創価の幹部・バリ活の主張。その共通点

ネットでもリアルでもそうだが
創価の幹部・バリ活の主張って共通項があるよね。

「俺は学会の活動家だから俺の主張は正義を述べている」
「どうしてオマエの言ってる事が正義なんだ?」
「それは学会が正義だからだ」

「学会を批判するヤツは学会を恨み・妬みで批判しいる」
「そんなことはない。どうしてそう思う?」
「学会を恨んだり、妬んだりしない人は学会を批判しないからだ」

「学会の組織のなかでしか功徳はでない」
「どうしてそう言いきれる?」
「功徳が出た人はみんな学会の組織から離れなかった人だ」

ね?一事が万事この調子。
いわゆる循環論法ってやつ。
こんなに分かりやすい循環論法を使っておいて
いかにも自分の主張はスゲ~だろ?って顔したり
アンチに対して反論したつもりになっている。
これって、リアルの対論なら秒殺されちゃうよ。
それ位低レベル。
でも悲しいかな創価の幹部・バリ活はほとんどこの手合いだ。

循環論法は分かって使っていれば詭弁。
知らずに使っていれば誤謬。
どちらにしても、彼等の主張は他人と真摯に話をしたり
他人にコンセンサスを得てもらえるような話じゃない。
むしろ詭弁を用いて他者を騙す詐欺師の話と同レベルだ。

このブログで俺が訊いている、
【大御本尊を捨てた学会が何故正義なのか?】
それについても、マトモに答えられる会員が
残念ながら、身近にもいないし、ネットの世界にもいない。

因みに彼等が、学会正義の証明として主張する事柄で多いのは、

「世界の識者やリーダーが学会を認めている」
「世界各国から名誉会長は権威ある顕彰を受けている」
こういうのを、権威的論証といい詭弁と言う。

「多くの人が学会で幸せになっている」
「多くの人が学会を称賛している」
こういうのを、多数論証といい詭弁と言う。

また、逆にアンチの批判に対して
「退転者やアンチのいう事は正しいわけない。間違っているにきまっている」
「なぜなら、ヤツらは退転者ありアンチであるからだ」
こういうのは、対人論証。やっぱり詭弁だ。

このように、創価の幹部・バリ活の主張は
創価の正義を語るにせよ
アンチ・批判者に反論するにせよ
そのほとんどが誤謬と詭弁なんだ。
そうした詭弁を用いなければ学会の正義を語れない。
まさに、彼等風にいえば
「詭弁で無ければ語れない正義は、正義ではない証拠」ということだ。

しかし、そうした詭弁が世間様に通用すると思ってしますのは
自分がその詭弁にまんまと騙されているからなのだろう。
自分が納得している。だから世間も納得するだろう。とういう発想だな。
なんとも、お気の毒というか、残念というか、御愁傷様としか言えない。

それにしても、学会の正義とやらを
文証を添え、理証も正しく説明できる活動家いないのか?
本尊義の変更から8カ月も経過するのに
俺の知る限り、リアルでもネットでも誰もいない。
このブログにコメントくれた活動家の方も数名いたが
残念ながら詭弁の域を出ない論だった。
まぁ、教学部が考えて論証のテイを整えたのが
あの聖教新聞での解説だから
詭弁と誤謬でスットボケるのが
幹部・バリ活のやれる唯一の方法っていっちゃえばそれまでだが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕のいる組織に限ったことかも知れませんが、男子部の本部長に教義変更のことを投げかけても、「ああ、なんかそんなことありましたねえ」のひと言で流され、別の幹部に話を投げかけると「そんなことあったの知らないです」のひと言で話が終わってしまいました。。。

あんたらホンマに大丈夫かと言いたくなりつつも、折伏経典や戸田先生の全集、六巻抄の文底秘沈抄などで読みかじった僕の浅い教学で疑問を投げかけても「創価学会のしたことだから間違っていない」の一点張りでなかなか対論になりませんでした。

この人達が、将来地区部長や支部長になって座談会で御書講義をしたりするようになるんですよね。
子どもの頃、親と一緒に座談会が出ると、地区部長さんが御書を開いてご自身の体験談を交えて御書講義をしていましたが、もうそんなことができる人は絶滅危惧種になってるんでしょうね。

話は少し変わりますが、先日TBSの「報道特集」で沖縄の基地問題の特集をしていた際に、沖縄戦を経験され生家が嘉手納基地に接収されている学会員の年配の女性が取り上げられていました。
ちょうどこの番組が放送された日の夜に本部の男子部と壮年部の会合があり、支部長の一人が活動報告をされる中でこも番組を取り上げて「こんな風に学会員が番組で取り上げられるようになったのは学会理解が深まって来た証拠だ」的な話をされました。
内心オメデタイ人やなあ、と思いましたが、これも学会活動家が共通で抱く感情なんですよね。
「報道特集」のような硬派な番組の作り手がわざわざ学会のことを取り上げるのは、リベラル派として、問題点満載の安全保障法制の審議にストップをかけるための公明党や支持組織である学会への期待の表れだと思うのですが、そんな期待よりも組織を守ることを優先するんでしょうね。

子どもの頃、親が買ってくれた本に学会婦人部が発行人になった「わたしたちの平和憲法」という本がありました。
この本は大人になった今読んでも心から名書だと思いますが、過去に積み重ねて来たモノを全てぶち壊して捨て去ってしまった学会の正義は何なんやと聞きたくなります。

きっと「創価学会のしたことだから間違っていない」という答えが返ってくるんでしょうが。。。

関西の学会3世さん

コメントありがとうございます。

>> 僕のいる組織に限ったことかも知れませんが、男子部の本部長に教義変更のことを投げかけても、「ああ、なんかそんなことありましたねえ」のひと言で流され、別の幹部に話を投げかけると「そんなことあったの知らないです」のひと言で話が終わってしまいました。。。

常勝・関西がその有様では、全国津々浦々同じですよ。
私の地元も支部はもちろん、本部・圏さらに上の幹部でも本尊義の変更など歯牙にもかけません。

> あんたらホンマに大丈夫かと言いたくなりつつも、折伏経典や戸田先生の全集、六巻抄の文底秘沈抄などで読みかじった僕の浅い教学で疑問を投げかけても「創価学会のしたことだから間違っていない」の一点張りでなかなか対論になりませんでした。

会員の真摯な疑問・質問から逃げるのも今に始まったことではないし、男子部に限ったことでもないみたいですね。
学会の方針だから、池田先生が言っているから・・これじゃ何の回答にもなりませんよね。
こっちが聞きたいのは学会が教義を変更した【教学的な理由】なのですから。
学会幹部。活動家が誰も答えられない事実こそ、【教学的】な裏付け・理由がない。ということの証明ではないかと思います。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR