広宣部

広宣部について質問が来たので
今日は、広宣部について少し書いてみる。
といっても、俺は広宣部の上級幹部ではないので
知っていることは限りがあるので
そのつもりでお願いすますね。

まず、広宣部とは今は知りませんが
俺が所属していた時は
学会の非公認組織だった。
壮年・婦人部で組織している
教宣部は公の「部」であるが
広宣部は男子部の中の創価班で組織している集団だ。
なので、創価班がやるのだが
なぜか俺は広宣部の幹部に気に入られ
創価班でもないのに広宣部をやらされた。
非公認組織といっても、実際は公認されている。
外部に向けては非公認というだけ。
だから、広宣部の会合ってのは基本ない。
広宣部で会合を持つときは、「創価班」の会合という名目で会合を持つ。
なんともわかりづらい形態だった。

さて、ネットなどで広宣部は学会の諜報機関だの
学会内の汚れ仕事をするなどと言われているが
その真偽は定かではない。
俺のやっていたのは主に法論。
法華講・妙観講・顕正会を相手に法論をする。
上記団体の活動家が学会員の家に来たらば連絡が入り
その現場に行き、彼らと法論して追い返す。
それが主な任務だ。
当時は、法論は広宣部が一手に担っていた。
他の学会員は一切他宗と対論してはいけない。決まりだ。
理由は、一般会員が法論しても勝てないから。
つまり当時から学会教学では上記の団体に勝てなかったってこと。
また、顕正会や妙観講は暴力的な側面があり
婦人部や女子部では危険だから。と理由もある。
広宣部には法論の進め方とかあって
教学的に劣っていても勝つ方法(勝っているテイ?)があるので
法論は広宣部が一手にやっていた。
だたし、広宣部が全員法論をするわけではない。
俺のいた本部は、俺を含めて法論に出向くのは3人だった。

このように俺の広宣部時代は法論が中心だったが
実際には法論以外の事もする。

まずは、ビラまき。
これは主に選挙期間中にする。
相手は共産党。
公明党とも創価学会とも書いていない
そんな組織があるのかないのかすらわからない団体名で
共産党への批判をびっしり書いたビラ・・いや怪文書を作りポスティング。
これは、広宣部以外に男子部の活動家で
一定以上の役職を持った会員総出でビラを配る。
配るだけなく時には、共産党が公明党批判を書いたビラを抜いてくることもする。
因みに、ビラをまくのは合法だが
ビラを抜くのは違法らしい。
だから抜くときは慎重に。
もし捕まっても創価学会員であることを決して言わない。と念を押されるわけだ。

あとは、地元の正宗寺院の監視。
毎日じゃないが、お講の時や日曜日など
正宗寺院の駐車場の車の台数とナンバーを調査して報告する。
何のためにするのか?その情報を何に使うのかは知らされない。
一説には、学会内部で正宗に通じているやつはいないか?と調べているとも
法華講の活動家の自宅を調べ攻撃するとか
言われているが、実際には法華講員宅に攻撃に行ったことは俺は一度もない。
また、内部の会員を尾行したりしたこともない。
それは、俺がしなかっただけかも知れないし
実際そんなことはしていないかも知れないが
その真偽は俺にはわからない。
ただ、広宣部は結構な人数がいるにも関わらず
法論要員は少なすぎる。
他のメンバーは何をやってるんだろう?とはいつも思っていた。

俺が知る広宣部の活動はこの程度だ。
法論もそうだが荒っぽいことをするといえばするし、
諜報活動といえば諜報活動とも言える。
さすがに、こんなことをやっている広宣部を
学会が公認するわけないよな。
自分たちで「ヤレ」といっていながら
公認しない。
今から考えれば、何かあった時には
お前らが自分で責任をもて。
学会や池田センセの盾になれ。
って言っているようなもんで
よくも未来ある青年部を犠牲にするようなマネできるな?って思う。
青年が戦うんだ。
キミ達が主役だ。
青年だけが信用できる。
なんて煽てられて危なっかしい仕事をするのが広宣部。
だからこそ、当時は燃えたのだが
結局いいように使われただけだと今はそう思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訂正、他

  こんばんは。 管理人さん、いつも、リコメントありがとうございます・

 件の後輩ですが、「教宣部」が正しいです。  

 しかしよくやりましたね。 お寺でのお講などで、どこの車や人が来ているかを記録したり、出入りをチェックしたり。
 でも上に報告もしましたが実際のリアクションなどはありませんでしたね。  あれも大概は「ポーズ」でしょう。  そういう姑息な作業がいい加減、いやになり、Z長時代でしたか、お寺に先輩幹部とふたりで乗り込んで対論をしたりして、それなりに意気軒昂でした(苦笑

 思えば、ご迷惑をかけたものでした。 

 一見、対外的活動にみえますが、どれも会内向けのものですね。 こんなに、やってんだよ!というような。

 管理人さんも夢をみていたというか、本覚のうつつに戻ってみると気づいちゃったんですね。    うすうすヘンだな、と思ってた事柄の数々がやっぱり嘘っぱちだった。  私もそんな思いです。

 
  ◎------◎ -----◎ーーーーー ◎ ーーーーー◎

 
 さて、私は死ぬが死ぬまで「南無妙法蓮華経」は捨てません。

 しかしそれは、イコール、「ソウカガッカイ」では決してない。  

 どころか、誹謗中傷を繰り返すばかりの組織になりました。 だからそういうガッカイの大いなる誤りを少しでも正したい。  実に単純な動機です。

 元来ならば、ガッカイを守るのが使命の教宣部・広宣部だからこそ、そういうガッカイ首脳部の誤りを正さなければいけないのではないのか。

 私の知る範囲でいえば、全国で数拠点、ガッカイを正す闘いの中心があるようです。   決して高みの見物じゃいかんと私も考えています。

 水面下は熾烈です。 職員で粛清や左遷人事に涙しながら有志の幹部さんたちも、戦っています。

 誰が好き好んでいたずらに「反・ガッカイの運動」を繰り広げるでしょうか。

 嫌われて疎まれてまで、やるでしょうか。 

 護法の戦いの「いざ鎌倉」は今なんです、

 正法を護るから、自分自身も自然に護られる。 これが方程式なはず。

 ひいては何も知らされず、ガッカイはすごい!という牧歌的な思い込みで、組織に利用されるだけされている会員さんを護っていくことになるはずです。

 現在、広宣部や教宣部でガンバっている皆さん。  あなたがたは一体、何をなんのために戦っているのでしょうか。

 ガッカイにさからうものはすべて悪!  これは違う。 驕りと傲慢いがいの何者でもありません。 もしくはただの事大主義でしょう?

 だからこそ、文証、理証、現証が大事なのです。 原点に帰すべしです。

 「世間の全体は仏法と心得るべきなり」

 45年以上、私もガッカイを信じて突っ走ってきましたが、一度たりとも「世間」から正しく褒められたことはありませんでした。

 良識のある人ほど、顔をしかめていました。 内部でも自分で考える力のある人ほど、組織から離れていきました。 君はいい人だけど、ガッカイはねぇ。。。と言われてきました。

 いくら先生の勲章や名誉称号が増えても、それが増すほど、顰蹙を買ってきたのでした。  それを喧伝する会員の心根の低さばかりが見抜かれていきました。 面と向かって悪し様に言われないのは「世間様」のほうが「大人の対応」をしてくれてただけ。

 いわゆる世間の「権威」を求めれば求めるほど、センセイの人格とガッカイの品性を疑われてきました。 世法を識りつつ、同時に世法をリードしていくのが仏法だったはずなのに、悪い部分だけ媚びるように求めていったとしか思えない。  ずっと悲しかったです。 情けないと思ってきたのです。  

 センセイはまるで勲章でキンキラキンの「色相荘厳仏」=「釈迦仏法」さながらではなかったでしょうか。 あの笹川良一氏や、統一教会の文 鮮明と数を競うかのように。

 同時にセンセイはよく「財力でもない 名誉でもない 権威でもない
 大切なのは心だよ」とおっしゃってたですよ。   す俊天皇御書で、何を学んできたのでしょう。 あまりに整合性がない。

   今のガッカイの「心」はどこにあるのか。

迷走する功名党支援でセンキョに勝つことですか? 使途不明なザイムに情熱を燃やすのが広宣流布ですか? 読まれもしないし、しまいにはこっち負担で配達もしない条件のセイキョウケイモウがガッカイの心意気ですか?  

 いささか冷静さを欠いた文章になりましたが、至って正気のつもりです。

 しかし長くなりました。  

 これで。

  ランボー

 

 
 

 

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KGBも真っ青!

●管理人さん、更新御苦労さまです。

コメント欄も最近盛り上がってきてなによりです。
活動家、非活動家、元学会員、法華講、一般の方といろいろな立場の方が、排除されることなくコメントできるのがこのプログのいいところですね。

うわさには聞いてたけど広宣部は若干ダークな仕事もしていたんですね。
よかったですね、法華講・妙観講・顕正会のみなさんとトラブッて暴力沙汰にならずんすんで。
広宣部の仕事して御用となったら創価は何もしてくれず、ただの捕まり損では割が合わないですよね。
こんな、仕事させられるなら万が一の時は補償してもらわないとやってられないですよ、こういうリスキ-な仕事は、宗教貴族だけでやればいいんですよ!
高給もらってるんだから当然だよね!

そういえば「「NTTドコモ通信記録盗み出し事件」なんてのもあったけど関係者はどうなったんですかね~(@_@;)
創価はウラでなにやってるんですかね。




Re: 訂正、他

ランボーさん、こんばんは。


>  管理人さんも夢をみていたというか、本覚のうつつに戻ってみると気づいちゃったんですね。    うすうすヘンだな、と思ってた事柄の数々がやっぱり嘘っぱちだった。  私もそんな思いです。

そうでね。当時の私は「大御本尊を学会の手に取り戻す」「再び学会員が大御本尊にお目通りできるようにする」という無謀ながらそんな夢をみてましたね。また多くの同志も同じでした。それが捨てちゃうんですから、あの時の言葉はウソだったんかい!って感じです。

>  さて、私は死ぬが死ぬまで「南無妙法蓮華経」は捨てません。
>  しかしそれは、イコール、「ソウカガッカイ」では決してない。  
>  どころか、誹謗中傷を繰り返すばかりの組織になりました。 だからそういうガッカイの大いなる誤りを少しでも正したい。  実に単純な動機です。
>  元来ならば、ガッカイを守るのが使命の教宣部・広宣部だからこそ、そういうガッカイ首脳部の誤りを正さなければいけないのではないのか。

全くその通りです。今の学会を破折せずして何のための教学なのか?広宣部では、「仏的を倒すための教学だ」と教えられました。いま一番の仏的は創価上層部であり、創価の教義です。

>私の知る範囲でいえば、全国で数拠点、ガッカイを正す闘いの中心があるようです。決して高みの見物じゃいかんと私も考えています。

そうなんですか。それは素晴らしいですね。


>  水面下は熾烈です。 職員で粛清や左遷人事に涙しながら有志の幹部さんたちも、戦っています。
>  誰が好き好んでいたずらに「反・ガッカイの運動」を繰り広げるでしょうか。
>  嫌われて疎まれてまで、やるでしょうか。
>  護法の戦いの「いざ鎌倉」は今なんです
>  正法を護るから、自分自身も自然に護られる。 これが方程式なはず。>
>  ひいては何も知らされず、ガッカイはすごい!という牧歌的な思い込みで、組織に利用されるだけされている会員さんを護っていくことになるはずです。

私もそう思います。バリ活会員さんにしたって最初からそうじゃなかった。創価上層部にそう仕立てられただけですから。ただそこまでいくとなかなか難しい。せめてまだ創価の謗法に塗れる前の純粋な学会員さんには早く創価の謗法に気づいてもらいたいですね。

>  だからこそ、文証、理証、現証が大事なのです。 原点に帰すべしです。

そこがキモですね。


Re: 有難うございます。

こんばんは。
少しでも参考になっているのでば幸いです。
また、何かありましたらコメントしてください。

古本屋店主さん

こんばんは。

> 活動家、非活動家、元学会員、法華講、一般の方といろいろな立場の方が、排除されることなくコメントできるのがこのプログのいいところですね。

ありがとうございます。よほど酷いもではない限りコメント削除はしない方向です。

> うわさには聞いてたけど広宣部は若干ダークな仕事もしていたんですね。
> よかったですね、法華講・妙観講・顕正会のみなさんとトラブッて暴力沙汰にならずんすんで。

そうですね。軽犯罪または犯罪ギリギリってやつでしょうか?
法論といっても白熱したり相手が教学浅く血の気が多い人だと
一触即発状態になりますしね。
ある意味創価の王道を行くような人は広宣部にはなりません。

> 広宣部の仕事して御用となったら創価は何もしてくれず、ただの捕まり損では割が合わないですよね。
> こんな、仕事させられるなら万が一の時は補償してもらわないとやってられないですよ、こういうリスキ-な仕事は、宗教貴族だけでやればいいんですよ!
> 高給もらってるんだから当然だよね!

本当ですよ。
職業宗教家の上級幹部は支持するだけ。
上からの支持でやって何かしでかせば除名もアリ。
大阪事件以来の学会の伝統ですね。

> そういえば「「NTTドコモ通信記録盗み出し事件」なんてのもあったけど関係者はどうなったんですかね~(@_@;)

あれも広宣部んがやったことらしいですね。
あと、共産党の盗聴とか。
> 創価はウラでなにやってるんですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

華々さん

コメントありがとうございます。

孤独感や喪失感、わかります。
また内部活動家の仕打ちも。
わたしもそういう時期がありました。
でも、それも一時のことです。
必ずこれで良かったと心から思える日が来ます。
心配いりません。
また、コソコソと悪口をいう人間に立派な人間もいません。

◆卞和は足を切られ清丸は穢丸と云う名を給うて死罪に及ばんと欲す時の人之を咲う、然りと雖も其の人未だ善き名を流さず汝等が邪難も亦爾る可し。(寺泊御書)

いま、どんな汚名を着せられようが、笑われようが
必ずそうした人々を見返し
むしろ、哀れにすら思える境涯になりますよ。
私も、最初は学会員たちの仕打ちに腹も立ちましたが
今は、なんとか救ってあげたいと思える境涯になりました。
頑張ってくださいね。
また、何かあればコメントください。

No title

誰の指示か知らないが、創価学会の教義を勝手に捻じ曲げた下劣な違法行動を、創価学会の組織内に告発するべき。やり方からして相当巧妙な創価学会への嫌がらせである。

不正退治課さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> 誰の指示か知らないが、創価学会の教義を勝手に捻じ曲げた下劣な違法行動を、創価学会の組織内に告発するべき。やり方からして相当巧妙な創価学会への嫌がらせである。

是非、告発してください。
プロフィール

ダメ出しブログ管理人

Author:ダメ出しブログ管理人
創価幹部の謀略で本人も知らぬ間に創価組織から追放された元学会員。大聖人仏法史上、最大・最悪の謗法集団の創価学会とその不愉快な仲間たちに挑みます!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる