同じ手口

安保関連法案が採決・可決されたね。
まぁ、遅かれ早かれ最後は多数決。
結果は端から分かっていたことだ。
与党に必要以上に議席を与えるとこうなるわな。
といっても小選挙区制だと仕方ないね。

安保の見直しは決して反対じゃないし
今回の改正が即戦争となるとも思わない
(戦争やテロに巻き込まれるリスクは高くなると思うが)
俺が個人的に反対なのは
憲法を無視して決めちゃう。ってところ。
立憲主義の崩壊に危惧を抱いている。
本来であれば、権力の暴走を抑止するべき憲法が
時の権力によって解釈を変えて
結果、憲法というモノが有名無実になってしまうことに
非常に危険を感じる。
もちろん、今の憲法に瑕疵がないとは言えないが
それでも、現在憲法があるのだからそれを遵守するのが
立法府である政府の責任だと思う。
立憲主義の崩壊は、権力の暴走につながる。
そうした前例を公明党が自民と一緒になって作ってしまったのだ。
やがて、時の政府が憲法20条の解釈を変更して
学会の選挙活動を「政教一致」として
禁止することだってありえない話じゃないのにね。

本来、遵守すべき法を
時代の流れというの曖昧な説明で
勝手に時の権力が解釈を変える・・
うん?どっかで聞いたことがあるなぁ~
そうだ!学会の本尊義の変更がまさしくこの手法だ。
本来信仰者の守るべき絶対法である
戒壇大御本尊を
時流にそぐわないという勝手な言い分で
自分達の都合のいいように解釈を変えて
それを、会員に押し付ける。
まさに、今回の安保法案成立と
同じ手法を使っている。
傲慢な権力というのは
同じ手口を使うんんだなぁ。
それを見破り
それを阻止する力を持たないと
権力にいいようにされちゃうよ。
何よりも、こうした悪しき権力との闘争こそ
大聖人仏法の根幹なんだけどね。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

宗教貴族もラクじゃない

●面白いプログを発見しました。
元創価学会員3名のプログ。
http://harunokoime20150831.blog.fc2.com/

本部職員でも末端は池田氏が現在でも正常な判断ができると思ってるんですね。

●イラクと今回のことで創価学会の本当の姿に気づいたらどうですか?
まだ、気付かないフリを続けるつもりですか?

こう書けばわかりますか!
既得権益側→池田氏=創価経営陣=公明党=自民党=日本会議=自民党支持宗教団体=財閥系巨大企業

今までの池田氏の平和に関するスピーチは全て信者獲得のための演出なんです。
これでイラクと今回のことで公明党が賛成にまわり、池田氏と創価学会が反対しない理由が理解できたでしょう。
少しは目が覚めましたか?

No title

与党側が安保法制の違憲性を否定する際に、最後の逃げ口上にしていたのは、

「憲法に『集団的自衛権』を否定する文言はない」

というものでしたが、これもよーく考えたら、

学会が勤行のやり方を変えた際の

「御書には、5座3座をしないといけないとはどこにも書いていない」

と言う説明の理屈と同じですね。。。

ランキングINポイントで堂々の1位

再投稿ですいません。

このプログがとうとうI位になりました!
バリ活系のプログ以外で1位になったプログは過去になかったように思います。

管理人さんの創価学会のありかたに対する問題提起に興味をもたれる方が次第に増えてきてる証しですね!
1位おめでとう「ございます(^^)v

Re: No title

コメントありがとうございます。


> 与党側が安保法制の違憲性を否定する際に、最後の逃げ口上にしていたのは、
> 「憲法に『集団的自衛権』を否定する文言はない」
> というものでしたが、これもよーく考えたら、
> 学会が勤行のやり方を変えた際の
> 「御書には、5座3座をしないといけないとはどこにも書いていない」
> と言う説明の理屈と同じですね。。。

権力者(詐欺師?)は皆同じような手口を使いますよね。
「組織を守るため」(自国の防衛のため)これもそっくりです。

Re: ランキングINポイントで堂々の1位

コメントありがとうございます。

> 再投稿ですいません。
> このプログがとうとうI位になりました!
> バリ活系のプログ以外で1位になったプログは過去になかったように思います。
> 管理人さんの創価学会のありかたに対する問題提起に興味をもたれる方が次第に増えてきてる証しですね!
> 1位おめでとう「ございます(^^)v

プレッシャーかけないでくだいよ~(笑)
少しでも、今の学会の間違いに気づいてくれる人が増えればいいと思って
これからも書いていく所存で御座います(笑)

No title

立法府は政府じゃなく国会です。政府とは行政府の略。
失礼しました。

Re: No title

コメント、ご指摘ありがとうございました。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる