わが友に贈る(5月28日)より

広布のために
人と「会い」「語る」。
そこに人間革命への
直道がある。
わは心の壁を破れ!
@@@@@@@@@

いや~、ダメでしょ?コレは。
「広布」=「創価」の為に
人と「会って」「語る」
そんな事やってるから嫌われるんでしょ?
普通、仕事以外で「人」に会いに行くのは
その人と、単純に「会いたい」と思うからでしょ?
何かの目的のために会いに行くのは仕事。
友人や恋人など
自分の好きな人に会いにいき、会話をするのは
何かの目的を果たすためじゃない。
それが、人を好きになると言う事で
人を好きになるから、相手からも好かれる
それが一般的かつ常識的な人間関係じゃないかね。

久々に訪ねてきた知り合い。
懐かしいなぁと思っていたら
いきなり、宗教。しかも創価の話。
いやいや宗教どころか選挙の話。
これって、聞いてる方はイヤだよ~
例えば、俺が創価の活動家さんに
連絡して久々に会ったとしよう。
そして、その時俺がその人に
「今度、アムウエイ始めたから鍋買ってくれない?」とか
「今度保険屋始めたから、保険に入ってくれないか?」とか言ってるようなもの。
もし、創価活動家さんはそう言われたらどう思うのだろう?
「わかったよ。買ってあげっるよ」って言うのか?
いや、ほぼ100パーいわないでしょう。
ほぼ100パー、嫌な気分になるはず。
そして、ほぼ100パー、「もうコイツと会うのはやめよう」と思い
さらに、ほぼ100パー、自分の友人に{あいつには気を付けた方がいいよ」って言うよね。
これが創価の嫌われスパイラル。
一体こんなことして何のメリットあるのかなぁ?

そしてさ、なんで、自分がされてイヤな事を、他人にするかなぁ?
ましてや、こんなこと新聞に書いて
他人(会員)にやらせようとするかなぁ?
そりゃ、本部職員やバリ活幹部は
人間関係のほとんどが創価で
外部の友人よりも、内部の同志。
いやいや、外部の家族よりも、内部の同志が大切なんだろうから
外部の人間に嫌われようと「屁」とも思わないだろうが
常識ある一般の学会員はそうじゃないんだよ。
学会員じゃない、友人を大切にしているんだよ。
それをね。人に会って、創価・公明の話しろって。
できね~し、したくね~よ。
大切な友人や恋人失ってまで
創価の言う「人間革命」なんてしたくないて~の。

人間関係を壊してまで、「人間革命」とやらをしたいなら自由だが
新聞にこう言う煽るような事書いちゃだめだ。
また、コレを読んだバリバカ幹部が
常識ある会員さんに、非常識な指導カマスだろうよ。
「人間革命」も「心の壁をを破る」のも止めないけど
自分一人でやりな。
常識ある会員さんや
常識ある一般人にイヤな思いさせるな。
他人にイヤな思いさせて
な~にが「人間革命」だ。
「人間革命」ってのはテロのことか?
まぁ言っておくが、人間革命ってのは成仏するのとは違うから勘違いしないように。
そして創価流で、自分の心の壁を破ろうとすると
自分と世間の壁は高くなる一方だ。
それでもやりたきゃ、他人に迷惑かけずに
お好きにどうぞ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる