非活動男子部さんへのお返事(御本尊について)

まずは、コメントありがとうございます。
ご質問のご本尊について私なりのご回答をします。
まず、私の自宅の御本尊も学会の日寛上人の御本尊です。
で、功徳が出るとか出ないとは、
学会の日寛上人のご本尊自体に原因があるとは思いません。
法華講員さんは、ニセ本尊と言いますが
私自身は、凡夫である我々が、御本尊を
「本物」だとか「ニセ物」だとか言うべきではないと思ってます。
では、何故今の創価の本尊を単なる掛け軸呼ばわりするかといえば
それは、学会の御本尊に問題があるのでなく
学会員の信心が間違っているからです。

そもそも、一大秘法たる御本尊とは唯一無二の法体です。
日寛上人はの観心本尊抄文段の結論に、

■問う、妙法五字の其その体何物ぞや。
謂いわく、一念三千の本尊是れなり。
一念三千の本尊、其の体何物ぞや。
謂く、蓮祖聖人是れなり。

とあるように、妙法五字=本門本尊=日蓮大聖人ですから
一大秘法とは大聖人の色心の二法であり
大聖人の常住此説法のお姿ですから、唯一無二のなのです。
では日寛上人は、大聖人のどの御本尊のことを
「蓮祖聖人」と言ってるのかといえば
同じく観心本尊抄文段に、
■本門戒壇の本尊は応に是れ総体の本尊なるべし。是れ則ち一閻浮提の一切衆生の本尊なるが故なり。自余の本尊は応に是れ別体の本尊なるべし。是れ則ち面々各々本尊なるが故なり。
とあり、本門戒壇と本尊とは
■就中弘安二年の本門戒壇の御本尊は、究竟中の究竟、本懐の中の本懐なり。既にこれ三大秘法の随一なり。況や一閻浮提総体の本尊なる故なり。
とあるように、弘安二年の大御本尊は日連大聖人にあるということです。
このように大御本尊は総体の本尊であり
その他の本尊は別体(分身散体)のご本尊であることが分かります。

そうだすると、自宅の御本尊に題目を上げるのは、別体の本尊を通し総体の本尊に題目を上げるということです。
別な言い方をすれば、総体の本尊=日蓮大聖人に「信」を置か無ければ、別体の本尊の義はありません。
身延の大聖人のご真筆の本尊に仏力・法力があると思いますか?
私は、ない。と断言します。
理由は、大聖人の色心である大御本尊を否定しているからです。
当然、仏力も法力もそこに存在するわけはありません。
今の学会もまた身延と全く同じです。
一大秘法の戒壇大御本尊に対し不信(信受しない)を起こし
大石寺の大御本尊には功徳がない。などと誹謗する。
このような謗法を犯している学会員に功徳などないのです。
また、新入会員さんについては、まだ無知の状態で
バリ活・幹部と違い謗法と同座の状況なので
あえて、「何もない」と書かせてもらいましが、実際は与同罪です。
学会活動家は
◆、信心の血脈無くんば法華経を持つとも無益なり
と度々いいますが
ここでいう信心とは、戒壇大御本尊に信を取る。ということです。
それを捨てた学会活動家には信心の血脈などありません。
故に無益なのです。
逆言えば、戒壇大御本尊に信をとっていれば
学会の日寛上人の御本尊でも功徳は出ます。
ここでは書きませんが、私自身まさかの功徳を頂いています。

ですから非活動男子部さんも、学会員であっても
大御本尊を捨てず、大御本尊を信じ、お題目を上げてください。
そうすれば何の心配もありませんよ。
学会員であっても、
日寛上人の御本尊であっても
必ず功徳があります。
大聖人そのものである大御本尊を信じ題目をあげてる人間を
「お前の家の本尊は学会のだから功徳はださない」
なんて、大聖人は絶対に言うはずはない。
そう強く信じていきましょう。
私もずっとそう信じて現在があります。

また、機会があれば日寛上人の観心本尊抄文段も読んでみてください。
多分、ネットでも読めるサイトがあると思います。

また、何かありましたらご質問くださいね。
私のできる限りですがお返事します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真にご丁寧なご返事ありがとうございます。

管理人様

真にご丁寧なご返事ありがとうございます。
私も現在の創価学会に大変疑問を感じておりまして、先日、創価学会で行われた青年部1級試験も申し込みはしましたが受けませんでした。現在は母とともに創価学会の活動などには全く参加しておりません。なぜならばいまの創価学会には管理人様のような素晴らしい御書を用いて大御本尊を捨てず、大御本尊を信じ、お題目を上げてください。との素晴らしいことを行ってくださる、またここまで素晴らしい御書を用いてわかりやすく明快に答えて下さる方が一人もいないからです。私や家族も御本尊様から功徳をいただいているので管理人様の言葉を胸に明日からまたしっかりとした姿勢で励みたいと思います。この度は目がさめたような気持ちです、本当にありがとうございます。

大変恐縮ですが、あと一つご質問させていただいてもいいでしょうか?
管理人様は五座・三座の勤行をなされているのでしょうか?私も学会の勤行要典が変わるまで五座・三座の勤行をしておりました、正直に言いますと創価学会から何の理由もなくいきなり自我偈のみの勤行にかわり大変不自然に感じておりました。さらに勝手に形式を変えてそれをしていることが謗法に当たるのではないかと不安に感じたぐらいです。
是非とも管理人様は五座・三座の勤行なされているか教えていただけますか?もしなされているのであれば、私ももう一度しっかりと五座・三座の勤行をして管理人様と同じように御書根本に大御本尊を信じ、お題目を上げていける管理人様のような本物になりたいと思っています。
何度もご質問して恐縮ですがよろしくお願い致します。

Re: 真にご丁寧なご返事ありがとうございます。

非活動男子部さん。こんにちは。

> 大変恐縮ですが、あと一つご質問させていただいてもいいでしょうか?
> 管理人様は五座・三座の勤行をなされているのでしょうか?

基本は、五座・三座です。モチロン方便・寿量の長行や自我偈の時もあります。
勤行については、つい先日「非活動壮年部K」さんへのコメントの返事として記事にしていますのでよかったら読んでみてください。

それと、勤行の時は経本を読む。諳んじるのではなく経本を開いて読む。「読誦」ですから。
また、私は学会のご祈念文は使いません。
そもそも、私は学会版の経本を使っていません。
私は日蓮正宗版の経本を使っています。
今の学会版は寿量品の長行部分はカット。
ご祈念も三大会長に報恩感謝だとかワケの分からない事も書いてあるので正直使えません。

ご返事ありがとうございます

管理人様

丁寧なご返事ありがとうございます。勤行について、つい先日「非活動壮年部K」さんへのコメントの返事として記事されているとのことでしっかり読まさせていただきます。
やはり基本は、五座・三座をなされていたのですね、私も現在は自我偈だけですが、今後はしっかり五座・三座を基本としたいと思います。
学会版の経本は持っているものがそれしかないので使っていますが、ご祈念部分の三大会長に報恩感謝の部分は、私も非常におかしいと感じておりますので、読まずにとばしています。


最後に日蓮正宗版の経本は現在入手可能なのでしょうか?何度もお聞きしてすみませんがよろしくお願い致します。

初めまして。2年前に今の夫に折伏されて入会した林檎と申します。
女子部を経験して今婦人部です。
大御本尊様のことを知れて本当によかったです。
大御本尊様を信じて題目を唱えようと思いました。
また、管理人さんは御書をきちんと学ばれてて凄いなと思いました。
ありがとうございます。

林檎さん

> 林檎さん。コメントありがとうございます。
> このブログを読んでいただき何かを感じてくだされば嬉しいです。
> 婦人部ですか。婦人部と聞くと「大変そうだなぁ」ってつい思っちゃいます(笑)
> 御書も楽しいですよ。
> 難しく考えずに親しんでください。
> 御書を読む上で大切なのは、「分かる」ことではなく「感じる」ことだと思ってます。
> それと創価教学を鵜呑みにしないで自分で学ぶことが大切だと思います。
> 頑張ってくださいね。

非活動男子部さんへ

> やはり基本は、五座・三座をなされていたのですね、私も現在は自我偈だけですが、今後はしっかり五座・三座を基本としたいと思います。

それがいいと思います。日有上人は

■行体行儀の所は信心なり

とご指南されています。これは化義即信心ということです。勤行の姿は即信心です。勤行が正しければ信心も正しい。その逆も然りです。最初はできる限りでいいので五座・三座しましょう!

>学会版の経本は持っているものがそれしかないので使っていますが、ご祈念部分の三大会長に報恩感謝の部分は、私も非常におかしいと感じておりますので、読まずにとばしています。
> 最後に日蓮正宗版の経本は現在入手可能なのでしょうか?何度もお聞きしてすみませんがよろしくお願い致します。

学会員だと正宗版の入手は厳しいかもしれませんね。でも寿量品の長行が書いてある経本ならば、ご祈念の部分だけ正宗の観念文を使用できます。ネットで正宗の観念文を拾えますのでそのご観念文を読めばいいかとおもいます。

非活動家男子部さんの大御本尊への求道心に感動しています。
お互いに頑張って功徳をたくさんもらいましょう!

管理人様、ご返信ありがとうございます。
度々申し訳ございませんが、コメントさせて下さい。
婦人部の活動はそれほどしていません。本幹と座談会に出るぐらいです。
学会活動の中の選挙や新聞啓蒙、財務のことや活動家の方がみな「先生のために」とか「先生に報告したい」とか言っているのを聞いて、疑問を持つようになりました。
そんな中でこのブログに出会い納得できる部分も多々ありました。
夫が活動家で、自分だけ感覚がおかしいのかと思う部分もあり、今後創価学会とどう向き合っていけばいいのか模索しております。
「自分で御書を学んで感じとる」とても大事なことだと思いました。
創価教学に惑わされず、頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

林檎さんへ

こんばんは。

> 婦人部の活動はそれほどしていません。本幹と座談会に出るぐらいです。
> 学会活動の中の選挙や新聞啓蒙、財務のことや活動家の方がみな「先生のために」とか「先生に報告したい」とか言っているのを聞いて、疑問を持つようになりました。

池田センセのために何かをしたところで、なんの功徳があるのでしょうか?
創価学会を大きく強くしてなん得があるのでしょうか?
仏法的に言えば何もありません。
それは、少しでも考えればわかるはずなんですが、
活動家の会員さんはどうしても理解できないようなんですね。

> 夫が活動家で、自分だけ感覚がおかしいのかと思う部分もあり、今後創価学会とどう向き合っていけばいいのか模索しております。

そうでしょうね。林檎さんを入会させたのですから。
でも、林檎さんの感覚は世間一般的な感覚ですか全然おかしくないですよ。

> 「自分で御書を学んで感じとる」とても大事なことだと思いました。
> 創価教学に惑わされず、頑張りたいと思います。
> ありがとうございました。

そうですね。原因はともあれ、折角大聖人仏法のことを知ったのですから学んでみてください。
頑張ってくださいね。
また、いつでも遠慮なくコメントください。

プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR