地位は人を作る

今村議員。復興大臣を速攻辞任でしたね。
辞任というより正しくは更迭なんでしょうが
そりゃそうです。
復興大臣とあろうものが
震災は東北でよかった。なんて言っちゃうんだから
辞任どころか議員辞職でも足りないくらい
失言というよりも暴言です。
私等夫婦も被災地に親類縁者が多くいて
そりゃ腹が立ってなりません。
しかしアレですね。
復興大臣のポストに就くのは
揃いも揃って無能ばかりで
政府は真剣に復興を考えてるんですね?
このポストこそ「人権」「平和」を標榜する
大衆の中に死んで行く蝙蝠等・・
もとい公明党の議員さんが適任なのでは?(笑)
とはいえ蝙蝠党は自民党よりも更に
無能しかいないイメージしかありません。
というのも、支持母体の創価の組織がそんな感じなので
当然蝙蝠党も似たようなものかと。

なにせ創価の組織の幹部と呼ばれている方々は
私の知る限りでは、ほぼ無能のポンコツです。
失言・暴言は日常茶飯事。
教学力もなければ実行力にも乏しい。
口だけ番長で結果を出すことができない。
そんな幹部様の多いこと多いこと。
信行学が揃っている会員さんからしてみれば
なんでコイツが幹部なの?って話です。
世間一般の会社ならばまづ責任ある部署には置けない。
というか早々と出世コースからはずれ
会社での発言力もなく当然部下などいない。
そんなタイプの方々が多いね。
てか、ぶっちゃけ言っちゃうと
壮年・男子部の幹部で口だけ番長タイプは
正直、世間で何もなし得ていない
会社でもお荷物的なタイプがほとんどと言っていい。
世間で認められていて何かをなし得ているタイプの幹部は
結果も出すし、有言実行するし、会員さんにも好かれる。
それに嫉妬し煙たがる無能幹部が実に多いのが現状だ。
「創価の役職」なんていう無価値なものに執着し
それを手に入れた時は有頂天になる。
「○○長」なんて呼ばれてご満悦になり
まるで自分が生まれ変わったかの如く錯覚するわけだね。
だから、会員さんよりも自分の方が信心がある。
自分の方が池田先生に近い。
この組織は自分が仕切っている。
なんて傲慢になって会員さんに失言・暴言を吐くわけだ。
件の今村氏も同じだろう。
やっと大臣になれて何か勘違いしちゃったんだね。
それでも大臣なら更迭されるが
創価の幹部は犯罪を犯さなければ更迭されない。
副会長クラスや本部職員なら更迭もあるが
現場の無能な幹部は更迭されない。
じっと次の人事でこのバ○がいなくなるのを待つしかない。
本当に創価の組織というのは面倒くさいところなのである。

ともあれ「地位は人を作る」というが
それはその人次第。
人によっては「地位は人を壊す」場合もある。
地位は与えられるものでなく
自然と備わるものだと思う。
とはいえ、その組織に無能しかいないとなると
与えなくては仕方ないのだろうが。
創価も慢性的な人材不足だな。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる