今週の言葉(10月5日)

 我らの地区・支部こそ
 地涌の菩薩の本舞台。
 友人とともに
 明るく楽しく総会を。
 心の絆を実り豊かに!
@@@@@@@@@@@@@@

支部総会・地区総会。
そんな時期だね。
支部総会・地区総会なんて言葉を聞くと
知らない人は一体どんな凄いことをしてるんだろう?
って思うかものしれないが
なんのことはない。
座談会をゆる~くしている感じの集まり。
主眼は未活動家会員や外部の人たちを集めて
学会ってこんなに楽しいんですよ。的な?
創価学会を必死にアピールするってことだな。
具体的にやってることは
OOセミナーとか
OO教室とか
なるべく学会色を出さない感じが多いな。
なかには、バーベキュー大会とか
ただの飲み会をやったりする所もあったなぁ。
まぁ、とにかく色々ハードル下げて
できるだけ活動家以外の人間を取り込もうってことなんだけど
なにせ、企画する側の活動家が
世間をわかってない人間だし
学会活動の一環なのでどうしても自分達都合になるので
自分たちは良かれと思って企画・実行するが
あまり世間様とのコンセンサスは得られない。
友人と活動家が勝手に思ってる人などあまり来ない
で、いつもと同じメンバーが集まって御終いってのが多いね。
普段から普通に付き合っていれば
活動家全員が一人くらいは友人・知人を連れてこれるはずなんだが
そうはならないないから不思議だ。
特に幹部といわれる活動家が
友人を総会に連れてくる率は極めて低い。
「学会幹部になると友達なくす論」は
強ち嘘ではないのである。

そこで、断りきれないとか、間違ってこの総会に参加しちゃった方には言っておきますが
もし、その総会が楽しかったとしても勘違いしないでくださいね。
この総会ってのはいわば餌みたいなもんですから
これに釣られてうっかり学会活動家の仲間入りしたら
大変なことになりますよ。
選挙で公明党の応援させられ
学会の機関紙である聖教新聞を取らされろだけでなく拡販させられ
そのうち毎年財務(お布施じゃないですよ。財務)もやらされ
いつの間にか患部にさせらたりします。
そして気づくと学会の外側の友人はいなくなります。
そしてなにより一番ヤバイのが
宿業をつまされてしまう。ということです。
学会員さんに「OO総会に来てみない?」と言われたら
上記の事項をしっかり頭に叩き込んでから返事してくだいね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 本来友達の作り方まで教える必要はないのです。
 世法は仏法を学ぶことで段々身につくものだからです。
 普段それをしないで、会合だから結集を繰り返しているようでは自己満足ですよね。
 そんな宗教に入ってはいけません^^
 賢い人は入りませんよ。
 学会色を消すぐらいなら、やらない方がましでしょう。
 学会色を消すという人達がいう学会色とは、そもそも色が違うんだと思います。
 生存確認◯◯会なら、自分で家庭訪問すればいいことでしょう。
 人を集めて数みて一喜一憂している人達って、自分はみんなの上にいると錯覚していますよね。そこに創価学会はないのに^^

Re: No title

大翔さんこんばんは。


>  本来友達の作り方まで教える必要はないのです。
>  世法は仏法を学ぶことで段々身につくものだからです。
>  普段それをしないで、会合だから結集を繰り返しているようでは自己満足ですよね。
>  そんな宗教に入ってはいけません^^
>  賢い人は入りませんよ。
>  学会色を消すぐらいなら、やらない方がましでしょう。
>  学会色を消すという人達がいう学会色とは、そもそも色が違うんだと思います。
>  生存確認◯◯会なら、自分で家庭訪問すればいいことでしょう。
>  人を集めて数みて一喜一憂している人達って、自分はみんなの上にいると錯覚していますよね。そこに創価学会はないのに^^

同感です。友達たくさんつくろねって
いい大人が他人に言われてるってのは
どうしたもんか?と思います

いまさらですが

 こうしてあちこちで、そしてここで管理人さんの稿を拝読してみると、協議会もザダンカイも支部総会なども、まったく全国的で画一性に満ち満ちた有様だったのですね。

 なんと恐ろしいまでの、何もかも「全国区」 あくまで生理的な感想ですが、「気持ちがわるい」と感じるのが今のランボーです。

 やたらと高揚感に満ちたメッセージや、新聞紙上に躍る太字の文句とは裏腹に中身の空疎でウソ寒い行事や活動を、よくも何十年も繰り返してきたなぁと・・。 しかも一過性の何も残らないことばかりを。

 もしも、これをお読みの活動家さんからすれば、「こいつはただの堕落した男だ」とお思いでしょうね。

 それで結構です。 

 だって自分の人生で望み、描いてきた「絵」が違うんです。 私は、『愚直』にがんばれば、人として魅力を備え、友人からは信頼され好かれ、一目も二目も置かれ、、吹く風、枝を鳴らさず、世はギノウの世となりて、つまり地震や災害なぞ起こらず、生きがいと達成感に満ちたものになる!と思ってきたものでした。

 憶えてますか?

 池田センセイが始めておおやけの「本・幹」で「日顕上人批判」をした、あくる日に、雲仙普賢岳が噴火、大火砕流で甚大な被害を受けたあの事件を。

 とくに神戸市・長田区において多数の「日顕本尊のお取替え」を行った直後に、あの「阪神淡路大震災」が起こって悲惨な大被害を受けたということを。 11年間も信じて拝んで祈ってきたご本尊をです。

 これを偶然だというなら、そんな人たちは、ハナっから仏法を語る資格はないんです。  私らは「如説修行抄」の一節を「学問してきた」のですか?  心肝に染めてきたのではなかったのですか?

 そう言いたいのです。

 そういう確信で意気高く、人生を喜びあふれて生きている姿そのものを、堂々と友人・知人に感じてもらう誇りある会合なら、小細工なぞいらない。  

 姑息な員数あわせのようなザダンカイやら総会とやらを何十年、続けてみたところで、一体、どこのどなたが感動などして、自分も信心したいなどと言うでしょうか。

 なんら疑問も感じず、当然、動執生疑なぞ生まれず、数え切れないほどの醜聞や事件や敗北だらけの幾多の裁判沙汰も、「魔だ!敵だ!」と片付けて、どうみても虚勢にしか見えない驕りで、過ごしていくのなら、
本当に、三毒に染まった恐ろしい境涯で人生を終えるはずです。

 センセイは「仏法は勝負」とよくおっしゃってきたではありませんか。

 未熟ものゆえ、すぐには提示できませんが、御書には事の「正邪と善悪」をきびしく仰っている御文があちこちにあったと憶えます。

 牧口先生は正しい信心ゆえの「大善生活」こそを叫んで戦ってこられたではありませんか。

 その結果として人生の勝利がもたらされるんだと、私なぞは習ってきたつもりです。

 また紙面を汚してしまいましたが、、

 空疎な聖教新聞にだけ躍動する美しい文字に惑わされて、全国のどこかでは、そういう素晴らしい地区や支部があるんだろうな、と勘違いしないほうがいい。

 (ここから文頭に書いたところに繋がります)

 今の学会には「コンプライアンス」だけ強いられて「コンセンサス」など無視された姿しかありません。 当然、勇気も実証も、二人、三人と伝わっていく歓喜などあるはずがない。

 ランボーはいたずらに脅かしたりしているつもりはありません。

 自分の正直な心を「観心」してみましょう。

 そこにしか真実はないのですから。 

 こういうバリバリの活動家さんへの呼びかけはこれで最後にします。

 このブログの管理人さんの趣旨と違っていることですし、申し訳ないと感じつつ、書いてしまいました。

 最後に

 私は今までの公明党への投票依頼をしてきた友人、親戚に謝罪をしています。  無理に新聞の購読をお願いしてきた方々にもお詫びをしています。 今夜もそうでした。

 私の妻については4年かかってMCを解くことができました。 心から離婚などせずに今日に至ったことに感謝しています。

 せんじ詰めると 

 「ガッカイ」についていくのか

 「日蓮大聖人の仏法」を信じぬくのか


 そういうことだと思います。

 

 

 
 

 

管理人さん、御苦労さまです。

仕事しながらのプログの更新お疲れ様です。
新しくコメントくださる方も増えなによりです。
これも管理人さんの御尽力の賜です。

このプログがプログ村の創価カテゴリーの上位にきてるというのは創価に疑問を持ち始めてる会員が少しずつ増えてる証明だと思います。
あまり、むりせずがんばってくださいね!(*^^)v

Re: いまさらですが

ランボーさん、こんにちは。

>  せんじ詰めると 
>  「ガッカイ」についていくのか
>  「日蓮大聖人の仏法」を信じぬくのか
>  そういうことだと思います。


全くその通りです。
創価は大聖人を利用しているだけ。
そのペテンに気づいて欲しいですね 
 
>
>  
>  
>
>  

Re: 管理人さん、御苦労さまです。

古本屋店主さん、こんにちは。

> 仕事しながらのプログの更新お疲れ様です。
> 新しくコメントくださる方も増えなによりです。
> これも管理人さんの御尽力の賜です。
>
> このプログがプログ村の創価カテゴリーの上位にきてるというのは創価に疑問を持ち始めてる会員が少しずつ増えてる証明だと思います。
> あまり、むりせずがんばってくださいね!(*^^)v


暖かいお言葉恐れ入ります。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる