FC2ブログ

【告知】5月11日に登山します!

今月の5月11日に登山します。読者の皆さんの中で同日に登山を予定していてダメだし管理人のツラでも見てやろうじゃね~か。という奇特な方がいらっしゃいましたら是非ご挨拶させてください。当ブログの非公開コメントまたは私のツイッターのDMにコメントください。メアドなど教えていただければそちらにメールなど致します。


にほんブログ村


創価学会ランキング

息子と実弟が初登山。

先日の月曜日に5人で登山をしてきました。今回は2年ほど前にご受戒を受けた息子と先日ご受戒を受け実弟を連れての登山でしたので、事前の登山告知はしませんでした。なにせ彼ら二人は初登山なので色々と案内したり面倒見たりでしたので読者の方とお会いしても話す時間が取れないと思われたので。さて半強制的(笑)に登山に連れて行った二人でしたが思いの他楽しそうにしていたので少し安心しました。ご開扉前に綺麗になった三門をみたり法祥園・五重塔などを楽しそうに見て回っていました。二人も大石寺の広さや美しさそして厳かな雰囲気を満喫していたようです。子供の頃に学会本部に何度も行ったことのある息子は学会本部より大石寺の方が全然気持ち凛とすると言っていました。また大石寺が700年以上の歴史があることに驚いていました。そしてご開扉をいただき彼ら二人にとって初めての大聖人様とのお目通りを無事果たすことができました。まぁ何もわかっていない二人ですが「大御本尊ってすごいね」といっていたので「本当に凄さは勤行唱題して信心をしないと分からないよ」といっておきました(笑)同行したU君とO君も色々と二人の面倒をみてくれたので助かりました。自主的に弟は自腹で少し高目の念珠を購入したり、息子は「法華講員の心得」という書籍を購入していました。まだ最初なので物見遊山の気分だったでしょうが、それでも大御本尊様にお目通りさせることができてよかったです。今後も登山に一緒に連れて行ったり所属寺院にもお盆や彼岸には連れて行き御本尊様や猊下・ご住職に縁させていきたいと思ってます。何はともあれ二人を登山に連れて行けて良かったです。今度は妹も連れて行きたいと思いました。
IMG_6241.jpg
綺麗になったばかりの三門の前で記念撮影。
IMG_6250.jpg
ご開扉前には雲がかかっていた富士山でしたがご開扉の後は雲がとれてよく見えました。

次回の登山は春ですかね。次回はまた登山前に告知しますね。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村




12・14登山の報告(あやめさんにも会えました)

先日、12月14日に予告通り登山に行ってきました。今回の同行者は創価男子部仲間で友人のS君とO君の二人です。東名高速で集中工事が行われているので中央道回りにしようかとも考えましたがインターおりてからの距離が中央道よりも新東名の方が断然近いので高速代金が2000円ほど中央道より高いのだけどオトナなはお金より楽な道を選んだわけです。心配していた故事渋滞もほぼなく予定時刻よりは15分ほど遅れましたがお昼前に到着しました。その後、書店を2件(暁鐘ショップと大日蓮出版)まわり、書籍を4冊購入して昼食。
IMG_6133.jpg
またしても「セリ蕎麦」そして今回はライス単品までつけてしまい結構満腹に。新セリで香りもよく美味でしたが、今度は違うお店も行ってみようと思います。因みにO君は「ニジマスの玉子丼」を食していました。(豚汁付きだよ)食後の一服を終えて奉安殿までブラブラと歩きます。
IMG_6134.jpg
折角なので大講堂の前にある戸田会長の和歌の碑を写真に撮ってみました。「妙法乃広布の旅は遠けれど共に励まし共々に征かなむ」いい歌ですけど、残念ながら池田大作が戸田先生の創価を謗法にしてしまいました。しかも戸田先生の弟子とか言いふらしてるんですよ。酷いですね。と戸田会長にご報告申し上げた次第です。
IMG_6145.jpg
そして奉安堂に到着。多分いままで一番富士山が見えたのですが(いつも天気の関係で富士山をキレイに見ることができません。修業がたりませんね)冠雪していなくて少し寂しい。やはり富士山は雪がないと富士山ぽくないですね。ここであやめさんとお会いして一緒に御開扉を受けました。
IMG_6141.jpg
御開扉の後にあやめさんと記念のツーショット。少しお話もできましたがまた今度ゆっくりお話が出来る機会があるといいですね。こうして当ブログの読者で創価から正宗に移籍した方と大石寺でお会いできるのは本当に嬉しいですね。あやめさんありがとうございました。また来年も当ブログの読者の方とお山でお会いできるといいなぁって思ってます。
IMG_6140.jpg
その後、寶物殿へ行きました。丁度「三門展」が開催中でした。
IMG_6146.jpg
実際の三門も工事は終わっていましたが、まだ周囲に工事用のフェンスがかかっていたので実物の三門は次回のお楽しみという事で帰途へ。帰る途中の高速のSAでご住職の奥様とお嬢様方に「イチゴ大福」のお土産を購入し(ご住職の分もちゃんと買いましたよ)19時過ぎころ菩提寺に無事到着しお土産を渡すことができました。その後は22時過ぎまで飲んでました。この日は登山前にに2時間唱題を終わらせていたのでちょっと心に余裕がありましたが財布と身体に余裕がなかったので飲んでる割には早めの帰宅でした。今年は1月とこの12月に登山ができたので良かったです(あとは8月)年内最後のお目通りもできたあやめさにも会えたし、いい年末になりそうです。来年からは登山の時はもう少し写真をとってブログで大石寺の紹介をしたいと思ってます。創価新報と違ってフェイクニュースは流しませんよ。野犬の群れや浮浪者の団体、ぺんぺん草を見かけたら必ず報告します。( ー`дー´)キリッ


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村





【告知】12月14日に登山します!

来月の12月14日に年内最後の添書登山を申し込みました。読者の皆さんの中で14日に登山を予定していてダメだし管理人と会ってもいいよって方がいらっしゃいましたら是非ご挨拶させてください。当ブログの非公開コメントまたは私のツイッターのDMにコメントください。メアドなど教えていただければそちらにメールなど致します。まずは報告まで。



にほんブログ村


創価学会ランキング

大石寺へ登山してきました。

一昨日、創価男子部時代からの仲間と地区長さんの5人で大石寺への登山をしてきました。1月に支部登山に参加して以来の登山です。やっぱりいいですね~。総本山は。今回も創価新報さんが言うような野犬の群れにもペンペン草にも遭遇できませんでした。大石寺のどこに「野犬スポット」「ペンペン草スポット」があるのか是非創価新報さんの方に聞きたい。きっと彼らしか知らない隠れスポットがあるのでしょう(笑)それはさて置き御開扉では戒壇大御本尊様に、自分の事は当然ですがコロナの終息、そして本ブログの読者の皆様の幸福・健康などもご祈念させていただきました。正宗では昔から「毎日仏壇、月にはお寺、年に一度は大石寺」と言われているそうですが年に一度と言わずに数度は登山したいと改めて思った次第です。
preview (1)
御開扉終了後。奉安殿の前で記念撮影。どれが私かはご想像にお任せします(ヒント:一番男前)
preview (3)
帰宅時間に余裕が有ったので五重の塔に。
preview (4)
この五重の塔の近くに創価学会の戸田2代会長のお墓があるので戸田会長の墓参をしてきました。墓前には樒も飾られいます。創価学会員は師弟不二の池田センセを筆頭に「謗法の地にある戸田家の墓」なんかお参りに来ないでしょうから、この樒などは正宗の僧俗がお供えしているのでしょうね~。自分達の師匠の墓参をしてくれる正宗の僧俗に対して「日顕宗」などという蔑称で呼ぶ学会員はつくづく「人としてクズ」だと私は思いますけどね。たまには戸田会長の墓参くらいしようという心が学会員にはないのでしょう。仏法者が聞いて呆れます。
preview (5)
書籍も数冊買ってきました。書籍は大日蓮出版と暁鐘ショップでは売っている書籍が違うので書籍を買う時は両方のお店に行った方がいいですよ。(お樒も買ってきました)
preview (2)
三門はまだ工事中。早く工事が完了した姿が見たいです。

そんなわけで無事登山し御開扉を頂き帰ってきました。今度は秋かなぁ。できれば年内あと2回くらい登山したいと思っています。次回行くときも事前告知するつもりですので、もし同日に登山を予定している読者の方がいましたらお会いしましょうね(因みに多分平日です)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村








プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>