学会の教義・御書

学会の現在の会則に則り、学会の信受すべきご本尊について、
【一大秘法の戒壇大御本尊】に対する信の上で、
現在の学会のご本尊、つまりは日寛上人御書写のご本尊を受持することが根本である。と発言した。
変更前の教義には、明確に
【弘安2年10月12日御建立の本門戒壇をこんぽんとする】旨が記されていて、
この教義は変更する必要のない正しい教義だった。
ところが、平成14年に教義を変更。
ご本尊根本から、今度は御書根本になった。
この、御書根本と言うのは、一体どのような意味合いで使っているのかよく分からない。
宗教の根本とは、法体である所の本尊。
御書は、【法門・法義】が述べられている経典である。
そして、法門・法義とは何の為に存在するのかと言えば、
正しく、法体を顕わす。または理解するためにある。
つまりは、当然のことながら御書は法体ではない。
法体でない御書を根本とするのは完全に間違っている。
あくまでも、根本はご本尊である。
御書を根本とする。という表現はいただけない。

旧会則の教義である
『この会は、日蓮正宗の教義に基づき、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、日蓮正宗総本山大石寺
に安置せられている弘安2年10月12日の本門戒壇の大御本尊を根本とする。』

これが、宗門と別れたから嫌なので有れば、

『この会は、御書の法門法義に基づき、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、弘安2年10月12日の本門戒壇の大御本尊を根本とする』

と、この方が断然いいと思うのだが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR