まだ言うか。

リアルでも、またネットでも
相変わらず、前法主のことを
芸者遊び法主だとか
買春法主だとか
未だに言っている学会員を見かける。
「まだそんなこと言うか!?」って感じだよ。
かつての学会が正宗に仕掛けた
「シアトル事件」とか
「芸者写真事件」とかの
ネガテイブキャンペーンを
いまだに信じて疑わない
学会員には、ちゃんと事実を見ようよ。って言ってあげたいし
ブログで、前法主の日顕は
芸者遊びしているとか
シアトルで買春したとか
事実無根のことを書いてると名誉毀損で訴えられちょうよ。


シアトル事件については
●創価学会による「シアトル事件」云々などという報道は、今後、完全に差し止めとする
●一審における下田判決(宗門敗訴の不当判決)は無効とする
●日蓮正宗側が“「シアトル事件」なるものはなかった”と否定することを、学会側も承諾する
という条件のもと和解。
学会側は「シアトル事件」などという報道はしてはいけないが
宗門は「シアトル事件を否定してよく学会はそれを承諾する。
形は和解だが、学会が言っているシアトル事件はなかったってことを
学会が認めてたいうこと。
芸者写真事件については
宗門の求めていた学会への名誉毀損は認められなかった。
それだけを取って学会は勝ったと大本営発表したが
判決の内容は
●「一人が酒席で芸者遊びをしているとの、実際の情況とは異なった印象を抱かせるのに十分であり、これをもって客観的な報道ということはできず、修正の限度を超えている」
●「正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕を揶揄し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有するものというべきである」
とあり、学会が写真を捏造し違法性があると断罪されいる。
そして、どちらも学会が阿部日顕法主を貶める為の誹謗中傷であり、どちらの事件も学会による捏造であることを認定している。

学会員は学会批判の週刊誌などを
ウソ八百並べる三流雑誌だ。なんていうが
写真を捏造し、前法主に違法な誹謗中傷をしてきた
創価新報・聖教新聞こそ、まさに三流以下の新聞とことになるだろう。

そもそも、この二つの裁判は最初から勝てないことは知っていた。
当時、俺は広宣部にいたが
広宣部の一部メンバーは、
この裁判は勝てない。と最初から知ってんだよ。
では、なぜこんな勝てないことをしたかというと
お察しの通り、正宗を貶めるのが目的。
そしてこのネガテイブキャンペーンは
一般世間に向けてではなく
学会員・法華講員さんを主眼においたものなんだ。
広宣部の一部の人間は最初からそれを知っていた。
だから、上記のような判決が出ても
別に驚きはしない。
判決が出た時には
学会活動家たちは、新報や聖教のウソ記事をすっかり信じてたから
目的は達成されていて、
裁判の結果などどうでもいい。そんな雰囲気だ。

そもそも、聖教や新報は公正な報道をするメディアじゃないんだ。
全部、学会の機関紙。
つまり学会の都合のいいことしかかいてない。
学会の都合の悪いことは伝えない。
そういう新聞なんだよ。
そんな新聞記事を鵜呑みにして
日顕は買春した。芸者遊びした。だ言ったり、書いたり。
本来ならば会員に対し「シアトル事件はなかった」
「芸者写真は捏造でした。嘘でした」と
学会上層部は言うべき。
司法で断罪されたのだから、それを会員にも伝える義務があるだろう。
でも、そういうことは絶対に言わない。
つまり、司法なんて糞くらえ。ってことだ。
憲法だって糞くらえなんだから当然かもな。

どっちにしても、創価活動家はちゃんと真実を追求するべき。
聖教新聞や創価新報ばかり読んでいると
世間が知っている真実と
逆のことを言って
世間様から嫌われるよ。
まぁ、嫌われても「法難」って事で処理するだけだろうけど。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 またお邪魔します。 ご容赦ください。

 本稿を読んだ方々は今度こそ本当に事実と真実に向きあうべきなんです。  また悪口なんか書いてるな、、という態度を恥じる、正常な感覚を持って勇気を抱いて「不都合な真実」と向きあうべきです。  オーバーかもしれませんが、「勇気」の問題でもあります。

 ◎センセイがいらっしゃってて、ガッカイがそんなことをするなんて考えられない

 概ね、そんなところでその先には進めない、センセイとガッカイを信じきっちゃってる人は、もうどのみち、「手遅れ」だと思いますが。

 そして大御本尊まで否定して別団体としてシラを切ってるガッカイは、うそ八百のプロパガンダでこれ以上、会員さんたちを道づれにすべきじゃない。  ウソ八百のネタで宗門を攻撃するのは卑劣でしかない。

 私はガッカイ上層部とその上にいる人を許せません。

 私の親友もようやく、立ち上がってくれました。 昨日のことです。

 「自分だけがしっかりしていればいい。 ガッカイにいろいろあっても」

彼はそんな態度でいましたが、それは菩薩道ではない。 仏弟子でもない。

「自分だけ現象面で所願満足の人生だったから、もういい、」

 それは仏法でもなんでもないのです。

 「末代幼稚の者の首にかけさせ給う」との大慈悲をおこして、大聖人が、表わして下さった大御本尊を正しく敬い、信受して一生成仏を期して娑婆世界で修行をしていく。 広めていく。  本来それしかなかったはず。


 シアトル事件も捏造の芸者写真も、そこまでやるか、、、と思うほど劣悪な手口です。 そういうことをやるのがガッカイという団体なんです。
『月間ペン事件(裁判)』だって事実上、敗訴ではなかったか。 勝った勝ったというなら、どうして編集長の隈部氏に和解の提案ををしたのか。
一千万円の供出の申し出だって水面下でやってたし、運よく?隈部氏が亡くなったからあれですんだだけでしょう。


 幸せな所願満足の人生を望むのなら、決して謗法の団体に留まってはいけません。  各々が「自分が直接やったわけじゃないから」、、とかいってその自覚がなくたって「与同罪」の悲惨な結末が待っているだけです。 一生成仏なぞできません。

 明日も対話していきます。

 相も変わらず稚拙なコメントですみません。
 

具体的に…?

前略
初めての コメント、宜しくお願い致します。 私は 重篤な病にかかり 約5年程 治療に専念するため 頻繁に活動できず 座談会と平均3時間のお題目 あと 選挙の際には報告をしていました。
そこで 気がついたのは、自分の意志とは関係なく ただ人形のように活動していたのでは 無意味。また嫌な(大変非常識な残念な)地区部長に毎回不愉快な気分にさせられて 体調に良くないと 自己判断をして 活動も選びながら していました。 それで正解だと 思いました。そして 学会や先生のご様子を 初めて最近知り いろんな疑問から こちらのブログにたどり着きました。そこで ほとんどが私の 気持ちや考え方と 同じことにびっくりもし また だから 私は、アンチな人だとマークされているのだな…と 納得さました。(^_^;)
一体どのように これから やっていけばいいのか?これが ずっしりと 気持ち支配した毎日でしたが ようやく 昨日あたりのコメントから 自宅の今のご本尊に拝んでも功徳がある との事。あと副役職ですが 具体的に どのように活動したらいいのでしょうか?(退会は今のところ考えてないです)座談会などで 余計ことは発言しないように…とか アドバイスを 宜しくお願い致します。

ランボーさん

こんばんは。


>  私の親友もようやく、立ち上がってくれました。 昨日のことです。

それは、良かったですね。
私の周りにも、学会のそ謗法に気づいた会員が何人もいます。
そういう人たちに語っていく。
大事なことだと思います。

>  明日も対話していきます。

素晴らしいです。
それこそ折伏・広宣流布ですよね。
私もランボーさんに負けないよう
頑張ります!

内部古活さんへ

コメントありがとうございます。

活動の件。本来ならば活動はしないほうが望ましいと思います。当然財務や聖教新聞の購読をやめる。謗法への布施をやめることが第一義ですが、そういうわけにも行かないですよね。でも、できるだけ活動はしないようにする。次に考えれれるのは、創価の謗法に加担しないことが一番です。具体的には大御本尊を否定するような言動はしない。創価教学のような大聖人仏法ではないことを大聖人仏法だと、言わない。思わない。また、話ができる部員さんに大御本尊(大聖人)を信じることをすすめる。ということでしょうか。自行においては、学会の方便自我偈はダメです。1座しかできなくても寿量品長行は読む。粗粗か書きましたが、要は大御本尊(日蓮大聖人)に「信」を取るのが肝要かと思います。そこさえ狂わなければ自ずといま自身の置かれている立場・状況で何をすべきか御本尊(大聖人)が教えてくれと個人的には思っています。

また、学会を無理に退会しなくても功徳はあると思います。(私もまあ学会員です)
大御本尊(大聖人)を信じている人間を大聖人は見捨てるはずがないからです。
その一つの理由としては、浄顕房・義浄房といった、邪宗の清澄寺の弟子を大聖人は見捨てていないことをみても明らかです。
その浄顕房・義浄房に宛てた華果成就御書には

◆常にかたりあわせて出離生死して同心に霊山浄土にてうなづきかたり給へ

とあります。
邪教団にあって大切なのは、「常にかたりあわせて」
つまり、大御本尊の事・大聖人にことを「語っていく」ことだと思います。
私も、会員さんに「語って」きました。
このブログのその一環です。
会員のまま学会に留まり功徳を受けていくならそこが大切かなと感じています。
とりとめないお答えで申し訳ありません。

また、いつでもコメントください。

先日はありがとうございます

管理人様

先日はありがとうございました。今回も内部古活さんへのご返事に大変考えさせられました。寿量品長行の勤行要典を何とか探しまして入手できそうなので、これからは管理人様のように寿量品長行を拝読し大御本尊(日蓮大聖人)に「信」を取る気持ちで御本尊に向かうという明確な気持ちになれました。今後もこのブログが一人でも多くの会員に大御本尊の事・大聖人にことを「語っていく」ブログになることを願ってやみません、本当にありがとうございました。

東洋ゴム・三井不動産グループ・創価株式会社

コメント欄がますますにぎやかになってきました。
管理人さん、プログの更新御苦労さまです。

東洋ゴムや三井不動産グループの不正が内部告発で表面化しても、創価株式会社に対しては過去数限りな内部告発は行われてきたのですが、マスコミはほとんどとりあげず一部の週刊誌だけが取り上げただけです。

ルノワール等の絵画脱税疑惑、金庫ポイ捨て事件がありましたが同様です。
(金庫に1億円入れて、山林にポイ捨てするくらいお金が余ってるようですから、巷で言われるように金と信者数の力でマスコミを封じ込めてるのかもしれませんね、創価株式会社に酷似した組織形態の統一○理や幸福の○学も種々問題があるようですが、マスコミは取り上げません)
任用試験では活動家のみなさんは、日顕上人の悪口ばかり勉強しないで、等しくルノワール等の絵画脱税疑惑、金庫ポイ捨て事件も勉強して欲しいですね。

日蓮正宗がらみの裁判の結果は日蓮正宗のホームページで正宗側が敗訴したものも含めて公正に発表されているということですから興味ある方はのぞいてみてください。

●このサイトの過去ログを読んでいただければわかると思いますので詳しい説明は省きますが、創価株式会社は少数の詐欺師と福運功徳で操られる大多数のお人よしから成り立ってます(詐欺師が手にするのは常にお金や権力等目に見えるものですが、末端が手にするものは功徳、福運という常に見えないものです、つまり本人の意識次第でどうにでも解釈できるものです)

1,日蓮上人の教えをアレンジした独自のオリジナル宗教。

2,提言はするが、肝心なところで実行が伴わないインチキ平和運動

3,コミュニティー(本来の役目は落後者を出さない相互監視システムの一環ですが、これ使えます)
この3点を創価株式会社は商品として販売してます。

●創価の経営陣の目的はお金儲けですから、その目的が達成されなかったら創価株式会社を維持する意味が無いので廃業ですから、資金源を断つという意味では脱会が1番でしょうが、人間関係で縛られたり、どうしても一般社会では孤立する人はなかなか脱会に踏み切れないと思います。(1世で入会する人は配偶者や恋人に入会を勧められたのが入会動機の1位、2位にくるのが、一般社会になじめないだと思われます。)

そもそも、世渡り上手の人が創価に入ることは商売上の理由でないかぎり無いと思います。
2世以降の方はは人間関係や罰論でがんがら絞めになって身動きできない方も多いと思います。

脱会したら、どれほど今まで組織に対して貢献しても手のひらを返したように冷たくなるのが創価を問わずカルトと呼ばれる宗教団体のコミユニティの特徴です(これこそが、宗教団体で無く詐欺団体で有る事の証明なんですが~)
だから上層部を見習って組織利用すればいいんです、上手くたちまわればいいんです。
コミユニティの一員なら、異性との出会いや紹介もあるでしょうし、失業してる時はアルバイトや仕事の斡旋もしてもらえるかもしれません。
1人暮らしであなたが病気で寝込んでる場合は地区婦が見舞いにきてくれるかもしれません

世間からなんといわれようとカルトと呼ばれる宗教団体にしがみ付く多くの人の潜在的理由がこのコミユニティの存在です。

わかりやすく例にすると聖教新聞とって本幹と座談会だけ出席、創価の出版物と民音の券はたまに買う。
Fは多少集めたフリしてエアーを上乗せして分報告する。
役職はなにがなんでも断る(これ受けてしまうとノルマが降ってきます)

これならば、さほど冷遇もされずコミユニティとしてのメリットも享受しながら様子見できますね。

いつまでも、池田氏のことを隠し通すこともできないと思いますのでその時創価がどうなるのかを見届けて去就を決めるのもアリかなと思います。


非活動男子部さん

こんばんは。
経本の件。良かったですね。長行大事です

>大御本尊(日蓮大聖人)に「信」を取る気持ちで御本尊に向かうという明確な気持ちになれました。

そうですか。それは本当にいい事です。お互い頑張りましょう。

>今後もこのブログが一人でも多くの会員に大御本尊の事・大聖人にことを「語っていく」ブログになることを願ってやみません、本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございます。
いつでもコメント書き込んでくださいね。

古本屋店主さん

> コメント欄がますますにぎやかになってきました。
> 管理人さん、プログの更新御苦労さまです。

いつも激励ありがとうございます。

> 任用試験では活動家のみなさんは、日顕上人の悪口ばかり勉強しないで、等しくルノワール等の絵画脱税疑惑、金庫ポイ捨て事件も勉強して欲しいですね。

全くですね。
創価学会の歴史ですから(笑)

> 日蓮正宗がらみの裁判の結果は日蓮正宗のホームページで正宗側が敗訴したものも含めて公正に発表されているということですから興味ある方はのぞいてみてください。

ほとんど、学会側の敗訴ですよ。

学会コミュニティ・・・・
入らいない方がいいですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

説得力に欠ける

■シアトル裁判
www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=45645611
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13150054853
http://aoshiro634.blog.fc2.com/blog-entry-317.html
http://6001.teacup.com/qwertyui/bbs/19274

【みなし規定(擬制)に乗じた法華講員の詭弁】
「これ以上の審理と判決はしてもらわなくて結構です」という旨の裁判所に対する原告の意思表示が〝訴えの取下げ〟である。日蓮正宗側が訴え自体を全て撤回したことで、初めから訴えが無かったことになり(擬制)、1審判決(終局判決)が失効したのである。阿部日顕の身の潔白は、つゆほども証明されていない。にもかかわらず、事実無根であることが証明されたかのように喧伝している。
そもそも請求(謝罪広告・損害賠償)自体がなくなることになるので、「原告ら(日蓮正宗側)の請求をいずれも棄却する」という1審判決の効果が失効しようがしまいが、創価学会側には何の影響もない。1審判決では、記事内容の「真実性」を認め、宗門側の請求を棄却した。相当性が認められたのではなく、真実性が認容されたのがこの裁判の最大の特徴である。
「訴えの取下げ」とは、訴え自体を全て撤回すること。「撤回」というのは、すでになされた法律行為は完全に有効であるけれども、都合により将来に向けて法律行為の効力を失効させようとする場合に用いられる。
「訴えの取下げ」は、学会側が同意したから出来た。学会側が拒否することも出来たのである。
上訴審で訴えの取下げがあると、原審判決も効力を失うことになるが、「原審判決が効力を失う」とは、初めから効力がない〝無効〟のことでも、瑕疵がある〝取消〟のことでもない。
「(理由がないから)原告らの請求(謝罪広告・損害賠償)をいずれも棄却する」とした1審判決(終局判決)に瑕疵がなくても、「訴えの取下げ」により、将来に向けて法律行為の効力を失効させるのである。
「訴えの取下げ」は、訴訟を初めから存在しなかったものとするという法技術的なものであって、すでになされた1審判決の内容を否定したり、無効にするものではない。

【無効と取消】
「無効」は、法律行為が法律効果を生じないこと。主張を要さず初めから効力がない。
「取消」は、法律行為に瑕疵(かし)がある場合、取消権者の主張があって、初めから効力がなくなること。


■【芸者写真裁判】
http://6001.teacup.com/qwertyui/bbs/19308

■【月刊ペン裁判】
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/345/020345_hanrei.pdf
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる