判の五重の相対の一番最初の相対です。余談ですがこの大聖人の五重の相対に全然教判に関係のないくっだらない三重の相対をくっつけて八重の相対とかいって得意顔しているのが波田地氏です。そんなデタラメ教学に感心している波田地グループの学会んさんに私は夏だというのに寒心しきりです(笑)さて「内外相対」というのは自分の内面に因果等を求める内道即ち仏法と自分の外にそれを求める外道即ち仏法以外の教えや宗教を比べて外道より内道(仏法)の方が優れてているという事です。詳しい説明は省きますが内道と外道の違いは内道は三世(現在・過去・未来)の因果を解き明かしているのに対し外道にはそれがないので外道に対すれば内道の教えの方が勝っているということです。ですから「現代科学」もまた内道である仏法から見れば「外道の一種」になります。さて、しかしながら大聖人は、
◆天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか。(如来滅後五五百歳始観心本尊抄)
◆まことのみちは世間の事法にて候、金光明経には「若し深く世法を識らば即ち是れ仏法なり」ととかれ涅槃経には「一切世間の外道の経書は皆是れ仏説にして外道の説に非ず」と仰せられて候を妙楽大師は法華経の第六の巻の「一切世間の治生産業は皆実相と相い違背せず」との経文に引き合せて心をあらわされて候には彼れ彼れの二経は深心の経経なれども彼の経経はいまだ心あさくして法華経に及ばざれば世間の法を仏法に依せてしらせて候、法華経はしからずやがて世間の法が仏法の全体と釈せられて候。(白米一俵御書)
とご指南されています。つまり「内外相対」で世法や化学を含めた外道は劣るといいながらそれらも仏法であると言っているわけでなんだか自語相違っぽく聞こえますよね?これは「相待妙」と「絶待妙」の違いなんです。五重の相対は教判ですから「相待妙」の立場なんですね。内外相対だったら、内道と外道を比較して内道の妙を立てるというロジックなんです。これを「大小相対」「権実相対」「本迹相対」と進めていって一番最後の「種脱相対」で「種妙」である南無妙法蓮華経になります。この「種妙」はもうこれ以上比較するものがありませので「絶待妙」になります。このように何かと比較するのが相対妙ですからその目線で見れば「現代科学は外道の一種」ですが、いちど「絶待妙」を知り逆のその立場からみると(開会すると)相待妙で切り捨ててきた全ての事は全て絶待妙である南無妙法蓮華経の部分論であることが分かります。「相待妙」でが外道の一種である現代科学も「絶待妙」で開会すれば妙法の一分を説明していることになり外道ではなくなります。例えば大聖人がご在世の時に門下の釈迦像造立を称賛したりご自身でも仏像を所持していましたがご本仏の御境涯でみればそれらもまた不要のモノではなく妙法の一分と映るわけです。もちろんだからといって「絶待妙」たる南無妙法蓮華経(戒壇大御本尊)を蔑ろにしたり或いは二つ並べて信仰することは謗法であり「絶待妙」での開会の意味がなくなります。ですから仏像だろうとキリスト教だろうと現代科学だろうと「絶待妙」で開会して俯瞰すればそれは決して否定すべきものはありません。ただし、それらの世法を含む外道の法を根本とするのは間違いであるということです。折伏の時には、この「相待妙・絶待妙」の両方を使います。主に破折の時は「相待妙」弘教の時は「絶待妙」がメインですね。相手が現代科学を持って妙法を否定してくれば内外相対等の相待妙をつかい絶待妙を立て、そうでない時には絶待妙の立場で開会して妙法を教えていく。これらの使い分けが折伏には大切だと思います。創価や顕正相手に絶待妙で開会しても理解できませんからら彼らには徹底していかに彼らの信心が劣っているのかを分からせないといけません(笑)以上で一応質問の回答とさせていただきますが至らない点がありましたらご指摘ください。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

大聖人と釈迦如来(PPPさんの質問への回答)

PPPさんから大聖人と釈迦如来の関係についてのご質問がありましたまので今日はその件について書きます。大聖人と釈迦如来の関係というのは大聖人仏法の根幹部分です。遠くは五老僧がそして近くは創価がこれに迷い邪教化していったわけです。さて、PPPさんがの質問は、
★大聖人と釈迦如来との関係性がよくわかりません。両者は本仏と迹仏の関係なのか、三変土田の分身仏は迹仏の分身なのか、それとも「下種の法主」と「熟脱の教主」という役割の違う本仏が違う時代に存在するのか、そうすると久遠実成と矛盾するのではないか、といった具合にさっぱりわかりません。
とのことですが、結論からいうと釈迦如来はご本仏大聖人(久遠元初自受用身)の迹仏です。この釈迦如来には蔵・通・別・迹・本・底の6種の教主釈尊がありますが、底の釈尊とは南無妙法蓮華経即大聖人ですからPPPさんの言う所の釈迦如来は「底の釈尊」を除きます。残りの5種の釈迦如来のうち根本となるのは久遠実成の法華本門の釈尊です。この久遠実成の釈迦から以下の仏は久遠実成の釈尊の垂迹の仏です。よって分身仏もまた全て迹仏の分身になります。この久成(久遠実成)の釈尊が迹仏の理由は、久成の仏は「本果仏」だからです。寿量文上には久成の釈迦が成仏した理由は「我本行菩薩道」とだけ書かれていますがこの菩薩道の修行内容は書かれていません。また「我本菩薩道」の修行をしていたということは既に五百塵点劫の釈尊は「菩薩の位」だったわけですから、では五百塵点劫に釈尊が菩薩の位まで昇った根本的な修行は何だったのか?のが重要でそれが「本因」(成仏の根本の因)というわけです。
◇師の曰わく、本因初住の文底に久遠名字の妙法事の一念三千を秘沈し給えり云云。応に知るべし、後々の位に登ることは前々の行に由ることを云云。(三重秘伝鈔)
この本因については三世諸仏総勘文抄・当体義抄に書かれていますが結論だけ書くと「南無妙法蓮華経」です。法に約せば「一念三千」で人に訳せば「久遠元初自受用身」ですがこの人と法は一体でありそれが大聖人の本地ですので「本因妙の仏」つまり本仏です。対して釈迦如来の本地である五百塵点劫の釈尊はこの本因の仏の垂迹仏です。
◆凡夫は体の三身にして本仏ぞかし、仏は用の三身にして迹仏なり(諸法実相抄)
の御文のあるように「凡夫仏」=「無作三身如来」である日蓮大聖人が「本仏」であり、色相荘厳の仏である久成釈迦仏は「本仏」の働きを示した迹仏です。久成釈迦仏以下の仏は全て久成釈迦仏の「用」ですから「用の用」となります。
◆本果妙は然我実成仏已来猶迹門なり、迹の本は本に非ざるなり、本因妙は我本行菩薩道真実の本門なり、本の迹は迹に非ず(百六箇抄)
の御文を「人(仏)」に約すと、釈迦如来の「本(地)」である久遠実成の釈迦は既に「迹仏」であるから「本仏」ではない。ただし本仏である大聖人を根本と見れば久遠実成の釈迦も「本仏の迹」であるから単なる「迹仏」ではなく「本仏の迹」ということになります。なんだかややこしいとは思いますがまとめますと、大聖人は「本」釈迦如来は「迹」、大聖人は「体」釈迦如来は「用」、大聖人は「因」釈迦如来は「果」、大聖人は「能」釈迦如来は「所」といった関係でしょうか。ですから決して大聖人と釈迦如来が全く別な存在ではないのでが対等でもありません。何故なら迹仏は本仏が存在がなければ存在できないからです。なので釈迦仏を本仏に立てることは実体のない仏を本仏に立てることになり、仏に実体がないのでその働きにも実体がない。つまり事実で上での成仏はない。ということです。いまの創価の本尊義も「人(仏)」という視点で観れば、本仏の体である戒壇大御本尊を捨てれば戒壇大御本尊を誰が書写しようと、「迹の本が迹」なので実体がありません。誤解を招くかもしれませんがPPPさんの言に即せ、「人」の視点で観れば、戒壇大御本尊は「本仏」自余の大聖人のご真筆は「迹仏」書写の本尊は「分身仏」という関係です。もっとも今の創価にとって本尊は仏でなく、単なる「宇宙の法則」ですから御本尊を「仏」として見られないのですね。また破門後の創価教学はそのように会員さんを洗脳してきたわけです。戒壇大御本尊も自余の本尊もみな同じというロジックは、大聖人も釈迦も大日も阿弥陀も「みな同じ仏様で差別はない」と言っているのと同じです。そんな中で「仏」という観点をもって思索をするPPPさんの姿勢は素晴らしいと思います。「仏法」とは「仏の法」であって「宇宙の法」ではありませんから。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>