今年から財務やめます

先日、男子部時代から今も付き合いのある後輩と話した。
彼はいわゆる学会2世で
いまも一族全員学会活動家。
兄弟には学会の仕事(詳しく書かないが)をしている人もいる。
彼もまた未来部から男子部と活動をしてきたが
とあることがきっかけでいまは活動をしていない。
活動はしていないが、去年まで財務だけはしていたらしい。
その彼が今年から財務をやめる。と言ってきた。
正直、あのバリ活一家のなかで
活動しないだけでも、家族はともあれ
周囲の学会活動家や幹部から
後ろ指差されているのに
更に、財務までやめて大丈夫かのか?
と聞いたところ
既に、家族には財務をしない。と伝えたそうだ。
家族の反応は本人がいう以上はそれを尊重するらしく
彼は、今年から財務をやめることになった。
彼とは月に1~2度会って話すのだが
その折には、謗法となった学会への布施はやめるべき。
といつも俺は言っていた。
ただし、彼が財務をやめるに至ったのは
別に俺がそう言ったからでない。
自分自身が、学会の本尊義変更に不信を抱き
自分自身で、御書を紐解き考えた末の決断だ。
あの一族のなかでよくぞ決心した。
拍手喝采である。
彼は、毎年最低50万円。
多い時には三桁(100万円)の財務を続けてた。
いままでゆうに1000万円以上の財務をしている。
彼が言うには、それは全て広宣流布のためだと思ったから財務を続けてきたのだと。
なので、大御本尊を捨てた学会に財務をする気はないと。
広宣流布の為と言って、金を騙しとられるのが分かっていて財務などしない。
そう言っていた。
マジで立派だなぁ。
なにがって、自分自身が学んで決めたというところ。
彼が二十そこそこの頃は患部に従順で大丈夫か?と思ったが
自立した立派な信仰者に成長した姿に嬉しくなったね。

そんな彼の願いは、大御本尊にもう一度お目通りしたい。と言っていたが
さすがにそれは無理。
俺もお目通りはしたいが、正宗は学会をやめて
法華講にならない限り、大御本尊にお目通りは叶わない。
が、彼のように退会できない人間もいる。
彼が、退会したら学会の仕事をしている兄弟も職をなくすかもしれない。
さすがに、そんなことはできないのだ。
大聖人の御聖訓に従えば
それでも退会してお目通りするのが正しいのかもしれない。
だた、現実の中で生きている以上そうできない人もいる。
それでも、やはり学会をやめて法華講にならなければ
大御本尊に会うことは叶わないのである。
こういうところが、俺が日蓮正宗になれない(ならない)理由のひとつだ。
まぁ、何はともあれ財務をやめることは
おおきな謗法をやめることなので、彼には良かった。
一族の中で一人でもこのように破邪する人がい出た
ということは彼の一族も少しは救われる。と俺は思うよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR