FC2ブログ

選挙は信心。その結果。

今日は、まず下の画像を見てみてください。
斉藤鉄夫
少し古めだけどこれは過日の広島参院選挙で公明党の必死の応援も虚しく落選した西田英範氏の必勝祈願の画像です。そして下の画像で西田氏の隣にいるオッサン、誰かと思ったら公明党の副代表の斉藤鉄夫さんではありませんか!SNSでこの画像をみて西田さんと一緒に神棚に向かって柏手を打ち必勝を神様に祈願しているとは大笑いしました。えっと、確か創価学会員は「選挙は信心」って言ってますよね?いや斉藤さんが神社で柏手打ってますけど、いつから創価学会は神道に鞍替えしたのでしょう?
◆檀那の社参物詣を禁ず可し、何に況や其の器にして一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けんや、返す返すも口惜しき次第なり、是れ全く己義に非ず経文御抄等に任す(日興遺誡置文)
◆他宗の神社に参詣し一礼もなし散供をも参らする時は、謗法の人の勧請に同ずるが故に謗法の人なり(日有上人『化儀抄』)

大聖人の仏法では神社参拝は謗法ですよね?創価だって今もそうなんでしょ?靖国神社の献灯騒ぎの時そう聖教新聞に書いてありました。で?改めて聞きますが斉藤鉄夫公明党副代表が神様に祈願しているコレも「選挙は信心」の範疇なんですか?実はこういう行為をしてるのは副代表だけじゃないんですよ。私の地元の神社の夏祭りには毎年公明党の県会議員がきて「パンパン」と柏手うってるし創価時代の友人の公明党市議も神社の祭りに顔を出しては毎回お神酒を一杯引っかけて上機嫌になっています。学会員がお題目あげても当の議員が謗法してたらそりゃ効き目ないですよね(笑)こういう記事を書くと創価民は「大石寺の法華講総代だって神社の行事に参加しているじゃないかと」以前の創価新報の記事を持ってきて「オマエ等だってやっているだろ」論法をしてくるだろうけど、そもそも「オマエ等だってやっているだろう論法」自体が「正宗がやっているなら俺達もやっていい」というようなオカシイ論法に加えて、確かに新報の報道のような事実はあったけどアレは一個人の信心の心得違いであって指導教師住職から厳重注意を受け本人も反省しています。
◆大逆なれども懺悔すれば罪きへぬ(光日房御書)
との御妙判にあるように戒壇大御本尊に対し懺悔申しあげれば一時の謗法の罪は消えます。もちろん一度懺悔しながら同じことを繰り返すのは不可ですが、それはもう個人の信心の問題であって周囲には無関係なわけです。対して斉藤氏や件の県議・市議には誰も注意もせず野放しして本人も謗法であることすら自覚せず且つ反省・懺悔もない。しかもこういう連中を応援しているのが創価学会員なのだから与同罪はま逃れませんね。自民党を応援するっていうことは謗法与同だってことを創価民さんは分かっているんですかね?神社に必勝祈願をし、当選の暁にはダルマに目を入れる人たちを応援するのが創価の信心なんですか?それは信心とは関係ないというならば「選挙は信心」「選挙は功徳がある」なんて言わない事です。謗法に与同しておいて功徳なんかあるわけないでしょ(笑)「選挙が信心」ならばこのような謗法の候補者を支援するのが筋が通らないと思いませんか?だからいつも書くように「選挙と信心は無関係」と正直に言えばいいんですよ。それならば実際に柏手打っている人はともかく応援している人は与同罪にはなりませんからね。もっとも創価民の場合は神社参拝の与同罪よりも戒壇大御本尊を捨てるという一番の大謗法を犯しているから、今更神社に参拝しようと謗法を容認しようとどうってことないから何とも思わないのでしょうね。懺悔したくても戒壇大御本尊を捨てちゃったから大罪は消えるどころかますます大きくなっちゃうし大変ですよね(笑)はやく戒壇大御本尊様にお目通りして懺悔した方がいいと思いますよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

創価に負けるな!スーパークレージー君。

皆さん、スーパークレージー君って知ってますか?先月行われた埼玉県・戸田市の市会議員選挙で最下位ながら当選を果たした若者です。当選したときもネットニュースで紹介さてたので知っている人も多いと思う。俺はこの戸田市議選はスーパークレージー君当選もさることながら公明党候補がスーパークレージー君に負けで次点で落選したことに笑いが止まらなかったんだけど、そのスーパークレージー君に対し当選無効の意義申し立てがされました。

当選無効ピンチのスーパークレイジー君「某宗教が関係している」と反撃

記事によるとスーパークレージー君の当選を無効にされるために某宗教団体が圧力をかけたようです。スーパークレージー君の当選を無効にすれば某宗教団体の支援している公明党の候補が繰り上げ当選になるからね。スーパークレージー君も某宗教団体・・・・面倒くさいから創価学会ってはっきり書くね(笑)当選直後から「おかしなことがあった」と会見でいっています。(以下太字はリンク記事からの引用)
※当選直後から自宅の周りではポストを調べられたり、「周辺で宗教関係の人がピンポンして、『クレイジー君に入れていないか』と(票割りの)裏切り者を探しをしている話を聞いた。
内部の学会員の家で投票確認するのはまだ見逃すとしても他人のポストを調べるのは軽犯罪法に抵触する可能性があり反社行為だね。もっと言えば他人がだれに投票したか確認するなんて大きなお世話だし宗教行為ではないよな。まぁこれ以外にもおかしく感じることはあったのだろう。そして最後には、
※2月4日に選管の事務局長から深夜に呼び出され、「戦う自信がなければ『ゴメンナサイ、自分の認識が甘かった』と言えばいい。裁判になると相手は巨大組織だから」と辞職圧力を受けたことだ
との記事にあるように選管の事務局長から当選を辞退するようにと圧力を受けたようでこれは見逃せないだろう。しかもただの圧力でないね。「裁判になると相手は巨大組織だから」といった脅迫に近い恫喝である。しかも緊急事態宣言下の埼玉県内で深夜に呼び出して恫喝したのである。スーパークレージー君が調べたところによるとこの事務局長も創価学会員だったらしい。当選無効の異議申し立てを受理したのも当然この事務局長の最終判断だろう。さすがに市の選管も昨日この事務局長を更迭し、更に今日になり戸田市から【この度の本市選挙管理委員会事務局職員の、スーパークレイジー君議員に対する対応につきましては、不適切なものであり、遺憾に思っております。当該職員につきましては、処分等も含めて厳正に対処してまいります。】との公式アナウンスがあった。これは戸田市長が厳正な処分をもって対処してほしいと思う。選管の事務局長が当選者を恫喝するなんて選挙制度そのものの信頼を失墜させる暴挙だろう。しかし創価もエグイ。というか完全にコレ反社組織と変わらないだろう。これが創価の本質だ。会員に対するスラップ訴訟もその一環。邪魔の者は脅迫・恫喝して排除する。これが創価学会のやり方である。だから、分かって欲しいのは創価学会員の友人・知人から公明党への投票を頼まれたからといって簡単に公明党に投票なんてしてはいけないんだよ。選挙という民意で当選した人間を脅迫して「辞退しろ」と圧力をかけるのが創価なんだよ。知り合いの学会員さんは「いい人」かもしれないが所属してる組織は力で民意を捻じ曲げようとする反社行為を繰り返す組織なんだよ。こんな組織が支援している政党や政治家が力を持ったらどうなります?次に脅されるのは自分かも知れないし自分の家族かもしれない。だから頼まれたからとか誰でもいいからとかいう理由で簡単に公明党などに投票しないでくださいね。ともあれ、スーパークレージー君。俺は応援してるぞ。創価の脅しや痛がらせにになんか負けるなよ。そして立派な政治家になってくれよ。しかし、こりゃ地元の創価幹部はやばいよね~。市議会で候補を落選させた挙句に、創価の陰の悪事まで晒しちゃってさ。今頃、S藤ヒロピーがカンカンだよ。こっちも埼玉総県長の更迭もあるかもね(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

遠山清彦氏の高級クラブとキャバクラ遊びの件

公明党の遠山議員が宣言下の東京で深夜まで高級クラブにいたこと加え政治資金をキャバクラ遊びの費用に使っていたことが明らかになりました。遠山議員と言えば、沖縄選挙のときにデニー氏に関するデマをネットに流したり日本会議で「学会婦人部なんて1時間で説得できる」と発言したり。IR関係でカジノ会社のボクシング接待を受けたりと何かとアンチに話題を振りまくことで有名でしたが今度は高級クラブにキャバクラ遊びということで。ネットではデマ彦・飲み彦・キャバ彦・高級クラブ遠山など数々のニックネームをもらいすっかり人気者になりました。公明党の山口代表も当初は厳重注意だけで幕引きを図ろうとしましたがキャバクラまで出てきたしまって遠山氏の役職辞任という事態に発展しました。とはいえあくまでも「辞任」ですから、公明党としての処分は今のところ「厳重注意」だけであとはお咎めなしとことになります。もしこれで党としての処分がないのであれば遠山氏だけでなく公明党としても今回の件に関してその重大さを全く認識していないということになります。「軽く謝罪すればいいだろう」程度の認識だと思われます。国民に協力を依頼している政権与党がこのような態度では国民に批判されて当然です(もちろん自民党も)ただ私が憤慨しているのは遠山氏・公明党もさることながら、公明党を積極的に支援している創価活動家に対しての方が大きいです。報道では「学会婦人部が怒り心頭」なんて書かれたりしていますが、実際の創価活動家の中には「怒り心頭」の人なんてほぼいないのが現実でしょう。もし本当に怒り心頭ならば公明党の支援を即座に中止するはずですがどうもそんな気配は見えません。それよりも何よりも今回の遠山氏の不祥事に対して、「魔の仕業」とか言っている創価民が非常に多い。これが共産党議員の不祥事なら「諸天善神の働き」ということになるのですかね(笑)ともあれ政治家の不祥事を「魔の仕業」とか真顔でいう人たちが支援している政党が政権与党にいることにうすら寒さを覚えます。こういう人たちが支持者だから公明党の議員はロクデナシが多いのだと思います。どんな不祥事を起こそうと何をしようと創価学会本体に逆らわなければ、学会員は創価本部にいわれるがまま公明党に投票し支援する。公明党議員にとっては学会員一人一人が何を言っても痛くも痒くもない。どうせ組織から言われた通りにしか投票しないのが創価民だとタカを括っているわけです。自分達の支援者にすらこのような舐めプをしているのですからその他大勢の国民の事なんか知ったこっちゃないんですよ。遠山氏のピンクネクタイ謝罪や山口代表の謝罪も、それ全部「創価学会本部」に対する謝罪なんだろうと思います。そうでないなら党として遠山氏に対して厳しい処分を下さないと国民の信頼なんて取り戻せません。普段は自民党に「襟を正せ」と苦言を呈している山口代表ですが、他党のことよりまず自分の党の襟を正すのが先決でしょう。もっともアンチとしては遠山氏はこのまま公明党議員でいてくれた方がいいと思っています。遠山汚彦遠山清彦氏は今後も色々としでかすと思います。そのたびに公明党の信頼はどんどんなくなる。その方が長い目で見たら国民の為になるんじゃないかなと思っています(笑)そういう意味ではアンチにとっても遠山氏は公明党始まって以来の【逸材】といってもいいでしょう。ガンバレ遠山!君の力で公明党をぶっ壊せ!(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

「進む会」ってどこに?

公明党が全国後援会組織の「進む会」というものを先月立ち上げたらしい。取り敢えず次期衆議院の候補者9名の「進む会」が発足している。地元の市議が初当選したときに「2期までは応援するけどそれまでに学会と関係ない個人の後援会を作れるようじゃなければ政治家としての資質はないよ」と言ったことがあるが、彼も5期目に入ったが個人後援会はもちろん一つもない。20年も市会議員をやっていて後援会のひとつも作れないわけだからオレ的には政治家としての資質ゼロのまるで特保飲料のような男だ。もっともずっと創価の支援に胡座をかいてきたのは彼のみならず全ての公明党議員に当てはまる話で、本当に公明党議員なんて不要だと思う。今回の「進む会」だって先ずは学会員が会員になって学会員が講演会の会員を増やしてって話しで「自分たちの力」で後援会の会員を増やそうという発想は公明党にはないだろう。ようは「選挙の戦い方」を投票依頼から後援会勧誘に変えただけで結局投票依頼もするようなのだから学会員にとっては2度手間になって忙しくなるだけの話だ。その公明党のサイトに(以下太字は引用)
【7月中旬には、支持母体・創価学会の会員に対して、全国後援会への入会を要請。入会申込書には自身の名前などに加え、友人・知人の名前や住所を書き込める欄を設けた】と書いてあってこれはヤバイんじゃない?って思った。だってコレ絶対に本人の承諾を取らずに勝手に友人・知人・親戚とかの名前や住所を書いて出す創価民いるよ。個人情報の取り扱いに関するコンプライアンス五月蝿くなっている時代だけど創価民はコンプライスを遵守するという一般常識が欠如している人間か多いからね~。裁判で和解になった所謂「シアトル事件」についてだって言及しないという和解条項を無視していまだにネットに投稿している莫迦も後を絶たないし、相変わらず「励まし」で知り得た会員さんのプライベートを組織内でベラベラ喋っちゃうヤツ等だよ。個人情報なんていう概念がないんだよ。そういえば以前お寺に法華講が名簿を持って学会員の自宅を訪問するのは個人情報保護法違反だと言ってきた学会員の自宅に話に行った時にその学会員がオレの車のナンバーを勝手に控えていたから「お前それこそ犯罪だろ」って言ってやったけど、そんな連中だから後援会の申込書に知り合いの名前を勝手に書いて提出するなんてお茶の子さいさいってもんだろ。見に覚えのない公明党議員から訳のわからないLINEとか来たら速攻ブロックしてくださいね。犯人は貴方の周りにいる学会員ですよ(笑)しかし「進む会」って本当にセンスがないよなぁ。大作センセが会員の子供につける名前くらいセンスない。そもそも公明党ってどこに進むのよ?アンチとか関係なく公明党がどこに進もうとしているのかオレにはまったく分からない。平和の党とも福祉の党とも言えないだろ?かと言って自民みたいに自主憲法設立という党としての具体的な目的もない。「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のために戦い、大衆の中に入りきって、大衆の中に死んでいく」との大衆直結の精神といけど、別にそれなら議員なんてやらなくていいじゃん。大衆直結って・・・で結局それって何?って思わないか?まぁ結局、公明党が権力と権益を手放したくないなら解党からの自民合流へと進むしかないけどね。まぁとにかく非常識学会員さんに言っておきたいのは、勝手に後援会の申し込書に他人の名前を書かないように。なにせオレの退会届を勝手に書いて出しちゃう人達だから信用できないからな(笑)


にほんブログ村

公明党・山口代表「選挙は信心」全否定。

公明党・山口代表に疑問をぶつけてみた

公明党の山口代表のインタビューの記事を読んだ。政治と信仰の関係について山口代表は(太字は引用)
「信仰の世界、宗教の世界と政治の世界は違う。政治の世界は議会制民主主義で多様な価値を認め、平等、自由が保障されているわけで、公明党もそこを前提にできている。もちろん信仰や宗教、哲学というものは人間を深く洞察するものなので、そうした価値観が政策に反映されるのも望ましいことだとは思うが、宗教世界の価値体系をそのまま政治の世界に持ち込むべきではないと思っている」と話した。(記事より引用)
との見解を示した。全くの正論だよね。正論なんだけどこれは創価民が公明党を支援している大きな理由を全否定してしまったね。創価幹部達は会員に選挙の度に、「選挙は信心」「王仏冥合・立正安国の戦い」なんて言って【だから】「選挙の戦いには功徳がある」と説明しているが、いくら支援する側が選挙と信仰を結び付けようと支援される側がキッパリと「信仰と政治の世界は違う」と創価幹部の会員に対する選挙に対する指導を全否定しちゃいました(笑)これでは現場の幹部や活動家は立つ瀬ないですなぁ。山口なっちゃんもこんなこと言っちゃって大丈夫なんだろうか?と心配(してないけど)です。もっとも山口なっちゃんが公のインタビューでこのように発言しているのだから当然これは創価執行部も了承している認識なんだろうね。つまり創価執行部は別に「選挙は信心」なんて思っていないということだね。なのに「法戦」だとかいって会員を煽るのはどう考えても「詐欺」でしょ。日蓮正宗の事を「日顕宗」と呼んで根拠もないことで誹謗中傷するヘイトな創価民。そしてネット等で執行部批判をする会員を査問し除名し更にはスラップ訴訟までする非民主的な創価本部だよ。こんな連中・こんな組織が支援する政党が与党にいるのは恐怖ですよ。「平等」も「自由」もあったもんじゃない。そもそも多くの一般有権者にとって公明党なんて最も不要な政党でしょ。共産党のように野党ならともかく与党なら要らないでしょ。与党を支持するなら自民党で十分なんだから。公明党が与党になって何か変わりました?貧富の差は広がり、防衛費も増え続け、政治と金問題も年金問題も国会議員の定数削減も何も変わっていない。いやむしろ庶民への負担は増える一方でしょ。公明党の存在ないんて無いに等しいと俺は思うけどね。それでも会員が一律で公明党を支援していたのは「選挙は信心」「選挙は広宣流布」というお題目があったからでしょ。多種多様な人間が揃って同じ政党に投票するのは【政治的】にはありえない。組織票はその組織に所属している人間に共通の価値がなければ成り立たない。つまり創価民が公明党を支援するのは【宗教的価値】によるもの以外にない。それが今回山口代表の一言で否定されたわけだ。そんなわけで公明党代表も「政治は信心じゃない」と明言しているのだから創価民もいつまでも選挙の度に「法戦」だとか「功徳」だとか言って騙したり騙されたりするはもう辞めよう。創価学会が公明党を支援しているのは【宗教的】な心情・思想に基づいているのではなく世法的な損得勘定でいいんだよ。そもそも政治というのはそういうモノなんだから。個々の損得を多数決で決めるのが政治だよ。だから創価民が創価本部や執行部が「得をするため」「政治権力を保持するため」に公明党を支援してるというならそれはそれでいいんだよ。創価民として創価が権力を持つことは自分にとっても「得になる」と思って投票するのは立派な政治的判断だと思う。だた非会員の一般人にはちゃんとその旨を伝えなさいよ。「創価学会を強く大きくして守るために貴方の1票を公明党に投票してください」と正直にいいなさい。ウソはいかんよ。ウソは。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>