失言将軍

某自民党議員の失言が話題になっている
「癌患者は働くなくていい」とか
やじ将軍と言われているようだが
やじ将軍というより失言将軍だな。
そいえば、前の復興大臣も
失言によって更迭?辞任?させらったけね。
こうした失言は、結局当事者に寄り添ってない。
当事者の苦悩なんて関係ない。
そういう人間性に起因しているのだと思う。
そして失言というのは
決して思ってないことを言ってしますのでなく
思っていた事を言ってしまう事なんだと思う。
「思ってもないこと言ってすみません」ではなく
「思ったことを口に出してすみません」ということだ。
もちろん各個人が何をどう思おうが
思想の自由だから別に問題ない。
健康な人に病気の人の気持ちが分からない。
被災してない人に被災者の気持ちはわからない。
それは事実だ。
だったらわからないといえばいいのに
分かっているフリしたり
寄り添っているフリを振舞うから
反感を持たれるのである。

さて、そんな失言将軍は
創価の活動化の中には大勢いる。
俺は18歳の時に手の指を1本切断する大怪我をした。
その時に創価のカツドウカは言ったことは
「本当は腕1本なくなるところが指1本で済んだのは功徳なんだよ」
という言葉だった。
18歳の美少年(笑)の心の傷に塩を塗るたくる言葉である。
それ以来10年間創価を大嫌いになった。
また、昨年の母の大会との時も
婦人部長さんは、母に
「創価から離れたら一人で寂しく死んでいく」といい
母の退会の気持ちが固まった。
この手の話はおそらく全国津々浦々で
数限りなくあるだろう。
友の幸福だとか
友を激励だとか
キレイゴトばかり言っているが
そんなことを微塵も思っていないことを
そうしたカツドウカの失言から読み取れる。

もっとも師匠が失言魔王だからその弟子もそうなんだろう。
大作センセの「キンマンコ」を始めとする
失言の数々は有名である。
が、大作センセの一番の失言は
平成2年11月16日の宗門誹謗スピーチだろう。

▼「猊下というものは信徒の、幸福を考えなきゃいけない。権力じゃありません」

という有名な例のスピーチである。(他にも失言したが)
これが創価破門への直接的な発言と発端となった。
11・16だけでなくそれ以前から
宗門誹謗と取られる発言はあったが
この日のスピーチが直接原因である。
これによって創価は宗門から破門され
念願の独立を果たす。
まさに「思っていたこと」を言葉にしたわけだ。
もちろんこの「失言」を謝罪し撤回するチャンスはあったのだが
大作センセと創価は「謝罪」も「撤回」もしなかった。
まぁ、失言でもなんでもなく計画通りってことだろう。
それまでは、さんざん「大御本尊」だの「唯授一人血脈」だの言ってきたのに
それをいともアッサリ否定したわけで
大作センセは「大御本尊」と最初から寄り添っていなかった
要するに大作センセには「大御本尊」に対する信心なんてなかったわけだ。
そうでなけれなこのような「失言」なんて間違ってもしないはずだ。
こういう人間が指導者と自称するのは
冒頭の某議員が政治家をやってるのと同じくらいおこがましい。
ましてやこんな人間を師匠なんて思っているなんて。
どちらにしてもこの一言(失言)によって
多くの会員に大御本尊を棄てさせた大作センセの罪は大きい。
来るべき無間地獄に恐れおののきながら生きながらえているのだろう。
謗法者の末路とはそういうものだ。

◆一生が間賢なりし人も一言に身をほろぼすにや(兄弟抄)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR