創価を批判しても地獄なんて落ちません(ノンさんのコメントへ)

先日、ノンさんからのコメントの中で、

ネットで創価批判を書いて無限地獄に堕ちました。今地獄真っ最中です。
私がネットで批判したのは学会組織。日蓮大聖人の仏法を批判したことないです。
それで地獄に堕ちた、と言うことはそれだけのせいではないけどやっぱり創価が間違ってないからじゃないのかなぁ?


との発言があったので今日はこのコメントについての話をしたいと思う。
結論から言うと、創価批判で地獄に落ちることなど万に一つもない
これは「創価を辞めると罰が出る」的な話と同じで、それを鵜呑みにしてしまう会員さんのためにも言っておく。
創価を批判しようと辞めようと、罰も出ないし地獄にも落ちない。
なぜならば、創価には「罰」を出すような「力」などどこにもないからだ。
「罰」を出す力がないというのは逆に言えば「功徳」を出す力もないということである。
もしも、「罰」や「功徳」を出すとしたらそれは一体どこから出てくるのか?
創価には、「仏宝」が存在しない。「仏宝」が存在しないということは当然「法宝」も「僧宝」も存在しない。
「三宝」のなにひとつも存在しない創価で一体「罰」や「功徳」が出るというのならそれは仏法ではない。
なにやら「創価学会仏」なる架空の仏が」いるらしいが
「仏」が架空であれば、その仏の用も「架空」であるのは仏法の常識である。
要は与えて言えばそんな組織を批判しようと賞賛しようと「何も起こらない」のである。
公明党を支援するのは時間の浪費。財務はただの浪費。
そんなことをしてもしなくても、成仏になんの関係もない。
「創価を批判すると地獄に落ちる」なんていうのは文証も理証もない思い込みと洗脳の産物だ。
ノンさんが言われている

それで地獄に堕ちた、と言うことはそれだけのせいではないけどやっぱり創価が間違ってないからじゃないのかなぁ?

というのは単なる現証面だけを捉えた考え方であってそこには文理が存在しない。
つまりは単なる偶然の結果論でしかない。

◆但し法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず。(唱法華題目抄)

と御聖訓にあるように「正義」を証明するにはまずは文理があってこそである。
現証(利根・通力)をもって正邪を判断してはいけない。

内容は知らないが本人の弁を借りれば、ではなぜノンさんは地獄を味わったのか?
これに二通り考えられる。

ひとつはノンさん自身の謗法。これは創価批判の方ではなく大御本尊(大聖人)に対する謗法があったから。
ノンさん自身は「日蓮大聖人の仏法を批判したことないです」とのことだが
本当にそうなのか?これをチェックしてもらいたい。
まず「大聖人仏法」と言われているが、大聖人仏法とは大聖人をご本仏と信じる仏法をいう。
この大聖人仏法を信仰しているのは、昔も今も日興門流以外にはない。
この日興門流の信仰の根本は、これまた昔も今も
「本門戒壇の大御本尊」と「唯受一人血脈」にほかならない。
この二つを捨てた創価は日興門流とは言えない。ということは日蓮仏法ではない。
それを放置して組織批判だけしていても意味はない。
大聖人仏法を批判はしていなかったとしても、創価が大御本尊を捨てたことを受け入れているとうのは
大聖人仏法を捨てたのと同じことになる。故に

◆善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし(開目抄下)

との御聖訓のとおり苦しんでいるというのが一つ。

そしてもうひとつはそれこそノンさんが言っていた転重軽受。即ち「護法の功徳力」ということだろう。

◆此八種は尽未来際が間一づつこそ現ずべかりしを日蓮つよく法華経の敵を責るによて一時に聚り起せるなり譬ば民の郷郡なんどにあるにはいかなる利銭を地頭等におほせたれどもいたくせめず年年にのべゆく其所を出る時に競起が如し斯れ護法の功徳力に由る故なり等は是なり(佐渡御書)

とあるように、ノンさんが創価の謗法を強く責めたので「護法の功徳力」のよって現在苦しんでいる。
俺的には今のノンさんの苦しみは「護法の功徳力」だと感じている。

俺も創価組織を追放されたときは本当に一般の人では味わえないくらいの経済苦で「無間地獄」のような毎日だった。
そんな中、必死で学会活動を頑張ってきたが組織を追われる。
何度も自分の信心が間違っているか?と自問自答したり、御本尊に毎日訊いていた。
いっそのこと信心なんてやめてやる。と思った事も何度もある。
あれから四半世紀。当時では想像もつかないような結果がでた。
様々な奇跡的な功徳をご本尊からいただいたのは全て創価の間違いを破折しだしてからだ。

ともあれ、どちらにしても全ては御書の通りで利根・通力の類ではない。
なのでノンさんには「やっぱり創価が正しい」なんて思い違いをして欲しくない。
ご自分で、大御本尊(大聖人)に対する不信があったと感じれば素直に大御本尊を信じればいいし
そんな「不信」など無かったのであれば、いまの苦難は間違いなく「護法の功徳力」であるからここでやめてはいけない。
大御本尊を捨てた謗法創価を批判して苦しい目にあっているのなら、
まさにノンさんは法華経の行者ではないか。御書に書いてあるとおりだ。
この苦難を乗り越えれば素晴らしい人生が待っているのは間違いない。
それを、ここで再び謗法創価の軍門に下ってしまえば本当の無間地獄へ誘われてしまう。
いまがノンさんにとって天下分け目の戦いなんじゃないかと感じる。

◆今まで生きて有りつるは此の事にあはん為なりけり、此れこそ宇治川を渡せし所よ是こそ勢多を渡せし所よ名を揚るか名をくだすかなり、人身は受け難く法華経は信じ難しとは是なり、釈迦多宝十方の仏来集して我が身に入りかはり我を助け給へと観念せさせ給うべし(弥三郎殿御返事)


にほんブログ村

オモシロ学会員さんの大作教学

昨日書きましたが、久しぶりにオモシロ学会員さんがコメントをくれたのでそれについて。
HNすら名乗らない学会員さんなのでオモシロ学会員さんと呼ばせていただきます。
なにが「オモシロ」なのかというと、相変わらず稚拙な「大作教学」を臆面もなく披露しているところですかね。
まぁ、オモシロさんが何をどう思うと関係ないっちゃ関係ありませんが
「大作教学」ごときをもって、日興門流を「日顕宗」などと呼ぶのは
日蓮門下・日興門流として看過できないし、
オモシロさんの言っていることが「大聖人仏法」であるかの如く騙されてしまう初心の会員さんのためにも
「大作教学」がいかに稚拙で、それを間に受けている学会活動家がいかに不勉強か指摘しないといけないからね。
さて、オモシロさんが言うには、

私は学会員で自分の内と外、この宇宙に遍満する妙法を信じています。

だそうです。この「妙法宇宙遍満論」。じつにこれこそ「大作教学」の中心になる教義ですね。
「妙法は宇宙の法則」とか「妙法が宇宙に遍満している」とか
この考えは「理」と「事」をまったく理解できていない人間の言いそうなことです。
違う言い方をすれば、釈迦仏法と大聖人仏法の違いが分かっていない。ということです。
「妙法が宇宙に遍満している」というのは、あくまで「理」としてはそうである。ということです。
同時に「自分の中に妙法が存在する」とう発想も「理」です。
天台六即に配すれば「理即」ということですね。
そもそも、「宇宙に遍満している妙法」とは、法身だけで、報身と応身が欠けているので三身具足していない。
三身が具足していないということは、三学も具足していないということなので「妙法」と言わない。
そんなものを信じようと貶そうとなんにも起きないのは明白です。
では、妙法はどこに存在しているかといえば

◆至理は名無し聖人理を観じて万物に名を付くる時因果倶時不思議の一法之れ有り之を名けて妙法蓮華と為す(当体義抄)
◆釈迦如来五百塵点劫の当初凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき(三世諸仏総勘文教相廃立)

との二つの御文に明らかなように、大聖人の色心二法。要するにご本仏の報身の中にしか「事」として存在しない。
「宇宙に遍満している」などと外道義そのものだ。

御本尊は自分の内と外とを結び妙法の力を最大限に発揮させるものでそれは「利、美、善」の方向に働く「幸福製造機」なのです。

これも、全くの邪義で、
◆無作の三身とは末法の法華経の行者なり無作の三身の宝号を南無妙法蓮華経と云うなり、寿量品の事の三大事とは是なり(御義口伝巻下)
さらに、
◆本尊とは法華経の行者の一身の当体なり云云。(御義口伝巻下)
◆日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ信じさせ給へ(経王殿御返事)

との御文を読めば、ご本尊が「幸福製造機」などと思うことがいかに不敬であるかわかるだろう。
また、内と外を結びつけるなどという無知を晒しているが、

◆天台は仏世すら猶人を以て法を顕はす(持妙法華問答抄)

とあるように、人(仏)以外に法を顕す「機械」など存在しない。のである。
この部分は「人法一箇」をまったく理解できていないという自身の無知をさらけ出しているようなものだ(笑)
「幸福製造機」だから尊いのではない。御本尊はご本仏の色心二法であるから尊いのである。

日顕宗が独占するものではありません。

ここも、本当に無知・無惨な学会員のいいそうなことでアキレルが
学会員ってのはまさか「法体」を自分も持っている。とでも思っているのだろうか?

◆戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり(御義口伝巻下)
◆此の三大秘法は二千余年の当初地涌千界の上首として日蓮慥かに教主大覚世尊より口決相承せしなり(三大秘法禀承事)

との御文に明らかなように、「法体」は大聖人お一人が所持しているのである。
つまり「大聖人だけのモノ」なのである。
それ故に大聖人がご本仏なのだよ。
日興上人以下のご歴代ですら「法体」そのものは持っていない。
内証を血脈相承しているが、「究竟即」ではないのだよ。
日興上人は「分真即」以下ご歴代は「相似即」だ。
これでわかるだろ?大御本尊(大聖人)が「独占」しているのだよ。法体ってのは。
謗法不信の創価ごとき者は、大聖人=ご本仏ということすら忘れたのか?
もとより法体の仏力・法力は信心する全ての人に開かれているが、
大御本尊を不敬した創価信者に、法力・仏力の「おすそわけ」などないのだよ。

「一身の安堵」には「四表の静謐」が前提だが、祈りは勿論早く悪施を止めなどの具体的な行動は創価学会は公明党支援を通して行じ、弱者支援等充実し公正になってきたと実感するが日顕宗の「四表の静謐」への祈りと行動は?

ついでにこれも破折しておくか。
公明党支援が「四表の静謐」への祈りと行動とか完全にお笑いなのだが、
いうまでもなく、「一身の安堵」「四表の静謐」とは「立証安国論」のなかの言葉だ。
「立正」によって「安国」になるという法理なのだが、「立正」とは何かもこの人は知らない。
公明党支援活動が「立正」など、一体どこにそんなことが書いてあるのか(笑)
本当に、オモシロ学会員だね~(笑)
立正の「正」とは、三大秘法のことである。
「三大秘法」を立てることが「立正」なのである。
三大秘法とは一大秘法に集約される。
故に大御本尊へ祈りが「四表の静謐」への祈りの根本である。
それが前提の前提。大前提である。
正宗の丑寅勤行などはまさに四表の静謐への祈りの最たるものだろう。
大作センセは毎日、丑寅勤行してるのか?
五座三座すらできない創価には土台無理な話だろう。
そもそも、創価は一大秘法の大御本尊を不敬しているのだから
「大前提」からして狂っているのだよ。
なので、創価に「立正安国」の、祈りも行動もないのである。
それに、今の公明党は「安保法案」に賛成するなど
誰が見ても「四表の静謐」を祈っているような政党など思えないだろう(笑)

まぁ、ツッコミどころはまだまだあるが、
もう面倒なのでこのへんでやめておくよ(笑)
しかし「大作教学」を語るのもいいが
少しは「御書」を引用したらどうか?
こんなんだから、いつまでたっても学会員は教学が身につかないのである。
教学が身につかないから「邪義」「我見」を連発するのである。
オモシロ学会員さん、「御書」を読みなさいよ。ホントに(笑)


にほんブログ村

あやめさん。勧戒おめでとうございます。

> お寺さん、行ってきました!
> 無事、創価本尊をお寺さんへ返納いたしました。
> 創価への退会届もしっかり記入後、そのまま勧戒も受けることができました。
> さらにご僧侶より、紹介者として法華講の方を呼んでいただきまして、
> その方と色々とお話をしていくうちに、なんと! 登山日も決定しちゃいました!!
> いただいた応援題目、効きすぎて怒涛の展開のようです(笑)
> 本当にありがとうございます。
> 取り急ぎ、ご報告まで。

いやぁ~、本当に素晴らしいです。
まさに電光石火の退会。そして勧戒。
躊躇なく真っ直ぐと進んでいかれる姿に感動しました。
そして、こんな感動的なご報告をいただき心から感謝しています。
いつの日か大御本尊のもとで、
あやめさんとお会いできる日が来ることを楽しみにしています。
本当に、おめでとうございます。


にほんブログ村

あやめさん、退会宣言!素晴らしいです。

当ブログのあやめさんから、「創価退会宣言」をしたというコメントをいただきました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
先程、某新聞料金を集金に来た地区婦人部長さんに「退会」宣言しました。
私の一存では手続き出来ないので、また幹部さんと来ますってことなので、
とりあえず現状保留ですし、これから最後のひと揉めがあるかも?な状況ですが、
自分的には言えてスッキリしました。

早く創価をやめたいと思いつつも、なんだかんだとウダウダしてましたが、
宣言するタイミングが向こうからやってたので、腹括りました(笑)
いつまでも創価にお金使いたくないですしね。

もっともっとスッキリさせてサッパリしたら、速攻で勧戒を受けに行きます!
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

コメントを読んで思わず「素晴らしい」と言ってしましました。
昨年末にも現役男子部さんから創価を退会したとのコメントを頂い時もそうですが、
嬉しい?楽しい?喜ばしい?などと様々な思いもありますが
やはり「素晴らしい」の一言が一番大きいです。
今月の創価の座談会御書の
◆浅きを去つて深きに就くは丈夫の心なり
の一節を正しく身読・・いや「信読」された、
あやめさんの信心にカンゲキです。

学会員さん一人ひとりは決して悪い人は多くありません。
一部幹部とバリカツに騙されている被害者です。
そのような幹部・バリ活を作っているのは創価の組織です。

◆慳貪等無き諸の善人も謗法に依り亦謗法の人に親近し
自然に其の義を信ずるに依つて餓鬼道に堕することは
智者に非ざれば之を知らず能く能く恐る可きか。(十法界明因果抄)

◆いかに我が身は正直にして世間出世の賢人の名をとらんと存ずれども
悪人に親近すれば自然に十度に二度三度其の教に随ひ以て行くほどに終に悪人になるなり(最蓮房御返事)

との御聖訓もごとく、そのような組織に身を置いていれば
自分も「そちら側」にいってしまうリスクは高いのです。
そのような場所から離れるのは当然ですが
それをなかなか決断するのは難しい。(私も同じでした)
それを決断するのことは「丈夫の心」です。

ここからは私が立ち会った、
母と創価の後輩のN君退会時の経験から少しアドバイスさせていただきます。
牡丹さんも言われているように、特にあやめさんから創価に言いたいことがなければ
シンプルに淡々と話すのが一番です。
家の中に招き入れる必要もありません。
百歩譲って自宅に招き入れたとしても
相手が指定する場所(会館や幹部の自宅)には行かないでください。
(N君の時は支部長の自宅に行きましたが6人ほど創価幹部が待ち受けていました)
言いたいことがあるのならば、これが最後と思い徹底的に言ってあげましょう。
ただこっちがいろいろ言うと相手もいろいろ言い返してくるので面倒くさいです。
最初は懐柔してきますが、最後は
「学会を離れたら幸せになれない」的なことを言ってくるのが常ですが
そのときは最後の捨て台詞と思って笑ってあげてください。
「寺止め」(正宗にいかないように)の話もしてくると心づもりしておいてください。

さて、こんな面倒なことをしたくない。というのであれば
正宗の寺院で退会の手続きは全てすることができます。
お友達に法華講員さんがいれば一緒に行ってもいいし
いなくても直接お寺に行けば、退会届等は全て揃っています。
創価本尊の場合はお巻して返納してください。
創価で手続きををするにしても
本尊は「お寺」に返納することをおすすめします。
正宗では学会本尊を「ニセ本尊」といいますが
それでも自分がお題目を上げてきた本尊です。
創価に返したらどんなふうに扱われるかわかりません。
現に前法主日顕師の本尊は一体も創価から正宗に返納されていません。
是非、お寺に返納してください。
創価本尊ではなく逹師の本尊ならばそのままでOKです。
そうそう、認印も持っていけばその日のうちに退会手続きを済ますことができます。
そのあと、お寺から「退会届」が本部に届き、地元組織に下りてきたら
地元組織の人から「話がしたい」と連絡があるかもしれませんが
それは全て無視・で構いません。
お寺で手続きする方が鬱陶しくないのは確かです。

いでれにしても、あやめさんの退会を応援しています。
無事に退会した暁にはぜひお知らせくださいね。
また、あやめさんの無事退会を僭越ですが
ご祈念させていただきます。


にほんブログ村


現役男子部さん。勧誡おめでとうございます!

当ブログのコメンテーターのお一人の現役男子部さんから

>ひとつご報告がありまして、だいぶ前になりますが、正宗のお寺で勧誡を受けさせていただくことができ、内得信仰する身となりました。

とのコメントをいただきました。
正直言って現役男子部さんが勧誡を受けるとは少し驚きましたが、
とても喜ばしい報告いただき、心が軽やかになりました。
まずは「おめでとうごさいます」と心から述べさせていただきます。

創価から正宗に移ると、
あまり変わらないんじゃないか。という意見を言う方もいます。
まぁ確かに学会員から法華講員になっても
はた目からでは代り映えがしないように思えるでしょうが
これはもう180度違います。
地獄界から仏界にいくくらい天と地ほど差があります。
ご本仏を捨てた謗法団体から
志ひとつでご本仏にお会いできる状況になるわけですから。

私は、こんなことを言っては法華講員さんには悪いですが
法華講員が増えるとか、日蓮正宗の勢力が拡大するとか
そんな事にはさほど興味がありません。
本ブログでも積極的に正宗に勧誘するようなことは
今までもなかったと思うしこれからもありません。
ただ、ただ、日蓮大聖人の仏法を伝えたい。
そしてこの仏法の凄さや素晴らしさを分かってもらいたい。
それを捻じ曲げる創価は破折する。それだけです。
その上で、今は日蓮正宗に入信しないと大御本尊にお目通りできないので
その希望があれば正宗に入信すればいいと思うし
大御本尊にお目通りしなければ絶対にダメとも思いません。

それにしても、まさかの現役男子部が勧誡をお受けになるとは。
いずれ。大石寺でお会いできそうですね。
その時にはよろしくお願いします。

本当におめでとうございます。


にほんブログ村

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
5位
アクセスランキングを見る>>