今週の言葉(9月15日)

 座談会の勢いは
 事前の準備で決まる。
 率先の訪問・激励を!
 新来の友も交えて
 価値創造の集いに!
@@@@@@@@@@@@

また、座談会ネタですか。
座談会については、先日粗粗書いたとおりで
価値創造の集いなどと呼べる集まりじゃありません。

それはさて置き
読者の方のなかには、「訪問・激励」とは?
という方がいると思います。
どこに訪問して誰を激励するかというと
その相手は、未活動家の会員のこと。
未活動家の会員の家に訪問し、激励しましょうってことですね。
まぁ、大体地区の幹部がこうした事をします。
部幹部以上で役職が上がれば上がるほど
会員さんのところに訪問などしなくなります。
で、この会員宅への訪問のことを
活動家の間では、【個人指導】【家庭指導】などといいます。
俺は、この言い方が物凄く嫌い。
俺が男子部の副部長になった時に
各地区リーダーに「指導という言葉は使わないこと」と徹底した。
指導なんていうのは、会員さんに対して
上から目線もいいところ。
そもそも、未活動家会員は学会員に来てもらいたくない。
それを、アポなしで突然自宅を訪ねてきて
興味のない学会の話を一方的にされていい迷惑なのだ。
まるで、いきなりやって来るエホバの証人と同じ。
また、【指導】なんて呼べる内容のある話もない。
そもそもアポなしで訪問しているのだから
ほとんどの会員は不在か居ても出てこない。
俺にも経験があるが、地区中回っても
実際にあって話せるのは1日2~3人いればいいほうだ。
で、結局会合の日程を書いたメモ(紙)をポストに入れて終了。
中には、在宅確認もしないで、
ひたすら会合メモをポストインするだけって活動家もいる。
ポスティングのバイトか!(笑)って言いたい。
そんな、訪問のどこが
【個人指導】【家庭指導】と言えるのか?
だたの自己満で【指導】というこ言葉を使ってるにしか過ぎない。
【指導】って言葉を使うと、なんとなく俺って活動してんなぁ。
って気分になるのだろう。
ってか、何の人間関係もないお前に指導される覚えはない!
お前に激励されても気持ち悪いだけ。
お前は、俺の何なんだ?お前は何様なんだ!って思う。
会合の日程と聖教新聞のコピーを
ポストに投函するだけで活動家が増えるなら誰も苦労しなっいて~の。

因みに俺が地区リーダーをやってとき、
地区の男子部員19人で活動家は0人。
地区リーダーになっての最初の座談会は
男子部は俺だけ。
1年3ヶ月後、俺の地区リーダーとして最後の座談会は
19人中15人の男子部員が参加してくれた。
その後活動家となって、
いまでも、支部幹部・ゾーン幹部となっているメンバーもいる。
何をしたかはここでは書かない。
だた、今となっては、そうしたメンバーを
学会の活動家にしてしまったことを
ただ、だた申し訳なく思い
痛恨の極みだと思っている。
まさか、学会が大謗法の団体になるとは当時は思わなかったので
本当に申し訳ないという気持ちで一杯だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大健闘!

このプログスゴイですね!
プログ村の創価部門で堂々の2位です。

上位にくるのはバリ活系の創価プログがほどんどなのに
その中での2位ですから立派です。

管理人さんの読みやすい文章や創価の問題を的確ににとらえた表題、読者の教学に対する質問に対してもちゃんとで御書を引用しながら返答できることが支持されている原因と思います。
がんばってくださいね!(*^^)v

Re: 大健闘!

コメントありがとうございます。


まさかの、褒め殺しですか(笑)

これからもよろしくお願いします。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる