公明擁護派はゴメンナサイだね。

日刊ゲンダイに池田センセの
「21世紀の対話」での指導が掲載されたね~
例の公明・自民が進めている安保法案。
センセはどうやら真っ向否定のようだ。
(以下ゲンダイから抜粋)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
◆国防のためだから、国民の税金を軍備の拡充のために注ぐのは当然だという、政府・権力の言い分は、まやかしにすぎません。それにもまして悪質なのは、国を防衛するためといって、青年たちに生命の犠牲を求めるペテン行為です。なぜなら政治権力の多くは、この“防衛”を口実につくりあげた軍事力によって“侵略”を行い、他国民も自国民も、ともに苦難のどん底へと叩き込んできたのですから――。本当に“防衛”のためだった例は、きわめて稀でしかなかったのではないでしょうか

◆問題は、あらゆる国が他国からの侵略を前提として自衛権を主張し、武力を強化しており、その結果として、現実の国際社会に人類の生存を脅かす戦争の危険が充満していることです

◆世界に貢献”するための“憲法改正”論議なども一部で浮上していますが、私は賛成できない。平和志向の国家としての国是にかかわるからです
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

以上がゲンダイに掲載されたセンセの過去の発言だ。
どこをどう読んでも、今の公明がしている事を
真っ向否定してるとしか読めない。
これを読んで、
公明党議員やバリ活会員
そして、ネット上で必死に公明擁護をしている
自称・学会員の人達はどう思うのだろう?
公明擁護をしている自分が
実は師敵対の存在と言うことを認めるのだろうか?
それとも、また何だかんだ言って
公明擁護している自分を擁護するのか?
非常に興味深い。
さらに言えば、こうしたセンセの発言に反しいる公明党を
こんなときだけ「政教一致になるから政策には口出さない」などと言ってる
創価上層患部を、
公明擁護のバリ活会員はどう思うのだろね。
是非、訊いてみたいが
こういう自分が不利になる事から遁走するか
話をかえてウヤムヤにするのが
バリ活会員の特徴なので多分言葉を濁すのだろうな。
もっとも、ここまでハッキリとセンセの言葉が残っているとなると
さすがの、公明擁護派の幹部・活動家・議員も
「ごめんなさい」する以外にはないだろう。
普段から「センセはこのように言っている」
「センセにお応えする」などど
歯の浮くような言葉並べているのだから
当然、ここは「ごめんなさい」というのが
人としての道というもんだ。
が、彼等はとにかく人に頭下げるのができない連中なので
潔く「ごめんなさい」とはいわないんだよね、これが。
自分達が間違っていようが、狂っていようが
「ごめんなさい」を言ったら負け。という感覚なんだろうね。
可哀想と言うか、憐れというか
それはそうとして個人的にはスッキリしたよ。
これで、創価・公明の幹部達がいかに師敵対かハッキリしたからね~。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

連日すいません。。。
この日刊ゲンダイの記事が出た日に、男子部の部の日がありましたので、新聞を買って帰って参加されていた方(といっても本部長と支部長の2人だけでしたが)に突きつけて、「どない思います?」と聞いてみました。

と言っても反応は、
「うーん、むずかしいですねえ」
という程度のものでした。
(大体、予想された反応ではありましたが)

僕自身は、安保法制については池田名誉会長の過去の指導云々というよりも憲法違反が明らかな法律が通ることで、国民主権や基本的人権までもが揺らぐことを危惧していますので、大阪で行われた学会員の有志の方が企画された勉強会で聞いてきた憲法上の問題点を勉強会のレジュメを目の前に置いて、目の前にいるお二人に法案の問題点をトツトツと説明させていただきました。
それに加えて、「憲法違反の法律が通るようになったら、今度は国は信教の自由や結社の自由みたいなもんにまで、制約かけてくる可能性もありますし、多少は自分の頭で色んなことを考えとかないと、知らにん間にエライことになりますよ」という話をしましたら、多少は我がことと考えてもらえたのか、少し対話になりました。

僕の住む隣の市では、9月13日に市議会議員選挙があるのですが、さすがに今回は公明党の議員に投票を依頼しても露骨に断られるなど、かなり苦戦をしているみたいです。
これで学会の中も割れて、公明党の議員に投票しない人が出れば、落選者が続出するかも知れません。

ここまで物事が極まれば、公明党も無理に安保法制の採決に進ませずに、一旦法案を継続審議にして、野党も巻き込んで問題点を洗い出したうえで、再度審議するという選択肢をとるのもありだし、そうするべきだと思うのですが。

選挙権の18歳までの引き下げや、参議院の区割り見直しなど、来年の夏の選挙に向けて、若年層の組織化ができ、支持団体の人間が都市部に集中している公明党にとって有利な選挙制度改革を先に実現してしまい、自民党に貸しを作ってしまったので、もうにっちもさっちもいかないというのが実際のところなんだと推測しています。

昨日もTBSの「報道特集」で、安保法制に反対する学会員の動きが取り上げられていましたが、学会本部も公明党も、学会員の一部が組織を離れた動きをとることは想像してなかったんじゃないでしょうか?
こんなことになったのは、大御本尊を捨てて、学会には何の法力も仏力も働かなくなったことの証なんでしょうか、、、
仏法は厳しいですね。。。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR