FC2ブログ

過去の栄光でマウント。

「俺は昔こんなに凄かった」って過去の栄光の自慢話でマウント取ってる人いますよね~。先日も飲み屋ので「俺は昔、こんなに売上をあげた。俺の力で会社を大きくした」と部下らしき子に自慢している中小企業のサラリーマン風のオジサンに遭遇しました。こういう人は嫌われるんだろうなぁって内心思いつつ過去の栄光でマウントを取ろうとしているその姿に憐みすら感じましたね。創価民もこのオジサンと同じですね。「創価学会が日蓮正宗を大きくしてやった」という連中が本当に多い。でも現状をみると創価学会のお陰で日蓮正宗は大きくなんかなってませんよ。確かに一時はそういう時期もありましたが破門された時にほとんどの学会員は日蓮正宗から離れたのです。だから実際には創価のお陰で増えた正宗信徒なんて微々たるもので創価は言うほど正宗に貢献なんてしていません。その後私のように創価から正宗に移籍する人も増え正宗信徒は増加してるけどそれは創価が増やしたわけではなく正宗の僧俗が折伏してるのであって創価は無関係なわけです。そもそも今の段階で「創価学会のお陰で正宗は~」なんて言っている創価民の連中はマウント取るほど日蓮正宗創価学会時代に正宗に貢献なんてしてないでしょう。一時期正宗に貢献した学会員は全員「日蓮正宗信徒の創価学会員」なのだから「日蓮正宗の信徒として当たり前」のことをしているだけでそんなことでマウントをとろうとする今の創価民の恥かしさは先日飲み屋で遭遇したオジサンに相通じるものがあります。いや、先日のオジサンは「自分か売上を上げた」という過去の実績がある分まだマシですね。いまの創価民は「他人(日蓮正宗の創価学会員)の過去の実績」で頼りに自分では何の実績もないのにマウントを取りに来るのだからもう人格障害とか思えないレベルです。またこのような創価民は創価が正宗に一番供養をしたといってマウントを取りにきますが、創価が正宗に供養していたのはせいぜい50年間だけの話です。対する法華講はどうでしょう。法華講は大聖人ご在世の頃から800年近くにわたり大聖人と富士門流にご供養し続けているのです。南条時光も四条金吾も富木常忍も阿仏房も全員法華講員です。それからずっと今日に至るまでの全ての法華講員とたったの50年間しか正宗に供養してこなかった創価学会と現在の貨幣価値に換算して「どちらが多く」供養したかは明らかで創価が正宗にしてきた供養など金額も期間も法華講の供養に遠く及ばない。それだけでなく創価民は供養を「してやった」法華講は供養を「させてもらった」。そのご供養の精神は金銭的・期間的なこと以上に創価は法華講に及ばないわけです。それが真実です。そんな状況に置かれながら「創価のお陰で云々」と法華講に対しマウントを取ろうとする創価民は本当に恥ずかしい。破門されて30年近く経過しているに過去の栄光にしがみついてみっともないですよね。それを言うなら、山崎正友や原島崇・福島源次郎などの各氏も創価や池田大作を守ってきたという輝かしい過去の実績があるわけです。それを仏敵呼ばわりしているのは当の創価民でしょ(笑)「してやったこと」はいつまでもネチネチいって「してもらったこと」はすぐに忘れるのが創価民なんですね~。だから嫌わるしバカにされるんですよ。過去に創価が日蓮正宗信徒でその時は一生懸命弘教し宗門を外護してきた事実は知ってますしその時の創価や池田大作は称えられべき功績を残したとは思いますが、今は正宗の信徒でもないし現在の法華講を増やしたわけでもない。今の創価は大聖人仏法を人々に捨閉閣抛をさせる謗法の邪教に過ぎない。結果を見れば創価・池田は謗法者を増やしただけで大聖人仏法に何一つ貢献などしていないわけです。そんな創価民が正宗の僧俗からマウントとろうなんて片腹痛いですなぁ。いつまで「一時だけ」頑張って大聖人仏法を信仰して頃を自慢しているんですかぁ?仏道修行を自慢するなんて仏教徒として恥かしくないんですか?


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

信仰は好き嫌いじゃない。

過日、創価時代からの付き合いのある後輩と話した。現在は消極的活動家(財務・新聞・選挙要員)という状態らしい。創価が大御本尊を捨てたことも良く分かっていなかったので(創価本部は大御本尊を捨てたことを会員に徹底していないよな)説明して創価を辞めるように勧めたが返ってきた返事が「自分は池田先生が大好きで大聖人より池田先生が好き」という言葉だった。ぶっちゃけ二の句が告げない位唖然とした。彼には男子部時代に教学の話をたくさんしてきたので彼なら分かっていると思っていたのだが「池田先生が大好きだから創価を辞めない」なんて言うとは想定外すぎた。でも冷静に考えてみれば彼のような2世・3世の創価民となると幼少期から親からそういう教育を受けてきたのだろう。幼少のころから池田センセと触れ合って可愛がられていたならいざ知らず、ほぼ会ったことのない人間を大好きになる感覚は俺のような創価と関係のない家庭で育った人間には理解できない。多分池田センセが好きっていうのはリアルじゃないんだろうな。彼の中の池田センセはアイドルと同じで「池田センセはうんこはしない」レベルの大好きなんだろうな。まぁ誰かを大好きになる気持ちは分かるし悪い事ではない。多分俺も例え自分の大好きな人が「犯罪者」になっても「好き」という気持ちは変わらないだろう。それが「好き」ということだからね。でも「好き」ということと「犯罪」とは別物なんだよな。いくら好きでもその人が犯した犯罪は正しいということにはならない。いやむしろ相手の事が本当に好きならば犯した罪を反省させ更生させるのが本当に愛情だと思うけどな。とはいえ池田センセを直接更生させることなどできないのだから彼に限らず池田センセの事が大好きなら尚更大御本尊の元に戻り自分自身が成仏し池田センセの事を祈って更生させるのが本物の弟子だと思うのだがどうだろうか?
◆自身仏にならずしては父母をだにもすくいがたしいわうや他人をや(盂蘭盆御書)
◆よき弟子をもつときんば師弟仏果にいたりあしき弟子をたくはひぬれば師弟地獄にをつといへり(華果成就御書)

そもそも、仏法というのは「好き嫌い」で選ぶものではない。あくまでも「正邪・高低・浅深」で選ぶものだろう。また「人」ではなく「法」なんだよ。彼には昔何度もそう言って聞かせたのだが「池田先生が大聖人より好き」だったらしい。全く残念な話だ。もっとも今の創価活動民はほとんどがこのタイプなんだろうと思う。創価が謗法だろうと正宗が正しかろうとそんなことは関係ない。だからいくら文理を尽くして創価の謗法を説明しても聞く耳をもたない。また理論的に正宗を批判しているような創価民もその根本は「好き嫌い」の域を出ないのだろう。池田センセと創価が大好きだからそれをイジメる日顕宗は許さない。っていうのレベルの話なんだろうと思う。こうなると最早、仏法でも何でもない「好き嫌い」の自分の感情論でしかない。そうなると文証も理証も通用しない。多くの創価民が文理を無視した功徳等の現証論に逃げ込むのはそういうことなんだろう。折角日蓮大聖人の仏法の存在を知ったのに自分の感情を優先させて謗法を重ねるとはつくづく不幸だ。創価や池田センセを嫌いになれというこではない。好き嫌いの感情を抜きにして仏法の正邪で判断し大御本尊を捨てることが「正か邪か」よくよく考えてみたらどうだろうか。それにしても「池田センセ大好き」後輩もなんとかしないといけないなぁ。次に会った時はガツンと折伏しようっと。「信心は好き嫌いじゃね~よ」ってね。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

「信じている」で全てをごまかすな。

奥さんがちょくちょく無断外出や無断外泊をしているある夫婦がいる。お金も何に使っているのか分からないらしい。旦那さんに「奥さんが勝手なことして気にならないのか?」と尋ねると旦那さんは「僕は妻のことを信じているから何も気にならない」と答た。そんな旦那さんの事を素晴らしいと思いますか?それを素晴らしいと思うのであればアナタは創価信仰をやることができる。私はこの旦那を素晴らしいとは全く思わない。これって「奥さんを信じている」訳ではなく「奥さんに興味がなく無関心」なだけだろう。創価の活動家の信心とはまさにこの旦那さんと同じ。「御本尊を信いているのか?」と聞けば創価活動家はほぼ全員が「信じている」という。でも実際は違う。彼らは御本尊を信じているのではなく御本尊に対して興味がなく無関心なだけなのだ。「信じている」と言えばなんとなく聞えもいいし素晴らしいように錯覚するが彼らの信じているは無関心の裏返しでしかない。御本尊に関心があれば自分達の拝んでいる御本尊に対して「もっと知りたい」と思うはずだ。ところが創価活動民は本当に御本尊を知らない。本ブログでも多くの創価民に本尊義を問うたが誰一人としてまともに答えれた創価民はいない。また本尊義らしいことを言っている創価民もいるがツッコミどころが満載でおそらく少し突っ込めばたちまち言葉に詰まるであろう自論ばかりだ。件の旦那さんがもしも妻に関心を持っていたなら何故彼は妻を放置するのか?それは本当の事を知って万一妻が浮気していたら今の生活が壊れてしまうと怯えているから妻の自由奔放な生活を放置しているのである。だたそれは無関心なのと同じことだ。いまの創価活動家はこの旦那さんだ。「信じている」の一言で自分を安心させなんとなく分かったつもりなって本気で本尊を知ろうとしない。これならば信じるよりも疑う方が数段御本尊のことが理解出るだろう。無関心は猜疑心よりも自分にとっても相手にとってもヒドイ態度だと思う。猜疑心であろうと信仰心であろうと本尊や教義を「知りたい」と関心をもつことが大切であり無関心は信仰心から最も遠い心だと思う。その信仰心が欠如しているのが創価活動家なのだから創価活動家は信仰者ではない。「これから勤行は方便自我偈の一座にします」「はいわかりました」「弘安二年の戒壇大御本尊は受持の対象にしません」「了解で~す」信仰者であれば普通は仏道修行(勤行)やましてや本尊が変わってしまったら何故なのか自分で徹底的に考えるだろう。しかしそれらに無関心な似非信仰者の創価民は何も考えず言われた通りにするだけである。言われた通りにするだけだから法華講員などに指摘や破折をされてもまとまな返答をすることができない。仏法の化法・化義には全て意味があるんだよ。念珠ひとつ合掌ひとつ、樒・線香・ろうそく・水にだって意味がある。それなのに彼らはそれらに対し全く興味を示さず知ろうともしない。これを無関心と言わずに何だというのか?ただ彼らは創価本部に言われた活動をしているだけでそれを信仰だと思い込んでいる。自分で考えているなど単なるいいわけであり詭弁にすぎない。大聖人の仏法に全く興味がないのが創価活動家という人種だ。彼らが読むのは御書ではなく人間革命。彼らが逢いたいのは大聖人(大御本尊)ではなく池田センセ。彼らが興味をもつのは大聖人仏法ではなく公明党候補の当落。だから今の活動家は大聖人の仏法のことなど何も知らない。そのくせ大聖人直結だの御書根本だのご本尊根本だのと宣う。バカも休み休み言ってくれないと聞いてるコッチが疲れる。創価活動家諸君よ。「信じている」などという言葉で自分と他人を欺かないでもっと関心を持ってちゃんと大聖人の仏法と向き合いなさいよ。それが信仰者というものだよ。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

非学匠で暗証の者。それが創価民。

非学匠は理につまらずと云つて他人の道理をも自身の道理をも聞き知らざる間暗証の者とは云うなり

「経典」を学ばない禅宗を「非学匠」といい「暗証」(仏法に暗い者)と「諸宗問答抄」中で禅宗を破折した御文である。仏法を学んでいない非学匠の暗証の人達は他人の言っている道理も理解できずに自分の言っていることが道理に合っていなくてもそれすら理解できない。だから「理論」に詰まることがないと意味だ。禅宗に限らず無宗教の人達などもこの部類だろう。無宗教ゆえにその理屈は個人の理屈であり個人の哲学なので誰からも論破されることはない。「信仰をしている人は弱い人間」「信仰なんて必要ない」等々、アンチ宗教の人達は宗教に対して色々と意見を言うがそれは個人的な意見であってそれが正しいかどうかの論証も何もないし論証する必要もない。また反論をされたところでいくらでもなんとでも言い返すことは可能だ。個人的な意見の正邪など本人以外の誰もジャッジすることではできないからだ。敢えて正邪の基準を言うとしたら多数決ということだろうが多数決が正しいということにはならない。もっとも無宗教の人達は宗教を学ぶ必要もないのだから「非学匠」であっても何の問題もないしそれを批判するつもりは無い。しかし創価民は無宗教者ではない。自称「仏法者」である。それにも関わらず彼らは「非学匠の暗証者」として仏法もどきを騙り正宗を誹謗するのである。これは大聖人仏法の信仰者としては看過できない。本来、仏法者が他宗を破折するのであれば大聖人がそうであったように仏法によらなければいけない。その為には自宗を学び他宗を学ぶのが「学匠」という者である。では「宗」とは何かと言えば先日も書いたように仏教における根本(宗)とは本尊に他ならない。本尊義を学ぶのが学匠。すなわち学匠とは信仰者と同意なのである。だからまず「本尊義」を争うことが法論の基本であり破折の根本だ。ところが最近の創価民は「本尊義」をまるで口にしないのである。ただ単に戒壇大御本尊と自余の本尊は同じというだけでその説明は一切できなない。創価の本尊は全て戒壇大御本尊を日蓮正宗の歴代法主が書写したモノを使用している。大御本尊と血脈相承を否定し日蓮正宗を誹謗しているのにも関わらずだ。彼らの言い分はせいぜい「大石寺は謗法の地になった」とか「時代が変われば教義も変わる」といったロジックで無宗教者と何も変わらない仏法を基準としない個人的・創価的見解である。「宗」(本尊)の教えが時代と共に変化してしまうのであればそれは宗教でないのである。「宗」の解釈が変わるということは創価には永遠普遍の本尊なんて「無い」ということの証明でもある。時代が変われば変わってしまう創価本尊では永遠の幸福はないということであり「ニセ本尊」と言われても仕方がないだろう。このように創価には宗である根本の本尊がない。よって仏法者として学ぶべきモノがないから創価民は全員「非学匠の暗証者」なのである。いくら御書を読んだ所で「学匠」にはなれない。だから彼らは、相手の言っていることも理解できないし自分達の自語相違や詭弁にも気づかない。ただ、個人的見解を叫び屁理屈を並べ取りあえず何か言い返し論に詰まらなければ「勝った」「正しい」と思っている似非仏法者なのである。「後出しジャンケン」は負けないが「正しくはない」のである。仏を師とせず法を師とせず正しき本尊を持たず自分勝手な修行をし自分を仏と等しいと勘違いしている禅宗修行者と全く同じである。そういえば創価民の屁理屈は禅問答とよく似ている。屁理屈に御書の切文をくっつけて「いかにも」な感じで繕っている創価民がいるが所詮は「非学匠の暗証者」である。法論から逃げ回り創価村のなかで村民同士で正宗の悪口を言うのが関の山である。「仏教なんて知らん。日蓮なんて知らん。」という分だけ無宗教の人達のほうが「知ったかぶり」してウソを騙る創価民よりよほど人間として格上である。まぁ創価民の永遠の師匠からして
「「勝つか負けるかなんだ。(中略)やられたらやりかえせ。世間などなんだ。私は恐れなど微塵もない。勇者は私だ。(中略)反逆者には、『この野郎!』『馬鹿野郎!』でいいんだ」
なんて指導しているレベルの人間だからその弟子達のレベルも推して知るべしではあるが。しかし「この野郎・馬鹿野郎でいい」と御書のどこに書いてあるのかね(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


御開扉はキミらには無関係だよ。

ご存知の通り大石寺の奉安殿で戒壇大御本尊様にお目通りするすることを内拝といい通称御開扉というが、顕正会がこの御開扉を宗門の金儲けの手段だと訳の分からない誹謗をして久しいが最近では顕正会と同じように御開扉料をとって宗門が金儲けしているという創価民も見かけるようになった。大聖人の仏法と全く無関係なくせに大聖人仏法を騙り会員から金銭を巻き上げているような顕正や創価が何を言ってやがる。顕正・創価なんて金儲けの商売どころか「大聖人詐欺」じゃね~か。御開扉料ってのは信徒の赤誠のご供養であってそれを「金儲け」と思うのが顕正や創価の信仰者とは言い難い発想の貧しさであり人間性の欠如だろう。さてその顕正と創価だが正宗の御開扉に同じようにイチャモンつけれくるのだが両者の言い分は180度違うから面白い。顕正は「戒壇大御本尊を見せてはいけない」というが創価民は「金をとるのがいけない」という。要は創価民は「タダ(無料)で御開扉しろ」と言うわけだ。聖教新聞などという自分達の会報を月2000円出して複数部購読しているヤツ等がよくそう言う事言うなぁって思う。それはさて置き「創価本部はタダ(無料)で本部の本尊を拝せるのに宗門は大御本尊を拝するのに金をとるなんておかしい」と宣う創価民。おかしいのはオマエ達の信心の方だ。戒壇大御本尊を自余の本尊と同じと思っている創価民は知らないかも知れないから教えてやるが、戒壇大御本尊は広宣流布の時までは厳重にお守り秘蔵するものであって一般公開する御本尊ではない。しかしながら「一心欲見仏」の篤信の信徒の願いに応じて法主上人が特別に内拝させてくださるのが「御開扉」というものだ。従って「御開扉料がもったいない」などという信徒はいないのである。むしろ御開扉料とは別にご供養もさせてもらっているくらいだ。こういうと戒壇大御本尊は仏なのに何故公開しないのかとか例のよって一閻浮提総与の大御本尊は宗門の独占物じゃない。とかグタグタいうが、そもそもが戒壇大御本尊は大聖人から日興上人へとお譲りされた本尊であって最初から日蓮正宗が所有している御本尊だ。間違っても創価のごとき謗法者が所有していい本尊ではないのだ。だからこそ上人書写のご本尊があるんだよ。戒壇大御本尊は広宣流布の暁まで秘蔵するがそれまでの間の信心強盛な信徒の為に歴代上人が戒壇大御本尊の分身散体として書写して下付してくれているのである。その御本尊だって有信の者にしか見せないのが基本だろ。それとも創価本部の本尊は誰に対しても無料公開しているのか?もしそうならそれこそ謗法である。何はともあれ上人から破門され大御本尊を捨てた創価にとって御開扉は無関係だ。キミ達がいくらお金を積んだところで戒壇大御本尊を目にすることはできない。それはそれは、さぞや悔しいだろうがだからと言って悔し紛れにいちいち御開扉についてケチつけて登山なんて不要だと我見と妄想を抱いていればいいだろう。

「未だ時至らざる故に直ちに事の戒壇之れ無しと雖も、既に本門の戒壇の御本尊存する上は其の住処は即戒壇なり。其の本尊に打ち向ひ戒壇の地に住して南無妙法蓮華経と唱ふる則は本門の題目なり。志有らん人は登山して拝したまへ」(日寛上人/寿量品 談義)

創価本尊の元のご本尊を書写した日寛上人のこの御指南を否定する創価民。な?オカシイのは御開扉をしている宗門ではなく、創価民の信心だろ(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>