今週の言葉 (8月16日分)

 学会の教学研鑽は
 「剣豪の修行」なり。
 智慧と勇気の
 宝剣を磨きゆけ!
 人生勝利のために。
@@@@@@@@@@

今週は教学研鑽のおススメですかぁ。
御書研鑽といわずに、教学研鑽というあたりが憎いね~(笑)
いや違うか。
ここは「学会の教学」の研鑽と言ったほうが正しいか。
「学会の教学」の研鑽は御書の研鑽ではなく
池田センセのスピーチやら小説の研鑽ってことだな。

男子部時代俺は派遣(地元でなく他の支部にいくこと)の部長の任命を受けた。
その一番最初の部活(男子部の会合)の時の話だが
会合の最後に御書の一節を引用して話をしようと
部員さん達に、
「それじゃ、御書をやるので御書出して」っていったら
だ~れも御書を持ってきていない。
で、地元の副部長に「なんで御書を持ってきてないの?」と尋ねたら
今までの部長は会合で御書をやったことないし
御書をもって来いと言われたことがない。との答え。
え~嘘でしょ?と思いつつ
なんで、ある程度活動家がいるのに
地元から部長が選ばれなかったなんとなく分かった気がした。
これじゃいかんだろ。と思いそれからは
毎回の部活ではほとんど御書・御書・御書
結果、本部6支部内で、新聞も折伏の最下位争いしていたその部は
わずか6ヶ月で本尊流布も新聞啓蒙も分県トップの成績を収め
優秀支部として表彰された。
因みにその支部の俺の前任の男子部長は
いまは壮年のゾーン長をやっている。

それはさて置き、教学を学ぶのは、破邪顕正。
要は折伏のために学ぶのだ。
折伏したいと欲すれば、教学を学ばざるを得ない。
これが、行学の二道だ。
そして、折伏・広流布とは大聖人の仏法を広めることである。
大聖人の仏法を広めるためには、
大聖人の法門・法義を学ぶことは当然のことだ。
その法門・法義こそ御書なのである。
池田センセのスピーチなど学んだところで
折伏などできないのだ。

日興遺誡置文 には
◆義道の落居無くして天台の学文す可からざる事。とある。

一応は天台を学ぶべからず。となっているがこれは何も天台に限らない
義道の落居。すなわち大聖人仏法を完璧に理解しないうちは
他の研鑽はしてはいけない。ということである。
天台すらダメなのだ。
池田センセのスピーチの研鑽など可からざる事もいいところである。
もっとも、大御本尊を捨てた、創価教学とやらで御書を研鑽しても意味はない。
大御本尊についての、法門・法義が書かれているのが御書だから。
それを捨てたら御書を勉強しても何一つ役に立たない。
剣豪の修行?ちゃんちゃら可笑しい。
教えてる側が、無手勝流のしかもトーシロー。
だから宝剣なんて持ち合わせていない
偽物の竹光を磨いているだけ。痛々しい。

座談会で御書講義をするのに、
講義する側も、受ける側も、御書を持ってきていない。
大白蓮華で、切り文を学ぶだけ。
これのどこが、御書根本なのか?
これのどこが剣豪の如き修行なのか?
寝言は寝てから言って欲しいもんだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ゾンビの群れVS管理人さん

創価経営陣にとって仏法は会員に創価を絶対だと思わせるためのツールにすぎないから、ぶっちゃけ日蓮上人も本尊もどうでもいいんだよね、本尊の携帯版をだしたり、カラーコピーした本尊を配布したり、教義を変更してもなーんにも思わない。

会員は福運功徳で操られる創価ゾンビと化してるから、子供に罰論刷りこんでも慈悲と思って平気だし、宇宙銀行に預金すれば利子が付いて戻ってくると本気で信じてるし、聖教新聞を何部もとらされた上にいつのまにか新聞の勧誘員になってるのに何にも思わない、宗教活動してうつ病になるなんて本来はありえない(カルトは除く)のに、うつ病続出の学会活動、おまけに公明党が創価の意向を無視して安保関連法案に賛成するなんてありえないのに公明党だけが悪者にされてしまう(創価の意向が賛成だから、公明党が賛成したのが何十年も学会員していてもわからないらしい)

管理人さんも大変ですよね、創価ゾンビ相手に一生懸命正論説いてるんですからね。陰ながら応援してます。(*^^)v

Re: ゾンビの群れVS管理人さん

コメントありがとうございます。

> 管理人さんも大変ですよね、創価ゾンビ相手に一生懸命正論説いてるんですからね。陰ながら応援してます。(*^^)

いつも激励、痛み入ります。

完全なゾンビはともかく、まだ完全にゾンビ化していない人には
ワクチンを打って戻っきて欲しいと願っています。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる