人権感覚ゼロの創価新報と創価民たち

前回創価新報の記事について触れたが、この記事で創価新報は
元職員3人組さん、宮川氏、波田地氏について実名で報道して批判したが
元職員さんはともかくとして、宮川氏・波田地氏の実名を挙げてあのような記事を書くのは
よくよく考えると、ソレって名誉毀損になるんじゃないかと思う。
彼等は創価を批判しているだけの単なる私人にすぎない言うならば一般市民だ。
その一般市民の実名を挙げて、あたかも彼らが「罪人」であるかような一方的な報道はまずいんじゃないか?
創価新報はネット配信もしているし
早速、頭の悪そうな創価民がこの記事を引用したりリンクして
ブログやSNSへ投稿もしている。
これらの行為は十分名誉毀損にあたると思うのだ。
以前、俺の会社の顧問弁護士と少し雑談した時に
「名指しで誹謗中傷をネットに書き込まれた時には名誉毀損で訴えたほうがいいですよ」と言われたことがある。
名誉毀損とは、その書かれた内容が事実であっても成立するらしい。
つまり、創価新報に書かれていることが「事実」であっても
それによって社会的信用が失墜したりするようなことがあれば
十分名誉毀損に該当し刑事告発すれば刑事事件にもなるということだ。
俺が新報の記事を読む限りでは名誉毀損として十分な内容だと思う。

そもそも、一般人のしかも元会員を実名を挙げて罪人のごとく批判するということが意味不である。
言われっぱなしがイヤという気持ちもわかるが
ならば、もう少しキチンと理論的に反論をすればいいはずなのに
新報に書いてあることは「創価組織を分断しようとした自分勝手で我侭な人間ども」
的ないつものような創価節だけだ。
「相手の主張のここが間違っている」という反論ではなく
ただただ相手が「いかにひどい悪人か」ということに終始している。
しかもその「悪人」の定義はあくまでも創価内部の基準であって、一方的な話だ。
これが、日頃から「人権」だとか「全ての人に仏性がある」だとほざいている宗教団体の機関紙だとうのだから驚きである。
新報の記事の内容は「人権感覚ゼロ」だ。
いや「「人権蹂躙」といって方がいいだろう。
そして、こんな「人権感覚」のない新報をありがたがって
新報に書いてあることを鵜呑みにしてはしゃいでる創価民もまた「人権」とはほど多い人種だろう。
創価森の菊川氏が正宗を「日顕宗」というのは、自分が言っているのでなく新報にそう書いてあるから使っている。
と自分のブログで告白しているが
こんな機関紙を読んでると人間性が歪められてしまうことを菊川氏をみるとよくわかる。
こういう連中が、「自他ともに幸福になる」とか「世界平和」とか口にしているのが創価の実態だ。
創価のいう「幸福」とか「平和」というのは、自分たちに単体する勢力や人間をとことん排除することだ。
反対者・敵対者を排除することが彼らの「戦い」であり
彼らだけの「平和」と「幸福」なのである。
完全に大聖人仏法と相反するのが今の創価なんだな。
「人権無視」のこの記事ひとつ読んでも今の創価の腐敗臭が鼻につく。
真面目に大聖人仏法を信仰したいと思っている学会員さんは
そんな創価臭が身に染み込む前に早く離れてくださいね。

そうそう、三人組さん、宮川さん、波田地さん
聖教新聞社と創価学会をぜひ名誉毀損で訴えちゃってください(笑)


にほんブログ村


一体どれが正しい指導なのさ?

先日、「○○の大作師匠」のご指導を書いたが、
同じ日の聖教新聞に、パナマ・コロン市というところの「ザダンカイ」(わざわざカタカナかよ)の記事があった。
その日のザダンカイのテーマが「御本尊」というテーマだったらしく
なんとか本部長次のような指導が掲載されていた。

この御本尊は、題目を唱える私たち自身の中にあります。
祈ることで、御本尊と同じ仏界の生命が引き出されるのです。
このことについて、第2代会長の戸田城聖先生は電球に例えて教えてくださっています。
題目を唱えていない人は、電球を持っているが電源につなげていないのと同じようなものだ。真剣に唱題し、御本尊とつながることで、電流が流れ、光り輝いていくのだ、と――


あれれ?なんか変だなぁ・・
たしがダーハラ会長は以前、

ある場所に特定の戒壇があり、そこに安置する御本尊が根本の御本尊で、その他の御本尊はそれにつながらなければ力有が発揮されないという、あたかも”電源と端子”の関係であるかのような本尊観は、世界広宣流布が事実の上で伸展している現在と将来において、かえって世界広布を疎外するものとなりかねないのであります

と指導していたはず。
「電球と電気」の関係なんていう例えは世界広布を疎外するような例えなんじゃなっかたのか?
それに戸田先生の指導とは、折伏経典に書かれている

これはちょうど電灯にたとえて考えてみると、(御本尊を電球にたとえることはもったいないことではあるが)ヒューズがとんで電流が流れてこない電灯は、電球が切れていないからといって、いくらつけても明るい光を発しないようなもので、電球は本物であっても、電流が流れてこなければ光が出ないのである。御本尊が大聖人の御真筆であっても、大御本尊に直結しなければなんの功徳もないのである。したがって富士大石寺の大御本尊を拝まないものは全て謗法である。

この指導のことだろ?だとするとここには戒壇大御本尊に直結。
つまり大御本尊を拝まない者には電流が流れてこないから光を発しない。と明確に言われている。
聖教新聞に掲載されている、なんとか本部長の指導は
戸田先生の指導と全く違うし、ダーハラの指導を真っ向否定している。
一体、誰の指導が正しいんだよ?
言ってることがみんなバラバラじゃね~か。
そんな勝手な指導を創価の広報誌である聖教新聞に掲載していいのか?
本当に適当なことばっか言ってんなぁ。創価は。


このなんとか本部長の指導ってよく聞くとオカシイんだよね。

この御本尊は、題目を唱える私たち自身の中にあります。
祈ることで、御本尊と同じ仏界の生命が引き出されるのです


この部分を通解すると、御本尊は自分の中にある。題目を上げると御本尊=自分と同じ仏界の生命が引き出される。
おいおい、題目上げて「自分と同じ生命」になるんか?
いや、題目あげなきゃ「自分と同じ生命になれない」って、どんだけだよ。
自分と同じ生命になるために大聖人は御本尊を顕したのか?
この解釈なら御本尊なんていらないじゃん。
自分が本尊なんだからよ。

題目を唱えていない人は、電球を持っているが電源につなげていないのと同じようなものだ

で、この指導だと「電球」が御本尊で「つなげる」つまりコードとかそういうものが題目でしょ。
じゃぁ「電源」は?ねぇねぇ「電源」はなんなのさ?
ひょっとして自分?自分が「電源」で、題目のコードで「自分つなげて」
本尊に明かりを灯して電源である自分を照らすってことなの?
てことはだよ。本尊ってのは凡夫がいて題目あげなきゃなんの力もないってことか?
仏力も法力も信力も行力も全部自分が持っているならやはり本尊いらないだろ?
「御本尊」がテーマなのに、「御本尊はいらない」って話になってるじゃんwww
まぁ、実際創価のカラーコピー掛け軸本尊もどきには仏力も法力もないからいらないんだけどさ。
電源云々とかコード云々以前の問題で最初から玩具の電球で光らないようにできているからな。

それはさておき、こんなモノは大聖人仏法でも何でもね~だろ。
鏡に向かって己のマヌケズラに題目をあげてろや。
っていう世界だろwww
これが、「創価の世界」であり「世界の創価」のレベルなんだよな。
どこが仏意仏勅の団体なのか?笑わせるもいい加減にして欲しいよ。

ひとつだけ言えるのは世界中で創価は、デタラメな本尊義を構え
純真無垢な会員たちを騙し、大聖人仏法を外道へと貶めている謗法団体である。
ということだな。
ダーハラからして、「本尊義」が首尾一貫していないのだから
そこらの無教学のハンパ活動家に「本尊義」なんて答えられるはずね~わ。
納得。納得(笑)


にほんブログ村

男子部大学校?(笑)人員不足ですな

今日?の聖教新聞に「男子部大学校」発足の記事が載ってた。
「男子部大学校」?なんだろなって思って読んでみたら
なんのことはない、今までの「牙城会大学校」と「創価班大学校」を
ひとつにまとめて「男子部大学校」と銘打っただけじゃん(笑)
ここ数年は、牙城会も創価班も人材・・・
いや人員不足で、壮年部が代わりに着任してる。
なんていう話を現役創価活動家の友人から聞いていたが
どうやら、人手不足は深刻のようだね。
「牙城会」単独、「創価班」単独ではもう人が集まらないんだな。
これからは、ひとつにまとめて「男子部大学校」ってわけだね。

俺は、男子部時代には「牙城会」も「創価班」もやらなかったな。
活動2年目から毎年「大学校生」募集の時期になると
GからもSからも勧誘を受けたけど断固拒否した。
Sからは「大学校免除」という好オファーももらったが
「やりません」とにべもなく断っていた。
その理由は俺が副部長の面接を受けた時に
その面接官の幹部が俺の面接カードを見て
「君は創価班も牙城会もやっていないんだね」と言われたこと。
「どっちかやらないとなんでいけないんですか?」
「創価班や牙城会をやらないと信心の確信がつかめませんよ」
「いや、信心の確信があるからいまこうして面接を受けているんですけど?」
(幹部は少し嫌な顔をして)
「それについては幹部に指導を受けてください」
こう言われた時点で、絶対にどちらもやらない。
そんなモンにならなくても、信心はできると証明する。
と固く心に誓い、結局どちらにもならなかった。
それに当時は、あのダサいブレザーも着たくなかった。
牙城会は、ルパン三世か!って感じで
創価班に至っては、青空青空球児・好児か!というブレザーで
思わず「ゲロゲ~ロ」と言ってしまいそうだったな。
広宣部だけは、同じ組織のメンバーにどうしてもと言われて受けたが
おそらく「創価班ではない広宣部」っていうのは俺以外にいなかったと思う。
「牙城会は家が建つ。創価班は外に立つ。」なんていわれてたけど
まぁ、そんな感じではあったがそれでも当時はまだ
「牙城会大学校」「創価班大学校」に毎年入校するやつがいた。
因みに「大学校」とか「入校」といっても、学校があるわけじゃないんだけどね。

それがついに廃校ですか(笑)
新聞には「創価の未来を決する男子部に朗報!」なんて書いてあります。
笑いました。なにが「朗報」なんですかね。
で、こんな所に騙されて入って1年後になにが待っているかと言えば
今度は、「旧牙城会」の任務と「旧創価班」の任務の掛け持ちなのは目に見えてます。
いままでツーオペだったのが、これからはワンオペで
もう仕事や家庭どころの騒ぎじゃありません。
毎日のように、創価の施設のどこかに立っているようです。
それから逃れるためには退会するか
自分の身代わりとなる人物を「男子部大学校」へ送り込むしかありません。
「朗報」どころか「悲報」ですね。
右も左も分からない男子部もみんさん。
幹部に騙されちゃいけませんよ。
「大学校」なんかに入らなくても信心は出来ます。
創価で活動している時点で大聖人仏法ではないですが
「大学校」なんかに入ったら人生台無しなりますよ。
男の20~30代というのは仕事の基礎体力をつける期間です。
創価活動の為に仕事に使うべき時間を浪費すれば
将来、必ず後悔します。
「男子部大学校」なんて入っているヒマがあるなら
自分のスキルを上げる努力をした方がいいですよ。
貴方も周りのバリカツの壮年部を見てごらんなさい。
あんな風になっちゃいますよ。


にほんブログ村



聖教新聞で大笑いした。

11月になってからまた我家のポストに
「聖教新聞」と書かれているゴミが不法投棄されるようになった。
今朝もまたポストに不法投棄されいていた。
捨てる前に何気に読んだ記事に大笑い。
「聖教新聞」にしてはあまりにも面白かったので
そのページだけ捨てずにおいた。
内容は11月30日の「儀典部の日」に合わせて「友人葬」のこと。
(11月30日が儀典部の日だなんて知らなかったなぁ)
なんでも学会の友人葬は時代の最先端をいく「宗教改革」だそうで。
相も変わらず【仏教には、葬儀に僧侶が出席しなければならないという教義はありません。
現に、釈尊は、“私の葬儀は在家に任せて、僧は修行に専念せよ”と言い残されました】なんて言ってます。
まるで釈尊の臨終を見ていたかのよう。
学会員さんは「仏教」なんて学ばないから
この手の話を真実だと思い込んでしまうだろうが
『仏説浄飯王般涅槃経』の浄飯王の葬儀や
『大般涅槃経後分』の釈尊の葬儀など一般的に知られているところだし
日蓮大聖人も、南条時光や阿仏房などの葬儀を執り行っている。
また日興上人も「曾禰殿御返事」のなかで
◇「なによりは市王殿の御うは他界御事申はかり候はす、明日こそ人をもまいらせて御とふらひ申候はめ」
と言われている。
まぁ~こういうようなことを全く学ばずに
聖教の記事ばかり鵜呑みにしているから今のカツドウカは法論のひとつもできないのだろ。
「釈尊も大聖人も葬儀に僧侶はいらないっていっているんだよ」
と自信満々に小っ恥ずかしいことを言っている
婦人部や男子部の姿が目に浮かびますなぁ(笑)

それはともかく、俺の笑いのツボにハマった箇所を紹介するね。
(以下【】内が聖教の記事)

【実際、友人葬に参列した方から、「すがすがしい葬儀で感動しました」「明るく荘厳でした。これが本来の葬儀だと思いました。私の時も、ぜひお願いしたい」などの声が聞かれます。】

こんな声が一体どこから聞こえた来たのか?
こんなことを言っているのは内部だけだろうって。
少なくても友人葬に参列した知り合いの外部の人達は
「坊主もいないしお経も素人みたいだし変な感じ」とか
「あの大勢で来ているのは学会員なの?」と訝しく言っている人しかいない。
また、実際俺が参列した「友人葬」もことごとく
清々しくもなければ荘厳でもなかった。
一体だれがこんな声を原田君達に届けたのか知りたいね(笑)

【ここで確認ですが、友人葬を執り行う場合、「会員からの儀礼的な意味での香典は必要ない」というのが、基本的な考え方です。】

「友人葬」なんだよね?「友人」なんだよね?
友人が故人に対して「香典」を持っていくのは当たり前でしょ?
「香典」をもってこない人は「儀礼的」な付き合いをしてた人ってことでしょ。
じゃぁ「友人」じゃぁないよね(笑)
外部の参列者はみんな言ってますよ。
「学会の人って香典も持ってこないんだね」って。
お香典てのは「儀礼的」なものじゃないでしょう。
「お悔みの心」を表したものでしょう。
それにさ、俺も祖母の時が友人葬だから分かるんだけど
「香典」を持ってこない人に「お清めしないで帰ってください」とは言えないでしょう?
創価が来れば来るほど出費するんだってば。
それにさ、いい年齢したオトナが香典も包まず葬儀に参列するなんてのは
みっともないし、非常識。

【「友人葬」で大切なのが、「随方毘尼」の法理です】

っていうならさ「香典」くらいは包むのが
日本における、「随方毘尼」ってもんだろ。
そもそも香典包むのも惜しいような人の葬儀に参列することないでしょう。
そんな人「友人」でもなけりゃ「同志」でもないでしょうが。
これじゃ単なる「他人葬」じゃん(笑)
そんな人には参列してもらう方が迷惑なんだってばさ。

で最後に大爆笑したのが・・・・

【年の瀬が近づいてきました。何かと慌ただしい時期だからこそ、事件や事故に巻き込まれないよう気を付けていきたい。】
【特に、「詐欺」には注意です。「私は大丈夫」と油断していると、思わぬ被害を受けるのが、「詐欺」です。皆で声を掛け合い、撃退しましょう。】

ぶははは(大笑)
年末の「詐欺」っていったら、「お前らの財務だろう~が!」(爆笑)
詐欺師が「詐欺に注意しましょう」って
なんのジョークだよ。
香典も必要ないっていうのならば
創価も「儀礼的な財務」を
会員から集めるのはおやめになったらどうか?
「香典」は儀礼的で
「財務」は真心って、言ってることおかしいでしょう。
また「寄付」ってものは「集金」するもんじゃないでしょう?
商店街のイベントの寄付金集めじゃあるまいしさ。

【 詐欺の手口は年々、巧妙になっています。「劇場型」といって、「身内を名乗る者」や「警察」「弁護士」などが次々と登場し、お金をだまし取ろうとすることもあります】

そうですよ。「激情型」と言って「大聖人仏法を名乗る者」や
「○○長」「○○婦人部長」などが次々と登場しお金をだまし取ろうとします。

【“医療費が戻る”と持ち掛け、ATMに誘導し、お金をだまし取る「還付金詐欺」も増えています。ATMで還付金が戻ることなど絶対にありません。】

”功徳が出る”と持ち掛けてATMに誘導し、お金を振り込ませる「功徳詐欺」が手口です。
創価の財務で功徳が出ることなど絶対にありません。

【対処法は、(中略)一人で判断せず、家族など相談できる人に、話をしてみることが防止につながります。】

対処法は、一人で判断せず、財務を振り込む前に創価以外の人に話をしてみることが防止につながります。

【高齢の方がいる家庭は、特に声を掛け合い、「不審な電話はすぐに切る」や、「家族だけの合言葉」を作っておくなど、具体的な対策を、どうかお願いします。】

ご高齢の方がいる未入会のご家族は特に注意してください。
創価幹部の訪問には居留守を使い
創価の電話にはでない・すぐ切る。など
なるべく創価幹部と接触させないように具体的な対策をお願いします。

は~、いまの聖教新聞てのは
結構笑える紙面づくりになったんだね。
あ!でも購読もしませんし
できれば我家のポストに捨てないでください。


にほんブログ村






今週の言葉 (2017年4月24日)より

最近、帰宅すると我が家のポストに
時々、聖教新聞が入っている。
自分たちで退会扱いした俺のもとに
なぜ聖教新聞を入れていくのか?
嫌がらせなのか?
まぁ新聞を入れていく人は大体察しがついているので
嫌がらせではないことはわかっているが
意図がよくわからん。
せっかくなので我が家の猫のトイレ掃除用に
ありがたく使わせてもらっているが
今週の言葉に

@@@@@@@@@@@
広布は「対話」で進む。
動けば境涯が開かれる。
語れば仏縁が広がる。
勇んで打って出て
「心の財」を共々に!
@@@@@@@@@@@

と書いてあった。
相変わらず進歩がない。
「対話」「境涯」「仏縁」「心の財」
同じようなことを年がら年中書いていて
書く方も読む方もよく飽きないもんだ。
毎回同じようなことを書かなければならないくらい
創価活動家が対話能力に欠けているということだろう。
昔から対話能力に欠ける、
いわゆるアスペルガー症候群系の活動家は多かったが
どんどんとその傾向が強くなっている気がする。
ご本人たちは対話をしているつもりなのだろうが
公明党への投票や聖教新聞の購読を依頼するのは
「対話」ではなく「懇願」という行動だし
創価や大作センセの話を一方的にするのは
「対話」ではなく「漫談」である。
そんな「懇願」「漫談」を「対話」だと思っちゃうから
いつまでたっても「対話」ができない
「対話」ができないから「折伏」も決まらない
そんな活動家が増えていて実に喜ばしい限りだ。
さらに「対話」以上にできないのが
「対論」とか「破折」
一応話を上の空でも聞いてくれる人ならなんとかなるが
「反論」されるともうアウト。
特に法門・法義の対論となると
これが可哀想なくらいできないときている。
「追撃の手を緩めるな」だの
「悪とは徹底的に戦う」だの
威勢のいいのは仲良し同士の集まる
会合やコミュニティのなかだけで
一歩外に出て一人になるとでんで意気地がない。
もっとも、いまの創価の教義・化義・行動
そのどれをとってみてもポンコツでまともな事は何もないのだから
そりゃ「対論」などできるわけもない。
それでも、昔の男子部は戦ったモンだ。
俺も部員さんに
「法論で99回負けても最後に勝てばいい。勝つまで戦え」
なんてよく言ってきた。
俺自身も広宣部になりたての頃は
顕正会あたりにコロッと言い負かされ悔しい思いして
そうやって教学を学んだもんだが
今の活動家はポーズだけ(笑)
まぁ200%勝てないのだから仕方ないんだけどね。
そんなんで広布なんて広がらね~し
心の財も積めるわけなって~の。
え?そんなことない?
じゃ、なんで俺の在宅のときに聖教新聞もって訪ねてこないのさ?
留守を狙ってポストに投函していくなんて
対話する気なんてないでしょ(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>