ある男子部のお話

創価が宗門から破門される前の事。
とある20代の男子部が壮年部の幹部に
「折伏とはどうすればできるか?」と質問した。
その質問を受けた壮年部の幹部は
「自分自身を南無妙法蓮華経である。と決めきることだ」と答えた。
それが折伏であり、それ以上でもそれ以下でもない。と。
するとその男子部は
「それなら簡単です」と即座に答えた。
この会話を聞いてみなさんはどう思います?
俺は、この男子部は
よほどの無知(無恥)か
かなり傲慢なヤツかと思った。
いや、無知ゆえの傲慢。傲慢ゆえの無恥。とでもいうべきか。
そもそもこの男子部の信心歴は10年もなく
信心も人生もその体験は極めて少ない。
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」
壮年部幹部のこの言葉の重みが本当に分かっていたのだろうか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決めきる」事。
これは折伏のみならず信心そのものの極意であり目的と言ってもいい。
生涯この信心を貫いたとしても果たしてその境涯になれるかわからない。
おれも未だに「自分自身を南無妙法蓮華経である」と
心の底から思えて言えるかと聞かれれば全く自信がない。
もしそう言えるとしたら
自分自身が生涯、大御本尊を信じぬき祈り抜いた時だろう。
生きているうちは無理だと思う。
それを、ハタチそこそこの
信心も人生も未熟な男子部員が
「簡単です」というのだから恐れ入る。
こんなことを平気で言えるのは
よほどのバカか傲慢チキかゴマすりか
いづれにしても、ロクな人間ではないな。と感じた。
もし俺が幹部でこんな男子部員がいたら
その傲慢さを注意するとともに
コイツには信心を続けていいくの無理かも?って思う。
まぁ、その時の壮年部の幹部は
その男子部の答えは聞かなかったことにしたのか
話を続けていたが・・・

果たしてこの時の男子部員のその後はどうなったか?
「自分自身を南無妙法蓮華経と決め切った」ようで
いつのまには「自分自身がご本仏」と思い込んでしまった。
結果、大御本尊を捨てた。
それだけでなく、多くの会員にも大御本尊を捨てさせて
自分を広宣流布の指導者と言わせ
「先生」などと会員に呼ばれ我が世の春を謳歌していたが
どうやら、いまではボケ老人と化してというもっぱらの噂である。
そう、あの無知で傲慢な若者こそ
若き日の大作センセであり
その大作センセの質問に答えていた壮年部の幹部は
在りし日の戸田先生である。
戸田先生は自分の信心の究極である
「自身を南無妙法蓮華経であるときめきる」という指導に
「それなら簡単です」と答えた大作センセをどう思っていたのだろうか?
自分の究竟の悟りとも言える指導を
聞いただけ簡単に分かった。という若者を
「なんと頼もしい男だろう」と思ったのか
「なにもわかってないクソガキが簡単に分かったと言ってんじゃね~よ」と思ったのか
それは戸田先生のみぞ知るところだが
どちらにしても大作センセには戸
田先生の指導が理解できていなかった。
それだけは事実だと思う。

この話を聞いて
「さすがは池田センセは俺たちとは境涯が違う」
と思ったそこの創価カツドウカさん
ご愁傷様です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる