何もしなきゃ破門にならないっての。

「こんなに宗門を守ってきたのに」
「こんなに宗門に供養してきたのに」
そんな、池田センセと創価学会を
突然一方的に破門するなんて許せない。
創価活動家がよく言う宗門批判だ。
多少気持ちはわからなくはない。
俺も、散々創価の為に時間と金を使って
創価を守ってきた。
なのに、組織から追放され
最後には退会したこと。にされて会員資格を失った。
うん。確かに悔しいだろう。
しかしそうなったのにも原因ってのは必ずあるもので
俺が創価から追われた根本的な原因は
幹部のいう事をきかなかったり
幹部の言動に対し批判的な発言を繰り返したからだ。
また、本尊義と血脈相承の重要性を
繰り返し他の会員さん達に話してきたという事もある。
こう書くと、現役活動家は
「そんなヤツは創価の組織を追い出されて当然だ」と思うだろう。
組織の打ち出しやらなんやら「いうことを聞かない」のだからね。
そう「当然」なんだよ。
俺たちを追放した連中の大義名分は
「創価の組織を守る」だった。
組織を守るためには組織に楯突く人間は排除する。
こんなことは、いかなる組織においても当然のことなのだ。
だから、俺は別に創価の組織に受けた仕打ちを恨んでいない。
いつもいうように怨嫉とかいう感情は一切ない。

大作センセや創価上層部も
俺と同じことを、宗門や日顕上人にしたんだよ。
だから、破門されて当然。
なのに、「破門した。破門した。」となに言っての?
「何もしてない大作センセや創価を一方的に破門した」だと?
なにをフザケタ事を言っているんだ。
平成2年の「11・16」の池田スピーチ。
創価学会のみならず、法華講のトップの役職にある人間が
同時中継という公の場で公然と宗門や法主を批判したのである。
さらには宗門側からのこの件に関する
「文書」による回答要求を突っぱねたのである。
しかも当事者の大作センセからはナシノツブテ。
こんなことをすれば、日蓮正宗という組織の役職である
大講頭も総講頭も罷免させられて当然でしょ。
逆に、そんな言動をした大作センセと学会幹部を
大講頭・総講頭のままにしていては
他の信徒に「シメシ」がつかない。
つまり宗門は当たり前のこととして、
大作センセと学会幹部の大講頭・総講頭を罷免しただけだ。

仮に原田会長が本幹で大作センセを
批判するようなことを言ったらどうする?
そのまま会長にとどめておくのか?
それで会員は納得するのか?
しないだろう。
原田会長が大作センセに文書で報告しなさいと言われたのに
それを無視して会って話します。
っていったら、悪いのは「文書」提出をさせようとした
大作センセの方なのか?
原田会長のみならず創価の中で
大作センセに批判どころか少しでも異議をとなえたら
それこそ、俺のようにいつか組織から追い出されるだろう。
違うか?
宗門による大作センセの「宗門の役職」罷免は
当然のことであり、大作センセの身から出た錆であって
「宗門」が悪いのではない。
逆恨みか作戦かは知らないが
こんなことで宗門批判するのはお門違いだ。

それにしても普段から内部アンチを見つけては
「創価批判する内部アンチは創価をやめろ」とか
「創価を批判したいなら退会してからやれ」
などと言ってはばからない活動家が
「宗門批判をした」大作センセのことは庇う事。庇う事。
本来の彼らのロジックならば
「正宗批判する大作は信徒をヤメロ」
「正宗批判した大作が破門になるのは当然だ」
となるはずなのだがそうならない(笑)
本当にこの人たちの身勝手ぶりは筋金入りである。
こうした身勝手さが世間からはスポイルされる原因なんだけどな。

そしてさらに酷かったのは、
大作センセ・創価幹部が大講頭・総講頭を罷免されたあと。
すぐに聖教や新報で、「反宗門キャンペーン」を繰り広げ
宗門僧侶や日顕上人の悪口をこれでもかと書き連ね
大作センセも毎月本幹で、宗門・顕氏に対する
ヘイトスピーチを好き放題いう。いう。
また、友人葬を筆頭に僧侶を排除し始め
寺に行かないように会員を誘導していった。
これは、「破門後」の話ではない。
「破門前」の話である。
破門される前から、大作センセと創価は
日蓮正宗の信徒でありながら日蓮正宗を批判していたのある。
そんなことを大作センセを中心に組織を挙げて繰り返していたのに
「何も悪いことをしていない大作センセ・創価学会を一方的に破門した」
などと一体どの面下げていうのか?
破門される前からこれだけの宗門攻撃をしていて
「宗門は話し合いにすら応じなかった」
などど一体どのクチがそんなことを言うのか?
「話し合いで解決したい」
「僧俗和合の道を模索したい」
そんな「思い」はどこからも伝わってこないが?
こうした事実から導き出されるのは、
大作センセと創価は、宗門から破門されるのを狙った。
という結論だ。
自分達の方から宗門から独立します。というのでは
会員や世間からコンセンサスを得られないから
あくまでも自分たちは宗門から破門されたか弱き被害者。
というというテイにしたかった。ということだ。
不倫にはまった旦那が奥さんと別れる作戦として
わざと嫌われるような事をし、
いよいよ奥さんから別れ話されると
「オマエから別れるといったのだから慰謝料は払わないぞ」といいつつ
胸の中で小躍りして別れられたことを喜んでいる。
そんなB級ドラマのストーリーをやってのけたのが
当時の大作センセと創価上層部である。
こんな胸糞悪いけど単純なストリーに
コロっと騙されてしまったのが
冒頭書いたような創価活動家である。

創価会員さんには事実をきちんと検証してほしい。
創価の新聞や幹部の話は、創価の主張にすぎない。
宗門が一方的に創価を批判したのでなく
創価・・なかんずく大作センセがいきなり
宗門・法主批判を始めたのである。
事実は小説より奇なり。である。

さて、今日は創価活動家の間違った「外護」観を書こうと思ったけど
長くなっちゃったのでそれはまた今度ということで。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR