FC2ブログ

学会員よ心して公明党を監視せよ。

先の参院選挙で公明党の掲げていた公約である「国会議員歳費10%削減」はどうやら実現しなそうだね。

公明党、歳費10%削減で苦慮 自民冷ややかで実現見通せず

最初から自民党とのすり合わせもなく維新に対抗して歳費10%減などと公約に掲げてたのはいいものの、
やはりというか当然「自民党」からはそんな話には乗れないとばかりにけんもほろろに拒否られてますな。
自民党議員からすれば何で公明党の選挙の為に給料減らされるんだ?って話ですよね。
こんなことは最初っから分かっていたはずなのにこのような公約を掲げたのは有権者を騙したということでしょう。
騙していないならまさか自民党に反対されたくらいで引き下がらないでしょうね。
なにせ与党・公明党の「公約」ですから、出来ませんでしたでは済まされない。
ましてや「自民党の反対のせい」とか言ったらなら言語道断。
自民党に反対されて公約を引っ込めるなら公明党が連立与党にいても「何の役にも立たない」ということになる。
ここは自民党との連立を解消し下野してでも歳費10%削減の公約を守らなくてはなりません。
それが「公明党」としての正しい在り方と思うのだが果たしてどうしますかね。
まぁいつものようにバッくれたら今度の選挙の時は学会員にウソつき公明党と言ってあげましょうね。
そもそも国会議員なんて贅沢しすぎでしょう。創価民は正宗のご僧侶に対して、「贅沢するな」と批判するけど、本当に贅沢しているのは議員たちでしょう。視察名目で海外や国内旅行をし、会議という名目で高級料理を食べ歩く。
正宗のご僧侶が国会議員並みの旅行やグルメ旅をしたら新報辺りがここぞとばかりに、「贅沢坊主」「遊蕩坊主」「堕落坊主」などと書きまくることだろう。でもさ、冷静に考えれば例え正宗のご僧侶が国会議員並みの贅沢をしたとしてそれらの原資はご供養でしょ?対する議員連中の原資は税金。これってどっちが悪質かと言ったら税金を浪費している方が悪質でしょうよ。
ご供養は宗門の信者が真心からするわけだけど、税金は不特定多数から徴収するわけですよ。
公明党が大嫌いでも納税すればそれが公明議員の歳費や政活費や公明党への助成金に使われてしまうわけです。
ご供養は正宗にしたご供養が他宗の僧侶に使われることはないのです。
そもそも、正宗のご僧侶がどんな生活を送ろうと、供養もしていない創価の連中にとやかく言われる筋合いはない。
え?昔の創価からの供養を僧侶が浪費したってか?あのさ、日蓮正宗創価学会時代の創価に払っていたご供養というのは大御本尊にしていたわけでしょ。本来は全て日蓮正宗にするべきご供養だったわけ。それをネコババしたのが池田創価なんだよ。分かるかなぁ。分かんね~だろうなぁ~。
俺も別に創価職員が会員の財務で高額な報酬を得ようと何しようと別になんとも思わない。
俺が創価の財務を批判するのは、日蓮大聖人の仏法を悪用して集金していることであって、
「功徳」などあろうはずもない会費を「功徳がある」といって集金する行為を詐欺といっているのだけ。
それ以外に創価の上層部がいくら贅沢しようが別に俺に金じゃないから関係ない。
だからいちいち宗門のご僧侶や法華講衆のご供養に対して絡んでくんなって事。
俺なんか菩提寺のご住職とか見ていると、たまには高級寿司屋や高級温泉旅館にご家族で行ってもらいと心底思うわ。
ご供養ってのはそういうものだ。門外漢がグズグズいうことじゃない。でも税金は違うだろう。
SNSで公明党の議員の投稿を見ていると随分高級店で飯食ってるぞ(笑)
SNSにアップされている場所ですら庶民感覚からズレたりするのだから、その影で一体どんな贅沢を税金してるのかね(笑)
創価新報には税金を食いものにしている「堕落公明議員」の真実を暴いて欲しいものである。
そして、公明党が公約を守れなかったときはしっかり批判を加えて欲しいものだ。
学会員よ。心して公明党を監視せよ!(笑)


にほんブログ村


創価学会ランキング




プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
【旧】日蓮正宗創価学会員(現日蓮正宗法華講)戒壇大御本尊を捨てた謗法団体でありながら日蓮大聖人の名を騙り世間や会員をだまし続ける創価本部・幹部・活動家の欺瞞・詭弁とインチキ創価教学
を徹底的に破折し正しい日蓮大聖人の仏法を宣揚します。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
4位
アクセスランキングを見る>>