何か勘違いしてませんか?

ネットやリアルなシーンで
こうして学会批判をしていると
まるで、俺が活動家を退転させるためにしてるんだと
思っている幹部・活動家が結構いるんだけど
こういう患部・活動家は何か勘違いしている。
俺は、今の幹部やバリ活会員を退転させる気など
サラサラない。それをまづ理解して欲しいもんだ。
理由は、今の学会上層部の在り方
公明党の在り方
信心の在り方を「是」として
その手駒となって蠢いている
バリ活会員は、悪いけど
「最早手遅れ」だからだ。
完全に謗法まみれになってしまった人間を
救える力など凡夫の俺が持ち合わせている筈がないだろう。
なので、バリ活会員を救うなどという
おこがましい気持ちは微塵もない。
彼等(彼女等)は残念ながら
一度、無間地獄に落ちる以外に道はない。
俺がこうしてメッセージを発信しているのは
そうした、バリ活会員にならないように
まだ、謗法まみれになっていない
新入会の会員さんや未活動家の会員さん
それと未入会の世間一般の人に向けて
注意喚起を促すためである。
なので、バリ活会員・幹部の皆さんは
いちいち反応してくれなくてもいいし
このブログを読む必要もない。
あなたたちを救うなんて全然思っていないから
安心してくださいな。

と、俺の正体を知っている
地元の活動家・幹部にはいつも伝えるのに
このブログを読んだり
俺が学会員と会って話してたりするのが
気になるらしい。
別にキミ等とは関係ないのだから
放っておいてくれて結構と言っているのに
それが理解できないらしい。
だったら面と向かって対論でもしようと
申し込んで来てくれても結構なんだが
それもしたくないらしい。
指導はしたいが、対論はしたくない。
そんなところか?
どちらにせよやれやれな人たちだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  昔、驚いたことがあります。  とある支部の活動者会に行きました。
例のごとく、なんの新鮮味も発見も啓発もない内容で式次第は進み、
私の順番がきました。

 御書を拝読して、感ずるところを述べました。 当然のようにほとんどの方々は持参していないまま、意表をつかれたかのような表情で聞いていましたが、いまさらそんなことで驚いていては幹部の端くれとして、務まらないから、淡々と任務?を遂行?しました。

 やがて解散となり、階段を降りようとしていたら、支部婦人部長がニコニコしながらそばに来て、「○○さん!(私) たまには御書もいいもんですね!」とのたもうた。。

 悲劇が喜劇になった瞬間でした。(笑

 もうなにがなにやら。。。(笑

 学会でいうところの「信心修行」とは管理人さんがおっしゃるとおり、
仏法の「信・行・学」ではなく、新聞拡販達成への「祈りと活動」 候補者必勝の「祈りとF活動」 教学試験・合格のためだけの「学」だったと、今はクールにクリアに判ります。

 そんな活動家や幹部が管理人さんのような、「大聖人の仏法」を実践してこられた人に対して、「対論」なぞもってのほかですし、きっぱり、
「無理」な話です。

 護法のための怒りと勇気があるなら、
 誹謗正法を諌める「慈悲」があるなら、

 単身、乗り込んで(アポをとった上で)くればいいのです。

 でもしない。 できない。 ネットで見る限り、法華講との対論でも、
あの「樋田氏」を論破できた教学自慢の会員から、大幹部さんに至るまで、誰もいませんでしたね。

 これは教学力の差もありますが、根本が曲がっているから、どだい
「大勝利」なんて無理な話なんです。

 宗教評論家の「島田裕巳氏(なにかとお騒がせな人物のようですが)」が書いていました。

 「創価学会とは、ひとつの『民族』なんです」云々と。 ナットクでした。

 そうだとするといろいろ指摘する管理人さんや、不肖、私なぞは当然、異民族になりますから、共通概念も言語もないようなものです。

 文化も価値観も違うはずです。 私なぞはただただ「気づいただけ」なのですが。。

 会員さんたちも「気づき」のチャンスは今までいくらでもあったんです。

 でも昨年のあの11.8の新聞発表もスルーしてしまっている。

 「学会が認定するものがご本尊」でも良いと思っている。

 そういう民族性の人々は、異端の他民族のものを嫌うことはあっても、
好んで近づいてくることはない。

 そういうことですねぇ。。

 「指導はするが対論はしたくない」 けだし名言でした。

 指導を「聞かない」相手は、陰で冷笑して、自分たちだけに通用する論理でバッサリと斬るだけなんですね。

  すでに他民族の人を「人」として扱えない、エセ人道主義者だなとつくづく思います。  マザー・テレサに笑われます。 

 
 これ、センセイの指導とも違ってると思えるんですが。

 意を尽くせない駄文、長々と失礼しました。

 ランボー

金と権力

水滸会記録等からわかるように、最初から創価の目的は金と権力だったんでしょう。

金と権力を求める姿勢だけは一貫して変わりませんからね。
日蓮上人の教えも金や権力を得るために利用してるだけだから、選挙のF活動をしたり、聖教新聞の啓蒙することが功徳や福運が付くなんていう指導がまかり通るんです。(こんな、指導されてもインチキカルトと思わない会員もどうかと思いますけど)

平和もお飾りです。

これも単純に考えればすぐわかります。
固有名詞だしてすいませんが、例えば管理人さんやランボーさんが宗教団体や平和や環境を守る団体の指導的な立場にいたと仮定して、普段、会員さんやその他の識者に、団体の理念や平和運動についての提言をしていて、イラクの自衛隊派兵や今回のような安保問題のように、日本の行く末を決める重要な事案が出てきた時、賛否はともかく、なにかしらのメッセージを会員さんに向けてだしますよね!(団体の存在意義を示す絶好のチャンスでもありますからね。)

また、東日本大震災のような災害があったら、なにはともかく現地の会員さんの激励にいくでしょう。
(長に立つものの当然の責務です。)
こう考えると某団体の本質が見えてきますね(笑)



宮田教授

連投になってすいませんが、忘れないうちに。

日本宗教学会第74回学術大会で口頭発表された原稿に加筆訂正したものがHPでだされましたので早速連絡します→http://hw001.spaaqs.ne.jp/miya33x/shukyogakkai.html

Re: No title

ランボーさん、こんにちは。


>  御書を拝読して、感ずるところを述べました。 当然のようにほとんどの方々は持参していないまま、意表をつかれたかのような表情で聞いていましたが、いまさらそんなことで驚いていては幹部の端くれとして、務まらないから、淡々と任務?を遂行?しました。

>  やがて解散となり、階段を降りようとしていたら、支部婦人部長がニコニコしながらそばに来て、「○○さん!(私) たまには御書もいいもんですね!」とのたもうた。。
>
>  悲劇が喜劇になった瞬間でした。(笑
>
>  もうなにがなにやら。。。(笑

これは、同じような経験があります。
これで「御書根本」って言っちゃうところがすごい(笑い


>  学会でいうところの「信心修行」とは管理人さんがおっしゃるとおり、
> 仏法の「信・行・学」ではなく、新聞拡販達成への「祈りと活動」 候補者必勝の「祈りとF活動」 教学試験・合格のためだけの「学」だったと、今はクールにクリアに判ります。

ですね。信心の基本がわかってない。

>  会員さんたちも「気づき」のチャンスは今までいくらでもあったんです。

気付いて欲しいのですね。

>  指導を「聞かない」相手は、陰で冷笑して、自分たちだけに通用する論理でバッサリと斬るだけなんですね。

全く同感です。
こんな連中が組織の中心ですから情けないというか
学会も地に落ちたって感じです。

Re: 金と権力

古本屋店主さん、こんにちは。

> 水滸会記録等からわかるように、最初から創価の目的は金と権力だったんでしょう。
>
> 金と権力を求める姿勢だけは一貫して変わりませんからね。
> 日蓮上人の教えも金や権力を得るために利用してるだけだから、選挙のF活動をしたり、聖教新聞の啓蒙することが功徳や福運が付くなんていう指導がまかり通るんです。(こんな、指導されてもインチキカルトと思わない会員もどうかと思いますけど)

宗門と離れて以来、年々金と権力指向が如実になってきていますね。
もっとも、大御本尊を捨てた時点で
大聖人の名を騙るインチキ団体ですからね。
バリ活はともかく、
そうでない会員は早く、詐欺師患部のウソに気付いて欲しいものです。

No title

 依法不依人なのに、法を追求しない人は、レベルの問題ではなくて見ている方向がはじめから違いますよね。
 合唱の姿見れば大体わかります。色心不ニですから^^

No title

合唱は合掌の間違いでした^^

No title

そうそう。何を勘違いしているのか、
「脱会運動するなら覚悟しろ!」とか脅されます。
まったく、学会の本質は「臆病」ですね。

Re: No title

コメントありがとうございます

> そうそう。何を勘違いしているのか、
> 「脱会運動するなら覚悟しろ!」とか脅されます。
> まったく、学会の本質は「臆病」ですね。


覚悟するのはそっちの方って言ってやりたくなります。
無間地獄にまっしぐらなのに
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR