FC2ブログ

TSさんとの対話スレはこちら(他の方もコメントもこのスレに書き込んでください)

TSさんからのコメント返しがあったので新規にTSさんとの対話スレを立ち上げました。TSさんも他の読者の皆さんも今後はTSさんとの対話についてのコメントはこのスレに投稿してください。よろしくお願いします。それでは最初にTSさんからの公開質問の内容を掲示します(太字がTSさんの質問の内容です)

1.大御本尊が出世の本懐と証明できる御書は、何ページに書かれておりますか?
2.常住壊空の理を大御本尊だけは免れると思うのでしょうか?
3.書写(コピー、印刷)した本尊が、法主の秘儀を通すと功力のある本尊になるという考えは現代においても、通用する教義と思いますか?
4.思っているなら、どんなものか想像もしないよう信徒として思考停止されているのですか?
5.思考停止してなければ、どのような秘儀なのかダメ出しさんが想像したものをお聞かせくださいませんか?


まず全体的な感想を書きます。上記の質問からTSさんは本尊義についてはまるで何も理解していないようです。それを踏まえて回答します。

1については何度も書いていますが、具体的に出世の本懐のを指定している御書はありません。その理由は戒壇大御本尊は法体ですから特定の一信徒や不特定の多数の信徒に示すことはしないのです。そもそも御書は対機説法ですから三大秘法や一大秘法の部分部分を相手の機根や信心の理解度によって様々な角度から説いているわけです。ですから同じ「南無妙法蓮華経」を説明すのにもある時は唱題でありある時は本尊と説明しているのです。なので御書と言うのは大聖人の化導の次第などを加味し複数の御書を相互投影して読まなければ分からないのです。つまり御書は法門の相承なのです。対して戒壇大御本尊は法体ですからその法体の相承は日興上人に唯授一人血脈相承されています。なので御書に書くわけない。直接的に書いていないのが当たり前なのです。大聖人が末法のご本仏であることも御書には書いていませんし開眼の方法も御書に書いてていない。これは全て法体相承の内容だからです。この法門相承と法体相承が分からないのがTSさんなどの日興門流から外れた創価民達です。御本尊が法体であることを理解していないが故の質問ですね。
2についてもそうです。これは大御本尊を物体だと思っている証拠です。常住の仏に常住壊空の理は当てはまらないし、常住壊空する仏なんて聞いたことがないですね(笑)逆に「仏が常住壊空する」という文証を提示してください。
3これも本尊の体が分かっていなし。ご本仏の心法がなければむしろ本尊として成立しません。唯授一人血脈相承の法主上人の開眼なくて本尊として通用するという論証をしてください。
4・5は単なる難癖の印象操作ですね。唯授一人血脈の法体相承を想像することに何の意味もない。それを想像したところで歴代上人以外は分からないのですから。何の意味もない事を考えないというのは思考停止ではありませんね。こういう質問が「くだらない」といっているわけです。TSさんはもういい年齢なのですからこのようなくだらない印象操作のコメントはやめた方がいいですよ。

ざっと回答させてもらいましたが、最初に書いたように貴方は「本尊義」を全くと言ってほど理解していません(貴方に限らず創価教学の方はみな同じですが)

今度は私が質問しますよ。
「御本尊の体」とは何ですか?貴方の思う御本尊とは何なのかをなるべく具体的に教えてください。
訳の分からないルパン理論は貴方の本尊義をきいてからやりましょう。
ウダウダ書いていますけど、要するに大御本尊がなくなったらどうすんだ?って話でしょう。
いまさらそこかい!って話ですが今回の質問もルパンの質問も全て貴方の「本尊義」に対する浅識から起こっている質問なのでまずは貴方の本尊にたいする見解を教えてください。
それとすぐに回答することができない時もありますし貴方ばかりに構っていられませんので、その時は新規の投稿をせずにこちらの回答を待ってください。(ただし私以外のコメントに関する返信はしてもらって結構です。
シニフェイさんのブログでやったようなことはお止めくださいね。大人同士なんだからちゃんとルールを守ってやりとりしましょう。


にほんブログ村


創価学会ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
自分が知らないうちに誰かに退会届を提出されていて「いつの間にか退会」になっていた(旧)創価学会員。麗しき創価の同志に勝手に創価を退会させていただき折角なので戒壇大御本尊を捨てた大謗法の池田創価から日蓮正宗に戻りました。本サイトは池田創価の風聞・風説を基にした批判ではなく、日蓮大聖人の法門・法義を中心に大謗法の池田創価を筆頭に異流儀を破折するとともに、日蓮大聖人の仏法の正法・正義を書き綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
アーカイブ
当サイトについて
当サイトは個人のブログですので、宗教法人日蓮正宗とは無関係であり日蓮正宗の公式見解ではありません。また当サイトは日蓮正宗への勧誘を目的とするサイトではありませんが、創価学会・顕正会からの脱会や日蓮正宗への移籍のご希望があれば可能な限りにおいてサポートいたします。非公開コメントよりご相談ください。
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
3位
アクセスランキングを見る>>