今週の言葉(7月27日)

 「信頼の絆」こそ
 人生の宝なり。
 懐かしい友とも
 新しい友人とも
 さわやかに仏縁を!
@@@@@@@@@@@

バリ活の学会員さんに「友」っているのかなぁ?
昔、ある男子部の部長が
「学会活動するようになったら友達がいなくなった」って
冗談ぽくいってたが、それはきっと本当の話。
多分、その男子部長に限らずバリ活の多くがきっと友達いない。
普通友達がいれば、友達と飲みに行ったり遊びに行ったりするでしょ?
ところがバリ活さん達がそうしたことをしているところ見たことない。
バリ活幹部の周りに、学会員以外の友達を見たことがない。
またこういってはなんだが、俺の周辺のバリ活さんたち
とても友達がたくさんいるようには見えないタイプが多い。
彼らの人間関係は、家族と創価同志。それに仕事絡み。
例外はいるだろうが、ほとんどそんなもんだろう。

その原因は「仏縁」の結び方にある。
彼らの仏縁とは、公明党への支援依頼だったり
聖教新聞の購読依頼だったり
学会主催のなんとかセミナーとかなんとか展へのお誘いだったり
とてもじゃないが相手にとっては「さわやか」感は微塵もない。
「公明党に投票よろしくね」とか
「聖教新聞とってくれる?」とか
「今度学会でこういうセミナーやるからおいでよ」
といくら「さわやか」風に言ってみても
言われた方は、鬱陶しいだけだし、
信頼など得られず、不信感を抱かれるだけ。
だから、懐かしい友はみな離れていき
新しい友などできるはずがない。

もっとも、大聖人を捨てた今の学会は
何をしたところで仏縁など結べない
ご本仏をすてた学会そして学会活動家は
残念ながら、仏弟子でも仏子でもない
だたの一闡提人だ。
一闡提人と縁しても仏縁とならない。
むしろ遠ざけている一般世間の皆さんは賢い。
そして、学会活動家を一闡提人にしてしまったのが
学会の上層部。
見事に健気で素直な学会活動家の信頼を裏切ったわけだ。

 「信頼の絆」こそ
 人生の宝なり。

とはよく言えたもんだ。
この言葉は
「俺たち上層幹部を信頼しているこいつら活動家は
俺たち上層幹部の人生を豊かにする宝なり」
という意味にしか聞こえない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カルトのメリット

創価○会、統一○理、幸福の○学、天○教に知り合いがいるので多少内情わかります。ボクはコメント欄にカルトのデメリットばかり書いてましたので、それでは公平でないのでカルトのメリットを記載します。

確かに、管理人さんの述べられるように一般の友人は減る(減るというより一線をひかれるという表現が正確ですね、一般の友人は勧誘対象になります、たいていの場合は勧誘実績に応じて教団内の地位が上がっていきます)

一般の友人は減りますが代わりに同じ教団内の友人は増えます。
濃いコミュニティがどの教団にもありますから、ほとんど孤独を感じなくて済みます。
どうしても一般社会で孤立してしまう方は思いきってカルトに入会するのも有りかと思います。(あくまでも自己責任で入会してくださいね、ボクが思うに創価○会、統一○理、幸福の○学はベーシックとなる宗教は違いますが組織形態はよく似てます、ただ、裁判沙汰が異常に多いのと脱会するのに苦労するのでやめといた方が無難かと思いますが立正佼○会や天○教は縛りもそれほど強くなくトラブルも少ないようなのでいいかもしれませんね。

統一○理の方とは音信普通ですが天○教、創価○会、幸福の○学の方とは付き合いあります、みなさん宗教活動と仕事にがんばっておられます。確かに入信前と比べると生き生きしてますね。
ちなみに創価○会の方はノルマがキツイので聖教新聞とってくれないかと言ってました(笑)





Re: カルトのメリット

コメントありがとうございます。
確かにコミュニティーのひとつしてはいいのでしょう。
ただ、そのコミュニュティから離れられない。
ここに日蓮仏法的な間違いがあるのです。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR