FC2ブログ

「進む会」ってどこに?

公明党が全国後援会組織の「進む会」というものを先月立ち上げたらしい。取り敢えず次期衆議院の候補者9名の「進む会」が発足している。地元の市議が初当選したときに「2期までは応援するけどそれまでに学会と関係ない個人の後援会を作れるようじゃなければ政治家としての資質はないよ」と言ったことがあるが、彼も5期目に入ったが個人後援会はもちろん一つもない。20年も市会議員をやっていて後援会のひとつも作れないわけだからオレ的には政治家としての資質ゼロのまるで特保飲料のような男だ。もっともずっと創価の支援に胡座をかいてきたのは彼のみならず全ての公明党議員に当てはまる話で、本当に公明党議員なんて不要だと思う。今回の「進む会」だって先ずは学会員が会員になって学会員が講演会の会員を増やしてって話しで「自分たちの力」で後援会の会員を増やそうという発想は公明党にはないだろう。ようは「選挙の戦い方」を投票依頼から後援会勧誘に変えただけで結局投票依頼もするようなのだから学会員にとっては2度手間になって忙しくなるだけの話だ。その公明党のサイトに(以下太字は引用)
【7月中旬には、支持母体・創価学会の会員に対して、全国後援会への入会を要請。入会申込書には自身の名前などに加え、友人・知人の名前や住所を書き込める欄を設けた】と書いてあってこれはヤバイんじゃない?って思った。だってコレ絶対に本人の承諾を取らずに勝手に友人・知人・親戚とかの名前や住所を書いて出す創価民いるよ。個人情報の取り扱いに関するコンプライアンス五月蝿くなっている時代だけど創価民はコンプライスを遵守するという一般常識が欠如している人間か多いからね~。裁判で和解になった所謂「シアトル事件」についてだって言及しないという和解条項を無視していまだにネットに投稿している莫迦も後を絶たないし、相変わらず「励まし」で知り得た会員さんのプライベートを組織内でベラベラ喋っちゃうヤツ等だよ。個人情報なんていう概念がないんだよ。そういえば以前お寺に法華講が名簿を持って学会員の自宅を訪問するのは個人情報保護法違反だと言ってきた学会員の自宅に話に行った時にその学会員がオレの車のナンバーを勝手に控えていたから「お前それこそ犯罪だろ」って言ってやったけど、そんな連中だから後援会の申込書に知り合いの名前を勝手に書いて提出するなんてお茶の子さいさいってもんだろ。見に覚えのない公明党議員から訳のわからないLINEとか来たら速攻ブロックしてくださいね。犯人は貴方の周りにいる学会員ですよ(笑)しかし「進む会」って本当にセンスがないよなぁ。大作センセが会員の子供につける名前くらいセンスない。そもそも公明党ってどこに進むのよ?アンチとか関係なく公明党がどこに進もうとしているのかオレにはまったく分からない。平和の党とも福祉の党とも言えないだろ?かと言って自民みたいに自主憲法設立という党としての具体的な目的もない。「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のために戦い、大衆の中に入りきって、大衆の中に死んでいく」との大衆直結の精神といけど、別にそれなら議員なんてやらなくていいじゃん。大衆直結って・・・で結局それって何?って思わないか?まぁ結局、公明党が権力と権益を手放したくないなら解党からの自民合流へと進むしかないけどね。まぁとにかく非常識学会員さんに言っておきたいのは、勝手に後援会の申し込書に他人の名前を書かないように。なにせオレの退会届を勝手に書いて出しちゃう人達だから信用できないからな(笑)


にほんブログ村

公明党・山口代表「選挙は信心」全否定。

公明党・山口代表に疑問をぶつけてみた

公明党の山口代表のインタビューの記事を読んだ。政治と信仰の関係について山口代表は(太字は引用)
「信仰の世界、宗教の世界と政治の世界は違う。政治の世界は議会制民主主義で多様な価値を認め、平等、自由が保障されているわけで、公明党もそこを前提にできている。もちろん信仰や宗教、哲学というものは人間を深く洞察するものなので、そうした価値観が政策に反映されるのも望ましいことだとは思うが、宗教世界の価値体系をそのまま政治の世界に持ち込むべきではないと思っている」と話した。(記事より引用)
との見解を示した。全くの正論だよね。正論なんだけどこれは創価民が公明党を支援している大きな理由を全否定してしまったね。創価幹部達は会員に選挙の度に、「選挙は信心」「王仏冥合・立正安国の戦い」なんて言って【だから】「選挙の戦いには功徳がある」と説明しているが、いくら支援する側が選挙と信仰を結び付けようと支援される側がキッパリと「信仰と政治の世界は違う」と創価幹部の会員に対する選挙に対する指導を全否定しちゃいました(笑)これでは現場の幹部や活動家は立つ瀬ないですなぁ。山口なっちゃんもこんなこと言っちゃって大丈夫なんだろうか?と心配(してないけど)です。もっとも山口なっちゃんが公のインタビューでこのように発言しているのだから当然これは創価執行部も了承している認識なんだろうね。つまり創価執行部は別に「選挙は信心」なんて思っていないということだね。なのに「法戦」だとかいって会員を煽るのはどう考えても「詐欺」でしょ。日蓮正宗の事を「日顕宗」と呼んで根拠もないことで誹謗中傷するヘイトな創価民。そしてネット等で執行部批判をする会員を査問し除名し更にはスラップ訴訟までする非民主的な創価本部だよ。こんな連中・こんな組織が支援する政党が与党にいるのは恐怖ですよ。「平等」も「自由」もあったもんじゃない。そもそも多くの一般有権者にとって公明党なんて最も不要な政党でしょ。共産党のように野党ならともかく与党なら要らないでしょ。与党を支持するなら自民党で十分なんだから。公明党が与党になって何か変わりました?貧富の差は広がり、防衛費も増え続け、政治と金問題も年金問題も国会議員の定数削減も何も変わっていない。いやむしろ庶民への負担は増える一方でしょ。公明党の存在ないんて無いに等しいと俺は思うけどね。それでも会員が一律で公明党を支援していたのは「選挙は信心」「選挙は広宣流布」というお題目があったからでしょ。多種多様な人間が揃って同じ政党に投票するのは【政治的】にはありえない。組織票はその組織に所属している人間に共通の価値がなければ成り立たない。つまり創価民が公明党を支援するのは【宗教的価値】によるもの以外にない。それが今回山口代表の一言で否定されたわけだ。そんなわけで公明党代表も「政治は信心じゃない」と明言しているのだから創価民もいつまでも選挙の度に「法戦」だとか「功徳」だとか言って騙したり騙されたりするはもう辞めよう。創価学会が公明党を支援しているのは【宗教的】な心情・思想に基づいているのではなく世法的な損得勘定でいいんだよ。そもそも政治というのはそういうモノなんだから。個々の損得を多数決で決めるのが政治だよ。だから創価民が創価本部や執行部が「得をするため」「政治権力を保持するため」に公明党を支援してるというならそれはそれでいいんだよ。創価民として創価が権力を持つことは自分にとっても「得になる」と思って投票するのは立派な政治的判断だと思う。だた非会員の一般人にはちゃんとその旨を伝えなさいよ。「創価学会を強く大きくして守るために貴方の1票を公明党に投票してください」と正直にいいなさい。ウソはいかんよ。ウソは。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

選挙は信心じゃなくて選挙信仰。

俺が創価の活動を始めて最初の選挙は統一地方選挙~参院選だった。最初はなんで選挙なんてやるのだろう?と思っていたが「選挙の戦いは信心の戦い」「選挙の戦いは功徳がある」と色々な幹部や活動家から言われ「そんなモノか」と思って活動をしていたが、何故「選挙が信心なのか?」「何故公明党を支援すると功徳があるのか?」どんなに考えても自分自身が納得できるような答えが見つからなかった。この「選挙の戦い」ってやつは、ほぼ毎年のように必ずやってくる。統一地方選に国政選挙。在住する地域に選挙がなくても、都議会や近隣の地域の選挙になれば派遣という形で選挙に関わる。しかもそれは数日・数週間単位ではなく数か月単位だ。極端な年だと1年間「選挙」しかしていない時もあった。納得感があまりない活動を「選挙は信心だ」とか「悪しき権力との闘争」なんて思い込んでやっていたわけだ。そんな俺もやがて幹部になり部員さんに「選挙は信心」という側の立場になったのだがそれでもやはり「選挙は信心」には心から納得できなった。そんなある日、俺は大作センセの人間革命の伸一青年の大阪の選挙戦の章を読んで「ああ選挙に勝つためには御書(教学)を皆で学び折伏をすることなんだな」と思ったわけだ。そこで自分が幹部という立場になって会合を開催する側になった時から選挙前には特に教学と折伏に力入れた。それならば自分自身「選挙は信心である」と納得できたし池田センセの指導にも反することはなかったからだ。だから俺は部員さんに「選挙は信心」「選挙は功徳がある」とは一度も言ったことはない。「選挙は選挙。選挙そのものに功徳なんてあるわけね~だろ」といつも言っていた。そして「選挙が信心になるかどうか?選挙を通して功徳がでるかどうか?は選挙後にかかっている」とも。選挙を通して自分の組織からどれだけ新しい活動家を輩出できるかは当然のこととして、選挙後にどれだけ折伏できるか・折伏したかが大切だといつも部員さんに言っていた。選挙後に折伏が進まなければその選挙活動は「信心ではなかった」という事だ。得票の多寡や候補者の当落に関わらず選挙後に折伏・弘教が進めば「勝利」であり進まなければ「敗北」だ。もちろん「敗北」をしたことは一度もなかったが。選挙のF取りだって「公明党の○○候補に投票をお願いします」とか「公明党の実績は云々」なんてことを語ったところで下種にもなにもならないし当然それだけでは折伏にもつながらない。だから俺たちはそういうF取りはやらなかった。最低でも選挙後に会って仏法の話をきいてもらう約束をF取りをしながら話していたわけだ。もちろんFをとった友人知人全員と選挙後に折伏の現場を持てたわけではないが、それでも選挙後の折伏を念頭に入れてF取りをしていた。だから俺たちにとって選挙のF取りなんて手段であって目的ではないし、従であって主ではなかった。内部の部員さん周りの時も同様だ。選挙後に部活に来てもらう。俺たちの支部の男子部の部活は御書を使った教学中心のプログラムになっていたから部活に来てくれれば大聖人の仏法を学べる仕組みになっていた。選挙の前も選挙の後も「御書」と「折伏」。それでようやく「選挙も信心の一部」と自分も含め皆も納得できるようになった。それだって「ようやく納得できるようになった」というだけの話で選挙なんてなくても折伏はできるから本当は選挙活動なんて不要なんだけど、創価活動において選挙戦は避けて通れないのであれば「選挙戦」を信心の活動にするためのギリギリの方法だった。ただそんなことをしている組織なんて昔も今の珍しいと思う(結果それが組織からの追放の遠因になるのだか)大抵ははただ公明党への投票依頼するだけの選挙のための選挙活動を「信心」と思い込んでいる創価民がほとんどだろう。本来は、「選挙」<「信心」だと思うが昔も今も創価活動民は「選挙」=「信心」だと勘違いしている気がする。「選挙は信心」ではなく創価民達は「選挙信仰」なのである。「選挙信仰」であるがゆえに、「選挙で功徳が出る。選挙で福運が積める。」などという何の根拠もないことを言えるし、それを信じることができるのだろう。まだ「功徳がでる」くらいなら可愛いものだが「選挙は広宣流布」という指導に至っては寝言は死んでから言ってくれという気分だ。どうしても「選挙は広宣流布」ということにしたいなら、いっそ本尊を公明党のポスターにしたらどうだろうか?どうせ今の本尊もカラコピ掛け軸だし、むしろ公明党のポスターの方が今の創価本尊よりしっかりとした仕上がりで金もかかっている高級品じゃないだろうか。それならば「選挙は創価宗の広宣流布」ということになろう。昔、某支部長が「公明党のポスターを張らせてもらうのも広宣流布」と言っていたことを思い出して書いたのだが、選挙信仰している創価民にとって公明党のポスターを本尊にする案は悪くない案だと思うが、創価の本尊に決定権のある原田会長さん検討してくれないだろうか?3000円でまた販売して俺の取り分は売り上げの10%でいいぞ。良心的だろ?(笑)まぁ今の創価では何をしても「大聖人の信心」ではないから功徳は出ないのに「選挙は信心だ」と言われてもね。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

学会員の公明党離れが加速するか。

検察庁法改正法案はすったもんだの末に、黒川氏が賭け麻雀からの辞任であっけない幕切れになった。百万人単位で有名人なども参加したツイッターデモが改正見送りの大きな力になったのは紛れもない事実だと思う。その流れで「公明党支援辞めます」とのハッシュタグ(#)がついたツイッターデモも行われていた。検察庁法改正についてに連立与党でありながら他人事のような発言をした公明党山口代表に抗議である。俺もどちらのツイッター抗議に参加したが「#公明党支援辞めます」のツイッターデモの参加者はその多くが現役学会員さんでしかも活動家と思しき人達だったのでちょっと意外と思う反面、学会員さんの公明党離れが加速していることをひしひしと感じた。振り返れば与党になってからの公明党と学会員の反目は安保法の時は、安保法に賛成した公明党にNOと突き付けた天野さんや、俺も男子部時代から知っている篠澤さんが除名になった。また沖縄県知事選挙で辺野古湾埋め立て反対派のデニー候補(現知事)を応援した野原さんをはじめとする沖縄県の学会員さん達は、除名という話は聞かないが地元では座談会にすら参加させてもらえない事実上の除名と同じ扱いを受けている。本ブログの読者の中にも件の知事選の件で組織から村八分状態にされている学会員がいる。彼らが除名などの手段で組織から排除されてる理由は「組織をかく乱した」からだという。実際に篠澤さんと近しい壮年部の活動家に聞いたところ「彼は組織の輪を乱し組織を分断しようとした」「幹部でありながら会合で公明党批判するのはおかしい」という意見に終始していた。でもどうだろうか?創価学会の会則のどこを読んでも、創価が公明党を支援するという文言もなければ、会員は公明党を批判してはならないと文言もない。つまり創価の会則では公明党を支援しようと批判しようと自由なわけである。「組織として」公明党を支援したければそれで構わないが、支援したくない人まで巻き込んでおいて批判をしたら「組織をかく乱した」という理由で除名するのはおかしな話ではないか。会則には政治的なことは一切書かれていないのだから創価学会の会合で「選挙」を話題にすること自体が根本的に間違っている。そしてそのような会合の席で公明党を会員の前で批判したら「組織かく乱」など言う事もおかしい。組織をかく乱させるような会合を「やらせた」のは創価ではないか。更に、政治的発言を糾弾して信仰の組織である創価学会から除名・排除することはもはや狂っているとしか思えない。そんな狂ったことをやっている創価本部の言動を追認し除名・追放者を非難する現役創価活動民も頭がオカシイとしか思えない。彼らは普段から自分達の公明党支援を「政教一致でない」と一生懸命主張しているが現に公明党批判をして除名や活動停止などという処分を受けている会員がいて、創価本部と一緒になってそのような会員さんを非難している創価民のどの口が「政教一致ではない」とほざいているんだって話だ。本来、政治的に事に関しては創価学会では何の取り決めもないのだから、支援しようと批判しようと自由なわけで、公明批判者を「組織かく乱者」に仕立てるのは完全に「話のすり替え」なのである。公明支援に反対したら処分されるの出れば会則の罰則規定にそう明記すべきだろう。それでもまだ公明党が批判者を説得できるような政党であるならば多少は創価活動民の話にも耳を傾ける気持ちにはなるが、与党になってからの公明党は批判者の方々が指摘するように党利・党略優先で連立与党などカタチだけでいざとなればダンマリを決め込み嵐の去るのを待ちスタンドプレーだけで存在感を誇示する日本で一番不要な政党であり池田センセがかつて語っていた公明党の姿からかけ離れている。そうした姿にさすがの人のいい学会員さん達も愛想が尽き始めているのだろうと思う。組織内で公明批判の声を上げら学会員さんがSNSなどを利用して公明党との離別を宣言し始めているのだろう。スラップ訴訟好きの創価でも創価と関係ない公明党批判をSNSで発信しただけでは訴訟もできないからこうした学会員さんの公明党離れは加速していくのではないだろうか。個人的はこうした流れは非常に歓迎している。そもそも活動の大半が選挙活動ということ自体が宗教法人としても一人の信仰者としてもオカシイだろう。学会員さんも、もう「新しい日常」に戻ったらどうだろうか?選挙だの新聞啓蒙だの会合だのそんなことにあくせくせずに信仰を始めた頃に戻るべきだろう。もちろん創価を止めて大聖人仏法の根幹である戒壇大御本尊の元に戻るのが一番いいのだが、創価のままでいるにしても「会則」にも書いていない「選挙」や「新聞啓蒙」などやらずに創価信仰を続けたらいいと思う。なんにせよ、信仰と政治は無関係であることを多くの学会員さんが気づいてくれるといいと思う。


にほんブログ村


創価学会ランキング

公明党のお陰?バカいってんじゃないよ。

政府か10万円の一律給付を決めたことで早速「公明党のお陰」星人の創価民がうじゃうじゃ湧きだしてきた。SNSなどので早くも創価・公明を喜々としてアピっている創価民を多々目撃。ヤフコメには「公明党は水戸黄門」などという創価民丸出しのコメントを書きこんでいるヤツも。また俺の男子部時代からの付き合いのあるの公明党の市会議員2名も自身のツイッターやFBなどでいかにも公明党が給付金を勝ち取ったかのごとく投稿していたので辛口コメントをリプしておいた。極めつけは聖教新聞の寸鉄(太字は聖教新聞より引用)【公明の要請で一人10万円の現金給付へ。国民の為、更に死力尽くし頑張れ!】とアピールだ。まぁここにきて「一括給付を最初から求めていた」だとか「私たちの声がやっと届いた」なんてツイートしている岸田文雄や三原じゅん子のようなウソツキ自民党議員よりはまだマシだとは思うが(お前らは最初はお肉券とかお魚券だろが)「公明党のお陰って」ってなんだよと思う。もう一月以上も前から野党などが一括給付を求めていたのにその間公明党なんてずっとダンマリ決めてたじゃね~か。時事通信に(以下太は引用)「今、やらないと私も首相もおしまいですよ」。15日午前の首相官邸。公明党の山口那津男代表は首相に語気を強めて一律10万円給付の実現を迫った。との記事が載っていたが、普通であれば「今やらないと国民が大変なことになってしまいますよ」というんじゃないのか?ところが山口代表は「自分と安倍の保身」を主張して安倍総理に迫ったわけだ。結局黙って安倍政権の対応を見ていたがこれじゃ自分達もヤバイと感じて進言したというわけで連立離脱をチラつかせたのも自民党と共倒れになるのが怖いからに過ぎない。「水戸黄門」どころかお代官様と一緒に私腹を肥やしている「越後屋」にしか見えない。「このままでは百姓どもが一揆を起こしそうなので多少の金子でも与えましょう。なぁ~に百姓どもがそれで大人しくなれば安いもんです。落ち着いたらまた年貢を取り上げれればいいんですから。百姓どもは生かさず殺さずが一番です」「越後屋、お前のなかなか悪じゃのう」「イヤイヤお代官様こそ」「これで我等も安泰じゃ」といった会話が聞こえてきそうだ。今回の給付金対応を「お代官と越後屋」に決断させた「水戸黄門」は他でもない俺たち国民一人ひとりだ。もっとも情けないことに与野党問わず今の日本の政治家は保身第一の小者ばかりだから公明党だけを党利党略だと責めるつもりはない。ただ俺が腹が立つのは「公明党のお陰」「安倍総理のお陰」だと恩着せがましくいう政治家とその支持者たちだ。今回の給付金なんて「出して当たり前」でむしろ遅すぎ少なすぎなんだよ。自公政権だから「一律給付」を可能にしたわけでなはい。昨今の日本のこの状況を見ればどの政党が与党であったとしても給付金は実行するだろう。もしかしたら今の自公政権よりもっと早くもっと多く出していたかもしれない。こんな遅く少ないのは「自公政権だから」なのかも知れないだろう。そもそも論を考えてみて欲しい。なんで我々は税金を払っているのか?それは全国民が安全で安心に暮らしていく為に納税しているのである。決して議員や官僚を養って贅沢させるためではなく、税金というのは「国民のため」に使われなければならないお金なのである。それなのに政治家や財務省の役人は「自分の金」だと勘違いしている。「公明党のお陰?」バカなこと言ってんじゃないよ。公明党が一人10万円の給付をするっていうなら公明党のお陰かもしれないが、全部俺たちが払った税金でそれをこの国難の時にみんなで使うだけの話で当然の国民の権利である。それを何でへりくだって「お陰様で」なんて言う必要があるのか。親の金で生活している子供が親が死にそうなのに他に買いたいものがあるから医療費はださないなんていうのは通らないんだよ。他の予算を減らしても赤字国債を増やしてもなんでもいいから今は国民の生活を直接的に支援するのは当たり前のことだ。創価の「公明党お陰星人」達は、公明党のお陰で国民が10万円を恵んでもらえるとでも思っているのだろうか?創価に財務した金が何に使われているかに全く興味がない連中だから税金だって何に使われていても気にしないのだろう。商品券だの給付金をもらうと「お上がオラたちの為にお情けをかけてくれただよ。あ~ありがたや。ありがたや」と触れまくっているのが創価活動民。恥ずかしいやらオメデタイやらだ。「池田先生からパンと牛乳の差し入れがありました。ありがとうございます!」と全く同じ光景。あの「先生からのパンと牛乳」に感激している感覚が全然わかんなかったなぁ。直接貰っているならともかくそこらのコンビニで買ってきたのを配っているだけなのに。しかもそのパン牛の金は元々は財務。10,000円の財務を止めたらどれだけパンと牛乳を買えるんだよ(笑)そんなことなんで聞く方もそんな「公明党のお陰星人」の言ってることを真に受けてはいけませんよ。給付金は貰って当たり前。もともとは税金なんだから俺たちの生活の為に使って当たり前と言ってやってください。「ケチケチしないでもっと出しなさいよ~」と柏原ヤス風にいうと一層いい感じです(笑)まぁ問題はここから。10万円の給付金では到底数か月ももたない。消費税減税や第2弾の給付金や会社や個人店を助けるための融資等など迅速に着手してほしい。そんなに金をばら撒いたら国が破たんするとかいう議員もいまだにいるが、それをやらなければ「将来」ではなく「今」国民生活が破たんする。とりもなおさずそれは国が破たんすることを意味する。そうした事を全て公明党が先陣を切って国民一人ひとりを救うのであれば少しは公明党を見直してあげてもいいだろう。でも多分公明党には投票しないけど。


にほんブログ村


創価学会ランキング

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>