2016年参院選で気分爽快

参院選、終わりましたね~。
今回も投票率が半分ちょっとで
この国は、まだまだ平和なんだなぁと。
選挙よりも他に行くところある
選挙よりも他にやることがある
これはこれで、平和な証拠かなと思っる。
結果は今回も与党に大勝させてしまったのは残念だった。
必要以上、能力以上に権力を与えるとロクなことはない
創価の幹部連中を見ればわかる。
その創価・公明党は全選挙区に勝利して
さぞや、幹部・活動家達は歓喜していることだろう。
そして、俺のような反創価・反公明に対して
「サマアミロ」と優越感に浸っていることと想像に難くない。
逆に反創価・反公明を掲げる人たちにとっては
ガッカリというか悔しいというかそんな結果なのかな?
でも、俺はちょっと違うんだよなぁ。
全然、ガッカリ感はなくて、
むしろ「してやったり」感の方が大きい。
選挙の当落なんてちょっとした風向きで直ぐに変わる。
それに公明党議員が多少増えたところで
共産党同様に単独で与党になることなど
現実に起きえないわけだから
そんなことに一喜一憂しても意味がない。
創価の選挙で意味を持つのはそこじゃない。

男子部時代、選挙戦で俺たちが拘っていたのは
選挙区の候補の当選じゃなかった。
候補が当選すればそれはそれで選挙としては勝ちだが
選挙区の公明候補が当選するのは当然のこと。
当選できるところにしか候補を立てないのだから
むしろ落選する方がおかしい。
最初から勝ち戦を勝ったところで大勝利とは言えない。
では、俺たちが何にこだわっていたのかといえば
ズバリ、【比例区の得票数】である。
公明党の比例の得票が初めて800万票になったとき
池田センセが「1000万の連帯が次の目標」だとスピーチした。
1000万連帯とは、具体的に言うと
【公明党比例票1000万票】ということだと幹部が言ってた。
それから、俺たち男子部は、常にソコを目標に戦ってきた。
だから、俺は今でも国政選挙のポイントとしているのは、
公明党の比例区の得票数だ。
で、今回は約750万票である。
得票率は約13%。
安定といえば安定だが、全く増えてない。
今回は選挙権年齢を引き下げ有権者が増えたし
与党のとっては追い風選挙なのに
全然増えていない。
これは事実上減っているということだ。
20年前の800万票から全く増えてないどころか減っている。
池田センセの1000万人の連帯は
一度も達成していない。
このことは池田センセの【敗北】を意味し
創価学会の【敗北】を意味している。
創価活動家の言うところの「実証」なのである。
全く増えない比例票。
創価学会員は確実に減っているという実証。
実に爽快なのである。
この比例区さえ増えなければ、
やがて公明党の議席は減る。
いまの学会を支えている、
団塊の世代・団塊ジュニアがいななれば
自ずと公明党議員は減っていくから安心だ。
にもかかわらず、創価幹部・活動家は、
何の危機感もなく反省もなく
たかだか選挙に勝ったくらいで
「勝った。勝った。大勝利だ」
「反創価のヤツラ、ザマァミロ」と
呑気に浮かれているわけだ。
活動家がこの調子でいてくれるなら、
この先、創価は増えない。
創価の邪義は拡散しない。
賢人がいないのだから
あとは着実に減る一方。
大丈夫だ。

◆夫れ賢人は安きに居て危きを歎き佞人は危きに居て安きを歎く(富木殿御書)

実に愉快。実に爽快。
今回の選挙も
大御本尊を捨てた創価の力が
徐々に失われいく様が見られて
一人「してっやたり」と思っている。

まぁ、創価の活動家が「負け惜しみ」と思ってもいいが
【師匠・池田センセ】の示した【1000万票の獲得】を
約四半世紀も達成できずにいるのは
事実なんだから、負け惜しみはどっちかなぁ~(笑)
たったの750万票(笑)
それでいて「勝った。勝った」と大はしゃぎ。
見ていて気分爽快になる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

創価の選挙って

創価の活動家の知り合いと
久々に夕方から少し飲む。
ヤツの方から誘ってくるのは
たいてい選挙の話。たいていじゃなく毎回か(笑)
と言っても俺には言いづらい様子なので
コッチから話を降ってみる(面倒くさい)
「そういえばオマエ息子さん今回から選挙権あるんじゃなかったけ?」
「そうなんだよ。もう期日前に連れってたよ」
「で?どこに投票したか聞いた?」
「聞かなくたって公明党に決まってるでしょ」
「公明党のどこがいいっていってた?」
「どこがいいとかそんなんじゃなくて、ちゃんと公明党に入れるように言い聞かせてるから」
「いやいや、それは親としてどうなの?どこに投票するかは子供権利なんだから親が決めることじゃないでしょ」
「なんで?子供なんだから親の意見はきくべきでしょ。自分の意思があるならともかくそうじゃないのだから」
「それは違うだろ」
な~んていうやりとりのあと
「そういうオマエは公明のどこがいいんだよ?」
「いいとか悪いとかとかじゃない。師匠の作った公明党を守るのは弟子として当然だよ」
「・・・・・・・」
まぁ、よく聞く話なんだけどさ。
師匠の作った公明党だから応援する。
政治を良くして生活を良くしたい。でもなく、
公明党を応援するのは広宣流布と同じだ。でもなく、
師匠(池田センセ)が作った党だから応援するって・・
創価の選挙って「政治活動」じゃないことは知ってるけど
こうなると、創価活動家の言うような「選挙は信心」でもないよな。
政治でもなけりゃ信心でもない。
なのに功徳が出るという。
池田センセの作った公明党を守ると功徳がでる。と。
もう、なにがなんやらサッパリわからない。
いままでも、創価幹部・活動家が言ってることは、意味不だったけど
今夜は全く意味がわからない。
池田センセの作った公明党を守るとなぜ功徳が出るのか?
公明党を守るってのは議席を守ることなのか?立党精神を守ることなのか?
前者ならば公明党の投票だが
後者ならば公明党に投票しない。が正解だとおもう。
ひとつだけ理解できたのは
この活動家は、公明党がいいとか悪いとかは基準ではない。ということだけ。
ああ、あとは子供に投票先を支持するのは親として共感が持てない。
それくらいだったな。
で、帰り際に「今回は厳しいからなんとか公明党に入れてくれないか?」と頼むので
「俺の師匠の日蓮大聖人は公明党を作ってないので、オマエのいう理由では入れられない」と答えた
「でも、俺に公明党を頼む。なんて言ってくれのはオマエだけだから、その勇気は評価するよ。
少なくても他の活動家に比べればオマエは大したもんだよ」と付け加えた。
で、二人分の5300円を払って帰ってきた。
「割り勘にしてよ」と言われたが
「俺は謗法からの供養は受けない主義なんだよ」
と笑顔で答えた。
いい奴なんだけどなぁ
いい奴ほどこうなんだよなぁ
それにしても、創価活動家の方々の
1票って軽いなぁ。
同じ1票とは思えないよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

公明党の実績を語ろう!

参院選挙が公示された。
さぁ、いよいよ学会活動家は大忙しだね~
もう、連日闘争・連日報告の日々が始まりましたか?
ご苦労なこってす。
さて、今日の各党の候補者が街頭演説で
憲法問題に触れたかどうか調査した結果が
ヤフーニュースで発表されていました。
結果は・・・

【政党ごとの総演説時間と憲法言及時間は以下の通り。▽自民党48人6時間27分(憲法言及1人1分55秒)▽民進33人5時間12分(22人35分04秒)▽公明7人44分(言及ゼロ)▽▽共産14人1時間54分(13人18分19秒)▽社民4人45分(2人5分31秒)▽おおさか維新10人1時間36分(3人4分03秒)▽こころ10人1時間57分(6人16分44秒)▽改革1人5分(言及ゼロ)▽野党系無所属16人2時間15分(8人9分24秒)】

という内容。
与党の方は、自民党候補者が一人だけ憲法に言及。
そして、肝心の公明党とは?というと
ご覧の通り、
誰ひとりとして憲法問題には言及せず
言及時間も当然ゼロ。
一体どうことなんだろうね。
おそらく今回の選球で
公明党を応援する学会員が
最も、聞きたいのは
安保法案の件・・つまり憲法問題だと思うのだが
それについて語る公明党候補はゼロ。
まぁ、自民党の一人きりなのだから
与党は憲法問題を争点にしたくない。
憲法問題を争点にしたら不利とみて
この話題に触れない
この話題から有権者の目を逸らすといことなんだろうけど
学会員の中には、安保法案に賛成した公明党に対し
不信感が拭えない会員さんも多くいると思う。
それに対して候補者が
誰も一言も言及しない。ってのは
支援者を馬鹿にしているのか?
舐めているのか?
俺はそんな風に感じたね。
それとも、活動家には個別に説明しているから
わざわざ街頭でそんな話題を出さなくてもいい。
と思っているのかね。
公明党の街頭と言えば
自分たちがやってきた実績を披露し
「公明党の力でOOをしました~」
て~のがパターンでしょ。
だったら何でその実績を言わないのか?
「公明党のチカラで安保法案を改訂しました。
これで有事の時にはいつでも武力で対抗できます。
自衛隊が武力行使できることそ日本の平和を守ることになります」
そ~やって、正々堂々と言って
自分達の実績を披露するべきだろ?
なんでそれを話題にしない?
公明党のやった【大きな実績】じゃないか。
まぁ~候補者が言わないのでは仕方ない。
創価活動家の面々が
公明党候補に代わって
【安保法案改訂】に賛成し
【日本と民衆の平和を守った】
【公明党の大きな実績】を世間の皆様にアピールしなきゃだね。
まさか、創価活動家の皆さんは
公明党の【大きな実績】を
なるべく言わないように。
な~んて申し合わせてないよね。
俺もこの選挙期間中に
何人の創価活動家さんが
その【実績】を自慢気に話してくれるか
楽しみにしているよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

軽減税率・・なのか?

軽減税率の自公協議は
自民が公明党案丸のみの形で決着つきそうだね。
公明党からしてみれば
先の安保法案で、学会員の反発を無視してまで
安部さんに全面協力したのだから
今度は、こっちに協力しろよってな感じで迫ったのかな。

しかし、この【軽減】税率っていう言い方
気に入らない。
だって何も【軽減】しないのだから。
食品の消費税率を5%に戻す。というなら【軽減】と言えるが
他が10%になる所を、8%に据え置くだけだろ。
こんなの【軽減】でも何でもない。
周りが上がるから【軽減】されてるように思えるだけで
実際には軽減じゃなくて据え置きにしか過ぎない。
なのに、いかにも税率を軽減しました。みたいな言い方するのが気に入らない。
まぁ、創価活動家にしてみれば
来年の参院選の支援に当たって
「公明党は1兆円規模の軽減税率をしました」風に言うのだろうが
【軽減】ではなく【据え置き】
しかも、その足りなくなった財源は
結局、他の何かから搾り取るわけで
1兆円を、無しにしたわけじゃない。
早速、たばこがやり玉にあがってる。
とっても文句の少ない所から取る。
そんなやり方ってどうなんだろうと疑問に思う。
そして何より、取る事ばかり考えていないで
出費を減らす方もちゃんとやれよ。って言いたい。
国会議員の定数削減はいつやるのか?
議論にもなっていないじゃないか。
定数削減なんてやる気になればすぐにも出来るはずだろ。
社会保障や医療費もいままのままではダメだろう。
現役世代だけに負担させては不公平だ。
高齢者にも一定の痛み(負担)を求めないと。
国が借金まみれならば、高齢者も若者も、民も官も
皆で痛みを平等に分け与える。
それが政治というものだと個人的には思うのだが。

それにしても創価上層部
先の安保法案の時は
学会員がなんといっても自民党になんのクレームもつけなかったのに
今回の軽減税率については随分と圧力をかけたようだね。
ある時は、政治の事は公明党に任せてあるので口出ししないといい
ある時は、公明党なんか飛び越して口出ししまくる。
しかも、その判断は庶民が幸福になれるかどうかではなく
選挙に勝てるかどうかにしか思えないんだよな。
こんなことしておいて「政教一致」じゃありません。
と言っても世間は納得しないだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

学会員が公明本部に直訴。

学会員が、安保法案反対の署名を集めて
公明党本部へ提出する。
ヤフーニュースで読んだよ。
その数7000人だとか。
多分これは氷山の一角で
今の公明党にNOを突きつけている学会員は
もっと大勢いるんだろね。
公明擁護派は、これでもまだ
「公明党は正しい」と強弁し
反対派に対して「組織利用だ」なんてトボけたことをいうのかね?

それはそうと、ここまで全国的に学会員が
公明党=創価上層部に楯突くのは
前代未聞だ。
こんなことは記憶にない。
教義・化義そして大御本尊まで蔑ろにしても
本部の言いつけを守って何も言ってこなかった会員たちが
今回ばかりはどうしたものか決起してる。
俺から見れば、決起するなら
【大御本尊を信受しない】こっちのほうだと思うが
まだまだわかってね~なと思いつつ
それでも決起した会員さん達に好感をもっている。

ここまで大騒ぎになったのは、表層的な観点から見ると
やはり、センセの真意が分からないというのが大きいだろう。
本来であれば、事ここに至っては
センセが本館で学会員の前で、その肉声で
「公明党は正しい」か「正しくない」かジャッジすれば
すぐに解決しちゃうんだが
この学会員達の分断の危機に
お元気なはずのセンセはノーリアクション。
なので、個々の会員が勝手にセンセの意思を解釈する状態になっている。

本尊義を変更したのだって
上層部はセンセも認めている。と言っているものの
一般会員には本当にセンセが言ったのかどうか確かめる術はない。
だた、今回の反対派は上層部の「センセが言っている」というのは
ウソだと思っているから反対してるはず。
だったら、本尊義の変更だって
「センセが言っている」ってのはウソだと思ってもいいはずだが
そこにはまだ到達しそうもない。

さて、表層的には永遠の指導者が指導しないのが原因で混乱しているのだが
本質的・仏法義的にはどうかといと

関西の学会3世さんが次のようなコメントをくれたが
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
こんなことになったのは、大御本尊を捨てて、学会には何の法力も仏力も働かなくなったことの証なんでしょうか、、、
仏法は厳しいですね
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
まさにこの通りだ。
これは、自界叛逆難であろう。
同じ学会員が、公明擁護派と公明批判派に別れて
誹謗し反目し合う姿は自界叛逆難の相そのものだ。

立正安国論に曰く
◆世皆正に背 き人悉く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還りたまわず、是れを以て魔来り鬼来り災起
り難起る言わずんばある可からず恐れずんばある可からず。

学会が「正」たる大御本尊を捨てたので、学会という組織から善神はさっていってしまい魔が来たのである。
全くもって仏法の因果律は厳しい。
このまま行けば、早晩センセが死んでやがて学会は割る事は明白だ。
それを阻止するのであれば

◆彼の万祈を修せんよりは此の一凶を禁ぜんには

との御聖訓のもと、一凶との戦い以外にない。
一凶とは、大御本尊を捨てた創価上層部とその仲間のバリ活会員である。
今回公明批判派の会員さん達には
はやく、この根本に気づいて欲しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR