保守系無所属さんへ(学会と公明党の件)

コメントありがとうございます。

>貴殿の学会と政治に関わる考えを教えてください。

とのことですが、何度かこのブログに書きました。
改めて私の考えととコメントへの感想を書かせてもらいます。

>今日の急速な非活動者の増加は教義変更より何より公明党の与党としての立ち位置への不満が大きいと思います

非活動家の増加の原因は公明支援以外にもたくさんあると思いますが
私自身の事を言えば私は公明党が与党になった時点で、公明の支援を止めました。
私の周囲にも与党・公明を支援しない学会員は結構います。

>権力側にいて自分達の勢力を維持しようなどというのと正反対の行動ではないでしょうか?

まさにこの通りなのです。
私が男子部時代の選挙とは公明も野党で
亀井氏・平沢氏などの反学会の自民党議員との戦いで
まさに「権力との闘争」というに相応しかったのですが
いつの間にかその自民党と連立を組み
ちゃっかり与党になった公明党は
「権力との闘争から逃走」
「権力への迎合」にすっかり様変わりしてガッカリです。
政党である以上与党になる事を目指す。
与党でなければ政策を実現できない。
自民党の暴走に歯止めをかける。
などなど、それっぽい理由を公明も学会幹部もいうけど
「権力側でいたい」という事実は変わりません。
権力側でいたいと思う事。
政党しては全然悪くありませんが、大聖人の精神とは真逆であると私も思います。

>私の考えですがあくまで宗教団体というのは政治には中立を保ち各個人は自由に政治思想を持ち責任を持って投票行動をするべきだと思います。

宗教を持つ人間が特定の政党や人物を支援するのは何の問題もないでしょう。
ただ宗教団体が団体(組織)として投票行動を統制するのは問題だと思います。
また政治の名の下で投票行動を統制するのも問題ないでしょう。
問題なのは宗教の名の下で投票行動を統制する行為です。
選挙の戦いをすれば功徳が出る。
このロジックがダメなのです。
公明党は宗教団体じゃない。
なのでもちろん広宣流布する団体じゃありません。
そんな団体が大きくなろうと与党になろうと大聖人の仏法に何の関係も無い。
だからそんな団体を支援したかと言って功徳など無いのです。
それをあたかも公明支援を信心のようにいう。
厳しく言えば宗教詐欺です。
「この壺を買えばいい事ありますよ」と言ってるのと何の変わりもないのです。

あとは以前からずっと言っていますが
どうしても公明党の選挙支援をしたければ
全員公明党員になって公明党員として支援すればいいかと。
もっともこれはこれで政教一致になりそうな匂いがしますが。

>ようするに学会活動とは大聖人の仏法を活用した政治団体ではないかと思ったからです。つまり目的が公明党の勢力拡大にあると。

財力と権力を守る事が今の学会幹部の感心事でしょう。
財力を守るためには権力が必要ですし
権力を維持するためには財力が必要です。
財力と権力を守るために大聖人の仏法を利用している団体が今の学会だと思います。
今回の御本尊に関する教義変更も
おそらく近い将来現在の日寛上人の御本尊から
学会独自の本尊へ取り換える為の布石だと思ってます。
1世帯5000円で400万世帯で本尊を取り換えれば200億です。
おそらくそんな事を考えているのでしょう。
それ以外に大御本尊を捨てると言う教義変更する理由がみつかりません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回に続いてのコメントへのご返事ありがとうございます。
補足として書かせていただきます。

>問題なのは宗教の名の下で投票行動を統制する行為です

まさに私が思っている問題点がこの一行の全てです。
選挙活動が法戦などといい政治における政策課題を公明党支援という名で全部蓋をする。
蓋をしきれない考えを持った人たち(私自身もその一人)が活動からこぼれていく。

freemember01さんはコメントを読むとかなり以前(15年前)から公明党支援を辞めたそうですがその時はまだ活動家をしていたと思います。(違うのかな?)どうやって活動の折り合いをつけていたのでしょうか?
私の場合ですがもし活動家で、公明党支援はしないので選挙関連の会合は出ません。でその期間中は活動停止します。とはどう考えても通らないと思い今に至っている訳です。

再度の質問になり申し訳ありません。

Re: No title

> 前回に続いてのコメントへのご返事ありがとうございます。
> 補足として書かせていただきます。
>
> >問題なのは宗教の名の下で投票行動を統制する行為です
>
> まさに私が思っている問題点がこの一行の全てです。
> 選挙活動が法戦などといい政治における政策課題を公明党支援という名で全部蓋をする。
> 蓋をしきれない考えを持った人たち(私自身もその一人)が活動からこぼれていく。
>
> freemember01さんはコメントを読むとかなり以前(15年前)から公明党支援を辞めたそうですがその時はまだ活動家をしていたと思います。(違うのかな?)どうやって活動の折り合いをつけていたのでしょうか?
> 私の場合ですがもし活動家で、公明党支援はしないので選挙関連の会合は出ません。でその期間中は活動停止します。とはどう考えても通らないと思い今に至っている訳です。
> 再度の質問になり申し訳ありません。


コメントありがとうございました。
ご質問の返答をさせてもらいます。
私の場合は、公明を個人的に支援しなくなってからは
選挙関係の会合には参加しませんでした。
立場上参加しなければならない会合は出ましたが
それほど積極的には参加してなかったですね。
それに周囲の幹部にも公明党は支援しない。と言ってました。
まぁ、そんな事を言っていると幹部連中から苦々しく思われますが別に気にしませんでしたね
(結局有る事件があり組織から追放された形になりましたが)
学会活動の折り合いとかもあまり考えてません。
学会活動は信心の一部かも知れませんが根幹でなく
単なる枝葉末節だと思っていました。
さらに公明党を支援すること自体は全く信心と関係ないと思っていたので
あまり気にしませんでした。
学会活動は所詮は枝葉。
やりたくなければやらなくていいのではないでしょうか?
私は昔からそう思っていますし、そのようにしてきました。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR