悪いのは公明党だけじゃないんだよ。

全国的に、学会員による公明党へ批判が広がりを見せつつある。
新聞などにもそうした記事が書かれたり
ネットでもSNSなどを通じて、学会員のよる公明党批判が急増中だ。
個人的には「今更かよ」って感じではあるが
事ここに来てようやく学会員も色々気がついてきたのは一歩前進だ。
そもそも学会員は選挙は信心だ。などと思い込まされ
議員が当選したあとのことは関知しない。スタンスを続けてきた。
仮に、公明党の議員が悪ことをしても
それは、その議員本人が罰を受けるだけで
支援した我々には何の関係もないし責任もない。
っていうスタンスが大多数の活動家の考えだ。
それが、今回の安保法案の強行採決には我慢できなかったのだろう。
これまでに自分たちが、学会の幹部や公明党の議員に聞かされていた話と
実際に公明党のとった行動があまりにも違いすぎて
さすがの「物言わぬ支持者達」も黙っていられなくなっちゃたんだな。

ただ、そうした学会内部の公明批判会員さんの多くが
「池田先生は悪くない」
「創価学会は悪くない」
という論調なのはちょっと残念というか
イマイチ惜しい。
まづ公明党がオカシクなったのは、
明らかに自民党と手を組み与党という権力を手にしてからだ。
そして、自民党と手を組むことをヨシとしたのは
紛れもなく池田センセだ。
それが全ての始まりなのだから
「池田先生は悪くない」とは言えない。
そこから目を逸らして公明党だけ批判するのでは片手落ちだ。
また、いまの公明党の議員は
当然、池田センセが人選したのは疑う余地もない。
公明党議員が自ら「師匠(池田センセ)のおかげ」
「師匠にお応えするため」と言っているわけだから
センセが知りません。というのは通用しない。
なので、「池田先生は悪くないわけない」のである。
悪い。と言いたくなくても、少なくても
池田センセが判断を間違えた。
創価学会が間違っていた。と認めなければ
本当に本気で公明党を批判することにはならない。
さらに言えば「創価学会は悪くない」などどいうスタンスで
公明党を批判するのはナンセンス。
池田センセはいまや何の判断能力もない状態だろうから置いとくとしても
今の学会上層部もまた公明党を通じて手に入れた
権力の魔性という名の利権を享受したい連中ばかりだからだ。
つまり公明党が与党として居座り続けることが
学会上層部の最大の望みなのだ。
その証拠に、一般の学会員の多くが公明党に批判の声を上げているのに
創価学会総体として公明党に対する批判の声は聞こえてこない。
まさかこんな時だけ政教分離だから口出さないってとでも言うつもりか?
むしろ支持団代なのだから、こんな時こそ物申すべきだろ。

いづれにせよ、公明批判をするのであれば
「池田先生も悪い」
「創価学会も悪い」
と自分達自身にも批判の目を向けるべきじゃないか。
百歩譲って悪くないとすれば
池田センセや創価学会上層部に言われて
何も考えずに一生懸命公明党を支援してきた
一般会員だけだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

学会独自の秘密を発かないと

幹部の話は釈然としない。何か隠している。触れたくない。組織の為に感情を殺している。
☆今や、聖教新聞に記載したものは説明しない。教えたつもりと知ってるつもり!!
☆騙しやすい世間知らずの学会オンリー、偉い人の話、騙されても信じる寛容高い題目一筋。
☆幹部は活動の場を提供するのが指導と言う。自らやらないのが慈悲らしい。”日蓮が慈悲広大ならば…”の解釈を求めたら「それは大聖人のお情けである」と答えた。副圏長がグループ長(副支部長)に合わせて説明した。いくら何での酷すぎないか?行学しない幹部らしい。従って判断力が全く備わっていない。
☆異体同心、自民党に組した時に無くなったものを、未だに使われている。その後の三三蔵祈雨事の『助ける者強ければ…』をしっかり読み、行動(指導)に照らし合わせてみろ!異体をしっかり解釈してみろ!

結局墓穴を掘ることになるのでは、

Facebookに学会による安保法制反対のグループが出来たり、安保法制に問題意識を持っている学会員の動きが活発になっているように思います。

そんな会員の声が学会執行部を動かして、公明党が安保法制に反対に転じて、衆議院での再可決に待ったをかけて、法案を廃案に追い込んでくれることを個人的には願っています。

ただもし仮にそんなことになれば、連立政権は破談になって、自民党は学会と公明党を政教一致だとして攻撃してくるでしょうね。(学会が圧力かけて安全保障という重要政策を転換することになるのですから、当然そういう流れになると思います。)

その証拠に内閣参与の飯島勲さんあたりは以前にも、学会と公明党の政教一致を問題にするようなことを匂わしています。

もし自民党から学会への攻撃が始まればそれはかつての反学会キャンペーンを凌駕するようなものになると思います。
そんな大バッシングが起こった時に今の学会にそれを受け止める力があるでしょうか?
学会のことを信頼しながら、公明党の批判をするのは勝手ですが、そういう人達はその結果、自分たちがこよなく愛する組織の展望に暗雲が立ち込めることになるかも知れないということを認識しておく必要があると思います。

No title

すいません。話が途中でした。

公明党が自民党から離れられない理由が有るのでは?
例えば『宗教法人に関する証人喚問』から始まった『元公明党委員長の証人喚問』…・・・
自民党に強く言えない立場、
池田先生の今や擁護、
学会による小選挙区支援の自民党支持
要は公明党独自路線が学会お伺い。
大衆とともに語りあい、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく
創価学会とともに語り、創価学会とともに戦い、創価学会の為、に死んでいく。もうこれ以上、伸びない支持率。
選挙好きのダメ幹部、学会に天下り先は有りませんよ!!

Re: 結局墓穴を掘ることになるのでは、

コメントありがとうございます。

> そんな会員の声が学会執行部を動かして、公明党が安保法制に反対に転じて、衆議院での再可決に待ったをかけて、法案を廃案に追い込んでくれることを個人的には願っています。

それは期待できませんね。やるならとっくにやってます。

> ただもし仮にそんなことになれば、連立政権は破談になって、自民党は学会と公明党を政教一致だとして攻撃してくるでしょうね。(学会が圧力かけて安全保障という重要政策を転換することになるのですから、当然そういう流れになると思います。
> その証拠に内閣参与の飯島勲さんあたりは以前にも、学会と公明党の政教一致を問題にするようなことを匂わしています。

そうみたいですね。学会の政教一致ではない。という根拠は内閣法制局の見解だけですから。最高裁が合憲としたわけでありません。あくまでもその時の政府の見解という程度ですからね。

> もし自民党から学会への攻撃が始まればそれはかつての反学会キャンペーンを凌駕するようなものになると思います。
> そんな大バッシングが起こった時に今の学会にそれを受け止める力があるでしょうか?

無理です。なぜなら、そのバッシングは仏法上のバッシングじゃないので諸天善神も守護する理由はありませんからね。

> 学会のことを信頼しながら、公明党の批判をするのは勝手ですが、そういう人達はその結果、自分たちがこよなく愛する組織の展望に暗雲が立ち込めることになるかも知れないということを認識しておく必要があると思います。

ある意味、そうした会員さんは純粋なので、本気で学会は悪くない。正しい。と思ってます。それが私には痛々しく見えるのですが。

Re: 学会独自の秘密を発かないと

怨嫉太郎さん、コメントありがとうございます。


> 幹部の話は釈然としない。何か隠している。触れたくない。組織の為に感情を殺している。
> ☆今や、聖教新聞に記載したものは説明しない。教えたつもりと知ってるつもり!!
> ☆騙しやすい世間知らずの学会オンリー、偉い人の話、騙されても信じる寛容高い題目一筋。
> ☆幹部は活動の場を提供するのが指導と言う。自らやらないのが慈悲らしい。”日蓮が慈悲広大ならば…”の解釈を求めたら「それは大聖人のお情けである」と答えた。副圏長がグループ長(副支部長)に合わせて説明した。いくら何での酷すぎないか?行学しない幹部らしい。従って判断力が全く備わっていない。
> ☆異体同心、自民党に組した時に無くなったものを、未だに使われている。その後の三三蔵祈雨事の『助ける者強ければ…』をしっかり読み、行動(指導)に照らし合わせてみろ!異体をしっかり解釈してみろ!

全くその通りです。この感情は、本気で学会活動をしてきた人じゃにあとわかりませんよね。
何もしないで口先だけで、広宣流布だ。正義だ。なんだと言っるだけで何もやらない患部連中。
大聖人仏法破壊・学会破壊の張本人ですね。

何も考えずに。

初めてコメントさせて頂きます。既婚中年おばちゃんです。
失礼ですが創価学会員の方に散々嫌な思いをさせられてきた者です。

何も考えず真摯に政治を学ぼうとせずだだ推進活動を行動する創価学会員は大馬鹿者以外の何者でもないと思います。

思考能力停止がまず危険な状態であると気付き公明党が利権を考えないまともな野党に戻る様に創価学会員が一丸となって改心される日を心から願っています。

Re: 何も考えずに。

コメントありがとうございます。

> 何も考えず真摯に政治を学ぼうとせずだだ推進活動を行動する創価学会員は大馬鹿者以外の何者でもないと思います。

そうですね。政治が信心と言っている時点で、政治に参加する資格がありませんね。


> 思考能力停止がまず危険な状態であると気付き公明党が利権を考えないまともな野党に戻る様に創価学会員が一丸となって改心される日を心から願っています。

私もそう願っているのですが、この組織には既に自浄能力はないと思っています。残念です。


プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR