3K

都議選の告示ですね。
明日、明後日そして来週末には
地方から東京都とはなんの関係もない
創価カツドウカが東京に集まってきそうですな。
とくに信濃町界隈は大賑わいとなることでしょう。
そっち方面にお出かけの際にはお気を付けください。
駅でいきなり「公明党に投票を」なんていわれるかもしれません(笑)

そんな中、公明党が公式アカウントで
共産党をディスたのが話題になってますな。

「3つのKでわかる 共産党 ってどんな党?」と題して
汚い!📢実績横取りのハイエナ政党
危険!📢オウムと同じ公安の調査対象
北朝鮮!📢「危険ない」と的外れな発言

と共産党を攻撃しています。
まぁ、公明党と共産党は不倶戴天の敵同士。
選挙‥特に都議選では互いに
相手をディスる怪文書のビラをまき散らかします。
1回の都議選で何度ビラをポスティングすることか
大抵は広宣部を中心に男子部のある程度の幹部以上がやります。
東京は男子部の活動家が少ないので
ポスティングをするのはほとんど東京に関係ない組織の男子部ですが。
公明党がいうように「ずっと昔から言っている」ことです。
共産党も赤旗で同じようなことをしてるしね。

今回はネットを使って配信したので物議をかもしているわけだが
これっていったい何の効果があるのだろうか?
聖教で正宗バッシングしていた時同様に
批判的な声の方が大きいと思うが?
公明党=創価学会なのは周知の事実なのに
まぁ、よくこんなことを公式アカウントで発言したものだ。
「裏付けがある」と公明党は言っているけどそういうことじゃなくて
世間一般が抱いている「宗教」のイメージと
宗教政党・公明党の発言が一致しない。
「口ではきれいごと言って他党の誹謗かよ」って思うんじゃないかね。世間様は。
事実かどうかは関係ない。イメージだよ。イメージ。
まったく、最近の公明党は何を考えているのやら。

にしても、この3Kって、創価をディスっているのかと思ったよ
汚い! 正宗の本尊を盗むハイエナ教団
危険! オウムと同じ世界ではカルト指定
北朝鮮! 北朝鮮と同じ組織構造と組織運営

で公明党の3Kは
金! 利権と
権力! 与党の座にしがみつく
コウモリ政党!

それを応援しているのは
教学も
功徳もない
活動家

そしてそんな創価・公明党の師匠は
キモくて
コワイ独裁者の
クソじじい

いずれにしても俺から見れば今の創価は
○ズの集まり
○スの集まり
○ソの集まり
の3Kだ。
あくまでも俺のイメージね(笑)

それにしても与党で
しかも今回は小池さんと選挙協力しているのに
絶対与党になれない共産党相手に
何を躍起になってるんだか。
かなり焦っているんですね~。
焦れば焦るほど攻撃的になって
非常識な事を口に出す。
「党は支持者に似る」?
結構面白い。
面白ついでに公明とが
ひとつ、ふたつ落選したらさらに笑えるんですけど。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




スポンサーサイト

公明党議員の政治家としての資質

先日、地元の公明党の市会議員と少しはなした。
現在4期目のこの議員は、男子部あがりの議員で
新人の時と、2期目の時には
俺も男子部としてこの議員の応援をした。
2度とも遊説カーの運転手として
初日・中日・最終日と週3回も遊説カーを運転した。
なので、俺が男子部の組織を追われたあとも比較的仲がいい。
で、この議員に俺がいつの間にか退会させられたことなど話したが
反応は薄い薄い(笑)
「いまはそういうことってありますよね~」だって。
おいおいお前の嫁は圏婦人部長だろ?
問題じゃね~のか?これって。って思ったけどそこはさておき
俺の母が正宗に入信したことを伝えると
さっきの薄い反応から一転
「日顕宗なんて行ったらダメでしょう」と激アツで語りだす。
一通り聞いた後に俺は、
「日顕宗なんて呼んだらダメだよ。そんな宗派はないのだから日蓮正宗っていわないと」と彼を諫めると
さらにヒートアップし「日顕宗は日顕宗でしょう!」と言ってくる。
まぁ、彼は議員になる前の男子部時代に
地元の正宗寺院の前で「くそ坊主!出ていけ!」などと叫んでたクチなので
バリバリの創価脳の持ち主だから「日顕宗」と口走るんだろうけど
なんだかコイツはダメだなって思った。

「信教の自由」や「表現の自由」「言論の自由」は憲法で認められているけどさ、
それは個人であり私人である場合じゃないかい?
少なくても市会議員という立場であるのなら今は公人だ。
ましてや議員という立場は権力の一端を握っているのである。
芸能人や有名人とは違う。
そうした立場であるにも関わらず
いくら自分たちに敵対している団体とはいえ
犯罪も犯していない一宗教団体を
正式名称で呼ばず「日顕宗」などと揶揄するのは
誹謗中傷の何物でもない。
これが「公人」と呼ばれる人間の言動でいいのか?
もう少し自分が議員という立場であることを自覚してもらいたいものだ。
「日顕宗」の信徒皆さんだって市民税を払っていて
その税金から給料をもらって、それで家族を養っているってことを忘れないで欲しいね。

まぁ、こうしたことをいうのは今回のこの議員だけじゃない。
およそ公明党に議員はこの議員と何ら変わらない。
創価の会合や活動家に対しては
日蓮正宗の事を「日顕宗」と言う。
これって本当は恐ろしい事なんだよ。
権力を持っている政治家が特定の団体を
当たり前のように平気で誹謗中傷してるってことは
いつかは「圧力」をかけることもできるってことだ。
それによって自分達、つまり創価に歯向かうモノを潰すことも可能なわけだ。
「創価をバカにしたら許さない」
「師匠の仇討ちをする」
こんな人たちが「公明党議員」なのである。
こんな人間を議員にしていいわけがない。
そもそも、特定の団体や個人を目の敵にし
何十年も間誹謗中傷を続けてるような人間に
果たして政治家としての資質があるのか?
自分が公人だと理解できずに「日顕宗」なんて言葉を使う人間に
政治家としての資質はあるのか?
俺にはとてもじゃないがこの手の人間に政治家としての資質はあるとは思えない。
いや、政治家になるべきではない。
そんな政治家としての資質を持ち合わせていない人間を応援するのは
政治を監視できるようなオツムも心も持ち合わせてないヤツくらいだ。
(かつての俺もそうだったが)
政教一致かどうか。そういう事でなく
政治家としての重要な資質に欠けている公明党候補を応援するのが危険という事である。
これから、今年は東京都民の皆さんは
学会員から公明党候補への投票依頼をたくさん受けると思うが
公明党の候補者は
一団体や一個人を誹謗中傷する人達であると思ってほしい。
そのような人間を支持するのであれば仕方ないが
そうでないのなら「頼まれたから」といって
安易に公明党候補に投票するのはやめた方がいいと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

選挙協力だってさ。

公明党が都議選で小池知事率いる
「都民ファーストの会」との選挙協力を決めたね。
昨年の都知事選では、小池氏の対立候補の増田氏を
自民とともに推薦しておきながら
それから1年もたたにうちに、その相手に鞍替えするとは
しかも、国政で連立する自民党を裏切って
その自民党の最大の敵である小池陣営と手を組むとは
さすが「コウモリ党」
大作センセが作りあげた
大作センセを師匠と仰ぐ議員たちの政党だ。
ただ選挙に勝ちたい。
とにかく勝てばいい。
という大作センセの指導のまま
信念も信義も節操もなく
変節と裏切りをくり返す様は
気持ち悪さを通り越して
一種の清々しさえ感じる。
最近、一部の学会員さんたちが
いまの公明党はセンセイの精神から乖離している。
と批判・非難しているが
なんのなんの
この「コウモリ党」の姿こそ
大作センセそのものでじゃないか。
しっかり「大作センセ」の精神が息づいている政党だと思うよ。

とはいえ今回の選挙協力は公明党にはあまり旨みはない。
「都民ファースト」は組織票を持っていないので
公明党の得票が大幅に増えることはないだろう。
対して小池陣営にとっては「オイシイ」取引だ。
公明の現有議席だけ残してやれば
ほかの選挙区で公明の票を獲得できるのだからね。
まぁ、公明都議団が小池氏を恐れて軍門に下ったという絵面だな。
こうしたヘタレ具合もまた、大作センセのご精神があればこそだ。

にしても現場はまた大変だな。
いままで自民候補を応援していたのに
今度はその対抗候補を応援しなければいけないんだから。
外部の人たちにどうやって説明するのかね?
まぁ、カツドウカの方々だから適当なこと言ってF取りするのだろうけど
いくら無党派といわてもそんな馬鹿じゃない。
「都民ファースト」の投票するだろうが
学会や公明党の節操のなさに呆れる人も多いと思う。
自民党だって内心では面白くないはず。
結果次第では自民党の公明党に対する信頼は大きく揺らぐだろう。
長期的に見れば、この選挙協力はマイナスだと思う。
学会活動家は騙せても世間は騙せないからな。

まぁでも、これが今の日本の政治であることは事実だ。
まずは当選しなければ話にならない
そのためには犯罪以外はなんでもアリってのは
政党としての方法論としては不可ということではない。
しかしこれでもまだ幹部はカツドウカに
「選挙は広宣流布」というのか?
「選挙は功徳がある」というのか?
公明党議員が増えることが広宣流布であるというのならば
何故、全選挙区に公明党候補を擁立しない?
全選挙区に公明党候補を立てて
全学会員が公明党候補だけ支援するのであれば
まだ「広宣流布」という言葉も少しは説得力があるが
それをやらずに他党の候補を応援するのことを
「広宣流布」と言うには無理がありすぎる。
結局、全選挙区に候補を立てても勝てないから
勝てる所だけに候補を立ててるわけだろ?
どのみち「負ける」選挙区に候補を立てて
「死に票」を作るくらいならば
その「票」を他党との取引材料にする方法を選択してるだけ。
まだ、落選しようとなんだろうと、
共産党や幸福実現党の方が
党員や信者のことを考えてるよ。
公明候補以外の候補を支援する意味も義理も
創価学会員にはね~だろ。
やりたきゃ、公明党の党員だけでやれって~の。
バッカみたい。
こんなバカみたいなことの為に
手弁当で東京まで出て行った挙句
自分の知り合いに嫌われていく創価カツドウカ。
しかも大半のカツドウカは都民じゃない。
なんなの?一体何がしたいの?
大作センセに恩返し?
わかんね~なぁ。
今回がいいきっかけだと思うよ。
この都議選から選挙活動やめようよ。
まずは、普通の信仰をしようよ。
ね?学会員さん。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

2016年参院選で気分爽快

参院選、終わりましたね~。
今回も投票率が半分ちょっとで
この国は、まだまだ平和なんだなぁと。
選挙よりも他に行くところある
選挙よりも他にやることがある
これはこれで、平和な証拠かなと思っる。
結果は今回も与党に大勝させてしまったのは残念だった。
必要以上、能力以上に権力を与えるとロクなことはない
創価の幹部連中を見ればわかる。
その創価・公明党は全選挙区に勝利して
さぞや、幹部・活動家達は歓喜していることだろう。
そして、俺のような反創価・反公明に対して
「サマアミロ」と優越感に浸っていることと想像に難くない。
逆に反創価・反公明を掲げる人たちにとっては
ガッカリというか悔しいというかそんな結果なのかな?
でも、俺はちょっと違うんだよなぁ。
全然、ガッカリ感はなくて、
むしろ「してやったり」感の方が大きい。
選挙の当落なんてちょっとした風向きで直ぐに変わる。
それに公明党議員が多少増えたところで
共産党同様に単独で与党になることなど
現実に起きえないわけだから
そんなことに一喜一憂しても意味がない。
創価の選挙で意味を持つのはそこじゃない。

男子部時代、選挙戦で俺たちが拘っていたのは
選挙区の候補の当選じゃなかった。
候補が当選すればそれはそれで選挙としては勝ちだが
選挙区の公明候補が当選するのは当然のこと。
当選できるところにしか候補を立てないのだから
むしろ落選する方がおかしい。
最初から勝ち戦を勝ったところで大勝利とは言えない。
では、俺たちが何にこだわっていたのかといえば
ズバリ、【比例区の得票数】である。
公明党の比例の得票が初めて800万票になったとき
池田センセが「1000万の連帯が次の目標」だとスピーチした。
1000万連帯とは、具体的に言うと
【公明党比例票1000万票】ということだと幹部が言ってた。
それから、俺たち男子部は、常にソコを目標に戦ってきた。
だから、俺は今でも国政選挙のポイントとしているのは、
公明党の比例区の得票数だ。
で、今回は約750万票である。
得票率は約13%。
安定といえば安定だが、全く増えてない。
今回は選挙権年齢を引き下げ有権者が増えたし
与党のとっては追い風選挙なのに
全然増えていない。
これは事実上減っているということだ。
20年前の800万票から全く増えてないどころか減っている。
池田センセの1000万人の連帯は
一度も達成していない。
このことは池田センセの【敗北】を意味し
創価学会の【敗北】を意味している。
創価活動家の言うところの「実証」なのである。
全く増えない比例票。
創価学会員は確実に減っているという実証。
実に爽快なのである。
この比例区さえ増えなければ、
やがて公明党の議席は減る。
いまの学会を支えている、
団塊の世代・団塊ジュニアがいななれば
自ずと公明党議員は減っていくから安心だ。
にもかかわらず、創価幹部・活動家は、
何の危機感もなく反省もなく
たかだか選挙に勝ったくらいで
「勝った。勝った。大勝利だ」
「反創価のヤツラ、ザマァミロ」と
呑気に浮かれているわけだ。
活動家がこの調子でいてくれるなら、
この先、創価は増えない。
創価の邪義は拡散しない。
賢人がいないのだから
あとは着実に減る一方。
大丈夫だ。

◆夫れ賢人は安きに居て危きを歎き佞人は危きに居て安きを歎く(富木殿御書)

実に愉快。実に爽快。
今回の選挙も
大御本尊を捨てた創価の力が
徐々に失われいく様が見られて
一人「してっやたり」と思っている。

まぁ、創価の活動家が「負け惜しみ」と思ってもいいが
【師匠・池田センセ】の示した【1000万票の獲得】を
約四半世紀も達成できずにいるのは
事実なんだから、負け惜しみはどっちかなぁ~(笑)
たったの750万票(笑)
それでいて「勝った。勝った」と大はしゃぎ。
見ていて気分爽快になる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

創価の選挙って

創価の活動家の知り合いと
久々に夕方から少し飲む。
ヤツの方から誘ってくるのは
たいてい選挙の話。たいていじゃなく毎回か(笑)
と言っても俺には言いづらい様子なので
コッチから話を降ってみる(面倒くさい)
「そういえばオマエ息子さん今回から選挙権あるんじゃなかったけ?」
「そうなんだよ。もう期日前に連れってたよ」
「で?どこに投票したか聞いた?」
「聞かなくたって公明党に決まってるでしょ」
「公明党のどこがいいっていってた?」
「どこがいいとかそんなんじゃなくて、ちゃんと公明党に入れるように言い聞かせてるから」
「いやいや、それは親としてどうなの?どこに投票するかは子供権利なんだから親が決めることじゃないでしょ」
「なんで?子供なんだから親の意見はきくべきでしょ。自分の意思があるならともかくそうじゃないのだから」
「それは違うだろ」
な~んていうやりとりのあと
「そういうオマエは公明のどこがいいんだよ?」
「いいとか悪いとかとかじゃない。師匠の作った公明党を守るのは弟子として当然だよ」
「・・・・・・・」
まぁ、よく聞く話なんだけどさ。
師匠の作った公明党だから応援する。
政治を良くして生活を良くしたい。でもなく、
公明党を応援するのは広宣流布と同じだ。でもなく、
師匠(池田センセ)が作った党だから応援するって・・
創価の選挙って「政治活動」じゃないことは知ってるけど
こうなると、創価活動家の言うような「選挙は信心」でもないよな。
政治でもなけりゃ信心でもない。
なのに功徳が出るという。
池田センセの作った公明党を守ると功徳がでる。と。
もう、なにがなんやらサッパリわからない。
いままでも、創価幹部・活動家が言ってることは、意味不だったけど
今夜は全く意味がわからない。
池田センセの作った公明党を守るとなぜ功徳が出るのか?
公明党を守るってのは議席を守ることなのか?立党精神を守ることなのか?
前者ならば公明党の投票だが
後者ならば公明党に投票しない。が正解だとおもう。
ひとつだけ理解できたのは
この活動家は、公明党がいいとか悪いとかは基準ではない。ということだけ。
ああ、あとは子供に投票先を支持するのは親として共感が持てない。
それくらいだったな。
で、帰り際に「今回は厳しいからなんとか公明党に入れてくれないか?」と頼むので
「俺の師匠の日蓮大聖人は公明党を作ってないので、オマエのいう理由では入れられない」と答えた
「でも、俺に公明党を頼む。なんて言ってくれのはオマエだけだから、その勇気は評価するよ。
少なくても他の活動家に比べればオマエは大したもんだよ」と付け加えた。
で、二人分の5300円を払って帰ってきた。
「割り勘にしてよ」と言われたが
「俺は謗法からの供養は受けない主義なんだよ」
と笑顔で答えた。
いい奴なんだけどなぁ
いい奴ほどこうなんだよなぁ
それにしても、創価活動家の方々の
1票って軽いなぁ。
同じ1票とは思えないよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR