公明批判より重要な事

前回書いたが、ここ最近学会員さんたちの公明批判は
日に日に盛り上がりを見せている
ネットでは言わずもがな
リアルでも会う会員さんのほとんどは
平然と公明党を批判。
それもれっきとした役職のある活動家が批判している。
中には躍起になってそんな批判を打ち消しすように
公明党を擁護する活動家会員も見受けられるが
それもなんだか焼け石に水といった感じに見える。
「あ~活動家の中にもまだダメなものはダメだ」
と言える人間がこんなにるんだぁと思いつつも
公明党にはこんなに表立ってダメ出しできるに
なんで、創価学会本体にはダメ出しでいなのだろうか?と感じる。
正直言って、公明党が安保法案に賛成するよりも
創価学会本部が、戒壇大御本尊を捨てたほうが
よほど酷い会員に対する裏切りであり
会員にとっては重要なことなのに
公明党批判のような広がりはみせない。
それが不思議であり、もどかしくもある。

そこには、前回書いたように創価学会は悪くない。という
創価無謬思想・池田名誉会長無謬論があるからだろう。
でも、組織においても一個の人間においても
自分は絶対正しいといい、自己批判や反省を放棄することは
それは、とても危険なことでだ。
ユネスコ憲章の全文の冒頭には
「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」とある。
自分自身や自身の属する団体・組織を絶対とすることが
やがて戦争が生まれる原因となってるんじゃないと思う。
大聖人仏法の信者としての絶対正義とは
日蓮大聖人・つまりは大ご本尊だ。
大ご本尊のみが唯一の無謬の存在だ。
全世界・全人類を平和と幸福にするためには
大御本尊を流布する以外に方法がない。
それが大聖人のご遺命だろう。
なのに、ほとんどの会員が学会本部の暴挙に異議を唱えない。
創価本部を非難しないで公明党などという、かくも儚い一政党を批判したところで
実はなんの解決にもならない。と気づいて欲しい。
そして願わくば、大御本尊をすてた学会本部に
その愚かさを謝罪させ撤回させる
そんな学会員が組織の中に増えていって欲しいと思うこの頃だ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

宗教VS宗教団体

昭和の時代に組織を拡大するには都合がよかった日蓮上人の教えも不都合になってきた、公明党も天下の与党となり、大臣様も輩出し幼稚園から大学まで経営する巨大宗教産業に変貌をとげる、こうなると当然イメージが大事になる、昔みたいなハチャメチャな布教活動がしにくくなる(世間の眼もありますからね(笑))

自民党の支持母体には多くにの神社や宗教団体もあるので、いつまでも邪宗撲滅とやってワケにはいかなくなってきた。
そこでお坊さん連合を経済的に締め上げいうことを聞かして、創価の意図するオリジナルソフト日蓮宗に同調させイメージチェンジをはかろうとしたが、お坊さん連合は宗教団体であるのでいくら信者を増やすためとは言っても原理原則を曲げるワケにはいかないと言って拒否!

経済的に締め上げ自由に操ろうとしたが逆に破門されてしまった。
世間との融合に舵とりをしたい創価にとってこれはある意味幸いしたのである、折伏経典等やばい書籍はすべて廃番にして、戦闘的と言われる日蓮上人の教えを捨て去る方向に舵とりを図る創価の経営陣。
(40代以上の信者は創価が邪宗撲滅なんてやってた頃の事を知ってるのでいきなり変身というワケにはいかないが、本尊もオリジナルで作成するところまでもってきた)

●管理人さんの希望は永遠にかなえられないような気がするのはボクだけであろうか……。

Re: 宗教VS宗教団体

いつもコメントありがとうございます。

> ●管理人さんの希望は永遠にかなえられないような気がするのはボクだけであろうか……。

そ・そ・それをいっちゃいますか?(泣)

公明党を推進した友に

創価学会員の方はまず謝って下さい。採決されてから疑問視するなんて馬鹿じゃないですか?
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR