今週の言葉 8月31日

 「月月・日日に」
 強き祈りで前進だ。
 満々たる生命力を!
 冴えわたる智慧を!
 ここに勝利のリズムが。
@@@@@@@@@@@@

池田センセ及び学会幹部って
この「勝利」って言葉好きだよねぇ~
何かと言えば、【勝利】
明らかに負けちゃっても(公明候補者の落選など)
それでも【勝利】
宗門との裁判も、ほとんど負けていても
やっぱり【勝利】
一体、何が【勝利】の基準なのかと
冷静に考えると
【学会活動をしている】=【勝利】
と、こうなる。
でも、学会活動している人。
つまり活動家は、前回のブログでも書いたが
実社会で勝利している人はほとんどいない。
たまに、実社会で成功している会員がいると
幹部は「世間での成功など偉くない。偉いのは仏法を広めるている人だ」
なんて言いだして
多くの実社会で勝利してない会員も
「そうだ。そうだ。」とこうなる。
つまり、オマエより真剣に学会活動をしている俺の方が偉いんだ。
とまぁこう言いたいわけなんだろうが
敗北者の強がりにしか聞こえない。
ではそんなバリ活が学会の中で結果を出しているか?
と言えばそうでもない。
聖教啓蒙にしても、折伏・本流にしても、教学にしても
【デキル活動家】なんてほんの一握りだ。
幹部になればなるほど、【デキナイ】傾向だ。
そして【デキル活動家】はそれなりに世間でも結果をだしている。
そんな、なにもできない活動家達は
学会の勝利=自分の勝利
という摩訶不思議な方程式を自分のなかで作り上げる。

どっちにしても、学会で言う所の勝利は
学会活動をする事自体で
学会活動得をしていれば勝利。という事だ。
祈りなんて全然関係ない。
関係ないのに、【祈り】というキーワードを使う。
それが学会指導のカラクリ。
まぁ、御書利用・大聖人利用。
分かってしまえばなんて事は無いんだけど
分からない会員さんが多いよね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR