東方之大鯰さんのコメントへのお答え

まずはコメントありがとうございます。
議論も対論も私もブログでしようとは思いませんので
頂いたコメントへの感想を少し書かせてもらいます。

>さて、早速ですが、御書根本と言いながら、
どこにも御書の引用が見当たりませんね

毎回でありませんがは御書はたまに引用してます。
ただ、ブログなので対論するわけでもないので
御書の引用は面倒なので避けてます。
もちろん自分自身の発言は御書等に書かれいることを基準にはしてます。
というか、現在の学会幹部及び活動家の方の主張は
御書云々というよりも基礎教学が分かっていないと感じるものです。
つまり、御書以前の問題で、御書を引用するまでもないと正直思うわけです。
例えば、あなたの言われいる

>唱題行がそのまま自行化他になると言い切られていますが、
あなたが大事とされる大聖人の教え(御書)のどこにあるのでしょうか。

これですが、大聖人の題目は天台・伝教の題目と違い「事の題目である」というのは
基礎教学の部類です。事行の題目とは自行・化他に亘ることも御書に書いてあるとおりです。
そして三大秘法の開合を用いることをやめた学会教学ならば自行と化他に題目を分ける教義は用いないというの道理じゃないですか?一大秘法は用いないけど六大秘法を用いるのはおかしいですから。

>大聖人いわく「地頭の不法ならん時は我も住まじ」
この御書は、どう拝せばよいのでしょうか。
「謗法の地に御本仏はいない」としか読めないのですが。

まず、謗法の地に本仏がいないのなら、鎌倉時代の謗法の日本国に出現された大聖人は本仏ではない。ということになります。またそもそも末法は謗法の衆生だけですからその地も謗法の地になります。となると末法に本仏はいない。ということになります。
また、地頭は不法かどうか?を決めたのは僧宝であり法主である日興上人です。創価学会はなんの権利があって大石寺を謗法というのでしょうか?独立した宗教団体で勝手にご本尊に関する権能があり勝手な教義を作って何が悪い。聖教でいってました。つまり創価の教義を照らし合わせて大石寺を謗法の地と決めご本仏がいないと勝手に言ってるだけですよね。
で、御書を切り文して自分勝手な主張をあたかも御書に書いてある。と言ってうるだけです。つまり御書根本の主張をしているのではなく、自分達の主張に御書を合わせているだけです。。こうしたロジックは五老僧の末裔の身延の手口です。私から見ると現在の学会の主張こそ五老僧そのもで昔から変わらない手口にみえます。大御本尊を捨てるというのも五老僧の時代から変わらない邪宗の手口です。いままさに学会はその道に進んでいます。

> あなたいわく「大聖人の弟子として、ひたすら唱題行に励み、
 幹部も組織もダメな学会の活動はしないから彼らと一緒にしないでね」

そりゃそうです。貴方は謗法とはどんな行為か当然ご理解していますよね。
大本尊を受持しないことが謗法ではないというような
学会幹部や活動家と一緒にされたら堪りません(笑)

>義務ではなく権利なので、お休みするのは結構ですが、
学会活動の「いや」を、即「間違い」へと転換・正当化し、
大聖人ご在世当時の修行を拒否した弟子たちのように、
組織や世間へこっそり我流の愚痴を拡散してませんか。

この発想が私には理解できません。
我流はむしろ創価幹部・活動家の方でしょう?
学会活動が大聖人仏法の修行だと?
リアルでもそうですが、学会活動が大聖人仏法の修行であるとう論拠を説明しません。
あなたもそうです。最初に御書を引用しないと言われまししたが
貴方も何の論拠なく大石寺を謗法の地だと言い
学会活動を大聖人仏法の修行だという。
そしてそうではない。という私の主張を御書を引用してないから我流と結論づける。
どうして学会活動家の方はみなさん
このような自分勝手な発想になるのか正直理解できません。(すみません)
それと、学会活動が「イヤ」なわけじゃないですよ。
今まで一度も「イヤ」だと思ったことも言ったこともありません。
ただ大御本尊を捨てたことにより学会活動は謗法の活動になりました。
なので「やらない」ということです。
もし、今の学会が「大御本尊を大石寺から何が何でも取り返す」というならば
いつでも学会活動しますよ。
もっともそうなれば、選挙だの新聞啓蒙だのと
ツマラナイ事をしている場合じゃありませんが。

>議論するつもりはありません。
互いにさまざま理屈をつけても、
所詮ここは「感情論」の場なのですから。

私も議論はしませんよ。
結局貴方は、「こいつの言ってることは感情論であって大聖人の教えじゃないよ」と
このブログの読者に印象づけたいだけなんだなぁって感じます。
これも学会活動家がよく使うパターンなので慣れっこですが。

最後にもう一度言わせていただきますが
今の学会活動家には御書による破折は必要ないのです。
それ以前の基礎教学もおぼつかないし
文証以前に一般常識的な理屈だけで
間違っている。事が論証できてしまうのです。
身延や顕正会と同じです。
御書などいりません。
それほど、今の創価教学というのは軽薄で中身がないということです。
学会の教学も地に落ちたとういう事でしょう。
所詮、ご本仏から離れて邪宗になればこの程度です。
それが残念でなりません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりにコメントさせていただきます。
ここ最近さまざまなコメントもあり大変勉強になりました。
創価の選挙戦もやっと終わりましたが、現場を見ていて感じたことは、大御本尊様を捨て去ってからというもの歓喜や躍動が一層無くなってきたということです。
幹部は声をそろえて『立正安国の闘いだ!』と切り文で都合の良い御書の引用、『池田センセーはこうおっしゃってる』の意味のない指導。
大御本尊様の話を仲の良い活動家と話をしても、センセーは間違ってないから、学会は間違ってないからということしか言われません。
創価の御本尊にも『奉書写之』と認めてあり、大御本尊様の御内証を認めているはずなのに、大御本尊様を捨て去る矛盾。
選挙戦自体、仏法とは無関係のものですが、選挙の結果を見ると、学会の活動も限界が見えてきたのかなと感じる日々です。
まとまりのない乱文ですみません。

No title

現役男子部さん、お久しぶりです。
ようやく選挙も終わりましたねぇ。今は友好週間でしょうか。

.>大御本尊様の話を仲の良い活動家と話をしても、センセーは間違ってないから、学会は間違ってないからということしか言われません。

ですね。こちらとしては「何故間違っていないのか?」その納得できる理由を聞きたいのですがそれらに対する明確な回答がリアルでもネットでもありません。これでよく【学会正義を証明する】などと言えるもんだと、活動家の皆さんには常々感じる次第です。

>選挙戦自体、仏法とは無関係のものですが、選挙の結果を見ると、学会の活動も限界が見えてきたのかなと感じる日々です。

●、仏滅後二千二百三十余年が間一閻浮提の内に仏の御言を助けたる人但日蓮一人なり、過去現在の末法の法華経の行者を軽賎する王臣万民始めは事なきやうにて終にほろびざるは候はず

末法のご本仏であり法華経行者大聖人の体である戒壇大御本尊を軽賎しているのであれば最後は滅びいくのは必定です。職業宗教家であり在家坊主の本部職員・公明党議員はともかく、一般の会員さん達には早く目覚めて欲しいです。

●汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ

感情論といわれないように今日は、御書を引用してみました(笑)

よわくわかる解説文ですね!

はじめまして。

自分は、創価2世として

苦しんで生きてきたものです。

教義云々より、創価なら 何をやっても

正しい!

疑問を抱くと信心が足りない!!

って、漠然とした言葉で切り捨てる

体質が、嫌で嫌で仕方有りませんでした。

青年期には、音楽隊って、軍隊みたいな

組織に ひょんなことから、強制入隊させられ

じごくの日々を送りました。

もう、人生晩年期ですが、

兄には、今 失業中で 30万貸してくれ!

って言われて、貸したらそれらは、

全て財務に横流しでしたわ。

実の兄弟すら騙して財務するなんて

どこに功徳が存在するのでしょう!!

実家の近所の婦人部長の斎藤さんの

旦那さんは、筋ジストロフィーで

亡くなられましたが、命は永遠では

有りませんが、信心してるのに、

何故?不治の病で 死なないといけないの

でしょう??

信心が足りないまま、死んでいかれたのでしょうか??

所詮は、結果に対しての 後付けの理由を

押し付けてるだけで、

あなた様の 創価の都合に、御所を

合わせてるだけ!

って、言葉は自分に ぴったりでした。

これからも、活動! 頑張って下さい

No title

猿者は追わず。さんコメントありがとうございます。

>所詮は、結果に対しての 後付けの理由を 押し付けてるだけで、

そうなんですよね。
なんだかインチキ預言者というかイカサマ占い師のような幹部が多いんですよ。
常時、教学に基づいたブレない指導をするなら納得いくのですが
普段はブレまくりで、何かあると後付けのような指導をする。
御書に関してはほとんどの幹部・活動家は都合のいいように都合のいい場所だけ引用する。
何よりもこのブログで書いたように、御書以前に仏法の基本というか基礎教学が足りないのです。

>これからも、活動! 頑張って下さい

ありがとうございます。
猿者は追わず。さんも御健康でご活躍ください。

おはつです

ecoさんところから来ました。

いくつか記事を読ませて頂きましたが、まるで僕のホンネを暴露されてるかのような錯覚を起こしそうでしたよf^^;

僕独りが『異端』なのかなって思っていたのだけど(笑)。
組織に着くのは結果的に『空転を招いていただけ』と実感してから、あえて距離を置いてこの10年の個人信仰だけどね。個人でやったほうがぜんぜん理解が深まりましたね。

東方之大鯰さんでしたか。
こんな言い様では『目的』と『方便』のちぐはぐであろうに。
『目的』と実際の『方便』がミスマッチなんだから当たり前過ぎてる結果です。
こんな状態での活動ってどんだけ苦労があるんだか。
仏道修行どころか功徳の無い無駄な『苦行』にしかなっていない様子が見えてしまったけど。
個人信仰をバカにするならするで『結果』でもって証明すべきなんですけどね。
残念ながらバカにしてる相手に甘えるやり方でしか『苦情』を言えないようですもんね。
それって『本末転倒』でしかないのだけど。

最近は怒るより哀れに感じてる状態だったりしますね。

Re: おはつです

太ちゃんさん、コメントありがとうございました、

>組織に着くのは結果的に『空転を招いていただけ』と実感してから、あえて距離を置いてこの10年の個人信仰だけどね。個人でやったほうがぜんぜん理解が深まりましたね。

組織から離れると余計な事をする必要が無いので
その分信仰は深化するのではないでしょうか?
まぁ、その人にもよりますが
組織につく事が必ずしもいい結果をもたらすとは限らないと思います。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR