FC2ブログ

創価系ブログに見る創価脳(無知系)

最近たまに創価系ブログを読んでいる。
昔はあまり興味もないのでほとんど読まなかったが
創価活動家がどんなことを主張してるのか?
それを知るのも創価の邪義を破折するには必要かな?
な~んて思って読むことにしている。
まぁ、相変わらずの創価脳まるだしのブログが多くて
リアルでもネットでも創価活動家のレベルは変わらない。
そんな中、「胸躍る仏罰」というタイトルの記事があった。
なんでも、創価をやめてもすぐには罰は出ないらしく
時間がたつと罰がでるらしい(笑)
それでもってこの御仁は創価をやめた退転者に
罰が出るのを楽しみでしかたないような様子だ。

いまどき、こんなことを言う学会員がまだいるんだァ
確かに組織の中には、「退転者には罰が出る」って言ってるんだろうが
大勢の人が見ているネットの世界で
こんなことを書いてしかも「胸躍る」なんていうタイトルつけて
それだけで、この人間のゲスな人間性が伺える。
この記事を読んだ一般の人はどう思うのかね?
そうだ。そうだ。って言うとでも思っているのかね。
おそらく、学会員ひいては創価の教えが
いかにゲスな人間を作り出してるのかと納得すると思う。
このブログ主は特別な学会員でなく
平均的な創価活動家である。
つまり、こういうことを平気で言ったり書いたりする
それが創価脳の学会員なのである。
こんなことを書きながら
世界平和とか人間主義とかこいつ等は言ってるわけで
言動不一致の多重人格は、もはや「病気」の域である。
しかも、この記事には
創価をやめると何故仏罰がでるか?
ということを大聖人の法義・法門を書いて説明もしていない。
このブログの他の記事もいくつか読んだが
全くもってこの学会員は法門法義を示していない。
おそらく、大聖人仏法の法門・法義などまるで分かっていないのだろうと
記事を読むだけでその教学レベルはわかるのだが
だったら、これは正当なる主張や批判ではなく
単なる罵詈雑言の類ということだ。

「仏罰」というからには「仏」の存在を明らかにしなければならない。
まさか、「創価学会仏」の罰ということか?
ならば「創価学会仏」の存在を論証しなければならない。
そうした説明が一切なく
創価をやめると仏罰が出る。なんていうとは
子供のケンカレベルだ。
しかも「胸躍る」なんていうふざけたタイトル。
創価をやめた人間が不幸になるのをみるのが「胸躍る」らしい。
他人の不幸が大好きな創価活動家らしい発想だ。

このブログ主はアンチからの反論がほしいのらしいが
仏法でも何でもない単なる悪口に
なんの反論が欲しいのか分からない。
せいぜい「オマエはバ○だろう?」
ってこっちも悪口いうしかない(笑)
俺も、ここで大作センセや活動家は無間地獄行き。
と書いているが
その理由をちゃんと大聖人仏法に照らして書いている。
仏法者を名乗るならばそれが当然のことである。
それもできないくせに
退転者だの、バチが出るだの
自分がアンチに反論できなから
負け惜しみを言ってるとか思えない(笑)
てか、この程度ではリアルの対論ならば
顕正会や身延にだって瞬殺されるレベルだ。
悪いことは言わない。
アンチを凹ませてやろうなどと思わない方が身のためである。

創価脳のブログって押し並べてこんな感じだ。
負け犬の遠吠え?
引かれ者の小唄?
とにかくそういった感じの内容が多い。
池田教学しか知らない無知の方々が
仏法者ですよ。と詐称しても
恥をかくだけだと思う。
もしかしたら、創価の中では
「教学ありますね~」なんて言われるいるのかもしれないが
創価教学は邪教なので邪宗のなかでしか通用しない。
ブログを書くな。とは言わない。
が、誰かを批判するときはちゃんとやりなさい。
ましてや、アンチを破折するための批判ならば
もっとマシなことを書いて欲しい。
アンチは何も知らないしウソを書く?
それはオマエの方だろう?
創価はアンチを相手にしない?
相手にならないのはオマエのほうだよ。
そんなツッコミをいれたくなりますな。
創価脳さんのブログは(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>