今週の言葉(9月28日)

 「一対一」の語らいこそ
 広布の推進力なり。
 励ましの個人指導に
 友情と仏縁の拡大に
 時間をつくり挑戦だ!
@@@@@@@@@@@

出ましたね、「個人指導」(笑)
少し前にも書いたが、なんとかなりせんか
この「指導」って言葉。
まぁ、まともに指導などできない活動家・幹部の
自尊心をくすぐる言葉なんだろが
「指導」なんて言葉を使うと
自分が立派な信心の指導者だと
勘違いするのが出てくるので迷惑だ。
幹部が威勢良く「指導」できるのは
同じ活動家の自分より役職が下の会員限定。
未活動家宅に訪問して話す内容は
「最近仕事道ですか?」
「勤行とかしてますか?」
「今度よかったら会合に来ませんか?」
こんな感じの、世間話程度の会話だけ。
勤行とか会合とか言ってるから指導ってか?
前回も書いたが、アポもなく突然学会員が来て
大した用事もなく世間話に付き合わされて未活会員は迷惑だちゅ~の。

「一対一」で、励ましたり信心の指導ができるくらい
会員さんと親密ならば
とっくにその会員さんは未活から活動家になってるじゃん。
人間関係も築けていないのに
激励・指導なんておこがましいにも程がある。
もっとも、世間一般的なまともな人間関係を築けないから
学会活動に逃げ込んでいるのが大半の活動家だけどね。

選挙だ新聞だって口を開けば
そんの自分の都合だけを押し付ける
友情なんて拡大する訳きゃない。
そして、創価教は仏法と関係ないから
当然、仏縁なんてそこにはない。
ってか、創価及び活動家は自分から仏縁を切っちゃったんだろ?
まだ、それに気づかないとは一体今まで何を学んできたんだろうね。

最後に「時間をつくれ」ってんなら
会合は月一。
選挙支援や聖教新聞の啓蒙といった
仏法の以外の活動を中止する。
で、未活会員さんや未入会の知人と会って
普通に親交を深め親密になっていく
そうでもしなきゃ、友情なんて無理!
もっとも、バリ活さんは
最早、手遅れかもね(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる