あべひ君の反論記事を3度嗤う

創価のスマホ本尊がよほど気になったのか
あべひ君が反論記事を書いているといことなので彼のブログを読んでみた。
まぁ、相変わらず「反論のテイ」をなしていない記事だった(笑)
あべひ君は過去の俺の書いた記事で
「会館」の件と「墓苑」の件で反論記事を書いているが
「会館」の時は建築確認のはなしで
「墓苑」の時は所有権のはなしで反論しているが
その時に指摘したが、全く俺の記事の趣旨とは違う所で反論をしている。
彼が俺の記事に絡んでくる時のロジックはいつも同じで
コチラが仏法の話をしているのに彼は世法の話で返してくる。
(しかも「会館」と「墓苑」についての反論は素人がネットで調べて書きました系の内容)
つまり、彼は「論点を逸らす」といういう創価脳全開の反論しかできないわけだ(笑)
のんかつ氏・ラン氏ほど、あべひ君は「マヌケ」ではないと俺は思っているので
彼は「わざと論点」を逸らして「本題」から引き離そうとしていると想像している。
その理由は、このブログの読者の学会員さんを誤魔化そうとしている。ということと
あべひ君に俺のブログ記事を破折するほどの教学力がない。ということだろう。
事実、あべひ君のブログには恐ろしいほど大聖人仏法の話は書いていない。
(まぁ創価ブログはほとんど変わらないが)
それは「書かない」のではなく「書けない」ないのだろう。
なぜ書けないかというと「怖い」からなんだと想像する。
だから、「論点ずらし」の反論を遠くからする以外にないのだろうね。
(あ、でも面倒だからここにコメントしなくていいですよ)
でも、こうして今回の記事に反論するという事は
彼の中で「これはヤバイ」という思いがあるからんだろうね(笑)
「会館」の時も「墓苑」の時も、彼は反論しておかなくてヤバイと感じたんのだろう。
それはつまり、その記事が「正論」だったから他ならないとうことだと受け止めよう(笑)

さて、今回の反論もいつもの如く子供ダマシもいいところ。
まぁ、「あべひワールド全開」だ。
彼の反論はこうだ。

▼日顕宗では創価学会の本尊はニセであると主張するとともにニセ本尊を受持するだけで「不幸になる」と喧伝している。
この指導が真実なら学会員に見せる為にスマホにダウンロードし肌身離さず持ち歩いている退転某氏法華講員は「不幸に」なるに違いないはずだ。だが、そんなことを知ってか知らずかコメントを寄せる法華講員さんは誰も「不幸になる」などと指摘することはない。

要約すると、正宗でニセ本尊と言っている創価の本尊をアプリに入れて受持するのは正宗の指導と違っているから自語相違である。といった所だ。
全く大笑いである。
ここまで仏法に無知だと気持ちいい。
まず、彼はスマホの画像が本尊として成立していると思っているようだ。
いいか。正宗の御本尊だろうと大御本尊だろうと創価の掛け軸だろうと
スマホの画像はそもそも「本尊」ではない。
「本尊」を撮影した「画像」を「本尊」だと言っている時点でまずダメでsる。
つまり今回のアプリ本尊は「ニセ本尊」にすらならない
ただの「創価の掛け軸の画像」なのである。
つまり、創価の現在の教義に照らしてもアプリ本尊は「本尊」ではないのである。
これを「本尊」と認定するには会長さんの裁決が必要になる。

それと、もう一点彼は「受持」というのを
「持ちあること」だと思っている(大笑)
ならば学会員はいつも「本尊」を持ち歩いているのかね?
大聖人仏法における受持とは、「信力・行力」である。
つまりこのアプリ本尊を信じない限り「受持した」ことにはならないのである。
持ち歩いているだけで受持になるというならば文証を出したまえ。
それにこのアプリは無料だから、謗法への布施にもあたらない。

まぁ、もっとも彼は「それを分かっていて」書いているのだろうと思う。
何故なら、初心の学会員さんは創価から仏法を学んでいないので
本尊の画像も本尊だ。と言われれば「そうかな」って思っちゃうし
持ち歩くのが「受持」だと言われれば「そうだよね」って思うだろう。
そのような学会員さんを誑かす為に
彼は「世法」にことよせるわけだ。
本来の本題である「仏法」を語ると創価が間違っていることを
初心の学会員さんが知ってしまうことが怖いのだろう。
(それと自身の無知がバレるのもイヤなんだろう)

なぜ、このアプリが謗法なのかと言えば
創価自身が「本門の本尊」と呼んでいるモノを誰でも見ることができる状態に放置していることである。
無料アプリにさらすということは、「誰でもご自由にお持ちください」という事だ。
俺は創価掛け軸なんてそんな扱いでも十分だと思っているが
この本尊を信仰している学会員さんは「それでいい」のですか?という話だ。
そもそも、自分たちの本尊の問題に反論するのに
何故、正宗の話なのか?訳が分からない。
そういえば、あべひ君の記事で、創価森の菊川氏が
招集を「日顕宗」と呼んで批判していることを批判している記事があったが
そういう自分がいまだに「日顕宗」と書いているのだから笑える。
創価脳は創価脳同士でやりあっているのがお似合いなのである。
各自のブログで思う存分「創価思考」「創価発言」を連発していればいいのである(笑)
今回の件で久々に創価ブログを読んでみて
つくづく「創価の評判」を下げている人ばかりだなぁ、と実感した。
実にいい事だ。
法華講やアンチが、創価本尊風掛け軸なんぞ「受持」するわけなかろう(笑)
だから俺の心配なんぞする必要はない。
俺の心配をしているヒマがあったら学会員さんの心配をしたまえ。あべひ君よ。
おそらく、俺のブログの記事よりも、今君がコメント書いている自称学会員のブログの方が
創価の評判を下げていると思うがどうだろう?
キミも当初はそのブログの管理人を絶賛してたが、いまではスッカリ手のひら返しだな(笑)
まぁあの管理人ならば教学も何もいらないから頑張ってくれたまえ。
今回も笑わせてくれてありがとうな。
これで嗤ったのは3回目だ。
これからも定期的にネタを披露してくれたまえ。

しかしアレな。キミが反論記事を書くと却って拡散してしまうのでないか?
まぁ、いいか。


にほんブログ村



創価スマホ本尊が登場したよ。

ネットで「創価のスマホ本尊」の噂をしり調べてみた。
すると・・・本当にあった。
携帯本尊ならぬスマホ本尊が・・・
まずはこれをご覧くださいな↓


IMG_3521 (1)



紛れもない「創価本尊」です。(中央の題目は私が消しました)
「鈴」ボタンを押すとご丁寧に音がなります。
昔、当ブログに「本尊をスマホに写したものは本尊になるか?」
というコメントをくれた人がいました。
もちろん、そんなもの本尊になり得ないし
そもそも御本尊を撮影すること自体が謗法です。
さすがの創価もそんなことしないだろうとタカをくくっていたのだが・・
このアプリが創価が作ったアプリかどうかはわからないが
創価の「八葉蓮華」のマークのアイコンに
創価の本尊となれば、これはもう立派な創価の仕業ですな。
確かに、創価本尊は単なる「コピー」ですから
なにをやってもどうでもいいとえばどうでもいいが
彼らはこの本尊風掛け軸を「本門の本尊」といっているわけです。
彼等が「本尊」と認定しているモノが
こうしてアプリでしかも無料でインストールできる状態になっていて
それを放置しているのだから、もう言い逃れできませんね。

大聖人様のご本尊とは

◆子にあらずんばゆづる事なかれ信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ(阿仏房御書)

と言われているように滅多矢鱈に人にみえせるものではありません。
自宅の仏壇の扉も信心をしてない人に見られないように閉めておくものです。
それを、誰でも無料で見ることができるような状態に置いておくとは・・・
呆れを通り越して激しい怒りを感じるわけです。
さすがの顕正会でもこんなことはしないでしょう。
いや、他宗に置いても本尊や御神体を
こんな「ぞんざい」に扱う団体はあるだろうか?
「ご本尊根本」が聞いて呆れる。
創価本尊風掛け軸とはいえ、元をたどれば
日寛上人が戒壇大御本尊を書写したご本尊であり
それは創価の本尊ではなく、正宗の本尊です。
それをこんなチンケなアプリにしてネットに晒すとは許すことができない。
やはり、創価学会という謗法団体には消えてもらうしかない。
こんな腐れ外道連中は一掃しないとダメだ。

バリ活のそこの学会員さんよ。
これを見て何か言うことはないのかね?
またバクレかね?

善良な学会員の皆さんは、
自分が大切にしている御本尊をこんな風に晒し者されてなんとも思わないのですか?
これでも創価学会は正しいのですか?
こでれも創価学会は日蓮仏法を信仰しているのですか?
本当に一日も早く創価から離れた方がいいです。
別に無理に法華講になることはありません。
まずは、この謗法創価から離れることが大切です。

追記・このアプリを入手するには
App Storeを起動して、「勤行」で検索してください。
インストールは無料です。
私は、学会員に見せるためにインストールしました。
そのうちに、3000円の有料アプリになるかも?
本尊アプリインストールすると本流1。
とうとうそんな時代になるのでしょうね。
おぞましい・・


にほんブログ村

励まし週間(笑)

創価では今月から「励まし週間」とやらをスタートさせたらしい。
なんでも会合を減らして会員さんのところへ「励まし」にいく活動のようだ。
「お前らに励まされるほど落ちぶれちゃいね~よ」って思う人も多いだろうが
創価活動家の自己マンのために
自宅で寛いでいるところにいきなり訪問される方はたまったもんじゃない。
早速、原田君などの最高幹部も一会員宅を訪問しているみたいで
その様子を聖教新聞でもとりあげているが
原田君を迎える会員さん側も準備万端待っていました感がアリアリで
「やらせかよ?」と笑わざるを得ない。

数日前の聖教新聞に

▼池田先生は、小説『新・人間革命』第27巻「激闘」の章につづってくださっています。 「私が多くの幹部を見てきて感じることは、個人指導を徹底してやり抜いてきた方は、退転していないということなんです。 個人指導は、地味で目立たない永続的な忍耐の労作業であり、それを実践していくなかで、本当の信心の深化が図れるからです。さらに、個人指導を重ねていくなかで、自分自身を見つめ、指導することができるようになるんです。だから退転しないんです」と。 「リーダー自身の成長」という観点からも、個人指導の実践が重要だということです。

との原田君の話が掲載されている。

そもそも俺はこの「個人指導」という言葉が大嫌いである。
以前も書いたと思うが、俺は自分自身もまた他の活動家にも
「個人指導」「家庭指導」という言葉を使うことを禁止した。
「指導」なんていう言葉を使うから、
馬鹿な幹部・活動家が調子に乗って「指導」をしようと躍起になるわけだ。
そして「指導」をしていれば自分が信心をしている感覚になるんだな。
向こうから「指導してください」と言ってくるならともかく
勝手に自宅に訪問して「指導」なんて、君達は何様なのだ?
なので、俺の部では「家庭訪問」と言うことを義務付けた。
さてその家庭訪問だが、これは会員さんを回る役職を持った人なら皆体験してるだろうが
自宅を掃除してお茶菓子用意して待っていてくれる会員さんなどどこにもいない。
男子部・壮年部の場合は平日はほぼ在宅していない。
俺が地区リーダーになった地区では統監14名で活動家ゼロ
家庭訪問は夜9時くらいまでが常識的に限界だ。
(それでも未活・未入会のご家族にとっては非常識だが)
すると会えるのは良くて3人。下手するとだれとも会えない。
お茶菓子どころかドアも開けてもらえない家もある。
だから俺は毎回ひとりひとりに手紙を書いて置いてきた。
必ずそれぞれのメンバーに違う御書の一節を引用した手紙を書く。
1年3ヶ月の地区リーダー時代で1000通以上の手紙を書いた。
それを持って雨の日も暑い日も寒い夜もひたすら地区を回る。
俺の担当地区は団地メインだったからそれはそれは足腰が鍛えられる。
それでも、なかなか会合にも来てくれない。
これが現実なのである。
そんことも分からない幹部は、時々思いつきで「一緒にまわらせろ」と言ってやって来ては
つまらない「指導」とやらをかまして部員さんを怒らせたりする。
「もうほかの人を連れてくないでください」と何度言われたことやら
今思い出しても腹が立つ。
そんな経験をしている人からすれば
原田君の家庭訪問は活動家の家にお茶を飲みにいっただけ。
これこそ正真正銘の「茶番」である。

上記の「人間革命」の大作センセの言葉を読んで
「なるほどだから大作センセをはじめとする今の創価が大聖人仏法から退転したんだな」と思った。
彼らがやってきたことは、名も無き一会員が懸命に折伏し起こしてきた会員さんに「指導」しただけ。自分が折伏したり会員さんまわりをしたわけじゃない。
「2月闘争」なんていってるけど大作センセが率先して何十世帯も折伏した事実はない。
結果が出したのは会員である。大作センセはそれを自分の手柄にしただけだ。

こんな大作センセが師匠なのだからいまの創価活動家は「こんなの」ばかりなのである。
活動家相手に指導するだけで自分が戦っていると思っている。
活動家相手の指導を皆が聴いてくれるからなんだかいけそうな気になっている。
でも、実際は教学もなく人としての魅力に乏しい。
活動家以外の人とはまともな会話すらできないってのが多い。
故に、折伏なんぞ出来るわけないし活動家を増やすこともできない。
結局人のふんどしで相撲を取る以外に存在感を示せないわけだ。
さらにひどいのはネットで同じ創価会員に対して、
「日顕宗」と呼んだり「創価をやめろ」といったり
未活動の会員を「退転者」と呼んだりする自称学会員。
彼らがそのように言っている会員さんにも
その会員さんのために一生懸命尽くしている人がいる。
何もしていない連中が見ず知らずの会員のことを平気で侮辱できるのは
自分が苦労して折伏したり家庭訪問をしたりしたことがないからだ。
そんな連中の「我こそは創価学会」という言動に触れると
「ああ創価もオワタ」と思うわけだ。
まぁ、どちらにしても上から下までこんな連中ばかりの組織なのだから
今後の発展は望めないだろう。
せいぜい活動同士が「励まし」という傷の舐め合いをするのが関の山か。
くれぐれも「そういこと」に関係も興味もない会員さんに
迷惑がかからないようにしてもらいものだ。

最後に、俺の地区リーダー時代の一番の想い出話をすると
地区リーダーとして最初の地区座には男子部は俺ひとりだった地区だが
地区リーダーとして最後の地区座には統監14名のうち11人が座談会に参加してくれた。
そのときは本当に嬉しかったよ。
その時のメンバーとはいまも付き合いがある人がいる。
俺が退会して正宗に移っても今まで通りつきあっている。
そんな人達にはなんとしても大御本尊の元に戻って欲しいと思う。
20年以上前に俺が創価活動家にしてしまった人に
またあの時のように少しずつ粘り強く
今の創価の謗法を伝えていきたい。
それが俺の「励まし週間」だ。


にほんブログ村

創価ブログ村の2大メンヘラ村民。

ひごちゃんさんがコメントくれたので
久しぶりに創価の森ブログをのぞいてきた。
ひごちゃんさんが教えてくれたように
相変わらずの酷い内容である。
人間革命を文証として「日顕宗」とやらを罵倒しているのだが
この人って少し前の記事では

【批判ばかりの人では人を幸せになんかできないんです。
その証拠に、批判ばかりで本尊流布できませんね。
批判で物事が成就するなんてことはなのですから。
そんなレベルの低い人も存在していい。
いいけれど、幸せの大きさは天地雲泥です。】

などと、シラーっと書いている。
日蓮正宗を「日顕宗」などと散々言っておいて
批判するのはレベルの低い人間で幸せになれない。なんてほざいている。
これが還暦が近い大の大人のブログなのか?
その品性とか人格とかを疑いたくなる。

創価ブログ村の創価村民でまともなブログを書く人は少ないけど
この創価森の菊川氏とのんかつ氏の二人は別格だと感じる。
このお二方がメンヘラ村民の代表格だろう。
共通しているのが、人間革命だのフェイクだのといった
自分達側の資料だけで正宗の誹謗中傷をすること。
簡単に言うと「教学が皆無」
もっと簡単いうと「頭が悪すぎる」
ラン氏や白ユリ氏も教学はサッパリだが
この二人と比べればまだマシ。
全然わかっちゃいないけど、
なんとかそれなりに努力しているのが分かる。
無駄な努力なんだけどしないよりはマトモだよ。
しかし、この二人のおっさんには全くそれを感じない。
のんかつ氏は多分まともに御書を読んだことないのだろうけど
(御書を持っているかどうかも疑わしい)
菊川氏は「ひらがな御書」なんて余計なモノを作っている割には
いつも低レベルな宗門への誹謗中傷の記事ばかり。
まぁ「人間革命」を「文証」なんて言っている時点で
すでに病んでいるとか思えないが。
お二方とも、いい歳してそこまで自分のバカさ加減を
全世界に発信しなくてもいいのにって思うのだが
そこがメンヘラのメンヘラたる所以なんだろね。
それとも、なんだろう。自己愛性パーソナリティ障害なのか?
今の創価にはこのような精神的に病んでいる会員が多いが
ここまでだと創価に入ると病んでしまう。
というような話もまんざら嘘じゃないって思えるよ。
これが創価民の成れの果てだと思うと
なんだか「哀れ」に見えてくる。

日蓮正宗を批判・破折するのは
彼らなりの「信念」であり「正義」なのだから否定はしない。
でも、やるならもっと「本気」でやって欲しい。
小学生並みの罵詈雑言を書き並べるだけで
破折だ広宣流布だなんて思い違いしないで欲しいね。
俺はそういう奴一番嫌いなんだ。
闘う気概もないくせに、陰でグチグチってやつね。
みっともないたらありゃしない。
だから婦人部に舐められ、青年部から嫌われるんだよ。
黄金柱?の壮年部ならば
婦人部・女子部・男子部みたいに、
感情論でギャーギャー騒ぐのではなく
しっかりとした論陣を張って
創価の正義とやらを主張してみなさいよ。
ねぇ?菊川さん。

追伸:このような記事を書くと「オマエも悪口かいてるだろ」
と言ったり思ったりする学会さんが必ずいると思いますが
これは「わざと」創価脳さんと同じロジックで書いていますので。あしからず。


にほんブログ村

創価の恐怖統治の始まりの予感

昨年末にネット上にある学会員さんが創価からの「査問通知書」をUPした。
既に知っている人も多いと思うが
通知書の内容を簡単にいうと
ネットで現創価執行部への批判を繰り返したので「除名」にします。
ついては1月16日に出頭するか抗弁書を提出せよ。
さもなくば自動的に除名とする。という内容だったと思う。
なんでしょうね。この威圧的で一方的な通知。
まず1月16日は火曜日でしょ。
平日の日中に普通の会社員が出頭するには会社を休まなければいけません。
「会社を休ませて」まですることじゃぁない。
自分たちが土日を休みたいのかなんだか知らないが
こんな日時を指定する時点で、
いかに創価が社会倫理に反する非常識な団体であるかがわかる。
調書をとるだの出頭しろだのという言葉選びの全くなっていない。
まぁこの通知を受け取った方も「除名上等」でしょうから
なんとも思ってはいなだろうし
創価を除名になったところでなんの影響もないだろうけど
それにしても気持ちが悪い。

以前このブログで書いたけど
宗門の坊主に虐められたとかなんとか言う奴いるけど
結局、何も変わらない。
会員に威張って会員を虐める相手が創価に変わっただけ。
宗門の重しがなくなった今は、正宗創価時代よりも酷い。
この「査問通知書」と、宗門から創価に届いた「お尋ね文書」と一体何が違うのか?
一会員を「除名」するのと、大作センセを「罷免」するのと何が違うのか?
執行部を批判すれば除名。
組織としては別に間違ったことをいっちゃいないが
だったらいつまでも宗門は創価を一方的に破門した。などとほざくんじゃない。
破門前にどれほど大作センセと創価幹部・活動家が宗門を批判してきたことか
ネットで原田を批判するどころの話じゃないだろう。
「破門」されて当然なのである。
これこそ創価のC作戦だろう。
こんな組織を「麗しい」だの「素晴らしい」だの言ってる人の頭の中を覗いてみたいものだ。

俺の予想では今後は「査問委員会」というのは
少なくても分県単位・・いやひょっとしたら圏単位で結成されるのでないか?
そしてネットでもリアルでも執行部どころか
そこらの幹部を批判しただけで「査問」を受け
「除名」される会員が増えていくだろう。
勿論、「幹部」にチクる会員も当然現れる。
非国民ならぬ非会員狩りが始まるのだろうね。
いやはや、戦時中の日本か連合赤軍か
はたまた北朝鮮か
どちらにしても恐怖統治が始まる予感がぷんぷん臭う。
もっとも最早そうしないとガバナンスがきかない組織なんだろうね。
これが、創価活動家の言うところの「現証」といものだ。
悪いのは原田執行部だ。という思いの人もいるだろうが
今の組織を作ったのは紛れもなく大作センセだ。
ご本人も「私が創価学会を作った」と言ってるのだから間違いない。
永遠の指導者が聞いて呆れる。
所詮、大聖人から離れてしまえばこうなる。といういい見本である。

◆過去現在の末法の法華経の行者を軽賎する王臣万民始めは事なきやうにて終にほろびざるは候はず(聖人御難事)

とはいえ、そうなると創価の組織から離れるのも簡単になるね。
患部の悪口言ったり、反抗的な態度をとって
その後、査問の出頭に応じなければ自動除名。
退会の手続きが簡素化されてやめやすい(笑)
ここから先は、創価に時間と金と票を黙って差し出す
創価奴隷だけが残る算段だね。
まぁ~今もほぼ「創価奴隷」だけしかいないけど。


にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017.10.26~
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
5位
アクセスランキングを見る>>