非活壮年部 K さんのコメント(フェイク記事)

まずは、コメントありがとうございます。
いただいたコメントに対する私なりの見解を書かせてもらいます。
勤行の五座三座の件。
仰る通り勤行の形式は変わっているだろうし
これからも変わっていくのだと私も思います。
コメントを読むと正宗がウソを言ってるとの事ですが
五座三座が変わっていないってのは
ウソと言えばウソかも知れません。
ただし修行の在り方としては
現在の創価の勤行の方が全くの大ウソと言ってよいでしょう。
何が一番の問題なのかと言えば
在家が勝手に化義である勤行様式を変えていいのか?ってことです。
日蓮大聖人以来、在家が勝手に勤行様式を決めた。と言う事は皆無です。
そもそも在家が自分勝手に修行していいなら
もう仏法でも何でもない。
創価上層部は勤行形式を変えた時にその事を説明していないのです。
教学的に見ても、現在の創価の方便品・自我偈の勤行は誤りです。
寿量品読誦するのは、所破・所用故です。
で何を所用するかとえば言うまでも無く文底の南無妙法蓮華経であり
この所用すべき南無妙法蓮華経は自我偈の文底にはありませんから
長行を読誦しなければ寿量品読誦は意味を持ちません。
それに対し創価の言い分は、
自我偈には大聖人のエッセンスが全て入っているから自我偈でよい。
という趣旨のものでが、
これは自我偈に説かれている法体と修行を混同している邪義です。

◆自我偈は自受用身なり
◆諸仏は自我偈を師として仏にならせ給う

とあるように、自我偈とは「法体」です。
対する勤行は修行ですから、
この二つを混同してはいけないのです。

更に、

◆されば常の御所作には方便品の長行と寿量品の長行とを習い読ませ給い候へ

と大聖人は寿量品の長行を読む修行をしないさい。と言われてます。


またKさんは、
>日寛上人の「朝暮の勤行は但両品に限るなり」の文を引き、「既に勤行は
五座・三座になっている」と書いているが、「但両品に限る」が、どうして「五座・
三座」なのかという説明もせず誤魔化しており、説得力が全然ない。

と言っていますが、
日寛上人は、報福原式治状に

■「若し堪えたらん人は本山の如く相勤むべし、若し爾らずんば十如自我偈)題目なりとも五座三座の格式相守るべし」

と言われてますので、日寛上人時代には五座三座の形式が有った事は間違いありません。ですからKさんの言うようなコマカシや説得力がないというのは当てはまりませんね。
むしろ、創価の「五座三座の勤行はしなくて良い」
「寿量品の長行を読まなくていい」
という主張の方が何の説明もせず誤魔化していて、何の説得力もないと思います。

そして何の説得力もないとえば
Kさんの
>日顕という血脈詐称
この発言です。
血脈詐称などど言っているのは創価だけです。
一体何を持って血脈詐称なのか?
ここも創価上層部は、仏法上の説明をしていません。
そもそも、学会は勤行形式を変えたのも
本尊義を変えて学会が本尊を認定するのも
独立した宗教団体の当然の権利だと言っているわけです。
正宗もまた独立した宗教団体ですから
正宗が決めた事を、学会がとやかく言える筋合いではないのです。
正宗の当然の権利なのですから。
自分達には口出すな
でも、俺たちは宗門に口出しするっていうのでは
世間様からみればなんと身勝手なのか?と思われます。
論証できない【血脈詐称】などと言う発言は
デマと同じだと思います。

最後になりますが、Kさんの発言は、
まんま、フェイクの記事の貼りつけなんですが・・・

http://www.3colorflags.net/sintyaku4/2005012641.txt

非活動壮年部ですよね?
だったら、フェイクなどで研鑽しないで
御書や日寛上人の書を読んだ方かいいかと。
余計なお世話ですがそう思いましたので。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

管理人さんの記事は明快でした。  ありがとうございます。

 なぜお礼を申し上げるかといえば、Kさんの記事から受けたのは、ちぐはぐな印象だったからです。

 突然のテーマでの書き込み。  その思惑が図りかねたわけです。
教学が不得手な私は内容への深い思索には至らなかったのですが、どなたの文章にせよ、正しいものならそれなりのフレィバーがあとに残るものです。  そのへんかな。。(笑

 決してKさんの「色」を決めつけているわけではありません。 

 私自身がそうであるように、文章力や読みやすさ、仏法世界のリテラシーの差、読解力など、別の要因で誤解も生まれます。  しばし傾聴してみて、判断しようかと考えていたところです。  文字の世界はコワイですからね。
 
 ただ管理人さんが仰っているように、『原典』に触れることの大事さを改めて学びました。 当然、『 教・釈・論 』の整合性もですね。

 それから私は「出典」の提示をよく省きます。 これじゃだめですね。

 考えることの多い稿でした。
 

ありがとうございました

投稿コメントを読んでいただいたばかりではなく、記事にまでアップしていただきありがとうございました。
また教学力稚拙なわたしのために、叱咤激励 心より感謝もうしあげます。
余計なお世話などとんでもありません。
勝手なお願いですが以下の御文についてもご教授願えないでしょうか?

「今の施主・十三年の間・毎朝読誦せらるる自我偈の功徳は唯仏与仏・乃能究尽なるべし、夫れ法華経は一代聖教の骨髄なり自我偈は二十八品のたましひなり、」

「此の自我偈を聴聞して仏になりたる人人の数をあげて候には小千・大千・三千世界の微塵の数をこそ・あげて候へ、」

「されば十方世界の諸仏は自我偈を師として仏にならせ給う」

「法華経の自我偈を持つ人を敵とせんは三世の諸仏を敵とするになるべし」

「第廿一 自我偈の事御義口伝に云く自とは九界なり我とは仏身なり偈とはことわるなり本有とことわりたる偈頌なり深く之を案ず可し、偈様とは南無妙法蓮華経なり云云。」

「今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし、」

よろしくお願いします。

また 御書にある 「依法不依人」の法理?より 人師である 日寛上人のお言葉と御本仏であられる日蓮大聖人の御金言 管理人さんはどちらを最重視されますか?
 

Re: ありがとうございました

Kさん、こんばんは。私には教授するなどというおこがましいことはできません。
ただ私の考えだけを書きますのでその後はKさん自身が結論をだしてください。

> 「今の施主・十三年の間・毎朝読誦せらるる自我偈の功徳は唯仏与仏・乃能究尽なるべし、夫れ法華経は一代聖教の骨髄なり自我偈は二十八品のたましひなり、」
>
> 「此の自我偈を聴聞して仏になりたる人人の数をあげて候には小千・大千・三千世界の微塵の数をこそ・あげて候へ、」
>
> 「されば十方世界の諸仏は自我偈を師として仏にならせ給う」
>
> 「法華経の自我偈を持つ人を敵とせんは三世の諸仏を敵とするになるべし」
>
> 「第廿一 自我偈の事御義口伝に云く自とは九界なり我とは仏身なり偈とはことわるなり本有とことわりたる偈頌なり深く之を案ず可し、偈様とは南無妙法蓮華経なり云云。」
>
> 「今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし、」

上記のご文は先ほど書きましたが、自我偈とは大聖人「自身」のご内証を述べています。つまり南無妙法蓮華経であり法体をしましています。つまり自我偈とは法体を説いているわけです、それに対し勤行は修行です。自我偈を読めば長行は必要ないというロジックは法体と修行とを混同した解釈である。ということです。

>また 御書にある 「依法不依人」の法理?より 人師である 日寛上人のお言葉と御本仏であられる日蓮大聖人の御金言 管理人さんはどちらを最重視されますか?

重要視されるのは大聖人に金言です。しかしそれは日寛上人の指南が大聖人と相違していればという条件付きです。
また、人師といっても日寛上人と池田センセを含む学会幹部とは全く違います。Kさんは否定されるかもしれませんが
仏法の相承とは面授口決・唯授一人が基本です。その血脈相承の上で歴代法主が化義を決める。それが仏法の正当な相承です。
それのない在家信徒が化義を決めてよいなどという御書はありません。
また、創価は日寛上人の書写した御本尊をコピーした本尊を使っています(私もそうです)
書写した日寛上人を否定することは自身の御本尊を否定することなり自己矛盾になります。
ならば、尚更日寛上人のご指南に沿って五座三座の修行をするのが筋だと思います。

大聖人は、方便品長行と寿量品長行を読めといい
日寛上人は、五座三座を基本としなさと言ってます
ですから、現在のSGI方式の勤行形態は
大聖人仏法から逸脱した自分勝手な化義であるというのが私の見解です。




>
> よろしくお願いします。
>
> また 御書にある 「依法不依人」の法理?より 人師である 日寛上人のお言葉と御本仏であられる日蓮大聖人の御金言 管理人さんはどちらを最重視されますか?
>  

Re: こんにちは

ランボーさん、こんばんは


>ただ管理人さんが仰っているように、『原典』に触れることの大事さを改めて学びました。 当然、『 教・釈・論 』の整合性もですね。

結局行き着くところは「御書根本」なんですよね。
そして、御書は依義判文で読まないとダメですね。

>  それから私は「出典」の提示をよく省きます。 これじゃだめですね。

いや全然OKです。私もいちいち何々御書って書きませんから。

ランボーさんもそうですが、本当に御書を読んでいる方のお話は
御書を引用しなくても
「ああ御書に書いてあるよね~」って分かります。
そしてそれがどの御書なのか探すもの
これまた、楽しいんですよね。 

みなさん、ありがとうございました。

  ありがとうございます。

 私なんぞは門前の小僧ですから、、

 でもいかに桃梅桃李とはいえ、教学をおろそかにして、私見ばかり、まき散らかしていると、いつかドツボにはまりますね。

 大白蓮華をいくら精読していても、切り文教学ではやはり行き詰る。

 ちなみに私の好きな最大の御文は

 苦をば苦とし 楽をば楽とひらき 苦楽ともに思い合わせて、南無教法蓮華経とうち唱えゐさせ給え、 これあに自受法楽にあらずや

 です。

 一喜一憂せず、確信のまま進め!との大聖人の思し召しです。

  諸法は実相

 実相を見失えば、次々おこる「現実」に翻弄されがままの人生です、


  ガッカイはその実相を見失って都合よく捨てたから、私はもうついていけん!と決め たんです。

  脱会時期は家族の事情もあり、待機中ですが。

 それからKさん

 あなたを信じていたいと思います。

 悪口ブログと決めつけられるかもしれないこのサイトで、記事を載せたからは、真実を追い求める同志だと信じたいのです。

 私にはあまり時間が残されていません。

 遊んでいる暇はないんです。

 でも、意気揚々と行きたいですね^^  一人でも管理人さんの思いを
受け止め気づいてくれる会員さんに、思いが届くように、堂々とやろうではないですか!^^

 
 普段の私は「面白いやっちゃなー!」と言われがちな軽めのオヤヂです、

 でもここでは真面目に真剣に書かせてもらっています。

 管理人さんの志に男意気を感じたから。

 勇気がないとできませんよ。 かるはずみではやってられませんよ。

 Kさん、あなたを同志だと思っていいですね?^^

 
 


 
 

訂正

上記コメントで、こともあろうにお題目の入力を間違えました。

 妙を教と書いてしまいました。

 あと、いろいろ稚拙な表現もありますが、ご容赦下さい。

管理人さんへ

ありがとうございました。
ランボーさんにも感謝もうしあげます。

管理人さんの清浄な御相承の義が御当代法主上人に通じるとよいですね
    (世襲というのはいかがなものかと‥)

管理人さんのブログを見にこられた 不幸にして 御本尊を 手放された同志のみなさんへ

「善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし」
(「開目抄」)

との御文をおくります。

ありがとうございました。

初めまして

管理人様、皆様

初めまして。
いつも興味深く拝見しております。
小生、学会二世ですが約30年非活の末に昨年の教義改正を端緒に
数ヶ月前に脱会しました。

管理人様の仰る通り、戒壇の大御本尊様を事実上否定する暴挙に疑問を感じ、世法より「法に依る」道を選びました。

現在は地元の江戸時代から続く古刹寺院の正宗信徒です。

管理人様が想われている大御本尊様の仏力、法力を、小生も非活とはいえ学会員として30年間信じてきましたので、大変共感する内容で毎回頷きながら拝しています。

非活壮年部K様も、管理人様、皆様の想いに心根の何処かで、共感されているのではないかと愚考しております。

今後も楽しみに拝見させていただきます。同時に管理人様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
駄文にて失礼致しました。



Re: 管理人さんへ

Kさん。こちらこそありがとうございます。

血脈や大本尊の事
個々色々思うことはあるでしょうが
私は、大御本尊=日蓮大聖人
と「信」を取るのが日興門流の正しいあり方だと思っています。

> 管理人さんの清浄な御相承の義が御当代法主上人に通じるとよいですね
    (世襲というのはいかがなものかと‥)

ありがとうざいます。

> 管理人さんのブログを見にこられた 不幸にして 御本尊を 手放された同志のみなさんへ
>
> 「善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし」
> (「開目抄」)
>
> との御文をおくります。
>
> ありがとうございました。

まさに素晴らしい御文をありがとうございます。
また、何かあればお気軽にコメントください。
そして非活動家と今後も共々に精進していきましょう。

Re: 初めまして

古刹信徒さん、コメントまた励ましのお言葉ありがとうございます。

> 管理人様、皆様
>
> 初めまして。
> いつも興味深く拝見しております。
> 小生、学会二世ですが約30年非活の末に昨年の教義改正を端緒に
> 数ヶ月前に脱会しました。
> 管理人様の仰る通り、戒壇の大御本尊様を事実上否定する暴挙に疑問を感じ、世法より「法に依る」道を選びました。
> 現在は地元の江戸時代から続く古刹寺院の正宗信徒です。

そうですか。大変良いことだと思います。仏法者であるならば、また成仏を願うならば「法」を根本にしていかなければですよね。創価上層部の人師に誑かされている場合じゃないですよね。

今後もよろしくお願いします。
また、気が向きましたらいつでもコメントください。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる