FC2ブログ

天野達志氏に査問の通知が届いたようです。

創価学会広島県審査会より通知

今日私のツイッターのTLに天野さんに創価本部から査問の通知が届いたというツイートが流れた来た。
とうとうというかやはりとうか、あの人に査問通知が来ない方がおかしいからご本人も想定内だと思う。
上記に天野さんがSNSで公開した創価の通知の画像をリンクしたので良かったら読んでみて欲しい。
天野さんというのは例の沖縄の県知事選で創価の三色旗を持ってデニー候補を支援した人で知っているいる人も多いと思う。
私も天野さんに届いた創価からの通知を読んだが、本当にヒドイ内容だ。
以下強調文少し抜粋する(太字が創価の通知からの引用)

まず最初に、
「当審査会は、貴殿に対する処分の申請を受理しました」
の書き出しで始まるのだが、どこの誰がいつ天野さんを処分するように申請したのかが書かれていない。警察だって被害者が誰なのかくらい教えるし、原告が誰だか知らせないような裁判なんてない。いったい誰が天野さんに対する処分の申請したのか?本当にそんなことを申請した人間がいるのならその人が誰なのか知らせるのが普通だろう。こんなの単に創価学会としてではなくあくまでも会員からの申請があったということにしたいだけだろ。

続いて、「貴殿は、代理人を選任することはできません。また審査手続きは非公開ですので、第三者を同席させることもできません。」
と書いてある。どんな犯罪者であっても弁護士を付ける権利があるのに弁護士どころか誰も連れてくるななんて、いつの時代の話でどこの国の話なんだって。非公開で第三者が同席できなら創価は何でもやりたい放題だし、密室での言動がどうだったのかいくらでも創価のいいように捏造できる。いや最初からそのつもりだからこそ「一人で来い」といっているのはミエミエだ。なんとも薄汚い手口ではないか。
天野さんへの処分内容は当然「除名」なのだが、その理由がつらつらと書いてある。要約すれば「本部の執行部を批判した」もっと簡潔にいえば「執行部に逆らった」から除名にするということだ。それにも関わらず最後に取ってつけたように

「この会の(略)指導に反し」「この会の秩序を乱す行為」「会員としてふさわしくない行為で」かつ「この会もしくは会員に迷惑を及ぼす行為」に該当する

などと書いてある。一体「この会」は何をする会なのか分からない。この会の目的として会則4条には【この会は、日蓮大聖人の仏法の本義に基づき、弘教および儀式行事を行ない、会員の信心の深化、確立をはかることにより、各人が人間革命を成就するとともに、日蓮大聖人の仏法を世界に広宣流布し、もってそれを基調とする世界平和の実現および人類文化の向上に貢献することを目的とする。】と明記されている。であれば、この会の指導とはこの目的に沿ったものを「指導」と呼ぶのであって、それ以外の目的に関するものは「指導」ではないはずだ。目的外のことを強制することは「指導」ではなく「命令」である。命令違反を処分するような組織はおよそ宗教法人として税制優遇を受けるにそれこそ相応しくない。そもそも会員に目的以外のことを「命令」して強制するようなモノを宗教として認めることが大問題だ。
天野さんが批判しているのは公明党とそれを支持している創価執行部である。創価の会則には「公明党を支持しなければならない」ということは書かれていなし、そもそも創価は「政教分離している」と言っているのだから、例え創価が決めた公明党でなくその反対政党を支持したところで何の会則違反にもならない。そして「この会」の目的が選挙ではない以上、天野さんの行動が「この会」の目的から逸脱して、「この会」の秩序を乱し、「この会や会員」に迷惑かけることはありえない。「この会」が選挙を目的とした政治結社であるならば「除名」も妥当だが、「この会」つまり創価学会は「宗教団体」だろ。天野さんの行動が「日蓮大聖人の仏法を広宣流布する」ことや「人間革命」することや「世界平和を実現」することにふさわしくなく迷惑をかける行為なのか処分を申請した人間はそれをまづ論証すべきだろう。というか「この会」の目的からすれば、天野さんへの処分申請は却下しておかしくないはずだ。まぁいずれにせよ、創価なんて警察でも裁判所でも税務署でもない。運営の全てを会員の財務という名の会費でまかなっているのに出頭とは何様だ。「となりの町内会の祭りに行ったから自治会から追い出す」みたいな話で、それならばいままで受け取ってきた会費(財務)を全額返却しろよ。という話だ。以前も書いたが会の目的外での不当な除名処分を受けた会員さんは「財務返還の集団訴訟」を真剣に考えるべきだ。返還されなくても訴訟を起こすだけでも現在の創価の実態を世間に知らしめることができるだろう。

返還訴訟といえば過去に学会員が正宗に正本堂供養の返還訴訟を起こして敗訴したが、それとこれとは話が違うのだ。当時の正宗への供養はあくまでも大御本尊にたいするものであって日蓮正宗に供養したのではない。それはまさしく「供養」と呼べるものであるが、創価の財務はあくまでも「財務」であって実態は「供養」ではなく「会費」だ。正宗から御下付された本尊を使って金を集め実際には職員の給料や本尊と関係のない様々なことに使われている。これを供養とは言わないのである。なので「会費」である以上、一方的に「除名」をするのであれば返還されて当然ではないか。

またこういう話を書くと宗門も大作センセと創価を破門したではないかというヤツもいるが、宗門は創価の政治活動を問題視して破門したわけではない。そもそも宗門は特定政党を支援・支持していない。大作センセの謗法発言から大作センセを総講頭から罷免しただけだ。それなのにその後創価は日蓮正宗の教義の根幹に関わる批判をやめなかったから破門に至ったわけだ。だが今回天野さんは創価の永遠の指導者を批判していない。正宗風に言うとご住職に向かって猊下がいっていることと違うことを言っているではないか。と主張しているだけである。いまだに創価を破門した宗門のことを批判している連中がいるが、同志である天野さんや篠澤さんやその他多くの会員さんを創価執行部は一方的に「除名」にしているのにそれについては誰も何も批判しないのか?オマエラ創価の言うところの「破和合僧」ではないのか?そんな執行部に従順している創価活動家連中も与同罪じゃないのか?宗門には散々言うのになんでこんな理不尽なことが組織で行われているのを平気で見て見ぬふりしていられる神経が俺には理解できない。

天野さんや篠澤さんなんて氷山の一角なんだよ。沖縄では何人も会員さんが会合から締め出されている。沖縄だけじゃない全国で除名や役職停止・活動停止などの処分を受けている会員さんが大勢いる。学会に入会しても選挙は自由だよ。威張るような幹部なんていないよ。一人ひとりを大切にしているよ。なんて書いている学会員のブログやSNSを見かけるがソレ全部嘘だから。実際はご覧のとおり、公明党を応援せず対立候補を応援したら処分。SNSやブログで少しでも執行部を批判したら処分。創価を退会した人間と仲良くしたら処分。自由な投票もできなければ、ブログやSNSさえも好きことは書けなくなる。まさしく「人権無視」「憲法無視」のブラック宗教団体というのが今の創価の実態である。そんな創価からはいっときも早く逃げなければいつどんな罪を着せられて処分されるかわからない。それまで、どれだけ時間と金を創価につぎ込んでもボッタくられた挙句に裏切りもの扱いされてハイそれまでよ。と来たもんだ。今の創価に在籍しているのは、戦争地域に丸腰で旅行しているような危険極まりない行動です。はやく逃げてくてください。
最後に天野さんは「創価奪還」と言ってますけど、創価は「大御本尊」を捨てててからこの数年でこのようにひどい状態になったのは歴史が証明するところです。昔の創価に戻すためには「大御本尊」への信心を戻す以外に根本的な方法はありません。だから今の大御本尊のない創価を奪還しても意味はないと思います。何年かして落ち着いたら自分は何を信じてきたのか何を信じるべきなのかを考えていただきたいと願っています。


にほんブログ村

維新・公明密約文書で思うこと。

「大阪都構想」の住民投票に関連して
維新の松井知事が、公明党の密約文書を公表しました。
まぁ~維新も公明もどっちもどっちでどうでもいいっちゃどうでもいいのだが、
公明がまた他党を裏切ったような世間は感じるのでないか?
都議選では都ファに接近し、大阪では維新と密約し
選挙が終われば知らんふりという「コウモリ党」らしい行動は最早公明党のお家芸だね。
党利党略・選挙に勝つためならば、密約もするし裏切りもする。
政権与党で権力と権益を守るためなら自民の靴を舐めまくる。
これが政党じゃなくてひとりの人間ならば絶対にお付き合いしたくないタイプですなぁ。
とはいえ別にそれ自体を否定するつもりはないんですけどね。
政党として「与党」を目指すのはある意味普通のことだし
密約や裏取引さらには裏切りなんていうのは政治の世界やビジネスの世界では珍しくもない。
ただ、創価民が公明党を支持することが「信心」「広宣流布」などというのであれば、
大聖人仏法の信仰者として見逃すことはできない。

今回の密約文書を存在を創価は知っていたのか?
知らなかったとしたならば公明の一番の支持団体として公明党に抗議すべきであり
知っていたとしたならば創価本部は会員さんたちに説明しなければならないだろう。
創価民は選挙活動を正当化するために毎回「立正安国」の精神だなどと詭弁を使うが、
選挙のために相容れない主張の相手と密約し、
権力の座を維持するためにこれまた相容れない主張の相手に迎合する。
その姿のどこに日蓮大聖人の立正安国の精神があるのか?
そんな精神は欠片もないだろう。
権力に迎合せず正法正義を叫び続け、2度の流罪など身命を賭した
大聖人様の立正安国のご精神をいったいなんだと思っているのか。
密約に裏切りに迎合。その姿は大聖人を迫害してきた極楽寺良観などの邪宗の面々と全く同じ姿である。
それを「立正安国」などという言葉を使うとは無礼にも程がある。
公明党の現在の姿は「立正安国」ではなく、「立証暗黒」と呼ぶに相応しい。
これでも、まだ創価民達は法戦などと言って公明党の支援を手弁当でやるのだろうか?
「政治」に関して興味もなければ主義主張すらもっていない創価愚民が、
「広宣流布のため」「池田先生のため」などという、
全く政治と関係ないモチベーションで公明党を応援するのはハッキリ言って迷惑であり
国益を損ねる行為だと思っている。
そんな創価民に頼まれて何も考えず公明党に投票する人達も同類だ。
公明党を支援する政治的理由や主張がそこにあるならば納得もするが
そんな話をする創価民なんて見たことがない。
ただただ「選挙は信心」「選挙は功徳がある」
その「選挙は信心」「選挙で功徳」で文証も理証も説明できないけどな(笑)
まぁ~、「コウモリ党」を支持できるのは自分もコウモリだからだろうな。
多分、いっぱい密約文書をあるんだろうね。
公明党だけじゃなく創価本部と政党や政治家との密約もあることだろう。
こんな宗教団体の正義を叫ぶ人の気がしれないな。


にほんブログ村

辺野古湾への土砂投入。

先日14日から沖縄県の辺野古湾への土砂投入が開始されました。
私は人権だの平和だのと軽く言う方ほど偽善者でもなければ厚顔無恥でもありませんが
今回の件は、沖縄知事選挙での民意を無視する形の強権的な政府与党のやり方には強い憤りを感じる。
米軍基地は日本には様々な面で必要だと思うので米軍は撤退せよ。なんてことはいわない。
ただ、最初から「沖縄県ありき」で、しかもデニー知事とも十分な対話もないまま
強権的に土砂投入を行ったことは間違っていると思うのです。
また基地移転の前に、「日米地位協定」の見直しとか先にやるべきことがあるでしょう。
そういうことはほぼ放置状態にしながら辺野古移転は実力行使するとは
一体、自公の与党はどこの国の国民を守りどこの国の国益を守っているのか分からない。
いまの政府与党のやり方はいつ自分達の住んでいる街に降りかかるかわからないという恐怖を感じる。
「辺野古は反対されたので、米軍基地を東京の南青山につくります」と言い出すかもしれない。
笑いごとでも他人事でもない。いま沖縄県で起こっていることは明日は我が身だと思っていないと。
「日本の国益のために沖縄県は我慢しろ」と思っている人は、自分の周りで同じような事が起きたら我慢するのか?
大抵は自分の事は我慢できないだろう。自分が我慢できない奴ほど他人には我慢を強いるものだ。

こんな公明党を創価本部は保身のためだが、いち学会員さんが何故に応援するのか?
私も活動家時代は選挙を戦ったが当時は野党。
「四月会」という「死学会」をもじってできた組織がこぞって創価を批判した。
そうした権力と戦うことこそ日蓮仏法の精神と思ったいた。
その後、与党になった時は納得いかなかったが与党中で権力と戦うという説明を信じた。
ところが今の公明党をみてみろ。
不倶戴天の敵だった「四月会」ながれを汲む「日本会議」の会合に公明党議員がヘラヘラと参加し、
自民党の強行を止めるどころか自民と一体となって強行を推し進めている。
今回の辺野古の件だって沖縄県の埋め立て承認撤回処分の一時停止を決断したのは国交省の石井大臣だ。
辺野古だけじゃない。消費税だってもともと公明党は反対していたはずがいつのまにやらである。
今回の辺野古埋め立ての件は公明党支持者であっても半数が反対なのである。
しかしそれを進めている勢力のひとつは公明党なのである。

ある学会員は今の沖縄県の惨状は「民主党に責任がある」などと馬鹿な事いう。
確かに民主党政権・鳩山総理は迷走はしたが、ならば自公が与党をやっていたら
基地問題はいま存在していないのか?といわれればそうではないだろう。
こんな連中が「先生が作った政党だから」と言って無批判に支援しているのが公明党だ。

で、もっと酷いのは先の選挙でデニー氏を応援した地元の学会員さんが
組織から排除されているとうこだ。
「創価学会は政教一致じゃない」なんていってるが
選挙で反対候補を応援したら活動停止とか思いっきり政教一致だよな。
逆らったものは排除する。逆らったものは制圧する。
この創価の現状がそのまま公明党の姿勢に現れている。
やがて会員さん達は排除されるのが怖くて公明党を応援して学会活動をやるようになる。
いまでも、そんな思いを持ちなら学会活動している方も恐らくいるだろう。
もう、そういうのはやめにませんか?

話は逸れてしまったが、一部芸能人が辺野古反対の署名を呼びかけ10万人を超えたらしい。
私も何もできないが早速その署名にサインした。
ともかく一旦埋め立ては中断しキチンと話し合いをして欲しいと願う。



にほんブログ村







公明党はもういらない。自民党・山口派でいいでしょ。

公明党の石井啓一国土交通相が沖縄県による埋め立て承認撤回の効力を一時的に停止することを決めたね。
これで、辺野古移転工事が再開できることになった。
これまでも書いたが、辺野古移転についての是非は当事者ではない俺にはなんとも判断ができない。
でも今回の沖縄県知事選挙でデニー玉城氏が勝利したことが沖縄県民の民意であろう。
もちろん、反デニー玉城の県民もたくさんいるのは承知しているが
政治の世界では、選挙=民意という解釈になる。
自公が選挙で勝って与党になれば、消費増税を断行してもそれは「民意」ということなる。
安倍政権が嫌だと言っても安倍さんが総理なのも民意である。
それが議会制民主主義というものなのだから仕方ない。
沖縄県の首長が変わったことによって辺野古移転問題は混迷しているのであるが
最新の民意では「辺野古反対」なのである。
これは、他県に住んでいる俺達がどうこういう問題ではない。
が、政治家たるものは「民意」を汲まないでどうすんだ?と言う話である。
辺野古移設工事を強硬に再開するよりも先に
地位協定見直しなど先にやるべきことがあるのではないかと思う。
今回の石井氏の決定は「民意」とかけ離れた決定であると思う。
与党・自民党の大臣が決定したのではなく、与党・公明党の大臣が決定した。
そこが重要で重大な問題だと思うわけだ。
こんなことをする公明党に政党としての存在価値ってあるのだろうか?
公明党は、<生命・生活・生存>を最大に尊重する人間主義を貫き、人間・人類の幸福追求を目的とする、開かれた国民政党です。と自らをアピールしている。
そしてそれを支援する学会員は公明党が「そのような」政党だと思い込んでる。
今回の決定は本当に「人間主義」と言えるのだろうか。
それを「人間主義」と言えるのであれば創価のいう民衆・人間とはいったい誰のことなのだろう。

確か公明党が与党にいる存在理由は、
「自民党のブレーキ役」との説明であったはずだが、
いまやブレーキ役どころか自民党の燃料の役割しか果たしていない。
もう、公明党なんて解党して自民党の一派閥でいいんじゃないか?
その方が国民もわかりやすいし学会員にとってもいいんじゃないかと思う。
公明党への支援は学会員が嫌われ、会員が活動をしなくなる
大きな要因だろう。そんなことやめた方が広宣流布は進むのではないか?
そもそも学会員以外で公明党が必要だと思っている人間なんてほぼいないだろうし
多くの国民は公明党など自民党の補完勢力であると思っている。
自民党と別政党で存在する意味なんてない。現実は自民党の山口派なのだから。
それに選挙区に公明候補のいない多くの地域では自民党の議員を応援してるわけで
もう国政選挙に関しては、学会員は事実上ほぼ自民党支持者なのである。
しかも、自民党との選挙協力でバーターしたはずの比例得票は減る一方となれば
学会員の選挙活動って一体何のためにやっているのやらと思わざるを得ない。

もう公明党なんていらないだろ。
多くの民衆は「公明党なんて必要ない」と思っているよ。
学会員さんの中でもそう思っている多いだろう。
沖縄知事選で三色旗振っていた野原氏は創価から誹謗中傷され
野原氏以外でもデニー支持に回った会員さんは組織から村八分状態と聞く。
また、俺も知っている埼玉の篠澤氏の除名も公明党絡み。
他教団のことだけどこんなかとおかしいよね。
選挙で組織からの指示と違う人を支援したとか、政党の政策に異議を唱えたとか
そんなことで除名とか処分をされる宗教団体なんてどこの世界にあるの?
公明党議員や党員が党の方針に反対して処分されるならともかく
その支持団体の宗教法人から処分されるなんて。
もうさ、創価は公明党の支援をやめるか宗教法人を剥奪するかしたほうがいいと思うよ。

それにしても、今回の沖縄県の民意を無視した石井氏のことを
創価幹部・活動家はどのような詭弁で擁護するんだろうね。見ものだよ。
あと、沖縄県の今回デニー氏を支援した学会員さんはもう創価を退会したほうがいいよ。
皆さんの心のよりどころとしてる池田先生の作った公明党は今はないし、
麗しい信心で繋がった創価学会なんていう場所はどこを探してもない化城なんだ。
もしもソレがあるとしたらそんな学会員さんの胸中の肉団のなかにしかない。
外にある、公明党や創価学会はみなさんが思ってるのとは真逆の存在なんだよ。


にほんブログ村


公明党は消費税増税になぜ反対しない?

安倍総理から来年10月の消費税増税の話があったね。
今のこんな状況で消費税を上げたら景気も庶民の暮らしも苦しいままのは目に見ているよ。
特に低所得者にとっては益々大きな負担がのしかかることになる。
庶民の味方(のはず)の公明党は、「軽減税率」で得点稼ぎしようしているが
「軽減税率」ではなく、消税増税反対を自民党になぜ言わないんだろうね。
ここに公明党の消費税というサイトがある。

公明党の消費税

このサイトに「こんな消費税には反対」という公明党の主張がある。
●景気が好転されない中での消費税率の引き上げには反対です
ということなのだが、いったいいつ景気が好転したのか?
為替・金利政策と官製相場で大企業やお金持ちにとっては景気が好転したのかもしれないが
一般庶民でいったいどれくらいの人が景気がいいと体感しているのだろうか?
一般庶民が景気回復の体感のないまま消費税増税をどう思っているんだ?
さらに公明党は
●もちろん、行政のムダを削減しないで国民に痛みを強いる消費税は認めません。
と言っている。そして行政のムダとは具体的に
国会議員の定数削減・国会議員の給与を減らす・独立行政法人の見直し・公務員宿舎の統廃合
などという言葉が並んでいて、「これらのことができない限り公明党は消費税に反対」の立場だとか。
いやいや、国会議員の定数削減どころか増やしてんじゃね~か!
議員の報酬も議員特権もなにも変わっいない。
つまり行政のムダを削減してないわけだ。
こんな状況で消費税10%なんて言ってることが、間違いなんなだよ公明党さんよ~。
「こんな消費税には反対」って自分たちが言ってんだろうが。
だったら「反対」しろよ。「軽減税率」って話じゃね~んだよ。
今お前らがやることは「消費税値上げ反対」と叫ぶ事なんだよ。
そして国会議員の定数削減と給与の削減。政党助成金ももうやめる。
で、創価をはじめるとする巨大宗教法人の課税する法案を提出する。
公明党がそこまでやるんなら消費税増税でも納得するよ。
なにもしないで「軽減税率」とか寝ぼけたこと言って有権者を騙すんじゃないよ。
そもそも社会保障費が足りないって...お前らのパイセンの坂口くんが「年金100年安心プラン」って言ってじゃね~か?
あれから100年経ったのか?
出たとこと勝負で法螺ばかり、自民党の抑止どころか
すっかり補完勢力に成り下がった公明党に一体政党としてどんな価値があるのか?
もっとも必要ない政党だと思うけどどうだろうか?

「池田先生が作った政党だから。。。」と言って公明党支援してる学会員も
そろそろそんな理由で選挙活動するのはやめてほしいよ。
政治は生活と切り離せないんだから、きちんと自分の暮らしと向き合って
政治や政党と向き合ってちゃんとした理由で投票して欲しい。
「池田先生が作った」とか「信心だから」なんていう理由で投票行動するのは
この国の現在そして未来にとってなんの利益も生まない。
沖縄県の同志の行動を少しは見習いなさいよ。
いまここで公明党が消費税増税に反対しないのならそんな嘘つき政党を支援しちゃだめでしょ?
それとも大作センセが作った政党なんから「ウソつき」なのは当たり前。と思っているのか?
来年の統一選と○参を戦う前に「公明党の消費税」を読み直して考え直そうぜ。
もうね。大作センセが作った公明党なんてどこにもないんだよ。
安保法案や沖縄の知事選で十分わかったでしょ。
公明党の支援なんて、広宣流布はもちろん平和や庶民のためにすらならないんだよ。
いい加減に公明党と創価上層部の組織利用を見抜けないかなぁ。
そこまで馬鹿ばかりの集まりゃじゃないでしょ?



にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>