創価学会の信仰の正体

リアルでもネットでもたまぁに
創価学会の信仰するるとこんなに凄い。
みたいに言ってる学会員をみかける。
曰く、「創価学会の信仰をすると悩みを全ていい方向に変えられる」とか
「今の苦しみは本当は将来もっと大きな苦しみを受けるはずの者が
信仰によって小さい苦悩に変えている」とか。
まぁ、どちらかと言うと、創価学会の信仰すると
絶対に幸せになれますよ的な発言が多い。
でも、これって創価学会の教えじゃなくて
全部、日蓮大聖人の教え。
創価学会の信仰ではなく
日蓮大聖人の教え、信仰と言うべきところを
それを、あたかも創価学会がそう言ってるかの如く
【創価学会の信仰】と言ってしまう。
これは意図してそう言っているのか?
知らずにそう言っているのか?
心の底からそう思っちゃっているのか?
学会員によってマチマチだろうが
このような言動をする人を
仏法では、「法盗人」とか「食法餓鬼」と呼ぶ。
日蓮大聖人(大御本尊)から離れた創価だから
日蓮仏法の信仰じゃないと分かっているから
創価学会の信仰と言っているなら
まだ、学会活動家にも羞恥心というものが残っている証拠だが
予想では、厚顔無恥だからそう言うんだろうなぁって思う。
ただ、このような事を言われちゃうと
知らない人々は、創価学会の信仰に興味を持ってしまう。
興味を持つ分には個人の自由だから致し方ないが
真実の創価学会の信仰の正体を一応書きとどめておくので
気が向いたら読んで欲しい。

まず、学会員の話す法義のほとんどが
日蓮大聖人のパクリであり学会や池田センセのオリジナルじゃない。
では、オリジナル(大聖人の仏法じゃない)の創価学会の信仰とは何か?
まず、本尊。勝手に学会が認定してるからオリジナルだ。
次の池田センセのスピーチを学ぶ。これもオリジナル。
で、聖教新聞の拡販。
公明党の選挙支援。
暮れの財務。
全部ひっくるめて、いわゆる学会活動なるものが
創価学会の信仰の全てである。
凡夫が決めた本尊。
凡夫が決めた法理・法門。
凡夫が決めた修行。
これが【創価学会の信仰】の正体である。
さぁ~て、これで本当に仏の加護はあると思う?
仏の決めた事を反故にして
自分達のやりたい放題好き勝手な信仰をして
それで仏法と呼べるだろうか?
創価学会の信仰とはその言葉の通り
【創価学会を信じる】ということだ。
これが仏法だと思い、創価が仏法を信仰するする団体だと思うならば
致し方ない。信教の自由だ。
どうぞ頑張ってください。と言う以外にないが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR