学会活動しないと何だって?

学会の活動家・患部がよく言うセリフで
「学会活動得しないと本当の信心がわらからない」ってのがあるんだけど
このセリフって大抵、活動家・幹部が
返答不能になった時に言うんだよな。
例えば、教学的なことをバンバン言われて
自分で返答できなくなり
窮地に追い込まれると
「学科活動そしないと・・」て言い出す。
完全に逃げ口上なのが、このセリフ。
で?学会活動すると
信心の何がわかるのか?
学会活動してる人は信心の何がわかったのか?
って訊くと
功徳をもらって信心の偉大さが分かった。
創価学会の素晴しが分かった。
な~んて個人的感想しか言わない。
聞きたいのはそんな個人的な感想じゃないのにさ。

学会活動って具体的には何かといえば
公明党の応援したり
聖教新聞の啓蒙(拡販)したり
会合で池田センセのスピーチ学んだり
あとは、財務したり
そんなことばかり
一体これらの活動をして
日蓮大聖人の仏法の何がわかるのか謎だよ。
そんなことをしろ。なんて御書のどこにも書いてないしさ。
信心がわかるというより
学会活動のやり方が分かるだけでしょう?
一体それがわかったところで
人生になんの価値があるのだろう。
単なる人生を無駄に消費しているとしか思えない。
だってそんなことをして成仏できる。って文証も理証もないんだから。
単なる現証論なんてオカルトの類でしょ?

選挙だ新聞だなんていう
仏法に関係ない活動してるなら
活動なんてしないほうがよほど信心がわかると俺は思うよ。
信心から学会活動得をなくすと
することは何かといえば
勤行・題目をあげて、御書を読んで学び
機会があれば大聖人仏法のことを語る。
実にシンプルなんだけど基本中の基本。
これが信心じゃないの?
活動なんかしているから忙しくて
信心の基本中の基本が疎かになっちゃうんだよ。
それとも、活動家・幹部は学会活動をやめちゃうと
何もすることが無くなっちゃうのかな?
多分、そうなんだろうね。

実際、学会活動をして本当の信心が分かっているはずの
多くの活動家・患部が
大御本尊を捨てちゃったわけでしょう。
大御本尊を捨てるのが本当の信心っていうわけだ。
学会本部からの一読しただけでインチキとわかる
説明を鵜呑みにしっちゃてるんだから。
あんな説明は、基礎教学レベルでインチキを見破れるはずなのに
だ~れも見破れないんだから
それでいて「信心」が分かっているつもりでいるんだからしょう~もない。
もっとも、「学会活動しなきゃわからない」ってセリフ自体が
「私は教学わかりませ~ん」って言ってるのに等しいから
まんまと学会上層部に騙されちゃうんだけどね。
自分に教学ないから、教学を軽く見る。
「教学なんて理屈をいくら言っても実際活動しなければ無意味だ」
とどうやら言いたいのだろうけど
「学会活動をしないと本当の信心がわからない」なんてのは
それこそ文証も理証も何の裏付けもない屁理屈だろ。
行学の二道は信より起こると言われいるように
教学を軽く見るのは、結局「信」がない。ってことだからね。

結論を言えば
「学会活動を止めなければ本当の信心はわからない」ってのが真実。
嘘だと思ったら一度1年くらい学会活動やめてみな。
大御本尊を捨てる。というの行為は
信心ではなく、謗法である。って気づくから。
そして、学会活動をやめてよかったって思うよ。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

宗教ビジネス界の王者たれ

携帯御本尊が発売された時もぶったまげたけど、今回の会則の変更で教義が180度変わっても、ほとんどの会員が無関心なのもぶったまげた!
本部教学アドバイザーの宮田教授の講演内容もスゴイ!
さすが宗教ビジネス業界の王者だ!
宮田教授の釈迦本仏論応援してますよ(笑)
しかし、活動家もこのようなカルト教団を宗教団体と言って新会員を勧誘してるからスゴイよね!

もう、一つついでに、支持者が安保法案反対の署名集めて公明党本部に持参したときの公明党の対応
ある意味スゴイ!
TVカメラが回ってるのに支援者に対してあんなつれない態度がとれるとは!
(しかるべき人が署名受け取って、本部内で法案に賛成するようになった経緯をちゃんと説明すればいいし、それでも理解してもらえなければ仕方ないことである)
平和と福祉が理念の政党のやることは凡人には理解できないです((+_+))

Re: 宗教ビジネス界の王者たれ

古本屋店主さん。こんばんは。

宗教ビジネス界の王者
笑いました。
いつも的を射たコメントありがとうございます。

みんなで読もう「水滸会記録」

  戸田、池田センセイの語っていた広宣流布とは、やはり水滸会記録にあったものがホンネだったんですね。
 
 日蓮大聖人の教えを日本~世界に広めるというより、創価学会が日本を牛耳ること。(センセイの口癖=天下を取る!)  
 
 政界・そして経済界を支配するために、いわば壊滅状態で戦後 再出発する際に、まだ入り込んで伸びる余地があったのは宗教界だ、と戸田先生は目をつけ、会員の拡大路線に入ったと。
 
 ビジネスとしての宗教。 それはここから始まったと。

 まず一定数の会員を獲得する。 そして『学会が』経済力をつける。(財務奨励のさい、「広宣流布には金がかかる」とかいう指導。=柏原ヤスさんが力説)
すべてはまさに規定の路線だったんですね。

 それならそれで結構なんです。   最初からそう言ってくれれば。

 そして当時、高校生だった私でも、そういう団体に決して入会することはなかった。 

 所詮はそういうことです。 きれいな表向きの部分だけしか教わらなかったんだもんね(苦笑)

 今の学会活動は折伏もしなくなったことだし、SP啓蒙、センキョ、センキョ、お通夜のような座談会、カネカネカネーー!のザイムなんぞ、どこを見たら仏法の修行といえるのですかね。 しまいには保険金殺人でザイムをして体験発表までなさった地区幹部ご夫妻まで出てきたりして。
 
 あらためて「文・理・現」の上からキチンと指導をなさってくれる幹部さんがいるなら、ぜひお願い致します。

 うそ臭い、建前論ならお断りしますが。
 
 

 

 

Re: みんなで読もう「水滸会記録」

ランボーさん。コメントありがとうございます。
水滸会記録。
読むと胸糞悪くなりますよね。

はじめまして^_^;
宜しくお願いいたします。

あの…突然 不躾な質問をお許し下さい^_^私は所謂 マイペース型の会員です。最近になり 活動されてる方々から 少し今の 学会に起きている 様々な事を 聞きまして… こちらの ブログを紹介されました。質問ですが 管理人様は 今 どのような活動を内部において されていらっしゃるのでしょうか?
座談会や同時中継… 活動されてないなら 自宅での 勤行?新聞? よければ 教えて下さいますよう
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR