FC2ブログ

歴代法主全書と日蓮正宗聖典

先月、とうとう「歴代法主全書」を購入しました。
IMG_6360.jpg
ずっと欲しかったのですが、いかんせん10万円超でなかなか踏ん切りがつかずにいましたが先月、10万円を切った値段で売っていたので思い切って買ってしまいました(汗)汎用性はそれほど高くはありませんし高額なので迷ったんですけどずっと欲しかったの書籍だったので妻に「カード使いすぎ」と注意されながらも入手した良かったです。現在少しずつ読んでいるところです。また先月はもう1冊「日蓮正宗聖典」も購入しました。
IMG_6373.jpg
これも欲しかったのですが、当ブログの読者の古刹信徒さんから宗祖御生誕800年の記念行事として再刊されたと教えてもらい、こちらは即決で購入しました。いままでずっと中古を見ていたのでそれが再刊なら速攻購入ですよね。中古を買わずに良かったです。この「日蓮正宗聖典」は法主全書とは逆に実に汎用性の高い書籍です。法華経や重要御書、六巻抄に化義抄などなど、大聖人仏法で学ぶべき全てのテキストがこの1冊に収録されています。創価や顕正会との対論もこれ1冊でOKですね。解説書ではないので解説は掲載されていませんが、この聖典に収録されている各抄を研鑽すれば大聖人の仏法は完璧です。ていうかこの1冊を研鑽するだけで一生涯他の書籍は学ばなくてもいいというか、この書籍を学ぶだけで一生が終わってしまう。という感じの書籍が「聖典」です。これが5,500円ですからこれはお値打ちだと思います。今の時代は、紙の本よりデータが主流ですけど私は「紙の本」が好きなんですよね。昭和のアナログ人間だからということもあるんですけど、私は「書き込み派」なんですよ。本はキレイに読みたという人も多いでしょうけど私の場合は「書き込んで汚しちゃう」派なんです。蛍光ペンとシャーペンを持ちながら本を読み進めて行って気づいたことがあったらその場で本にマーカー引いて書き込みしちゃうんです。だから御書でもなんでも、マーカーの線と書き込みで一杯になっちゃうわけで本としての価値は下がる一方なんです(笑)初信の頃は御書でも分からない語句だらけで、語句の意味とかの説明を書き込んでいましたが、いまは分からない語句もほぼ無くなったので書き込みは主に自分の思ったことなんですけど、昔の書き込みとか見ると「ああ、この頃はこれが分からなかったんだなぁ」って懐かしくなります。また書き込みがある事で忘れていたことも思い出したりもします。これはPCデータではできない書籍のいいところです。登山した時も必ず2~3冊は仕入れてきますので書籍がどんどん増えていきます(笑)信心をしない人からみたらタダの不用品ですよね。でも、いつか私の一族の中から私の買い求めた書籍を重宝がって読んでくれるヤツが現れることを秘かに期待しています。そんなわけで今後もチョイチョイ書籍のご紹介をしていきたいと思っています。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

日顕上人の書籍

早いもので今日は日顕上人の一周忌です。午前中に菩提寺に参詣しご住職と唱題をしてきました。本山では一周忌を前に昨年のご遷化の時と同様に富士山にはつるし雲がかかり境内には桜の花が咲いたようです。創価と平成の法難を闘われた日顕上人のご威徳と感じてます。創価男子部時代に日顕上人に散々罵詈雑言を吐いてた私としては不徳に恥じ入るばかりです。さて私は創価組織を追放されたから日寛上人を始めとする歴代上人の書籍で大聖人仏法を学んできたけど日顕上人の書籍だけは読みませんでした。創価に籍を置いていたからというのもあるけど自分が散々日顕上人を否定してきたらという理由が大きかったと思います。数年前、勧戒を受け正式に法華講になってからようやく日顕上人の書籍を手にするに至りそれから数冊日顕上人の書籍を購入して読みました。因みに現在は「百六箇種脱対見拝述記」を少しずつ読んでいるけど、まだ1回目なのでメチャクチャ難しい。「百六箇抄」そのものが相伝書なので難解なんですけど。そういえば昔、「全然、またあの難しい教義を聞いたって解んないもの。誰も解んねぇ。ドイツ語聞いているみたいでね。それで『俺偉いんだ。お前ども、信徒ども、信者、信者』そんなのありませんよ。この時代に、ね。時代とともに歩まなきゃいけませんよ」(太字が池田発言)という日顕上人をはじめとするご僧侶の法話を腐す池田スピーチがありました。どうやら池田は正宗の教義がドイツ語みたいで分からなかったようです(笑)彼の教学力であればさもありなんと思います。さて、私が一番最初に読んだ日顕上人の書籍は「三大秘法義」です。
preview (2)
比較的分かりやすく1度目はスラスラ読めるのですが2度3度読むにつれて深くて難しくなっていきました。だから何度も読み今も時折読んでます。そしてようやく少しづつ理解できるようになりました。いままで分かっていなかったことが分かった時の喜び。これこそが教学の醍醐味ですね。何が言いたいのかというと難しい教義を聞いて分からないで済ますのは信仰者ではないしましてや指導者としては失格だということです。最初は分からなくて当然でそれを「分かろうと努力する」のが信心だという事です。ドイツ語だって分かろうと必死に努力すれば分かるようになるのです。それを「誰も解んねぇ」なんて指導する池田に信仰者としてまた指導者としての資質はない断言します。「最初は分からないかもしれないが探求する努力をしなさい」というのが「指導」でしょう。こんな人間が永遠の指導者なのですから創価民は永遠に大聖人仏法の教義は分からないのでしょうねぇ。「解んねぇ」のはオマエとオマエ弟子達だけだよって感じです。(笑)そんな池田が時代と共に歩んだ誰でも分かる教義の一例が、「私たちは日々、勤行・唱題で、大宇宙の究極の法則に合致し、無限の生命力を涌現できる。」というようなモノ。は?これは何でしょう?こんなことも言ってます「勤行・唱題は、小宇宙である自分自身を、大宇宙の根本のリズムに合致させゆく崇高な儀式である。」一体何の話をしているでしょうか?「聖闘士星矢」の話ですかね(笑)これが時代に合致した誰もがわかる【教義】の話ですか?日顕上人の法義がドイツ語ならこの池田指導はさしずめ宇宙語でしょうか?地球上の人類が使う言語であればドイツ語でもタガログ語でも努力次第で理解できるようになりますが、地上にない宇宙語ではそれこそ「誰も分かんねぇ」です。もっとも創価民はこれで大聖人仏法の教義が分かるのでしょうからこれは「創価語」ですね。創価民にしか分からない。この時代にね(笑)譬喩というのはその本体を理解できていて初めて使える代物ですが、池田のような無信心で無教学の人間が譬喩を使うと「何を何に例えているのか」さっぱり分かんねぇのです。大宇宙のリズムってなんですか?大宇宙のリズムに合わせると幸福になるんですか?そもそも大聖人仏法の教義を「解んねぇ」って言っているヤツが譬喩使ったらもう本当に何が何だかわかりません。これが時代に即した誰もが理解できる勤行・唱題の意義とは噴飯ものですね。話は横道にそれましたが日顕上人の書籍を数冊読んで感じたのは、当たり前の話ですが池田の教学などとは雲泥の差があるという事と創価民は「日顕宗」などと悪宣伝していますがに日顕上人が語る法門法義は歴代上人との間に何ら齟齬はないという事ですね。血脈付法の「力」をまざまざと感じます。というわけで、日顕上人の一周忌を偲び今日は日顕上人の書籍の話を書かせてもらいました。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>