日本宗教学会での創価大・宮田幸一発言

古本屋店主さんより、
先日、創価大学で行われた
日本宗教学会・第74回学術大会での
創価大学・宮田幸一教授の発言内容についてコメントいただき
早速、その内容を視聴した。

https://www.youtube.com/watch?v=cvi5ADbnRkY&feature=youtu.be

発言内容を俺的にまとめると
1.昔は創価学会の信心だけが功徳があると言っていたが、日蓮宗を信仰している人がみんな不幸になっているかというと、そうは言い切れない
2..五時八教五時八教という大聖人の教えは、という大聖人の教えはもう駄目(大学出てる人は歴史的事実だと思っていない)
3..SGIには日蓮本仏論はない。
4.教義変更は、センセの了解を取って変えたのだろうと、理解している
5.日蓮大聖人は自分で本仏だといっていない。正宗の教義は怪しい御書の引用。故に日蓮本物論の立場はもうとらない。日蓮本仏論は後世の捏造。
そして、宮田は「日蓮上人の遺文をみれば釈迦本仏でしょう。」と釈迦本仏論を主張。

要約すると、日蓮大聖人は本仏でなく釈迦が本仏だ。
と言っているわけだが、
まぁ、宮田なら言うなってか、
昔から宮田のいってことだ。
戒壇大御本尊否定や御書偽書説・日蓮本仏論の否定・・
ずっと前から宮田が言ってきたことだ。
今回の発言の内容を見ても、信心のない門外漢が言いそうな内容で
正直、サクッと破折できる程度の幼稚な内容で
取るに足らない内容だ。
教授といったところで創価大学には仏教学部はないので
彼は仏教学の専門家でもない、ただの哲学者である。
その哲学者が自分の個人研究をもっともらしく言ってるに過ぎない。
まぁ、夏休みの中学生の自由研究みたいなモノ。
そんなお粗末な個人研究にとやかく言うつもりはないが、
問題は、この宮田をいつまでも創価大学で雇用し
創価大学で行われた大会で、このような謗法発言を黙認し続けている
創価上層部である。
とっとと宮田を解雇し、
宮田はそんなに釈迦本仏が好きなら立正大学に雇ってもらえ。
立正大学なら仏教学部もあるからな。

もしも、宮田と同じ事を一般会員が座談会で発表したらどうだろか?
おそらく、幹部からの指導が入るのは間違いない。
それを何年も続けたら?
活動停止か最悪除名である。
それを創価上層部は、何年も黙認するのみならず
創価大学で雇って給料まで払っているのである。

何故、こんな謗法者を雇い続けるのか?
何故、こんな放言を黙認するのか?
その答えは一つしか見つからない。
それは、宮田の発言は創価上層部の意図だから。だ。
昨年の本尊着変更も
何年もの間、宮田氏や金原氏に
大御本尊偽物発言をさせておいて黙認し
やがて、彼らの主張通り大御本尊を捨てたのが上層部だ。
つまり、奴らはまず他者を使い様子を見ているのだ。
で、会員がそんなことにあまり興味がなさそうだ。
これなら教義変更しても大丈夫そうだ。
という頃合を見計らって教義変更する。という思惑だろう。
本尊義変更もその作戦でうまくいったし
今回も同じ作戦でまず、宮田にいわせる。
会員の反応が大きく批判的なら、宮田一人の責任にすればいい。
そんな思惑が見え隠れする。
となると、早晩創価学会はついに釈迦本仏に教義変更される日が来るはずだ。
ついに、立正佼成会と同じになるわけだ。
もっとも、日蓮本仏論は
学会が、大御本尊を捨てた時点で同時に捨てているから
釈迦本仏論に走るのは自明の理であるが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
創価について研究していたところ、
本サイトにたどり着いたものです。
恐縮ですが、質問がございます。

・宮田の研究は、自由研究とのことですが、どの点において学術的瑕疵があるとお考えでしょうか。
私と最近同氏の論を読みましたがら
方法論的には特に問題がないように思います。

・植木が岩波から法華経の訳を出しましたが、それに対する評価はいかがでしょうか。私は高く評価しております。
また、日本人が法華経を読むときに接するメディアが岩波であることについて、どのようにお考えでしょうか。

・貴殿の主体論について、
死後も続く超時間的な主体を定立しているという考えで間違いないでしょうか。

・言論出版妨害事件を経て、
創価学会が日蓮正宗との協議の上で、
国立戒壇を断念したことについてどうお考えですか。またその際の日達氏の対応に対する評価はいかがでしょうか。

・日蓮の政治思想は、
中田考が述べるような聖的なものの俗的なものに対する優越でしょうか。日蓮的にいうと、王法よりも仏法

・日蓮思想が、他の宗教、例えばキリスト教やイスラム教徒より優れているとお考えでしょうか。またその際の根拠定立はどのように行われますか。

郵便的不安さん

こんにちは。初めまして。

> ・宮田の研究は、自由研究とのことですが、どの点において学術的瑕疵があるとお考えでしょうか。
> 私と最近同氏の論を読みましたがら
> 方法論的には特に問題がないように思います。

宮田教授は創価大の教授です。創価学会は現在も日蓮大聖人を末法のご本仏と定義しています。
ですから宮田教授の研究は創価の公式見解ではない。といことです。
確か宮田教授のHPにも個人的な研究であるというような趣旨の事が書かれていたと記憶しています。

> ・植木が岩波から法華経の訳を出しましたが、それに対する評価はいかがでしょうか。私は高く評価しております。
> また、日本人が法華経を読むときに接するメディアが岩波であることについて、どのようにお考えでしょうか。

その辺については考えたことはありません。どこの出版社でも「法華経」に変わらないので。

> ・貴殿の主体論について、
> 死後も続く超時間的な主体を定立しているという考えで間違いないでしょうか。

生命は永遠という事です。

> ・言論出版妨害事件を経て、
> 創価学会が日蓮正宗との協議の上で、
> 国立戒壇を断念したことについてどうお考えですか。またその際の日達氏の対応に対する評価はいかがでしょうか。

特段問題ないと思います。そもそも国立戒壇などという言葉は日興門流で使われたのはほんの一時でありその内容も顕正会などが主張している内容と異なります。

> ・日蓮の政治思想は、
> 中田考が述べるような聖的なものの俗的なものに対する優越でしょうか。日蓮的にいうと、王法よりも仏法

そのような二元対立的なものではありません。

> ・日蓮思想が、他の宗教、例えばキリスト教やイスラム教徒より優れているとお考えでしょうか。またその際の根拠定立はどのように行われますか。

この辺りは、五重相対をお調べください。

さて、郵便的不安さんは「創価」について研究しているようですが
「創価」の「何」を研究されているのですか?
「創価」の研究ならばこんなアンチサイトよりも
「創価系」サイトの方がいいのでは?
今回の質問の内容と「創価の研究」があまり結びつかないように感じられます。
ご質問にお答えるのは吝かではありませんが
「創価」について「何」を研究されているのかを教えてもらわないと
お互い徒労に終わってしまう危険性がありますので
教えてもらえませんか?

ありがとうございます。
私のテーマですが、下記の通りです。

・創価学会会員の自意識と自己定立方法、世界認識を現象学的、バフチン的方法で解明すること
・日蓮思想における誤配的現象の背後にあるコミュニケーションの蓄積
・創価学会の政治的教義的変遷に伴う亡霊的回帰現象、亡霊とはデリダ的な意味
・ウェストファリア体制確立以前における国家と宗教の関係とそれの現代的展開

郵便的不安たち  さん

こんにちは。

> 私のテーマですが、下記の通りです。
>
> ・創価学会会員の自意識と自己定立方法、世界認識を現象学的、バフチン的方法で解明すること
> ・日蓮思想における誤配的現象の背後にあるコミュニケーションの蓄積
> ・創価学会の政治的教義的変遷に伴う亡霊的回帰現象、亡霊とはデリダ的な意味
> ・ウェストファリア体制確立以前における国家と宗教の関係とそれの現代的展開

なるほど。
でしたらやはり現役の創価活動家さんに質問した方が有意義な回答を得られると思います。
(コメントするな。という意味ではありません)
私の回答は平均的学会員でも平均的アンチでもないので参考にはならないと思います。

ありがとうございます。
またコメントさせていただくと思いますが、
よろしくおねがいます。
もしご迷惑でしたら、
相応のご対応をください。

郵便的不安たち  さん

> ありがとうございます。
> またコメントさせていただくと思いますが、
> よろしくおねがいます。
> もしご迷惑でしたら、
> 相応のご対応をください。

いえ。迷惑ではありませんよ。
ただ私は平均的でないので
私の回答はあまり参考にならないのではと率直に思っただけです
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる