この茶番はいつまで続くのか?

「お元気な池田先生~」
時折、聖教に掲載されるいつのモノか分からないセンセの写真や
センセが書いているらしい和歌だのメッセージだの
お元気な池田先生アピール。
カレコレ5年以上も人前に姿を現わさないセンセ
さすがに、池田名誉会長が今日も元気で活動している
なんて心底思っている会員もいないだろう。
(いたとしたら一度病院での診察をオススメする)

なのに、原田会長をはじめとする上層部が
名誉会長は元気だとミエミエのウソを言うのは
いつものように【会員の心情を考えて】
「先生はお元気」と上層部は言い続けるのか?
本当は人前に出れる状態なくなったしまった名誉会長を
ウソでもいいから「元気だ」と思いたい会員に気持ちに応える為に
こんな茶番を5年以上も続けているのか?
まるで、北の将軍様のようだ。
会員の心情を思ってしばらくの間は
大御本尊を一大秘法と言ってきました。
でもアレはウソでした。
それと同じ手口で、センセはお元気です。と言ってる訳か。
まぁ、上層部がそう言えば言うほど逆に
「ああ。センセイはもうダメなんだな」って思う会員の方が多いのではないだろうか?
だったら、いっそのこと
センセが寝たきりだろうが
痴呆症で逝っちゃっていようが
本当の事を会員に伝えて、全国で唱題会をする方が
センセの為にも会員の為ににもなるのではないか?
宗門に「罰が当たった」っていわれてもいいじゃないか。
そんなメンツにこだわっていないで、センセにお題目送ってあげようよ。
それが本当の信心だと思うのだが・・・

それにしても、永遠の指導者も楽じゃない。
自分が病気で肝心な時に、弟子たちが唱題会もしてくれない。
まぁ、多分もうボケちゃってるだろうから本人はなにも分からないだろうが
そんなになっても、指導者としてこんな茶番の道具にされる。
なんだか、可哀想だなぁ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結局は商売なんでしょうね。

恥ずかしながら、高校生の頃にばったり信心から離れ、20年も経って毎日せっせと聖教新聞に目を通し、同中や座談会に足を運ぶようになった身としては、全てが完全に浦島太郎状態なのですが。
(勤行は納得いかないので5座・3座を貫いています)

こと池田先生の容態については、もうどうしようもないんだろうなと推察してます。
もともと先生自ら筆をとっていたとは思えませんが、先生に何かあったことになると、結局は人間革命だったり、聖教新聞や大百蓮華、その他学会系の出版物に掲載する論文や対談などに支障が出て、売り上げに影響が出るのを避けたいというのが、執行部の本音なんじゃないでしょうか?
永遠の指導者と言ったって、所詮は弟子の金ヅルになってしまったのかと思うと、「師弟不二」という言葉が悲しく響きますね。
ちなみに、ご承知かも知れませんが、先ごろ池田全集は完結したそうですので、Xデイはそろそろ近いのかも知れません。。。

その時には、最後は先生書写の御本尊でもう一稼ぎということになるんでしょうか?
そこまで行きついたらもうどうしようもないですね。

No title

今更ながら教義変更の重要性を認識しています。

活動をしなくなり学会を外から見る立場から思う事は今現在の学会ははっきり言って根本の信仰対象がはっきりしないたんなる日蓮仏法愛好会のように見えます。

これは学会に限らず戦後できた新興宗教教団全部に言える事ですが、例えばキリスト教の信徒と認められるためには教会で洗礼を受ける儀式をすると思います(詳しくは知りませんが概ねという意味で)。
学会も正宗の檀徒の頃はお寺で入会(入宗?)式の儀式をしていましたよね。

学会が正宗と離れ独立しても信仰の根本対象は正宗と変わらなければ、その対象に対するスタンスの違い?ということで何となく大聖人の法を信仰対象にしている団体として自身も納得していました。

しかし今改めて思う事は学会に入会する事が世間一般的に思う宗教を行ずるあるいは宗教を持つということになるのかということです。

伝統がなく、または僧侶や牧師の仲介がないでただ自分がこの宗祖の教えが好きで信仰してますと言ってもなんか無免許・無資格のように思うのです。
世間一般の人は創価が大聖人の仏法を信仰していることすら知らない人が結構います。

逆に教会で洗礼を受けるまたは寺で入会か入宗式を受けその後信仰活動の厚薄があったとしてもその人はその宗教の信者だといえる(免許が有る)のではないでしょうか。

人がなんと言おうと世間の認識と違うと言われようと関係ないと言われればそれまでですが
どう思われるでしょうか?

Re: 結局は商売なんでしょうね。

関西の学会3世 さんコメントありがとうございます。

> こと池田先生の容態については、もうどうしようもないんだろうなと推察してます。
> もともと先生自ら筆をとっていたとは思えませんが、先生に何かあったことになると、結局は人間革命だったり、聖教新聞や大百蓮華、その他学会系の出版物に掲載する論文や対談などに支障が出て、売り上げに影響が出るのを避けたいというのが、執行部の本音なんじゃないでしょうか?
> 永遠の指導者と言ったって、所詮は弟子の金ヅルになってしまったのかと思うと、「師弟不二」という言葉が悲しく響きますね。
> ちなみに、ご承知かも知れませんが、先ごろ池田全集は完結したそうですので、Xデイはそろそろ近いのかも知れません。。。
>
> その時には、最後は先生書写の御本尊でもう一稼ぎということになるんでしょうか?
> そこまで行きついたらもうどうしようもないですね。


仰る通りだと私も思っています。
例え「そうじゃない」のだとしても、その様に思われてしまいますね。
裸の王様ならぬ、裸のカリスマに祭り上げられてなんだか憐れに感じます。

追伸:五座・三座いいですね。私も出来る限りそうしています。一緒に続けましょう。

Re: No title

コメントありがとうございます。

教会・寺院が必要かどうかは別として、
今の学会が一番ダメだと思うのは大聖人を利用している事だと思います。
多分、今後は徐々に独自路線(立正佼成会や顕正会・幸福の科学)を歩むと思います。
いまの仏教系の伝統宗教(宗派)と言われてるい宗派も
日蓮系を含め、ほとんどが鎌倉時代の新興宗派です。
学会を含め、今の新興宗教団体があと何百年存在するかは知れませんが
700年後まで残っていたら伝統宗派と呼べれるかもしれません
残っていない事をねがいますが。

大聖人を利用。
まさにその通りだと思います。
そこで学会が教義矛盾もなく、宗門からも文句を言われない方法。

池田先生を21世紀の御本仏にする。
多くの書籍から池田御書をつくる。
本尊も先生自筆のもの。

ガンジー・キング・イケダならぬ
釈尊・日蓮・池田を謳い文句にする。

冗談みたいに書きましたが、バリ活会員は絶対辞めないでしょう。
むしろ一番矛盾もなくいいと思うんだけど。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> 大聖人を利用。
> まさにその通りだと思います。
> そこで学会が教義矛盾もなく、宗門からも文句を言われない方法。
>
> 池田先生を21世紀の御本仏にする。
> 多くの書籍から池田御書をつくる。
> 本尊も先生自筆のもの。
>
> ガンジー・キング・イケダならぬ
> 釈尊・日蓮・池田を謳い文句にする。
>
> 冗談みたいに書きましたが、バリ活会員は絶対辞めないでしょう。
> むしろ一番矛盾もなくいいと思うんだけど。


まさに、この通りというか、学会的には最終的にはこのようにしたいというか
するのが目的でしょう。
事実、私の知っている地区部長など数人の学会員は
血脈は。大聖人~日興上人~池田名会長とつながっている。
とマジで言ってますよ。
もう完全にイカレポンチです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR