FC2ブログ

勧誡二門(寝言丸さんの質問への回答)

寝言丸さんより「勧誡の二門」についての質問コメントをいただきましたので今日は「勧誡二門」について少し書きます。「勧誡二門」とは、【勧門】と【誡門】の二つの門(法門)のことをいいます。仏教にける化導の方法はこの「勧誡二門」の外にはありません。【勧門】とは「善を勧めて仏道に導く門」で釈迦仏法においては「経蔵」がこれに当たります。【誡門】とは「悪を誡めて仏道に導く門」で釈迦仏法における「律蔵」のことです。大聖人仏法に照らして分かりやすく表現すれば、「勧誡二門」とは「破邪顕正」のことであり折伏弘教は全てこの「勧誡二門」によりなされるわけです。『法華文句』にはこの勧誡二門を、
□「勧は即ち為人悉壇、誡は即ち対治悉壇なり、此二悉壇は第一義悉壇の為め」
と釈しています。「勧門」とは相手の機根に合わせた説法になりますから為人悉壇になり「誡門」は相手の機根に関らずその悪を誡める説法ですから対治悉壇ということになります。ただし、大切なのは【此二悉壇は第一義悉壇の為め】ということで、どちらもその根本は「第一義悉壇」であるということです。大聖人仏法における「第一義」とは具体的に何かといえば、大聖人仏法の色心二法であり出世の本懐であり末法衆生成仏の法体である、一大秘法の戒壇大御本尊のことです。つまり「勧門」で化導しようと「誡門」で化導しようと、根本は戒壇大御本尊であり化導する行先は戒壇大御本尊であるということです。つまり「勧誡二門」といってもその二門は最後は「一門を通る」いう事です。私達は折伏の時には必ずこの「勧誡二門」を使って折伏をしています。よく言われる「功徳がでる」というのは「勧門」であり、「罰が出る」というのは「誡門」を使っていることになります。しかし功徳も罰もどちらも戒壇大御本尊の力用を説明しているわけです。ですから、「勧門」を表にして「戒壇大御本尊への信心をすれば幸福になれる」と折伏する裏には「戒壇大御本尊への信心をしなければ幸せになれない」とい「誡門」があります。当然、その逆も然りです。「勧誡二門」とは「唯一門」なのです。「勧門即誡門・誡門即誡門」ということです。その上で相手によってどちらの門を表に化導していくかという違いにすぎません。私の場合は、創価や顕正会など戒壇大御本尊に敵対する逆縁の衆生には「誡門」=破邪を表に折伏し、無信仰の人など戒壇大御本尊に対し無知の衆生には「勧門」=顕正を表に折伏をすることを心がけています。以上が化他行の勧誡二門ですが、自行における勧誡二門は日々の勤行・唱題のことです。勤行・唱題には「勧誡二門」の両門が備わっています。私達は日々の勤行唱題によって戒壇大御本尊様への門をくぐっているわけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会 批判・告発へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

現証にはすぎずとは(元創価班20期さんの質問への回答)

今日は、元創価班20期さんからの以下の質問に答えたみたいと思います。
●『三三藏祈雨事』(874p)日蓮仏法をこゝろみるに、道理と証文とにはすぎず。又道理証文よりも現証にはすぎず。
の御書で反論してくると思いますが管理人さんならどのように破折されますか。

この御文は昔は文理ガン無視の顕正会員が良く使ってましたが今では創価も顕正会並みのレベルになったようで元広宣部の私としては情けない限りです。この御文は「文証」「理証」「現証」の三証を示されている御文ですね。この三証とは当該御文に【日蓮仏法をこゝろみるに】と書かれているように大聖人が定めた仏法勝劣の基準です。三証が全て揃っている仏法が「勝」であり「正」であるという事です。さてこの御文の創価の通解は【日蓮が仏法の勝劣を判断するのに、道理と証文とに過ぎるものはない。さらに道理・証文よりも現証に勝れるものはない】こうです。この通解だけ読んでもこの御文が「文理を無視した現証が重要である」なんて言われていません。そして本抄のこの後の御文を読んでみてください。三人の三蔵は祈雨の祈祷をしましたが全員「雨を降らすことに成功」しているんですよ。つまり「雨を降らす」という現証がでている。ただその後暴風雨になった。対して天台・伝教は完璧に祈雨のが成功しています。同じ「雨を降らす」という現証がでいているのにこの差は何かといえば、三三蔵の祈りは仏法の道理(理証)に反した祈りだったのに対し天台・伝教は仏法の道理に即した祈りだったということです。仏法の道理に即すというのは仏典(文証)に即しているといことです。ですから理証・文証のない現証とは三三蔵が降らせた雨のように後に災いとなって帰ってるのです。文理が揃わない「創価の功徳」とは三三蔵が降らせた雨のようなものなのです。その場は雨が降ったと大喜びしていますがその後には必ず災いが降りかかってきます。文理のない功徳は功徳ではなく通力であり必ず後に災いになると創価民にはそう言ってあげてください。では、大聖人は何故「現証が一番重要である」とご指南されたのかというとまずは化法に則していえば末法においては大聖人仏法以外に本当の現証が出ないからです。
◆されば正法には教行証の三つ倶に兼備せり、像法には教行のみ有って証無し、今末法に入りては教のみ有つて行証無く在世結縁の者一人も無し(教行証御書)
と書かれているように末法において釈迦仏法は「教」(文証)だけあって行(理証)と証(現証)はありません。「教行証」が揃わなければ衆生を成仏させることはできないわけです。末法で「教行証」とは三大秘法即一大秘法の戒壇大御本尊であり大聖人仏法です。その証明としての現証の重要性を説いているわけです。そして「教」(文証)も「行」(理証)もすべては成仏という現証へ導くための手段ですから成仏すること(現証)が一番大切であると言われているわけです。もちろん成仏の条件は「教・行」ですから文理から離れた成仏(功徳)などはないのです。次に化義の面から言うと、
◆現在に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人もありやせん(法蓮抄)
と御書に書かれていますが、「文証」「理証」というのはある程度の仏法的知識がなければ理解できないものです。特に鎌倉時代の庶民であれば今の時代と違って読み書きもできない人も多かったでしょうし仏法の法義を聞く機会も少なく理解できる人も少なかったと思われるます。(現代でも仏法の法門法義に疎い人はたくさんいますが)そうした人々を折伏していく時には難しい「文証」「理証」を説明するよりも見てすぐ分かる「現証」が一番効果的なのです。そして鎌倉時代においては「南無妙法蓮華経」の題目を唱えることは即ご本仏日蓮大聖人を信仰することであり、それ自体が「文理」に即した信仰なのです。このように化法・化義の面から大聖人は「現証には過ぎず」と仰せになったわけです。この御文を引用してくる学会員には何故大聖人が「文証に過ぎず」とご指南されたのか質問するとともに、創価本尊に題目をあげると何故功徳が出るのか?を質問するのがいいでしょう。「トンデモ回答」が帰ってきて笑えます。私の経験上だと「自分の中の仏界を湧現するから」という答えが一番多かったですね。で、私は「そういうことを聞いているのでなく自分の中の仏界を湧現するというそのプロセスを聞いているんですよ。」と聞き直します。するとあら不思議。創価民は何一つ答えたれないんですよ(笑)そして最初に戻って「全ては現証です」と無限ループに突入します。創価民対策としては全般的に言えるのは「無限ループ話法」と「論点スリカエ話法」そして「答えたフリ話法」に誤魔化されないことです。彼等にはそれしかできませんからね。いくらでも破折なんてできるので安心して破折してください。ただし油断はしてはダメですよ。
◆師子王は前三後一と申してありの子を取らんとするにも又たけきものを取らんとする時もいきをひを出す事はただをなじき事なり(経王殿御返事)


にほんブログ村

創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

出世の本懐の件(アメリさんの質問への回答)

アメリさんが以下のような質問が来ましたので今日はそれにお答えしたと思います。(太字はアメリさんのコメントです)
●創価男子部から以下の阿仏房御書に『出世の本懐』とあるので、日蓮正宗がいうところの出世の本懐=弘安二年の御本尊とは言えないのでは、と質問されました。(あまりにありがたく候へば宝塔をかきあらはしまいらせ候ぞ。子にあらずんばゆづる事なかれ。信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ。出世の本懐とはこれなり。)
まず創価男子部君、ダボハゼみたいに御書の切文に飛びつくのはダメですよ。まずは「出世の本懐」の意味とは【仏がこの世に生まれてくる理由】です。それは
◆諸仏は唯一大事の因縁を以ての故に世に出現し一切衆生悉有仏性と説き聞法観行皆当に作仏すべし(爾前二乗菩薩不作仏事)
ということで全ての仏は「一大事因縁」の出世の本懐を持ってこの世に生まれてきます。この「一大事」の「一」とは「唯一」という意味です。つまり「たった一つしか存在しない」という事です。そこで大聖人の「出世の本懐」とは、
◆但だ唯一大事の南無妙法蓮華経を弘通するを本とせり(御講聞書)
◆蓮祖出世の本懐は但三箇の秘法に在り。(日寛上人開目抄文段)

その上で阿仏房御書に御文を読むとこの御文の意は、大聖人の「出世の本懐」とは「御本尊に尽きる」という意味です。一部創価がいうような「口唱題目」の流布が本懐ではなくあくまでも「御本尊」が本懐です。さて、その上で阿仏房に与えられた御本尊も総じていえば大聖人の出世の本懐で間違いありません。しかし別して言えば日寛上人が観心本尊抄文段で
◆就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり。
と仰せの如く弘安二年の戒壇大御本尊なのです。文証としては
◆仏は四十余年天台大師は三十余年伝教大師は二十余年に出世の本懐を遂げ給う、其中の大難申す計りなし先先に申すがごとし、余は二十七年なり其の間の大難は各各かつしろしめせり(聖人御難事)
と明確ですが最近の創価民はこの「27年」とは難を受けた年数だと屁理屈を言ってきます。それなら御文中の「出世の本懐」の言葉は不要なんですけどね。普通の人間ならこの御文を読めば「27年」とは「出世の本懐」を遂げた時と読みますが創価民は普通でありません。そこで現証としては言えるのは御本尊の相貌です。阿仏房が御本尊を下付されたのは「文永」時代。実は「文永期」の御本尊と戒壇の大御本尊の相貌は全く違うのです。果たしてアメリさんと話した創価男子部君はそれを知っているのでしょうか?まづはソコが問題です。さて、日寛上人は観心本尊抄文段の中でこのことについて
◆「問う、文永・健治の御本尊を究尽するや。答う、文永・健治の御本尊、多く分身及び善徳仏を挙ぐ。此れに相伝有り。或は仍文上を帯するか云云」
とご指南されています。つまり阿仏房へ与えられた文永期の御本尊はいまだ完全なる出世の本懐の御本尊ではありません。しかしこの御本尊はアメリさんのいうように阿仏房の篤信に対する大聖人から褒章ですから一機一縁の御本尊で正しい御本尊です。ただ仏の出世の本懐とは先に書いたように一切衆生に授与されるべきご本尊であり特定の信者専用の一機一縁の御本尊ではありません。一機一縁の御本尊は数多ありますが、一大事因縁の出世の本懐の御本尊とは「唯一ひとつだけ」であり、その一切衆生に与えれた御本尊は弘安二年ご建立の「本門戒壇の大御本尊」以外ありません。「出世の本懐」とは御本尊のことですが、この御本尊にも総別があるのです。不相伝の創価にはそれが分からないのです。阿仏房への御本尊は別体の御本尊なのです。
◆本門戒壇の本尊は応にこれ総体の本尊なるべし。これ則ち一閻浮提の一切衆生の本尊なるが故なり。自余の本尊は応にこれ別体の本尊なるべし。これ則ち面々各々の本尊なるが故なり(日寛上人・観心本尊抄文段)
さて、創価男子部君が「阿仏房御書」を切文してきて「出世の本懐」=「弘安二年の大御本尊」とは言えないというなら、
①阿仏房御書では出世の本懐=御本尊としているが、大御本尊が出世の本懐でないならどの御本尊が出世の本懐なのか?
②全部の御本尊が出世の本懐ならば、なぜ御本尊の相貌が違うのか?
③一機一縁の御本尊も出世の本懐ならば自宅も「本門の事の戒壇」になるのか?
④子供でなければ譲ってはいけないはずの大切な御本尊。創価は日顕上人の御本尊を一体も正宗に返納していないがそれはどうなったのか?
等々、いいたいことは山ほどありますね。そしてアメリさんが創価男子部に言った、
●これは阿仏房の信心を褒められて、御本尊を下附された御書であり、御本尊が何より大切であることを表現されるうえで、出世の本懐、というお言葉を使われたのであり、いくら阿仏房が強信とはいえ、大聖人の出世の本懐が一信徒に授けられた御本尊でないことは明らかでしょ?聖人御難事の御金言と血脈を受けられた日興上人に授けられたという事実が弘安二年の御本尊が出世の本懐であることを示してるでしょ。
この言葉は非常に的を射たいい回答だと思います。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

創価・鯛焼き支部長との対論へのコメントスレはこちら。

管理人と鯛焼き支部長との「日精上人に関する対論」への読者の皆様のコメントはこちらに投稿してください。コメントは誰でも自由ですが管理人が「アラシ行為」だと認定した場合は警告の上コメントは削除しますので予めご了承ください。(特に創価サイドの人はご注意を)


にほんブログ村

鯛焼き支部長さん対論を始めましょうか(日精上人の件)

さて、先月の約束通り創価民の鯛焼き支部長との対論のスレを立てました。テーマは【日精上人は一生涯造仏を主張していかどうか】です。個人的な正直なところを言えばこのようなテーマは対論になり得ないテーマです。その理由は本対論が全て終わった頃に書きたいと思いますが、こいううテーマが学会員は好きなのも事実ですし、最初なのでここは鯛焼き支部長の希望を採用させていただきます(ひとつ貸しね)さて対論にあたって事前にいくつか注意事項・禁止事項を書きますのでお互いにこのルールを遵守していきましょう。といってもごく当然のことでどちらかに不利・有利になるようなルールではありません。いままでの他の学会員との対論等での反省を踏まえて(といっても反省するのは学会員のほうですが)のルール設定です。

1、相手の質問に対して、【質問返し】【質問スルー】【意味不明の回答】【質問に無関係な回答】をすることを禁止します。
2、テーマ(論点)の【すり替え】【拡散】をすることを禁止します。
3、特定の方の言説を文証とした場合は、同一人物の言説は全て文証として採用する(ある人物の言説を自分に都合のいいところだけ文証としない


とたったこれだけです。では鯛焼き支部長さん、「日精上人が一生涯にわたり造仏を主張した」ということを論証してください。
尚、他の方のコメントは別スレの鯛焼き支部長との対論へのコメントの方に書き込んでください。


にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>