今週の言葉(10月19日)

 創価の対話は
 「励まし社会」の建設。
 たゆまぬ訪問・激励から
 蘇生のドラマが。
 今日も友のもとへ!
@@@@@@@@@@@@@@@@@@

何だかピンとこないんだよね。
創価の対話はいつから「励まし」になったのか?
内部の部員さんまわり(家庭指導ってやつね)
励ますためにするものなのかね?
激励=指導=信心みたいな雰囲気
なんか違うんだよなぁ
そもそも未活動家の会員さんに何の激励をするんだろ
早々、深い悩みを持っている会員さんはいないし
仮に悩みがあっても創価の活動家になんて相談しないって
活動家さんからしてみれば「友」かもしれないが
未活動家会員は活動家達を「友」なんて思ってね~し
友達らしいことしてないんだから当然だし
活動家にしてみれば、未活で学会に批判的な会員のことを
面倒くせ~なって感じでしょ?
それを、「友」なんて言うのは偽善だよな。
話は戻るが、未活動家会員に激励しに行くってのは違うな。
大聖人の仏法を語りに行くってのが
本来の創価の対話じゃないのか?

もう20年以上前の話になるが
俺がまだ未活動だった頃何度も活動家から訪問を受けたが
つまらない挨拶程度の事ばかりで
正直迷惑だった。
その後引越し先で新しい組織に移ったが
その支部の男子部長が毎週1回必ずやってきた。
一番最初に来た時に玄関先で
「御書を読ませてもらっていいですか?」というので
「どうぞ」というと
その部長は御書を開きその中の一節を読んで
通解をいい帰っていった。
その後も毎週来るたびに御書を読んで帰っていく。
最初は、「なんだかなぁ」って思ってたけど
もともと活字マニアの傾向があるのか
段々と自分も御書を読みたくなり
嫁の持っていた御書を読み出した。
まぁ、読んでみるとチンプンカンプン?
句読点も今風じゃなく、どこで区切ったらいいのかさっぱり。
読めない漢字とか意味がわからない仏法用語もある。
今みたいにネットも普及してなかったら調べられないし
そりゃ~読むのに一苦労。
しかも最初のうちは法門だらけでわからないからつまらいし。
後半のご消息文になってよくやく一息って感じだったよ。
それでも、毎日読み続け約1ヶ月ほどで
御書全編を読破したが
やっぱりわからない。
そこで、件の男子部長にどうしたら御書がわかるようになるかと質問したところ
学会の会合に出れば学べる。といわれた。
それが俺が活動家になった大きな原因のひとつだ。
なので俺も活動家になってから
常に御書中心で活動してきた。
今から思えば
この部長の行動こそ創価の対話であり、
広宣流布の活動であり
家庭指導・個人指導という姿だと思う。
俺が聞いていようが聞いてなかろうが関係なく
玄関先で御書を読んで帰る。
創価学会や池田センセの話など一切しない。
ただ御書を読んで帰る。それだけ。
地味で組織の中でも目立たない人だったけど
すげ~なぁ~っていまならそう思える。

いま学会の活動家でこんな人はいないでしょう。
今に限らずその部長が来る前の活動家にそんな人いなかった。
挨拶程度や創価た池田センセの話しかできないヤツばかり。
そもそも、部員さん回りに御書持って行ってないよね?
会合にだって御書持ってこないんだから。
持ってくるのは聖教新聞だとか
池田センセの本だとかそんなのばかり。
それでいて「御書根本」なんて平気で口にする。
そんなのが、創価の活動家です。幹部です。なんてほざいてる。
創価の人材不足も深刻だな。

まぁ、もっとも創価も完全に謗法団体だから
いまさら御書を持ち歩く必要もないか。
日蓮大聖人に敵対する大聖人と縁もゆかりもない団体だから
広宣流布もできないしね。
「励まし運動」でもしているのが関の山ってところだね。
にしても、いつまで日蓮仏法のフリしてるんだろう?
これじゃ、創価の対話は
「励まし社会」の建設じゃなく
「誤魔化し社会」の建設だよね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実際、本当に御書や大聖人のことを話す幹部は少ないですね。
口を開けばセンセーのこと、創価の歴史の話ばかり。
原田会長の指導を何回か生で聞きましたが、センセーがこう戦われたとかばかりで途中で眠くて仕方なかったです(笑)
私の地域では、人間革命、新人間革命の学習会とか一生懸命やってますが、ゴーストライターが書いた創作物を一生懸命学んで何になるのかとますます嫌気が増します。
心の中では退会しているので、少しでも大聖人に反しないように戒壇の大御本尊様を信じ、御書を研鑽して正しい仏法を一人でも多くに伝えればと思います。

どっこい、起きてるぜ

  空疎、虚構、共同幻想、はったり、きれいごと

                               以上。

Re: タイトルなし

現役男子部さん こんばんは。

> 実際、本当に御書や大聖人のことを話す幹部は少ないですね。
> 口を開けばセンセーのこと、創価の歴史の話ばかり。
> 原田会長の指導を何回か生で聞きましたが、センセーがこう戦われたとかばかりで途中で眠くて仕方なかったです(笑)
> 私の地域では、人間革命、新人間革命の学習会とか一生懸命やってますが、ゴーストライターが書いた創作物を一生懸命学んで何になるのかとますます嫌気が増します。
> 心の中では退会しているので、少しでも大聖人に反しないように戒壇の大御本尊様を信じ、御書を研鑽して正しい仏法を一人でも多くに伝えればと思います。

全くです。
正しい大聖人仏法を伝える。
それが広宣流布ですよね。
私も頑張ります!

Re: どっこい、起きてるぜ

ランボーさん こんばんは。


>空疎、虚構、共同幻想、はったり、きれいごと


その通りだと思います。

それに、偽善、捏造、搾取、無知、誤謬

                             

管理人様、こんばんは。
このブログを読んで、当時の部長さんは今どうされてるのかなと思いました。
この前コメントさせていただいてから少しずつ御書読んでます!
ネットで通解を確認してもよくわからないこともあります。
仏法用語などはどれを参考にしたらいいのでしょうか?
部員さん周り、夫が毎日深夜までやってますね。
話ししてて遅くなったと言われていつも喧嘩になってます。

管理人さんへ

 こんばんは!  昨夜、ただひとり意志も心意気も通じる、大切な後輩とコーヒーを飲みながらひさしぶりに「密会」しました。
 誰に見られてもどうってことないけど、その店で他の会員がみたら、「また悪口を一緒になって言ってるな、、」とすぐうわさになることでしょう。

 我々はとっくにガッカイの産業廃棄物になってしまってるから、ほっとけばいいのにね・笑   

 彼、いわく  このままいくとガッカイは大聖人も捨てて釈迦仏法になるかもしれませんね。。。  

 私→ そうだねぇ。。大御本尊を捨てたんだから、人法一箇のご本尊ということかたすればそういうことかな。。

 彼→ 文底独一本門じゃなくて、ガッカイ認定独一本門ですから。。

 彼、私 → それにしてもみんなどうして驚いたり、悩んだりしないのかな・・・(異口同音)

 いつもここに帰結する疑問です。 思考停止。 指示こそすべての発想というか、すべてが自らの発想ではなく、条件反射で動いてるだけだもんね、という話になります。

 彼はまだ、広宣部ですから、11・8直後に真剣に総県の部長に問い合わせたのです。 「今までとまったく整合性を欠きます。 これではガッカイを守ることが困難になります。 我々現場に身延や法華講と戦える武器をください。  それにしても今回の発表自体がナットクできません」云々を切々と訴えたのです。

 それにたいして総県側の答えは

「そんなことを言ってるのは総県で君だけだぞ!」

 彼はガッカイ執行部・4人組 VS 教学部有志の水面下の激しいやりとりを、把握しておりましたし、その後の教学部長、副部長さんたちの粛清が始まったことも。  私もその文書を読みました。何度も。

 その上で一人、『声』を挙げたのです。

 おかげで私も彼も組織では事実上、完全にスポイルされてしまっているのです。
 
 私はセンセイをとりまく執行部はすでに『聖域』だとは思えなくなっていましたので、さもありなん、、と思うばかりでしたし、貧すれば鈍すとはこういうことなんだなとの思いを深めていくことになりました。

 そして『三障四魔、紛然として競いおこるなり』の御金言をかみ締めるばかりです。

 「上がそういってるんだから、いいんじゃない? 宗門こそ謗法なんだし、まわりの誰もなにも言わないしな、、、、」 これが『紛然と』ということではないでしょうか。

  予想だにしなかったガッカイの宗旨替え、そして大謗法。

 今、我々二人は 異端者と称されることに、誇りを感じていますよ。

 

 

 
 

 

No title

十数年前の話。地区リーダーを拝命して、名簿に載っている男子部全員(40人くらいだったか)の家を回るようにしていたら、「すごい!偉い!」と壮婦の幹部が驚いていた。いやいや、普通だろ。あんたらは話しやすい人のところにしか行かねーけど。

林檎さん

こんばんは。

> このブログを読んで、当時の部長さんは今どうされてるのかなと思いました。

その後なぜか活動に参加しなくなり、四国に引っ越しました。
何があったか謎ですが今は音信不通です。
すごく会いたいんですけど。

> この前コメントさせていただいてから少しずつ御書読んでます!

それは素晴らしい!少しずつでもいいから読んで何かを感じてください。
最初は私も全然読めませんでしが徐々に読めるようになりますよ。

> ネットで通解を確認してもよくわからないこともあります。
> 仏法用語などはどれを参考にしたらいいのでしょうか?

ご主人が活動家ならば、「仏教哲学大辞典」を持っていませんか?
大きくて厚い緑色の表紙です。
それが一番いいと思います。
なかったらご主人のお小遣いで買ってもらいましょう(笑)
もしも、どうしても分からないことがあれば
気軽にご質問下さい。
私にわかる範囲であればお答えします。

> 部員さん周り、夫が毎日深夜までやってますね。
> 話ししてて遅くなったと言われていつも喧嘩になってます。

ああ、分かります。
私も男子部時代には、ほとんど家にいませんでした(というかいられない)
当時は嫁も活動家だったのでそんなにうるさく言われませんでしが
深夜帰りが続くとやはり喧嘩になりました。
また、深夜になるのは部員さん周りではないと思います。
未活動の部員さんの家にはそんな非常識な時間には行けませんから。
多分、活動家の部員さんと話をしているんだろうと思います。
ただ、どんな理由があっても毎日深夜帰りは良くないですよね。
(私も当時のことを反省してます)
まずは自分の奥様から大切にしないといけません。
外でいくらカッコイイ指導をしていても
自分の足元である、家庭や職場を大切にできなれば
広宣流布もヘッタクレもありませんから。
ただ、ご主人も色々と役職を兼任して家にいられないのかも?
(私がそうでした。いくつも役職を兼任して毎日ように誰かに呼ばれるんです)
そんな活動をさせる組織にも問題ありますね。

また、いつでもコメントしてください。

ランボーさん

こんばんは。

>  こんばんは!  昨夜、ただひとり意志も心意気も通じる、大切な後輩とコーヒーを飲みながらひさしぶりに「密会」しました。

いいですね~

>  おかげで私も彼も組織では事実上、完全にスポイルされてしまっているのです。

それが創価の組織です。会員を納得させることができずに面倒な会員はスポイルする。
で、「組織を守るため」とかいう。単なる保身でしかないのに組織のためにとか言っちゃうんですよね。

>「上がそういってるんだから、いいんじゃない? 宗門こそ謗法なんだし、まわりの誰もなにも言わないしな、、、、」 これが『紛然と』ということではないでしょうか。

その通りです。

>   予想だにしなかったガッカイの宗旨替え、そして大謗法。
>  今、我々二人は 異端者と称されることに、誇りを感じていますよ。

愚者に褒められるのは第一の恥。ですから。
これからも頑張ってください!
私も頑張ります!

Re: No title

コメントありがとうございます。


> 十数年前の話。地区リーダーを拝命して、名簿に載っている男子部全員(40人くらいだったか)の家を回るようにしていたら、「すごい!偉い!」と壮婦の幹部が驚いていた。いやいや、普通だろ。あんたらは話しやすい人のところにしか行かねーけど。

まったくそのとおり!行くのは選挙の時の投票確認だけ(笑)
幹部になればなるほど、行きやすいところにしか行かない。
そんな連中が地域の中心者なんだから活動家なんて増えませんよね
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR